inocof (@inocof)


参加する勉強会

9/14 (土)

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
OWASP Nagoya 年に一度の大イベント
これは勉強会(昼)の募集ページです。 懇親会(夜)の募集ページはこちら OWASP Nagoya Chapterミーティング 第13回 / OWASP 758 Day 2019 OWASP Nagoya Chapter の年1回の大イベントを開催 今年は「セキュリティ関係ツールを理解し、正確に使いこなそう」をテーマに、 Vuls開発者の神戸康多氏と OWASP ZAPエバンジェリストの亀田勇歩氏に講演いただきます。 勉強会終了後、懇親会を開催します。 講演者、参加者との交流を深めるため、ぜひご参加ください! 懇親会参加希望の方は、こちらからお申し込みください。 https://owaspnagoya.connpass.com/event/92647/ OWASPとは OWASP - Open Web Application Security Project は、Webシステムをはじめとするアプリケーションソフトウェアのセキュリティについての情報共有と、セキュアなソフトウェア開発を促進するための普及・啓発を行うオープンコミュニティです。 OWASP Nagoya は東海地区におけるOWASPのローカルチャプターとして活動をしております。 会場 株式会社中電シーティーアイ 東桜第一ビル 地下鉄「久屋大通」駅下車、徒歩約5分。 開催ビル棟の1FにOWASPストラップを付けたスタッフがいます。場所や教室までの行き方に関しては、スタッフにお申し出ください。 タイムテーブル 時間 内容 発表者 13:00 開場 13:30 - 13:45 OWASP Nagoya運営から OWASP Nagoya Chapter 坂梨、村井 13:45 - 13:55 OWASP Nagoyaについて OWASP Nagoya Chapter 坂梨 14:00 - 15:00 「Vulsなどのツールを用いて日々バンバン公開される脆弱性に効率的に対応していこう」 Vuls開発 神戸康多 氏 15:00 - 15:25 休憩 15:30 - 16:30 「OWASP ZAPと脆弱性診断士スキルマップを使いこなそう」 OWASP ZAPエバンジェリスト 亀田勇歩 氏 16:30 - 17:00 今後の活動について OWASP Nagoya Chapter 村井、坂梨 17:00 - 17:30 クロージング ご講演者プロフィール 神戸康多氏 フューチャー株式会社所属、OSSの脆弱性スキャナ「Vuls」作成者 HITCON, Open Source Summit North Americaなど海外カンファレンスで発表、セキュリティキャンプ2017, 2018講師。国内カンファレンス登壇多数 一万人以上のエンジニアが参加する情報収集用公開Slack「モヒカンSlack」総裁 亀田勇歩氏 SCSK株式会社 ITマネジメント事業部門 基盤インテグレーション事業本部 セキュリティサービス部 サイバーディフェンス課 セキュリティアナリスト Web・プラットフォーム脆弱性診断、サイバー攻撃による被害分析調査に従事 2014年3月に日本初の脆弱性診断ツールであるOWASP ZAPのエヴァンジェリストに任命 お願い 会場に参加者用のWi-Fi環境がありません。各自でモバイル回線等をご用意ください。 また、テザリングで使用される方はWi-Fi混線を避けるため可能な限り有線での接続をお願いいたします。 電源に限りがあります。電源タップを持参するなど周りの方とシェアしてください。 飲み物は、ペットボトルなどふた付きの飲み物のみ持ち込みできます。 コンビニのカップコーヒーは持ち込みできません。 主催 OWASP Nagoya Chapter OWASP Nagoya 各ページ 公式ページ https://www.owasp.org/index.php/Nagoya Facebook https://www.facebook.com/owaspnagoya/ Twitter https://twitter.com/owaspnagoya/ Slack こちらから登録してください


過去の勉強会

6/22 (土)

