Ken Ito (@aquamind)


参加する勉強会

11/17 (日)

70b6bb5ab1865efe847f3becc3d1287e nagoya.go
イベント概要 2012年のスタートGo #0以来、7年ぶりにGoの勉強会を行うことになりました!! Goをやったこと無い方でも構いません!これからGoを初めてみたい方、学生のみなさん、ぜひ参加してください! タイムテーブル 時間 内容 12:30 - 13:00 開場 13:00 - 13:10 会場からのご案内 13:10 - 16:00 ハンズオン 16:00 - 16:20 セッション1 16:20 - 16:30 休憩 16:30 - 16:50 セッション2 16:50 - 17:00 クロージング 17:00 - 有志で懇親会へ 講師・スピーカー 上田 拓也 (@tenntenn) 豊橋技術科学大学出身。メルカリ/メルペイ所属。バックエンドエンジニアとして日々Goを書いている? Google Developer Expert (Go)。 Go Conference主催者。golang.tokyo、Goビギナーズ、GCPUG Tokyo運営。 大学時代にGoに出会い、それ以来のめり込む。 社内外で自ら勉強会を開催し、Goの普及に取り組んでいる。 マスコットのGopherの絵を描くのも好き。人類をGopherにしたいと考えている。 Twitter: https://twitter.com/tenntenn ブログ: https://tenntenn.dev/ 中村 弘武 (@po3rin) 愛知県出身のバックエンドエンジニア。現在は東京でGoやPythonを駆使して記事のレコメンド、分類APIの開発を行なっている。アウトプットが好きで、よくGo関連の記事執筆やカンファレンスなどでの登壇を行なっている。 Twitter: https://twitter.com/po3rin ブログ: https://qiita.com/po3rin 申し込み時アンケートについて 申し込み時に所属と氏名を入力して頂いていますが、集めた情報は入館管理のためだけに用います。 会場について 受付にて記名と引き換えに名札をお渡しします。50Fフロア内では身につけていただけますようお願いします。 飲食は自由です。 会場内に自販機があります。最寄りは15Fのコンビニがあります。 50Fフロアには喫煙スペースはありません。15Fの喫煙所をご利用ください 受付は 13:00で締め切ります WiFi環境あります 電源を使いたい場合は電源タップをご持参ください。


過去の勉強会

11/3 (日)

