himajin_zip (@himajin_zip)


参加する勉強会



過去の勉強会

12/9 (日)

35affb773a5a9318e7d2e3934a7749a5 IoT縛りの勉強会! IoTLT
株式会社スタメンでの開催!
業界初?! 名古屋版 IoT縛りの勉強会/LT会です! IoTというワードがバズワードになりつつあります。 とはいえ、IoT領域には関連する幅広い知識や技術があります。 また、アイディアやインスピレーションも重要です。 この会は個々が持っている知識や開発していることの情報共有や発信の場になります。 名古屋で開催です! 開催前後の交流ためのFBグループもあります! 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! https://www.facebook.com/groups/iotlt IoTLT名古屋専用のFBページつくりました。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ タイムテーブル LTは一人5分です。8件程度 時間 内容 発表者 13:30 開場 14:00 オープニング 14:10 LT:会場スポンサーLT 株式会社スタメン からあげ(https://twitter.com/karaage0703 )さん ででん でん ででん(https://twitter.com/deden_twi )さん Yoshiよし(https://twitter.com/yosiyos38795255 )さん くぅ寿司大好き : ‍♂️ 鯖: (https://twitter.com/Fumiya_Kume )さん わみ(https://twitter.com/wamisnet )さん 15:45 懇親会 16:45 撤収

11/11 (日)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月2回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 今回はヤフー株式会社様のご協力により、「Kotlinで作るAndroidアプリ開発入門」を開催いたします。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は参加いただけません。 イベント概要 ヤフー名古屋オフィスにご協力いただき、Kotlinを使用したAndroidアプリ開発を学びます。 KotlinはGoogle I/O 2017での正式サポート発表後から急速に伸びており、特にAndroidアプリ開発の現場に置いてはKotlinの使用が一般化しつつあります。 この機会にAndroid+Kotlinに入門してみませんか? また、今回のイベントは、ヤフーの社員さんにサポートしていただけるので、Androidアプリ開発やKotlinについての経験の有無に関わらずご参加いただけます! ハンズオン 「TODOアプリ」を題材にAndroidアプリ開発を学びます。 具体的には以下の内容を学びます。 ・Android Studioの使い方 ・ボタンの実装 ・プログラムから文字列の変更 ・データの永続化 ・リスト表示 ・XMLによるUIの設計 ・画面推移 一般的な入門用チュートリアルより踏み込んだ内容となっていますので、ぜひこの機会にご参加ください! おねがい ハンズオンを行うにあたり、開発環境であるAndroid Studioの事前インストールが必須となっています。 動作環境は上記ページ下部にある「System requirements」の項目を参照していただければと思います。 (特に推奨メモリ容量が8GBであることについて留意していただけると幸いです。) タイムテーブル 時間 内容 13:30 受付開始 14:00 イベント開始 14:15 ハンズオン開始 18:00 懇親会(軽食を出します) 19:00 クロージング 会場 ヤフー株式会社 名古屋オフィス 愛知県名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー 4階 *オフィスへは入館許可が必要となります。当日はスタッフが立っているので、そこでの指示に従っていただきますようお願いします。 持ち物 【必須】Android StudioのインストールされたPC(Mac, Linux, Windows) 【持っていれば】Android端末 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり Android Studio 3.2, エミュレータ 8.0以上 懇親会では軽食とソフトドリンクをお出しします。 ヤフー株式会社について Yahoo! JAPANはインターネットの力で日本のあらゆる課題を解決する「課題解決エンジン」をミッションに掲げ、「UPDATE JAPAN」という世界の実現を目指しています。 ▼Yahoo! JAPANのHP・SNS コーポレートサイト Twitterアカウント Facebookページ OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。 専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。 学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Twitterアカウント @OthloTech Facebookページ

