Hiroki Adachi (@hiroki_a618)


参加する勉強会



過去の勉強会

2/29 (土)

No image 108x72 g 名古屋CV・PRML勉強会
第56回名古屋CV・PRML勉強会のイベントページです.お問い合わせは幹事 (@ryors_k) までよろしくお願いします. 感染症による本勉強会の開催可否について 以前、予定通り開催する旨をお伝えしましたが、発表者が想定した人数集まらず、またコロナウイルス感染が拡大している現状ですので、今回は中止とさせて頂きます。 参加予定の皆様には急な連絡で大変申し訳ございません。 また、4月に次回の勉強会を実施予定です。 今回予定していた「卒論・修論セッション」と「10分研究トーク」も次回実施予定です。 注意(はじめにお読みください) 人数・参加登録について 会場の関係で,発表者を含めた定員を 50名とさせて頂きます. 参加される方はconnpass上で必ず参加登録をお願いします. 聴講のみの方は「聴講者枠」でご登録ください. 発表を希望される方は下記「卒論・修論セッション」「10分研究トーク」の項を御覧ください. また,多くの方にご参加頂ける場合,会場を調整できる可能性があります.満員の場合でもとりあえずキャンセル待ちにご登録ください. 残念ながら参加できなくなってしまった場合は,お早めにキャンセルをよろしくお願いします. 恐れ入りますが,参加登録をされていない方のご参加はお断りすることがあります. 飛び入り参加する場合でも,お手数ですが必ず参加登録をお願いします. 写真撮影やSNSの公開について 当勉強会は公式ハッシュタグ #nagoyacv を用いて,Twitterへの投稿が活発に行われています.どんどんTweetしてください! スライドの写真撮影も原則許可しています. ただし,発表者の方が撮影や外部公開を禁止した場合は, 恐れ入りますが必ず指示に従って頂きますようよろしくお願いします. 会場について 今回は中部大学 名古屋キャンパス(JR鶴舞駅 北口から徒歩1分程度)で行います. 会場に入りましたら,エレベータで6階までお上がりください.会場への案内を掲示してあります. 内容 今回は「卒論・修論セッション」と「10分研究トーク」の二本立てです! 卒論・修論セッション 本勉強会は社会人の方はもちろんのこと,多くの学生さんにご支持頂いています. 卒業・修了年度の学生さんは2月中旬〜下旬に学位論文発表を終えられ,ホッとしていることでしょう. その内容をぜひ,勉強会でもご発表ください! 有意義なコメントや議論を経て,次の研究・学会発表へ繋げましょう! 発表時間は原則10分ですが,ご所属の学科・研究科により発表時間が異なる場合があるかと思います.その場合はご連絡頂ければ調整致します.いずれの場合も,質疑応答の時間を5分ほど設けます. 注意 必ず指導教授や共同研究者の許可のもと発表を行ってください. 撮影禁止・外部公開禁止などの指定がある場合は必ずスライドにその旨を記述して頂き,口頭でもアナウンスをお願いします. 発表者・内容 中部大学 足立さん「深層生成モデルを活用したデータ増幅に関する研究」 発表者は随時募集中です. 発表して頂ける方は,「卒論・修論セッション発表枠」で参加登録を行い, 発表内容をTwitter@ryors_k または ryorsk -at- mprg.cs.chubu.ac.jp までご連絡ください. 10分研究トーク 前回,5分と10分の研究LTを開催し,いろいろな方にご発表頂きましたが, 好評でしたので今回も行おうと思います. ただし,「5分では短くて話したいこと話せない!」という意見が多かったため,LT(ライトニングトーク)ではなく「10分の研究トーク」として,前回同様発表者を募集します. ご自身の取り組まれている研究の紹介だけでなく,面白い論文の紹介,学外・業務外でやっている趣味の研究などなど,研究に関する発表を広く募集しています! 学位論文セッション同様,10分の発表時間後,5分ほど質疑応答の時間を設けます. 過去の発表例 ご自身の研究に関するご発表 AI用エッジデバイスの開発に関するご発表 画像処理を用いたアプリ開発に関するご発表 ご自身でサーベイされた研究に関するご発表 注意 撮影禁止・外部公開禁止などの指定がある場合は必ずスライドにその旨を記述して頂き,口頭でもアナウンスをお願いします. 発表者・内容 中部大学 荒木 「学振の特別研究員に採用された件(仮題)」 発表者は随時募集中です. 発表して頂ける方は,「10分研究トーク発表枠」で参加登録を行い, 発表内容をTwitter@ryors_k または ryorsk -at- mprg.cs.chubu.ac.jp までご連絡ください. 参加費 参加費は無料です.お気軽にご参加下さい. その他 勉強会後に懇親会を予定しています.希望者は是非ご参加ください. ※終了後に現地で招集します.

