Naoki Enda (@enda531)


参加する勉強会



過去の勉強会

5/12 (土)

1995 normal 1380975297 251035 156371434432231 4785187 n 名古屋ギークバー
今回の 名古屋ギークバーは特別に土曜日にもオープン! 朝から夕方までペアプログラミングを何セットも行う、わりとハードな開発系イベント CodeRetreat を行います。 CodeRetreat とは? Coderetreat は、プログラマのための練習、学習のためのイベントです。同じ課題をペアプロで実装しながら、プログラミング、設計、テストなどの技術を学びます。 大体の流れ 45分1セッションのペアプログラミングを5-6セットくらい行います。 各セット毎にペアは作り直しますし、はじめての人同士がが組むことも多いと思います。 (「はーい、二人組作ってー」って言いますけど、ちゃんとアレンジするから安心してください) 各セッションでは、ゼロからコードを書いていきます。 実装言語、開発環境、エディタ、その他諸々一切自由なので、ペアとなった二人で決めてください。 で、45分後には、書いたコードは全部消して、新セッションではまたペアを組み替えてゼロから実装を行います。 テーマは全セッションで単一なんですが、できそうな人たちにはいくつかの制約を付けたりして毎回一定以上の負荷がかかるようになっています(ファシリテータがいい感じに決めます)。 そんな感じのペアプロ大会で「大変そうだなー」という印象の通り大変ではあるんですけど、特に誰かと競うわけではないですし、「○○ができねばならない」とかもないのです。ハッカソンとかでもないですし、「作り切ること」が目的でもないです。 各人が自分のレベルに応じて頑張ればよいはずなので、安心してご参加ください。 また詳細な紹介はこちらの記事を参照してください。 Coderetreat~プログラミングのスキル向上に効果的な教育プログラム~ Coderetreat - Honing the craft together worldwide また、過去開催分の参加レポートもあります。 CodeRetreatに参加しました! 〜ペアプロのすゝめ〜 - Misoca開発者ブログ 特典とスポンサーについて CodeRetreat は参加費が無料、というレギュレーションになっています。 (貴重な休日を使ってプログラマが自己研鑽してるのに、プログラマの成果によって収益を得る企業が支援しないとかありえないだろ!ってことでスポンサーを集めてそこで賄うことになっています) ですので、参加費、お昼ごはん、おやつが無料です! いつものスナック類はもちろん、お昼ごはんとおやつのスイーツも完備です。 ご希望の方には生ビールなどのアルコール類も提供できます(こちらは自費でお願いします)が、そんな余裕あるかは不明です。 ということで、イベント開催をご支援くださるスポンサー様も大募集中です。 こちらのページの問い合わせもしくは Twitter などからご連絡ください(直接でもいいです)。 必要なもの 自分の使いたい言語での開発環境がセットアップ済みの PC をお持ちください(開発環境を準備する時間はありません) 。 言語はオブジェクト指向プログラミングが可能な言語であれば何でも結構です。 ペアでの作業を行いますので、ペアでの作業が可能なようにしておいてください(一般的でないキーバンドとかはいろいろご配慮いただきたいとかそういうの) タイムテーブル(予定) 時間帯 内容 10:00 - 10:15 会場、趣旨説明、準備 10:30 - 11:15 ペアプロ セッション#1 11:30 - 12:15 ペアプロ セッション#2 12:15 - 13:30 スポンサーセッション / 昼食(昼食は提供されます) 13:30 - 14:15 ペアプロ セッション#3 14:30 - 15:15 ペアプロ セッション#4 15:15 - 15:30 おやつタイム 15:30 - 16:15 ペアプロ セッション#5 16:30 - 17:15 ペアプロ セッション#6 17:30 - 17:45 全体ふりかえり 17:45 完全撤収 ※ 1セッションは45分でコーディングを行います。その後15分でふりかえり+休憩+ペア替えを行います。 ※ オフィシャルな懇親会はありませんが、まだ行動できる体力がある人がいればどこかのお店に行く予定はあります。 ファシリテータ 今回も原田騎郎さんが神戸からきてくれます! 原田騎郎 @haradakiro 株式会社アトラクタ Founder / CEO アジャイルコーチ、ドメインモデラ、サプライチェーンコンサルタント。認定スクラムプロフェッショナル。 外資系消費財メーカーの研究開発を経て、2004年よりスクラムによる開発を実践。ソフトウェアのユーザーの業務、ソフトウェア開発・運用の業務の両方を、より楽に安全にする改善に取り組んでいる。 認定スクラムプロフェショナル(CSP),CSM,CSPO。 勉強会で通訳してたりもします。 名古屋ギークバーについて 毎週月曜日 19:00- 名古屋・新栄のピアノバー「PIANO BAR club Adriana」さんををお借りして開催しています。 入場料:1500円(今回は無料です ソフトドリンク、スナック類は無料です。 アルコール、フード類は有料(キャッシュオンデリバリ)です。 電源、Wi-Fiは完備しています。 店内は原則禁煙です。タバコは入り口付近でお願いします。

