あべんべん (@abenben)


参加する勉強会

8/13 (木)

A2b5dc7392ea67a2360ddfc868bf2c04 Fin-JAWS
Fin-JAWS 第14回 Fin人類育成計画 今回のテーマは、金融において「クラウド人材が不足している」、「何から始めればいいかわからない」、「社内の人材育成に困っている」と言った声をよく聞きます。そんな皆様のために、育成計画を始動いたします。。。 AWSに関する技術書の著者から、思いの丈をお話しいただきます! COVID-19 による Fin-JAWS 運営の対応 4月7日に内閣総理大臣より、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している事態を受けて、法律に基づく「緊急事態宣言」が行われました。 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言に関する公示 AWSユーザー会の支部である Fin-JAWS(金融とFinTechに関するJAWS支部)では「こういう事態だからこそ、ビジネスや学びの時間を止めないように、みんなで出来ることをしよう!」という思いから、継続的にオンラインにて勉強会を開催致します。 Fin-JAWSの概要 Fin-JAWSは、金融事業者の方、金融事業に関わる方、金融事業者向けの業務に関わる方など向けのAWSユーザーグループです。AWSに関連する各種事例、業界動向、技術的な実装方式まで幅広く一緒に学び、共有するコミュニティを目指しています。 アジェンダ ※各セッションの時間は変更される可能性がございますので、予めご容赦願います。 時間 内容 登壇者 20:00~20:10 オープニング Fin-JAWS 運営メンバー 20:10~20:30 怒涛のAWS入門!クラウドプラクティショナー! 知ってました?あなた、クラウドプラクティショナーなんですよ。 トレノケート株式会社 山下 光洋さん 20:30~20:40 Q&A and break time 20:40~21:00 SA Pro Essentials プロフェッショナルを目指すあなたに・・・ 株式会社野村総合研究所 早川 愛さん 21:00~21:10 Q&A and break time 21:10~21:30 AWS認定セキュリティ - 専門知識 AWSのサービスを使って楽してセキュリティ向上!! NRIネットコム株式会社 佐々木 拓郎さん 21:30 中締め 21:30~22:00 座談会 22:00 クロージング Fin-JAWS運営メンバー リモート参加 について ビデオ会議形式 もしくは YouTube Liveなどでの配信を考えています。 参加 URL については、準備が整い次第、当該イベントページの "参加者への情報" へ追記いたします。 ※"参加者への情報" は申し込んだ方だけが確認可能です。 ご注意 写真、ソーシャル拡散はWelcomeです。但しNGの箇所については発表者に従ってください。 JAWS-UGイベントへの参加者は必ず以下のルール、マナーをご確認ください。 JAWS-UGに参加するルールとマナー その他、お気付きの点がございましたら、Fin-JAWS 運営メンバーへお知らせください。 ご登壇者紹介 山下 光洋さん (トレノケート株式会社) 著者紹介 Twitter @yamamanx 2015年JAWS-UGに出会い、同時期にAWSを事業で本格的に使い始める。 2018年より、AWS認定インストラクター(AAI Champion)として、トレノケート株式会社にてAWS認定クラスルームトレーニングを実施。 年間1,000名さん以上の受講者さんにAWSがいかに素敵なのかを伝え、2018年、2019年 ATP アワードベストインストラクター2年連続受賞。 現在のAWS認定は9つ。 以前は事業会社の情報システム部門に所属し、当時の対談やAWS Summit登壇の様子がWebに公開されている。 デジタルビジネス時代、「情シス不要論」の真意とは?:「不要な情シス」と「頼られる情シス」 - @IT 、 ログミー 山下 光洋 。 主に参加している勉強会は、ヤマムギ、JAWS-UGなど。 個人ブログは主催している勉強会と同じ名前の ヤマムギ 。 著書 AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー (SBクリエイティブ) AWSではじめるLinux入門ガイド (マイナビ出版) 他 早川 愛さん (株式会社野村総合研究所) プロフィール 金融系システムのインフラエンジニアとしてシステム基盤の設計・構築・エンハンス業務を担当。 2016年より金融を中心としたエンタープライズ企業向けにパブリッククラウド導入の技術支援に従事。 2018年、AWS Summit Tokyoで開催されるAWSに関する深い知識を問うクイズ大会「ウルトラクイズ」で優勝。 その後も、Fin-JAWS運営など、社内外のコミュニティを通してAWSに関する情報発信やエンジニア育成に貢献。 その活動が評価され、 2020年にAPN Ambassadorに認定。 著書 AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル ~試験特性から導き出した演習問題と詳細解説 佐々木 拓郎さん (NRIネットコム株式会社) プロフィール NRIネットコム株式会社所属 クラウドを活用してサービスやシステムを作ることのお手伝いをしている。 プライベートの時間を使って趣味として技術書の執筆を始めるも、最近は第二の仕事と化して年中仕事に追われる羽目となっている 著書 要点整理から攻略する『AWS認定 セキュリティ-専門知識』 AWS認定資格試験テキスト AWS認定 ソリューションアーキテクト-アソシエイト Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド AWSの薄い本 IAMのマニアックな話 AWSの薄い本Ⅱ アカウントセキュリティのベーシックセオリー イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本 Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例 データを集める技術 クラウドエンジニア養成読本 スペシャルサンクス (配信担当) 沼口 繁さん (Amazon Web Service Japan K.K) プロフィール アマゾンウェブサービスジャパン株式会社で2017年よりコミュニティプログラムを担当。 Fin-JAWS 運営メンバー (50音順) 渥美俊英、あべんべん、大久保光伸、岡崎賢吉、釜山公徳、小出淳二、早川愛、南達也、山口正徳

