himrock922 (@himrock922)


参加する勉強会



過去の勉強会

5/4 (月)

No image 108x72 g 若手エンジニアもくもく会
GWにもくもくしましょう
新型コロナウイルスの状況を鑑み、今回もリモート開催となります リモート会では Slack 上でのコミニュケーションに加えて、オフライン会のように Zoom 等を利用して自己紹介や成果発表を実施する予定です(任意参加です)。詳細は Slack でご案内いたします。 もくもく会にご参加の方は、下記の Slack 招待リンクからワークスペースにジョインしてください。 概要 (若手)エンジニアのためのもくもく会です。 各々やりたいことを黙々やりましょう。 新型コロナウイルスの状況を鑑み、今回もリモート開催となります どんなもくもく会? 参加者同士の交流歓迎なもくもく会です(もくもくタイム中も交流OK!)。 (若手)の基準は特に設けてません。 参加者の方々は以下のような活動をされていることが多いようです。 Rails, Laravel, Django等のバックエンドのフレームワークの学習 Vue.js, React, jQuery等のフロントエンドのライブラリの学習 AWS, GCP等のクラウドサービスの学習 エンジニアへの転職を目指しポートフォリオを製作 ハッカソン等に向けたチーム活動 LT登壇に向けた登壇資料の作成 ブログ記事の執筆 電子工作(※半田付けは不可)、基板設計、IoT 競技プログラミングの学習 Slack 招待リンク Slackのチャンネル #wakate-mokumoku で自己紹介や情報共有をしてください! もくもく会 is 何? 一つの場所に集まって、各自(個人でも、グループでも)がやりたいことをやる会です。 参加者同士で、技術的な相談や技術談義等しても全然問題ありません。 対象者 自分は若手かなーと思うエンジニアなら、誰でも問題ありません。 個人サービス、プロダクトの開発を進めたい 新しい言語やフレームワークの勉強をしたい プログラミングを身に着けたい どんな方でもお気軽にお越しください。 持ち物 PC その他、もくもくできる書籍、道具など 参加費 無料です。 スケジュール 内容 時間 集合 13:10 〜 13:30 自己紹介・やること紹介 13:30 〜 13:40 もくもく 13:40 〜 17:20 成果発表など 17:20 〜 17:30 雑談会 17:30 〜 18:30 終了 18:30 ※ 途中退場は自由です。 その他 質問等があったら、イベントページ最下部のフィードか、 開催者のツイッターに気軽にご連絡ください。(ツイッターの方が反応がいいです。) https://twitter.com/t0yohei イベント行動規範 (若手)エンジニアもくもく会は「安心してもくもくできる」環境を大切にしています。 これからも、より安心してもくもくできる会であり続けるため、イベント行動規範を定めました。 もくもく会に参加される際は、以下の行動規範に準拠されるよう、お願いします。 もくもく会の趣旨と反することはしない もくもく会の目的を理解し、目的にそぐわない行動はしないよう努めてください。 ハラスメントはしない ハラスメントには、ジェンダー・アイデンティティーと性表現、性的指向、障がい、ニューロ・ダイバーシティ、外見、身体の大きさ、民族、国籍、人種、年齢、宗教、その他の保護対象事項、また公共の場での不適切画像、意図的な脅迫、ストーカー、追い掛け行為、写真や動画撮影による嫌がらせ行為、及び、講演やイベントの断続的な妨害、侮辱的な言動、不適切な身体的接触、不愉快な視線などによってマイノリティなどの社会的弱者の支配を促す言動が含まれますが、これに限定されるものではありません。 ハラスメント行為を止めるように言われた参加者は、直ちに従ってください。 器物の損壊をしない、危険な物を持ち込まない イベント会場の内装や付属の調度品などを故意に壊したり、各会場で使用が禁止されている物を使用したりしないでください。 連絡先 イベント行動規範に違反している行為を発見した場合は、運営スタッフまでご連絡ください。ご連絡は運営スタッフの twitter DM でも受け付けています。 https://twitter.com/t0yohei https://twitter.com/mascii_k https://twitter.com/shimopata 今後も安心してもくもくできる会であり続けられるよう、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

4/19 (日)