10/27 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1-2回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 今回は楽天株式会社様のご協力により、「LT会 @楽天テクノロジーカンファレンス in 名古屋」を開催いたします。 ※このページは学生限定の応募ページとなります。 ※ 16歳未満の方のイベント参加には、保護者の同意が必要です。 イベント概要 今回は「楽天テクノロジーカンファレンス 2018 in 名古屋」にてLT会を開催させていただきます! 当日はランチと懇親会(Beer Bash)にて簡単なお食事とお飲み物をご用意させて頂いています。 ※ このページからご応募いただければ、「楽天テクノロジーカンファレンス 2018 in 名古屋」の全セッションへの参加が可能となります。 楽天テクノロジーカンファレンス 2018 in 名古屋 楽天テクノロジーカンファレンスは2007年に始まり、今年で12年目を迎えます。 楽天株式会社の本社がある東京・二子玉川、札幌、仙台、大阪、福岡、北京、上海に加えて、 昨年より名古屋でも開催しています。 楽天が取り組んでいる技術の紹介をさせていただくと共に、様々な領域の技術をビジネスに適用する楽天以外のエンジニアの取り組みについてもご紹介する技術カンファレンスです。 前回は東京講演のストリーミング配信が中心でしたが、今年は名古屋オリジナルの独自コンテンツを用意してより参加者の皆様に楽しんでいただける内容を予定しています。 制作物発表LT会! テーマは「今までに作った制作物」 エンジニアリング・デザインに関係する制作物の紹介であれば何でもOK 制作したときのこだわりどころや、苦労したところ、自慢の機能...などなど自由に発表してください! 発表枠は4分ですが、多少短くても大丈夫です。 セッション終了後には懇親会もあります。学生、社会人問わず、この機会にいろいろな人と交流しましょう。 LT(ライトニングトーク)とは 3-5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。「Lightning Talk(s)」の頭文字を取って「LT」と略される。 タイムスケジュール ※タイムスケジュールは前後する可能性がございます。予めご了承ください。 時間 内容 10:30-11:00 受付 11:00-11:30 Opening Workshop (スピーカー:弊社野澤) 11:30-12:00 セッション①(スピーカー:弊社エンジニア) 12:00-13:00 Lunch 13:00-15:00 ストリーミング配信(スピーカー:弊社社長等) 15:00-16:00 セッション②(スピーカー:パソナテック様) 16:00-17:00 LT会(OthloTech ) 17:00-19:00 Beer Bash(懇親会) 19:30 解散 会場 会場 : 楽天株式会社 名古屋支社 住所 : 愛知県名古屋市中区栄1-12-17 富士フイルム名古屋ビル 13F 備考 懇親会 & ランチ : 簡単なお食事とお飲み物をご用意させていただきます。 OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。 専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。 学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Twitterアカウント @OthloTech Facebookページ

9/27 (木)

E54e3afb4d5f3257c0e472ba5981f569 SERAKU_みんなの情熱大学
ネットワークの基礎を学べるネットワーク講座 IPアドレスやサブネットマスクといったNW基礎知識を学べる基礎講座です。 NW機器に設定を行い疎通確認を行います。 CCNAの資格取得を考えてる方、ネットワークの基礎を学ぼうとしている方向けの講座です。 何を持って帰れるのか ネットワークの基本的な知識やNW機器設定方法について講義いたします。 実際に操作し、初めの一歩を体験できます。 情報交換やネットワーキングの機会 講座の後には無料の懇親会を設けています。現役エンジニアとの情報交換の機会に。 軽食とお菓子、アルコール類やソフトドリンクもご用意しています。 途中退出も可能!お時間の許す限りご参加ください。 主な内容 ネットワークについての基本知識 NW機器への設定 タイムテーブル 受付時に名刺を1枚頂戴いたします。 受付時間は18:30~19:00になります。 ※遅れて参加も可能です。会場の扉をそっと開けてお入りください。 7F会場の受付でお名前をスタッフにお伝えください。 時間 内容 19:00~21:00 講義 21:00~21:30 懇親会 参加費 無料 懇親会は軽食とドリンクをご用意しています。 事前準備/必要な機材等 特になし こんな人を主な対象としています ネットワークの基本的知識がある方 ネットワークエンジニア未経験者 ネットワークに興味がある方 CCNA取得を目指そうとしている方 多くの方にご参加いただきたいと思っています。お気軽に是非ご参加ください♪ 登壇者紹介 大野栄介 株式会社セラク ―略歴― ソフトウェア製品のテクニカルサポート業務を経てセラクへ入社。 入社2年間は運用保守として業務を経験し現在はヘルプデスクとして活躍中。 開催場所 株式会社セラク 名古屋支社 〒450-0001愛知県名古屋市中村区那古野1-47-1 名古屋国際センタービル 7F 注意事項 受付時に名刺を1枚頂戴いたします。 当日は写真撮影を行います。もし写真撮影NGの方がいらしたら、スタッフまでお申し出ください。 イベント当日の様子は後日なんらかの媒体に掲載させていただく場合がございます。   お申込後、イベント内容は運営都合により変更/キャンセルになる場合がございます。予めご了承ください。 お問い合わせ セラク名古屋支社:[email protected]

9/25 (火)