34dfa58d86a43a33fc3dcbb96f28eef1 yapcjapan
YAPC::Japanが名古屋に初登場! 2016年から北海道、大阪、福岡、沖縄、東京で開催してきたYAPC::JapanがTinyとなって名古屋に登場です! YAPCはYet Another Perl Conferenceの略で草の根的に始まったPerlのカンファレンスです。私達YAPC::Japanは一般社団法人JPAが主催する、Perlを軸としたITに関わる全ての人のためのカンファレンスです。 Perlだけにとどまらない多様な分野のトークセッションを通じ、情報交換や交流を行っていただくことで、JPAのミッションである「日本におけるPerlコミュニティを脈々と続くものとして」盛り上げていくことが目標です。 ☆ 懇親会についても開催を予定しております。詳細が決まり次第、順次お知らせいたします。 【運営】一般社団法人Japan Perl Association 公式サイト 懇親会申し込み https://yapcjapan.connpass.com/event/151828/ LT募集 LT募集を開始しました。LT募集フォームからご応募ください。 ゲストスピーカー 伊奈 林太郎 伊奈 林太郎(いな・りんたろう) 京都大学大学院情報学研究科修了。日本学術振興会特別研究員を経て、2013年株式会社はてな入社。2015年よりテックリードとして「はてなブックマーク」リニューアルプロジェクトを主導する。 YAPC::Nagoya::Tiny 2019のゲストに、株式会社はてな から伊奈 林太郎氏をお迎えいたします! はてなブックマークがScalaを使ってリニューアルされたのはみなさんご存知でしょうか? 開発言語の置き換えを始めたという話はよく聞きますが、置き換えた、という話はほとんど聞きません。 そんな中リニューアルプロジェクトを主導された伊奈 林太郎氏をお呼びしてお話していただきます。 タイトルは「10年でどう変わった? はてなブックマークでのPerlの使い方」です! スポンサー スポンサーメニュー スポンサーお申し込みフォーム スケジュール 20分もしくは40分枠のトーク 5分枠のLT を予定しています 時間 内容 発表者 10:30 開場 11:00-11:10 開会の挨拶 11:10-11:30 PerlウェブサービスにDocker, ECS, CDKを導入して開発に集中できる環境作りをしよう Windymelt 11:35-11:55 Rust に入門したくて!libperl を bindgen して Perl の ASTを舐め始めた話 hkoba 12:00-12:20 (my$name="Perl 6")~~s/Perl\s*6/Raku/; Dan Kogai 12:20-13:30 昼休憩 - 13:30-13:50 Makefile生活 azumakuniyuki 13:55-14:35 10年でどう変わった? はてなブックマークでのPerlの使い方 ゲスト: 伊奈 林太郎 14:35-14:45 休憩 - 14:45-15:05 他言語ユーザから見たPerlのおもしろさ うたがわきき 15:10-15:50 40分で学ぶPerl入門 木本裕紀 15:55-16:15 Perlにおける動的なモジュールロードのメリットとデメリットについて ybrliiu 16:15-16:25 休憩 - 16:25-16:45 似ているけどちょっと違うものたちをモデリングする技術 hitode909 16:50-17:30 2019年のらくらくPerl6入門 八雲アナグラ 17:35-17:55 LT - 18:00-18:10 クロージング トーク内容 PerlウェブサービスにDocker,ECS,CDKを導入して開発に集中できる環境作りをしよう / Windymelt はてなで開発しているマンガビューワ(GigaViewer)にDocker,ECS,CDKを導入していった手順を共有します。 お手元のPerlアプリケーションの環境構築に時間がかかったり,チーム内で環境を揃えるのに困っていませんか。 このトークを聴くことで,お手元のPerlアプリケーションの環境構築が職種を問わず簡潔に行えるようになり,AWSの各種サービスとの統合も簡単になります。 秘伝の開発サーバをコツコツと壊さないようにいじっていませんか。 このトークを聴くことで,検証環境を1コマンドでデプロイできるようになり、実行の記録もAWSのCloudwatch LogsやX-Rayといったグッズを使って眺められるようになります。 スキマ時間でも大丈夫! [このトークのゴール] * Perlで書かれたWebアプリケーションをDocker化し,チームの負荷を軽減できるようになる * WorkerManager/TheSchwartzといったジョブキューをECSで動かし,X-Rayで動作を追跡できるようになる * CDKを用いて多要素からなるインフラストラクチャををコード化し,実験環境を素早く作れるようになる [想定聴衆] * 開発環境が古びている人 * 手元の開発を楽にしたい人 * チーム開発の環境構築が大変な人 Rust に入門したくて!libperl を bindgen して Perl の ASTを舐め始めた話 / hkoba 皆さんは、日常の業務で使うプログラミング言語と、 技術者界隈の流行のギャップに悩むことって、ありませんか? 私も仕事では主に Perl のコードを書き保守していますが、 ニュースやツイッターに流れる『学ぶべきでない言語ランキング』的なものに心を痛める毎日です。 そんな私ですが、 Rust なら * 自前の GC を持たない分、既存の C言語ベースのライブラリ群と組合せやすいらしい、 * 特に bindgen というツール兼ライブラリを使えば、C言語で書かれた関数を叩くための Rust の型宣言のコード(FFI bindings)を自動で作ってくれるらしい と知りました。 それなら、Perl の実行時エンジンである libperl を bindgen してみたらどうなるかしら? Rust を勉強する入り口にもなるし… そうして今夏に書き始めたライブラリが libperl-rs です。まだ Proof-of-Concept レベルですが、現段階で Perl 5.22〜5.30 (thread 有り/なし) の binding を 生成できています。 