No image 108x72 g 若手エンジニアもくもく会
日曜日にもくもくしましょう
新型コロナウイルスの状況を鑑み、今回もリモート開催となります リモート会では Slack 上でのコミニュケーションのみでしたが、今回からはオフライン会のように Zoom 等を利用して自己紹介や成果発表ができたらと思います(任意参加です)。詳細は Slack でご案内いたします。 もくもく会にご参加の方は、下記の Slack 招待リンクからワークスペースにジョインしてください。 概要 (若手)エンジニアのためのもくもく会です。 各々やりたいことを黙々やりましょう。 新型コロナウイルスの状況を鑑み、今回もリモート開催となります どんなもくもく会? 参加者同士の交流歓迎なもくもく会です(もくもくタイム中も交流OK!)。 (若手)の基準は特に設けてません。 参加者の方々は以下のような活動をされていることが多いようです。 Rails, Laravel, Django等のバックエンドのフレームワークの学習 Vue.js, React, jQuery等のフロントエンドのライブラリの学習 AWS, GCP等のクラウドサービスの学習 エンジニアへの転職を目指しポートフォリオを製作 ハッカソン等に向けたチーム活動 LT登壇に向けた登壇資料の作成 ブログ記事の執筆 電子工作(※半田付けは不可)、基板設計、IoT 競技プログラミングの学習 Slack 招待リンク Slackのチャンネル #wakate-mokumoku で自己紹介や情報共有をしてください! もくもく会 is 何? 一つの場所に集まって、各自(個人でも、グループでも)がやりたいことをやる会です。 参加者同士で、技術的な相談や技術談義等しても全然問題ありません。 対象者 自分は若手かなーと思うエンジニアなら、誰でも問題ありません。 個人サービス、プロダクトの開発を進めたい 新しい言語やフレームワークの勉強をしたい プログラミングを身に着けたい どんな方でもお気軽にお越しください。 持ち物 PC その他、もくもくできる書籍、道具など 参加費 無料です。 スケジュール 内容 時間 集合 13:10 〜 13:30 自己紹介・やること紹介 13:30 〜 13:40 もくもく 13:40 〜 17:20 成果発表など 17:20 〜 17:30 雑談会 17:30 〜 18:30 終了 18:30 ※ 途中退場は自由です。 その他 質問等があったら、イベントページ最下部のフィードか、 開催者のツイッターに気軽にご連絡ください。(ツイッターの方が反応がいいです。) https://twitter.com/mascii_k イベント行動規範 (若手)エンジニアもくもく会は「安心してもくもくできる」環境を大切にしています。 これからも、より安心してもくもくできる会であり続けるため、イベント行動規範を定めました。 もくもく会に参加される際は、以下の行動規範に準拠されるよう、お願いします。 もくもく会の趣旨と反することはしない もくもく会の目的を理解し、目的にそぐわない行動はしないよう努めてください。 ハラスメントはしない ハラスメントには、ジェンダー・アイデンティティーと性表現、性的指向、障がい、ニューロ・ダイバーシティ、外見、身体の大きさ、民族、国籍、人種、年齢、宗教、その他の保護対象事項、また公共の場での不適切画像、意図的な脅迫、ストーカー、追い掛け行為、写真や動画撮影による嫌がらせ行為、及び、講演やイベントの断続的な妨害、侮辱的な言動、不適切な身体的接触、不愉快な視線などによってマイノリティなどの社会的弱者の支配を促す言動が含まれますが、これに限定されるものではありません。 ハラスメント行為を止めるように言われた参加者は、直ちに従ってください。 器物の損壊をしない、危険な物を持ち込まない イベント会場の内装や付属の調度品などを故意に壊したり、各会場で使用が禁止されている物を使用したりしないでください。 連絡先 イベント行動規範に違反している行為を発見した場合は、運営スタッフまでご連絡ください。ご連絡は運営スタッフの twitter DM でも受け付けています。 https://twitter.com/t0yohei https://twitter.com/mascii_k https://twitter.com/shimopata 今後も安心してもくもくできる会であり続けられるよう、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

4/1 (水)