8/30 (日)

3e0c8ed6f08c5d2a75cb88f9889db2fa PyCon JP
ProcessingでPythonのモブプログラミング!
PyCon JP 2020 Youth Coder Workshop ProcessingでPythonのモブプログラミング! 今年はProccessing.pyといわれる、電子アートとビジュアルデザインのための環境を使って、Pythonを学びます。 グラフィックを書くための機能がたくさん用意されているので、簡単にビジュアルプログラミングを楽しめます。 また、モブプログラミングは複数人数でプログラミングを行う手法で、メンバー1人がプログラミングをし、残りのメンバーはプログラミングのサポートやアドバイスを出す役割をします。また、役割を時間ごとに区切って交換し、この流れを複数回行います。 今回のワークショップでは1グループ、3人から4人で作品作りに挑戦します。 参加枠について: 募集人数は24名です。募集締め切りは8月28日18時までになります。 申込みは先着順となります。定員に達した場合はキャンセル待ちとなります。 参加可能の可否について募集締め切り後、当ページにてご確認ください。 *本ワークショップは、PyCon JP 2020のイベントとして8月30日に開催されます。本年度はCOVID-19の影響によりオンライン開催となりました。本チケットは、Youth Coder WorkshopへのZoomでの参加チケットです。 参加対象: 本ワークショップの対象は小学4年生から中学生くらいまでを想定しています。 また、アルファベットの大文字小文字の違いがわかることが望ましいです。 教材について: 本ワークショップでは以下の教材を使用します Proccessing.py Proccessing.pyの概要 EduBlocks 当日はEduBlocksといわれる、ブラウザ上でプログラミングできるツールを使います。 EduBlocksの概要 参加方法について: 本ワークショップはオンラインでの開催となります。参加に伴い、以下のご準備をお願いします。 パソコン 本イベント参加のため ブラウザ(InternetExplorerを除く) 動作確認などを行うため Zoomのアカウント 本イベントの参加のコミュニケーションツールとして使用するため Googleアカウント EduBlocksというツールを使い、モブプログラミングをするため ワークショップの時間について: ワークショップは以下の時間(予定)にて実施されます。 全体学習 10:30 - 12:00 お昼休憩 12:00 - 13:30 グループ学習 13:30 - 15:00 成果発表会 15:00 - 15:30 行動規範 保護者様には本ワークショップの参加に際してPyCon JP 2020の行動規範を一読いただき、遵守いただきますようお願い申し上げます。 PyCon JP 2020 行動規範 ワークショップ協力(あいうえお順。敬称略) 今津 善文(所属 CoderDojo 厚木) 瀬戸 亮一(所属 CoderDojo 浦安) 田中 真輔(所属 CoderDojo 大船) 土井 敬司(所属 CoderDojo 大船) 千葉 幸恵(所属 CoderDojo 鎌ヶ谷) 野田 浩晶(所属 CoderDojo 鎌ヶ谷) とがぞの (所属 CoderDojo 小平) 増澤 智将(所属 CoderDojo 船橋) 矢嶋 貴宜(所属 CoderDojo 船橋)


過去の勉強会

6/30 (火)

