ぽめ (@d0iasm)


参加する勉強会



過去の勉強会

8/19 (月)

No image 108x72 g NU
2日間開催 ゲームハッカソン in 名古屋大学
最新情報 二日目のみの参加も歓迎します.準備の都合,その際にはその旨を必ずメールでお伝えください. 初日の講演会のみのご参加も歓迎いたします!(参加登録不要) スケジュールの詳細は一部変更の可能性があります.The schedule of the event is still tentative. 開催趣旨 人工世界を創って生命や社会に関する創発現象を理解する我々の研究室にとって「ゲーム」はとても重要なキーワードです.仮想生物が住む空間を表現するゲーム開発環境、社会での人の相互作用を表現するゲーム理論、教育ツールとしてのボードゲーム,ゲームの枠組みで実社会の行動を促進するゲーミフィケーション、あるいは、人工世界の中で仮想生物たちが繰り広げているのも生き残りをかけた壮絶なゲームそのものと言えます。 今回、仮想生物の進化に関する研究交流のために来日中で,Global Game Jamの創始者のひとりであり、ゲーム開発者のGorm Laiさんの協力を得て、ゲームそのものを創ることを楽しむ機会を設けることになりました。また、贅沢なことに、初日にはLaiさんのGlobal Game Jamのお話に加え、Unityの多方面の活用についてユニティの簗瀬洋平さん、進化や学習する人工生命とゲームについて開発者の中村政義さんにお話しいただけることになりました。 Game Jamの醍醐味はその場での多様な参加者によるアイデアや方法の相互交流です。多方面からの参加者の皆さんが相互作用して「ビックリ」するゲームが創発する瞬間を共有できれば幸いです。なお、初日の講演のみのご参加も歓迎いたしますので(その場合は申し込み不要)ぜひお越しください。 Game Jam とは 今回行うGame Jamは、2日でゲーム開発を行うハッカソンです。1日目の講演のあとにテーマの発表とグループ分けを行います。そのテーマに沿ってグループでゲーム開発を行います。1グループは4~5人を予定しています。 このイベントの大元である Global Game Jam (以下GGJ)は、世界でもっとも大きなゲームハッカソンの一つで、毎年1月頃に開催されます。 イベントの前にGame Jamで利用可能なリソースの一覧を見ることをお勧めしています。 リソース一覧:https://docs.google.com/document/d/1qQf5zjvJHEB40xYhTiFo9GzNYUBt8iAw8vzPu2Oy354/ GGJについて(日本語): http://ggj.igda.jp/ GGJについて: https://globalgamejam.org/about 登壇者 Gorm Lai Gorm Lai はベテランの独立系のゲーム開発者、かつフリーランスのプログラマーであり、公開されたビデオゲーム16本に携わっている。彼は Nordic と Global Game Jam の共同創設者である。GGJ はギネスブックに記録されており、冬季オリンピックよりも多くの参加国を集めるイベントである。現在、協力研究員として有田・鈴木研究室を訪問中。 簗瀬 洋平 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 プロダクト・エヴァンジェリスト / 教育リード 東京大学先端科学技術研究センター 客員研究員 1995年から2012年までゲーム開発に従事。2012年より研究職に転身し主にHCI、VRの分野で活動。2017年 Unlimited Corridorで文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞受賞 中村 政義 仮想生物が進化・学習していくシミュレータの開発に携わる。2014年から株式会社ドワンゴの人工知能研究所、その後事業部にて人工生命のサービス立ち上げとリリース。2019年より人工生命関連の技術・サービスを作るアトラクチャー株式会社を創業。同時に2019年より株式会社Preferred Networksエンジニア。 スケジュール 1日目 (8/19) 13:00 - 受付開始 - (第一部) 13:30 オープニング 13:45 Plenary talk: "(Global) Game Jams" by Gorm Lai 14:35 - 休憩 - 14:45 Guest talk #1: "ゲームだけじゃない!広がるUnityの世界" by 簗瀬 洋平 15:35 - 休憩 - 15:40 Guest talk #2 "ゲーム内キャラクターを進化・学習させて遊ぼう" by 中村 政義 16:30 - 休憩 - (第二部) 16:40 開発チュートリアル by 土井 麻未 17:10 テーマ発表、アイデア出し 17:30 グループ作成 2日目 (8/20) 08:30 開場,ゲーム開発開始 18:00 開発終了 18:30 プレゼンテーション(10分/1グループ) 必要なもの 開発用PC Wi-Fiは会場で準備致しますが,回線の容量の都合,お手持ちのルータ等でのネットワークの利用にご協力いただく場合があります. なお,宿泊については各自で手配ください(1日目の終わりと2日目の開始の間に作業をする場は提供されません). 会場 (19日/1日目)名古屋大学 東山キャンパス 工学部・工学研究科 3号館(B3-1)321室 (20日/2日目)名古屋大学 東山キャンパス 情報学研究科棟 (A4-3) 1階第1講義室 http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/ 主催 名古屋大学大学院情報学研究科 有田・鈴木研究室 オーガナイザ:Gorm Lai,土井麻未,鈴木麗璽,有田隆也 有田・鈴木研究室: https://www.alife.cs.is.nagoya-u.ac.jp 第一部は第21回創発システムセミナーの一環として開催 共催 名古屋大学 大学院情報学研究科 About Game Jam Game Jam is a 2-day hackathon for the development of a game. The theme will be revealed on the first day and you will develop a game along the theme in a group. A group consists of 4-5 people. Global Game Jam (GGJ) that is the origin of this event is one of the largest game hackathons in the world and it will be held about every January. Gorm Lai, one