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
OWASP TOP 10のリスクを体感してみよう
OWASP TOP 10のリスクを体感してみよう 今回のチャプターミーティングでは、OWASP Kansaiとのコラボ企画のハンズオンです。 【初心者大歓迎!】やられWebアプリケーションをつかってOWASP TOP 10に掲載されている脆弱性を自分の手で実感してみよう! 今回はOWASP Kansaiで開催した「やられWebアプリケーション」へ実際に攻撃をかけることで、OWASP TOP 10に掲載されている脆弱性を自分の手で実感してみるハンズオンイベントになります。 特別講師 OWASP Kansai 桝谷氏、安達氏 対象者 セキュリティ初心者大歓迎です 普段診断を行なっているっていうプロやセミプロの方は混雑具合に応じてご配慮頂けると助かります 自分でWebアプリケーションを作ってはいるけれど、セキュリティの検査って何からどうすればいいのかわからない人 OWASP TOP 10って存在は知ってるけど中身はちゃんと知らないよっていう人 使用ツール やられWebアプリケーション BadLibrary 事前準備 手元のPCにNode.js(8系(8.11.1や8.15.0)推奨)をインストールしてください。 BadLibraryのZIPをダウンロードしてください。 ZIPをダウンロードしたら展開し、BadLibrary/src ディレクトリ内で npm install を実行してください。 BadLibraryをインストール後にログインできることを確認してください。 ご準備いただく持ち物 ノートパソコン(メモリ8GB以上推奨) 延長コード 会場 株式会社中電シーティーアイ(CTIイノベーションLab(ラボ)) NHK名古屋放送センタービル 20F 名古屋市営地下鉄 東山線・名城線「栄」駅下車、徒歩約5分。 開催ビル棟の20Fのエレベータ前でOWASPストラップを付けたスタッフがいます。会場までの行き方に関しては、スタッフにお申し出ください。 タイムテーブル 時間 内容 発表者 13:00 開場 13:30 - 13:45 OWASP Nagoya運営からの説明 OWASP Nagoya Chapter 坂梨、村井 13:45 - 14:00 自己紹介タイム 各グループ 14:00 - 14:30 OWASP TOP10概要説明 OWASP Kansai 桝谷氏、安達氏 14:30 - 14:45 休憩 14:45 - 15:45 OWASP TOP10ハンズオン(前半) OWASP Kansai 桝谷氏、安達氏 15:45 - 16:00 休憩 16:00 - 17:00 OWASP TOP10ハンズオン(後半) OWASP Kansai 桝谷氏、安達氏 17:00 - 17:15 クロージング OWASP Nagoya Chapter 丹羽 お願い 参加者の方は上記事前準備(Node.jsとBadLibraryのインストール、動作確認)を予め実施の上、参加ください。 Node.jsはWindows、Linuxともに「8系(8.11.1や8.15.0)」をインストールしてください。 電源に限りがあります。電源タップを持参するなど周りの方とシェアしてください。 飲み物は、ペットボトルなどふた付きの飲み物のみ持ち込みできます。 コンビニのカップコーヒーは持ち込みできません 主催 OWASP Nagoya Chapter OWASPとは OWASP - Open Web Application Security Project は、Webシステムをはじめとするアプリケーションソフトウェアのセキュリティについての情報共有と、セキュアなソフトウェア開発を促進するための普及・啓発を行うオープンコミュニティです。 OWASP Nagoya は東海地区におけるOWASPのローカルチャプターとして活動をしております。 OWASP Nagoya 各ページ 公式ページ https://www.owasp.org/index.php/Nagoya Facebook https://www.facebook.com/owaspnagoya/ Twitter https://twitter.com/owaspnagoya/ Slack こちらから登録してください

5/28 (火)

8eb3cb88c9f23c013afda236a0d6c4c7 Yahoo! JAPAN Nagoya
〜コンテナ技術〜
今回のテーマ ヤフー名古屋オフィスでは定期的にクリエイター向けの勉強会イベントを開催します。 第2回目となる今回は、コンテナ技術の知見共有をテーマにヤフーでの事例紹介や他社様の事例紹介をし、 名古屋でコンテナ技術を語れる場としたいと思います。 タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 18:30 受付開始 - 19:00-19:05 オープニング - 19:05-19:45 キーノート) Yahoo! JAPANのマネージド Kubernetes サービスを支える技術 須田 一輝 (ヤフー株式会社 第8代黒帯〜Kubernetes〜) 19:45-19:55 休憩 - 19:55-20:10 セッション1) エイチームライフスタイルにおける仮想化技術の今までとこれから 大西 勉 様 (株式会社エイチームライフスタイル CTO) 20:10-20:25 セッション2) コンテナ技術によるデータの継続的な自動更新事例の紹介 清水 昭弘 (ヤフー株式会社 テクノロジーグループ システム統括本部 サービスプラットフォーム本部) 20:25-20:40 セッション3) 仮想マシンからの移行先としてPaaSとKaaS、どちらを選ぶか? 高木 克彰 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー 検索統括本部ローカル検索本部) 20:40-21:30 懇親会 公募によるLTを3本予定しています 登壇者プロフィール&発表概要 須田 一輝 (ヤフー株式会社 第8代黒帯〜Kubernetes〜) ヤフー株式会社所属。第8代黒帯〜Kubernetes〜。 2015年からヤフーの子会社であるゼットラボ株式会社に出向し、Kubernetesを中心としたインフラ基盤の研究開発・技術支援に従事。 近頃は、Kubernetesでの永続ストレージやステートフルアプリケーションの運用に関する調査や開発、技術支援を担当している。 Kubernetes Meetup Tokyo、Cloud Native Deep Dive の共同主催者で、CNCF Ambassador でもある。 共著書に『Kubernetes実践入門』、『みんなのDocker/Kubernetes』(技術評論社)、監訳書に『入門Prometheus』(オライリー・ジャパン)がある。 Yahoo! JAPANのマネージド Kubernetes サービスを支える技術 大規模環境でのコンテナの利用において、Kubernetes がデファクトスタンダードになりました。 Yahoo! JAPAN は、2017年10月頃から一部のサービスが本番環境で Kubernetes の利用を開始し、現在では多くのサービスが利用しています。 その結果、Yahoo! JAPAN では数百の Kubernetes クラスタが運用されています。 本セッションでは、Kubernetes の概要から、数百の Kubernetes クラスタの運用を可能にする Yahoo! JAPAN のプライベートマネージド Kubernetes サービスの紹介とそれを支える技術についてお話します。 大西 勉 様(株式会社エイチームライフスタイル CTO) 中小ソフトハウスで13年受託開発を経験、2014年にエイチームライフスタイルに入社。 ナビクルなどのサービス開発エンジニアとしてサービス改善や新規事業、TOYOTA NEXTなどに貢献。 2019年2月より、CTOに就任。 エイチームライフスタイルにおける仮想化技術の今までとこれから エイチーム子会社のエイチームライフスタイルにおける仮想化技術の変遷と、 今後、コンテナ仮想化技術をどの様に事業活用していくかについての展望をお話したいと思います。 清水 昭弘(ヤフー株式会社 テクノロジーグループシステム統括本部サービスプラットフォーム本部) 2008年アルプス社から転入。地図サービスのデータからフロントエンドまわりに従事 2018年よりプラットフォーム開発チームでスクラムマスターおよび開発を担当 コンテナ技術によるデータの継続的な自動更新事例の紹介 利用者側がコンテナで利用できるRestAPIの機能を持ったDockerイメージの提供を行っています。 利用者が意識することなくデータファイルやシステムが定期的に更新される仕組みについてご紹介します。 高木 克彰 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー検索統括本部ローカル検索本部) 2018年ヤフー株式会社に新卒入社。入社後はフロントエンドアプリ開発を経験、現在は地図サービスのバックエンドの開発に従事し、主にプラットフォーム移行を担当している。 仮想マシンからの移行先としてPaaSとKaaS、どちらを選ぶか? 仮想マシンなどで稼働しているサービスをPaaSやKaaSに移行する際にどのような視点で移行先を選定するのかをヤフーの地図サービスの事例を元に紹介します。 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可。 会場運営上、19時半までにご来場頂ける方を優先させて頂けたらと思います。 ブログ枠 イベント参加後にブログなどに参加レポートを書いて頂ける方の応募枠です。 レポートを書いて頂ける方は、こちらから応募して頂けたらと思います。 LT枠 懇親会時にLTを実施します。 なにか話したい内容があればこちらから応募をお願いします。 LTはひとり180秒でお願いします。 Twitter実況枠(※ 5/16追記) イベント盛り上げのためにリアルタイムでのTwitter実況をして頂ける方の応募枠です。 Twitterのタイムラインの盛り上げに力を貸してください。 懇親会 当日、20:40 頃から同会場で懇親会を行います。 軽食、飲み物をご用意しております。 参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご注意 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 他の方が不快に感じるような行為、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為を取られた方の、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

