dz_ (@dz_)


参加する勉強会

1/24 (金)

684f05fcebe6ec3c1a858b6407f854b4 Node-RED User Group Tokai
更新履歴 日時 内容 2019/12/25 イベント公開 日時 2020-01-24(金)19:00 - 21:30 イベントについて このイベントは、Node-REDの様々な事例や使い方を持ち寄る勉強会です! 今回は初めての試み!なんと大阪UG・東海UGと一緒に3UG x 3LT = 9LTのリレー形式で、オンラインで共有しつつ勉強会をしてまいります。 Node-REDを使うユーザー同士でぜひとも交流しましょう~。 募集ページ 東京UG → Now!! 募集ページ https://connpass.com/event/159716/ 大阪UG 募集ページ https://node-red-osaka.connpass.com/event/160641/ 東海UG 募集ページ https://node-red-tokai.connpass.com/event/160775 対象 日本の様々な地域で使われるNode-RED事例を知りたい方 Node-REDのいろいろな可能性を知りたい方 Node-REDで自分も実装しているけど他の人の事例を見たい方 最近Node-REDという名前を聞いてどんなものか見てみたい方 オンライン共有イベントとという初の試みを温かく見守ってくれる方 Twitterハッシュタグ #noderedjp です。 イベント後、Twitterのタイムラインを上記タグでまとめる予定です。スピーカーの方々への質問や、「おもしろい!」といった当日の気持ちをツイートください。 コミュニティ情報 - URL Twitterハッシュタグ #noderedjp 公式ページ https://nodered.jp/ Facebookページ https://www.facebook.com/groups/noderedjp/ Slack入り口 https://nodered-slack.herokuapp.com/ 概要とスピーカー紹介 東京UGの登壇者3名、募集中です!今回は事例をメインに5分LTをいただける方ぜひとも Facebookグループ でコメントください。 ※内容・セッション順は変更になる可能性があります。 - タイトル ご所属 1巡目 東京UG 5分LT「」 「」 ~~() さん ご所属 大阪UG 5分LT「」 「」 ~~() さん ご所属 東海UG 5分LT「」 「」 ~~() さん ご所属 2巡目 東京UG 5分LT「」 「」 ~~() さん ご所属 大阪UG 5分LT「」 「」 ~~() さん ご所属 東海UG 5分LT「」 「」 ~~() さん ご所属 3巡目 東京UG 5分LT「」 「」 ~~() さん ご所属 大阪UG 5分LT「」 「」 ~~() さん ご所属 東海UG 5分LT「」 「」 ~~() さん ご所属 会場 会場は日本アイ・ビー・エム株式会社の名古屋事業所です。 場所 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-1 JPタワー名古屋 28F " rel="nofollow">https://www.ibm.com/ibm/jp/ja/office.html#nagoya 入館方法 受付はJPタワー名古屋 28階になります。 connpassより発行される「受付票」を印刷してご持参いただくか、スマートフォンの画面などでご提示ください。 タイムテーブル ※当日のオンライン状況や進行次第で変更になる可能性がございます 時間 内容 19:00~19:30 開場/受付開始 19:30~19:45 ごあいさつ 19:45~20:50 各会場準備 19:55~20:55 LT 3UG x 3LT = 9LT! 20:55~21:00 各会場締め 21:00~21:30 撤収/閉場 連絡事項・注意事項 懇親会はございません 本イベントはオンラインで各UGのLTをつなぐ性質上、当日のオンライン状況で他UGのLTが閲覧できない可能性がございます 会場にはWiFiはございません。 電源は利用可能です。ただし全員には行き渡らないため、念のため PC は十分に充電をしてご来場ください。 勉強会場は禁煙です。喫煙所をご利用ください。 お問い合せはTwitter ハッシュタグ #noderedjp にご連絡ください。


過去の勉強会

10/7 (月)

