fw_min (@fw_min)


参加する勉強会

6/15 (土)

C0a692bf3e8aa66150559ea1a042a31d 機械学習 名古屋
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ スポンサーさまご紹介 機械学習名古屋の勉強会はスポンサーさまのご協力をいただき開催しております。 どなたでも無料で参加でき、懇親会費用も一部、ご負担頂いております。 来栖川電算さま  会場費用全額と懇親会費用の一部負担 groovesさま  懇親会費用の一部負担 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 勉強会について 今回は、「人工知能といったらワトソン!」ということで、IBM ワトソンの Watson API を使ったセッション・ハンズオンを行います。 セッション・ハンズオンはIBMの方に来て頂き行なって頂きます! IBM ワトソンも実は、APIを使ったサービスを提供してくれています。 IBM ワトソンと言ったら、人工知能の代名詞のような存在で、その人工知能を手軽に利用できるんですね。 ワトソンの人工知能のサービスを手軽に利用でき、かつ、東京でしか聞けない内容を名古屋で聴けます。 ぜひ、ご参加ください! ハンズオン・セッション内容 後日掲載します。 準備 勉強会用のIBM Cloudアカウント作成は以下のURLからお願いします: https://ibm.biz/BdzB7N 取得方法のガイドはこちら(動画): https://youtu.be/Krn1jQ4iy_s?t=44 (動画は https://ibm.biz/BdzB7N にアクセス後の部分から開始するようになっています。 アカウント作成のURLは動画のものではなく https://ibm.biz/BdzB7N からお願いいたします) 2. 発表(LT) 何か発表をしていただける方は、ご連絡をお願いします。 機械学習/ディープラーニングに関することや、関連する内容ならなんでもOKです。 antimon2: Julia v1.2 の紹介(仮) alex: Fast.ai について(仮) Watson API とIBM Cloudで作るLINE Bot(仮) 時間割 13:00-16:00 Watson Studioのjupyter notebookを使用したWatson APIのハンズオン 16:10-16:20 発表 antimon2 - Julia v1.2 の紹介(仮) 16:20-16:30 発表 alex - Fast.ai について(仮) 16:30-16:40 発表 KMiura Watson API とIBM Cloudで作るLINE Bot(仮) 会場について 名古屋市中区栄4丁目16番29号 中統ビル 4001 飲食可能(ゴミはお持ち帰りください) Wi-fi なし(テザリング環境等は各自でご用意をお願いいたします) 電源あり(電源タップケーブルを持ってきていただけると助かります) 勉強会開始前はバスケットボールのゲームをスクリーンに流しています。 懇親会について connpassより申し込みを行っていただきます。 後日、URLを貼ります。 ※当日参加はできませんので、ご了承ください。 お問い合わせについて お問い合わせのある方は、このページの「イベントへのお問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。 フィードからのお問い合わせには気付かずに返信ができない場合がありますのでご了承ください。


過去の勉強会

4/18 (木)

