capsmalt (@capsmalt)


参加する勉強会



過去の勉強会

2/27 (木)

Da4dd7b5108c798244ed7b45b120c0fb OpenShift Japan Community
今回は、Kubernetesに必須!?なDevOps (GitOps) をテーマにしますよっ!!
イベント概要 内容 名古屋近辺のコンテナやKubenetesが気になっている皆さま。ちょっと情報交換会的なもの、いかがですか? こちらは、同日東京恵比寿にて開催されている「OpenShift Meetup Tokyo#8 」を、名古屋開場にてリモート接続して参加する場です! 今回は,Kubernetesをうまく使いこなしていく上で必須になるDevOpsをテーマに取り上げます。 多数の選択肢が出揃ってきたツールや,GitOps活用アプローチなどを紹介頂きます。 また,1/24 GA の OpenShift 4.3 についても最新情報をお知らせします。 対象 エンタープライズKubernetesの「OpenShift」コミュニティイベントです。 OpenShiftを最近知ったという方からOpenShiftを本番環境でフル活用しているエンジニアまでどなたもご参加頂けます。 Kubernetesをうまく活用したい方向けに役立つ意見交換ができる場を目指していますので,OpenShiftに限らずご経験を積極的にシェアして頂ける,シェアしやすい環境になると良いなぁと考えています。 ※なお、その他よく勉強会などで見られる、基本的な行動規範には準じてください。 タイムテーブル (適宜編集します) 18:30 開場・19:00 開始 OpenShift Meetup Tokyo#8のイベントの説明をご参照ください 名古屋開場では、東京で開催されているMeetupをリモート接続し、 ライブ中継を一緒に視聴する予定です。 一方的なライブ配信だけでなく、インタラクティブにFAQなどできる準備を整える予定です。 時間 登壇者 内容 18:30-19:00 OpenShift JP 受付 19:00-19:15 OpenShift JP 会場案内 & Intro 19:15-19:55 @superbrothers Kubernetes で実践するクラウドネイティブ DevOps 19:55-20:25 TBD TBD 20:25-20:35 break ... 20:35-20:55 TBD OpenShift 4.3 GA !!! 最新情報 20:55-21:15 OpenShift JP Closing & お片付け 21:30 @全員 撤収 コンテンツ内容 (予定です) Kubernetes で実践するクラウドネイティブ DevOps (須田 一輝 (@superbrothers)) コンテナと Kubernetes の到来によりソフトウェアをデプロイおよび運用する方法は大きく変わりました。ソフトウェアはコンテナ化された分散システムとなり、Kubernetes(または類似の基盤)の上で自動化を通じて動的に管理されるものになっています。そうしたアプリケーションを開発し、本番(プロダクション)に高頻度でデプロイしながらも安定した運用を実現することが今求められています。 本セッションでは Kubernetes でのアプリケーションの開発、デプロイにおける継続的インテグレーションや継続的デプロイから、運用、監視におけるメトリクスやオブザーバビリティまで DevOps のプラクティスを実践する方法と具体的に利用できるツールを紹介します。 OpenShift 4.3 GA !!! 最新情報 (TBD) 1/24にOpenShift 4.3がGAしました。最新機能や,DevOps, GitOpsに役立つ機能群や使い方について紹介します。 場所 サテライト開場@名古屋: 大名古屋ビルヂング 25F リージャス内の会議室 名古屋市中村区名駅3丁目28-12 です。 https://goo.gl/maps/jimPft1tp43vyL6G8    備考 会場は禁煙です。喫煙は所定の喫煙場所でお願いします(当日会場にてご案内いたします)。 受付終了後に来場された方はツイッターでハッシュタグ #openshiftjp を付けてお知らせくだされば、お迎えに出ます。 なお、スタッフはツイッターを常時監視はしておりませんので、お待たせする場合がありますが、ご了承ください。 20時以降は入場できません。 参加費 無料 参加枠 一般枠:抽選となります。抽選発表は指定の日時をお待ち下さい。 ブログ/Twitter枠:ブログ記事を書いてレポート、もしくはTwitterで逐次感想をシェアして頂ける方募集しておりますっ!よろしくおねがいします…。(ハッシュタグは「#openshiftjp」) LT希望枠:LT希望向けの枠です ボランティア枠:会場の設営、運営を手伝ってくれる方(18時頃にお越しください) ※LT枠の方は、接続チェックのため、開始前(18時30分頃)に来て頂けると助かります。 スポンサー レッドハット株式会社

10/18 (金)

