__takuma (@__takuma000)


参加する勉強会

5/15 (水)

Fb27d3fd20e99273806b7bab191a530a Start Python Club
みんなで集まってPythonでもくもく作業&勉強する会です。初心者大歓迎!
概要 Pythonで各自もくもく作業をする会です これからPythonを始めたい人も大歓迎です 分からないことがあれば参加者同士で解決しましょう(プロのプログラマも参加します) Slackの参加も自由にどうぞ Start Python Club 名古屋 イベント要綱 日時 2019月5月15日(水)19:00〜21:00 会費 500円(予定) 持ち物 自分で作業するためのノートパソコン(Wifiは用意します) 対象者 Pythonに関心のある方 プログラミングに関心のある方 Pythonでもくもく作業をしたい方 初心者大歓迎です プログラム 簡単な自己紹介 もくもく会(含:みんなのPython勉強会@東京のライブ視聴予定) 会場 〈エキチカ会議室フィーカ〉名駅徒歩2分 〒 450-0002 名古屋市中村区名駅3-13-28 名駅セブンスタービル911号室


過去の勉強会

4/24 (水)

2e40d5ea7e7c6f6267f54c939ba634f4 株式会社エイチーム
【席数増!】エンジニア向けカジュアル勉強会&交流会!LT参加者募集中!
『ATEAM TECH MeetUp_vol.08』のテーマは「新サービス開発とチームの技術力向上に挑戦した話」 新しいサービスが日々生み出されているエイチーム。2019年3月にリリースされた新サービスの開発技法についてお話します。さらに、新サービスを支えるために、エンジニアチームがどのように技術力UPに取り組んでいるのかなど、実際の事例を交えながらお話します。 また、『ATEAM TECH MeetUp』では、参加者のライトニングトークセッション(以下:LT)の時間を設けております。参加エンジニアのアウトプットの機会を増やすことにより、エンジニア同士の交流を促進し、会社や組織などの垣根を越えた横のつながりを深めることを目的としています。積極的に発信していただき、名古屋のエンジニア業界を盛り上げていきましょう! 「ATEAM TECH」とは 「ATEAM TECH」はゲームやインターネット業界で働く技術者向けに業界の技術トレンドに関する勉強会や交流会です。知識のアウトプット・インプットの場を設け、新しい気づきや成長につなげる機会を提供することで、技術力の向上や業界のさらなる発展を目指します。自社サービスならではの考え方や業界の技術トレンドに関する共有、交流の場を通じてより深い知識を得て、さらには参加者同士でのつながりもできればと考えております。 開催日時 日程 2019年4月24日(水) 時間 19:30~21:30(19:15~受付開始) 場所 株式会社エイチーム 名古屋本社 名古屋市中村区名駅3丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F ※名古屋駅全線と地下で直結 セッション登壇者① 元SIerがRuby on Railsの新サービスを2ヵ月でリリースした話 所属:エイチームブライズ 技術開発部 担当サービス:Hanayume(ハナユメ), HIMARI(ヒマリ) 得意技術分野:データベース, Ruby, Clojure セッション概要 新サービスのプロジェクトにジョインしてから2ヵ月でリリースまでに行ったこと。SI企業と事業会社でのサービス開発の進め方の違いを含め、何を行ったかお話します。 セッション登壇者② 技術成長するチームをつくるために行ったあれこれとその考え方 所属:エイチームライフスタイル 名古屋開発部 担当サービス:Life.(ライフドット), すまいうる, minorie(ミノリエ) 得意な技術分野:Ruby, PHP, Node, Python セッション概要 エンジニア一人ひとりはもちろん、チーム全体の技術力の底上げは必要不可欠。挑戦しやすい風土や環境づくり、積極的なメッセージの発信など、様々なトライを繰り返し試行錯誤したことをお話します。併せて、エイチームのエンジニアが日々大切にしている考えもお伝えします。 タイムテーブル 時間 内容 19:15 受付 ※会場に入られた方から自由にご歓談ください 19:30 オリエンテーション、エンジニアのご紹介、フリータイム 19:55 エイチームのご紹介 20:00 セッション①:元SIerがRuby on Railsの新サービスを2ヵ月でリリースした話 20:20 セッション②:技術成長するチームをつくるために行ったあれこれとその考え方 20:40 懇親(休憩&参加者LT枠募集タイム) 20:55 LT①:参加者枠:システム障害対応を半自動化した話 21:00 LT②:参加者枠 21:05 LT③:参加者枠 21:10 フリートーク ※ドリンクと軽食を準備しております 21:30 終了 こんな方大歓迎です! Web開発に興味がある方 BtoCといったWebサービスの開発に興味がある方 エイチームやそのサービス開発・技術に興味がある方 エンジニア組織、開発チームに所属しているエンジニアの方 エイチーム社員とディスカッションしたい、交流したい方 懇親会に参加し人脈をつくりたい ※フランクな交流会ですので、情報収集の場としてもご活用ください。 ※営利目的のご参加・お名刺交換等はご遠慮ください。 エントリー方法 connpassよりエントリーをお願いします。 ※当日はお名刺1枚ご持参ください ※提供可能な設備:Wi-Fi、電源、プロジェクター ※本イベントは「ライフスタイルサポート事業」のエンジニアによる勉強会となります。ゲーム関連のセッションの予定はございませんのでご了承ください。 本件に関するお問い合わせ先 株式会社エイチーム MeetUp運営事務局:小笠原 TEL:052-747-5575 MAIL:[email protected] URL:https://www.a-tm.co.jp/