48cd247d8524a5114330d892d05501ab SikuliX勉強会@名古屋
SikuliX勉強会@名古屋とは OSSのRPAツール「SikuliX」の勉強会です。 ベテランはもちろん、RPAに関心のある方をはじめ「SikuliX」をこれから触ってみたい初心者も大歓迎! だれでも気軽に相談できて、参加者がお互いに助け合えるコミュニティを目指しています。 イベント内容(第2回はExcelからのシステム入力を自動化) 無料で使えるOSSのRPAツール「SikuliX」を使って「簡単な作業の自動化」を体験するワークショップです。 自分のPCに「SikuliX」をインストールして、実際に手を動かしながら基本操作を体験! 最後に簡単な問題を解いてみます。実践を通して業務自動化のイメージをつかんでもらうことを目的としています。 RPA初心者の方でも安心。RPAの基礎知識から「SikuliX」のインストールまで最初に解説します。 「業務の自動化ってなに?」という疑問をお持ちの方から、「RPAツールに興味があって触ってみたい」、「RPAのイメージをつかみたい」という方までぜひご参加ください! タイムテーブル 時刻 内容 18:30~ 開場・受付開始 19:00~19:05 オープニング 19:05~19:15 自己紹介(一人30秒くらい) 19:15~19:25 RPAとSikuliXについて簡単に紹介 19:25~20:25 ワークショップ(SikuliXの基本操作や簡単なシステム入力の自動化) 20:25~20:55 わからないところを相談したり、参加者同士で交流 20:55~21:00 クロージング・完全撤退 ※ワークショップ後、希望者のみで懇親会に行きます(当日点呼) 会場 お気軽会議室(ワイガヤ)(愛知県名古屋市中区錦1丁目13-19 ネオハイツ錦604号室) 会場では、電源と無料Wi-Fiをご利用いただけます。 途中からの参加、退出も自由です。 参加費の500円は会場利用料になります。 ゴール 「SikuliX」のインストールから基本的な操作までできるようになる 持ち物 名刺 ノートパソコン ※本ワークショップでは「SikuliX」の最新バージョン1.1.4を使用します。 バージョン1.1.4では64ビット版OSしかサポートされていないので注意してください。 事前準備(必須ではありません) ワークショップでは実際に手を動かして「SikuliX」を操作します。 当日もセットアップの時間を設けますが、事前に準備しておくとスムーズです。 セットアップ手順についてはこちらの記事をご覧ください。 SikuliX1.1.4のダウンロード方法から構築後の基本操作まで解説

4/13 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
4月2日に公開された、Visual Studio 2019記念イベントです
Visual Studio 2019 Launch Event in NAGOYA 4月2日に公開された、Visual Studio 2019記念イベントです。みんなでわいわいやりましょう! 公式のローンチサイトはこちら ローンチは4月2日ですが、本イベントは4月13日開催です。 "Your ideas deserve great tools Join us on April 2 for the launch of Visual Studio 2019. Learn about how Visual Studio 2019 is more productive, modern, and innovative, participate in live Q&As, and be the first to take the latest version for a spin." 「あなたのアイデアは素晴らしいツールに値します。 4月2日にVisual Studio 2019の立ち上げに参加してください。VisualStudio 2019の生産性、現代性、そして革新性について学び、ライブQ&Aに参加して、スピンのために最新バージョンを入手してください。」 公式ローンチイベントでは、2019の新しい機能などの紹介をライブビデオ配信しました。本イベントでは、このセッションをかいつまんで紹介したり、使い方についてざっくばらんに話ができる場として開催する予定です。 Visual Studio 2019は、すでに誰でも入手可能になっています。 これまでどおり、Community Editionもあるので、無償で試したり、OSSへの貢献に使用することができます。 タイムスケジュール 全体(以下はざっくりとした内容です) 時刻 内容 13:00 開場 13:00~13:30 受付 13:30~13:40 オープニング 13:40~15:00 キーノート 解説 15:20~15:40 ファーストルック デモ 15:40~16:20 旧.NETプロジェクトを新しい形式に、そして.NET Coreにアップグレードする 16:30~17:00 Live shareで共同作業 17:00~17:30 C#8.0 null許容参照型 ライブデモ 17:40~18:20 (企画中) 18:20~18:40 ライトニングトーク 18:40~18:50 クロージング 18:50~19:00 (会場清掃) 19:00 閉場 ライトニングトーク ライトニングトークはVS2019の事なら大歓迎ですが、以前のVisual Studioの事でも、.NETの事でもOKです! 奮って登壇してください! 参加登録について 本イベントのエントリーには、本名と所属企業名が必要です(会場提供ポリシー)。ご入力いただいた情報は、出席者確認以外の用途に使用しません。また、この情報を事前集約するため、募集締め切りが4月10日に設定されているのでご注意ください。 参加費用について 皆様から徴収する参加費用は、会場設営にかかる費用に充てます。 残金が発生したときは、懇親会費への充当及び次回の会場利用費に積み立てします。 飲食について 会場内での飲食は可能ですが、ゴミは各自でお持ち帰り下さい。 懇親会について (企画中) ビデオ撮影について 会期中、ビデオ撮影を行うかもしれません(企画中)が、撮影する場合は、プレゼンターと画面キャプチャのみで参加者側は撮影しません(但し、質疑応答がある場合に音声が録音される可能性はあります)。録画またはストリーミングかについては未定です。 会場提供について 日本マイクロソフト株式会社中部支店様 に会場をお借りしました。コミュニティへのご協力ありがとうございます。

