わっか (@asuka4130)


参加する勉強会

9/20 (金)

10370 normal 1561445427 ff Startup NJC ミライビジネスカレッジ
未来創造のビジネス創造セミナー『ミライ・ビジネスカレッジ』! 隔週金曜日に、ドリンクを片手に道を究めた第一人者から経験、スキルをシェアしていただくビジネスイベントです。2019年は名古屋青年会議所との共催により、大手、中小、フリーを問わず、新しい事業領域、起業に挑戦する人を応援する支援プログラムです。 『未来予測フレームワーク』 Future prediction framework 第4回のテーマは「未来予測フレームワークと社会学」 本講座では、未来創造・代表 水野 敬亮を講師とし、未来予測の重要性と未来予測手法を学び、予測された世界の価値観(社会科学)をみなさんと一緒に紐解いていきます。  講演内容 Content "未来予測フレームワークと社会学"  国内では2010年あたりから、大企業の新規事業創造等が目立ち始め、大企業から中小企業まで「新規事業室」や「未来〇〇室」などの組織が次々に生まれ、2015年をピークに盛り上がってきました。しかしながら近年の〝イノベーション〟を中心においたテック動向や新技術発掘を重点に検討している会社が多く、イノベーションを「技術革新」と誤訳している状況が日本では散見されます。  このため、将来の環境変化に対し商品・サービスを検討しているのに、上司、上席より〝現在の価値観〟や〝過去の成功体験〟をベースにジャッジされてしまいがちです。  そんな正解がない中での新規事業/ビジネス興しを、少しでも自信を持って仲間と進めていくために、未来を予測し、新しく塗り替えられる〝価値観〟をベースにした社会学的を紐解く手法を、ワークショップ内で、未来の価値をみなさんと共に想像/創造し、共感出来ればと思います。 【概要】  ・未来予測のフレームワーク (立体的な未来予測)  ・商品・サービスが受け入れられるタイミングでの社会科学(市場レセプション)  ・未来の価値でビジネスクリエイトしてみよう (グループワークショップ)  講師 Speaker 講師のご紹介です(敬称略)  水野 圭亮 Ksk Mizuno  90年代のITビジネス創成期に北米に単身渡米し、ビジネスカレッジにて国際ビジネスやビジネスコンピューターサイエンスを修了。レジェンドベンチャーでの経験や、ギガベンチャー立ち上げを経験。自身も3度の起業を行う。日本へ帰国後は、自動車部品メーカーにて、情報通信/IT関連の事業企画としてクルマのデジタル化推進に従事。  現在は“個人のアイデア・情熱を実現するエコシステム”をつくるべく、 2016年より名古屋を拠点に東海圏最大のコミュニティになる「未来創造」を設立(2018年より一般社団化)。 未来創造が重力場として、界隈のイノベーターやビジネスクリエイターのネットワーキングハブとなり、オープンイノベーションに関わる取組みを多数実施。 最近の重点活動として、幅広い領域の知識とアンテナをベースにした未来予測を武器に、起業前や起業直後のベンチャーへのメンタリングを行っている。


過去の勉強会

9/6 (金)

10370 normal 1561445427 ff Startup NJC ミライビジネスカレッジ
未来創造のビジネス創造セミナー『ミライ・ビジネスカレッジ』! 隔週金曜日に、ドリンクを片手に道を究めた第一人者から経験、スキルをシェアしていただくビジネスイベントです。2019年は名古屋青年会議所との共催により、大手、中小、フリーを問わず、新しい事業領域、起業に挑戦する人を応援する支援プログラムです。 『デザイン思考』 Design Thinking 第3回のテーマは「デザイン思考」 本講座では、国内外の企業の新規事業・サービス創出、顧客志向での業務変革、イノベーティブな組織能力構築などを デザインにより支援してきた長尾政明氏、石井辰典氏を講師に招き、デザイン思考を実践するということ、人間中心に価値を紡ぎ出すことの意義をハンズオンで理解します。  講義内容 Content デザイン思考の現在地と、その先 「イノベーション創出のためのツール」「シリコンバレー企業が実践」「あのアップルもiPodの開発に使った」...などの謳い文句とともに、日本でもデザイン思考が知名度を高め、4-5年前から実践する人も増え活発化しています。経験値も高まり、できること・できないことも見えてきた今、手放しで評価していた以前と異なり、デザイン思考の有効性について疑問を呈する人も出て来ています。 XX思考や◯◯メソッドと言った 新しい手法に目と心を奪われる前に、あらためて デザイン思考について知り、体感し、考える 時間を共有できればと思います。  講師 Speaker 講師のご紹介です(敬称略)  株式会社クニエ ディレクター 長尾 政明 Masaaki Nagao 様々な業界のクライアントと共に、 デザインドリブンアプローチにより、ビジネスxデザインxテクノロジーの交点において、新しい顧客体験の創造とビジネスデザインを実践。また組織におけるデザインカルチャーの導入・変革においても 社内外での豊富な経験を有している。 外資コンサルティング会社でのビジネスコンサルティング、デザインコンサルティング、クリエイティブデザイン部門統括に加え、海外事業会社における中期経営計画、グローバルオペレーション変革、新規事業開発を経験。  Think Experience代表取締役 石井 辰典 Tatsunori Ishii イノベーション人材の育成を目的とした東京大学i.school修了。 ベンチャー企業、デロイト トーマツ コンサルティングにて、デザイン思考を活用したコンサルティングの開発と提供に従事。 大手IT企業、大手美容医院、大手商社等業界問わず新規事業開発・新商品開発のコンサルティングを提供。 コンサルティングを通して開発した商品により東証一部上場の大手IT企業において時価総額7倍増を実現。 その他にシステム×デザイン思考、AI×デザイン思考の会社の立ち上げを行う。 今年7月に独立し、デザイン経営の実現、デザイン思考を用いた事業開発・業務改革の自走の実現を目的としたコンサルティング及び人材育成の会社を立ち上げる。