このトークでは、Rust 未経験者だった私が Rust に入門する時に辿ったプロセスを 一つの具体例として紹介します。それを通して、これから Rust に入門しようか 迷っている方の背中を押すことが出来ればと考えています。 想定する視聴層は - Rust は興味が有るけれど、使い始める理由・切っ掛けを探している 方々です。 C 言語で書かれたライブラリーや動的言語の内部実装に多少の知識が有る方が、楽しいかもしれません。 あと Perl の内部実装の話が好きな人にもウケるかもしれません。 逆に - Rust の歴史やより良い使い方について、最新の正確な話が知りたい方 には不向きな話になるでしょう。 (my$name="Perl 6")~~s/Perl\s*6/Raku/; / Dan Kogai というわけで Perl 6 は Perl ではなくなり、Perl 5がただのPerlとなることとあいなりましたが[^0]、そうなるとどうなるかをトーク時間いっぱい考察します。 * @TimToady「今、楽にしてやる」 * YAPCからYARCがフォーク? * ラクダは楽だがRakuは落下? * Python 3 の災難 * 他 [^0]: https://github.com/perl6/problem-solving/pull/89 Makefile生活 / azumakuniyuki 信頼と実績、歴史と伝統に裏打ちされたMakefileは現代でも、そしてコンパイル以外でも充分に活躍できる枯れた技術です。長いコマンドをたくさんの引数とともに書いておく、複数のコマンドをまとめてmakeコマンド一発で実行できるようにする、などのタスクランナーとしての用途やタスクの自動化、特にディレクトリの位置に依存した処理の効率化においては一日の長があります。 本演目では$HOMEやリポジトリ、サーバの特定ディレクトリで使うMakefileで便利な用例を、演者が実際に使っているMakefileをとりあげて紹介します。 他言語ユーザから見たPerlのおもしろさ / うたがわきき 私はふだんPythonを書いているのですが、このたび業務でPerlを書くこととなりました。このトークでは、業務でPerlを書くにあたって気になったこと、おもしろかったことについて、主にPythonとの比較を交えつつお話しします。 例として以下のようなトピックを取り上げる予定です: - Perlのデータ構造とリファレンス - サブルーチンとbless - DESTROYメソッド - CPANというエコシステム 40分で学ぶPerl入門 / 木本裕紀 Perlを知らない人向けと、Perlを学び始めて少したった人向けの Perlの入門的な内容をトークします。 Perlを知らない方向けに 正規表現 フィルタプログラミング ワンライナー Linuxコマンドとの組み合わせ Perlを学び始めて少したった人向けに パッケージ オブジェクト指向 CPANリリース方法 を40分を前半・後半に分けて、20分づつ、お話します。 Perlにおける動的なモジュールロードのメリットとデメリットについて / ybrliiu Perlでは他の言語と比べ、言語の柔軟性や文化的により動的にモジュールロードされることが多いと思います。 動的なモジュールロードは拡張性や実装の手間と言った面で多大な恩恵をもたらしますが、それと引き換えに様々なデメリットももたらします。 このトークでは、そういったPerlにおける動的なモジュールロードのメリットとデメリットについて発表します。 また、どういうときに動的なモジュールロードを行うといいか、動的なモジュールロードを行わず実装するにはどうすればいいのかについても触れます。 似ているけどちょっと違うものたちをモデリングする技術 / hitode909 はてなマンガチームで開発しているGigaViewerは、マルチテナント型アーキテクチャを採用しており、複数の漫画サイトのコードベースを共通化して、集約して開発しつつも、柔軟なカスタマイズを可能にしているプロダクトです。 本発表では、GigaViewerで配信しているサイト同士の微妙な差異=似ているけどちょっと違うものたち、をどのようにモデリングしてきたか、について語ります。 * アジェンダ - 似ているけどちょっと違うものたちの紹介 -- 無料のマンガ配信だけのサイトから、ユーザー登録、課金のあるサイトまで -- 現状の構成や、検討したけど採用しなかった設計の紹介 - 似ているけどちょっと違うものたちに立ち向かうための設計 -- サイトごとの差異を前提としたネームスペース -- 重要なオブジェクトをみつけて知識を集約する - サイトごとの機能リストを宣言し、ありとあらゆることに使う -- 画面の出し分けに利用する -- メソッド呼び出し時の権限チェックに利用する -- ルーティングにも利用する -- フィーチャートグルとの関係性 - 似ているけどちょっと違うものがある前提の暮らし -- パターン集をドキュメント化する -- ループを避け、ルールベースで共通化する -- 値置き場を定義ファイルに追い出す - 困っていることを紹介して会場の識者の皆様にアドバイスを頂くコーナー -- 困りごとベスト3を共有する * この発表のゴール - 似ているけどちょっと違うものたちに対面したときにうろたえなくなる - 似ているけどちょっと違うものに立ち向かうためのリファクタリングができるようになる 2019年のらくらくPerl6入門 / 八雲アナグラ このトークではPerl6の歴史を含めた基礎から現在の最新情報、そして実際にプログラムを書いて見るにはどうしたらいいのかについてお話します。 Perl6を勉強するにはどうしたら良いのか、実際にプログラムを書くには何が良いのか、そしてPerl6自体はどのように作られているのか、海外では? などなど、Perl6の様々な話題を勢いで話していこうと思いますので、あなたとPerl6今すぐダウンロード! ## アジェンダ(仮) - Perl6とは - 書籍情報 - Perl6の歴史 - Perl6の実行方法 - Perl6とOOP - モジュールとPerl6 - WebAppをPerl6で - Perl6の海外の動向 - Perl6そのものの構成 注意事項 受付にてconnpassの受付票をご提示ください 行動規範(CoC)を遵守してください