22b1a94f769fa0366322ac9c80ad5dff GIG inc.
<追記2020/06/19> 増枠も満席になってしまったため、更に40名増枠致します。みなさまたくさんのご応募ありがとうございます! <追記2020/06/17> 募集開始1日で満席(20名)となってしまったため、20名増枠します!みなさまご応募ありがとうございます! 当イベントはオンライン(Zoom)開催です 新型コロナウイルスの感染拡大に関して、安全性を考慮し、当イベントはオンライン開催とさせていただきます。 オンライン配信(Zoom)のURLは、開催1時間前までにconnpass経由のメールにてご連絡いたします。 ※オンライン開催のため、ご自宅、職場等インターネット環境下からご参加いただけます。 <イベント概要> “デジタル・トランスフォーメーション(DX)”や”サービスデザイン”というキーワードで、デジタルシフトが加速する中、プロダクトマネージャー/プロジェクトマネージャーの役割は益々、重要になってきています。 PM Channelはプロダクトマネジメント/プロジェクトマネジメントをテーマにしたトークイベントです。 第1回目は、ナショナルクライアントやスタートアップのデジタル戦略、リブランディング、DX支援など、事業立ち上げやサービス開発を多く手がけている株式会社GIGの代表岩上と、複数社の技術顧問、CTO、プロダクトマネージャーを経験し、株式会社時空テクノロジーズのフロントエンド開発執行役員 兼 UXエンジニアとして活動している林の2名で、「リモートワーク時代のプロダクトマネージャーの役割とは」をテーマに、ウェビナーを開催致します。 具体的には… ・プロジェクトマネージャー, プロダクトマネージャーが抑えておきたいポイント ・ステークホルダーとの関係と、ビジネス要件と開発要件の適切なバランスをどうとるか ・開発部門、カスタマーサクセス、営業部門、マーケティング部門との円滑なコミュニケーションの取り方 …など、プロダクト開発、サービス開発の視点でプロジェクトマネジメントを紐解きます。 <こんな方にオススメ> ・プロジェクトマネージャー/プロダクトマネージャー/ディレクター ・経営者/CTO/VPoE ・プロジェクトマネジメントに興味がある方 ・デジタルトランスフォーメーション(DC)の進め方に悩んでいる方 ・アジャイル開発を成功に導くヒントを探している方 今後のプロジェクトマネジメントのあり方についてご興味のある方はぜひご参加ください。 <登壇者紹介> 岩上 貴洋(いわかみ たかひろ) 2007年、株式会社LIGを創業し、約10年にわたり代表取締役としてシステム開発、デザイン制作、コンテンツマーケティング、シェアオフィス事業に従事。 2017年4月、デジタル戦略、DX支援、リブランディングを展開する株式会社GIGを創業。ナショナルクライアントを中心に、新規事業立ち上げ支援、アジャイル開発、デジタルマーケティングを提供。 自社サービスとして、ITプロフェッショナルのマッチングサービス「Workship」、リード獲得に特化したCMS「LeadGrid」を展開する。 林 優一(はやし ゆういち) ソーシャルゲーム・Web開発会社にてフロントエンドエンジニア、本部長、CTOを歴任。㈱Emotion Techにて、プロダクトマネージャー/プロジェクトマネージャー/VPoEとして従事。 技術顧問として技術力向上・効率化及び組織作りのアドバイザー、エンジニアとしてプロダクトのフロントを中心に設計・実装を担当。現在は、株式会社時空テクノロジーズのフロントエンド開発執行役員 兼 UXエンジニアとして活動。 <注意事項> イベントの様子はGIGコーポレートサイトにて公開予定です。予めご了承ください。 当日の内容は予告なしに変更となる場合がございます。 主催、登壇者企業と競合するような企業、事業者のご参加はご遠慮願います。 お申し込み時のお客様情報に虚偽が発覚した場合、応募が無効となる場合がございます。 オンライン配信(Zoom)のURLは、開催1時間前までにconnpass経由のメールにてご連絡いたします。 <タイムスケジュール> 12:50 Zoom開場 13:00 開会の挨拶、講師紹介 13:05 講義 13:45 Q&A(15分) 14:00 閉会 <主催者> 株式会社GIG 株式会社GIG ナショナルクライアントやスタートアップ企業を中心に、デジタル戦略立案、DX推進支援, サービス開発、リブランディングのご支援をしています。 https://giginc.co.jp デザイナー、エンジニア、マーケター、人事、広報などデジタル業界で活躍するプロフェッショナル人材とプロジェクトをマッチングするスキルシェアサービス「Workship」を運営しています。https://enterprise.goworkship.com <イベントに関するお問い合わせ> 株式会社GIG(担当:尾崎) Mail:[email protected] ご不明点がございましたら、担当までご連絡ください。

5/29 (金)

