HidekiKimura (@hidekikimura)


参加する勉強会



過去の勉強会

1/16 (木)

5bf5ddbef4f83351e206207e8f446663 朝からがっちり!もくもく会
もくもく技術を身につけてしっかり稼ぐ!
Web系の IT エンジニアもくもく会です。 PHP/Ruby/Java/Python/node.js/HTML/CSS/JavaScript/React/AngularJS/Vue.js/Backbone.jsを使って仕事してる人、これから仕事したい&興味のある人はぜひご参加ください。 「いま勉強を始めたばかり」という方もどうぞ! 学生さんもどうぞ!過去に高専生や大学生もたくさん参加いただいています! もくもく会なので気兼ねなくご参加ください! 日時・場所 2020.1.16 8:00 〜 12:00 愛知県名古屋市西区名駅2-34-17 セントラル名古屋710 会場URL https://www.spacee.jp/listings/12816 参加費 100円を当サイトにて前払いでお願いします。 当日の流れと持ち物 受付→管理人の挨拶&みんなの自己紹介→もくもく→11:50→全員清掃・片付け(5分)→ランチ 仕事道具や勉強道具をご持参ください。 会場では飲み物を準備していません。飲み物のご用意は各自でよろしくお願いします。 終了後に、1時間くらい近くのお店でランチをしながら情報交換を開催しています。 毎回ためになる情報をみんなで交換しています(雑談から始まり、お金、勉強方法、技術、会社などなど) ぜひランチ会にもご参加ください!(遅くても13:30には必ず解散します) 勉強するテーマが無いなぁという方 学習成果の確認にぴったりの開発能力テストを受けてみませんか? もくもく会を主催していて思ったことは、「もくもく会は、勉強することや仕事がないと参加できない」ことです。 ITエンジニアだからといって、課題を持っていたり、学びたいことを持っていたりするわけではありません。また、システムについて知れば知るほど、「これからどんな勉強をしていけばいいんだ?深すぎて何に挑戦すればいいかわからない」という方がいるようです。 そこで、 もくもく会には興味あるけど、やることはどうしよう!?という方。 プロゲートはひととおり見たけど、どうやったら仕事につながるかわからないという方。 「わたしは本当に初学者を脱したのか?」と思っている方。 RedoIT の開発能力テストを受けてみるのはどうでしょうか? RedoIT の開発能力テストは、Webシステムのアルファ版を一人で制作することが課題になっています。この開発能力テストは RedoIT に参加しているITエンジニアが、「SESを3年で退職して最初に受注した仕事をベースに少しアレンジを加えたもの」です。 概要は こちら です。 RedoIT は仕事を引き受けていただける IT エンジニアさんを募集しています。 RedoIT の仕事は、 短期(2週間) 午前のみ 終了後即払い(10万円) 交通費1万円支給 の登録制のお仕事です。 好きなタイミングで働くことができます。 お客様からシステム開発のご依頼があったら、全員に参加申し込みを受け付けますので、できるときにご参加ください。 参加資格は、 18歳以上であること。(日本語を話せる・読めること) 指定された会場まで、朝8時に通勤できること。 ノートパソコンを所持し、持ち込めること。 開発能力テストに合格できること。 主に使用するプログラミング言語は、以下のとおりです。 サーバーサイド開発言語: PHP, Ruby, Java, Python, node.js フロントエンド開発言語: HTML/CSS/JavaScript(jQuery)を基本とし、React, AngularJS, Vue.js, Backbone.js が指定される場合があります。 くわしくは こちら をご覧ください。 開催者 株式会社RedoIT

1/8 (水)