of the directors of GGJ, will join the event! He is not only organizing GGJ events but also creating a lot of games. We strongly recommend that you take a look at the list of resources for jammers before the event. Resources for jammers: https://docs.google.com/document/d/1qQf5zjvJHEB40xYhTiFo9GzNYUBt8iAw8vzPu2Oy354/ About GGJ(Japanese): http://ggj.igda.jp/ About GGJ: https://globalgamejam.org/about Speakers Gorm Lai Gorm Lai is a veteran indie game developer and freelance programmer, who has worked on 16 published video games. He is the co-founder of the Nordic and Global Game Jams. The Global Game Jam has been recorded into Guinness Book of World Records, and has more participating countries than the Winter Olympics. He is visiting the Arita-Suzuki Lab as a Cooperative Research Fellow. Yohei Yanase Product evangelist / Education lead at Unity Technologies Japan Visiting researcher at the Research Center for Advanced Science and Technology, The University of Tokyo He was engaged in developing games from 1995 to 2012. In 2012, he threw himself into research, and since then he has been working mainly in the fields of HCI and VR. He won the First Prize in Japan Media Arts Festival (Entertainment Division) for "Unlimited Corridor" in 2017. Masayoshi Nakamura Nakamura-san has been engaged in developing simulators in which virtual creatures evolve and learn. Since 2014, he has launched and released artificial-life-related services from Dwango Artificial Intelligence Laboratory and subsequently the operations department of Dwango. He established Attracture Co., Ltd. to develop technologies and services related to artificial life in 2019. He has also been an engineer at Preferred Networks, Inc. since 2019. Schedule First day (8/19) 13:00 - Venue opening - 13:30 Opening address 13:45 Plenary talk: "(Global) Game Jams" by Gorm Lai 14:35 - break - 14:45 Guest talk #1: "Not only games! The expanding Unity world" by Yohei Yanase 15:35 - break - 15:40 Guest talk #2 "Let's enjoy making in-game characters evolve and learn!" by Masayoshi Nakamura 16:30 - break - 16:40 Tutorial talk by Asami Doi 17:10 Theme announcement and brainstorming 17:30 Group forming (and jamming start) Second day (8/20) Tuesday: 08:30 Opening, and jamming start 18:00 End of the development. (All groups must have uploaded their game to websites such as itch.io.) 18:30 Presentation (10 mins/1 group) Requirements PC for developing We will prepare Wi-FI for everyone. Venue (19th/first day) Room 321 in Building 3, Graduate School of Engineering (B3-1) at Nagoya University (20th/second day) Room 1 on the 1st floor, Graduate School of Informatics Building (A4-3) at Nagoya University http://en.nagoya-u.ac.jp/map/index.html Organization Organizers: Gorm Lai, Asami Doi, Reiji Suzuki, and Takaya Arita Host organization: Arita-Suzuki Lab., Graduate School of Informatics, Nagoya (University(https://www.alife.cs.is.nagoya-u.ac.jp) Co-organized by Graduate School of Informatics, Nagoya University