技術者が今押さえておきたいWatsonやKubernetesなどを学べる半日!
概要 IBMのデベロッパーアドボケイトのメンバーが講師を務め、IBMテクノロジーへDeep DiveするHalf Day Workshopです! 札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡と全国5箇所で順番に開催します! 9月25日は名古屋、みなさんぜひご参加くださいね! 進行 時間 内容 13:00-13:30​ 受付 13:30-13:45​ オープニング日本アイ・ビー・エム株式会社 デジタルビジネスグループ デベロッパー・アドボカシー事業部長 大西彰 13:45-15:15 ハンズオンワークショップ(Watson Visual Recognitionのカスタムモデル使ったNode-RED画像認識アプリ作成 )日本アイ・ビー・エム株式会社 デジタルビジネスグループ デベロッパー・アドボカシー事業部デベロッパーアドボケイト 西戸京子 15:15-15:30 休憩 15:30-17:00 ハンズオンワークショップ(Kubernetesはじめの一歩。IBM Kubernetesを題材にコンテナの基礎からK8sクラスター操作を体験)※要事前準備 日本アイ・ビー・エム株式会社 クラウド事業本部 ハイブリッドクラウドソフトウェア 斎藤和史 17:00-18:0​0 ネットワーキング〜クロージング 18:00-18:15 撤収 *タイムテーブルは変更になる可能性があります。予めご了承下さい。 お願い 当日は入館手続きが必要となるため、お名刺を2枚ご用意ください。 ハンズオンを実施するので開発可能なPCを持参してください。 下記LinkのKubernetesハンズオン事前準備を必ず事前に実施お願いします。 事前準備 *IBM Cloudライトアカウントの作成についても上記Linkにあります。 ※クーポンコード適用のため、既にIBM Cloudライトアカウントをお持ちの方も、このワークショップ用に新規作成お願いします。 詳細はLinkを参照ください。 ハンズオンワークショップ(Watson Visual Recognitionのカスタムモデル使ったNode-RED画像認識アプリ作成)実施時に必要なもの 下記のご準備をお願いします: 認識させたいもの2種類以上 自分の顔、ボールペン、ケーブル等のその場で写真を撮って画像認識させられるものを推奨します。 カメラ付きのスマートフォン ECMAScript 5 準拠のブラウザ が実行に必要です(最近のスマホなら通常問題ありません) 古めのスマホの場合は http://caniuse.com/#feat=es5 でご確認ください (必要な場合)スマートフォンからPCへ写真をコピーするためのケーブル[ない場合はお貸しします] iPhone → MacはAirDropを使用してケーブル無しでコピーできます。 お使いのGoogleドライブなどオンラインストレージ経由でのコピーも可能です。 担当 IBM Digital Business Group Developer Advocate 西戸京子 [email protected]

9/1 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※ 学生限定のイベントです。社会人の方は参加できません。 ※ 16歳未満の方のイベント参加には、保護者の同意が必要です。 イベント内容 Dockerの日本語ドキュメントも作成している前佛 雅人様を講師としてお呼びしてコンテナオーケストレーションツールであるKubernetesについての勉強会およびハンズオンを行います。具体的には下記の内容が学べます。なお、ハンズオンではRancher 2.0を利用します。 勉強会 Kubernetesってなに? Kubernetesの基本的な動作 Kubernetesってどんな時に使うと便利? ハンズオン Kubernetesクラスタの作り方 kubectlを利用してKubernetesを操作する Kubernetesを利用したアプリケーションのスケーリング Kubernetes上でpod(コンテナ)が停止した場合にどのように復旧するのか こんな人におすすめです コンテナ技術に興味がある 大規模でコンテナを運用するためにどのようなツールを利用するのか知りたい インフラエンジニアに興味がある ※ある程度Dockerの基本コマンドが使えると好ましいです。 資料:https://www.slideshare.net/zembutsu/docker-container-image-command-introduction-2017-03 Kubernetesとは Kubernetesはコンテナのオーケストレーションツール(配備/設定/管理の自動化ツール)のデファクトスタンダードと言われており、Googleが開発したBorgというソフトウェアを元にして開発されたオープンソースソフトウェアです。(k8sと呼ばれることもあります。)GoogleではDockerがオープンソース化されるよりもかなり前からコンテナ技術を利用しており現在では毎週20億を超えるコンテナが立ち上がっているようです。Kubernetesはその知見を活かして開発が行われており、大規模開発において必要な機能を備えています。 参考: Kubernetes kubernetesによるDockerコンテナ管理入門 続・KubernetesによるDockerコンテナ管理入門 タイムスケジュール 時間 内容 12:45 開場 13:00 イベント開始 13:10 会社説明(さくらインターネット様) 13:20 会社説明(スタメン様) 13:30 Kubernetesについての概要説明 14:30 Kubernetesのクラスタを作成する 15:30 休憩 15:45 kubectlを使ってKubernetesを操作する 16:30 ハンズオン終了・懇親会準備 17:00 懇親会 18:00 撤収 会場 会場:株式会社スタメン 住所 : 愛知県名古屋市中村区 井深町1-1 持ち物 PC (WSL環境のあるWindows, Mac, Linux) 事前にdockerのインストールをお願いします。 https://qiita.com/Aruneko/items/c79810b0b015bebf30bb 充電器 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はございません。譲り合ってご利用いただければ幸いです。) OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech さくらインターネット株式会社について さくらインターネットは国内の自社運営データセンターでレンタルサーバーや 専用サーバー、VPS、クラウドなどのインターネットインフラサービスを幅広 く提供しています。 また、IoT分野において通信モジュールとセキュアなプラットフォームを統合 した「sakura.io」や、人工知能やディープラーニングの研究などに必要とな る大量の演算リソースに特化した「高火力コンピューティング」など、インター ネット環境の変化とともにユーザーのニーズに応じた多様なサービスを開発し、 ビジネスを支援しています。 会社情報:https://www.sakura.ad.jp/