4/3 (水)

A0f8ecfff28bcc54175d506e92d91c9b Nagoya Frontend User Group
TypeScriptや設計の話がしたい!という熱い想いで開催します!
TypeScript 勉強会 TypeScriptや設計の話がしたい!という熱い想いで開催します! 参加登録前にアンチハラスメントポリシーをご確認ください。 登壇枠 TypeScriptに関することなら何を話しても大丈夫です 1人持ち時間は10分です。 質問や交代時間を考慮して15分に押さえています。 登壇枠で申込まれた方は、NFUGのSlack にて発表タイトルをmanageチャンネルへ投稿してください。 申込時には未定でもかまいませんが、仮タイトルだけでも貰えると嬉しいです。 時間 内容 登壇者 18:50 開場 19:00 TypeScriptの好きなところ @iBotchME 19:15 サーバーサイドTypeScript書いてみた @corocn 19:30 TypeScript&eslintで開発をラクにしよう @smogami 19:45 VueでTypeScriptを使ってみよう! Brandon Pittman 20:00 フロントエンドが好きだけどTypeScriptの型について調べてみた @bleis 20:15 npmにライブラリを公開する際のTypeScriptの設定のあれこれ steelydylan 20:30 TypeScript から JavaScript への変換が見えやすくするビューワーを作った話 @girigiribauer 20:35 TypeScript Deep Dive読もうぜ @count0 20:40 kintoneとTypeScript Kazuhiro.Yoshida 20:45 今後のTypeScript勉強会のやり方座談会 all 機材情報 プロジェクタ コネクタ: HDMI 解像度: 1280x800 アスペクト比: 16:9 勉強会グループについて、アンチハラスメントポリシーについて connpass のグループのページをご覧ください。 https://nfug.connpass.com

3/7 (木)