8184d108967fae5e889523f00939b033 金融エンジニア養成コミュニティ
本当ニ正シケレバ、何レルールガ変ワッテイク
新しい仲介法制についての解説・議論を行います! 新しい仲介法制は、さまざまな金融サービスがワンストップで提供されることで利用者へ大きな変化をもたらす可能性もあり、銀行・証券・保険に係わる金融機関やスタートアップ、はたまた金融業界以外からの企業も注目されています。今回も丁寧でわかりやすい解説をしていただける関口弁護士にお願いしました。 さらにFintech協会 代表理事の丸山氏やGardia代表の小山氏と本コミュニティ共創創設者の藤井氏をゲストに迎えたパネルディスカッションも開催します。今後、社会が大きく変化する可能性と併せて、是非、この機会に理解を深めていただければと思います。 法改定3部作の概要 今後の法改正や新法についての勉強会を3回にわけて開催します 3回目では、新しい仲介法制について講義を行います。 [第1回] :【終了】「資金決済法」改正 4/16(木)19:00-21:00 [第2回] :【終了】「割賦販売法」改正 5/7(木)19:00-21:00 [第3回] :「新しい仲介法制」5/29(金)19:00-21:00 金融エンジニア養成コミュニティとは? 金融エンジニア養成コミュニティは「より良い未来の社会を切り拓くためにVUCA時代を乗り越えれる金融関係者(エンジニア、マネージャー、経営者)を養成すること」を目的としております。 日時 2020月5月29日(金)   勉強会 :19:00〜21:00 配信形式 Zoom オンライン参加について :  ・Zoomで配信します。配信先URLは、イベント前日と当日夕方に連絡します。connpassアカウントに紐づいているメールアドレス宛に届きますので、 そちらをご確認ください。  ・多少、音声・画質に問題がでてくる可能性もありますことをご了承ください。 なお、接続に関する不具合対応方法やクレーム等に対してはお受けいたしかねます。 参加対象 今後の法改定に興味のある方 金融、フィンテックに興味のある方 金融、フィンテックのエンジニアリングにに興味のある方 後援 プログラム 時間 内容 19:00 - 19:10 オープニング発表者: 阿部一也@IGS 19:10 - 20:10 講演「新しい仲介法制」発表者:関口 諒弁護士 20:10 - 21:00 パネルディスカッション&質疑応答パネラー1:関口 諒弁護士パネラー2:丸山 弘毅@インフキュリオン・グループパネラー3:小山 裕@Gardiaパネラー4:藤井達人@auフィナンシャルホールディングスモデレーター:野中 瑛里子@[Fintech協会] 21:00 - 21:05 クロージング発表者:阿部 一也@IGS ゲスト 関口 諒(せきぐち まこと)/弁護士 2013年弁護士登録。同年より堀総合法律事務所にて執務。 銀行、信託、証券、ベンチャーキャピタル、決済事業者等の金融法務を幅広く担当。特に、国内外の送金サービス、電子マネー、クレジットカード決済、デビットカード決済、QRコード決済、決済代行等の決済分野に注力。2019年米国カリフォルニア大学バークレー校ロースクール(LL.M.)修了。同年、ニューヨーク州司法試験合格。2019年8月より米国Smith, Gambrell & Russell法律事務所にて執務に従事した後、2019年12月に日本での業務に復帰。 丸山 弘毅 一般社団法人Fintech協会 代表理事会長 / 株式会社インフキュリオン・グループ 代表取締役 慶応義塾大学商学部卒業。2006年インフキュリオンを創業し、グループの経営戦略、新規事業を担当。2015年⼀般社団法⼈Fintech協会を設⽴し代表理事会⻑に就任。業界発展・法改正などに貢献。2018年⼀般社団法⼈キャッシュレス推進協議会理事に就任。⽇本のキャッシュレス推進に向け実務・政策の両⾯から貢献。 小山 裕 Gardia株式会社 代表取締役 創業者 20代の大半を音楽業界でビジネスをしながら過ごした後、2009年、三越伊勢丹グループに⼊社。約4年間クレジットカード事業の領域に従事し、2012年に決済に関する保証事業会社の立ち上げを経験。その後KDDIグループの事業会社への参画を経て、2017年10⽉、Gardia株式会社を創業し代表取締役に就任。2019年12月、GardiaをM&Aによる伊藤忠商事グループ入りへ導く。 運営事務局 藤井 達人 (運営事務局) auフィナンシャルホールディングス株式会社 執行役員 最高デジタル責任者 兼 Fintech企画部長 IBMにてメガバンクの基幹系開発、インターネットバンキング黎明期のプロジェクト立上げ、金融機関向けコンサルティン グ業務に従事。その後、Microsoftを経て、三菱UFJフィナンシャル・グループのイノベーション事業に参画しフィンテック プロジェクトを立上げ。おもな活動として「Fintech Challenge」「MUFG Digitalアクセラレータ」「銀行APIハッカソン」等。 また、オープンAPIやMUFGコイン等の新規事業等の立上げも手がけた。現在はKDDIが2019年4月に設立した金融持 株会社であるauフィナンシャルホールディングスにて、フィンテックおよびインシュアテックを活用したデジタル金融サー ビスの創造に取り組む。また、一般社団法人 金融革新同友会FINOVATORS 創立メンバーとしてフィンテック企業の支援 を行いつつ、2019年からは慶應ビジネススクールで非常勤講師として「フィンテック概論」コースを担当しフィンテック普及 にも取り組んでいる。同志社大卒、東大EMP第17期修了。 阿部 一也 (運営事務局) Institution for a Global Society株式会社(IGS) 上席研究員 IT企業でシステムエンジニアとしてキャリアを積んだ後、三菱UFJトラスト投資工学研究所にて最新技術の調査や研究業務の支援に従事し、現在はIGSにてブロックチェーンを活用した信用社会創造の研究に取り組んでいる。MUFGデジタルアクセラレータのメンター 自律分散社会フォーラム会員、一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会 認定ジュニアコンサルタント、PyCon JP講演(2016,2018,2019)。 ITコミュニティの企画・運営スタッフや、技術書の執筆、イベント企画なども行う。 <担当しているITコミュニティ> - Start Python Club - fin-py - Fin-JAWS - X-Tech JAWS - found IT *サポーター - つくばビットコインミートアップ - フィンテックエンジニア要請コミュニティ - VUCA Labo 高屋 卓也 (運営事務局) 株式会社 技術評論社 書籍編集者。2013年より現職。担当作に『データサイエンティスト養成読本』シリーズなど。 野中 瑛里子(運営事務局 : Fintech協会後援) 一般社団法人Fintech協会 事務局 事務局長 2009年、三菱UFJ銀行入行。市場部門ALM部署にて大手法人運用デスクと自己勘定ファンド管理に従事。 2017年、SoftBank入社、Blockchain国際送金コンソーシアムのプロジェクト・マネージメントを約1年担った後、SoftBank Vision Fundの日本ローカライズ部隊でBizdevを担当。PayPay立上のほか、J.Score、OneTapBUYなどFintech事業の総合企画も行う。 エコシステム形成を得意とし、銀行時代よりNPO法人Startup Weekendでリード・オーガナイザーを務め、日本初Fintechテーマのプログラムを企画・開催。 2019年8月より現職。立教大学経済学部卒。 水野 智之(運営事務局 : Fintech協会後援) 一般社団法人Fintech協会 事務局 名古屋大学情報文化学部卒業。日本ユニシスで主に地方銀行向け業務・システム研究会の企画と運営を担当。金融機関やFintechベンチャー等を経て、2019年7月より現職。 一般社団法人Fintech協会 について 一般社団法人Fintech協会は、国内外の関連諸団体、関係省庁等との情報交換や連携・協力、活動を通じて、オープンイノベーションを促進させ、新たなFintechサービスが生まれやすい環境を整え、健全な業界の発展とFintechエコシステムの活性化、および世界の金融IT業界における日本のプレゼンス向上に貢献することをミッションとしています。 Fintechスタートアップ企業が中心となり、日本を代表する大手企業との活発な交流活動を通じてユーザのためのイノベーションを促進し続けるという社会的意義のもとで運営されています。 注意事項 プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 イベント内容、発言、映像などが記事化される可能性がある旨をあらかじめご了承ください。掲載媒体は、新聞、雑誌、オンライン・メディア、TVを含みます。 撮影した素材、イベント抄録は、弊社ウェブサイト、ソーシャル・メディア等を通じまして、事前に確認無く、社外に公開させていただく場合があります。 人材紹介業、営業、ネットワークビジネス勧誘目的の参加はご遠慮ください。 その他、事務局が不適切と判断した場合は、ご入場をお断りさせていただく場合がございます。 個人情報の取り扱いについて 主催者(金融エンジニア養成コミュニティ)は、参加者の個人情報を次の利用目的のためだけに取得・利用するものとします。 本イベントの運営管理 本イベントに関する連絡・広報活動 イベントその他のお知らせの配信 *特にお申出が無い場合は、当イベントへの参加をもって上記内容にご同意いただいたものとさせていただきます。