9c4b542d2bc4f00a02cea374913b9a4b 株式会社Misoca
オンライン開催
注意 通常名古屋オフィスでの開催ですが、今回はオンラインでの開催となります。名古屋にお住まいでない方も、ぜひご参加ください! オンライン会場のURLは、connpassのメッセージで当日参加者に発行します。 イベント詳細・参加対象者 エンジニア・デザイナーのためのもくもく会開催! 住んでいる地域でエンジニアやデザイナーのためのもくもく会や勉強会が少なくて、困ったりしていませんか? 初学者だとなかなかコミュニティに入りづらかったりしませんか? 「技術力を向上する」「知識を深める」「技術コミュニティを築く」などなど、一緒に楽しくのエンジニア・デザイナー界隈を盛り上げていきましょう! コードを書いたり、技術書を読んだり、内容は人それぞれで構いません。 仕事終わりに、ひたすらコードを書きたい! エンジニア・デザイナーともっと知り合いになりたい! 技術コミュニティをもっと盛り上げたい! 学生だけど、エンジニア・デザイナーになりたい! 一人で寂しくコードを書いているので、仲間が欲しい! 気になっている技術書や本があるので、集中して読み込みたい! 勉強会に参加したことないので、一度参加してみたい! ぜひお気軽にご参加ください。 参加費 無料!! 当日の流れ 19:20 ~ 接続確認 19:30 ~ 挨拶、参加者の自己紹介、今日やることを簡単に発表 19:40 ~ 自由にもくもく開始 (趣味のコードを書く、仕事をする、読書に没頭するetc...) 21:30 ~ 今日の成果報告 (1人辺り2、3分程の簡単な発表で大丈夫です! ) 22:00 終了 * 途中からの参加ももちろん可能です!お気軽にご参加ください! Slackへの参加(任意) イベントグループのSlackがあります。connpass登録後、参加をお願いします。 主に、参加者同士の質問・交流や諸連絡(当日の緊急連絡など)を行います。 招待リンク 準備するもの 学習に必要なもの。 Google Hangouts Meetが使用可能なネット環境。 禁止事項 営業活動、採用活動目的でのご参加はご遠慮ください。 エンジニア関連以外の勉強を目的とする方は、ご遠慮ください。 *参加者が不快に思うような迷惑行為があった場合は、退出をお願いしたり、次回からの参加をお断りする場合がございます。予め、ご了承ください。 その他 何かご質問などあれば、 ([email protected] )までお気軽にお問い合わせください。

3/22 (日)

No image 108x72 g 若手エンジニアもくもく会
日曜日にもくもくしましょう
新型コロナウイルスの状況を鑑み、今回もリモート開催となります ご参加の方は下記の Slack 招待リンクからワークスペースにジョインしてください。 概要 (若手)エンジニアのためのもくもく会です。 各々やりたいことを黙々やりましょう。 新型コロナウイルスの状況を鑑み、今回もリモート開催となります どんなもくもく会? 参加者同士の交流歓迎なもくもく会です(もくもくタイム中も交流OK!)。 (若手)の基準は特に設けてません。 参加者の方々は以下のような活動をされていることが多いようです。 Rails, Laravel, Django等のバックエンドのフレームワークの学習 Vue.js, React, jQuery等のフロントエンドのライブラリの学習 AWS, GCP等のクラウドサービスの学習 エンジニアへの転職を目指しポートフォリオを製作 ハッカソン等に向けたチーム活動 LT登壇に向けた登壇資料の作成 ブログ記事の執筆 電子工作(※半田付けは不可)、基板設計、IoT 競技プログラミングの学習 Slack 招待リンク Slackのチャンネル #wakate-mokumoku で自己紹介や情報共有をしてください! もくもく会 is 何? 一つの場所に集まって、各自(個人でも、グループでも)がやりたいことをやる会です。 参加者同士で、技術的な相談や技術談義等しても全然問題ありません。 対象者 自分は若手かなーと思うエンジニアなら、誰でも問題ありません。 個人サービス、プロダクトの開発を進めたい 新しい言語やフレームワークの勉強をしたい プログラミングを身に着けたい どんな方でもお気軽にお越しください。 持ち物 PC その他、もくもくできる書籍、道具など 参加費 無料です。 スケジュール 内容 時間 集合 13:10 〜 13:30 自己紹介・やること紹介 13:30 〜 13:40 もくもく 13:40 〜 17:20 成果発表など 17:20 〜 17:30 雑談会 17:30 〜 18:30 終了 18:30 ※ 途中退場は自由です。 その他 質問等があったら、イベントページ最下部のフィードか、 開催者のツイッターに気軽にご連絡ください。(ツイッターの方が反応がいいです。) https://twitter.com/mascii_k イベント行動規範 (若手)エンジニアもくもく会は「安心してもくもくできる」環境を大切にしています。 これからも、より安心してもくもくできる会であり続けるため、イベント行動規範を定めました。 もくもく会に参加される際は、以下の行動規範に準拠されるよう、お願いします。 もくもく会の趣旨と反することはしない もくもく会の目的を理解し、目的にそぐわない行動はしないよう努めてください。 ハラスメントはしない ハラスメントには、ジェンダー・アイデンティティーと性表現、性的指向、障がい、ニューロ・ダイバーシティ、外見、身体の大きさ、民族、国籍、人種、年齢、宗教、その他の保護対象事項、また公共の場での不適切画像、意図的な脅迫、ストーカー、追い掛け行為、写真や動画撮影による嫌がらせ行為、及び、講演やイベントの断続的な妨害、侮辱的な言動、不適切な身体的接触、不愉快な視線などによってマイノリティなどの社会的弱者の支配を促す言動が含まれますが、これに限定されるものではありません。 ハラスメント行為を止めるように言われた参加者は、直ちに従ってください。 器物の損壊をしない、危険な物を持ち込まない イベント会場の内装や付属の調度品などを故意に壊したり、各会場で使用が禁止されている物を使用したりしないでください。 連絡先 イベント行動規範に違反している行為を発見した場合は、運営スタッフまでご連絡ください。ご連絡は運営スタッフの twitter DM でも受け付けています。 https://twitter.com/t0yohei https://twitter.com/mascii_k https://twitter.com/shimopata 今後も安心してもくもくできる会であり続けられるよう、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2/23 (日)