9/23 (土)

A133f2ca8685309e783bbf375f3d4b65 Wings of Engineers
英語が苦手な日本人技術者のために 「気軽に英語を使う場」 を提供します
技術者向け英語ワークショップとは・・・ 「多読」と「1分間メモ書き」を用いた,英語の苦手な技術者のための「一日完結型」ワークショップです 普段なかなか気軽に英語を使う機会が少ない日本人技術者に,気軽に英語を使う場を提供します 丁寧にオリエンテーションしますので,多読が初めての方や英語が苦手な方でも参加が可能です 2-3回参加すると,喋ることにかなり慣れてきます(大体 月一開催予定) 色んな職種のエンジニアが参加しているので,交流の幅が広がります 株式会社Misoca様のご協力により,名古屋市内での開催ができることになりました!御礼申し上げます. ■Misoca様人材募集ページ " rel="nofollow">https://www.wantedly.com/projects/28443 概要 日時: 2017/9/23(土) オリエンテーション:13:00 - 13:45 ワークショップ:14:00 - 17:00 懇親会(任意参加):17:30- (ワークショップ終了後,希望者にて懇親会を開催します.参加有無は当日確認します.) ※ 初めての方はオリエンテーション(13:00~)から参加してください.2回目以降の方は14:00~で構いません 定員:22名 参加費:¥1,000 (ワークショップで読む書籍代はこの中に含まれています) 場所:株式会社Misoca 内 セミナールーム「木曽川」 (JR/地下鉄/名鉄「名古屋」駅より徒歩5分) 参加資格 技術者であること (年齢・性別・業種・職種・国籍は問いません) 持ち物 筆記用具 A4用紙(20枚ほど,裏紙でOK) タイマー(スマフォでOK) ←※タイマーは重要なので,忘れないでください 時間割 下記,やり方のコツを説明しながら一緒にやっていきます. 前半(約1.5h):作成(インプット) 読む本のタイトルを決める 全体の時間配分のプランニング 作成スタート (リーディング(約30分)+メモ書き(約15分)) 後半(約2h):発表(アウトプット) メモ書きを参考に発表(約5-10分/一人当り) 質疑応答(約3分/一人当り) 最後に振返り 「多読」 と 「メモ書き」 とは・・・ このワークショップは「多読」(※1)と「1分間メモ書き」(※2)を用いた入力と出力をセットにした一日完結型となっています. ※1 多読とは,電気通信大学の酒井先生が提唱された英語のインプット法です. くわしくはこちらを参照(外部リンク) ※2 「メモ書き」とは,元マッキンゼー社の赤羽雄二氏が「ゼロ秒思考」の中で提案している情報整理法の一つです.  くわしくはこちらを参照(外部リンク) 運営者よりメッセージ 技術者の皆さんへ 「ひとりで英語の勉強をしていませんか・・?」 「英語が苦手な理系の人が気軽に英語を使う場があれば」 「仕事や家庭の両立で忙しいので集中してやりたい・・・」という思いから生まれた作成(インプット)と発表(アウトプット)をセットにした一日完結型の技術者向け英語ワークショップです.皆で集まって一緒にやっていきますので,気さくにどんどん発言して楽しんでください.英語のレベルは問いません.自分のレベルとモチベーションにあった本を選んで,各自のレベルでやっていただきます. 一緒にモチベーションを向上できる仲間がほしいと思われている方,ぜひわたしたちと一緒にやりましょう! 多くの技術者の方の参加をお待ちしています. 詳細はホームページをご覧ください https://wings-of-engineers.jimdo.com/

9/8 (金)

No image 108x72 g SML名古屋
純粋関数型データ構造とは
概要 Chris Okasaki氏の「Purely Functional Data Structures」の訳書である、 「純粋関数型データ構造」が発売されました。 自分も過去に読みましたが、そろそろ復習したい気持ちになってまいりました。 そこで、読書会を名古屋でも行おうと思います。 純粋関数型データ構造 電子書籍版 内容 今回は25章から読みます どの程度進むか見通せていません 参加者の疑問点などを議論しながら優しく進めましょう。 進め方 あれこれ試行錯誤中 名古屋の読書会らしく、1節ぐらいごとに交代で読みます よんたが節ごとのまとめを展開いたします 各節ごとに、疑問点・質問があれば適宜議論して道草を食います おもしろそうな問があれば解いていきます 道草先の要望をぜひください。お願いします。 事前準備 事前に読み進め、疑問点・不明点を持ってきてくれると嬉しいです。 各自、課題をトライしてみてください(解けなくてもよいです)。 タイムスケジュール 18:45ころ 開場 19:00 開始 20:00 5分休憩 21:00 終了 持ち物 純粋関数型データ構造が読める環境 事前準備した心(対象章を読む、課題を解く) 注意事項 会場は食事禁止ですのでご注意ください 会場への行き方は https://teachme.jp/contents/178310 を参考にしてください 当日、場所がわからない等ありましたら @keita44_f4 または @mzp までご連絡ください 参考 『純粋関数型データ構造』のためだけの超いい加減な Standard ML 入門 SMLチートシート よんたの演習回答