12/9 (日)

35affb773a5a9318e7d2e3934a7749a5 IoT縛りの勉強会! IoTLT
株式会社スタメンでの開催!
業界初?! 名古屋版 IoT縛りの勉強会/LT会です! IoTというワードがバズワードになりつつあります。 とはいえ、IoT領域には関連する幅広い知識や技術があります。 また、アイディアやインスピレーションも重要です。 この会は個々が持っている知識や開発していることの情報共有や発信の場になります。 名古屋で開催です! 開催前後の交流ためのFBグループもあります! 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! https://www.facebook.com/groups/iotlt IoTLT名古屋専用のFBページつくりました。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ タイムテーブル LTは一人5分です。8件程度 時間 内容 発表者 13:30 開場 14:00 オープニング 14:10 LT:会場スポンサーLT 株式会社スタメン からあげ(https://twitter.com/karaage0703 )さん ででん でん ででん(https://twitter.com/deden_twi )さん Yoshiよし(https://twitter.com/yosiyos38795255 )さん くぅ寿司大好き : ‍♂️ 鯖: (https://twitter.com/Fumiya_Kume )さん わみ(https://twitter.com/wamisnet )さん 15:45 懇親会 16:45 撤収

12/2 (日)

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
カジュアルに「ゲーム感覚で」サイバー攻撃に対処する能力を磨く
Micro Hardening @ Nagoyaを開催! 今回のチャプターミーティングでは、株式会社川口設計の川口洋さんによるサイバー演習 MicroHardeningを実施します。 Micro Hardening とは? 戦う相手は過去の自分 Micro Hardening は「衛る技術の価値を最大化することを目指す」プロジェクトであるHardening Project から生まれたサブプロジェクトです。「セキュアなハードニングをカジュアルに競技形式で学ぶ勉強会」であるMINI Hardening Project よりもさらにカジュアルに「ゲーム感覚で」サイバー攻撃に対処する能力を磨くことを目指しています。 Micro Hardeningでは、参加者は45分という限られた時間のなかで、提供されたECサイトに対する様々なサイバー攻撃に対処することが求められます。参加者は用意されたECサイトにログインし、スタートコマンドを実行することで、ゲームの開始を任意のタイミングで行うことが可能です。スタートコマンドが実行されると、ECサイトに対して買い物を行うクローラが動き出します。このクローラがECサイトで購入した金額が参加者の得点となり、ECサイトを安定稼働させることが高得点につながります。クローラが動作する裏側では自動的に多数のサイバー攻撃も行われ、ECサイトの安定稼働を妨害します。参加者は次々と発生するサイバー攻撃を防御し、停止したECサイトを復旧することで売上を稼ぎ、さらに防いだ攻撃に応じたボーナス得点(追加のクローリング)を得ることができます。Micro Hardeningの評価は単純に稼いだ得点のみを対象としています。 Micro Hardeningのゲームは45分を1セットとし、複数セット(最低3回以上)繰り返すことを想定しています。毎回、同じタイミングで同じ攻撃が発生するように設定しています。Micro Hardeningは報告書作成や、攻撃手法や防御方法の解説の時間を組み込まない代わりに、毎回少しずつ攻撃の状況を観測し、対処する方法を試すことで、エンジニアとしての能力向上が実現できることを目指しています。理想的にはシューティングゲームのように、敵の攻撃のパターンを覚えることで高得点を稼ぐことができるシステムにしたいと願っています。 自分のスコアが少しずつ上がっていく達成感を味わいながら、サイバー攻撃に対応する経験を積んでもらえたらなと思っています。戦う相手は過去の自分。 4人を1チームとして、チーム作る予定です。他の人の取り組みからも学んで帰ってください。 ご提供者 川口 洋氏 株式会社川口設計 代表取締役 対象者 情報セキュリティに興味のある方 基本的なUNIX/Webセキュリティの知識のある方 参加枠 自分でモバイルルータを持っていくよ枠:ご自身でモバイルルータを持参可能な方 同じチームにモバイルルータを持ってない参加者がいたら、相乗りさせていただけますと幸いです どなたかモバイルルータに相乗りさせてください枠:ご自身でモバイルルータを持参できない方 ご準備いただく持ち物 WiFiやテザリング(ネットに接続できる環境) 運営側では用意しませんので、ご注意ください。 ノートパソコン 延長コード SSHターミナルクライアント(必須) Windowsの方はTeratermセットが便利 VNCクライアント 自分のパソコンのhostsファイルを編集できること (管理者権限を持っていること) 健康な体 多少のトラブルを笑って受け入れられる広い心 会場 株式会社中電シーティーアイ(東桜第一ビル) 地下鉄「久屋大通」駅下車、徒歩約5分。 開催ビル棟の1FにOWASPストラップを付けたスタッフがいます。場所や教室までの行き方に関しては、スタッフにお申し出ください。 タイムテーブル 時間 内容 発表者 12:30 開場 13:00 - 13:15 OWASP Nagoya運営からの説明 OWASP Nagoya Chapter 村井 13:15 - 13:45 Micro Hardening説明 株式会社川口設計 川口 洋氏 13:45 - 17:30 Micro Hardening競技 45min/回 * 3回(休憩含む) 株式会社川口設計 川口 洋氏 17:30 - 17:45 Softning 株式会社川口設計 川口 洋氏 17:45 - 18:00 クロージング OWASP Nagoya Chapter 坂梨 お願い 参加者宛に5日前~前日に当日の情報交換用Slackに招待しますので予め参加ください。 会場に参加者用のWi-Fi環境がありません。各自でモバイル回線等をご用意ください。 また、テザリングで使用される方はWi-Fi混線を避けるため可能な限り有線での接続をお願いいたします。 デザリング時はWindows Updateなどが実行されないようご注意ください。 電源に限りがあります。電源タップを持参するなど周りの方とシェアしてください。 飲み物は、ペットボトルなどふた付きの飲み物のみ持ち込みできます。 コンビニのカップコーヒーは持ち込みできません 主催 OWASP Nagoya Chapter OWASPとは OWASP - Open Web Application Security Project は、Webシステムをはじめとするアプリケーションソフトウェアのセキュリティについての情報共有と、セキュアなソフトウェア開発を促進するための普及・啓発を行うオープンコミュニティです。 OWASP Nagoya は東海地区におけるOWASPのローカルチャプターとして活動をしております。 OWASP Nagoya 各ページ 公式ページ https://www.owasp.org/index.php/Nagoya Facebook https://www.facebook.com/owaspnagoya/ Twitter https://twitter.com/owaspnagoya/ Slack こちらから登録してください Micro Hardening参加者の体験談 第1回、microhardening バージョン1 東京編 ~ 聖地さくらインターネット開催編 - Togetter Micro Hardening v1.0に参加してきました | *白百合めも* Webエンジニアのためのセキュリティ実践演習: Micro Hardening体験 | owlWorks やろう、ハードニング | セキュリティ | DoRuby Micro Hardening in 鹿児島 に参加しました | 降灰注意報! 湯るセキュ Micro Hardening in 草津温泉に行ってきました。 - Flying Cat Penguin Micro Hardening in 草津 参加してきました?? - 努力なくして力なし 第7回tktkセキュリティ勉強会Tweetまとめ( #tktksec #microhardening) - Togetter 第7回tktkセキュリティ勉強会~Micro Hardening~で汚名返上しようとした結果 R3 Cloud Journey Micro Hardening v1.x@沖縄に参加しました! - nmtysh.log Micro Hardening v1.x@長野 writeup - blog.toxn Micro Hardening v1.x@長野でドン勝!! - nuwaa