No image 108x72 g 若手エンジニアもくもく会
日曜日にもくもくしましょう
新型コロナウイルスの状況を鑑み、リモート開催に切り替えました ご参加の方は下記の Slack 招待リンクからワークスペースにジョインしてください。 概要 (若手)エンジニアのためのもくもく会です。 各々やりたいことを黙々やりましょう。 新型コロナウイルスの状況を鑑み、リモート開催に切り替えました どんなもくもく会? 参加者同士の交流歓迎なもくもく会です(もくもくタイム中も交流OK!)。 (若手)の基準は特に設けてません。 参加者の方々は以下のような活動をされていることが多いようです。 Rails, Laravel, Django等のバックエンドのフレームワークの学習 Vue.js, React, jQuery等のフロントエンドのライブラリの学習 AWS, GCP等のクラウドサービスの学習 エンジニアへの転職を目指しポートフォリオを製作 ハッカソン等に向けたチーム活動 LT登壇に向けた登壇資料の作成 ブログ記事の執筆 電子工作(※半田付けは不可)、基板設計、IoT 競技プログラミングの学習 Slack 招待リンク Slackのチャンネル #wakate-mokumoku で自己紹介や情報共有をしてください! もくもく会 is 何? 一つの場所に集まって、各自(個人でも、グループでも)がやりたいことをやる会です。 参加者同士で、技術的な相談や技術談義等しても全然問題ありません。 対象者 自分は若手かなーと思うエンジニアなら、誰でも問題ありません。 個人サービス、プロダクトの開発を進めたい 新しい言語やフレームワークの勉強をしたい プログラミングを身に着けたい どんな方でもお気軽にお越しください。 持ち物 PC その他、もくもくできる書籍、道具など 参加費 無料です。 スケジュール 内容 時間 集合 13:10 〜 13:30 自己紹介・やること紹介 13:30 〜 13:40 もくもく 13:40 〜 17:20 成果発表など 17:20 〜 17:30 雑談会 17:30 〜 18:30 終了 18:30 ※ 途中退場は自由です。 その他 質問等があったら、イベントページ最下部のフィードか、 開催者のツイッターに気軽にご連絡ください。(ツイッターの方が反応がいいです。) https://twitter.com/mascii_k イベント行動規範 (若手)エンジニアもくもく会は「安心してもくもくできる」環境を大切にしています。 これからも、より安心してもくもくできる会であり続けるため、イベント行動規範を定めました。 もくもく会に参加される際は、以下の行動規範に準拠されるよう、お願いします。 もくもく会の趣旨と反することはしない もくもく会の目的を理解し、目的にそぐわない行動はしないよう努めてください。 ハラスメントはしない ハラスメントには、ジェンダー・アイデンティティーと性表現、性的指向、障がい、ニューロ・ダイバーシティ、外見、身体の大きさ、民族、国籍、人種、年齢、宗教、その他の保護対象事項、また公共の場での不適切画像、意図的な脅迫、ストーカー、追い掛け行為、写真や動画撮影による嫌がらせ行為、及び、講演やイベントの断続的な妨害、侮辱的な言動、不適切な身体的接触、不愉快な視線などによってマイノリティなどの社会的弱者の支配を促す言動が含まれますが、これに限定されるものではありません。 ハラスメント行為を止めるように言われた参加者は、直ちに従ってください。 器物の損壊をしない、危険な物を持ち込まない イベント会場の内装や付属の調度品などを故意に壊したり、各会場で使用が禁止されている物を使用したりしないでください。 連絡先 イベント行動規範に違反している行為を発見した場合は、運営スタッフまでご連絡ください。ご連絡は運営スタッフの twitter DM でも受け付けています。 https://twitter.com/t0yohei https://twitter.com/mascii_k https://twitter.com/shimopata 今後も安心してもくもくできる会であり続けられるよう、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