10/30 (水)

282ec986e31ae4c87014610afa7b8d92 Nagoya.php
Nagoya.phpとは 名古屋で隔月を目処に開催しているPHPの勉強会です。PHPに興味のある方なら、初心者からベテランまでどなたでも大歓迎! よくあるLT中心の勉強会ではなく、「実際に手を動かしてプログラミング問題を解いてみる」という取り組み(通称「どう書く」)を中心にした内容になっています。 食事について 食事や飲み物のご用意はございませんので、各自軽食や飲み物(アルコールOK)をご持参ください。会場は飲食可能ですので、勉強会の最中に自由にご飲食いただければと思います。 過去の様子 https://tech.quartetcom.co.jp/2018/12/28/nagoyaphp13/ https://tech.quartetcom.co.jp/2019/02/22/nagoyaphp14/ https://tech.quartetcom.co.jp/2019/05/07/nagoyaphp15/ https://tech.quartetcom.co.jp/2019/07/12/nagoyaphp16/ https://tech.quartetcom.co.jp/2019/09/03/nagoyaphp17/ キャンセル時のお願い キャンセルされる場合は必ずconnpass上でキャンセル処理をしていただくようお願いいたします。 イベント内容 前半:プログラミング問題を解いてみよう(通称「どう書く」) ちょっとしたプログラミング問題を用意して、実際にコードを書いて解いてみるというものです。 最低限、PHPコードを書いてコマンドラインで実行できる環境をご用意の上でご参加ください。 参加者のレベルのばらつきを考慮して、初心者向けの問題とベテラン向けの問題をご用意します。 初心者の方にはある程度スタッフがアドバイスなどもしますので、ぜひ気軽にご参加ください。 問題の内容 問題: TBA 問題の雛形: TBA 初心者向け課題: https://gist.github.com/ttskch/10273e23dd6d28e934b4e8bc145804ad 後半:プログラミング問題の答え合わせ・交流タイム 飲食しつつ、前半で実装したコードを有志で発表(自慢)したり、自由に交流したりする時間です。 希望があればLTの時間も設けます(1人5〜10分程度)。LT希望の方は参加申込時のアンケート質問にご回答ください。 LT 発表者 内容 @kenji_s PHPカンファレンスの件(仮) タイムスケジュール 時刻 内容 18:30〜 開場・受付開始 19:00〜19:05 オープニング 19:05〜19:10 自己紹介(一人15秒ぐらいでサクサクっと) 19:10〜19:20 プログラミング問題説明 19:20〜20:00 プログラミング問題を解く 20:00〜20:55 プログラミング問題の答え合わせ、LT、sli.do を使った質問コーナー 20:55〜21:00 クロージング、解散 過去の開催履歴 # イベントページ プログラミング問題 Togetter #1 - - Togetter #2 - - Togetter #3 こちら - Togetter #4 こちら フォークじゃない Togetter #5 こちら - Togetter #6 こちら レッスンは何曜日? Togetter #7 こちら 分岐と行き止まり Togetter #8 こちら - Togetter #9 こちら 配列をツリー構造に変換 Togetter #10 こちら のんびり座りたい Togetter #11 こちら 続柄 - #12 こちら バス代 Togetter #13 こちら 縦横ローテーション Togetter #14 こちら 回文数の数 Togetter #15 こちら 正八角形の分割 Togetter #16 こちら マス目を歩く Togetter #17 こちら 非三連数 Togetter

6/26 (水)