2e40d5ea7e7c6f6267f54c939ba634f4 株式会社エイチーム
エンジニア向けゲーム開発技術交流会!他業界エンジニア歓迎!
好評につき、定員数を30名から40名へ増席いたしました(3/5) イベント内容 エイチームがエンジニアのみなさまに向けて、ゲーム開発技術交流会を開催いたします。軽食やアルコールなどのお飲み物をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。 交流会の前には、エイチームのゲーム開発エンジニアが、事例を交えたゲーム開発ノウハウをご紹介します。 ゲーム開発初心者向けに、エイチームのゲーム開発エンジニアが事例を交えたゲーム開発ノウハウをご紹介します 「《ゲーム開発初心者講座》まるごと一本スマホゲームの設計ノウハウ大公開!」と題してエイチームのゲーム開発エンジニアから事例を交えた開発ノウハウをお話いたします。 サーバー編では「MVCアーキテクチャとタスク」「オンメモリキャッシュによる高速化」「パケットの往復処理と圧縮」の3つに分けて、タスクを容易に処理するための環境づくりをご紹介いたします。クライアント編では、「Unity活用事例」「グローバル展開の注意点」の2つをお話いたします。 エイチームのゲーム開発エンジニアが多数参加する交流会も開催!エイチーム流のゲーム開発方法や社内の開発環境をお話いたします 講座の後には、エイチームのゲームを支えるゲーム開発エンジニアが多数参加し、エイチーム流のゲーム開発方法や社内の開発環境を交流会形式でお話いたします。 ゲーム開発初心者の方やゲーム業界ではないエンジニアの方のご参加も大歓迎です。軽食やアルコールなどのお飲み物をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。 対象の方 ・プログラミング、開発経験が2年以上ある方 プログラム 時間 19:45~ 受付 20:00~ オープニング 20:05~ まるごと一本スマホゲームの設計ノウハウ大公開 20:50~ 会社説明 21:00~ 社員との交流会 ※飲み物・軽食をご用意いたします※ ※当日は名刺を2枚お持ちください(お名刺をお持ちでなくても、ご参加いただけます) ※途中参加OKです。お仕事帰りなどにお気軽にお立ち寄りください ※平服でお越しください 会場 株式会社エイチーム 名古屋本社(名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F) 最寄駅:名古屋駅全線より地下で直結 地図 参加費 無料 エントリー方法 connpassよりエントリーください お問合せ先 株式会社エイチーム 運営事務局 [email protected] エイチームについて エイチームは、名古屋に本社をおく、総合IT企業です。人生のイベントや日常生活に密着した様々なWebサービスを提供するライフスタイルサポート事業、スマートデバイス向けゲーム・ツールアプリを提供するエンターテインメント事業、自転車専門通販サイトを運営するEC事業の3つの軸で事業を展開しています。 2012年に東証一部に上場し、現在は名古屋本社以外に、東京、大阪、福岡にオフィスを構えています。 株式会社エイチーム https://www.a-tm.co.jp/

2/2 (土)

36d8154250cadfeb182164563fc97dc1 MINI Hardening Project
今回はOWASP Nagoyaさんと共催!カジュアルなセキュリティハードニング競技イベント!
<イベント概要> ・セキュアなハードニングをカジュアルに競技形式で学ぶ勉強会です ・Hardening Project と実施概要など連携した上で開催します ・競技を通じて気付きを得てもらうためのイベントです <競技概要> ・当日は複数名(4名程度)を1チームとし、競技に取り組んで頂きます ・こちらが用意した環境にログインし、出来る限りサービスを継続しながらセキュアな環境を構築してください ・システム構成やシナリオに関しては当日説明します ・競技は3時間を予定しており、競技環境に対する攻撃も発生します ・対応いただいた結果は報告シートに記入頂きます。 ・競技終了後に解説を行いますが、レビューした結果もフィードバック致します。 <開催概要> 日程:2019年2月2日(土) 10:30 受付開始 / 12:00 競技スタート / 17:00 終了 会場:株式会社中電シーティーアイ(東桜第一ビル) 最寄り駅:地下鉄「久屋大通」駅下車、徒歩約5分。 <会場注意点> ・入館手続きに氏名が必要となりますので、申込時のアンケートへ正確に記載をお願いします。 ・競技環境へ接続するPCは各自でご持参ください。 ・今回のイベントでは会場でのネットワーク環境の提供はありません。  運営側でも若干数の無線LANルータを用意しますがすべての方をカバー出来ないリスクがあります。  ぜひ、ご自身でのインターネット接続環境持参をいただくようお願いします。 ・競技環境への接続するにはSSH接続やリモートデスクトップクライアントが必要となります。 ・電源ポートに限りがありますので電源タップを持参していただきますようお願いします。 ・大型のディスプレイやプリンター、ネットワーク機器等は原則持込不可です。 ・競技スタートは12時ですが食事の用意はありませんので、食べておくか会場へ持参ください(ゴミは持ち帰ってください) ・途中退出が原則できませんのでご注意ください。 <申し込み注意点> ・参加費用は無料です。 ・運営スタッフより競技内容に関するアドバイス等は行いません。チームで事前準備いただくことを推奨いたします。 ・チーム編成時に同じチームのメンバーにメールアドレスが共有されますのでご了承ください。 ・都合がつかなくなった場合には、迅速にキャンセルをお願いします。直前のキャンセルは迷惑がかかりますので、理由を添えて運営までご相談ください。 ・ドタキャンや連絡なしの欠席は運営にも支障を来たしますので、今後のイベントへの参加をお断りする場合があります。 ・チームでの参加を希望される方もメンバー全員登録いただき、チーム名とメンバーアカウントをConnpass上でお知らせください。(人数が多い場合、ご要望に添えず調整させていただく場合がございます) ・競技環境への接続方法は競技直前までにご案内致します。 ・当日運営スタッフが記録のために写真撮影を行います。撮影した写真は公開されることがありますので予めご了承ください。(もし写真撮影NGであれば、当日確認しますのでお知らせください。) ・上記注意点すべてをご了承いただいた上で、申込みいただきますようお願いします。 <タイムライン(概要)> 10:30 会場受付開始 11:00 ハードニング競技説明開始 12:00 ハードニング競技スタート 15:00 ハードニング終了・休憩 15:30 特別講義:Cylance Japan株式会社 上級主任研究員 長谷川達也 (タイトル調整中) 16:00 競技の振り返り・解説 16:30 片付け 17:00 懇親会 <関連リンク> ・WASForum ・MINI Hardening

12/26 (水)