5/25 (月)

A2b5dc7392ea67a2360ddfc868bf2c04 Fin-JAWS
アップデート情報 5/16 セッション情報、タイムテーブルを更新しました。 Fin-JAWS 第13回 PCI DSS と AWS の混ぜご飯スペシャル回 開催!! 4月7日に内閣総理大臣より、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している事態を受けて、法律に基づく「緊急事態宣言」が行われました。 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言に関する公示 AWSユーザー会の支部である Fin-JAWS(金融とFinTechに関するJAWS支部)では「こういう事態だからこそ、ビジネスや学びの時間を止めないように、みんなで出来ることをしよう!」という思いから、前回に引き続きオンラインにて勉強会を開催致します。 さて、今回のテーマは皆さんからのアンケート回答にお応えし「 PCI DSS と AWS の混ぜご飯スペシャル」と題しまして、PCI DSSに準拠する金融事業者、準拠を支援する事業者の観点から、PCI DSS&AWSに関わるセッションをお届けいたします。 ■開催概要 Fin-JAWSは、金融事業者の方、金融事業に関わる方、金融事業者向けの業務に関わる方など向けのAWSユーザーグループです。AWSに関連する各種事例、業界動向、技術的な実装方式まで幅広く一緒に学び、共有するコミュニティを目指しています。 ■日時 5/25(月) 19:00-21:00 ■アジェンダ(各セッション時間は変更される可能性があります) 時間 内容 登壇者 19:00~19:10(10分) オープニング Fin-JAWS運営メンバー 19:10~19:30(20分) AWSのPCI DSSへの取り組みと押さえておきたい耳寄り情報 アマゾン ウェブ サービス ジャパン中島 智広さん 19:30~19:35(5分) Q&A 19:35~19:55(20分) AWSでのPCI DSS準拠決定版! PCI DSS Ready Cloud AWSモデルのご紹介 株式会社リンク滝村 享嗣さん 19:55~20:00(5分) Q&A 20:00~20:20(20分) AWS上でのPCI DSS運用でラクをする 株式会社アイレット廣山 豊さん 20:20~20:25(5分) Q&A 20:25~20:45(20分) AWS環境でCAFIS接続を行いイシュアシステムを実現した事例 株式会社ディーエスエス田中 悠己さん 20:45~20:50(5分) Q&A 20:50~20:55(5分) クロージング Fin-JAWS運営メンバー ■リモート参加 について ビデオ会議形式 もしくは YouTube Liveなどでの配信を考えています。 視聴方法は、開催日に申し込みされた方へURLなどご案内します。 ■ハッシュタグ #finjaws ■ご注意 ・写真、ソーシャル拡散はWelcomeです。但しNGの箇所については発表者に従ってください。 ・JAWS-UGイベントへの参加者は必ず以下のルール、マナーをご確認ください。 JAWS-UGに参加するルールとマナー ・連絡はFin-JAWS 運営メンバーへ ■Fin-JAWS 運営メンバー(50音順) 渥美俊英、あべんべん、大久保光伸、岡崎賢吉、釜山公徳、小出淳二、早川愛、南達也、山口正徳

5/7 (木)