9/4 (月)

1995 normal 1380975297 251035 156371434432231 4785187 n 名古屋ギークバー
どんなイベントなの? 8月4-6日に開催された「Startup Weekend Nagoya Social」のアフターイベントです。 ・ほかのチームと交流できなかったので、仲良くなりたい ・イベント中、こんなに頑張ったので、話を聞いてほしい ・イベント後にアイデアを思い付いたけど、仲間がほしい など、「Startup Weekend Nagoya Social」を振り返る会にしたいと思います。 Startup Weekendとは? Startup Weekendは「起業家が地域に、世界にあふれる世の中を創る」ための取り組み&コミュニティです。 「金曜の夜から日曜の夜までの54時間で起業にチャレンジするイベント」をはじめとして「起業家の登竜門」的存在として全世界・日本全国に広がりつつあります。 東海地方では名古屋、大垣でコミュニティがあり、四日市、豊橋、浜松などでも開催されました。 Startup Weekendってどんなことをするの? SWは初日の夜、みんながアイデアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、3日目の17時までにユーザーエクスペリエンスに沿った、必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。 ハスラーはマネジメントと顧客開発を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 特定の知識・スキルがなくとも、アイデアがあれば問題ありません。勿論、アイデアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどとしてのスキルがあれば、チームで活躍することが出来、プロダクトを作成し、スタートアップをリアルに体験することが出来ます! 対象者 今回は、8月4-6日に開催された「Social」のアフターイベントですが、StartupWeekendに興味・関心のある人ならだれでもご参加いただけます。 今回のアフターイベントはこんな方のご参加もお待ちしております。 Startup Weekendに興味、関心はあるけど、よく分からない →参加者の生の声を聞くことができます。 起業するために仲間を探したい! →Startup Weekendには起業意識の高い人たちが集まります。まずはイベントで雰囲気を把握してみませんか。 Startup Weekendに参加してみたいけど、ちょっとまだ自分にはハードルが高いと思う →アフターイベントに参加して、Startup Weekendをより知って、自分のハードルを下げてみませんか? ※StartupWeekend ではITを活用したビジネスが提案されることが多いため、エンジニアの人が相対的に目立ちますが、それ以外にもたくさんやるべきことはあり、どんな人でも参加できますし、してほしいと思っています。 日時 9月4日(月) 19:30ごろ~ 場所 Club Adriana 名古屋市中区葵1-27-37シティハイツ1F 参加費 1500円(ソフトドリンク・スナックフリー) ※参加者には、特製Tシャツプレゼントです。(サイズと色に限りがあります。) スケジュール 19:30~ 歓談・名刺交換 20:00~ 継続チームのプレゼン・SWのイベントに参加してどうだったか?(発表内容などは変更の可能性あり) 注意事項 イベント中に撮影した写真は、Startup Weekend及びイベントスポンサーのウェブサイトやフェイスブックページ、その他取材メディアに掲載させていただくことがございます。掲載を希望されない方はイベント受付時にスタッフにお申し出ください。 名古屋ギークバーについて 毎週月曜日 19:00- 名古屋・新栄のピアノバー「PIANO BAR club Adriana」さんををお借りして開催しています。 入場料:1500円(本件イベントの参加費用によって充当されます ソフトドリンク、スナック類は無料です。 アルコール、フード類は有料(キャッシュオンデリバリ)です。 電源、Wi-Fiは完備しています。 店内は原則禁煙です。タバコは入り口付近でお願いします。

7/9 (日)