9dfcf1325be05c9990b2da8b4c0766e8 ワンダープラネット / WonderPlanet
SIer、web系出身者がゲーム開発のサーバーで活躍できる理由を教えます
なぜ開催するのか 他業界のエンジニアからよく聞こえてくる、 「ゲームのサーバーエンジニアって何をしてるか分からない・・。」という疑問を解消するために、 ゲーム開発のリアルが分かるMeetupを開催します!! ゲーム開発のサーバーエンジニアって、特殊な技術やスキルが必要と思っていませんか? 実はWeb系、SIer出身のエンジニアが多く活躍しているんです! 本Meetupでは、実際にゲーム開発のサーバーエンジニアとして活躍するワンダープラネット社員から、 リアルな業務内容や活かせるスキル・経験、「こんな人が向いています」という話まで、赤裸々にお話させていただきます。 ▼ゲームのサーバーエンジニアに向いているのはこんな人 □流行りの技術に触れながら新しいことにチャレンジしたい □大規模なトラフィックを捌きたい □サーバーの負荷状況をダッシュボード化して見ることが好き □プログラマー仲間で最新技術について語ることが楽しい 少しでもご興味ある方は、ぜひMeetupにお越しください! 交流会もあるので、エンジニアと技術の話で盛り上がりたいという方もぜひご参加ください! こんなことやります ワンダープラネットのエンジニアがトークセッションやLTを交えて、 ゲーム開発のサーバーエンジニアの仕事についてお伝えします。 ★タイムテーブル 18:45〜19:00 受付(18:45開場) 19:00〜19:10 Meetupスタート/ご挨拶 19:10〜19:20 LT①:ワンプラのサーバーエンジニアのリアルな話(仮) 19:20〜19:30 LT②:サーバもアプリもやる二刀流エンジニアの話         19:30〜19:40 LT③:ゲームの支援ツールの話 19:40〜20:00 エンジニアトークセッション(非ゲームからの転職者の話、インフラの話など、ワンプラのカルチャーについ てなど、様々なテーマでお話しします。) 20:00〜21:00 交流会(軽食&ドリンクご用意しています) ※タイムテーブルは随時更新します。 ★場所 ワンダープラネット株式会社/名古屋市中区錦3-23-31 栄町ビル11F ★持ち物 なし ★服装 自由

6/19 (水)

282ec986e31ae4c87014610afa7b8d92 Nagoya.php
Nagoya.phpとは 名古屋で隔月を目処に開催しているPHPの勉強会です。PHPに興味のある方なら、初心者からベテランまでどなたでも大歓迎! よくあるLT中心の勉強会ではなく、「実際に手を動かしてプログラミング問題を解いてみる」という取り組み(通称「どう書く」)を中心にした内容になっています。 過去の様子 https://tech.quartetcom.co.jp/2018/12/28/nagoyaphp13/ https://tech.quartetcom.co.jp/2019/02/22/nagoyaphp14/ https://tech.quartetcom.co.jp/2019/05/07/nagoyaphp15/ キャンセル時のお願い キャンセルされる場合は必ずconnpass上でキャンセル処理をしていただくようお願いいたします。 イベント内容 前半:プログラミング問題を解いてみよう(通称「どう書く」) ちょっとしたプログラミング問題を用意して、実際にコードを書いて解いてみるというものです。 最低限、PHPコードを書いてコマンドラインで実行できる環境をご用意の上でご参加ください。 参加者のレベルのばらつきを考慮して、初心者向けの問題とベテラン向けの問題をご用意します。 初心者の方にはある程度スタッフがアドバイスなどもしますので、ぜひ気軽にご参加ください。 当日に追記 今回の問題はこちらになります。 http://nabetani.sakura.ne.jp/hena/ordf07walk/ こちらに雛形を公開していますので、必要に応じてご活用ください。 https://github.com/ttskch/nagoyaphp16 後半:プログラミング問題の答え合わせをしつつ懇親会 飲食しつつ、前半で実装したコードを有志で発表(自慢)したり、自由に交流したりする時間です。 希望があればLTの時間も設けます。LT希望の方は参加申込時のアンケート質問にご回答ください。 懇親会LT 発表者 内容 @77web なぜカルテット開発部は設計にこだわるのか?〜個人開発・小規模プロジェクトほど設計にこだわるべき3つの理由〜 募集中! タイムスケジュール 時刻 内容 18:30〜 開場・受付開始 19:00〜19:05 オープニング、乾杯 19:05〜19:10 自己紹介(一人15秒ぐらいでサクサクっと) 19:10〜19:20 プログラミング問題説明 19:20〜20:00 問題を解いたり、相手がいれば雑談したり、自由時間 20:00〜20:55 食事をしつつ、プログラミング問題の答え合わせをしたりして交流(希望者がいればLTもあり) 20:55〜21:00 クロージング、解散 過去の開催履歴 # イベントページ プログラミング問題 Togetter #1 - - Togetter #2 - - Togetter #3 こちら - Togetter #4 こちら フォークじゃない Togetter #5 こちら - Togetter #6 こちら レッスンは何曜日? Togetter #7 こちら 分岐と行き止まり Togetter #8 こちら - Togetter #9 こちら 配列をツリー構造に変換 Togetter #10 こちら のんびり座りたい Togetter #11 こちら 続柄 - #12 こちら バス代 Togetter #13 こちら 縦横ローテーション Togetter #14 こちら 回文数の数 Togetter #15 こちら 正八角形の分割 Togetter