8/29 (水)

35affb773a5a9318e7d2e3934a7749a5 IoT縛りの勉強会! IoTLT
突発開催!!IoT・電子工作で有名なSeeed株式会社での開催!
今回、突発的な開催でかつ会場が狭いので、普段のLTスタイルではなく、参加者みなさんで意見交換するような会にしたいと思っています! 業界初?! 名古屋版 IoT縛りの勉強会/LT会です! IoTというワードがバズワードになりつつあります。 とはいえ、IoT領域には関連する幅広い知識や技術があります。 また、アイディアやインスピレーションも重要です。 この会は個々が持っている知識や開発していることの情報共有や発信の場になります。 名古屋で開催です! 開催前後の交流ためのFBグループもあります! 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! https://www.facebook.com/groups/iotlt IoTLT名古屋専用のFBページつくりました。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ タイムテーブル LTは一人5分です。8件程度 時間 内容 発表者 19:00 開場 19:30 オープニング 19:40 LT:会場スポンサーLT Seeed株式会社 19:45 各参加者LT 21:00 懇親会 21:45 撤収

6/9 (土)

A6d76e3e990194bf61407e260b5517a7 IoTSecJP
東京、関西の次は名古屋で初ハック!
概要 名古屋でもIoTSecJPを開催します! IoTセキュリティについて良いアウトプットをしていく場として、IoTSecJPというコミュニティを立ち上げました。 発表者への非難などは厳禁とし、前向きな方のご参加をお待ちしております。 一部公開NGな話に関しては、発表者の指示に従っていただきますようお願い申し上げます。 今後のIoTSecJPなどを手伝ってくれる運営チームを募集しています。技術レベルは問いません。 IoTSecJPのページ http://ruffnex.net/iotsecjp/ IoTSecJPのSlack https://join.slack.com/t/iotsecjp/shared_invite/enQtMjk0ODI2MTc2NTc3LWI2YTNlNjBlZDVjZGQ3OWU4NjIwMTEwNGNiY2UyYjFhN2VkZWI5MTY5OGU2MmMzZDcxODY2ZTc2MjE4NWU4ODE スケジュール キャンセルは 早め にお願いします。 当日キャンセル や キャンセルのない不参加 は、なるべくおやめ下さい ( 前回の当日キャンセル者から参加制限を掛けています ) 当日に繰り上がりになっても参加できない方が多いので、キャンセルは早めでお願いします。 開催日時 2018年06月09日(土曜日) 13:00-18:00 13時ごろ開場 受付後、順次セミナールームへの案内となります。 connpassの受付票を事前に表示しておいて下さい。 13時30分 から 18時で、IoTSecJPを開催します。 会場 株式会社 Misoca 様 名古屋市中村区名駅2-35-22 メビウス名古屋ビル2階 株式会社Misoca 内 セミナールーム「木曽川」 会場注意 会場ビルでは、当日の関係者以外も多数おられるためお気遣いいただきますようお願い申し上げます。 会場内では飲み物は可ですが、ゴミはご自身でお持ち帰りいただくようお願い申し上げます。 電源タップ等が必要な場合、各自で持参していただくようお願い申し上げます。 入館ができない等の問題があった場合は、Slackかイベント管理者( @hiww か @r00tapple )に連絡をください。迎えに上がります。 内容 IoTSecJP名古屋 #1 時刻 タイトル 時間 その他 13:00 開場 30[min] IoTSecJP運営 13:30 会場書注意など 5[min] hiww ( @hiww ) 「株式会社Misocaについて」 n[min] 株式会社Misoca様 14:00 お金でも対策Office365セキュリティやShellのお話 30[min] hiww ( @hiww ) 14:30 「釣銭機の良い話」 30[min] jptomoya ( @jptomoya ) 15:00 「IoTセキュリティの良い話」 30[min] Masaki Ota ( @MagurosanTeam ) 15:30 「IoTセキュリティの話(色々)」 無限[min] 黒林檎 ( @r00tapple ) 16:00 交流会(名刺交換など) 30[min] IoTSecJP運営(IoTSecJP) ??? 「」 n[min] 未定 ( ) 16:50頃 終わりに 5[min] hiww ( @hiww ) 18:00までに 撤収 各位 ※登壇希望者の方は是非、運営にご連絡下さい!(適宜調整致します) 連絡は、hiww(@hiww) or 黒林檎(@r00tapple)まで宜しくお願い致します。 mail: iotsecjp[at]gmail[dot]com その他 持ち物 会場ではWiFiを提供して頂ける予定です。 また、必要な人は、以下を持参ください。 ノートパソコン 参加費 無料 株式会社 Misoca様の会場提供による https://www.misoca.jp/ ハッシュタグ #IoTSecJP