6db2d8242e1b24c4d5d42b466badbf07 Cogbot コミュニティ
Azure AI プラットフォームのハンズオン!(๑•̀ㅂ•́)و✧
ハンズオンコンテンツ :💡 Custom Vision と Logic App / PowerAppsを利用して画像分類 Custom Vision を利用して犬の画像分類を行い、Logic Apps で利用します。また、PowerApps を利用して、犬の画像分類ができる AI を組み込んだモバイルアプリを作ります。 💡 Azure Bot Service x LINE でチャットボット開発 Azure Bot Service を使って LINE で使えるチャットボットを開発します。 💡 Visual interface for Azure Machine Learning service を使って GUI で機械学習二項分類 GUI のツール Visual interface for Azure Machine Learning service を使い、コーディング無しで機械学習を行います。 💡 QnA Maker を利用して FAQ 回答 API を作成 QnA Maker を使って FAQの回答ができる簡易ボットを開発します。 💡 Cognitive Services Language Understanding (LUIS)でノンコーディング自然言語分析 GUI で操作して自然言語処理を行うことができる Cognitive Services Language Understanding (旧称 LUIS)を使い、自然言語処理を行います。 💥 Custom Vision と ML.NET を使ったアプリケーション開発 Custom Vision を利用して犬の画像分類を行います。その画像分類器を TensorFlow のフォーマットでエクスポートし、ML.NET を使ってコンソールアプリ/ASP.NET Core アプリに組み込みます。 イベント概要 お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません!名古屋での Cogbot 開催となります。 学習済みの AI を API として呼び出すだけで使える Microsoft Azure の Cognitive Services を活用したハンズオンを開催します。 また、Azure Machine Learning Service を活用した機械学習のハンズオンコンテンツも用意する予定です。 「機械学習はまだビギナーだけど動くものを作る体験をしたい」「座学だけでは物足りない」というモチベーションの方は、この機会に Microsoft Azure の AI プラットフォームに触れてみてはいかがでしょうか。 メンターとして Microsoft MVP のメンバーがサポートします。 当日の参加者の状況に応じて、解説をしながらみんなでコンテンツを進めていくワークショップ形式で進めるか、各自でハンズオンコンテンツを各自で実施して随時疑問・質問をサポートする形式にするかを決めます。 Cognitive Services とは "AIの民主化" を掲げる Microsoft が提供する、API呼び出すだけで利用できるAIの人工知能パーツ群です。 画像認識や自然言語処理、音声の処理など多くのサービスが用意されており、SDK や REST API を利用して、手早く簡単に利用できます。 公式サイトですぐに試せるデモも多く用意されています。 Microsoft Cognitive Services Azure Bot Service / Bot Framework とは チャットによるコミュニケーションが加速している中で、多様化するチャットツールに対応するのはなかなか難しいものがあります。 Slack、Skype、Facebook Messenger など、組織や用途によって異なるチャットツールですが、これをひとえに統合して開発できるとしたら? Azure Bot Service なら、Bot Framework や REST API を使って簡単にチャットを開発・拡張することができます。 Azure Bot Service (SDK v4) その他 機械学習モデルの開発、トレーニング、テスト、デプロイ、管理、および追跡に使用できるクラウドベースの環境の Azure Machine Learning Service があります。 Azure Machine Learning service Cognitive Services のようにすぐ使える PreBuilt モデルのサービスよりも、独自のデータを使って独自の学習モデルを構築したい場合、Microsoft では、世界では TensorFlow や Keras と並んで人気のディープラーニングのライブラリ Cognitive Toolkit (CNTK) が提供されています。 Microsoft Cognitive Toolkit (CNTK) 開催概要 項目 内容 開催日 10/7 (月) 時間 18:30時開場、19:00開始 会場 CODE BASE NAGOYA 愛知県名古屋市中区葵1-23-14 プロト葵ビル6F 地下鉄東山線新栄町駅より徒歩数分 タイムスケジュール 時間 内容 スピーカー/担当 18:30 〜 19:00 開場・受付 19:00 〜 19:05 概要・会場の説明など (5分) --- 19:05 ~ 19:35 ・Azure Cognitive Services について・ハンズオンコンテンツの説明 調整中 19:35 ~ 20:50 ハンズオン 全員 20:50 ~ クロージング・会場片付け スタッフ ハンズオンについて ハンズオンをより楽しむために、事前にご準備をお願いいたします。 持ち物 インターネットに接続できるノートパソコン ( Windows 10 / Mac OS )とモダンブラザー(Chrome, Firefox, Microsoft Edge)の最新版 Microsoft Azure Trial Account(以下の「事前準備」のURLから取得可能です)  事前に試用アカウントを作成し、Microsoft Azure Portalにアクセスしておくとスムーズです。 電源に限りがあるため、可能な場合電源タップなどをお持ちください(電源は床埋め込みタイプのためアダプタは直接接続できません。) 事前準備 Azure のアカウントをお持ちでない方は、Azure Trial Account をこのリンクから取得し、事前にMicrosoft Azure Portalへアクセス可能なことを確認しておきましょう。 https://aka.ms/cogbot_feb21