8184d108967fae5e889523f00939b033 金融エンジニア養成コミュニティ
本当ニ正シケレバ、何レルールガ変ワッテイク
(4/23更新)90名から150名に増枠 (4/25更新)150名から250名に増枠 イベント概要 今後の法改正や新法についての勉強会を3回にわけて開催します 今回は第2回となる「割賦販売法」の改正についてです。 [第1回] :【終了】「資金決済法」改正 4/16(木)19:00-21:00 [第2回] :「割賦販売法」改正 5/7(木)19:00-21:00 [第3回] :「新しい仲介法制」5/29(金)19:00-21:00 金融エンジニア養成コミュニティとは? 金融エンジニア養成コミュニティは「より良い未来の社会を切り拓くためにVUCA時代を乗り越えれる金融関係者(エンジニア、マネージャー、経営者)を養成すること」を目的としております。 日時 2020月5月7日(木)   勉強会 :19:00〜21:00 配信形式 Zoom オンライン参加について :  ・Zoomで配信します。配信先URLは、イベント前日と当日夕方に連絡します。connpassアカウントに紐づいているメールアドレス宛に届きますので、 そちらをご確認ください。  ・多少、音声・画質に問題がでてくる可能性もありますことをご了承ください。 なお、接続に関する不具合対応方法やクレーム等に対してはお受けいたしかねます。 参加対象 今後の法改定に興味のある方 金融、フィンテックに興味のある方 金融、フィンテックのエンジニアリングにに興味のある方 後援 プログラム 時間 内容 19:00 - 19:10 オープニング発表者:野中 瑛里子@Fintech協会 19:10 - 20:10 講演「(仮)割賦販売法改正について」発表者:関口 諒弁護士 20:10 - 20:55 パネルディスカッション&質疑応答パネラー:関口 諒弁護士パネラー:八巻 渉@カンムモデレーター:野中 瑛里子@Fintech協会 20:55 - 21:00 クロージング発表者:阿部 一也@IGS ゲスト 関口 諒(せきぐち まこと)/弁護士 2013年弁護士登録。同年より堀総合法律事務所にて執務。 銀行、信託、証券、ベンチャーキャピタル、決済事業者等の金融法務を幅広く担当。特に、国内外の送金サービス、電子マネー、クレジットカード決済、デビットカード決済、QRコード決済、決済代行等の決済分野に注力。2019年米国カリフォルニア大学バークレー校ロースクール(LL.M.)修了。同年、ニューヨーク州司法試験合格。2019年8月より米国Smith, Gambrell & Russell法律事務所にて執務に従事した後、2019年12月に日本での業務に復帰。 八巻 渉(やまき わたる) 株式会社カンム 代表取締役 / 一般社団法人Fintech協会 理事 1985年生まれ。2009年に慶應義塾大学 理工学部 情報工学科を卒業後、同学SFCとの産学連携を通じ設立された株式会社Studio Ousia(人工知能・自然言語処理分野の研究開発)入社。2011年に株式会社カンムを設立し、2013年から大手クレジットカード会社と提携し、クレジットカードデータを使った国内初の送客サービス「Card Linked Offer(CLO)」を運営開始。 2016年9月には株式会社オリエントコーポレーションと提携し、アプリから誰でも1分で作れるVisaプリペイドカード「バンドルカード」をリリース。2020年1月時点で200万インストールを突破。2019年から一般社団法人Fintech協会の理事も務める。 野中 瑛里子(のなか えりこ) 一般社団法人Fintech協会 事務局 事務局長 2009年、三菱UFJ銀行入行。市場部門ALM部署にて大手法人運用デスクと自己勘定ファンド管理に従事。 2017年、SoftBank入社、Blockchain国際送金コンソーシアムのプロジェクト・マネージメントを約1年担った後、SoftBank Vision Fundの日本ローカライズ部隊でBizdevを担当。PayPay立上のほか、J.Score、OneTapBUYなどFintech事業の総合企画も行う。 エコシステム形成を得意とし、銀行時代よりNPO法人Startup Weekendでリード・オーガナイザーを務め、日本初Fintechテーマのプログラムを企画・開催。 2019年8月より現職。立教大学経済学部卒。 運営事務局 藤井 達人 (運営事務局) auフィナンシャルホールディングス株式会社 執行役員 最高デジタル責任者 兼 Fintech企画部長 IBMにてメガバンクの基幹系開発、インターネットバンキング黎明期のプロジェクト立上げ、金融機関向けコンサルティン グ業務に従事。その後、Microsoftを経て、三菱UFJフィナンシャル・グループのイノベーション事業に参画しフィンテック プロジェクトを立上げ。おもな活動として「Fintech Challenge」「MUFG Digitalアクセラレータ」「銀行APIハッカソン」等。 また、オープンAPIやMUFGコイン等の新規事業等の立上げも手がけた。現在はKDDIが2019年4月に設立した金融持 株会社であるauフィナンシャルホールディングスにて、フィンテックおよびインシュアテックを活用したデジタル金融サー ビスの創造に取り組む。また、一般社団法人 金融革新同友会FINOVATORS 創立メンバーとしてフィンテック企業の支援 を行いつつ、2019年からは慶應ビジネススクールで非常勤講師として「フィンテック概論」コースを担当しフィンテック普及 にも取り組んでいる。同志社大卒、東大EMP第17期修了。 阿部 一也 (運営事務局) Institution for a Global Society株式会社(IGS) 上席研究員 IT企業でシステムエンジニアとしてキャリアを積んだ後、三菱UFJトラスト投資工学研究所にて最新技術の調査や研究業務の支援に従事し、現在はIGSにてブロックチェーンを活用した信用社会創造の研究に取り組んでいる。MUFGデジタルアクセラレータのメンター 自律分散社会フォーラム会員、一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会 認定ジュニアコンサルタント、PyCon JP講演(2016,2018,2019)。 ITコミュニティの企画・運営スタッフや、技術書の執筆、イベント企画なども行う。 <担当しているITコミュニティ> - Start Python Club - fin-py - Fin-JAWS - X-Tech JAWS - found IT *サポーター - つくばビットコインミートアップ - フィンテックエンジニア要請コミュニティ - VUCA Labo 高屋 卓也 (運営事務局) 株式会社 技術評論社 書籍編集者。2013年より現職。担当作に『データサイエンティスト養成読本』シリーズなど。 水野 智之 一般社団法人Fintech協会 事務局 名古屋大学情報文化学部卒業。日本ユニシスで主に地方銀行向け業務・システム研究会の企画と運営を担当。金融機関やFintechベンチャー等を経て、2019年7月より現職。 一般社団法人Fintech協会 について 一般社団法人Fintech協会は、国内外の関連諸団体、関係省庁等との情報交換や連携・協力、活動を通じて、オープンイノベーションを促進させ、新たなFintechサービスが生まれやすい環境を整え、健全な業界の発展とFintechエコシステムの活性化、および世界の金融IT業界における日本のプレゼンス向上に貢献することをミッションとしています。 Fintechスタートアップ企業が中心となり、日本を代表する大手企業との活発な交流活動を通じてユーザのためのイノベーションを促進し続けるという社会的意義のもとで運営されています。 注意事項 プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 イベント内容、発言、映像などが記事化される可能性がある旨をあらかじめご了承ください。掲載媒体は、新聞、雑誌、オンライン・メディア、TVを含みます。 撮影した素材、イベント抄録は、弊社ウェブサイト、ソーシャル・メディア等を通じまして、事前に確認無く、社外に公開させていただく場合があります。 人材紹介業、営業、ネットワークビジネス勧誘目的の参加はご遠慮ください。 その他、事務局が不適切と判断した場合は、ご入場をお断りさせていただく場合がございます。 個人情報の取り扱いについて 主催者(金融エンジニア養成コミュニティ)は、参加者の個人情報を次の利用目的のためだけに取得・利用するものとします。 本イベントの運営管理 本イベントに関する連絡・広報活動 イベントその他のお知らせの配信 *特にお申出が無い場合は、当イベントへの参加をもって上記内容にご同意いただいたものとさせていただきます。