5/3 (木)

Cd1babd8bf885281d7f6c7a6d7b0d066 Elm JP
elm-jp discord 招待URL 内容 名古屋でElm使って何か作るハンズオンをやろうというイベントです 開催者(miyamo)がメンターになってわからんとなるところを教えながらやるよ 必須事項 elm-jp discord 招待URL Discordに参加して開催者と相談することを要求します (あと環境構築) 決まってないこと 題材(何作るか) 場所 : 名古屋周辺の貸会議室取ろうと思ってます。人数決まり次第 時間 : 適当に3時間くらいを考えています。13~16も適当です お金 : 会場代割り勘 対象者 特にレベルは問いません が、他のプログラミングはしたことあるけどElm(もしくはぽい言語)をやったことない人辺りを考えています ので、レベル感が違う人は事前にDiscord等で話し合うことを要求します。miyamoの能力の及ぶ限りでサポートします miyamoはデザイナー等に対してあこがれがあるので、そういう人も歓迎です Elmって? A delightful language for reliable webapps. web appを言い感じに作ることを目指した言語だよ Elmだけ覚えれれば動くアプリが作れるので完全初心者にもおすすめだよ。実際開催者(miyamo)はJavaScriptより先にElmの勉強を始めたよ 開催者 twitter GitHub Elm歴は大体2年半くらい。他にClojure, Rustをやっていたりする 動くものを作りたい民 転職活動をしているような気がするので遊びに誘ってくれたら行く

4/7 (土)

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
WordPressの脆弱性スキャンを行い、セキュアなWordPressを構築しよう!
OWASP Nagoya Chapter ミーティング 第4回〜セキュアなWordPressを構築しよう!〜 「セキュアなWordPressを構築しよう!」を全体テーマにハンズオン形式で勉強会を行います。 OWASPが提供しているドキュメントを使用し、セキュアなWordPressの構築を行います。今回のハンズオンは、インターネットを介さず個人のローカル環境で行います。 対象者 今回は初心者向けの勉強です。具体的には下記の方に向けた内容となっています。 これからWordPressでサイトを構築したい方 既にWordPressでサイト構築・運営していて、セキュリティ対策を行いたい方 WordPressのセキュリティ診断を行いたい方 ハンズオンの内容 テーマ1:WPSCanによるWordPressの脆弱性スキャン 脆弱性診断ツール「WPScan」を使って、WordPressで作られたサイトのセキュリティを診断します。 診断結果と内容からどのような脆弱性が発見されるかを実際に操作しながら説明します。 テーマ2:OWASP WordPress セキュリティ実装ガイドライン OWASPが提供する「OWASP Wordpress Security Implementation Guideline(OWASP WordPress セキュリティ実装ガイドライン)」を参考にしてWordPressのセキュリティ対策について説明し、実際に実装してみます。 講師 OWASP Nagoya Chapter 村井 剛 丹羽 雪晴 西村 将利 事前準備 下記URLにあります「ハンズオンサーバー事前準備マニュアル」に沿って、当日までに各個人で環境構築を行ってください。 https://drive.google.com/drive/folders/1cTIBUHQHVnVxWUBHhCvhTc9Wn9_8zR5P なお、当日の午前10:30~12:00に会場へお越しいただき、環境構築の作業を行っていただくことも可能です。 不明な点がございましたら、OWASP NagoyaのSlackに参加の上、メッセージをお願いいたします。 OWASP Nagoya Slack ※Wi-Fi環境の都合上、極力前日までに環境構築を行ってください。 タイムテーブル 時間 内容 10:30 開場 10:30 - 12:00 事前環境構築※ハンズオン開始までに環境構築を行う時間に利用してください。 12:00 - 12:30 昼休憩 12:30 - 13:00 受付時間 13:00 - 13:10 オープニング 13:10 - 13:20 OWASP Nagoya運営からの説明 13:20 - 14:50 テーマ1 WPSCanによるWordPressの脆弱性スキャン 14:50 - 15:05 休憩&質問&フリートーク 15:05 - 16:50 テーマ2 OWASP WordPress セキュリティ実装ガイドライン 16:45 - 17:00 クロージング 17:00 解散 会場 名古屋市市民活動推進センター ナディアパーク デザインセンタービル6F 集会室 地下鉄「栄」駅7,8番出口より徒歩7分、地下鉄「矢場町」駅5,6番出口より徒歩5分 会場地図 集会室の近くに、OWASPストラップを付けたスタッフがいます。 お願いと注意事項 このハンズオンで提供するLinuxイメージは、ローカル環境の使用のみに限ります。また、自己学習以外の用途で使用しないでください。 脆弱性テストは、インターネットに接続していないローカル環境で行ってください。インターネット上のサイトに対し、興味本位での脆弱性テストは、絶対にしないでください。 会場には無線LANが用意されております。SSID等は会場にて説明いたします。 電源に限りがあります。電源タップを持参するなど周りの方とシェアしてください。 飲み物・お菓子 飲み物やお菓子をご用意しております。 飲み物の持ち込みは可能ですがアルコールは禁止です。 主催 OWASP Nagoya Chapter OWASPとは OWASP - Open Web Application Security Project は、Webシステムをはじめとするアプリケーションソフトウェアのセキュリティについての情報共有と、セキュアなソフトウェア開発を促進するための普及・啓発を行うオープンコミュニティです。 OWASP Nagoya は東海地区におけるOWASPのローカルチャプター(支部)として活動をしております。 OWASP Nagoya 各ページ 公式ページ https://www.owasp.org/index.php/Nagoya Facebook https://www.facebook.com/owaspnagoya/ Twitter https://twitter.com/owaspnagoya/ Slack こちらから登録してください