9c4b542d2bc4f00a02cea374913b9a4b 株式会社Misoca
イベント詳細・参加対象者 名古屋のエンジニア・デザイナーのためのもくもく会開催! 名古屋って関東に比べると、エンジニア・デザイナーのためのもくもく会や勉強会が少なくて、困ったりしていませんか? 初学者だとなかなかコミュニティに入りづらかったりしませんか? 「技術力を向上する」「知識を深める」「技術コミュニティを築く」などなど、一緒に楽しく名古屋のエンジニア・デザイナーの界隈を盛り上げていきましょう! コードを書いたり、技術書を読んだり、内容は人それぞれで構いません。 仕事終わりに、ひたすらコードを書きたい! 名古屋のエンジニア・デザイナーともっと知り合いになりたい! 名古屋のエンジニア・デザイナーコミュニティをもっと盛り上げたい! 学生だけど、エンジニア・デザイナーになりたい! 一人で寂しくコードを書いているので、仲間が欲しい! 気になっている技術書や本があるので、集中して読み込みたい! 勉強会に参加したことないので、一度参加してみたい! もちろん、名古屋以外のエンジニア・デザイナーの方も参加OKです! そんな方は、ぜひお気軽にご参加ください。 参加費 無料!! 当日の流れ 19:20 ~ 会場受付・案内 19:30 ~ 参加者の自己紹介、今日やることを簡単に発表 19:40 ~ 自由にもくもく開始 (趣味のコードを書く、仕事をする、読書に没頭するetc...) 21:30 ~ 今日の成果報告 (1人辺り2、3分程の簡単な発表で大丈夫です! ) 21:55 ~ 片付け 22:00 解散 * 途中からの参加ももちろん可能です!お気軽にご参加ください! Slackへの参加(任意) イベントグループのSlackがあります。connpass登録後、参加をお願いします。 主に、参加者同士の質問・交流や諸連絡(当日の緊急連絡など)を行います。 招待リンク 持ち物・学習 学習に必要なもの。 飲み物 (食事はできませんので、ご注意ください。) 環境 電源有。 Wi-Fi有。 注意事項 営業活動、採用活動目的でのご参加はご遠慮ください。 エンジニア・デザイナー関連以外の勉強を目的とする方は、ご遠慮ください。 *参加者が不快に思うような迷惑行為があった場合は、退出をお願いしたり、次回からの参加をお断りする場合がございます。予め、ご了承ください。 会場提供 株式会社Misoca その他 何かご質問などあれば、 ([email protected] )までお気軽にお問い合わせください。

12/6 (金)

477b0addbd08240921b7de9721fa52a2 IBM Developer Dojo
Kubernetes 101 入門ワークショップ with OpenShift & Watson
概要 本Dojoでは、オープンソースのコンテナ実行環境である OpenShift と、その簡易的な実行環境である Minishift について解説します。また 101 ワークショップを通じてその操作を体験いただきます。 ワークショップで使用する ノートPCをご持参 ください。メモリが8GB以上ある機種が必要です。 タイムテーブル 受付は13:30より、会場のイベント受付にて手続きをお願いいたします。 時間 内容 発表者 13:30-14:00 開場 14:00-15:00(60分) オープニングOpenShift (Minishift) 解説 日本IBM 西戸 京子 15:00-17:00(120分) Minishift 101 ワークショップ(休憩含む) 日本IBM 西戸 京子 17:00-17:30 クロージング ※ タイムテーブルは変更になる可能性があります。予めご了承下さい 参加条件 受講前に以下の条件準備をお願いいたします IBM Cloud アカウント(無料) の取得フリーメールではないメールアドレスが必要です3分程度のビデオ によるアカウントの取得方法もご参照ください。 また当日はワークショップで使用する ノートPCをご持参 ください。メモリが8GB以上ある機種が必要です。 ★注意点★ Windows 10 Home もしくはWindows 10以前のWindows OSを利用されている方は、Hyper-V を利用できません。その場合、Virtual Boxを使用した英語マニュアルを見ながらの操作となります。ご了承ください。 特に Windows 機の場合、セットアップには時間がかかります。以下のガイドを参照いただいて、できるかぎり事前に準備作業を進めていただけますと助かります。 Windows10 Hyper-V 環境に Minishift をインストールする方法まとめ 講師 西戸 京子 日本アイ・ビー・エム株式会社 デジタルビジネスグループ デベロッパー・アドボカシー事業部 Developer Advocate 日本IBMにて主にIBMの社内システム開発・保守に従事 。要件定義から保守まで、開発者・PM・アーキテクトとして日本、AP各国の生産管理システムや購買システム、IT資産管理システム 等、幅広く経験。2018年4月より現職。