282ec986e31ae4c87014610afa7b8d92 Nagoya.php
Nagoya.phpとは 名古屋で不定期開催しているPHPの勉強会です。PHPに興味のある方なら、初心者からベテランまでどなたでも大歓迎! 過去の開催履歴 プログラミング問題 #1 - Togetter #2 - Togetter #3 - Togetter #4 フォークじゃない Togetter #5 - Togetter #6 レッスンは何曜日? Togetter #7 分岐と行き止まり Togetter #8 - Togetter #9 配列をツリー構造に変換 Togetter #10 のんびり座りたい Togetter #11 続柄 - #12 バス代 Togetter イベント内容 前半:プログラミング問題を解いてみよう ちょっとしたプログラミング問題を用意して、実際にコードを書いて解いてみるというものです。 フレームワークなどは使いません。最低限、PHPコードを書いて動かせる環境を用意してきてください。 基本的には各自プログラミング問題を解いてみましょうという時間ですが、自分では解かずに後半の答え合わせタイムで解答例を見るだけでいいやという人は、(同じ考えの話し相手がいれば)雑談などの時間に使っていただいてもOKです。 後半:プログラミング問題の答え合わせをしつつ懇親会 飲食しつつ、前半で実装したコードを有志で発表(自慢)したり、自由に交流したりする時間です。 希望があればLTの時間も設けます。LT希望の方は参加申込時のアンケート質問にご回答ください。 タイムスケジュール 時刻 内容 18:30〜 開場・受付開始 19:00〜19:05 オープニング、乾杯 19:05〜19:20 自己紹介(一人30秒ぐらいでサクサクっと) 19:20〜19:25 プログラミング問題説明 19:25〜20:00 問題を解いたり、相手がいれば雑談したり、自由時間 20:00〜20:55 ピザを食べつつ、プログラミング問題の答え合わせをしたりして交流 20:55〜21:00 クロージング、解散

7/30 (月)

A0f8ecfff28bcc54175d506e92d91c9b Nagoya Frontend User Group
名古屋でもVue.js / Nuxt.jsを語らナイト
Vue.js Night Nagoya 名古屋でもVue.jsやNuxt.jsの話がしたい!という気持ちで開催します! Vueをつまみにワイワイやりましょう。 参加登録前にイベントページ下部のアンチハラスメントポリシーをご確認ください。 登壇枠 Vue.jsやNuxt.jsに関することなら何を話してもOK! 1人持ち時間は10分です。質問や交代時間を考慮して15分抑えています。 登壇枠で申込まれた方は、ころちゃん(@corocn) まで発表タイトルをDMしてください。申込時には未定でもかまいませんが、仮タイトルだけでも貰えると嬉しいです。 タイムテーブル 時間 内容 発表者 19:00 開場 19:30 挨拶 19:30 Awesome Nuxt @corocn 19:45 Web Components with Vue.js 2018 @takanoripe 20:00 async components Brandon Pittman 20:15 Vue.js + Firebase 実案件で使ってみた pocchi 20:30 誰がためのFlux AkaiBanana 20:45 Vue×Blockchainアプリケーション開発をはじめからていねいに HIKARU KOBORI 21:00 懇親会(同会場、自由解散) 敬称略 会場 名古屋 新栄 Club Adriana 月曜はPiano BarからGeek barに模様替え。 場所はconpassの会場で確認してください。 参加費用 1500円 Geek Bar( https://geekbar.doorkeeper.jp/ )のルールに準じます。 入場料1500円でソフトドリンク、お菓子が食べれます。 生ビール500円や各種カクテル、評判の定食もあります。 飲み過ぎにはご注意ください。 機材 WiFi経由で飛ばせるChromeCastとプロジェクタ(4:3 VGA入力)があります。 プロジェクタの調子が少し悪いので、最悪ChromeCastで進行します。スライドの文字は大きめだと良さそうです。 運営 Nagoya Frontend User Groupでは月1回のペースでフロントエンドもくもく会を開催しています。ぜひご参加ください。 https://nfug.connpass.com/ 『フロントエンドもくもく会』をはじめとした、毎月行われている勉強会では、 以下の企業・団体からの会場提供により成り立っています。 有限会社 来栖川電算 https://www.kurusugawa.jp/ 株式会社スタメン https://stmn.co.jp/ 株式会社Misoca https://www.misoca.jp/ (順不同、敬称略) 月替りで会場を替えて開催しています。ご協力いただける企業様、絶賛募集中です。 アンチハラスメントポリシー Nagoya Frontend User Group(NFUG)が主催するイベントでは、アンチハラスメントポリシーを掲げています。 NFUGが掲げるポリシーは、皆さんが安心して集える場の維持や、ナレッジ共有の促進のためにあります。 参加者皆さんが発表・発言された内容は、皆さんだけでなく、不特定多数の方の目に留まる可能性があります。 困難な内容をお願いしているわけではないと思いますので、参加されるすべての方は、以下ポリシーを順守いただきますよう、ご協力をお願いいたします。 ハラスメントには以下のようなものを含み、また、これに限りません。 ジェンダー、性自認やジェンダー表現、性的指向、障碍、容貌、体型、人種、民族、年齢、宗教あるいは無宗教についての攻撃的なコメント。 公共のスペースで性的な画像や類する表現。 脅迫、ストーキング、つきまとい、または、それら計画すること。 いやがらせ目的の撮影や録音。 発表や他のイベントを継続的に妨害すること。 不適切な身体的接触。 過度な営業行為。 以上のような行為を推奨したり、擁護したりすること。 ハラスメントをやめるように要請された参加者は、直ちに従ってください。 従わない場合、私たちは、適切と思われる範囲で警告・強制的な退席・コミュニティからの追放などの手段を行使します。 ハラスメントを見聞きした・被害にあわれた方は、運営までご連絡ください。 全ての方が安心してイベントに参加でき、このような場を維持していけるよう、ご協力をお願い致します。