3/23 (土)

C0a692bf3e8aa66150559ea1a042a31d 機械学習 名古屋
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ スポンサーさまご紹介 機械学習名古屋の勉強会はスポンサーさまのご協力をいただき開催しております。 どなたでも無料で参加でき、懇親会費用も一部、ご負担頂いております。 来栖川電算さま  会場費用全額と懇親会費用の一部負担 グルーブさま  懇親会費用の一部負担 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 勉強会について 今回は、Google Cloud Platform のセッション・ハンズオンの勉強会を行います。 Googleの方に来ていただき、Google Cloud Platformを使った機械学習についての説明や、ハンズオンを行なっていただきます。 先日のAWS SageMaker のように、サービスプロバイダーの方から、直接、お話を聞く大変、いい機会です! なかなかない機会ですので、ぜひ、ご参加ください。 ハンズオン・セッション内容 Vision API Speech-to-Text API Translation API NL API AutoML Vision BQML 準備 Google アカウントをお持ちでない方は、Googleアカウントを作成してください。 アカウント作成資料 http://goo.gl/ua5fQw *課金設定を有効にしますが、初回登録時は無料クーポンがあるので実際には課金されません *すでに登録済みの方には、当日、無料クーポンを利用いただけるようにする予定です。 2. 発表(LT) 何か発表をしていただける方は、ご連絡をお願いします。 機械学習/ディープラーニングに関することや、関連する内容ならなんでもOKです。 antimon2: Julia v1.1 の紹介(仮) n-kats: 最近調べたこと(TF2.0とか) ShoHashikawa: Google Colabについて alex「Nagoya Castle or Not」、Fast.aiの機能を使ってお城を分類してみた mursts GCPUGの紹介 時間割 13:00-16:00 ハンズオン(想定2時間)とセッション2枠 16:00-16:10 発表 antimon2 - Julia v1.1 の紹介(仮) 16:10-16:20 発表 n-kats - 最近調べたこと(TF2.0とか) 16:20-16:30 発表 ShoHashikawa Google Colabについて 16:30-16:40 発表 alex「Nagoya Castle or Not」、Fast.aiの機能を使ってお城を分類してみた 16:40-16:50 発表 mursts GCPUGの紹介 会場について 名古屋市中区栄4丁目16番29号 中統ビル 4001 飲食可能(ゴミはお持ち帰りください) Wi-fi なし(テザリング環境等は各自でご用意をお願いいたします) 電源あり(電源タップケーブルを持ってきていただけると助かります) 勉強会開始前はバスケットボールのゲームをスクリーンに流しています。 懇親会について 参加希望の方は、下記より申し込みをお願いします。 https://machine-learning.connpass.com/event/121160/ ※当日参加はできませんので、ご了承ください。 お問い合わせについて お問い合わせのある方は、このページの「イベントへのお問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。 フィードからのお問い合わせには気付かずに返信ができない場合がありますのでご了承ください。

3/7 (木)