10/10 (木)

687fca1e7caf5cc88532e59293129bff テクトモ
テクトモについて お酒を飲みながら新たな知見を得たり、フリーランス同士で情報交換したりする、比較的にゆるめのフリーランス・コミュニティです!未来×希望×キャリアをテーマとし、同志(トモダチ)を作る、明日(トゥモロー)のキャリアを作る思いからイベント名を「テクトモ」としています。 今回の講座について ▼講座タイトル 「テクトモ#10 リモートワークって実際どうなの?~リモートワーク獲得への道筋~」 ▼概要 毎日毎日、満員電車での通勤…ではなく、自宅で仕事がしたい! フリーランスになったからには、リモートワークを実現したい! …でも、なかなか実現できない。 そんな悩みを抱えたフリーランスの皆様に朗報です! フリーランスとして、どうリモートワークを実現するのか。キャリアや金額との兼ね合いの付け方、スキルセットの身につけ方、、などなど。 今後フルリモートという働き方を実現するにあたり、必要な考え方やキャリアの方向性を知れるイベントです! ▼日時・タイムテーブル 2018年10月10 日(木)19:15 開場 19:30  クラウドテックからご挨拶 ▼前半:19:45~20:30 ・【講演】企業はなぜリモートワークを導入するのか?~企業から見たリモートワークのメリット・デメリット~ スピーカー:株式会社Monopos飯田氏(エンジニア兼バックオフィス) https://monopos.co.jp/members/kosuke-iida.html     ▼後半:20:30 ・【トークセッション】フリーランスとしてどうやってリモートワークを実現するのか?~リモートワークを実現してきたフリーランスに聞く、リモートワーク実現への道のり~ スピーカー:現在リモートワークを実現されている、フリーランスの方々4名にご登壇頂く予定です。(職種:Webデザイナー、アートディレクター、フロントエンドエンジニアなど)   成田 直人(なりた なおひと)氏 2012年に株式会社門・CCO兼クリエイティブディレクターに就任、現職。 大手企業を初めとした、広告物の企画・ディレクション・制作まで携わる。 広告制作の成果物として、各種グラフィック・CM制作・SNS広告・コピーライティングなどを取り扱う。 一方、現代のクラウドサービスにおけるPDCAサイクルに対応・特化した、クリエイティブディレクションにも力を注いでいる。  森田 浩平氏 (Webデザイナー・クリエイター)氏 婚活を軸としたサービスを提供している事業会社で、経営者やチームメンバー、クライアントやユーザーとやり取りしながら複数のWebサービスのグロースに努めて来られました。 社内の全サービスのサイトリニューアルを⼿がけられ、第6回Webデザインアワード審査員特別賞受賞されています。 現在は、現在は、保育園・施設向けの自社サービスを開発運営している企業でUI/UXデザインをリモートにて担当されております。 西尾 淳史氏 プロダクトデザイナーとして、情報機器のUI/UXのデザインを行っている。大手総合電機メーカーの量産製品から次世代先行開発、産業・公共機器から、ベンチャー企業のコンシューマー向けサービスまで、幅広い分野、ユーザー層を対象としたプロジェクトや製品における多数の実績がございます。 人間工学や人間中心設計、色彩に関する基礎的なデザイン技法を基本に、他デザイン関連工学の応用、ヒトの行動観察を取り入れたロジックに基づくデザイン手法により、機能的で操作性に配慮した、優れたユーザビリティを備えたUI/UXデザインを行われています。 (※随時更新予定) 21:00 交流会 参加者の方々で交流いただくだけでなく、登壇されたフリーランスの方や、企業様へ相談もして頂けます。 軽食とお飲み物もご用意いたします! ▼参加料 無料 ▼受付について 受付にてconnpassから送られる受付票記載の番号をお伝えくださいませ。 ▼Wi-Fiについて ゲストWi-Fiをご用意しております。 ▼質疑応答について sli.doというサービスを使って質疑を受け付けます。 イベントが近くなりましたら、本イベント用の特設ページを開設しますので、ご確認くださいませ。 詳細な利用方法は当日もご説明させていただきます。 ▼諸注意 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。そのため当日、会場の様子およびセッションの模様を撮影させていただきます。来場者の方が一部、映り込む可能性もございますので、あらかじめご了承くださいませ。