8/25 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回は株式会社LIG様のご協力により、「NUXTではじめるVue.js」を開催いたします。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は参加いただけません。 イベント概要 今回のイベントでは、Vue.jsのフレームワークであるNuxt.jsを用いてアプリケーションを作成するハンズオンを行います。 Nuxt.jsは、サーバーサイドレンダリング(SSR)を手軽に実現でき、アプリケーションを静的なHTMLとして書き出せることが特徴です。 さらに、フロントエンド開発に必要となる様々な機能を予め備えているため、一般的なWebサイトの制作にも便利に活用できます。 簡単なWebサイト作成を通して、Nuxt.jsによる手軽でスピーディーな開発を体験していただきます。 講師:土屋 大輔 大阪生まれ。2016年にLIGへ入社、フロントエンドの実装を担当しています。 HTML / CSS / JS / 地図 / 甘味 が好き。 IDは大体 @dsktschy ハンズオンの流れ Vue.jsに関しての説明と、コンポーネントを作成するハンズオン Nuxtでローカル環境にVue環境をインストール。 Nuxtに関しての説明と、作成したコンポーネントをNuxtの環境に移植するハンズオン Vue.jsとは Vueはユーザーインターフェイスを構築するためのプログレッシブフレームワークです。他の一枚板(モノリシック: monolithic)なフレームワークとは異なり、Vue は少しずつ適用していけるように設計されています。中核となるライブラリは view 層だけに焦点を当てています。そのため、使い始めるのも、他のライブラリや既存のプロジェクトに統合するのも、とても簡単です。また、モダンなツールやサポートライブラリと併用することで、洗練されたシングルページアプリケーションの開発も可能です。 出典: " rel="nofollow">https://jp.vuejs.org/v2/guide/ Nuxt.jsとは Nuxt.js はユニバーサルな Vue.js アプリケーションを構築するためのフレームワークです。サーバサイドとクライアントサイドの違いを抽象化することで無視して、一貫した方法で UIレンダリングすること に焦点を当てています。Nuxt.js は サーバーサイドレンダリング する Vue.js アプリケーションの開発をもっと楽しくするために必要な設定を、あらかじめセットしています。 出典: " rel="nofollow">https://ja.nuxtjs.org/guide タイムテーブル 時間 内容 13:45 受付開始 14:00 イベント開始 14:00 会社説明 14:15 Vue.jsハンズオン 16:30 LT会 + 懇親会 18:00 完全撤収 会場 会場:ミッドランドインキュベーターズハウス 住所:〒453-0012 愛知県名古屋市中村区井深町1−番1号 新名古屋センタービル 本陣街142号室 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はありませんので、譲り合ってご利用ください) 株式会社LIGについて 株式会社LIG(リグ)は東京都上野を中心に「Life is Good」掲げて活動する社長がイケメンな事で有名な会社です。 Webサイト・ホームページ制作、コンテンツ制作、記事制作、コワーキング・シェアオフィス運営、ゲストハウス運営、飲食事業、教育事業、地方創生事業、プロモーション、システム開発、Webマーケティングなどをおこなっています。 ▼株式会社LIGのHP liginc.co.jp OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。 専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。 学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼10/7,8に第2回目となる学生ハッカソンを開催しました OthloHack2017 Twitterモーメント

7/20 (金)

