渡辺 英樹 (@gonza63)


参加する勉強会

12/22 (土)

SFマニアだけでなく出来るだけ初心者の方ともSFについて語り合いたいという趣旨で始まった名古屋SF読書会、順調に第13回目の開催となります。 毎回必ずお越しになられる方もみえれば、初参加の方も必ずおみえになります。 初心者大歓迎ですので、興味を持たれたら是非ご参加下さい! 今回の課題本は、新訳版が出たばかりの古典的名作『トリフィド時代』です。 【amazon内容紹介より】 地球が緑色の大流星群の中を通過し、翌朝、流星を見た者は一人残らず視力を失ってしまう。狂乱と混沌が全世界を覆った。今や流星を見なかったわずかな人々だけが文明の担い手だった。しかも折も折、植物油採取のために栽培されていたトリフィドという三本足の動く植物が野放しになり、人類を襲いはじめたのだ! 英国SFの不滅の金字塔。 【開催概要】 日時:12月22日(土)13時30会場(受付開始)           14時00分読書会スタート           16時45分終了(17時までに完全撤収) 場所:ウインクあいち 908号室(9階です)    名古屋市中村区名駅4丁目4-38  http://www.winc-aichi.jp/ 読書会参加費: 一般 1000円(学生は半額、500円とします)        (入室時に徴収します。)        会費は会場使用料やレジュメの作成などに使用します。        余剰金がでれば次回に回します。 二次会参加費:一般・学生とも同じ おひとり3500円         (入室時に読書会参加費と併せて徴収します。) 二次会参加をご希望される方は、併せて一般の方4500円、学生の方4000円となります。(場所は未定ですが、名駅周辺の予定です。) 【進行方法について】 2つないし3つのテーブルに分けて、前半はそれぞれのテーブルごとで行います。順に各自の感想を述べて頂き、その後フリーディスカッションを行います。 いったん休憩の後、後半は全員で各テーブルの感想を確認しあい、質疑を行います。 その後、課題図書のあとにはこんな本がお薦めかも?という「次に読むならこの一冊」を紹介し合いたいと思います。あなたのお薦め本を考えてきてください。(事前の連絡も大歓迎です。事前にお知らせいただけた分はレジュメに掲載します。) 【備考】 今回の会場は飲食禁止です。ペットボトルのお茶等の持ち込みはOKですが、ゴミ等は必ずご自身でお持ち帰り頂きますよう、ご協力下さい。 ※注意 読書会と二次会のいずれも、前日及び当日のキャンセルは参加費を全額戴きますので、予めご了承下さい。二次会はお店によっては早めにキャンセル料が発生する場合がありますので、もしもご予定が変わりましたら早めにご連絡ください。 参加希望の方はアンケートご回答の上、このフォームよりお申し込みください。


過去の勉強会

9/29 (土)

今年で第5回目を迎える名古屋SFシンポジウム。 2018年9月29日(土)に椙山女学園大学010教室(星ヶ丘)にて開催されます。 二つのパネルディスカッションを行ったあと、毎年場所を移動してパネリスト、スタッフ、そして一般参加者の方を交えた懇親会を行っております。 当日のパネルの感想や質問の他、SF周辺の話題等でいつも盛り上がっています。初めての方もおいでになりますので、安心してお越しください。 今回は本会場から徒歩移動できる星ヶ丘駅周辺の会場を予定しています。 基本的には本会(入場無料・参加登録不要)にお越しの方を想定しています。 当日、本会場(椙山女学園大学)にて本受付を致します。会費をご用意ください。 懇親会会費:3500円 参加登録は基本的にこのページからのみお受け致しますので、ご面倒ですが、メールアドレスを登録後、フォームよりお申し込みください。(簡単なアンケートにもお答えください。) なお、キャンセルは前日18:00までにご連絡ください。それ以降および当日のキャンセルは会費を頂くことになりますのでご了承ください。 他、不明点等ありましたらこのページのコメントフォームやメール([email protected])にてお問い合わせください。 よろしくお願い致します。 ※この参加フォームはあくまで懇親会への参加申し込み用です。本会は登録自由。参加無料となりますのでお間違いのないようご確認ください。