5/4 (月)

A2b5dc7392ea67a2360ddfc868bf2c04 Fin-JAWS
Stay home, Study from home with Fin-JAWS.
またまた Fin-JAWS でオンライン開催! 4月7日に内閣総理大臣より、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している事態を受けて、法律に基づく「緊急事態宣言」が行われました。 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言に関する公示 AWSユーザー会の支部である Fin-JAWS(金融とFinTechに関するJAWS支部)では「こういう事態だからこそ、ビジネスや学びの時間を止めないように、みんなで出来ることをしよう!」という思いから、前回に引き続きオンラインにて勉強会を開催致します。 さて、今回は学びを継続させるため、「学校へ行こう」をテーマに勉強会を開催いたします! ■開催概要 Fin-JAWSは、金融事業者の方、金融事業に関わる方、金融事業者向けの業務に関わる方など向けのAWSユーザーグループです。AWSに関連する各種事例、業界動向、技術的な実装方式まで幅広く一緒に学び、共有するコミュニティを目指しています。 ■日時 5/4(月) 15:30-18:30 ■タイムテーブル 時間 科目 タイトル スピーカー 15:30-15:40 ショートホームルーム オープニング Fin-JAWS 釜山公徳 15:40-16:00 第1時限 : 道徳科 Financial morals to keep in mind after COVID-19 あべんべん(阿部一也) 16:00-16:20 第2時限 : 世界史 世界の金融 Ambient Intelligence 大久保光伸 16:20-16:40 第3時限 : 情報 4/20に発生したAWS障害、何が起きてたの? QUICK 小出淳二 16:40-16:50 休憩 16:50-17:10 第4時限 : 英語 re:Invent 2019 まだある金融いい話(授業は日本語) 渥美俊英 40hex 17:10-17:30 第5時限 : 国語 クラウドで効果的なドキュメンテーション NEC 釜山公徳 17:30-17:50 第6時限 : 社会 リモートワークどうやってる?実際に試したこと フォージビジョン 山口正徳 17:50-17:55 掃除の時間 Q&A、アンケート記入 17:55-18:00 ホームルーム クロージング Fin-JAWS 釜山公徳 ■リモート参加について ビデオ会議形式 もしくは YouTube Liveなどでの配信を考えています。 視聴方法は、開催日に申し込みされた方へURLなどご案内します。 ■ハッシュタグ #finjaws12 #finjaws #jawsug ■ご注意 ・写真、ソーシャル拡散はWelcomeです。但しNGの箇所については発表者に従ってください。 ・JAWS-UGイベントへの参加者は必ず以下のルール、マナーをご確認ください。 JAWS-UGに参加するルールとマナー ・連絡はFin-JAWS 運営メンバーへ ■Fin-JAWS 運営メンバー(50音順) 渥美俊英、あべんべん、大久保光伸、岡崎賢吉、釜山公徳、小出淳二、早川愛、南達也、山口正徳

4/14 (火)