E54e3afb4d5f3257c0e472ba5981f569 SERAKU_みんなの情熱大学
pythonツールの使い方と実務での解析方法
AI・機械学習エンジニア/データサイエンティストに必須のPythonツール(Numpy)の使い方と実務での活用方法 イベント概要: プログラミング言語「Python」を使った機械学習、データマイニングに必要な「数学的操作」を効率的に処理するためのツール「Numpy」についての実践的な活用方法を解説します。講座に使う資料のソースコードは終了後に配布する予定なので、実際に手を動かしての復習が可能です。研究者・エンジニア・学生の方々で現在、機械学習やデータマイニングに携わっている方から、今後新たに携る可能性のある方まで、知って便利な講座内容となっております。 何を持って帰れるのか 機械学習に必要な解析ツールをつかいこなせるようになります! データマイニングや機械学習の流れを体感し、自分で解析ができるようになる Pythonを使った、機械学習に必要な数式の使い方やデータ作成方法がわかる forやwhileループを使わずに効率的でスマートなデータ処理ができるようになる 主な内容 データ解析のデモンストレーション N次元アレーの構造 データの取り出し データの変換 データの生成 演算 線形代数操作 タイムテーブル 受付時間は18:45~19:15になります。 受付時に名刺を1枚頂戴いたします。 会場の受付で受講セミナー名とお名前をスタッフにお伝えください。 時間 内容 19:00~19:15 イントロ 19:15~19:45 データ解析のデモ 19:45~20:45 Numpyの使い方講座 21:00~21:30 懇親会 参加費 無料  懇親会は軽食とドリンクをご用意してお待ちしています♪ 事前準備/必要な機材等 基本手ぶらでOK (Python+Jupyter+Numpy+Matplotlib がインストールされているPCがあれば講座の内容を確認可能) こんな人を主な対象としています 何らかのプログラミング経験をお持ちの方 ※線形代数や統計など数学の基礎知識のある人は、より深く理解して頂ける講座となっています。 こんな方に最適な講座です 理数系学部出身のエンジニアで、機械学習やデータマイニングに興味のある方 Pythonを用いた機械学習/データマイニングをしている方/してみたい方 機械学習・ビックデータを業務活用にしている方/していきたいと思っている方 数学の知識があることでより深く理解することができる講座となっておりますが、 そうでなくとも機械学習に必要な要素の理解やツールの使い方など多くの発見を提供するプログラムとなっております。 一人でも多くの方にご参加いただきたいと思っています。お気軽に是非ご参加ください♪ 登壇者紹介 金井 伸也(Kanai Shinya)  修士(理学)  「IT×農業」をキーワードとした農業の環境モニタリングサービス「みどりクラウド」にて、農作物の画像・センサーデータ解析の研究開発を始め、機械学習領域の研究開発に携わっている。 ―略歴― 筑波大学及び同大学院にて学び、ニュートリノ崩壊観測のための超伝導トンネル接合検出器の研究の後、博士前期課程修了。 パイオニア株式会社研究開発部にて応用研究に従事。大手企業との共同研究や、半導体デバイスの特性評価、検証に取り組む。 その後、機械学習、データ解析の領域で研究開発に従事するため、株式会社セラクに転職。現在に至る。 開催場所 名古屋国際センター 第三研修室 〒450-0001 愛知県名古屋市中村区那古野1-47-1 名古屋国際センタービル4F 注意事項 受付時に名刺を1枚頂戴いたします。 イベント当日の様子は後日なんらかの媒体に掲載させていただく場合がございます。   お申込後、イベント内容は運営都合により変更/キャンセルになる場合がございます。予めご了承ください。 お問い合わせ 運営事務局:[email protected]

7/7 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※ 学生限定のイベントです。社会人の方は参加できません。 ※ 16歳未満の方のイベント参加には、保護者の同意が必要です。 イベント内容 このイベントでは、Unityの基礎操作がわかっている方向けに 「Unityを使ったゲーム制作」 のワークショップを行います。 ワークショップでは、テーマに沿って一緒にゲームを制作します。前半は、ゲームの基礎となる部分に使用する関数を一緒に学びながら制作を進めます。後半は、各自で考えた色付け部分をメンターに教えてもらいながら実装し、ゲーム完成を目指します。 このワークショップを機会に自分のゲームを作ってみませんか? 講師はワンダープラネット株式会社の CTO 村田知常さん です。 こんな方に向いています Unityを初めてみたけど何からやれば良いのか分からない方 Unityでゲームを作ってみたい方 Unity初級者から中級者にステップアップしたい方 ワンダープラネットに興味がある 参加条件 今回のイベントでは、Unityの基礎的な操作説明は行いません。 そのため今回のイベントへの参加は、Unityのチュートリアル「Roll-a-ball」を 終了させている方に限らせていただきます。 タイムスケジュール 時間 内容 9:30 開場 10:00 イベント開始 10:15 会社説明(ワンダープラネット様) 10:30 ハンズオン開始! 16:30 懇親会 18:00 クロージング&撤収 会場 会場:ワンダープラネット 名古屋本社 住所: 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3丁目23−31 栄町ビル11F アクセス:栄駅地下街から直結 持ち物 PC (Windows, Mac, Linux) 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はございません。譲り合ってご利用いただければ幸いです。) お問い合わせは、ウェブページからお願いいたします。 ワンダープラネット株式会社について 《楽しいね!を、世界中の日常へ。》をミッションに掲げ、全世界900万DL突破の『クラッシュフィーバー』等、国内・海外向けモバイルゲームを提供しています。世界中の一人でも多くの人々の日常に、家族や友達と「楽しいね!」と笑いあえるひとときを届けるために、誰もが楽しめるプロダクト・サービスを創り、コミュニケーションを通じた「笑顔」を世界の隅々まで広げていきます。 コーポレートサイト: http://wonderpla.net/ TechBlog: http://tech.wonderpla.net/ OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech

7/1 (日)

1f71846c9188badb9095852d9867f815 Hack U
ヤフーが開催する学生限定イベントです。Pythonを使ったことのない学生、グループ参加も大歓迎!
対象者 「なにかモノを自分でつくってみたいけど、なにから始めていいかわからない!」という学生を対象として、Pythonを使ってLINE botを作るワークショップを開催します! 高校生以上の学生であれば大学・高専・専門学校・高校は問いません。どなたでもご参加いただけます。 グループでの参加も大歓迎!友達を誘って一緒に参加してみよう! ※参加に際して「氏名」と「学校名」を伺っています。参加登録する際のアンケートにてご記入ください。 ※グループでの参加の場合も1人ずつのエントリーをお願いします。 ※学生限定のイベントです。社会人の方は参加いただけません。ご了承ください。 今回のテーマ 今回のテーマは、「Pythonを使ってLINE bot を作ってみよう!」です! 「よくわからないけど興味がある!」 「動くものを作ったことないから不安...」 という方はぜひ参加して、わからないことをどんどん質問して解決していきましょう。 ワークショップについて このワークショップのゴールは、 「工夫を凝らして自分のLINE botを作る!」です。 ワークショップでは、説明とハンズオンを繰り返しながら、実際に作業をすることでスキルを身につけていきます。 ハンズオンでは、Yahoo! JAPANの現役エンジニアたちがサポートするので、 スキルに自信がない方も安心してご参加ください! 開催概要 日時 2018年7月1日(日)12:30受付開始、13:00開始、18:00終了予定 タイムスケジュール 時間 内容 12:30〜13:00 会場受付 13:00〜17:00 第1部:環境準備 第2部:サンプルを動かしてみよう! 第3部:自分でbotを工夫してみよう! 17:00〜18:00 懇親会:ヤフー社員・他の参加者と交流しよう! 会場・アクセス ヤフー株式会社 名古屋オフィス 愛知県名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー4F 地下鉄「名古屋」駅 徒歩4分 JR各線「名古屋」駅 徒歩7分 名鉄「名古屋」駅 徒歩9分 近鉄「名古屋」駅 徒歩9分 持ち物 ノートPC(WindowsあるいはMac) LINEのインストールされているスマートフォンorタブレット端末 事前準備 ハンズオンでは、「ATOM」というテキストエディタを使用して開発します。 事前にダウンロードをお願いいたします。 https://atom.io/ 注意事項 当日のイベント内容やタイムスケジュールは変更となる可能性がございます。 イベントレポート作成のため、お写真や動画を撮らせていただくことがございますのであらかじめご了承ください。 イベントはやむを得ず中止させていただく場合がございます。 Twitter ヤフーでは今後もイベントを行う予定です。 イベント情報は以下のアカウントで随時配信しますので、ぜひフォローしてください! https://twitter.com/hackujp 問い合わせ [email protected]

