ykuw-design (@YkuwDesign)


参加する勉強会



過去の勉強会

5/27 (水)

Ee530b52525e4a138137f88cb44f5bdd ykuw-design
勝手にARCHICADを盛り上げよう!2020
開催概要 おそらく世界で初開催のVR会場でARCHICADを語らうイベントです。 VR会場と言う事で、全国どこから参加しても交通費はかからない! そして、併設の展示会場にはナント!ARCHICADで作った3Dモデル展示+操作方法パネルが! ARCHICADで作ったモデルだけでなくRhinocerosで作ったモデルもあったりしますよ! イベント会場も、もちろんARCHICADで作ったモデルです☆ 講演内容は、ARCHICADユーザーの事例発表と、参加者から寄せられた質問をお題にトークショーを開催します! 今回のゲストは、皆様も大好きな 横松氏 と 石田氏 にご登壇頂きます! VR会場でのイベントがどうなっているか!皆様のご参加をお待ちしております。 ※講演内容・タイムスケジュールは変更になる場合がございます。ご了承ください。 タイムスケジュール 時間 内容 14:30 入場開始 15:00 オープニング 主催挨拶 15:10 桑山からイベント主旨の説明 15:20 横松氏 事例発表 16:05 質疑応答 16:15 15分の休憩 16:30 石田氏×横松氏トークショー 17:25 希望者で展示会場巡り 18:00 終了予定 協力 (順不同) 登壇者 ・横松 氏 ・石田 氏 展示 ・道脇 氏 ・田原 氏 ・亀岡 氏 ・田村 氏 ・近藤 氏 応援!グラフィソフトジャパン株式会社 様 必要環境 イベント会場はVRプラットフォーム「cluster」で開催致します。 VR環境が無い方はデスクトップモードでも参加可能なので PCやiPadなどのタブレット、スマートフォンからもご参加頂けます。 ※事前にclusterへのユーザー登録をお願い致します。 https://cluster.mu/ ※会社によってはセキュリティ上でclusterをインストールできない場合がございます。    イベント開催日までにインストールや入室できるかなどをお試しください。 ☆開場の共有は後日connpassDMにて送付致しますので、注意願います。 推奨環境一覧 ※ご利用状況によっては下記表示以上に必要な場合がございます。 PCでは容量が不足している場合通知が表示されますので、HDD空き容量を十分に増やした後ご利用ください。 デスクトップ版 使用環境 cluster公式からの推奨環境 Windows プロセッサ:Intel Core i5-4590 / AMD FX 8350 以上※ Intel Celeron / Pentium は世代によらずサポートしておりません。メモリ:8GB 以上グラフィックス:Intel HD Graphics 540 以上ストレージ空き容量:最低 2GB 以上 Mac MacBook Pro 13インチ 2016年モデル以上プロセッサ:Intel Core i5 以上メモリ:8GB 以上グラフィックス:Intel HD Graphics 540 以上ストレージ空き容量:最低 2GB 以上 VR版 プロセッサ:Intel Core i5-4590 / AMD FX 8350 以上メモリ:8GB 以上グラフィックボード:NVIDIA GTX 970 / AMD R9 290 以上ストレージ空き容量:最低 2GB 以上SteamVRがインストールされていることその他、使用する VR HMD のシステム要件もご確認ください。Oculus RiftHTC VIVE スマートフォン版 使用環境 cluster公式からの推奨環境 iOS iPhone 8 以上 ※イベントやワールドの消費メモリ量によっては動作しない場合があります Android Google Pixel 以上 ブラウザ版 ストリーミング動画が再生可能なPC、またはスマートフォン 注意事項 イベント内容は変更となる場合がございます。 館内は禁煙です。 スムーズな運営・進行のため、主催者側で不適切だと判断した方はご参加をお断りする場合がございます。 開催概要 イベント名:勝手にARCHICADを盛り上げよう!2020 日程:2020年5月27日(水) 時間:15:00~18:00 (受付開始時間14:30) 会場:clusterの専用イベント会場(参加者に別途お知らせ) 費用:無料 応援:グラフィソフトジャパン株式会社様 主催:ワイクウーデザイン + むろまち

5/20 (水)