A133f2ca8685309e783bbf375f3d4b65 Wings of Engineers
英語が苦手な日本人技術者のために 「気軽に英語を使う場」 を提供します
技術者向け英語ワークショップとは・・・ 「多読」と「1分間メモ書き」を用いた,英語の苦手な技術者のための「一日完結型」ワークショップです 普段なかなか気軽に英語を使う機会が少ない日本人技術者に,気軽に英語を使う場を提供します 丁寧にオリエンテーションしますので,多読が初めての方や英語が苦手な方でも参加が可能です 2-3回参加すると,喋ることにかなり慣れてきます(月一開催予定) 色んな職種のエンジニアが参加しているので,交流の幅が広がります 株式会社Misoca様のご協力により,名古屋市内での開催ができることになりました!御礼申し上げます. ■Misoca様人材募集ページ " rel="nofollow">https://www.wantedly.com/projects/28443 概要 日時: 2017/7/ 9(日) オリエンテーション:13:00 - 13:45 ワークショップ:14:00 - 17:00 懇親会(任意参加):17:30- (ワークショップ終了後,希望者にて懇親会を開催します.参加有無は当日確認します.) ※ 初めての方はオリエンテーション(13:00~)から参加してください.2回目以降の方は14:00~で構いません 定員:22名 参加費:¥1,000 (ワークショップで読む書籍代はこの中に含まれています) 場所:株式会社Misoca 内 セミナールーム「木曽川」 (JR/地下鉄/名鉄「名古屋」駅より徒歩5分) 参加資格 技術者であること (年齢・性別・業種・職種・国籍は問いません) 持ち物 筆記用具 A4用紙(20枚ほど,裏紙でOK) タイマー(スマフォでOK) ←※タイマーは重要なので,忘れないでください 時間割 下記,やり方のコツを説明しながら一緒にやっていきます. 前半(約1.5h):作成(インプット) 読む本のタイトルを決める 全体の時間配分のプランニング 作成スタート (リーディング(約30分)+メモ書き(約15分)) 後半(約2h):発表(アウトプット) メモ書きを参考に発表(約5-10分/一人当り) 質疑応答(約3分/一人当り) 最後に振返り 「多読」 と 「メモ書き」 とは・・・ このワークショップは「多読」(※1)と「1分間メモ書き」(※2)を用いた入力と出力をセットにした一日完結型となっています. ※1 多読とは,電気通信大学の酒井先生が提唱された英語のインプット法です. くわしくはこちらを参照(外部リンク) ※2 「メモ書き」とは,元マッキンゼー社の赤羽雄二氏が「ゼロ秒思考」の中で提案している情報整理法の一つです.  くわしくはこちらを参照(外部リンク) 運営者よりメッセージ 技術者の皆さんへ 「ひとりで英語の勉強をしていませんか・・?」 「英語が苦手な理系の人が気軽に英語を使う場があれば」 「仕事や家庭の両立で忙しいので集中してやりたい・・・」という思いから生まれた作成(インプット)と発表(アウトプット)をセットにした一日完結型の技術者向け英語ワークショップです.皆で集まって一緒にやっていきますので,気さくにどんどん発言して楽しんでください.英語のレベルは問いません.自分のレベルとモチベーションにあった本を選んで,各自のレベルでやっていただきます. 一緒にモチベーションを向上できる仲間がほしいと思われている方,ぜひわたしたちと一緒にやりましょう! 多くの技術者の方の参加をお待ちしています. 詳細はホームページをご覧ください https://wings-of-engineers.jimdo.com/

6/25 (日)

D68ba4ffb22c491522baf1dab3df9b3e React Native Japan
~ 名古屋城、借りちゃいました ~
React Native Meetup in 名古屋城 今回は名古屋城での開催です! React / React Nativeに興味ある方はもちろん、名古屋城で勉強会したい方もご参加ください! 参加者の方、発表される方へ 今回は名古屋城ということもあり、プロジェクターやWifiの用意などがありません。 歴史的建造物で制約も多いですが、ご理解いただけると幸いです! また、名古屋城に現地集合、現地解散でお願い致します! 概要(前回のイベント) Reactでネイティブをアプリをつくることができる、React Nativeに関係するものならなんでもありの勉強会です! React Naitve触るきっかけが欲しいかたや、すでにバリバリ触っている方まで、React Naitveに興味がある人なら誰でもご参加ください! 実際に業務でReact Nativeを使われている方が多く発表してくださるので、導入を検討されている方は参考になるかと思います! まだまだ知見が足りないのでここで横のつながりを作っていただければ幸いです! みなさまのご参加心よりお待ちしております!!! 会場 今回は名古屋城での開催となります! 名古屋での開催となりますのでお間違いのないようにお願いいたします! 会場へは現地集合、現地解散となっております。 当日は#rnjapanハッシュタグにてtwitterに会場周辺の写真を投稿いたしますのでご確認いただけますと幸いです! 道がわからないなどの問い合わせもtwitterにて#rnjapanハッシュタグをつけて投稿いただけますとスタッフが駆けつけます! slackでの問い合わせも行なっておりますのでご都合の良い方をお使いくださいませ! 発表枠で申し込まれる方へ https://slackin-xrtxcxctgz.now.sh/ こちらよりslackにジョインしてくいただけますと幸いです。 発表スタイルなどについては現在未定のため、色々と不便ななかともに作り上げていって頂けますと幸いです。 発表に関する問い合わせなどもslackにてお願いいたします。 諸注意 壁や柱などにはお手を触れないようにお願いいたします。 また、参加費とは別に500円の名古屋城への入場料かかりますので、ご了承くださいませ。 グループについて もしよろしければお入りください!! 情報共有や質問等をいただけますと幸いです。 FB: https://www.facebook.com/groups/1722053778010342/ slack: https://slackin-xrtxcxctgz.now.sh/ slackはメールアドレスを入力して頂き、「GET MY INVITE」をクリックすると招待メールが飛びますのでメールに従ってjoinしてください。 タイムテーブル 時間 タイトル 発表者 13:30 会場&受付開始 14:00-14:10 オープニング 14:10 - 14:30 React Native 導入のメリット yutamakotaro 14:30 - 14:50 React Native into Expo besutome 15:10 - 15:30 通常発表枠3 15:30 - 15:40 LT枠1 15:40 - 15:50 LT枠2 16:00 - 16:20 撤収