7/21 (土)

SFマニアだけでなく出来るだけ初心者の方ともSFについて語り合いたいという趣旨で始まった名古屋SF読書会、順調に第11回目の開催となります。 毎回必ずお越しになられる方もみえれば、初参加の方も必ずおみえになります。 初心者大歓迎ですので、興味を持たれたら是非ご参加下さい! 今回の課題図書は、誰もがその存在は知っている小松左京『日本沈没』です。 知名度抜群のこの作品ですが、あなたは読んだことありますか? 未読の方はこの機会に読んでみませんか? そして感想を語り合いましょう! 【「BOOK」データベースより】 日本列島の下で、何かが起こっている。深海潜水艇“わだつみ”の操艇者・小野寺俊夫は、地球物理学の権威・田所博士と日本海溝に潜り、異変を発見した。日本沈没を警告する田所博士の指示で、政府は“D‐1”計画を立て、極秘に調査を開始した。―危機管理のあり方、世界の中の日本とは、そして日本人とは何か…さまざまな問題を喚起した空前のパニック小説。 【開催概要】 日時:7月21日(土)13時30会場(受付開始)           14時00分読書会スタート           16時45分終了(17時までに完全撤収) 場所:ABC貸会議室(第9会議室)     名古屋市中村区椿町16-23 名駅ABCビル       (名古屋駅 新幹線(西口)出て中村警察署方面へ徒歩1分) 読書会参加費: 一般 1000円(学生は半額、500円とします)        (入室時に徴収します。)        会費は会場使用料やレジュメの作成などに使用します。        余剰金がでれば次回に回します。 二次会参加費:一般・学生とも同じ おひとり3500円         (入室時に読書会参加費と併せて徴収します。) 二次会参加をご希望される方は、併せて一般の方4500円、学生の方4000円となります。 二次会開催予定場所:未定。(会場近くの予定) 【進行方法について】 2つないし3つのテーブルに分けて、前半はそれぞれのテーブルごとで行います。順に各自の感想を述べて頂き、その後フリーディスカッションを行います。 いったん休憩の後、後半は全員で各テーブルの感想を確認しあい、質疑を行います。 その後、課題図書のあとにはこんな本がお薦めかも?という「次に読むならこの一冊」を紹介し合いたいと思います。あなたのお薦め本を考えてきてください。(事前の連絡も大歓迎です。事前にお知らせいただけた分はレジュメに掲載します。) 【備考】 ペットボトルのお茶等の持ち込みはOKですが、ゴミ等は必ずご自身でお持ち帰り頂きますよう、ご協力下さい。 ※注意 読書会と二次会のいずれも、前日及び当日のキャンセルは参加費を全額戴きますので、予めご了承下さい。二次会はお店によっては早めにキャンセル料が発生する場合がありますので、もしもご予定が変わりましたら早めにご連絡ください。 参加希望の方はアンケートご回答の上、このフォームよりお申し込みください。

4/29 (日)