Fe8f431ffa8fac6642820b9ff0ac54f5 福岡XR部
実験的にVR会場も用意してみます!
【重要】オンライン参加について 新型コロナウイルスへの対応として当面のあいだオンラインのみでの開催となります。 オンライン接続にはZoomを使用し、福岡会場では以下の2通りの参加方法を用意します。 (A) 参加者が個人で直接Zoomに接続する (B) ソーシャルVRプラットフォーム『Hubs』で福岡Hubs会場に接続し、VR会場からZoom側とやりとりする どちらも接続用URLを前日〜当日にリマインドメールでアナウンスするので、どちらかの方法で接続してください。 (B)で入った後に接続が上手くいかなかったら(A)に切り替える、というのもOKです。 (A) 参加者が個人で直接Zoomに接続する 前日~当日にリマインドメールにてZoomに接続するためのURLをアナウンスするので、参加者各自のPC等からZoomで直接接続してください。 Zoomでは映像・音声およびテキストチャットでコミュニケーションをとります。(自分の映像・音声はオフにできます) こちらのほうが安定した視聴が可能だと思われます。 (B) 『Hubs』の福岡Hubs会場に接続する Hubsはブラウザで動作し、PCVR、スタンドアロンVR、デスクトップ、モバイルからアクセス可能なソーシャルVRプラットフォームです。 Hubsのルームに仮想スクリーンを設置してZoomの映像と音声を流します。また、Hubs側の映像と音声もZoom側に送ることで双方向のコミュニケーションが可能です。 (以前の回のTwitterまとめはコチラ) こちらもリマインドメールにてルームに接続するリンクをアナウンスします。 概要 XRに関する情報共有や交流の場として、 毎月第3水曜日に開催しているイベントです! 全国各地の拠点と中継でつないで、 最新ニュースや技術解説、作品紹介などなど各地の発表をみんなで聞きましょう。 発表の前後は現地の参加者同士での交流タイムです。 気になることを質問してみたり、参加者持参のデバイスを体験させてもらったり! 福岡&全国のXR好きとこれを機会に繋がりましょう! 参加対象 XR技術に興味がある方。 クリエーター・エンジニア・デザイナーはもちろんのこと、 それ以外の方や初めてお越しになる方も歓迎です! 参加費 500円 軽食・お酒・ソフトドリンク代です。 その他、差し入れも大歓迎です! 発表について 各拠点で発表者を募っています。 〇〇作ってみたので感想が欲しい 〇〇をやっているんだけど、ここからできない困った事例 これからこういうイベントやります仲間募集中! など、XRに関連する内容であれば何でもOKです。 参加してる誰かがアドバイスや解決策を提示できるかもしれません。 ※基本は先着順ですが、他会場の発表者数との兼ね合いで時間短縮や次回以降に発表をお願いする可能性があります。 スケジュール 19:00 Hubs会場オープン 運営側で会場設営やネットワークのテストなどします。 19:30 Hubs会場乾杯? 19:45 全国中継オープニング 20:00 発表・デモ紹介など 発表(LT)は、XRに関連することであれば何でもOKです! 発表が終わり次第、各会場での交流・体験の時間になります。 22:00 Hubs会場クローズ 発表内容 大阪枠 発表者 タイトル 時間 直彰 Holoニュースとか(今月のXRに関する情報共有) 30分 ホロ元 Sumire MRTK HandTrianglesShaderを読み解いてみた。 10-15分 中山北路 応用物理学会 第一回VR学術講演会 10分 TBA TBA -分 関東枠 発表者 タイトル 時間 Miyaura 今月取り組んだXR関連技術について 20分 TBA TBA -分 北海道枠 発表者 タイトル 時間 でちでちさん(@takaoyome3) 「現場に突っ込んで改良点洗い出すついでにxR売り込んで見たお話」 5-10分 福岡枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 佐賀枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 名古屋枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 会場 オンライン(ZoomおよびHubs) 他の会場 大阪 関東 北海道

4/30 (木)