8/23 (金)

10370 normal 1561445427 ff Startup NJC ミライビジネスカレッジ
未来創造のビジネス創造セミナー『ミライ・ビジネスカレッジ』! 隔週金曜日に、ドリンクを片手に道を究めた第一人者から経験、スキルをシェアしていただくビジネスイベントです。2019年は名古屋青年会議所との共催により、大手、中小、フリーを問わず、新しい事業領域、起業に挑戦する人を応援する支援プログラムです。 『破壊的イノベーション』 Disrupthive Innovation 第2回のテーマは「破壊的イノベーション」 本講座では、イントラプレナーとして、長年、新規事業の開発・推進に従事している浦野 隆好氏を講師に招き、破壊的アイデアに気がつくための要諦を、実際のケースをベースに紹介していただきます。  講演内容 Content 破壊的アイデアの見つけ方 ブラザー工業は、当時のカラオケとは全く異なる概念の通信カラオケ「ジョイサウンド」を開発、レッドオーシャンとも言えたカラオケ市場への新規参入を成功させます。業界では全く無名だった会社が、技術的に音質や背景画も劣っていた通信カラオケで、ディスク式カラオケを一気にディスラプトできたのは、どうしてなのでしょうか? 長年企業で新規事業推進に携わって来た経験から学んだ破壊的アイデアに気がつくための要諦を、実際のケースをベースに紹介します。  講師 Speaker 講師のご紹介です(敬称略)  浦野 隆好 Takayoshi Urano イントラプレナーとして、長年、新規事業の開発・推進に従事。ブラザー工業では、世界初となるPCソフト自動販売システム『TAKERU』のソフト開発リーダーを担当。その後、ディスラプターとなった通信カラオケ『ジョイサウンド』の企画およびアジアでの市場調査に携わる。1996年に渡米、シリコンバレーのITベンチャーにて映像圧縮装置のプロダクトマーケティングを担当。2002年の帰国後は、中部電力にて携帯メールを活用した新規事業を推進、学校メール連絡網サービス『きずなネット』を企業内ソーシャルビジネスとして事業化。現在は、新規事業の企画推進を担う。EMBA。

8/9 (金)

10370 normal 1561445427 ff Startup NJC ミライビジネスカレッジ
未来創造のビジネス創造セミナー『ミライ・ビジネスカレッジ』! 隔週金曜日に、ドリンクを片手に道を究めた第一人者から経験、スキルをシェアしていただくビジネスイベントです。2019年は名古屋青年会議所との共催により、大手、中小、フリーを問わず、新しい事業領域、起業に挑戦する人を応援する支援プログラムです。 『テクノロジカル・シンギュラリティ』 Technological Singularity 第一回のテーマは「テクノロジカル・シンギュラリティ」 本講座では、米国シンギュラリティ大学「エグゼクティブ・プログラム」の数少ない日本人卒業生の一人であり、大学や企業などで未来社会に関する講義・講演を数多く行っている牧野司氏を講師に招き、現在と異なる非連続な未来と、近未来の技術・社会について語って頂きます。  講演内容 Content 人工知能、スーパーコンピュータ、生命工学等のテクノロジーは想像をはるかに超えるスピードで進化を続けており、社会生活やビジネスを大きく変革しています。今後、更なるテクノロジーの進化によって、エネルギー、運送、衣食住等にかかるコストは限りなくゼロに近づき、事故や病気も限りなくゼロに近づくという予測すらあります。その時、私たちの生活やビジネスは どのように変わるのでしょうか? 現在と異なる非連続な未来と、近未来の技術・社会について語って頂きます。 本講演中は、リアルタイムで&匿名で講師に質問でき、講師からの質問に答えることのできるシステムを使いますので、スマホ・タブレット・PCをお持ちの方はご持参ください。  講師 Speaker 講師のご紹介です(敬称略)  牧野 司 Tsukasa Makino 1981年慶應義塾大学経済学部卒、2019年、東京海上日動火災保険(株)を定年退職。現在は、慶應義塾大学博士課程リーディングプログラム訪問教授、東京大学GCL非常勤講師、筑波大学大学院客員教授、Efmaシニアアドバイザー等を務める。 テクノロジカル・シンギュラリティをはじめとする幅広い最先端技術や、Fintech Insuretechに詳しく、国内外での講演・講義実績多数、また、学生や社会人を対象にキャリアビジョンワークショップも行なっている。