2e40d5ea7e7c6f6267f54c939ba634f4 株式会社エイチーム
エンジニア向けゲーム開発技術交流会!他業界エンジニア歓迎!
好評につき、定員数を30名から40名へ増席いたしました(3/5) イベント内容 エイチームがエンジニアのみなさまに向けて、ゲーム開発技術交流会を開催いたします。軽食やアルコールなどのお飲み物をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。 交流会の前には、エイチームのゲーム開発エンジニアが、事例を交えたゲーム開発ノウハウをご紹介します。 ゲーム開発初心者向けに、エイチームのゲーム開発エンジニアが事例を交えたゲーム開発ノウハウをご紹介します 「《ゲーム開発初心者講座》まるごと一本スマホゲームの設計ノウハウ大公開!」と題してエイチームのゲーム開発エンジニアから事例を交えた開発ノウハウをお話いたします。 サーバー編では「MVCアーキテクチャとタスク」「オンメモリキャッシュによる高速化」「パケットの往復処理と圧縮」の3つに分けて、タスクを容易に処理するための環境づくりをご紹介いたします。クライアント編では、「Unity活用事例」「グローバル展開の注意点」の2つをお話いたします。 エイチームのゲーム開発エンジニアが多数参加する交流会も開催!エイチーム流のゲーム開発方法や社内の開発環境をお話いたします 講座の後には、エイチームのゲームを支えるゲーム開発エンジニアが多数参加し、エイチーム流のゲーム開発方法や社内の開発環境を交流会形式でお話いたします。 ゲーム開発初心者の方やゲーム業界ではないエンジニアの方のご参加も大歓迎です。軽食やアルコールなどのお飲み物をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。 対象の方 ・プログラミング、開発経験が2年以上ある方 プログラム 時間 19:45~ 受付 20:00~ オープニング 20:05~ まるごと一本スマホゲームの設計ノウハウ大公開 20:50~ 会社説明 21:00~ 社員との交流会 ※飲み物・軽食をご用意いたします※ ※当日は名刺を2枚お持ちください(お名刺をお持ちでなくても、ご参加いただけます) ※途中参加OKです。お仕事帰りなどにお気軽にお立ち寄りください ※平服でお越しください 会場 株式会社エイチーム 名古屋本社(名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F) 最寄駅:名古屋駅全線より地下で直結 地図 参加費 無料 エントリー方法 connpassよりエントリーください お問合せ先 株式会社エイチーム 運営事務局 [email protected] エイチームについて エイチームは、名古屋に本社をおく、総合IT企業です。人生のイベントや日常生活に密着した様々なWebサービスを提供するライフスタイルサポート事業、スマートデバイス向けゲーム・ツールアプリを提供するエンターテインメント事業、自転車専門通販サイトを運営するEC事業の3つの軸で事業を展開しています。 2012年に東証一部に上場し、現在は名古屋本社以外に、東京、大阪、福岡にオフィスを構えています。 株式会社エイチーム https://www.a-tm.co.jp/

3/2 (土)