Fa7a7c9cb2dae84f7066abbfa10d9863 OpenShift Japan Community
OpenShift4 今回はみんなお楽しみService Mesh&Serverless特集!!
イベント概要 内容 同日東京恵比寿にて開催されている「OpenShift Meetup Tokyo#7 」を、名古屋開場にてリモート接続して参加する場です! 今回はOpenShiftの新機能であるIstioやKnativeを取り上げます。 OpenShift Service Meshを活用することによって、開発者重視のエンドツーエンドの体験を提供できるほか、Jaegerによるトレーシングと測定、Kialiによる可視化と可観測性などの機能が利用できます。 今回は、Knativeのコントリビューターも交えてスペシャリストの生のお声を聞きたいと思います! 日頃疑問だったことから、OpenShiftの最新情報まで、ざっくばらんに色々聞いてみてください。 対象 エンタープライズKubernetesの「OpenShift」コミュニティイベントです。 OpenShiftを最近知ったという方からOpenShiftを本番環境でフル活用しているエンジニアまでどなたもご参加頂けます。 ※よく勉強会などで見られる、基本的な行動規範には準じてください。   タイムテーブル (適宜編集します) 18:30 開場・19:00 開始 OpenShift Meetup Tokyo#7のイベントの説明をご参照ください 名古屋開場では、東京で開催されているMeetupをリモート接続し、 ライブ中継を一緒に視聴する予定です。 一方的なライブ配信だけでなく、インタラクティブにFAQなどできる準備を整える予定です。 コンテンツ内容 (予定です) ここまでデキるOpenShift Service Mesh!! GAされたOpenShift Service Meshについての概要を紹介します。 OpenShift Service Meshは、「Istio」「Kiali」「Jaeger」のプロジェクトをベースに構築されており、「Kubernetes Operators」で運用が強化されています。これらの仕組みについて、改めて紹介します。 場所 サテライト開場@名古屋: 今回はソフィアスペースというところでやりましょう! 愛知県名古屋市中区錦3-2-25 です。 https://maps.google.com/maps?q=35.1726177,136.9032138&zoom=16    備考 会場は禁煙です。喫煙は所定の喫煙場所でお願いします(当日会場にてご案内いたします)。 受付終了後に来場された方はツイッターでハッシュタグ #openshiftjp を付けてお知らせくだされば、お迎えに出ます。 なお、スタッフはツイッターを常時監視はしておりませんので、お待たせする場合がありますが、ご了承ください。 20時以降は入場できません。 参加費 無料 参加枠 一般枠:抽選となります。抽選発表は指定の日時をお待ち下さい。 ブログ/Twitter枠:ブログ記事を書いてレポート、もしくはTwitterで逐次感想をシェアして頂ける方募集しておりますっ!よろしくおねがいします…。(ハッシュタグは「#openshiftjp」) LT希望枠:LT希望向けの枠です ボランティア枠:会場の設営、運営を手伝ってくれる方(18時頃にお越しください) ※LT枠の方は、接続チェックのため、開始前(18時30分頃)に来て頂けると助かります。 スポンサー レッドハット株式会社

9/11 (水)