10/23 (水)

Db030560013a709f8c0620a37d7e8e09 IBM Developer Dojo
コンテナの基礎知識から開発の流れまで
概要 コンテナの基礎知識から開発の流れまでを学べます。こちらのコンテンツではKubernetesクラスタを使用しますので、IBM Cloudの標準アカウントが必要になります。 秋の連続イベント 夏に続き、この秋も関連した8つのイベントを順次開催します。それぞれ独立した内容ですが、順に学んでいくことでより学習効果が高まる仕組みとなっています。 本イベントもこの連続イベントに含まれます。 No. 開催日 時間 タイトル #1 10月16日(水) 14:00-17:00 Cloud入門 #2 10月23日(水) 14:00-17:00 Webアプリ+DB on Docker/Kubernetes #3 10月30日(水) 14:00-17:00 Blockchain (Hyperledger Fabric) #4 11月13日(水) 14:00-17:00 IoT/Node-RED on OpenShift (Minishift) #5 11月20日(水) 14:00-17:00 AI (Watson API)+App on OpenShift (Minishift) #6 11月27日(水) 14:00-17:00 Analytics/機械学習 (Watson Studio) #7 12月 4日(水) 14:00-17:00 Function as a Service (Functions, Knative) #8 12月11日(水) 14:00-17:00 OpenShift (Minishift) 101 入門 ※ タイトルや実施日は変更になる可能性があります。予めご了承下さい 参加条件 受講前に以下の条件準備をお願いいたします IBM Cloud アカウント(無料) の取得フリーメールではないメールアドレスが必要です3分程度のビデオ によるアカウントの取得方法もご参照ください。 IBM Cloud 従量課金アカウントへのアップグレードクレジットカードのご登録が必要です。2分弱のビデオ によるアカウントのアップグレード方法もご参照ください。 もしくは 既にのIBM Cloud 有償アカウント (Subscriptionを含む) をお持ちのかた はそのIDをお持ちください ※ ワークショップでは有償アカウントを使用しますが、無料枠のなかで作業します。よって今回の有償アカウントへのアップグレードや、ワークショップ参加によって利用料金が請求されることはありません また当日はワークショップで使用する ノートPCをご持参 ください。 事前準備 下記のサイトの手順にしたがってIBM Cloud Kubernetes Serviceのワークショップに必要なセットアップを行なってください。 上記の有償アカウントの準備 ローカルマシンに CLI のインストール IBM Cloud Kubernetes Serviceクラスタの作成 詳細はこちらをご参照ください: https://ibm-cloud-labs.github.io/iks-handson-setup/ Windows 7、もしくは Windows 10 Home を利用されている方は、Docker for Windows をインストールできません。この場合は体験できる内容がコマンドおよびWebブラウザを使用したIKSのみに限定されますので、ご了承ください。 タイムテーブル 受付は13:30より、IBM箱崎事業所1階の総合受付横のイベント受付にて手続きをお願いいたします。入館証をお受け取りのうえ会議室までお越しください。 社員の方は8階の #805 会議室に直接お越しください。 時間 内容 発表者 13:30-14:00 開場 14:00-15:00(60分) オープニングWebアプリ+DB on Docker/Kubernetes 日本IBM 戸倉 彩 15:00-17:00(120分) Docker/Kubernetes コードチャレンジ(休憩含む) 日本IBM 戸倉 彩 17:00-17:30 クロージング ※ タイムテーブルは変更になる可能性があります。予めご了承下さい 講師 戸倉 彩 日本アイ・ビー・エム株式会社 デジタルビジネスグループ デベロッパー・アドボカシー事業部 Developer Advocate 約16年にわたるセキュリティエンジニア、プロダクトマーケティング、テクニカルエバンジェリスト等の豊富なキャリアに基づく知見を活かし、現在はIBM Developer Advocateとして国内外でIBM CloudやWatsonを軸に最新技術を啓蒙中。*日本クラウドセキュリティアライアンス個人会員。