348ee0cfbf23ee0a248edff2e6a2e78e Rancher JP
第1回 Rancher ユーザー会 in Nagoya
【第1回】コンテナ管理ツール Rancher勉強会 Nagoya Rancherとは? RancherはOSSと商用版で提供されるコンテナ環境構築・運用プラットフォームです。 Rancherの特徴は、Kubernetesコンテナオーケストレータ自体をデプロイし、その機能を利用した効率的なコンテナインフラの構築・管理運用が可能なことです。 また、Active Directory連携や監査ログな機能などにより本格的なエンタープライズ向けプラットフォームとして世界で導入実績を重ねています。 是非この機会にRancherについて学んで頂ければ幸いです。 皆様のご参加お待ちしております! OSS版: https://github.com/rancherlabs/ 商用版: http://rancher.com/ イベント開催概要 会場・時間 日時:2019年3月2日(土) 13:30 (13:00開場) ~15:00 会場:桜ガーデン 住所:愛知県名古屋市西区那古野1-15-18 (那古野ビル南館1階 桜ガーデン) https://www.instabase.jp/space/1882375288 プログラム No. 時間帯 発表内容 タイトル 発表者 [1] 13:30-13:50 (20min) セッション1 はじめに - Rancher国内外での事例など RancherLabs新藤様 [2] 13:50-14:10 (20min) セッション2 Let's CloudNative with Rancher !!"Featuring Rancher 2.2 & Kubeflow" AP Communications市川様 [3] 14:10-14:20 (10min) 休憩 [4] 14:20-14:40 (20min) セッション3 RancherでつくるNoOps機械学習基盤 株式会社キスモ 岡野兼也 (@Juju_62q) 様 [5] 14:40-14:45 (5min) LT1 「Docker初心者がRancherで開発運用を始めた話」 様 [6] 14:45-14:50 (5min) LT2 「Rancherから始めるCloud Native Journey -第一歩編-」 山口 様 [7] 14:50-15:00 (10min) クロージング(+バッファー) RancherLabs 新藤様 ※LT参加されたい方は、「LT枠」に登録して、コメント欄で発表内容をお知らせ下さい。 ※上記タイトルは変更する場合があります。あらかじめご了承ください。 持ち物 当日は受付のため、以下をご持参ください。 ConnpassIDの確認出来る物 又は 受付票 主催 Rancher JP 協力 くじらや 全国でDocker勉強会&ハンズオンを開催するコミュニティ 会場注意事項・諸連絡 ※ Wifi環境、電源は無料で利用できます ※ 会場では禁煙となりますのでご了承ください。 ※ ゴミを捨てる場所は無いので各自でお持ち帰りください。 ※ 会場内に自動販売機はありません。飲み物が必要な方は会場に入る前にご準備ください。 参加に関する注意事項 本イベントは、コミュニティのボランティアにより活動しています。 なるべく広く様々な方にご参加いただきたいのですが、参加人数が限られておりますので確実にご参加いただける方を優先したいと考えております。 その為、以下に該当される方は参加をお断りいたします。 採用・飲食のみを目的とした方 同時間帯に複数のイベントに申し込まれている方 (前日・当日までにキャンセルして頂いた方はその限りではありません) 過去に 無断キャンセル(Rancher JP関連イベントでキャンセル処理を行わずに欠席をすること) が目立つ方 過去にイベント進行に関しての問題を起こした方 当方で上記に該当すると判断させていただいた方は強制的にキャンセル処理を行わせていただく場合があります。 また、上記に該当する方でも参加登録時に熱いコメントを頂ければ考慮いたしますので、ぜひよろしくお願い致します。

B4186d635bb3081754b7db61b1fcbfd0 くじらや
Docker ハンズオン (初心者向け) in 名古屋 #01
Docker Workshop in Naoya #01 開催概要 Dockerの基礎をみんなで学ぼう! WordPress環境構築を目標に、Dockerの一通りの作業をやってみましょう! 【コーチ】 この勉強会では、コーチ(「コンテナ・ベース・オーケストレーション」の著者 @cyberblack28 こと市川 豊)と共にハンズオン形式で学習していきます。 難しいことは一先ずおいて、手を動かしてみましょう! (書籍)「コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤」 時間 内容 10:00~ 受付開始 10:20~10:30 会場説明・諸注意など 10:30~12:10 Dockerハンズオン 12:10~12:15 アンケート・クロージングなど ※イベント終了後に、希望者で食事をしながら一緒に感想等お話いただけるような交流の場を設ける予定です。 カリキュラム Docker概要 サーバ仮想化について Dockerの基礎技術~Linuxコンテナー~ Dockerとは? Dockerの基礎技術~Dockerイメージ~ Dockerハンズオン Dockerのインストール Docker Hubからコンテナーイメージのpull コンテナーの起動 起動したコンテナーの確認 コンテナーとホストLinuxとの切替 コンテナーの起動と停止 DockerfileからWordPress環境作成 コンテナーのcommit コンテナーイメージをDocker Hubにpush コンテナーのライフサイクル 複数コンテナー Docker Compose docker-compose.ymlの内容 .envファイルの内容 主なコマンド 開催場所 住所: 愛知県名古屋市西区那古野1-15-18 那古野ビル南館1階 桜ガーデン 対象者 Linuxの基本的なコマンド作業ができる SSHログインできる(SSH鍵利用) Dockerを体験してみたい 注意事項 Wifi環境は無料で利用できます ハンズオンで使用する端末はご用意ください 事前準備 こちらでクラウド環境を用意する予定です。 サーバIP、アカウント、パスワードを当日提供致しますので、Windowsの方はTeraTerm、Macの方はTerminal等のSSHクライアントでログインできる状態にしておいてください。 参加に関する注意事項 本イベントは、コミュニティのボランティアにより活動しています。 なるべく広く様々な方にご参加いただきたいのですが、参加人数が限られておりますので確実にご参加いただける方を優先したいと考えております。