6/3 (土)

6e2a6c0cefb0c006b84418425f24e487 名古屋アジャイル勉強会
日本最大のアジャイルイベントAgile Japan 2017の名古屋サテライトを開催します。
イベント概要 年一度開催される、日本最大のアジャイルイベント Agile Japan。 その名古屋サテライトを今年も開催します。 Agile Japan 2017 公式ページ ビジネスとITをめぐる環境はどんどん変化しています。スピード、顧客価値、変化への適応。これらの課題に応える方法のひとつが、アジャイルであることは間違いないでしょう。アジャイルはこの15年で確実に成果を上げています。 アジャイルに唯一の正解はありません。難しい取り組みではありますが、同じ悩みを持ち、取り組みを続けている人たちとの会話が、ヒントと勇気を与えてくれるでしょう。Agile Japanはその場を提供し続けています。サテライト<名古屋>も同じ思いのもと、学びと対話の場を用意します。 サテライト<名古屋>のテーマは「(秦|晋|清) 〜先人に学び、未来へ繋ぐ〜」です。先人の知恵を学び、今日のアジャイルを知り、未来に向かう取り組みの一助となることを願ってプログラムを用意します。ぜひご参加ください。 5/24追記 ゲストセッション内容が決定しました。 著書「これだけKPT」や訳書「リーン開発の本質」を持つ、アジャイルコンサルタントの天野勝さんに講演いただけることになりました! タイトル アジャイル開発の事例と動向 ~アジャイルコーチの視点から~ 概要 アジャイルコーチとして呼んでいただくとき、アジャイル開発の導入を支援するのではなく、すでにアジャイル開発を行なっている現場の問題を解決を支援することを求められる事が増えています。 当然ながら、現場の問題は様々です。その問題がどのようにして起こり、どのように解決したのかを事例として紹介します。またそれぞれの現場の特徴を重ね合わせることで見えてきた、アジャイル開発の動向もお話しします。 質疑応答の時間も設けます。ぜひご参加ください。 開催日時 2017年06月03日(土) 14:00-20:00 (13:30より受付開始予定。終了時刻は前後する可能性があります。) プログラム 時間 プログラム タイトル 発表者 14:00~ オープニング 名古屋アジャイル勉強会 14:10~ 基調講演(録画聴講) モダンアジャイル Joshua Kerievsky 氏 16:00~ ゲスト講演 アジャイル開発の事例と動向~アジャイルコーチの視点から~ 天野勝 氏 17:30~ サテライト企画 (秦|晋|清)・アジャイル〜先人に学び、未来へ繋ぐ〜 名古屋アジャイル勉強会 You&I 19:30~ クロージング 名古屋アジャイル勉強会 会場 イーブルなごや(旧:名古屋市女性会館) 1階 第1集会室 (名古屋市営地下鉄 名城線 東別院駅 1番出口から直進 徒歩約3分) https://sites.google.com/site/nagoyaagile/Home/katsudou/guide_map/womens_association_hall 参加条件 特にありません。どなたでもご参加頂けます。 参加費 500円 (会場費、用具代、お菓子代に充当します) 持ち物 特にありません。 懇親会 イベント終了後、懇親会を開催します。気分を変えて楽しく語り合いましょう。 場所は東別院駅周辺の居酒屋、参加費は現地徴収で3,000円程度を予定しています。 主催 名古屋アジャイル勉強会 https://sites.google.com/site/nagoyaagile/ イベントについてのお問い合わせ・ご質問は、connpassの問い合わせでご連絡ください。 アジャイルとは俊敏でチーム中心のソフトウェア開発手法でありマネジメント手法です。 名古屋アジャイル勉強会は、アジャイルの考え方や方法を体験的に学び、職場で活かすことを応援する、どなたでも参加できるグループです。 月に一度の勉強会が主な活動です。皆様のご参加をお待ちしています。 過去の勉強会の様子は、connpassの過去イベント募集ページからご覧いただけます。

5/22 (月)