4/4 (水)

トビラシステムズ株式会社にて、ゆるっともくもぐ会を開催します! 作業環境を求めている方や「ひとりじゃ作業がはかどらないよー」という方、一緒にもくもくしましょう。 もくもくしたあとはもぐもぐしましょう。(軽食を提供します) トビラシステムズとは? 名古屋に本社を構えるIT企業です。「すべての人々とITをつなぐトビラであること」をモットーに、人々に役立つ自社製品を開発しています。エンジニアがたくさんいる会社です。https://tobila.com/recruit.html 概要 もくもく会のテーマはフリーですので、お好きな作業をしていただいて構いません。 途中と最後に簡単な自己紹介と成果発表(&褒めタイム)を行います。 もくもく会終了後は軽食をご提供しますので、もぐもぐしましょう。 日時・場所 日時:4月4日(水) 18:00~21:00 場所:トビラシステムズ株式会社本社オフィス(Map) プログラム 時間 内容 18:00~ 開場(自由集合) 18:00~19:00 もくもく 19:00~19:10 自己紹介 19:10~20:20 もくもく 20:20~20:30 今日の成果発表・褒めタイム 20:30~ もぐもぐ(軽食) 提供できるもの ・Wi-Fi ・飲み物/食べ物(無料) ご不明な点があれば、メール[email protected] または Twitterアカウント@tobilasystems宛のDMまでお願いします。 どうぞお気軽にお越しください!

3/10 (土)