SFマニアだけでなく出来るだけ初心者の方ともSFについて語り合いたいという趣旨で始まった名古屋SF読書会、順調に第11回目の開催となります。 毎回必ずお越しになられる方もみえれば、初参加の方も必ずおみえになります。 初心者大歓迎ですので、興味を持たれたら是非ご参加下さい! 今回の課題図書は、オールタイムベスト級の不朽の名作、ブライアン・W・オールディス『地球の長い午後』(ハヤカワ文庫SF)です。 【ハヤカワオンライン内容紹介より】 〔ヒューゴー賞受賞〕大地をおおいつくす巨木の世界は、永遠に太陽に片面を向けてめぐる、植物の王国と化した地球の姿だった! 人類はかつての威勢を失い支配者たる植物のかげで細々と生きのびる存在に成り果てていた……。イギリスSF界を代表する巨匠が、悠久の時の果てにSF的想像力の精髄を展開する名作。 【開催概要】 日時:4月29日(日)13時30会場(受付開始)           14時00分読書会スタート           16時45分終了(17時までに完全撤収) 場所:ウインクあいち 908号室(9階です)    名古屋市中村区名駅4丁目4-38  http://www.winc-aichi.jp/ 読書会参加費: 一般 1000円(学生は半額、500円とします)        (入室時に徴収します。)        会費は会場使用料やレジュメの作成などに使用します。        余剰金がでれば次回に回します。 二次会参加費:一般・学生とも同じ おひとり3500円         (入室時に読書会参加費と併せて徴収します。) 二次会参加をご希望される方は、併せて一般の方4500円、学生の方4000円となります。 二次会開催予定場所:倫敦塔            名古屋市中村区名駅4-23-9 MARUWA名駅ビルB1F             (栁橋交差点そばです。) 【進行方法について】 2つないし3つのテーブルに分けて、前半はそれぞれのテーブルごとで行います。順に各自の感想を述べて頂き、その後フリーディスカッションを行います。 いったん休憩の後、後半は全員で各テーブルの感想を確認しあい、質疑を行います。 その後、課題図書のあとにはこんな本がお薦めかも?という「次に読むならこの一冊」を紹介し合いたいと思います。あなたのお薦め本を考えてきてください。(事前の連絡も大歓迎です。事前にお知らせいただけた分はレジュメに掲載します。) 【備考】 今回の会場は飲食禁止です。ペットボトルのお茶等の持ち込みはOKですが、ゴミ等は必ずご自身でお持ち帰り頂きますよう、ご協力下さい。 ※注意 読書会と二次会のいずれも、前日及び当日のキャンセルは参加費を全額戴きますので、予めご了承下さい。二次会はお店によっては早めにキャンセル料が発生する場合がありますので、もしもご予定が変わりましたら早めにご連絡ください。 参加希望の方はアンケートご回答の上、このフォームよりお申し込みください。

12/2 (土)

2014年にスタートした名古屋SF読書会もいよいよ第10回目を迎えます。 今回の課題図書は初の日本作家、伊藤計劃『ハーモニー』(ハヤカワ文庫JA)です。 【amazon内容紹介より】 ベストセラー『虐殺器官』の著者による“最後”のオリジナル作品。21世紀後半、〈大災禍〉と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は見せかけの優しさと倫理が支配する“ユートピア”を築いていた。そんな社会に抵抗するため、3人の少女は餓死することを選択した……。 それから13年後。死ねなかった少女・霧慧トァンは、医療社会に襲いかかった未曾有の危機に、ただひとり死んだはずだった友人の影を見る――『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。日本SF大賞受賞作。 【開催概要】 日時:12月2日(土)13時30分開場(受付開始)           14時00分読書会スタート           16時45分終了(17時までに完全撤収) 場所:ウインクあいち 1209号室(12階です)    名古屋市中村区名駅4丁目4-38  http://www.winc-aichi.jp/ 読書会参加費: 一般 1000円(学生は半額、500円とします)        (入室時に徴収します。)        会費は会場使用料やレジュメの作成などに使用します。        余剰金がでれば次回に回します。 二次会参加費:一般・学生とも同じ おひとり3500円         (入室時に読書会参加費と併せて徴収します。) 二次会参加をご希望される方は、併せて一般の方4500円、学生の方4000円となります。(場所は未定ですが、名駅周辺の予定です。) 【進行方法について】 2つないし3つのテーブルに分けて、前半はそれぞれのテーブルごとで行います。順に各自の感想を述べて頂き、その後フリーディスカッションを行います。 いったん休憩の後、後半は全員で各テーブルの感想を確認しあい、質疑を行います。 その後、課題図書のあとにはこんな本がお薦めかも?という「次に読むならこの一冊」を紹介し合いたいと思います。あなたのお薦め本を考えてきてください。(事前の連絡も大歓迎です。事前にお知らせいただけた分はレジュメに掲載します。) 【備考】 今回の会場は飲食禁止です。ペットボトルのお茶等の持ち込みはOKですが、ゴミ等は必ずご自身でお持ち帰り頂きますよう、ご協力下さい。 ※注意 読書会と二次会のいずれも、前日及び当日のキャンセルは参加費を全額戴きますので、予めご了承下さい。二次会はお店によっては早めにキャンセル料が発生する場合がありますので、もしもご予定が変わりましたら早めにご連絡ください。 参加希望の方はアンケートご回答の上、このフォームよりお申し込みください。