6/16 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント概要 クックパッドは多くのトラフィックを処理し、日々開発されるサービスをユーザに届けるため、高度なインフラストラクチャーを構築しています。 今回は、一般的な Web サービスの成長に合わせて必要となるスケーラブルなインフラ作りやパフォーマンスチューニング (Ruby on Rails が題材) について、クックパッドの事例紹介もふまえつつ、実際に手を動かしながら解説します。 内容 アプリケーションサーバ1つでサービスを開始した Web アプリケーションを題材として、アプリケーション・インフラの両面から高速に、スケーラブルに改善していきます。 具体的には以下のような内容を扱う予定です (変更される可能性があります)。 systemd を用いた Rails アプリケーションの起動について Web アプリケーションサーバとHTTP サーバの実装モデルについて サーバ上における簡単なパフォーマンスモニタリングについて RDBMS の仕組みと実践的なクエリチューニングについて Nginx の設定とチューニングについて アプリケーションサーバのスケールアウトについて キャッシュの種類と導入について それぞれの効果を実感できるよう、何らかの形でベンチマークできる環境を用意する予定です。 実習にあたり使用する AWS (Amazon Web Services) 環境についてはクックパッド側で用意します。 講師 執行役CTO 成田一生 酢と山車とごんぎつねの街半田市で生まれ育ち、豊田高専→名古屋大学→同大学院を経て2008年にヤフー株式会社に新卒入社し、Yahoo! メールのバックエンド開発を担当。その後、2010年にクックパッドへ入社。サーバサイドのパフォーマンス改善や画像配信を担当するインフラエンジニアとして経験を積み、現在はCTOとしてエンジニア全体の責任者を務める。 Twitter: @mirakui GitHub: @mirakui インフラストラクチャー部 部長 星 北斗 Site Reliability Engineer。 Web サービスのインフラ設計・構築・運用やサービス・オフィス問わずセキュリティ領域全般に携わる。 クックパッド株式会社には2010年より学生アルバイトとして、2013年に新卒として入社。AWS とログが好き。 Twitter: @kani_b Github: @kanny インフラストラクチャー部 SRE グループ 吉川 竜太 クックパッド株式会社の Site Reliability Engineer。18 歳の頃より大学に通いながらインフラ構築・運用専門の会社で様々な条件・規模のシステム設計・構築・運用を 6 年間に渡り経験。2017 年からクックパッド株式会社にて、アプリケーションレイヤでのチューニングやミドルウェア開発など、サイトの信頼性に関わる全てのレイヤを責任範囲としている。 Twitter: @rrreeeyyy Github: @rrreeeyyy タイムスケジュール 時間 内容 09:45 受付開始 10:00 イベント開始 12:00 昼食 13:00 午後の部開始 18:00 懇親会(軽食をご用意します) 19:00 終了 昼食は各自ご自由にお取りください。会場内に持ち込むことが出来かねますのでご了承ください。 会場 場所:TKPガーデンシティPREMIUM名古屋新幹線口 住所:愛知県名古屋市中村区椿町1-16 井門名古屋ビル アクセス:名古屋駅から徒歩5分 会場には電源とインターネット接続可能な Wi-Fi をご用意します。 持ち物・事前準備 macOS 10.12 (Sierra) 以降が動く Mac もしくは Ubuntu 16.04 LTS が動く PC (仮想環境も可) 電源アダプタ 筆記用具 Slack ※今回、イベント中にSlackを利用します。応募期間終了後、ご記入いただいたメールアドレス宛に招待メールをお送りします。事前に招待メールが届いているか確認の上、ご連絡ください。 個人情報について ご応募時にご記入いただいた情報は今回のイベントのご連絡をさせていただくために利用します。 個人情報の取扱いについてをご確認ください。 本イベントに関してのお問い合わせ 本イベントに関する事前準備や、当日の連絡などございましたら、クックパッド新卒採用担当宛([email protected])にご連絡ください。 OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech クックパッド株式会社について 日本最大の料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」を運営している会社です。1998年3月にサービス開始し、現在投稿レシピ数は270万品以上、月間約6000万人にご利用いただいています。 クックパッド株式会社 会社概要

6/10 (日)