2/1 (金)

Watsonなどの複数のAIサービスを簡単に繋げることができます
AI搭載3Dキャラクターを「AI interface」で作ってみよう!! AI interfaceについて AI interfaceとは、任意のキャラクター(3Dキャラクター)と 各社が用意しているさまざまなAIサービス(IBM Watson、Amazon AIなど)をつなぐ ハブ機能の役割を果たすプラットフォームです。 AIの制御プログラムがあればキャラクターとAIサービスを簡単に変更することができます。 また、 AI interfaceはデバイス、OSを選ばないのでAR、VR等でも利用することが可能です。 このイベントでできること AI interfaceを実際に手に取って体験できます。 AI(顔認識、音声認識など)を搭載した自分だけの3Dキャラクターの作成 カスタマイズしたキャラクターとのコミュニケーション マルチデバイス対応ビューアを使用 イベント概要 AI interfaceとは コンソールハンズオン ビューワー使用 タイムテーブル 時間 18:30 オープニング 18:35 AI interfaceの概要説明 18:45 AI interfaceにWatsonを設定 19:30 AI搭載3Dキャラクターとのコミュニケーション 20:00 閉会 会場 株式会社RAKUDO 愛知県名古屋市東区東桜2-13-1 east gather 東桜3F 参加費 無料! 事前に準備していただくこと AI interfaceに設定するIBM watsonは各々でご用意していただく必要があります。 Watson assistant Watson speech to text Watson text to speech 上記の機能のご用意をお願いいたします。 IBM watsonのアカウントをお持ちでない場合はこちらより登録していただきますよう、お願いいたします。 会社紹介 株式会社RAKUDOは3D及びIT事業に取り組んでいます。 その中でも弊社で開発したAI用プラットフォーム「AI interface」を世に広めようと奮闘している会社です。 ぜひ弊社の「AI interface」を触って、見て、聞いて、体験してください! Techブログ:10分で完了!AI interface導入までの流れ

12/20 (木)