6/25 (月)

A0f8ecfff28bcc54175d506e92d91c9b Nagoya Frontend User Group
フロントエンドまわりと、それ以外のこともやるもくもく会です。終わった後もぐもぐもします。
月1回のペースでフロントエンドもくもく会を開催しています! もくもく会とは? もくもく会とは、自由に集まってもくもくと作業を行う会のことです。 フロントエンドもくもく会では、フロントエンドを中心にもくもくできる場を用意していきます。 今回の会場のみの特別ルール 今回は特別にギークバーで行います。 最初から飲み食いしながら自由にもくもくしましょう! 月曜はPiano BarからGeek barに模様替え。 1500円でソフトドリンク、お菓子、無線LAN、電源、プロジェクタ、UST設備が使える。 アルコールと軽食を安価に提供。生ビール500円、他カクテル各種、評判の定食もあります。 普段は本格的なバーなので、お酒も料理もとてもおいしいですよ! 終了時間は仮で 21:30 となっておりますが、ギークバーの通常利用に準じますので、 そのまま残ってやっていきたい方は会場の許す範囲でご自由にどうぞ! こんな方におすすめ いつも家でもくもくと作業してるけど、 たまには気分転換したい 他の人がどうやってるか気になるので 聞いてみたい その日もくもくと作業した 進捗を見せたい ちょうど名古屋に出張してきてるんだけど名古屋のエンジニアの人たちに会いたい などなど。 終わった後は懇親会もあります。 今回は懇親会を兼ねてます! お気軽にご参加ください! テーマ フロントエンドを中心にしつつも自由です。 何をもくもくしても良いです。 参加費について 今回はギークバー( https://geekbar.doorkeeper.jp/ )のルールに準じます。 勉強会用の Slack 用意しました! どなたもご自由に参加できます! 勉強会用 Slack はこちら よくある質問 何かルールはありますか? 特に大きなルールはありません、会場のルールに準じます。 ルールは極力少なくしたいので、公序良俗に反しない範囲での行動を各自お願いします。 フロントエンド以外はやっちゃだめなの? 何をもくもくしてもよいです。 ただフロントエンドもくもく会なので、 フロントエンドに関することをやっていると相談しやすいかもしれません。 ずっともくもくと作業してても良い? もちろん良いです。ただときどき周りで相談するのは許容していただければと思います。 こういうの参加したことない 初めて参加される方も多くいらっしゃいます。 やることは家でもくもく作業するのと大差ありませんが、 他の方がどうやってるかを見るのも刺激になると思います。 敷居は低いと思いますのでぜひご参加を。 プロジェクタに写さないとだめ? もちろん写さなくてもOKですが、お互い相談しやすくするために写す準備をしておくことをオススメします。 何を持ってくれば良いの? PC (or もくもくできる何か、書籍など) 会場付近のおいしいお店情報 もくもく会で何をやるかを考えてくる PCもってないんだけど参加したらだめなの? 基本的にPCをお持ちいただくことをオススメします。 PC以外に書籍などの代わりとなるものを持ってくる方もいますが、 おしゃべり会ではないため、何らかもくもくできるものを各自ご用意ください。 懇親会は行うの? 基本的に毎回行いますが、場所や参加人数などは当日相談の上決定します。 会場付近のおいしいお店情報をお持ちください! 名古屋近辺じゃないんだけど参加したい 大歓迎します! ぜひ名古屋に寄る機会があれば、日付を合わせてご参加ください! 会場確保の都合で2か月~1か月半ほど前に開催日を決定しています。 過去何度か参加している方々にご連絡いただければ、開催日の調整もある程度可能ですのでお気軽にご相談ください。 今後の日程 7/11(水)フロントエンドもくもく会 #16 都合が合わないなどの理由で変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

6/6 (水)