4/23 (火)

9da445bc110992793409c6b9353a279a JBUG(Japan Backlog User Group)
Backlogについてだけでなく、「プロジェクト管理」について知見をシェアし、学び合いましょう!
更新情報 2019/3/25 イベントページを公開しました! イベント概要 Backlogのユーザーコミュニティ、 JBUG(Japan Backlog User Group) です。 今回は、初の名古屋開催!プロジェクト管理に関するセッションや、参加者同士でのディスカッションを行えればと思っています。Backlogユーザーであれば参加可能です。招待もご自由に! また、JBUGは、Backlog提供元の(株)ヌーラボさんよりバックアップいただき、軽食やドリンク(アルコール含む)などをご用意いたします!※懇親会(参加任意)にかかる費用は各自で負担いただきます。 発表したい方も募集中! JBUG(ジェイバグ)とは JBUG(ジェイバグ:Japan Backlog User Group)は、Backlogユーザーによるコミュニティです。 プロジェクト管理は、全ての業種/職種において必須のスキルである一方、そのノウハウが学べる場はあまり多くありません。Backlogは国内最大級のプロジェクト管理ツールであり、すでに100万人を超えるユーザーがいることから、「プロジェクト管理」「仕事のうまい進め方」に関する知識やテクニック、ノウハウを学び合うことをねらいとして、JBUGが発足されました。 実体験から学んだ知見やノウハウのシェアを通し、より「働くを楽しくする」を実現したいと思っています。 直近のイベント 各拠点のJBUGがとても盛り上がっています!名古屋も一緒に盛り上げていきましょう。 2/21 #JBUG (東京#8) Backlog World 2019 reCapミートアップ 2/22 #JBUG (札幌#3) プロジェクト管理について、もっと学ぼう! 3/6 JBUG (福岡#7) Backlog World 2019 reCapミートアップ 4/13 JBUG (岡山#2) 遅れてきたBacklog World2019 岡山サテライト これまでのJBUGの様子 JBUGのイベントの様子は、こちらのブログよりご確認いただけます♪ スピーカー紹介 スピーカー①:なかいけんじ / 株式会社セルズ プロフィール 株式会社セルズ 開発 自社のオンプレソフトから移行するクラウドサービスを作ってます セッション情報 ・発表タイトル:バックログはじめて6か月の進捗管理(ヘイシャの場合) ・発表概要:新規開発の進捗管理に約半年使ったBacklogを使った感想と、現状の課題とお話しします スピーカー②:小久保 祐介 / 株式会社ヌーラボ Backlogのエンジニアリングマネージャー セッション情報 ・発表タイトル:BacklogがSlackやChatworkと連携するまでのチームの様子 ・発表概要:BacklogはTypetalkとの連携を一番のウリにしていますが、最近SlackやChatworkとも連携できるようになりました。このプロジェクトで、チームが発足してから、リリースされるまでのチームビルディングの過程についてお話します。 タイムテーブル TIME WHO WHAT 18:45 開場 19:00 スタート 19:00-19:10 Meggy オープニング 19:10-19:40 全員 自己紹介 19:40-20:00 なかいけんじ バックログはじめて6か月の進捗管理(ヘイシャの場合) 20:00-20:10 全員 休憩 20:10-20:30 小久保 祐介 BacklogがSlackやChatworkと連携するまでのチームの様子 20:30-20:35 全員 グループフォト撮影&アンケート 20:35-20:50 全員 ネットワーキング 21:00 希望者 懇親会へ ブログレポーターについて ご自身のブログで、当日の様子をレポートしてください!ブログレポーターとして参加してくださる方には、Backlog提供元の(株)ヌーラボさんオリジナルのトートバッグをプレゼントいたします!ぜひ一緒にJBUGを盛り上げましょう。 また、こちらから内容指定や事前の校閲も行いませんので、ぜひ気軽に参加 & 発信してくださいね! (スピーカーの方の希望があった場合など、部分的な削除・改変依頼をさせていただく可能性はございます)