2014年にスタートした名古屋SF読書会も第10回目の開催となります。 今回の課題図書は初の日本作家、伊藤計劃『ハーモニー』(ハヤカワ文庫JA)です。 【amazon内容紹介より】 21世紀後半、〈大災禍(ザ・メイルストロム)〉と呼ばれる世界的な混乱を経て、 人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。 医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、 見せかけの優しさや倫理が横溢する“ユートピア"。 そんな社会に倦んだ3人の少女は餓死することを選択した―― それから13年。死ねなかった少女・霧慧トァンは、世界を襲う大混乱の陰に、 ただひとり死んだはすの少女の影を見る―― 『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。 【開催概要】 日時:12月2日(土)13時30会場(受付開始)           14時00分読書会スタート           16時45分終了(17時までに完全撤収) 場所:ウインクあいち 1209号室(12階です)    名古屋市中村区名駅4丁目4-38  http://www.winc-aichi.jp/ 読書会参加費: 一般 1000円(学生は半額、500円とします)        (入室時に徴収します。)        会費は会場使用料やレジュメの作成などに使用します。        余剰金がでれば次回に回します。 二次会参加費:一般・学生とも同じ おひとり3500円         (入室時に読書会参加費と併せて徴収します。) 二次会参加をご希望される方は、併せて一般の方4500円、学生の方4000円となります。(場所は未定ですが、名駅周辺の予定です。) 【進行方法について】 2つないし3つのテーブルに分けて、前半はそれぞれのテーブルごとで行います。順に各自の感想を述べて頂き、その後フリーディスカッションを行います。 いったん休憩の後、後半は全員で各テーブルの感想を確認しあい、質疑を行います。 その後、課題図書のあとにはこんな本がお薦めかも?という「次に読むならこの一冊」を紹介し合いたいと思います。あなたのお薦め本を考えてきてください。(事前の連絡も大歓迎です。事前にお知らせいただけた分はレジュメに掲載します。) 【備考】 今回の会場は飲食禁止です。ペットボトルのお茶等の持ち込みはOKですが、ゴミ等は必ずご自身でお持ち帰り頂きますよう、ご協力下さい。 ※注意 読書会と二次会のいずれも、前日及び当日のキャンセルは参加費を全額戴きますので、予めご了承下さい。二次会はお店によっては早めにキャンセル料が発生する場合がありますので、もしもご予定が変わりましたら早めにご連絡ください。 参加希望の方はアンケートご回答の上、このフォームよりお申し込みください。

8/5 (土)