51e11416a6ca65bb0f5b1201bc2cd109 なごやかJava
昨年に日本各地を縦断したNightHacking Tourが、今年はORACLE CODE JAPAN TOURとして帰ってきます!! 日本オラクルの伊藤敬さまのおかげで、素敵なイベントを名古屋でも開催できる運びとなりました。 昨年同様、Stephenさん、Sebastianさんのセッションは通訳はありませんが、楽しみながらご参加いただける内容です。 お気兼ねなく、お気軽にご参加ください! 開催:5月22日(月)19:00-21:00 会場:日本オラクル株式会社中日本支社 セミナールーム 愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークビジネスセンタービル 10F 料金:無料 アジェンダ&セッション概要 1. Feed Back from Java Day Tokyo 2017 Speaker: Takashi Ito, Oracle Japan | Twitter <30min> 5月17日(水)に今回で5回目の開催となる、「Java Day Tokyo 2017」が東京品川で開催されます。 本セッションでは今年のJava Day Tokyoで大きくフィーチャーされるJava SE 9 / Java EE 8について いくつかのポイントをまとめて最新動向をご紹介させていただきます。 2. Raspberry Pi with Java 9 Speaker: Stephen Chin | Blog | Twitter <45min> 本セッションでは、あなたがあなたのJavaプログラミングスキルを使って低コストで入手できるRaspberry Piで趣味のプロジェクトを立ち上げる支援をしたいと考えています。 我々は実際の プロジェクトとソースコードをサンプルとして、デモンストレーションを通じてコンセプトを 解説していきます。 以下をセッションでカバーします。 Unboxing your Raspberry Pi and setting up Java Using Pi4J to program common I2C devices Creating visual and touch UIs Controlling 3D printers and CNC routers Using Java 9 modules to shrink your app size Connecting to the Internet of Things (IoT) 本セッションに参加いただくことで受講者自身のエンベデッド型プロジェクトを個人もしくは仕事として始めることが可能になります。 そして、IoTクラウドの世界につながるJavaプログラミング・スキルの向上も期待できます。 是非、一緒にJava 9のエンベデッド・テクノロジーの世界を構築しましょう! 3. Cloud Native Java EE Speaker: Sebastian Daschner | Blog | Twitter <45min> なぜデベロッパーはクラウドネイティブやスケーラビリティ、リアクティブうんぬんなどのバズワードに注意を払わなければならないのでしょう? なぜ2017年という年に、これらのコンセプトをまとめて我々のアプリケーションに導入することが良いアイデアであり、またどのテクノロジーが我々にとって重要なのでしょうか? 本セッションはJava EEを用いてクラウド・レディでアダプティブ、かつスケーラブルなアプリケーションを構築する方法について解説します。これらの機能拡張はJava EEがコンテナ・テクノロジーやオーケストレーションに非常に適応性を持っていること基づいています。 セッションの多くの時間をライブ・コーディングとクラウド上のアプリケーションのデモンストレーションに費やす予定です。 関連リンク 昨年開催したNightHacking Tour in Nagoya Java Day Tokyo 2017 Oracle Code 2017

4/28 (金)

C110c3d65ee13b7e44c1c76cbdf746c6 UX DAYS TOKYO
UXDT @名古屋
コンテキストを利用したWebサービス&サイト構築の視点を実習を通して学ぶ! UX DAYS TOKYO 【UX基礎ワークショップ】参加費:無料 20名枠から25名枠に増員しました!ぜひ、お誘い合わせの上ご参加ください。 年に一度世界のUXのカンファレンスを行っている 「UX DAYS TOKYO」が提供する、UXの基礎が学べるワークショップを開催します。 コンテキストについて理解を深めよう! コンテキストとはプロダクトとユーザーの接点やユーザーの置かれた状況などを指します。 Webサービス、Webデザインにおいてコンテキストは重要です。 コンテキストは「モバイルユーザーってこういったコンテキストだよね」といった一括りにする考え方ではなく、主にデバイス、環境、時間、行動、個性、場所、ソーシャルなどの切り口を考慮し、デザインに取り入れます。 より詳しい情報は以下記事をご覧ください。 連載「コンテキストを理解する」 第1回: コンテキストの落とし穴 第2回: デバイスの多様化によって必要となる視点 第3回: 環境からデザインを逆算する 第4回: 時間軸の中で必要とされるものとは? 第5回: 受動的か能動的かを意識して体験を考える 第6回: 個別最適に、パーソナルスペースを考慮しているか? 第7回: 場所情報を用いるリスク 第8回: ユーザーの周りにも人がいることを意識する 最終回: コンテキスト・デザインの5原則 「コンテキストの理解と実践」ワークショップ 今回のワークショップでは座学とグループワークを通してコンテキストの理解を深め、そして実践に結びつく気付きが得られることをゴールとします。 グループワークでは「お題」に沿って、コンテキストを踏まえた改善シナリオを設計します。 より理解を深めたい方は、上部のリンク記事を読んできて参加されることをお薦めいたします。 講師 大本あかね / UX DAYS TOKYO タイムテーブル 18:30〜:開場 19:00〜:自己紹介 19:15〜:座学 20:00〜:グループワーク 21:00〜:発表&フィードバック 21:15〜:解散 参加枠について 一般枠:どなたでも申し込んでいただける枠です。 注意事項 ワークショップですので時間は厳守でお願いします! 欠席になりそうな場合は、前日までにキャンセル処理のご協力をお願いします。 当日はconnpassの受付表(6桁の数字が掲載されている画面)とお名刺の提示が必要です。 UX DAYS TOKYO 【UX基礎ワークショップ】開催の目的 UXをより追求するためのコミュニティでのワークショップです。 海外のUX情報をより確実に理解するためのワークショップです。 ワークショップでの実習を通してディスカッションしてより実務で使えるノウハウを身につけていきましょう。 どんな人向け? よいプロダクトを作りたい、よいサービスを作りたい!そういった前向きのマインドを持った方向けの勉強会です。 デザイナーである必要は無く、UXをより勉強したい、世の中をUXで良くしていきたいという志を持っている方であればどなたでもご参加いただけます。 特に以下の様な方はぜひご参加ください。 UXがいまひとつ現場で役立たせていない方。 UXの基礎を勉強したい方。 UXをこれから学びたい方。 UX DAYS TOKYOに参加したい方。