6/20 (火)

1474 normal 1468219410 01 Misoca
RustとWebAssemblyについて勉強します。 Rust 1.14でWebAssemblyがサポートされたことにより、RustおよびWebAssemblyへの期待感が高まっています(ボクの中で)。 ので、みなさまと一緒にイチから学んでいきたいと考えています。 ✅進め方 (案) 適当に話しながら決めていきたい。今はこんなことをやろうと思っている。 Rustの環境を構築する プログラミング言語Rust を読む WebAssemblyで遊ぶ 📚今回の範囲(予定) 文字列 WebAssemblyで何か吐いてみる 💼持ち物 Rustが実行できる環境 プログラミング言語Rust が読める環境 📅タイムテーブル 18:45 開場 19:00 開始 21:00 終了 ⚠️注意事項 会場は飲食禁止ですのでご注意ください 当日、場所がわからない等ありましたら @mzpまでご連絡ください (業務連絡) Misoca社員の方も本ページから申し込んでください

5/24 (水)

概要 Chainerを提供するPreferred Networksと、Azure クラウドを提供するMicrosoft による、深層学習に関する「最新技術を最新ビジネスで活用している事例」や「最新の技術動向」共有することで、深層学習技術者の裾野を広げ、実社会での利用拡大を図ることを目的としたイベントです。 日時:5/24(水)の19:30-21:00 場所:ウインク愛知 11階 1103会議室(http://www.winc-aichi.jp/access/) その他:お飲み物と軽食をご用意しております。 タイムテーブル(仮) 時間 セッションテーマ 登壇者 19:00 開場 19:30 開演・オープニングトーク 19:30-19:40 進化するChainer Preferred Networks : 海野 裕也 19:40-19:50 PaintsChainerで創るクリエイティブの未来 Preferred Networks : 米辻 泰山 19:55-20:15 Aerial Robotics at Microsoft Research Microsoft Research : Shital Shah 20:15-20:25 Special Announcement Preferred Networks : 丸山 宏、Microsoft : 田丸 健三郎 20:25-20:35 お楽しみ抽選会 Microsoft Presents 20:35-20:55 歓談 21:00 終了

5/17 (水)

1474 normal 1468219410 01 Misoca
RustとWebAssemblyについて勉強します。 Rust 1.14でWebAssemblyがサポートされたことにより、RustおよびWebAssemblyへの期待感が高まっています(ボクの中で)。 ので、みなさまと一緒にイチから学んでいきたいと考えています。 ✅進め方 (案) 適当に話しながら決めていきたい。今はこんなことをやろうと思っている。 Rustの環境を構築する プログラミング言語Rust を読む WebAssemblyで遊ぶ 💼持ち物 Rustが実行できる環境 プログラミング言語Rust が読める環境 📅タイムテーブル 18:45 開場 19:00 開始 21:00 終了 ⚠️注意事項 会場は飲食禁止ですのでご注意ください 当日、場所がわからない等ありましたら @mzpまでご連絡ください (業務連絡) Misoca社員の方も本ページから申し込んでください

5/13 (土)

