KANE (@higuyume)


参加する勉強会



過去の勉強会

6/25 (火)

タイトルが気になった方はゼヒ。Tech系Podcastのリスナーさん・配信者さんが多いと思われます。
Podcast配信者、リスナーさんが集まるオンライン飲み会 「オンライン飲み会でもやってみようかなー」と呟いたところ、ポッドキャストを聴いて頂いているリスナーさんから、参加しますよー、と優しいお声がけを頂いたので、実験的に開催してみます。 進行はグダグダになる予感がしておりますので、温かい目で見て頂ける方にご参加頂ければ幸いです。 こんな方に参加して欲しいっ テクフリのリスナーさん 日ごろポッドキャストをよく聴いていらっしゃる方 ポッドキャスト配信をされているみなさま プログラマー・エンジニアの方々 フリーランスのみなさま 日時 2019/06/25(火) 20:30~21:30 1時間で一旦しめようと思ってます。 状況に応じて延長するかも。 場所 Zoomにて。 主催者はビデオありで参加します。 参加される方はデフォルトでオフにしてあります。顔出し問題ない方はオンにして頂ければ幸いです。 https://zoom.us/j/658681233 参加費 無料です。 主催者 S(エス) 名古屋在住のフリーランスエンジニア。「Tech系フリーランスが選ぶ最近の気になるトピックス」を配信中。 -- https://free-engineer.xrea.jp/techfree-podcast ご賛同いただいたみなさま FORTEさん https://twitter.com/FORTEgp05 みずりゅさん https://twitter.com/MzRyuKa KANEさん https://twitter.com/higuyume みやもとさん https://twitter.com/yahsan2

6/16 (日)

ITエンジニアが船上でノマドワークをしてみた
逸般の誤出張者2人が、北海道出張ついでに移動のフェリーでノマドワークする様子をTwitterで発信します! どうせ出張するなら普段とは違った方法で移動してみたい。たまには、フェリーを使ってみたってイイじゃない。 でもって、その道中でノマドワークとかトークライブとかしたらどんな景色の変化があるのかしら? ワークスタイル変革を地で行く沢渡あまねと、インフラエンジニアはるかが、そんな実証実験の様子をTwitterで公開します! (電波状況が悪くてリアルタイムに発信できなかったら、ゴメンね!) 1.日時 2019年6月16日(日) 0:00~19:45 (前日6月15日(土)夕方からつぶやきはじめます)  2.参加方法 皆様の環境で、Twitterで #洋上ノマドワーカー の呟きをご覧ください。 質問やコメントあれば #洋上ノマドワーカー で呟いていただければ極力レスします。 (ただし、電波が入らない場合はゴメンナサイ) 3.開催(発信)場所 さんふらわあしれとこ船上 大洗発01:45発→苫小牧19:45着 4.キャスト ■沢渡 あまね @amane_sawatari 1975年生まれ。あまねキャリア工房 代表(フリーランス) 兼 株式会社なないろのはな 取締役。 作家、業務プロセス/オフィスコミュニケーション改善士。IT運用エバンジェリスト。 日産自動車、NTTデータ、大手製薬会社を経て2014年秋より現業。経験職種は、IT×広報。現在は企業や自治体で働き方改革、社内コミュニケーション活性、業務プロセス改善の支援・講演・執筆・メディア出演を行う。また、運用職種を中心とするITエンジニアの価値向上、モチベーション向上活動にも力を入れる。ITざっくばらん会in磐田 #ITzakkubaranIWATA #エンジニア銭湯 主催。#インフラ勉強会 #PRLTでもたびたび登壇。 ダム際で仕事する #ダム際ノマドワーカーだが、転じて、今回は洋上ノマドワークに挑戦。好物はさわやか。 <著書> 『仕事ごっこ』『職場の問題かるた』『職場の問題地図』『マネージャーの問題地図』『働き方の問題地図』『仕事の問題地図』『システムの問題地図』(技術評論社)、『運用☆ちゃんと学ぶ システム運用の基本』『新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!』(C&R研究所)など。 『職場の問題地図』は"ITエンジニアに読んでもらいたい技術書/ビジネス書大賞2018"で、ビジネス書部門大賞受賞。 <連載> 『運用☆ちゃん』(リクナビNEXTジャーナル) " rel="nofollow">https://next.rikunabi.com/journal/tag/unyo/ ■はるか @cam_i8 酒とグルメと温泉と鉄道旅行をこよなく愛するインフラエンジニア。エンジニアイベント巡りがライフワークで、数々のイベントで泣く子も黙るTsudaを余すことなく発揮している。今回は洋上でそのチカラを遺憾なく発揮してくれることであろう。