ito_yan (@ito_yan)


参加する勉強会

8/3 (金)

NagoyaStatについて データ分析で学ぶ必要がある分野は、統計・機械学習 (データの解析手法)やIT (プログラミングやデータベースの取り扱い)を含め多岐にわたります。NagoyaStatは統計を中心に、手を動かしながら、これらの技術を広く学んでいく勉強会にしたいと思います。 会場について 前回に引き続きヤフー株式会社様のご厚意により、会場をご提供いただいております。 今回の読書会の内容 「StanとRでベイズ統計モデリング」を読み進めます。 受付18:20~18:40の間にお越しください。会場の4Fまで直接お越しください。 はじめに読書会についての事前説明 Chapter 6 統計モデリングの視点から確率分布の紹介発表者: hrgc0994 様 Chapter 8 階層モデル発表者: nishioka 様 終わりに部屋の原状復帰のための作業を行います。 参考書籍 StanとRでベイズ統計モデリング (通称:アヒル本) 問い合わせ先 主催のtwitterID @ito_yan までお願いします。 注意事項 PCを持参できるのであれば、RとStanをPCにインストールしておくことを推奨いたします。発表者によるハンズオンがあるかもしれません。 発表者によっては、ホワイトボードを使うということがあり得ますので、メモできるルーズリーフやノートがあると良いかもしれません(本を読むついでにノートを作っておくのがよいでしょう)。 会議室内の撮影はできるという予定になっております。 無線LANの提供はあります。 更新履歴 7月23日 公開


過去の勉強会

6/8 (金)

NagoyaStatについて データ分析で学ぶ必要がある分野は、統計・機械学習 (データの解析手法)やIT (プログラミングやデータベースの取り扱い)を含め多岐にわたります。NagoyaStatは統計を中心に、手を動かしながらこれらの技術を広く学んでいく勉強会にしたいと思います。 今回は2018年6月17日に開催予定の統計検定準1級~2級の直前対策として、前回出題された問題の解説(+α)と出題内容に関するディスカッションを行います。 会場について ヤフー株式会社様のご厚意により、会場をご提供いただいております。 今回の内容 受付18:20~18:40の間にお越しください。会場の4Fまで直接お越しください。 はじめに事前説明 統計検定2級 対策過去問解説+ディスカッション 統計検定準1級 対策過去問解説+ディスカッション 終わりに部屋の原状復帰のための作業を行います。 参加要件 統計検定のサイトに掲載されている以下の準1級と2級の最新の問題を解いてからお越しください。問題は(PDFでも紙でも構いませんので、)各自ご持参ください。 http://www.toukei-kentei.jp/wp-content/uploads/201706grade1semi.pdf http://www.toukei-kentei.jp/wp-content/uploads/201711grade2.pdf 問い合わせ先 主催のtwitterID @ito_yan までお願いします。 注意事項 会議室内の撮影はできる予定です。また、無線LANの提供はあります。 更新履歴 5月19日 公開

4/20 (金)

NagoyaStatについて データ分析で学ぶ必要がある分野は、統計・機械学習 (データの解析手法)やIT (プログラミングやデータベースの取り扱い)を含め多岐にわたります。NagoyaStatは統計を中心に、手を動かしながら、これらの技術を広く学んでいく勉強会にしたいと思います。 会場について 前回に引き続きヤフー株式会社様のご厚意により、会場をご提供いただいております。 今回の読書会の内容 受付18:20~18:40の間にお越しください。会場の4Fまで直接お越しください。 はじめに読書会についての簡単な事前説明 Chapter 6 統計モデリングの視点から確率分布の紹介発表者: hrgc0994 様(←2018.04.19追記:次回以降に延期となりました) Chapter 7 回帰分析の悩みどころ発表者: ito_yan 終わりに部屋の原状復帰のための作業を行います。 参考書籍 今回のお題となる書籍: StanとRでベイズ統計モデリング (通称:アヒル本) 問い合わせ先 主催のtwitterID @ito_yan までお願いします。 注意事項 PCを持参できるのであれば、RとStanをPCにインストールしておくことを推奨いたします。発表者によるハンズオンがあるかもしれません。 発表者によっては、ホワイトボードを使うということがあり得ますので、メモできるルーズリーフやノートがあると良いかもしれません(本を読むついでにノートを作っておくのがよいでしょう)。 会議室内の撮影はできるという予定になっております。 無線LANの提供はあります。 更新履歴 4月14日 公開

12/15 (金)

NagoyaStatについて データ分析で学ぶ必要がある分野は、統計・機械学習 (データの解析手法)やIT (プログラミングやデータベースの取り扱い)を含め多岐にわたります。NagoyaStatは統計を中心に、手を動かしながら、これらの技術を広く学んでいく勉強会にしたいと思います。現在の読んでいる書籍は「StanとRでベイズ統計モデリング」です。 会場について 前回に引き続きヤフー株式会社様のご厚意により、会場をご提供いただいております。 今回の読書会の内容 受付18:20~18:40の間にお越しください。会場の4Fまで直接お越しください。 はじめに読書会についての簡単な事前説明 Chapter 5 基本的な回帰とモデルのチェック発表者: nonsabotage 様 LT発表希望者はご連絡ください 終わりに部屋の原状復帰のための作業を行います。 参考書籍 今回のお題となる書籍: StanとRでベイズ統計モデリング (通称:アヒル本) 問い合わせ先 主催のtwitterID @ito_yan までお願いします。 注意事項 PCを持参できるのであれば、RとStanをPCにインストールしておくことを推奨いたします。発表者によるハンズオンがあるかもしれません。 発表者によっては、ホワイトボードを使うということがあり得ますので、メモできるルーズリーフやノートがあると良いかもしれません(本を読むついでにノートを作っておくのがよいでしょう)。 会議室内の撮影はできるという予定になっております。 無線LANの提供はあります。 更新履歴 12月4日 公開

11/2 (木)

NagoyaStatについて データ分析で学ぶ必要がある分野は、統計・機械学習 (データの解析手法)やIT (プログラミングやデータベースの取り扱い)を含め多岐にわたります。NagoyaStatは統計を中心に、手を動かしながら、これらの技術を広く学んでいく勉強会にしたいと思います。今回からは「StanとRでベイズ統計モデリング」を読むことになります。 会場について 前回に引き続きヤフー株式会社様のご厚意により、会場をご提供いただいております。 今回の読書会の内容 受付18:20~18:40の間にお越しください。会場の4Fまで直接お越しください。 はじめに読書会についての簡単な事前説明 Chapter 4 StanとRStanをはじめよう発表者: nishioka様 LT発表希望者はご連絡ください 終わりに次回以降の発表担当者を決めることと、部屋の原状復帰のための作業を行います。 注意:Chapter1~3は発表にはありませんが、事前に予習をお願いいたします 参考書籍 今回のお題となる書籍: StanとRでベイズ統計モデリング (通称:アヒル本) 問い合わせ先 主催のtwitterID @ito_yan までお願いします。 注意事項 PCを持参できるのであれば、RとStanをPCにインストールしておくことを推奨いたします。発表者によるハンズオンがあるかもしれません。 発表者によっては、ホワイトボードを使うということがあり得ますので、メモできるルーズリーフやノートがあると良いかもしれません(本を読むついでにノートを作っておくのがよいでしょう)。 会議室内の撮影はできるという予定になっております。 無線LANの提供はあります。 更新履歴 10月21日 公開