2014年にスタートした名古屋SF読書会も第9回目の開催となります。 今回の課題図書はいよいよ、フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(ハヤカワ文庫SF)です。『ブレードランナー2049』(10月公開)の原作になります。公開前にぜひ読んでおきましょう! 【内容紹介より】 人工の電気羊しか飼えず、本物の動物を手に入れたいと願っているリックは、多額の懸賞金のため「アンドロイド狩り」の仕事を引き受けるのだが…。 映画『ブレードランナー』の原作として知られている、フィリップ・K・ディック1968年発表の傑作長編。 【開催概要】 日時:8月5日(日)午後13時30会場(受付開始)                14時00分読書会スタート                16時45分終了(17時までに完全撤収) 場所:ウインクあいち 1310号室(13階です)    名古屋市中村区名駅4丁目4-38  http://www.winc-aichi.jp/ 読書会参加費: 一般 1000円(学生は半額、500円とします)        (入室時に徴収します。)        会費は会場使用料やレジュメの作成などに使用します。        余剰金がでれば次回に回します。 二次会参加費:一般・学生とも同じ おひとり3500円         (入室時に読書会参加費と併せて徴収します。) 二次会参加をご希望される方は、併せて一般の方4500円、学生の方4000円となります。(場所は未定ですが、名駅周辺の予定です。) 【進行方法について】 2つないし3つのテーブルに分けて、前半はそれぞれのテーブルごとで行います。順に各自の感想を述べて頂き、その後フリーディスカッションを行います。 いったん休憩の後、後半は全員で各テーブルの感想を確認しあい、質疑を行います。 その後、課題図書のあとにはこんな本がお薦めかも?という「次に読むならこの一冊」を紹介し合いたいと思います。あなたのお薦め本を考えてきてください。(事前の連絡も大歓迎です。事前にお知らせいただけた分はレジュメに掲載します。) 【備考】 今回の会場は飲食禁止です。ペットボトルのお茶等の持ち込みはOKですが、ゴミ等は必ずご自身でお持ち帰り頂きますよう、ご協力下さい。 ※注意 読書会と二次会のいずれも、前日及び当日のキャンセルは参加費を全額戴きますので、予めご了承下さい。二次会はお店によっては早めにキャンセル料が発生する場合がありますので、もしもご予定が変わりましたら早めにご連絡ください。 参加希望の方はアンケートご回答の上、このフォームよりお申し込みください。 ※(今回、アンケートに二次会参加の可否のフォームを設けずにスタートしてしまいました。これから参加申請される方は、自己紹介のフォームに二次会参加の可否を一文お書き添え頂きますようお願い致します。既に申し込まれた方は、下記のコメントフォームにてお知らせ頂くか、こちらからお問い合わせ致します。申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。)

4/30 (日)

2014年にスタートした名古屋SF読書会も第八回目の開催となります。 今回の課題図書はクレア・ノース『ハリー・オーガスト、15回目の人生』(角川文庫)です。 【内容紹介より】 1919年に生まれたハリー・オーガストは、死んでも誕生時と同じ状況で、記憶を残したまま生まれ変わる体質を持っていた。 彼は3回目の人生でその体質を受け入れ、11回目の人生で自分が世界の終わりをとめなければいけないことを知る。 終焉の原因は、同じ体質を持つ科学者ヴィンセント・ランキス。彼はある野望をもって、記憶の蓄積を利用し、科学技術の進化を加速させていた。 激動の20世紀、時を超えた対決の行方は? 【開催概要】 日時:4月30日(日)午後13時30会場(受付開始)                14時00分読書会スタート                16時45分終了(17時までに完全撤収) 場所:ウインクあいち 1106号室(11階です)    名古屋市中村区名駅4丁目4-38  http://www.winc-aichi.jp/ 読書会参加費: 一般 1000円(学生は半額、500円とします)        (入室時に徴収します。)        会費は会場使用料やレジュメの作成などに使用します。        余剰金がでれば次回に回します。 二次会参加費:一般・学生とも同じ おひとり3500円         (入室時に読書会参加費と併せて徴収します。) 二次会参加をご希望される方は、併せて一般の方4500円、学生の方4000円となります。(場所は未定ですが、名駅周辺の予定です。) 【進行方法について】 2つないし3つのテーブルに分けて、前半はそれぞれのテーブルごとで行います。順に各自の感想を述べて頂き、その後フリーディスカッションを行います。 いったん休憩の後、後半は全員で各テーブルの感想を確認しあい、質疑を行います。 その後、課題図書のあとにはこんな本がお薦めかも?という「次に読むならこの一冊」を紹介し合いたいと思います。あなたのお薦め本を考えてきてください。(事前の連絡も大歓迎です。事前にお知らせいただけた分はレジュメに掲載します。) 【備考】 今回の会場は飲食禁止です。ペットボトルのお茶等の持ち込みはOKですが、ゴミ等は必ずご自身でお持ち帰り頂きますよう、ご協力下さい。 ※注意 読書会と二次会のいずれも、前日及び当日のキャンセルは参加費を全額戴きますので、予めご了承下さい。二次会はお店によっては早めにキャンセル料が発生する場合がありますので、もしもご予定が変わりましたら早めにご連絡ください。 参加希望の方はアンケートご回答の上、このフォームよりお申し込みください。