C0a692bf3e8aa66150559ea1a042a31d 機械学習 名古屋
☆★☆★☆★  来栖川電算様にスポンサーになって頂きました。  ☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★ 参加費無料です。どなたでもお気軽にご参加下さい。 ☆★☆★☆★ 1. tf-goghを使ったハンズオン 今回は、n_kats_さんより、前回の発表で、ある画像を「ゴッホ的」に見せるがありましたが、それを、実際にコードで書いて理解しよう!という趣旨の勉強会を行います n_kats_さんの発表について http://qiita.com/n_kats_/items/891489d8ef912af4e699 「ゴッホ的」な画像を作るにあたって、ポイントはこの二点です。 2つの画像の特徴を混ぜる方法の理解すること ハイパーパラメーターを変更するどうなるかを試すこと mnist では、大量の数字画像データを学習して数字の判別を行いました。その仕組みを理解されている方も多いと思います。 今回のハンズオンは、それとは違い、tensorflowを使って「如何に画像の特徴を読み取るか」です。その仕組みを理解されている人は少ないと思いますので、ぜひ、ハンズオンを行なって、理解していきましょう。 ハンズオンに必要なものを準備しておいてください。 ・ tf-goghのソースコード(https://github.com/n-kats/tf-gogh) ・ tf-goghで利用する画像(元画像になるものや画風画像になるもの) ・caffemodelファイル ninモデル vggモデル  パッケージ(いずれもpipもしくはpip3でインストールできます。) ・ chainer ・ pillow ・ tensorflow ・ jupyter ・ matplotlib pythonのversionは3系をおすすめします。 Dockerを利用する場合は、 docker pull nkats/mln:20170513 を利用してください。 上記のパッケージと日本語環境を備えています。 Dockerイメージにモデルやtf-goghのソースコードは含まれていませんので、これらのダウンロードを忘れないでください。 (Dockerイメージのサイズは大きいので、会場でのダウンロードは難しいかと思うので事前にダウンロードをしておいてください。) 2. 発表 何か発表をしていただける方は、ご連絡をお願いします。 機械学習/ディープラーニングに関することや、関連する内容ならなんでもOKです。 A.Tajiri antimon2 tonosaki ディープラーニングでペットボトルの本数を数えてみる 時間割 13:00-13:10 挨拶 13:10-14:00 各自でハンズオン 14:10-14:30 ハンズオンの解説・質疑応答 14:30-     発表 会場や会費について 会場:名駅南VIPルーム 住所:名古屋市中村区名駅南1丁目19-27 オリファビル3階 会費:無料 お気軽にご参加ください。 懇親会について 懇親会も来栖川電算様が一部、負担をしていただけます。 ぜひ、ご参加ください。

4/26 (水)

1474 normal 1468219410 01 Misoca
RustとWebAssemblyについて勉強します。 Rust 1.14でWebAssemblyがサポートされたことにより、RustおよびWebAssemblyへの期待感が高まっています(ボクの中で)。 ので、みなさまと一緒にイチから学んでいきたいと考えています。 ✅進め方 (案) 適当に話しながら決めていきたい。今はこんなことをやろうと思っている。 Rustの環境を構築する プログラミング言語Rust を読む WebAssemblyで遊ぶ 💼持ち物 Rustが実行できる環境 プログラミング言語Rust が読める環境 📅タイムテーブル 18:45 開場 19:00 開始 21:00 終了 ⚠️注意事項 会場は飲食禁止ですのでご注意ください 当日、場所がわからない等ありましたら @mzpまでご連絡ください (業務連絡) Misoca社員の方も本ページから申し込んでください

4/22 (土)