Cloud Developer大忘年会 Powered by Microsoft
緊急開催! Connect(); Japan 2018 名古屋サテライト開催~Cloud Developer大忘年会 Powered by Microsoft ~ 「Connect(); 2018」をコピーして日本の皆様にお届けする一夜限りのオンサイトイベント!日本マイクロソフトの著名なDevelopersが解説!!! 日本時間の12月5 日 (木) 0時より、ラスベガスで開催された米国Microsoft主催のイベント「Connect(); 2018」での発表を受け、一夜限りのオンサイトイベント「Connect(); Japan 2018」が東京で開催されます。 当イベントは、名古屋からConnect(); Japan 2018の会場へ繋ぎ、発表の様子を視聴しながら名古屋でも盛り上がろう!という企画です。 当日はKubernetesやDevOps、AI、serverless、IoT、Visual Studio、.NET Core 3 等のアップデートをご紹介する予定です。 開発者の皆さん、名古屋でも盛り上がりましょう! Connect(); 2018 日本サイト <開催概要> 日時:12月20日(木)19:00-22:30 (18:30 受付開始) 場所:日立ソリューションズ 中部事業所 名古屋市西区牛島町6-1(名古屋ルーセントタワー 28F) ご対象者:Cloud環境を用いた開発にご興味のある方 スケジュール: Time Event Speaker 18:30 開場 19:05-19:35 Visual Studio Madoka Chiyoda/Special Guest 19:35-20:05 .NET Akira Inoue/Special Guest 20:05-20:15 休憩 20:15-20:45 IoT Hiroshi Ota/Special Guest in Osaka 20:45-20:50 特別表彰 20:50-21:20 AI Daiyu Hatakeyama/Special Guest 21:20-21:30 休憩 21:30-22:00 Kubernetes+Java Yoshio Terada/Kyohei Moriyama 22:00-22:30 DevOps Tsuyoshi Ushio/Special Guest 22:35 終了 ・詳細スケジュールは、確定次第、反映予定です。 ・ご参加される皆様向けにイベントに関するアンケートを実施いたします。 ・上記の内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

11/30 (金)

51e11416a6ca65bb0f5b1201bc2cd109 名古屋Javaユーザグループ(旧 なごやかJava)
10月22日~25日、米国サンフランシスコで Oracle Code One 2018 が開催されました。 Oracle Code One は、昨年までの JavaOne の後継となるイベントです。 Javaやその関連技術はもちろん、これまで以上に幅広い言語・技術・コミュニティを取り込んだ、総合的な内容に生まれ変わったようです。 本勉強会では、Oracle Code One 2018 に参加された日本オラクルの技術者の方を中心に、最新のJava関連アップデートを共有していただける貴重な機会になります。 タイムテーブル 時間 内容 18:30~19:00 開場、受付 19:00~19:10 Oracle Code One 2018 の概要 / 伊藤敬さん @itakash 19:10~19:40 JDKライセンスモデルの変更(最新版) / 伊藤敬さん @itakash 19:40~19:50 休憩 19:50~20:20 Oracle Code One 2018 Java関連のフィードバック / 西川彰広さん @OraBlogs_jp 20:20~21:00 LT3本くらいGraal VM さわってみた(仮) きょんさん @kyon_mm LTしたい方募集中です

10/25 (木)

E54e3afb4d5f3257c0e472ba5981f569 SERAKU_みんなの情熱大学
ネットワークの基礎を学べるネットワーク講座 IPアドレスやサブネットマスクといったNW基礎知識を学べる基礎講座です。 NW機器に設定を行い疎通確認を行います。 CCNAの資格取得を考えてる方、ネットワークの基礎を学ぼうとしている方向けの講座です。 ※9/27開催と同じ内容となります。 何を持って帰れるのか ネットワークの基本的な知識やNW機器設定方法について講義いたします。 実際に操作し、初めの一歩を体験できます。 情報交換やネットワーキングの機会 講座の後には無料の懇親会を設けています。現役エンジニアとの情報交換の機会に。 軽食とお菓子、アルコール類やソフトドリンクもご用意しています。 途中退出も可能!お時間の許す限りご参加ください。 主な内容 ネットワークについての基本知識 NW機器への設定 タイムテーブル 受付時に名刺を1枚頂戴いたします。 受付時間は18:30~19:00になります。 ※遅れて参加も可能です。会場の扉をそっと開けてお入りください。 7F会場の受付でお名前をスタッフにお伝えください。 時間 内容 19:00~21:00 講義 21:00~21:30 懇親会 参加費 無料 懇親会は軽食とドリンクをご用意しています。 事前準備/必要な機材等 特になし こんな人を主な対象としています ネットワークの基本的知識がある方 ネットワークエンジニア未経験者 ネットワークに興味がある方 CCNA取得を目指そうとしている方 多くの方にご参加いただきたいと思っています。お気軽に是非ご参加ください♪ 登壇者紹介 大野栄介 株式会社セラク ―略歴― ソフトウェア製品のテクニカルサポート業務を経てセラクへ入社。 入社2年間は運用保守として業務を経験し現在はヘルプデスクとして活躍中。 開催場所 株式会社セラク 名古屋支社 〒450-0001愛知県名古屋市中村区那古野1-47-1 名古屋国際センタービル 7F 注意事項 受付時に名刺を1枚頂戴いたします。 当日は写真撮影を行います。もし写真撮影NGの方がいらしたら、スタッフまでお申し出ください。 イベント当日の様子は後日なんらかの媒体に掲載させていただく場合がございます。   お申込後、イベント内容は運営都合により変更/キャンセルになる場合がございます。予めご了承ください。 お問い合わせ セラク名古屋支社:[email protected]