6db2d8242e1b24c4d5d42b466badbf07 Cogbot コミュニティ
出張Cogbot!名古屋編だよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧
イベント概要 名古屋初開催のCogbot勉強会 東京では毎回定員を大きく上回る参加申し込みがある人気コミュニティイベント「Cogbot勉強会」を名古屋で初開催します。 高度なプログラミング技術やAIに関する知識がなくてもAIを利用できる各種サービスを利用してみませんか? 今回はサービスの概要や魅力を聴けるセッションのほか、実際に触れて使ってみることができるハンズオンもご用意いたしました。 是非ご参加ください! ※LT発表者していただける方を定員になるまで絶賛募集しています! Cognitive Services とは "AIの民主化" を掲げる Microsoft が提供する、API呼び出すだけで利用できるAIの人工知能パーツ群です。 画像認識や自然言語処理、音声の処理など多くのサービスが用意されており、SDK や REST API を利用して、手早く簡単に利用できます。 公式サイトですぐに試せるデモも多く用意されています。 Microsoft Cognitive Services また、独自のデータで独自の学習モデルを構築したい場合は、Azure Machine Learning や ディープラーニングのライブラリ Cognitive Toolkit もあります。 Azure Machine Learning services Microsoft Cognitive Toolkit (CNTK) Bot Framework / Azure Bot Service とは チャットによるコミュニケーションが加速している中で、多様化するチャットツールに対応するのはなかなか難しいものがあります。 Slack、Skype、Facebook Messenger など、組織や用途によって異なるチャットツールですが、これをひとえに統合して開発できるとしたら? Bot Framework と Azure Bot Service なら、Node.js や .NET のSDKや、REST API を使って簡単にチャットを拡張することができます。 Microsoft Bot Framework Azure Bot Service 開催概要 項目 内容 日にち 3/10 (土) 時間 12:30 〜 開場, 13:00 〜開始予定 会場 日本マイクロソフト 中部支店 タイムスケジュール 時間 内容 スピーカー/担当 12:30 〜 13:00 開場・受付 ※ 21F でスタッフがご案内いたします 13:00 〜 13:05 概要・会場の説明など (5分) 榊原 13:05 ~ 13:45 Cognitive Services 概要説明 大森さん(日本マイクロソフト) 13:45 ~ 13:55 休憩 (10分) - 13:55 ~ 14:35 Bot Framework 概要説明 瀬尾さん(Microsoft MVP) 14:35 ~ 15:10 名古屋おやつタイム(△) & LT (14:45~) 参加者のみなさま 15:10 ~ 16:40 CognitiveServicesを使ったハンズオン 参加者の皆様/サポートスタッフ 16:40 ~ 16:20 休憩 (10分) - 16:20 ~ 16:45 ショートセッション 1 林 広宣 16:45 ~ 17:10 ショートセッション 2 久米 史也 (Microsoft MVP) 17:10 ~ 17:30 歓談、撤収 - △ 名古屋のおやつを食べながら英気を養い、続くハンズオンに備えましょう!(おやつは用意いたします) ※ セッション内容は都合により変更になる場合があります。 ※ セッション時間は場転込みです。 ハンズオンについて 今回は実際に作ってお試しいただけるハンズオンを予定しています。ハンズオンをより楽しむために、事前にご準備をお願いいたします。 せっかくの機会ですので、ぜひ皆さんでハンズオンを楽しんでいただきたいと思いますが、どうしても PC を用意できないなどの理由のある方には、スタッフや周囲の方がデモなどをお見せできる・・・かもしれません。(人数によります) 持ち物 インターネットに接続できるノートパソコン (Windows) Microsoft Azure Trial Account(以下の「事前準備」のURLから取得可能です)  事前に試用アカウントを作成し、Microsoft Azure Portalにアクセスしておくとスムーズです。 電源に限りがあるため、可能な場合電源タップなどをお持ちください(電源は床埋め込みタイプのためアダプタは直接接続できません。) 事前準備 Visual Studio 2017 をインストールしておきましょう。エディションは問いません。当日、会場でインストールしようとすると貴重なハンズオンの時間を消費してしまいます。 https://www.visualstudio.com/ja/vs/ Azure Trial Account をこのリンクから取得し、事前にMicrosoft Azure Portalへアクセス可能なことを確認しておきましょう。 「Azure の無料アカウントを今すぐ作成しましょう」 https://aka.ms/cogbot_feb21 会場に関する注意事項 入場について 会場21Fで入館手続きを行います。入館後の会場の出入りはスタッフの立ち合いが必要となるため、都度ご相談ください。 無線LANについて 会場に無線LANの用意があります。自前の無線アクセスポイントを立てることは、 スピーカーのデモなどに支障が生じますのでご遠慮ください。 電源について 会場には一部電源がございますが、延長ケーブルなどの用意はありません。常識の範囲内で、譲り合ってご利用くださいませ。 協力 会場提供 日本マイクロソフト株式会社 おやつスポンサー オモシロインク 懇親会について 当日勉強会終了後、ささやかながら懇親会を別会場にて開催する予定です。 当日参加ご希望の有無を確認させていただきます。 ※場所は勉強会会場近く、費用は¥4000前後を予定しています。

1/27 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回は株式会社スタメン様のご協力によって、最新版Railsを使ったハンズオンを開催いたします。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント内容 RailsでWikiアプリを作る Rails5.2.0.beta2(最新版)でActiveStorageを使ってアイコン画像をアップロード Ruby2.5を使う マークダウン対応 基礎的なことから最新の機能まで、幅広い内容となっています。 最新railsを使って見たい方、Wikiアプリを作ってみたい方、ぜひ参加してみてください! ※ 事前に開発環境を整えておいてください。 タイムテーブル 時間 内容 12:45〜 受付開始 13:00 イベント開始 13:10〜13:20 会社説明 13:30〜14:00 作るWebアプリの大枠の説明 14:00 〜17:00 ハンズオン 17:00〜17:50 懇親会 18:00 完全撤収 会場 会場:株式会社スタメン 名古屋本社 住所:愛知県名古屋市中村区井深町1-1 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はありませんので、譲り合ってご利用ください) OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼10/7,8に第2回目となる学生ハッカソンを開催しました OthloHack2017 Twitterモーメント 株式会社スタメンについて 株式会社スタメンは2016年8月に事業を開始した名古屋発のスタートアップです。 中心として取り組んでいる事業領域は「リアルとITの融合」です。自分たちにしかできない「期待を超える=感動」のエッセンスに徹底してこだわっていきます。 現在は創業事業である、エンゲージメント経営コンサルティング「TUNAG」の拡大に励んでいます! 「会社が好きな社員で溢れる会社は強い」「社員同士の繋がりが深い会社は強い」そのような昔からある価値観を実現するためのサービスがTUNAGです。 詳しいサービス内容についてはぜひこちらの動画をご覧ください! https://www.youtube.com/watch?v=TG0H57FXD_c