【4/22追記】懇親会会場情報と懇親会費(3000円)を更新しました! 【4/19追記】発表のタイトルを更新しました! 会場の記載が間違っていましたので訂正しました。“株式会社Misoca 内 セミナールーム「木曽川」”が正しい会場です。 【1. 概要】 4月は出会いの季節、新しいことを始めるにはもってこい、とかいう煽り文句に乗せられてiPhoneアプリでも作ってみるか!と一念発起した皆さん、はじめまして&一昨年から再開催を待っていてくれた皆さん、お久しぶりの勉強会ですよ! 今回は自作アプリのプレゼンや技術共有発表がメインです。なんか喋ってみたい方、発表者&LT募集中!ゆるい勉強会ですので、お気軽に下記連絡先までお問い合わせください〜。 【日時】4月22日(土)14:30~17:45(14:20受付開始) 【場所】“株式会社Misoca 内 セミナールーム「木曽川」”※ 初開催の場所となりますのでご注意下さい! ※  名古屋市中村区名駅2-35-22 メビウス名古屋ビル2階  ※ JR/地下鉄/名鉄「名古屋」駅より徒歩5分くらい 【参加費】  <勉強会>   ・勉強会会場費:無料(お菓子代のみ100円カンパでm(_ _)m)  <懇親会>   ・会費:3000円   ・会場:世界の山ちゃん 名駅西口店   ☆懇親会へご希望の方は、参加申し込み時に『懇親会参加』をお選び下さい☆   ※お店の予約の都合により、キャンセルの方はキャンセル料がかかりますのでご了承下さい。    アルコールが入るため未成年の方はご遠慮くださいm(_ _)m 【参加資格】  ・iPhoneへの情熱とモラルがあれば特に不要(^^) 【ご注意】  ・会場は会場主さまのご厚意でお借りしています。設備・備品は大切に扱ってください。  ・ゴミは各自でお持ち帰りください。  ・記録のため写真撮影あり。NGの方は当日、スタッフ&カメラマンにその旨お伝えください。 【2. 詳細】 【LT大会 & プレゼン】   ※今回はビギナーや、もくがやはありません (1)まつもとけんたさん「今年作るモノ」     プロフィール:何屋さんなのかわからないiPhoneユーザー ■タイムテーブル 発表順や発表時間は進行の都合により前後する場合があります。 時間 発表者 内容 14:20 – 受付 14:30 – ともやん 挨拶、勉強会について、会場案内や諸注意 14:35 – 全員 自己紹介大会 14:45 – まつもとけんたさん 「今年作るモノ」 15:15 – UDONKONETさん 「あのクソアプリがテレビで紹介されてしまった話」 15:45 – 休憩 16:00 – bibmekeさん 「イマドキのiOSアプリ開発」 16:45 – LTタイム&交流会(発表者募集中) 17:15 – – 全員 次回予告・写真撮影 17:45 – 撤収 【3. お願い&問い合わせ先】☆分野を問わず勧誘活動等はご遠慮ください。 ☆お車をご利用の場合は、付近の有料駐車場をご利用下さい(公共交通機関の利用をお薦めします)。 ☆いろいろなスキルレベルの方がいると思います。誰かが「教える」だけでなく、参加者同士が教え合い、学び合い、を基本にしたいと思います。得意分野の情報を共有してくださる方、大歓迎です。 ☆連絡先/Twitter:@iOS_nagoya 又は 、メール:ios.nagoya★gmail.com(★をアットマークにしてください) ☆名古屋iPhone開発者勉強会Facebookページ ☆名古屋iPhone開発者勉強会ウェブサイト ☆過去の勉強会レポート

4/17 (月)

C0a692bf3e8aa66150559ea1a042a31d 機械学習 名古屋
ゼロから作る Deep Learning 読書会+ハンズオン その1
機械学習 名古屋 分科会 機械学習名古屋 勉強会の分科会です。 この分科会では、より理論・実装に重きを置いた勉強をしていきます。 機械学習エンジニア として仕事をしている/仕事をしたい人 機械学習(Deep Learning)の 理論を知りたい 人 ぜひ、ご参加ください。 (最新動向・実践等は、通常会(次回:第10回)で扱います) 参加枠について 現在、「一般参加」「サテライト1」「サテライト2」の3つの参加枠が存在します。 どちらも会場は同じビルの同じフロア(別会議室)です。 司会進行は、大会議室側(一般参加枠側)で行います。収容人数とそれ以外に各参加枠の違いはありません。 各会議室は、TV会議システムで繋がっています。質疑応答等はリアルタイムにやり取りできます。 一般参加枠で補欠の方で、サテライト枠に切り替えたい場合、一旦参加申込をキャンセルして新しい枠で参加登録し直す必要がございます。自動で空いている枠への振り分け等はされませんのでご注意ください。 動画配信について 当日、Facebook Live を利用して勉強会の動画配信を行います。 参加出来なかった方も、ご自宅や職場で勉強会の様子をご覧いただけます(正常に視聴するには Facebook にログインする必要があるかもしれません)。 ライブ配信URLは当日、このイベントページおよびTwitterでお知らせします。 また動画は勉強会終了後、機械学習名古屋 の Facebookページ 内で視聴できるようになります。 ※ただいま動画配信中! https://www.facebook.com/mlnagoya/videos/1740496489574560/ 『ゼロから作る Deep Learning』読書会+ハンズオン 分科会のテーマとして、初回からしばらく、書籍『ゼロから作る Deep Learning』の読書会を行います。 進め方 参加者でさらっと読み合わせる(担当者は決めずその場で回し読み) Jupyter notebook でコードを実際に書いて動作確認をする(ハンズオン) みんなで疑問点を質問、解消していく 機械学習エンジニア として実際に仕事をしている人から解説もらってハッピーになる 内容 補足 参加者自己紹介 1人あたり1分程度で簡単に※1 会場について ヤフー株式会社様より、会場についての注意事項 オリエンテーション 初回ということで、勉強会の方向性等の説明をします Python 環境の確認 ※2 ゼロから作る Deep Learning第1章の読み合わせ+サンプル実行確認 Jupyter notebook でハンズオン適宜疑問点の質問も受付 次回以降のスケジュールについて ※3 (LT) 希望者がいて時間が余れば 片付け 会議室の原状復帰にご協力をお願いします ※1 人数が多い場合は省略いたします。 ※2 参加者ごとの環境統一のため、勉強会用の Dockerイメージ を作成しました! → antimon2/mlnsc-dlscratch ↑の使い方解説ページ ぜひご利用ください! ※3 第2回以降は、毎月第1金曜日(第2回は第2金曜日)に開催予定。 第2回:2017/05/12(金)(予定) 第3回:2017/06/02(金)(予定) 会場 ヤフー株式会社様のご厚意により、会場をご提供いただきました! ヤフー株式会社 名古屋オフィス 会議室 愛知県名古屋市西区名駅2丁目27−8 名古屋プライムセントラルタワー4F(地図) JR・名鉄・近鉄・地下鉄 名古屋駅 徒歩5分(地下鉄1番出口から) 注意事項 できる限り18:20~18:40の間にお越しください。会場の4Fまで直接お越しください。 4F 入り口にて、connpass の「受付票」をご提示ください。イベントページから「受付票を見る」リンククリックで表示できます。事前に印刷/その場でスマホ等で表示してご提示ください。 遅れてくる場合も、20:00までに会場の4Fまでお越しいただき、警備員に勉強会参加の旨を伝え、「受付票」を提示してください。20:00以降は入場は出来ません。 終了時間はあくまでも目安ですので、前後する可能性があります。 書籍「ゼロから作る Deep Learning」はご持参ください。 電子書籍版もあります。→ https://www.oreilly.co.jp/ebook/ から「ゼロから作る」で検索 PCをご持参ください。実際にコードを打ち込んで動作確認していただく予定です。 無線LANの提供はあります。 大画面モニタはあります。