8/4 (日)

40280ada713e1ef147987945c33b0c08 よちよちAndroidサンデープログラミングの会
よちよちAndroidサンデープログラミングの会、名古屋支部の定例オフライン開発ミーティングです。 出席者は、このイベントで参加表明をしてください。 場所は、名古屋市市民活動推進センターのフリースペースです。 http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/index.php よちよちAndroidサンデープログラミングの会に加わりたい方は、ホームページ https://sites.google.com/view/yochiand をご覧ください。 会場は、電源、フリーWiFiがあります。

10/20 (土)

35de5bc29c028fc5bf1cc6e4ecac80ea SpaceApps Japan
NASA SpaceAppsChalleng Toyohashiの募集ページです。 Space Apps Challenge(スペースアップスチャレンジ)はNASA(米国航空宇宙局)などが公開している宇宙・地球環境・衛星関連のデータを使ったハッカソンです。2012年から毎年全世界の様々な都市で行われています。 7回目を迎える今年は全国6拠点で開催されます。本ページは豊橋会場の募集ページです。 参加相談会開催! 10月19日22時よりWEB上で参加検討中の方のためのアナウンスと参加者の顔合わせ会とを予定しています。 時間になりましたら右記へアクセスください。 https://zoom.us/j/524800564 今年のテーマは「Earth and Space!」 毎年NASAから課題が提示されます。 今年のチャレンジはこちら↓↓ https://2018.spaceappschallenge.org/challenges/ (日本語訳)↓↓ http://quiz.yokohama/spaceapps.html# 開発スケジュール(予定) 豊橋会場の開発スケジュールは以下を予定しています。当日までに随時アップデートしていきますので、connpassの更新情報または 参加者用のFacebookページをご確認ください。https://www.facebook.com/groups/266724700606424/ 2018年10月20日(土)Day1 9:00 受付開始 9:30 マイクロソフト千代田まどか氏より開発のヒントとして Microsoft Azure Cloud Computing Platform & Servicesについて講演を頂きます。 10:00-20:00 開発タイム ※昼食は近隣飲食店やコンビニをご利用ください。会場内は飲食可能です!  作るもの:宇宙データを利用したアプリ・ロボットなどとそのプロダクトを紹介するプレゼン資料 ※13:00ー16:00 宇宙データメンターとして名古屋大学 宇宙地球環境研究所 石坂丞二先生がご来場予定です。 20:00 会場クローズ Day1の会場での開発はここまで。各自帰宅または別の場所での開発を継続してください。 2018年10月21日(日)Day2 9:00 会場オープン 17:00 会場8F特設スペースにて観客と審査員を交え、成果発表会と豊橋ローカルでの表彰を予定しています。 表彰は各審査員よりトロフィーを授与、トロフィーを多く獲得したチームとキラリと光るチームの計2チームをNASAのグローバル審査へ推薦します。 19:00 懇親会(懇親会費実費にて開催予定) 20:00 解散 応募要項 宇宙やプログラミングなどに興味がある方ならどなたでも。当日はPCと筆記用具をご持参ください。 成果物についてはパブリックドメインを基本として公開することとなります。 本イベントでは参加者同士でチームを組んで、ソフトウェアを含めた”モノ”を作り、最終的に各チームでプレゼンを行っていただきます。 ハッカソンでは複数の参加者でチームを組んで、ソフトウェアも含めた”モノ”を作りながらその紹介をまとめ、2日目夕方から各チームでプレゼンを行って頂きます。 そのため参加者の方々にお互いのバックボーンを共有して頂きながらチームを作ってプロダクト開発へ進んでいく必要があります。 上記の項目にご自身の最適な属性がない方、こんなバックボーンがあるけど参加できるかな?とお悩みの方はお問合せください。 なお、お申込みがお済みになりましたら、下記FB非公開グループへご参加ください。 https://www.facebook.com/groups/266724700606424/ 申し込み時のご注意 土日丸々拘束となり、途中参加・退場はできませんのでご注意ください。(息抜き・買い出しなどでの外出は自由です) 参加は無料です。飲食は各自で調達頂きます。※会場持ち込み可 ノートPCは各自でご持参ください。 会場については電源・wifi環境は標準的なコワーキングスペースに準じた用意があります。 主催 株式会社サイエンス・クリエイト 主管 FlightPlanOriginal 後援 愛知県 豊橋市 協賛 オーエスジー株式会社 コードモンキー ( J21 Corporation ) 協力 Code For MIKAWA とよプロメンターの会 OMOIOキッズ作文教室 株式会社TASUKI 合同会社Rスクエア 不明点・お問い合わせは [email protected]まで