A0f8ecfff28bcc54175d506e92d91c9b Nagoya Frontend User Group
フロントエンドまわりと、それ以外のこともやるもくもく会です。終わった後もぐもぐもします。
月1回のペースでフロントエンドもくもく会を開催しています! もくもく会とは? もくもく会とは、自由に集まってもくもくと作業を行う会のことです。 フロントエンドもくもく会では、フロントエンドを中心にもくもくできる場を用意していきます。 こんな方におすすめ いつも家でもくもくと作業してるけど、 たまには気分転換したい 他の人がどうやってるか気になるので 聞いてみたい その日もくもくと作業した 進捗を見せたい ちょうど名古屋に出張してきてるんだけど名古屋のエンジニアの人たちに会いたい などなど。 終わった後は懇親会もあります。 お気軽にご参加ください! テーマ フロントエンドを中心にしつつも自由です。 何をもくもくしても良いです。 参加費について 有志で集まって開催しているため、 基本的には会場費を参加人数で等分する形になります。 そのため、参加費用の項目と若干のずれが出てしまう点は予めご了承ください。 例 会場が無料ならば無料 8人席 4,000 円ならば8人参加で1人あたり500円 など 勉強会用の Slack 用意しました! どなたもご自由に参加できます! 勉強会用 Slack はこちら よくある質問 何かルールはありますか? 特に大きなルールはありません、会場のルールに準じます。 ルールは極力少なくしたいので、公序良俗に反しない範囲での行動を各自お願いします。 フロントエンド以外はやっちゃだめなの? 何をもくもくしてもよいです。 ただフロントエンドもくもく会なので、 フロントエンドに関することをやっていると相談しやすいかもしれません。 ずっともくもくと作業してても良い? もちろん良いです。ただときどき周りで相談するのは許容していただければと思います。 こういうの参加したことない 初めて参加される方も多くいらっしゃいます。 やることは家でもくもく作業するのと大差ありませんが、 他の方がどうやってるかを見るのも刺激になると思います。 敷居は低いと思いますのでぜひご参加を。 プロジェクタに写さないとだめ? もちろん写さなくてもOKですが、お互い相談しやすくするために写す準備をしておくことをオススメします。 何を持ってくれば良いの? PC (or もくもくできる何か、書籍など) 会場付近のおいしいお店情報 もくもく会で何をやるかを考えてくる PCもってないんだけど参加したらだめなの? 基本的にPCをお持ちいただくことをオススメします。 PC以外に書籍などの代わりとなるものを持ってくる方もいますが、 おしゃべり会ではないため、何らかもくもくできるものを各自ご用意ください。 懇親会は行うの? 基本的に毎回行いますが、場所や参加人数などは当日相談の上決定します。 会場付近のおいしいお店情報をお持ちください! 名古屋近辺じゃないんだけど参加したい 大歓迎します! ぜひ名古屋に寄る機会があれば、日付を合わせてご参加ください! 会場確保の都合で2か月~1か月半ほど前に開催日を決定しています。 過去何度か参加している方々にご連絡いただければ、開催日の調整もある程度可能ですのでお気軽にご相談ください。 今後の日程 6/25(月) フロントエンドもくもく会 #15 7/11(水)フロントエンドもくもく会 #16 都合が合わないなどの理由で変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

4/14 (土)

51e11416a6ca65bb0f5b1201bc2cd109 名古屋Javaユーザグループ(旧 なごやかJava)
名古屋Javaユーザグループ(NJUG)について 名古屋周辺で「Java」に興味のある人のための、有志で運営しているコミュニティです。 Java初学者や利用経験の長い方まで、さまざまな方々の交流とスキルアップの場を目指しています。1~2ヶ月ごとに、もくもく回や発表会やハンズオンなどを開催します。Java言語やその周辺技術(フレームワーク、ライブラリ、サーバ、IDE、JVM、JVM言語、クラウド…)を中心に、参加者の興味のある題材を扱っていきます。 HELP WANTED 名古屋・東海地方っぽいコミュニティロゴを募集中です! こんなテーマで話したい・聞いてみたい、という声をお待ちしております! 運営にご協力(会場確保、内容企画、発表したそうな人への声かけなど)してくださる方も大歓迎です!→興味のある方は https://nagoya-jug.slack.com 2018年4月: フリーテーマで気軽に 内容 有志による自由なトークセッション 今後どのようなテーマの話を聞きたいかのアンケート・雑談 トーク募集中!! 長さ:5分~20分くらい 内容:Java関連に限定しませんが、良識の範囲内でお願いします。 現在トークしてくださる方 skrb さん: 琥珀色のJava - Project Amber bleit-tift さん: JVM入門(簡単とは言っていない) sh-ogawa さん: テストコードと運用 smogami さん: (調整中) 会場 今回は、バイザー株式会社さま ご提供になります。 場所:名古屋市中村区名駅南2丁目14-19 (住友生命名古屋ビル5F) 名駅徒歩5分くらい 地図:Googleマップ https://goo.gl/maps/wJkxyVRsMPy Free Wi-fi:なし 電源:なし 飲食:可(ゴミは各自持ち帰りでお願いします) 時間割 2018年4月14日(土)14:00~17:00 時間帯 内容 13:30~14:00 開場、受付 14:00~14:20 NJUG紹介・参加者の自己紹介 14:20~15:20 トークセッション① 15:20~15:30 休憩 15:30~16:30 トークセッション② 16:30~16:50 今後のテーマに向けたアンケート・雑談 16:50~17:00 お片付け 17:15~19:15 懇親会(任意参加) 懇親会 イベント後に、会場周辺のお店(参加希望数で当日決めます)で懇親会を開催します。 もしご興味あれば、こちらもぜひご参加ください。 イベント中に聞きもらしたこと、聞けなかったことを聞くチャンスかも

3/31 (土)