3/11 (土)

C0a692bf3e8aa66150559ea1a042a31d 機械学習 名古屋
☆★☆★☆★  来栖川電算様にスポンサーになって頂きました。  ☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★ 参加費無料です。どなたでもお気軽にご参加下さい。 ☆★☆★☆★ 前回、機械学習名古屋の管理人が運営するECサイト(http://www.imcshop.com)のアクセスログをディープラーニングを使って学習しました。 今回は、学習した内容を元に、サイトの改善にどうつなげるかのハンズオンを行います。 実際に運用しているサイトのデータですので、非常に実用性のある勉強会ができると思います。 通常公開しない極秘データ!?を使った勉強会です。ぜひ、ご参加下さい。 1. アクセスログを使ったハンズオン 前回の内容を確認して、学習データを用意して下さい。 https://machine-learning.connpass.com/event/43540/ 前回から引き続き、TensorFlow を利用します。 TensorFlow は、直接インストール or DockerイメージDL で準備しておいてください。 Installing TensorFlow(最新 v1.0 対応) / Download and Setup(v0.12 以下) Docker Docker for Windows / Docker for Mac / Docker Toolbox pyenv-virtualenv + TensorFlow 環境設定覚書(公式以外の方法の紹介 by antimon2) ※サンプルコードを公開します→ https://github.com/antimon2/MLN_201703/blob/master/CSVAnalyze.TF.ipynb 2. 発表 何か発表をしていただける方は、ご連絡をお願いします。 機械学習/ディープラーニングに関することや、関連する内容ならなんでもOKです。 kmt_t 「画像の精細化」 n-kats 「TensorFlowで絵を描いてみた」 satsuki kawamura  「人工知能xデザイン(仮)」 時間割 13:00-13:10 はじめに 13:10-14:00 バンスオン 14:10-15:10 kmt_t さん 15:20-15:50 satsuki kawamuraさん 16:00-16:30 n-kats さん 会場や会費について 会場:名駅南VIPルーム 住所:名古屋市中村区名駅南1丁目19-27 オリファビル3階 会費:無料 お気軽にご参加ください。 懇親会について 懇親会も来栖川電算様が一部、負担をしていただけます。 ぜひ、ご参加ください。

2/11 (土)

Doorkeeper group normal rubytokai
名古屋Ruby会議03 公式サイト 参加するには、チケットを購入する必要があります。 本編の登壇者の方は、チケットは必要ありません。但し、お弁当は有料になります。注文の方は別途、承ります。 チケットの払い戻しは受け付けていません。他人への譲渡などは、ご自身の責任で行って下さい。 お弁当代込みのチケットの締め切りは2月3日になります。ご注意下さい。

2/3 (金)

Doorkeeper group normal rubytokai
Ruby東海 第58回目の勉強会です。会場が、メビウス名古屋ビル2階になりますのでご注意下さい。 いつも通り、各自、もくもくとプログラムを書いたり、他の人に相談したりなど、自由に活動して下さい何か発表した事があれば、ぜひ、発表して下さい。やりたいことや発表したいことがあれば、Ruby東海のメーリングリスト([email protected])かIRC(freenode #rb-tokai)にてお知らせ下さい。