10/22 (日)

Ab4cefba6c5b76cfbe6d3ac365ef6ffd Mashup名古屋
日本システム開発殿のご行為により再増員も検討ができるようになりました イベントの概要 「Unityに興味があるけど、…」で止まっている 興味はあるけど何から手を付けていいかわからない 難し過ぎて進まない そんな悩みを持つ人集まれ!当イベントはUnityの基礎(基本?)を学ぶイベントです。 Unityの基本操作からアセットの利用方法を学べます。 この機会を利用して、ぜひUnityの世界を楽しんでください! ハンズオンに参加するために必要なもの Unity(最新)がインストールされているPC Unityのユーザ登録も行っておいてください。 開催概要 【日 程】 2017年10月22日(日)13:00 ~ 17:00(12:30 開場) 【対 象】 Unityの初心者 【場 所】 名古屋第二埼玉ビル(愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28)日本システム開発殿 8F会議室 【主 催】 Mashup名古屋 【後 援】 Mashup Awards運営事務局 タイムテーブル 予定 ※以下のスケジュールは現時点の予定のため、変更される場合がございます。 時間 内容 12:30~13:00 開場/受付 13:00~13:10 会場説明・はじめに 13:10~17:00 ハンズオン 最初の2時間ほどで、Unityの概要説明と簡単なアプリケーションをサンプルとして作成します。そのあとは自由にカスタマイズなどを行い、自分の作ってみたいアプリケーションの制作時間とする予定です。 ハンズオン後に懇親会を参加致します。懇親会は別途申し込みをお願い致します。現在は20名としていますが、若干の調整は可能です。 https://mashup-nagoya.connpass.com/event/69472/ 講師紹介 常名 隆司 様 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 アセットストアマネージャー Unityでの開発に役立つアセットのマーケットプレイスであるアセットストアの日本担当。 Unityエンジニアからアセットの活用事例を聞き出したり、アセット制作者本人が気付いていないアセットのオススメポイントを探り出したりしながら、一人でも多くのUnityユーザーが素敵なアセットと出会えるためのお手伝いをしている。 個人活動でJapan XR HackathonやVR Game Jam in Japanのリージョナルオーガナイザーを務め、北米最大級のAR/MR/VRコミュニティであるSilicon Valley Virtual Realityの日本支部を立ち上げて日米双方のXR開発者コミュニティの橋渡しに明け暮れている。 当日のご注意 conpass発行の受付番号をご用意ください。 イベントの様子を記事として公開する可能性があるため撮影いたします。あらかじめご了承ください。 ハンズオンの続きはMashupAwardsのハッカソンで! ハンズオンに参加頂くと、、、「実際にこんなアプリを作ってみたいな〜」となると思います。 今回のハンズオンの続きを9月5日から開催のMashupAwardのハッカソンで作品の具現化してみてはどうでしょうか? 【ご注意】 増員にあたり日本システム開発殿の社員の方も参加されることになります。また参加人数が多くなることもあり、運営側のスタッフも増員致します。その点はご了承いただければと思います。