akira6592 (@akira6592)


参加する勉強会



過去の勉強会

2/15 (金)

4eecd3d403ac1ece07404530392a4eb8 Ansible ユーザー会
概要 Ansible イベント後恒のAnsible飯を開催します。 Ansible Nightの後に有志で呑みながら親睦を深める会です。 Ansible以外の話ももちろんOKです。 Ansible Night in Nagoya 2019.02 は下記からお申し込みください。 https://ansible-users.connpass.com/event/116946/ 勧誘などは基本的には厳禁とさせていただきます。 場所 10名で予約しています。 魚河岸本舗 ぴち天 本店 https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23030305/ 費用 費用は残念がら、割り勘です。 募集人数 申し込み人数と予約できたお店のキャパに応じて募集人数を変更する予定です。 人数確定のため講演者、スタッフも申し込みをお願いします。

4eecd3d403ac1ece07404530392a4eb8 Ansible ユーザー会
〜AnsibleとAWXについて学ぼう・ユーザーとつながろう〜
Ansible Night in Nagoya 2019.02 〜AnsibleとAWXについて学ぼう・ユーザーとつながろう〜 イベント概要 Ansibleユーザのコミュニティミートアップ、Ansible Night in Nagoyaを2月15日に開催いたします。 今回のテーマは、「AnsibleとAWXについて学ぼう・ユーザーとつながろう」です。 Ansible https://www.ansible.com/home ドキュメント https://docs.ansible.com/ Ansible Slackへ参加する http://bit.ly/slack-ansiblejp タイムテーブル 18:30 - :会場オープン 19:00 - 19:05:オープニング 19:05 - 19:15 : 株式会社Misocaさんからご案内 19:15 - 19:45:「 Ansibleではじめるサーバー・ネットワークの自動化」 by 株式会社エーピーコミュニケーションズ 横地晃さん! 19:45 - 20:15:「Ansible AWXを導入してみた」 by アビームシステムズ株式会社 後藤卓さん! 20:15 - 20:40:ライトニングトーク 5分×5人 「ネットワークエンジニアがAnsibleと出会った話」by 株式会社リクルートテクノロジーズ 遠藤惇平さん! 「Ansibleと変更管理とシステム運用と」by 藤原尚由さん! 「名古屋コミュニティ盛り上げていきましょう!」by DaichiYamaguchiさん! 20:45:解散 LT登壇希望者は、@fideleruuth宛にタイトル(仮でも可)と登壇者アカウント(TwitterでもConnpassでも良いです)を教えてください。 参加費 無料 参加枠について 一般枠:抽選となります。抽選発表は2月6日になります。) ブロガー/Twitter実況枠:ブログ記事を書いてレポート、感想をシェアしていただける方。後日「#ansiblejp」をつけてシェアをお願いします。もしくは当日Twitterにてハッシュタグ「#ansiblejp」をつけて実況をしてくれる方。 LT枠:LT参加者向けの枠です。登壇者は@fideleruuth宛に連絡をください。 ボランティア枠:会場の設営・受付など運営を手伝ってくれる方(18時30分頃にお越しください) ※LT枠の方は、接続チェックのため、18時45分頃までに来ていただけると助かります。 ★LT枠、ボランティア枠の方にはノベルティをプレゼントいたします! 動画・生中継について 生中継はしません。 主催 Ansibleユーザ会 サポート 会場提供:株式会社Misoca ドリンク:レッドハット株式会社 会場 名古屋市中村区名駅2-35-22 メビウス名古屋ビル2階 株式会社Misoca 内 セミナールーム「木曽川」 JR/地下鉄/名鉄「名古屋」駅より徒歩5分程度 https://tech.misoca.jp/entry/2016/07/01/140723 会場への行き方 https://teachme.jp/72374/manuals/178310 入館について 当日は、 受付票をスマートフォン等でご提示ください。 注意事項 受付票に記載の本人のみが参加できます。 受付票をお持ちでない方は入場できません。 不参加の方は必ずキャンセルしてください。 食事・お酒の持ち込みは不可です(ソフトドリンクならOK) 会場に無料Wi-Fiがありますが混み合うことが予想されます。 懇親会について Ansible飯を別イベントで企画予定です。