A2b5dc7392ea67a2360ddfc868bf2c04 Fin-JAWS
Fin-JAWS 第11回 最近の金融AWS事情~2020春〜 開催!! 2月26日に厚生労働省より、新型コロナウイルスの感染の影響で多数の方が集まる全国的なスポーツ、文化イベントは今後2週間は中止、延期又は規模縮小等を対応するよう要請されました。 4月1日現在も引き続き感染拡大防止への協力要請が出されています。 厚生労働省 : イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ AWSユーザー会の支部である Fin-JAWS(金融とFinTechに関するJAWS支部)では「こういう事態だからこそ、ビジネスや学びの時間を止めないように、みんなで出来ることをしよう!」という思いから、前回に引き続きオンラインにて勉強会を開催致します。 さて、今回のテーマは「 最近の金融AWS事情~2020春 〜」と題しまして、最近のAWS利用始めた金融エンジニアから、ブロックチェーンまで最近の金融業界のAWS事情をお届けいたします。 ■開催概要 Fin-JAWSは、金融事業者の方、金融事業に関わる方、金融事業者向けの業務に関わる方など向けのAWSユーザーグループです。AWSに関連する各種事例、業界動向、技術的な実装方式まで幅広く一緒に学び、共有するコミュニティを目指しています。 ■日時 4/14(火) 19:00-21:00 ■アジェンダ 時間 内容 19:00~19:10(10分) オープニング: Fin-JAWS運営メンバー 19:10~19:30(20分) 株式会社Finatext 田島 悟史さん 『金融スタートアップにおける、セキュアなAWSの運用』 19:30~19:35(5分) Q&A 19:35~19:55(20分) アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 飯田 哲夫さん 『最近の金融AWS事情~2020春 〜』 19:55~20:00(5分) Q&A 20:00~20:15(15分) 株式会社野村総合研究所 吉竹 直樹さん 『最近AWSを触り始めた金融エンジニアとしてどう技術獲得したか(仮)』 20:15~20:20(5分) Q&A 20:20~21:40(20分) 株式会社QUICK フィンテック事業室 関 一朗さん 『ブロックチェーン向け金融・経済情報サービス(オラクル)について』 20:40~20:45(5分) クロージング ■リモート参加(Chime)について 本イベントは Amazon Chime を使用いたします。 本イベントに参加するためのURLは、当日の朝と18:30の2回に渡って参加者のみにConnpassより連絡します。Connpassアカウントに紐づいているメールアドレス宛に届きますので、 そちらをご確認ください。 別途、Chime のクライアントパッケージのインストールを推奨いたします。 多少、音声・画質問題がでてくる可能性がございますが、大半の原因はネットワーク環境ですので、何か不具合があれば、まずは環境についてご確認ください。 なお、接続に関する不具合対応方法やクレーム等に対してはお受けいたしかねます。 ※参加人数に限りがございますので、申込者以外への参加用URLの転送はご遠慮ください。 ■ハッシュタグ #finjaws11 #finjaws #jawsug ■ご注意 ・写真、ソーシャル拡散はWelcomeです。但しNGの箇所については発表者に従ってください。 ・JAWS-UGイベントへの参加者は必ず以下のルール、マナーをご確認ください。 JAWS-UGに参加するルールとマナー ・連絡はFin-JAWS 運営メンバーへ ■Fin-JAWS 運営メンバー(50音順) 渥美俊英、あべんべん、大久保光伸、岡崎賢吉、釜山公徳、小出淳二、早川愛、南達也、山口正徳

3/11 (水)

D75238fa0b28fb2c2499f893428c13b8 Start Python Club
(オンライン開催検討中)みんなで集まってPythonを勉強&もくもく作業する会です。初心者大歓迎!
【重要】3月は現地での開催を中止します(2月22日更新) 新型コロナウィルス情勢を鑑み、大変残念ですが3月分については現地開催を中止することに決定致しました。 <参考>厚生労働省より https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00002.html イベント参加予定の皆様におかれましては、申し訳ございませんが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。 なお今回は、会場におけるイベントを中止しますが、代わりにオンラインのイベントを開催できないか、検討しているところです。検討の結果が出たところで、改めて皆様にご連絡差し上げますので、ご承知おきください。 4月以降はまた改めてconnpassやSlackにてアナウンス致します。 以下、従来予定していた内容です。3月に関しては現地開催を中止の上別途検討中ですが、4月以降のご参考になればと思います。 概要 「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。 みんなでPythonを勉強したり、各自もくもく作業する会です 勉強の一環として、東京で開催している「みんなのPtyhon勉強会」のライブ配信を視聴します(リアルタイムで東京へ質問できます) これからPythonを始めたい人も大歓迎です 分からないことがあれば参加者同士で解決しましょう(経験者もサポートします) メンバー間で分からないことや情報を共有するため本会のSlackを開設しています。ご自由に参加下さい Start Python Club 名古屋 勉強会#11に引き続き、初級・中級向け機械学習の勉強会も実施(Google提供)。参加は任意です(ご自身のもくもくを続けても結構です)。 機械学習以外のトピックも大歓迎です。 イベント要綱 日時 2020月3月11日(水)19:00〜21:00 会費 500円(予定) 持ち物 自分で作業するためのノートパソコン(Wifiは用意します) 対象者 Pythonに関心のある方 プログラミングや機械学習などに関心のある方 Pythonでもくもく作業をしたい方 初心者大歓迎です プログラム 簡単な自己紹介 みんなのPython勉強会@東京のライブ視聴予定、もくもく会、情報共有や分からないことなど参加者同士で質疑応答 LT会、ML Study Jamsを使った勉強会:各自勉強してきたことを共有します(参加は任意です) https://events.withgoogle.com/ml-study-jams-japan/ 会場 ※2月度と同じ会場です 貸し会議室イールーム名古屋駅前B(名駅徒歩3分) https://www.instabase.jp/space/9391061236 住所: 〒4500002 愛知県 名古屋市中村区 名駅 4-5-26 ユニモール桜ビル 3F マップ: https://maps.google.com/maps?q=35.17139639766154,136.88623476651264&zoom=16