7/6 (土)

No image 108x72 g 名古屋CV・PRML勉強会
本イベントは名古屋CV・PRML勉強会とヤフー株式会社の共催です. お問い合わせは幹事 (@ryors_k) までよろしくお願いします. 人数についての注意事項 会場の関係で定員を 50名 70名 90名とさせて頂きます. 参加される方はconnpass上で必ず参加登録をお願いします. [2019/06/11] 公開からわずか4日ほどで満席となりました.たくさんのご参加ありがとうございます. 会場にもう少し余裕があるとのことですので,定員を 70名に増枠 致しました. [2019/07/01] 予想を遥かに上回る方に参加申し込みを頂き,誠にありがとうございます. ヤフー様にご高配を賜りまして, 90名に増枠 致しました.これ以上の増枠はありません. 会場について ヤフー株式会社 名古屋オフィス (名古屋セントラルタワー 50F) をお借りします. 名古屋セントラルタワー50Fにはスカイストリート (15F) より 高層階用エレベータをご利用ください. http://www.towers.jp/floor/towers_15.html (JR名古屋駅構内にある高島屋横のエレベータから15Fへ行き,タワーズオフィスの高層階用エレベータに乗り換えます.ゲートタワーオフィスではありませんのでご注意ください.) 内容 6月16日〜20日にアメリカ・Long Beachで,トップカンファレンス「IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR)」が開催されます.これに合わせて,今回はCVPRにフォーカスした勉強会にしたいと思います! 中部大学 村瀬卓也さんによるCVPR参加報告 CVPRに参加する中部大学の村瀬さんより, CVPR全体の報告,発表の傾向,会議の雰囲気,workshopの内容などを報告頂きます. NEC バイオメトリクス研究所 福井宏様によるご講演 当勉強会の前幹事で,CVPRでAttentionに関する研究でオーラル発表を行う福井様よりご講演頂きます. CV分野やNLP(自然言語処理)分野で今話題のAttentionについて,基礎からご説明頂きます. CVPR論文紹介 CVPRで発表される(された)論文を紹介します. 発表者とタイトル: 中部大学 森啓介:Grounding Human-to-Vehicle Advice for Self-driving Vehicles 中部大学 瀬尾俊貴:Bounding Box Regression with Uncertainty for Accurate Object Detection 中部大学 足立浩規:Mask-Guided Portrait Editing with Conditional GANs 中京大学 秋月秀一:Normalized Object Coordinate Space for Category-Level 6D Object Pose and Size Estimation 中部大学 荒木諒介:Triply Supervised Decoder Networks for Joint Detection and Segmentation 発表者は随時募集中です. 1人あたり10〜15分を予定しています. 発表して頂ける方は,@ryors_k までご連絡ください. 昨年の発表も参考にしてください. PRMUアルゴリズムコンテストについて 毎年恒例のPRMUアルゴリズムコンテストについて,参加者の募集を行います. 参加費 参加費は無料です.お気軽にご参加下さい. その他 本イベントページの参加人数は参考程度にご覧ください. イベントページを確認されずに参加される方も多いので, 実際の参加人数は表示されている人数よりも多いときがほとんどです. 人数の把握のため, 本イベントページを確認されて参加される方はできるだけ本ページからの参加登録をお願いします. 今回は座席数に限りがありますので,参加される方は 必ず 参加登録をしてください. 恐れ入りますが,参加登録をされていない方のご参加はお断り致します. また,勉強会後に懇親会を予定しています.希望者は是非ご参加ください. ※終了後に現地で招集します.