3/24 (金)

6e2a6c0cefb0c006b84418425f24e487 名古屋アジャイル勉強会
アジャイル開発手法について体系的に学ぶ勉強会です。
イベント概要 アジャイル開発フレームワークの一つである「SCRUM」では、 デイリースクラム、バーンダウンチャート、スプリントレビュー、 といった、進捗状況や作業成果を伝える・見せるプラクティスがあります。 更に、アジャイル開発においては「チーム」にビジョンや目的を 伝える・見せる事も重要であるとされています。 年度末・年度初めの成果報告や自己紹介の多くなるこの時期に向けて、 今回の勉強会では、伝える・見せる技術について学びたいと思います。 当日は、事前準備や前提知識なしでお気軽にご参加頂ける プログラムをご用意致します。ふるってご参加ください。 当日の進め方について 1時間半程度の内容となりますので、イベント中に休憩時間は設けておりません。 開催日時 2017年3月24日(金) 19:00-21:00 (18:30より受付開始予定) 会場 イーブルなごや(旧:名古屋市女性会館) 1階 第1集会室 (名古屋市営地下鉄 名城線 東別院駅 1番出口から直進 徒歩約3分) " rel="nofollow">https://sites.google.com/site/nagoyaagile/Home/katsudou/guide_map/womens_association_hall 会場への行き方は上記リンクをご参照ください。 参加条件 特にありません。どなたでもご参加頂けます。 持ち物 特にありません。 参加費 200円 (会場費、用具代、お菓子代に充当します) ☆「初参加割」キャンペーン!☆ 名古屋アジャイル勉強会に初参加の方は、参加費を100円とします。 懇親会 イベント終了後、懇親会を開催します。気分を変えて楽しく語り合いましょう。 場所は東別院駅周辺の居酒屋となります。 参加費は現地徴収で3,000円程度を予定しております。 主催 名古屋アジャイル勉強会 イベントについてのお問い合わせ・ご質問は、connpassの問い合わせでご連絡ください。 名古屋アジャイル勉強会ポータルサイト " rel="nofollow">https://sites.google.com/site/nagoyaagile/ アジャイルとは俊敏でチーム中心のソフトウェア開発手法でありマネジメント手法です。 名古屋アジャイル勉強会は、アジャイルの考え方や方法を体験的に学び、 職場で活かすことを応援する、どなたでも参加できるグループです。 月に一度の勉強会が主な活動です。皆様のご参加をお待ちしています。 過去の勉強会の様子は、Facebookやブログでご覧いただけます。

2/11 (土)

Doorkeeper group normal rubytokai
名古屋Ruby会議03 公式サイト 参加するには、チケットを購入する必要があります。 本編の登壇者の方は、チケットは必要ありません。但し、お弁当は有料になります。注文の方は別途、承ります。 チケットの払い戻しは受け付けていません。他人への譲渡などは、ご自身の責任で行って下さい。 お弁当代込みのチケットの締め切りは2月3日になります。ご注意下さい。