282ec986e31ae4c87014610afa7b8d92 Nagoya.php
Nagoya.phpとは 名古屋で不定期開催しているPHPの勉強会です。 PHPに興味のある方なら、初心者からベテランまでどなたでも大歓迎! 終了後に会場内で懇親会も行います。懇親会のみ参加という方ももちろんOKです!その場合もイベントへの申し込みをお願いします。 イベント内容 今回は、最近ちょっと耳にするようになった「グラレコ」に取り組んでいらっしゃる方お二人(NEKOGETさん、後藤恵理香さん)をお呼びして、ちょっとしたテーマについてリアルタイムにグラレコをしながら話し合ってみます。 また、これまで過去にやってきた「プログラミング問題を解く」も開催します。PHP初心者の方でもコードを書いて楽しめるような問題で、解き方などはきっちりアドバイスします! ※NEKOGETさんには、本イベントのレポートをグラレコ式で書いていただく予定です! NEKOGETプロフィール 合同会社ねこもり 代表社員 グラレコについてnoteで情報発信 第1部:アジャイルなソフトウェアの設計って何だろう? with グラレコ 書籍『アジャイルソフトウェア開発の奥義 第2版』の中の、第7章 p.108〜p.110 を、全員でディープに読書します。 ※ 書籍をお持ちでなくても運営側で読めるものを用意しますのでご安心ください。 ファシリテーター:@hidenorigoto グラレコ担当:後藤 恵理香 後藤 恵理香プロフィール 1992年愛知県生まれ 2017年9月よりグラフィックレコーダーとして活動。「Q学のすすめ\自分らしさを最大化させる2日間/」や「いそがい 喋りの教室」、各種まちづくり会議や研修等にてグラフィックレコーディングを行う。 第2部:プログラミング問題を解いてみよう ちょっとしたプログラミング問題を用意して、実際にコードを書いて解いてみるというものです。 フレームワークなどは使いません。最低限、PHPコードを書いて動かせる環境を用意してきてください。 (コーディングせずに、紙と鉛筆だけで解く!という方ももちろん参加OKです) 懇親会 本編終了後は、同会場にて懇親会も開催します(要参加費。1,000円〜2,000円 当日会場にて) 懇親会LT希望の方は、コメントしていただくか、主催者までご連絡ください! タイムスケジュール 時刻 内容 13:00〜 開場・受付開始 13:30 オープニング(Nagoya.phpのご案内、各種説明) @hidenorigoto 13:44 〜 14:55 第1部 アジャイルなソフトウェアの設計って何だろう? with グラレコ(途中10分休憩) @hidenorigoto 後藤恵理香 14:55 〜 15:10 休憩 15:10 〜 17:45 第2部 プログラミング問題を解いてみよう!(途中休憩あり) @hidenorigoto 17:45 〜 18:00 クロージング @hidenorigoto 18:00 〜 20:00 会場内懇親会(希望者LTあり)

10/22 (日)

Ab4cefba6c5b76cfbe6d3ac365ef6ffd Mashup名古屋
日本システム開発殿のご行為により再増員も検討ができるようになりました イベントの概要 「Unityに興味があるけど、…」で止まっている 興味はあるけど何から手を付けていいかわからない 難し過ぎて進まない そんな悩みを持つ人集まれ!当イベントはUnityの基礎(基本?)を学ぶイベントです。 Unityの基本操作からアセットの利用方法を学べます。 この機会を利用して、ぜひUnityの世界を楽しんでください! ハンズオンに参加するために必要なもの Unity(最新)がインストールされているPC Unityのユーザ登録も行っておいてください。 開催概要 【日 程】 2017年10月22日(日)13:00 ~ 17:00(12:30 開場) 【対 象】 Unityの初心者 【場 所】 名古屋第二埼玉ビル(愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28)日本システム開発殿 8F会議室 【主 催】 Mashup名古屋 【後 援】 Mashup Awards運営事務局 タイムテーブル 予定 ※以下のスケジュールは現時点の予定のため、変更される場合がございます。 時間 内容 12:30~13:00 開場/受付 13:00~13:10 会場説明・はじめに 13:10~17:00 ハンズオン 最初の2時間ほどで、Unityの概要説明と簡単なアプリケーションをサンプルとして作成します。そのあとは自由にカスタマイズなどを行い、自分の作ってみたいアプリケーションの制作時間とする予定です。 ハンズオン後に懇親会を参加致します。懇親会は別途申し込みをお願い致します。現在は20名としていますが、若干の調整は可能です。 https://mashup-nagoya.connpass.com/event/69472/ 講師紹介 常名 隆司 様 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 アセットストアマネージャー Unityでの開発に役立つアセットのマーケットプレイスであるアセットストアの日本担当。 Unityエンジニアからアセットの活用事例を聞き出したり、アセット制作者本人が気付いていないアセットのオススメポイントを探り出したりしながら、一人でも多くのUnityユーザーが素敵なアセットと出会えるためのお手伝いをしている。 個人活動でJapan XR HackathonやVR Game Jam in Japanのリージョナルオーガナイザーを務め、北米最大級のAR/MR/VRコミュニティであるSilicon Valley Virtual Realityの日本支部を立ち上げて日米双方のXR開発者コミュニティの橋渡しに明け暮れている。 当日のご注意 conpass発行の受付番号をご用意ください。 イベントの様子を記事として公開する可能性があるため撮影いたします。あらかじめご了承ください。 ハンズオンの続きはMashupAwardsのハッカソンで! ハンズオンに参加頂くと、、、「実際にこんなアプリを作ってみたいな〜」となると思います。 今回のハンズオンの続きを9月5日から開催のMashupAwardのハッカソンで作品の具現化してみてはどうでしょうか? 【ご注意】 増員にあたり日本システム開発殿の社員の方も参加されることになります。また参加人数が多くなることもあり、運営側のスタッフも増員致します。その点はご了承いただければと思います。