43fd650f9d5a7714b636f61c957c17a5 Microsoft Student Partners Japan
Windows10 April Update 2018記念の技術勉強 皆のWindows10話募集!
概要 「Windows 10 1803 リリース記念 MS技術勉強会 @日本マイクロソフト株式会社中部支店」 を開催します! 「Microsoft Student Partners」が主催する技術活用や布教、学習・勉強会イベントです。 発表内容等のSNSへの共有などは発表者の指示に従って下さい。 気軽にご参加、お待ちしております。 ただ、聞くだけでなく、LT発表枠も準備しています、 発表内容の技術レベルは問いません。 Windows 10 1803 (April Update 2018) リリース記念のWindows 10関連技術勉強会です。 皆さんのWindows10話も(発表)お待ちしております。 (Azure ML、API関係、Microsoft 365, タイムライン機能、UWPアプリ等) 勿論、その他MS技術関係の発表も大歓迎です。 (「〇〇を使って××やってみた」等) スケジュール キャンセルは 早め にお願いします。 当日キャンセル や キャンセルのない不参加 は、なるべくおやめ下さい 当日に繰り上がりになっても参加できない方が多いので、キャンセルは早めでお願いします。 開催日時 2018年06月10日(日曜日) 13:00-16:00(予定) 13時ごろ開場 受付後、順次セミナールームへの案内となります。 connpassの受付票を事前に表示しておいて下さい。 13時30分 から 16時頃までで、「Windows 10 1803 リリース記念 Windows 10関連勉強会」 を開催します。 会場 日本マイクロソフト株式会社中部支店 様 愛知県名古屋市西区牛島町6−1 名古屋ルーセントタワー 21F 日本マイクロソフト株式会社中部支店内(予定) 会場注意 会場ビルでは、当日の関係者以外も多数おられるためお気遣いいただきますようお願い申し上げます。 会場内では飲み物は可ですが、ゴミはご自身でお持ち帰りいただくようお願い申し上げます。 今の所、電源の提供は予定していません。 入館ができない等の問題があった場合は、イベント管理者( @hiww )に何かしらのSNS経由で連絡をください。迎えに上がります。 内容 Windows 10 1803 リリース記念 Windows 10関連勉強会 時刻 タイトル 時間 登壇者 13:00 開場 30[min] 運営 13:30 はじめに 20[min] 運営 13:50 「Windows10とOffice365やPoweShell等」 30[min] @hiww 休憩 10[min] 14:30 「WSL?」 30[min] @KageShiron 休憩 20[min] 15:20 「Azureで機械学習やってみた」 30[min] @ykm_kn 15:50 終わりに 10[min] @hiww 撤収 各位 ※登壇希望者の方は参加登録後、必ず運営にご連絡下さい! LT枠の時間は申し込みの様子をみながら随時調節します。 開始時間や終了時刻等は多少変動する事もあります。御了承下さい。 連絡、相談等は、hiww(@hiww) の各種SNSのDMで宜しくお願い致します。 mail: hiww[at]mail[dot]harekaze[dot]com その他 持ち物 会場でのWiFiの提供の有無は確認中です。 また、必要な人は、以下を持参ください。 ノートパソコン プロジェクターの接続端子も確認中です。アダプタ等は各自持参して下さい。 参加費 無料 日本Microsoft様の会場提供による https://www.microsoft.com/ja-jp ハッシュタグ #mspjp 「Microsoft Student Partners」について MSPとはマイクロソフトで技術者や開発者へのテクノロジの啓蒙活動をするデベロッパーエバンジェリズム統括本部が運営するグローバル学生コミュニティ(学生団体)です。 マイクロソフトのオフィスがある世界 100 か国以上で、7,000 人を超える学生が MSP として活動しており、日本には約30名が在籍しています。 マイクロソフトの技術 -Windows, Micorosoft Azure, Visual Studio, Kinect, C#, .NET, Office, Skype, Edge, Minecraft などで開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝え、学生の Microsoft Fun! を増やすことをミッションとして活動しています。 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/microsoftstudentpartners.aspx

6/28 (水)

43fd650f9d5a7714b636f61c957c17a5 Microsoft Student Partners Japan
#1 Xamarinハンズオン
今回のイベントについて 今回のイベントはCU学生の皆さんにXamarinを使ったアプリ開発の簡単なハンズオンを体験していただく予定です. この勉強会は,まだアプリ開発の経験がないCU学生でも気軽に参加できる内容となっておりますので,C#やプログラミング経験が少なくても参加しやすい内容となっております. この勉強会を通じて,アプリ開発に関する勉強のキッカケにしていただければと思います. 実際に真面目に取り組む際には,C# or java などの言語を学ぶ必要があります. タイムスケジュール 時間 発表者 内容 16:50 - 17:00 開場 17:00 - 17:20 Katsuaki 概要の説明 17:20 - 18:20 ハンズオン 18:20 - 18:30 Katsuaki クロージング ※途中退室は可能です. ※途中参加の場合は既に参加してる人を優先にさせていただきますので,ご了承ください. 対象 Xamarinを使用してみたい方. アプリ開発に触れてみたい方. Microsoftの製品に興味がある方. クラウドに興味がある方. 事前準備 本勉強会に参加される方は,【Visual Studio Community 2017】の【Xamarin】を利用するので出来る限りのご準備をお願いします. 事前準備の方法は,http://ytabuchi.hatenablog.com/entry/visualstudio2017 を参考におこなってください. ※実行には時間がかかる為、自宅の有線環境で行うことを強く推奨します. 開催場所 中大の不言実行館の3階のプレゼンテーションルームで行います. 持ち物 個人の所持のノートパソコン(事前準備を出来る限り進めていること) 本イベントに参加することで学べること Microsoft製品の面白さを体験出来る. Xamarinでのアプリ開発を体験出来る. SNSに投稿について #mspjp #中部大学P研 シェアをよろしくお願いします! Microsoft Student Partnersについて マイクロソフトの技術で開発することのおもしろさ,楽しさを学生に伝え,学生の『Microsoft Fun!』を増やす活動を行っています. ▼リンク https://aka.ms/mspjapan ※このイベントはMicrosoft Student Partnersが主催し,中部大学パーソナルコンピューター研究会が協力しています.