2/15 (金)

4eecd3d403ac1ece07404530392a4eb8 Ansible ユーザー会
〜AnsibleとAWXについて学ぼう・ユーザーとつながろう〜
Ansible Night in Nagoya 2019.02 〜AnsibleとAWXについて学ぼう・ユーザーとつながろう〜 イベント概要 Ansibleユーザのコミュニティミートアップ、Ansible Night in Nagoyaを2月15日に開催いたします。 今回のテーマは、「AnsibleとAWXについて学ぼう・ユーザーとつながろう」です。 Ansible https://www.ansible.com/home ドキュメント https://docs.ansible.com/ Ansible Slackへ参加する http://bit.ly/slack-ansiblejp タイムテーブル 18:30 - :会場オープン 19:00 - 19:05:オープニング 19:05 - 19:15 : 株式会社Misocaさんからご案内 19:15 - 19:45:「 Ansibleではじめるサーバー・ネットワークの自動化」 by 株式会社エーピーコミュニケーションズ 横地晃さん! 19:45 - 20:15:「Ansible AWXを導入してみた」 by アビームシステムズ株式会社 後藤卓さん! 20:15 - 20:40:ライトニングトーク 5分×5人 「ネットワークエンジニアがAnsibleと出会った話」by 株式会社リクルートテクノロジーズ 遠藤惇平さん! 「Ansibleと変更管理とシステム運用と」by 藤原尚由さん! 「名古屋コミュニティ盛り上げていきましょう!」by DaichiYamaguchiさん! 20:45:解散 LT登壇希望者は、@fideleruuth宛にタイトル(仮でも可)と登壇者アカウント(TwitterでもConnpassでも良いです)を教えてください。 参加費 無料 参加枠について 一般枠:抽選となります。抽選発表は2月6日になります。) ブロガー/Twitter実況枠:ブログ記事を書いてレポート、感想をシェアしていただける方。後日「#ansiblejp」をつけてシェアをお願いします。もしくは当日Twitterにてハッシュタグ「#ansiblejp」をつけて実況をしてくれる方。 LT枠:LT参加者向けの枠です。登壇者は@fideleruuth宛に連絡をください。 ボランティア枠:会場の設営・受付など運営を手伝ってくれる方(18時30分頃にお越しください) ※LT枠の方は、接続チェックのため、18時45分頃までに来ていただけると助かります。 ★LT枠、ボランティア枠の方にはノベルティをプレゼントいたします! 動画・生中継について 生中継はしません。 主催 Ansibleユーザ会 サポート 会場提供:株式会社Misoca ドリンク:レッドハット株式会社 会場 名古屋市中村区名駅2-35-22 メビウス名古屋ビル2階 株式会社Misoca 内 セミナールーム「木曽川」 JR/地下鉄/名鉄「名古屋」駅より徒歩5分程度 https://tech.misoca.jp/entry/2016/07/01/140723 会場への行き方 https://teachme.jp/72374/manuals/178310 入館について 当日は、 受付票をスマートフォン等でご提示ください。 注意事項 受付票に記載の本人のみが参加できます。 受付票をお持ちでない方は入場できません。 不参加の方は必ずキャンセルしてください。 食事・お酒の持ち込みは不可です(ソフトドリンクならOK) 会場に無料Wi-Fiがありますが混み合うことが予想されます。 懇親会について Ansible飯を別イベントで企画予定です。