11/27 (月)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回はクックパッド株式会社様のご協力によりイベントを開催することになりました! 当日は、愛知県半田市生まれ、豊田高専→名古屋大学卒で現在はクックパットで執行役CTOをされている成田さんにご登壇いただきます。 東海圏の学生とお話できることをとても楽しみにされています。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント内容 エンジニアの働き方について クックパッドCTO成田さんのキャリアについて クックパッドのエンジニアと技術について についてクックパッド株式会社執行役CTOの成田さんに登壇していただきます。 そのあとは、クックパッドの社員さん(愛知県田原市出身の新卒採用担当)や参加学生同士で楽しく交流しましょう! ▼こんな学生さんに向いています▼ Web業界でエンジニアとして働くことに興味がある エンジニアのキャリアパスはどんなものがあるのか知りたい 愛知出身のエンジニアがどんな活躍をしているのか聞いてみたい クックパッドCTOと話をしてみたい クックパッドに興味がある 登壇者 執行役CTO 成田一生 酢と山車とごんぎつねの街半田市で生まれ育ち、豊田高専→名古屋大学→同大学院を経て2008年にヤフー株式会社に新卒入社し、Yahoo! メールのバックエンド開発を担当。その後、2010年にクックパッドへ入社。サーバサイドのパフォーマンス改善や画像配信を担当するインフラエンジニアとして経験を積み、現在はCTOとしてエンジニア全体の責任者を務める。東京にも寿がきやが来てほしい。 Twitter: @mirakui GitHub: @mirakui タイムテーブル 時間 内容 18:30 受付開始 18:45 発表 19:30 懇親会 20:30 完全撤収 会場 会場:LIB SPACE 住所:名古屋市中区栄3丁目7番22号 栄928ビル 4階A号 アクセス:地下鉄東山線・栄駅から徒歩4分 地下鉄名城線・矢場町駅から徒歩7分 地下鉄鶴舞線・伏見駅から徒歩14分 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はありませんので、譲り合ってご利用ください) 持ち物 特に必要ありません。 OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ クックパッド株式会社について 日本最大の料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」を運営している会社です。1998年3月にサービス開始し、現在投稿レシピ数は270万品以上、月間約6000万人にご利用いただいています。 クックパッド株式会社 会社概要

6/25 (日)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※学生限定のイベントです。社会人の方は申し訳ありません。 イベント内容 このイベントはあの人気オンラインプログラミング学習サービスProgateとのコラボ企画になっています! Progateは、無料で始められるプログラミング学習サービスです。初心者のハードルを徹底的に下げること、実践的な学習を提供することを目指しています。https://prog-8.com ProgateのRuby on Railsのコースをメンターに聞いたり参加者同士で助け合いながら、みんなで楽しく学びましょう!勉強後には懇親会もあります\(^o^)/ Ruby on Railsの有料コースが参加者限定で無料になっているので、これを機に一気にレベルアップしちゃいましょう! このイベントは複数回に渡って行います。 6/10(土) Progateもくもく会@Misoca 6/25(日) Progateもくもく会@Misoca Progateからメンター参戦! 未定.. . Ruby on Railsとは Rubyプログラミング言語で書かれたWebアプリケーションフレームワークです。 実際に、GitHubやHulu、クックパッド、グノシーなどで使われている実績があります。 タイムテーブル 時刻 内容 13:00 開場 13:15 Progateもくもく開始! 16:00 懇親会 17:00 クロージング また懇親会ではお菓子とソフトドリンクを用意します。ぜひ交流を深めてください! 会場 会場:株式会社Misoca セミナールーム 住所:名古屋市中村区名駅2丁目35番22号 メビウス名古屋ビル2階 アクセス:名古屋駅より徒歩5分 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり 持ち物 パソコン OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ 株式会社Progateとは 私達Progateのメンバーは、もともとエンジニアだったわけではありません。 大学時代に各々様々なきっかけでプログラミングに出会い、その可能性に魅せられ、互いに切磋琢磨しながら学んできました。 プログラミングの力が身に付いていくにつれて、「普段使っているあのサービスも、今の自分なら創ることができる」と感じられるようになりました。 すると自分のできることの選択肢、可能性が何倍にも広がり、人生が大きく変わりました。 私たちは、世の中の人全員がエンジニアになるべきだとは考えていません。 しかし、プログラミングを通じて、ユーザーの方々の人生の選択肢が一つでも増えればいいなと思い、その一助となるべく日々邁進しています。 Progate: https://prog-8.com 会社情報: https://prog-8.com/about Facebook : https://www.facebook.com/Progate-742679992421539/