Fa7a7c9cb2dae84f7066abbfa10d9863 OpenShift Japan
OpenShift4 今回は注目のコンテナストレージ特集!!
イベント概要 内容 同日東京恵比寿にて開催されている「OpenShift Meetup Tokyo#6 」を、名古屋開場にてリモート接続して参加する場です!   OpenShiftをはじめ様々なコンテナプラットフォームが登場してからしばらく経ちますが、ストレージは一つの大きなチャレンジと考えられています。 理想的なインフラを実現するために、乗り越えるべきストレージの課題は少なくありません。例えば、昨今ではハイブリッドクラウドやマルチクラウドのアプローチが受け入れられつつありますが、これを実現するためには正確で鮮度の高いデータをクラウド間で迅速に共有したり移動したりする事が求められます。これは簡単な事ではありません。 今回は、クラウドネイティブなインフラを支えるストレージを考える会として、様々なストレージ技術の紹介や向き合う時の心構えなど、スペシャリストの生のお声を聞きたいと思います! 日頃疑問だったことから、OpenShiftの最新情報まで、ざっくばらんに色々聞いてみてください。 対象 エンタープライズKubernetesの「OpenShift」コミュニティイベントです。 OpenShiftを最近知ったという方からOpenShiftを本番環境でフル活用しているエンジニアまでどなたもご参加頂けます。 ※よく勉強会などで見られる、基本的な行動規範には準じてください。   タイムテーブル (適宜編集します) 18:30 開場・19:00 開始 OpenShift Meetup Tokyo#6のイベントの説明をご参照ください 名古屋開場では、東京で開催されているMeetupをリモート接続し、 ライブ中継を一緒に視聴する予定です。 一方的なライブ配信だけでなく、インタラクティブにFAQなどできる準備を整える予定です。 コンテンツ内容 (予定です) CSIとRook-Ceph, NooBaaに見るCloud-native Storageの可能性(仮) 今後OpenShiftでもGAされるCSI(Container Storage Interface)によって、OpenShift/Kubernetesのストレージはこれまでより少し変わります。Rook-Cephを取り上げてストレージのプロビジョンの様子を紹介します。 また、オブジェクトストレージをハイブリッドクラウド/マルチクラウド環境で利用する際に非常に有用な、NooBaaについても紹介します。 [内容] CSI(Container Storage Interface)とは何か Rook-Ceph CSI NooBaa Multi-Cloud Gatewayの紹介 場所 サテライト開場@名古屋: 日本IBMさんの会議室を貸していただけました! 住所: 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-1 JPタワー名古屋 28階    備考 会場は禁煙です。喫煙は所定の喫煙場所でお願いします(当日会場にてご案内いたします)。 受付終了後に来場された方はツイッターでハッシュタグ #openshiftjp を付けてお知らせくだされば、お迎えに出ます。 なお、スタッフはツイッターを常時監視はしておりませんので、お待たせする場合がありますが、ご了承ください。 20時以降は入場できません。 参加費 無料 参加枠 一般枠:抽選となります。抽選発表は指定の日時をお待ち下さい。 ブログ/Twitter枠:ブログ記事を書いてレポート、もしくはTwitterで逐次感想をシェアして頂ける方募集しておりますっ!よろしくおねがいします…。(ハッシュタグは「#openshiftjp」) LT希望枠:LT希望向けの枠です ボランティア枠:会場の設営、運営を手伝ってくれる方(18時頃にお越しください) ※LT枠の方は、接続チェックのため、開始前(18時30分頃)に来て頂けると助かります。 スポンサー レッドハット株式会社

9/25 (火)

技術者が今押さえておきたいWatsonやKubernetesなどを学べる半日!
概要 IBMのデベロッパーアドボケイトのメンバーが講師を務め、IBMテクノロジーへDeep DiveするHalf Day Workshopです! 札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡と全国5箇所で順番に開催します! 9月25日は名古屋、みなさんぜひご参加くださいね! 進行 時間 内容 13:00-13:30​ 受付 13:30-13:45​ オープニング日本アイ・ビー・エム株式会社 デジタルビジネスグループ デベロッパー・アドボカシー事業部長 大西彰 13:45-15:15 ハンズオンワークショップ(Watson Visual Recognitionのカスタムモデル使ったNode-RED画像認識アプリ作成 )日本アイ・ビー・エム株式会社 デジタルビジネスグループ デベロッパー・アドボカシー事業部デベロッパーアドボケイト 西戸京子 15:15-15:30 休憩 15:30-17:00 ハンズオンワークショップ(Kubernetesはじめの一歩。IBM Kubernetesを題材にコンテナの基礎からK8sクラスター操作を体験)※要事前準備 日本アイ・ビー・エム株式会社 クラウド事業本部 ハイブリッドクラウドソフトウェア 斎藤和史 17:00-18:0​0 ネットワーキング〜クロージング 18:00-18:15 撤収 *タイムテーブルは変更になる可能性があります。予めご了承下さい。 お願い 当日は入館手続きが必要となるため、お名刺を2枚ご用意ください。 ハンズオンを実施するので開発可能なPCを持参してください。 下記LinkのKubernetesハンズオン事前準備を必ず事前に実施お願いします。 事前準備 *IBM Cloudライトアカウントの作成についても上記Linkにあります。 ※クーポンコード適用のため、既にIBM Cloudライトアカウントをお持ちの方も、このワークショップ用に新規作成お願いします。 詳細はLinkを参照ください。 ハンズオンワークショップ(Watson Visual Recognitionのカスタムモデル使ったNode-RED画像認識アプリ作成)実施時に必要なもの 下記のご準備をお願いします: 認識させたいもの2種類以上 自分の顔、ボールペン、ケーブル等のその場で写真を撮って画像認識させられるものを推奨します。 カメラ付きのスマートフォン ECMAScript 5 準拠のブラウザ が実行に必要です(最近のスマホなら通常問題ありません) 古めのスマホの場合は http://caniuse.com/#feat=es5 でご確認ください (必要な場合)スマートフォンからPCへ写真をコピーするためのケーブル[ない場合はお貸しします] iPhone → MacはAirDropを使用してケーブル無しでコピーできます。 お使いのGoogleドライブなどオンラインストレージ経由でのコピーも可能です。 担当 IBM Digital Business Group Developer Advocate 西戸京子 [email protected]