189de661feb8749195246452d27454d6 AWE Nite Tokyo
NTTドコモ・MESONを迎え、世界最大のARコミュニティ「AWE」創業者オリ・インバーも登壇
概要 AWE Nite Tokyo 毎年世界中から7,000人以上の参加者が集まり、250社以上が出展や300人以上のスピーカーが登壇し、xR関連の知見を共有する一大イベントAWE。ARに特化し、グローバルのローカルコミュニティを活性化していくミッションの下、設立されたのがAWE Niteであり、AWE Nite Tokyoはその東京ブランチになります。 イチから学ぶ、AR×5Gが描く未来 日本では、3月下旬に各社から5G開始が発表され、2020年が本格的に5Gが普及する元年だと予想されます。また、大手テック企業各社がARグラス開発を進めるなか、5Gとの親和性の高いAR技術の注目度はさらに高まると考えられます。 本トークイベントでは、AR技術を活用するスタートアップのGraffity株式会社・株式会社ENDROLL・MESON株式会社と5Gを提供する株式会社NTTドコモが登壇し、そもそもAR・5G技術とは何かをご説明したのちに、各社の予想する「AR×5G」の未来をテーマにお話いたします。また、世界最大のARコミュニティ「AWE」代表のOri Inbar(オリ・インバー)もニューヨークよりオンライン登壇し、海外の最新の「AR×5G」のユースケースについてご紹介いたします。 ※報道関係者の皆さまは、connpassではなくこちらの参加フォームよりご応募ください。 日時 2020/4/30 (木) 19:00 〜 21:00 (18:30〜受付開始) タイムテーブル ※当日までに一部変更となる可能性があります。 時間 内容 18:30 〜 19:00 Zoomへの受付開始 30分 19:00 〜 19:10 登壇企業紹介 10分 19:10 〜 19:30 5Gとは何か、「AR×5G」のユースケースとは?:20分 19:30 〜 19:50 「AR×5G」で変わるエンターテイメント:20分 20:00 〜 20:30 「AR×5G」の海外でのユースケース:30分 20:30 〜 20:50 質疑応答:20分 オンライン開催 Zoomにて開催します。 前日までにconnpassにご登録頂いているアドレス宛にURLを共有しますので、ご確認のほどお願いいたします。 登壇者 Graffity CEO 森本俊亨 プロフィール 1994年生まれ。慶應義塾大学理工学部情報工学科にて機械学習を研究。ABEJA経営陣直下でのAI事業開発、PKSHA Technology AIアプリケーション開発、ドワンゴAIラボにてDeepLearningを利用した動画の次時刻予測の研究開発を経験。その後、2017年8月にGraffityを創業。昨年12月にペチャバトリリース。友達と最高な瞬間を楽しめるARゲームを一緒に作りましょう! 株式会社ENDROLL CEO 前元 健志 プロフィール 特定非営利活動法人AIESEC in Japan事務局次長として、1600人規模の組織開発および国内各支部の経営コンサル業務に従事。その後大学を中退し、WebVRのコンテンツ制作を手がけるベンチャー企業ににジョイン。歴代最年少部長職として新規事業開発を担当した後、同社を創業。これまでテレビやスマホのディスプレイの中に収まっていたゲームの可能性を解き放ち、「所詮はゲーム」で終わらない体験を作っています。 株式会社MESON プロデューサー 伊藤 淳 プロフィール 東京大学経済学部でイノベーションと経営戦略について学ぶ。 株式会社VOYAGE GROUP VR室長として、 百貨店をVR化するプロジェクトに携わる経験を経て株式会社MESONに入社。 MESONでは、プロデューサーとしてファッションやスポーツ系のプロジェクトに取り組む。 趣味は3Dモデリングと3Dプリンターで遊ぶこと。 株式会社NTTドコモ イノベーション統括部 クラウドソリューション担当 担当部長 秋永 和計 プロフィール 株式会社NTTドコモのR&Dでビッグデータチームの立ち上げや、米国西海岸でテクノロジスカウティングなどを経験。現在はイノベーション統括部にてAI/機械学習やクラウドに関連するサービスやソリューションに関連する開発や開拓に従事し、現在はパブリッククラウド戦略や、Project:SEBASTIEN(AIエージェントAPI)のプロジェクトリード、MagicLeapやVR端末を扱うxR戦略、5Gの民主化を謳う5Gイノベーションなどを担当。 Super Ventures, AWE, Ogmento Inc. 共同創業者 Ori Inbar(オリ・インバー) プロフィール ARの発展に特化した世界的な非営利組織である「Augmented Reality.ORG」の共同創業者兼CEOであり、またAR業界で世界最大のイベント「Augmented World Expo(AWE)」のプロデューサーを務めています。Augmented Reality.ORGのミッションは、ARの真のポテンシャルを引き出し、お客さまにユニークな価値を提供する取り組みを推進することです。2009年にはARゲームの開発・公開を進めるため、ベンチャー企業の支援を行う「Ogment Inc.」をいちから構想し、共同創業者兼CEOに就任しました。 注意事項 イベントの内容は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。 参加登録された時点で上記の注意事項に同意いただいたものとさせていただきます。

3/28 (土)

96a6656c6905e7a55373be7fbbaae3f2 xR Tech Nagoya
フォトグラメトリコンペ
当グループ概要 VR / AR / MR に関連する知見共有と交流を目的とした名古屋xRコミュニティです。 今回はCluster上に用意されたVR会場にてイベントを開催致します。 VR環境の無い方であっても、スマホでの参加が可能です。当日は以下リンクより入場下さい。 →Clusterイベントページ イベント内容 VR上でのフォトグラメトリ小作品コンペ&フリートーク(19:00~21:30予定) 展示者はフォトグラメトリ作品を3/25までに主催に提出し、当日展示の上観覧者に紹介を行う。 後半に投票等何かしらの評価を行い、一部入賞者には協賛からの景品を授与。 作品ルール:OBJ+Textureファイル合わせて15MB上限。 提出方法については主催との連絡の上取り決める。 展示希望、興味ある方は主催 Twitterまで連絡をお願いします。 会場設営枠としてご協力頂いた方はスペシャルサンクスとしてイベント内で紹介させて頂きます。 打順 ポジション 作品内容 ① レフト   むろまち 『求不得の修羅道』 ② セカンド  noria 『沼津の消火栓』 ③ ショート  桑山 『瓦の仲間たち』 ④ サード   Tnohito 『古の文化、象徴としてのサンダル』 ⑤ センター  せぎゅ 『Kumano Shrine』 ⑥ ピッチャー ヤス『胡椒による特徴点の変化猫』 ⑦ ライト   EIJI 『タイ料理店』 ※登壇者敬称略 東海圏外の方も気軽にご参加下さい。 № 景品一覧 ① J&Tsystems様より『Amazonギフト券3000円分』 随時募集しております。 サテライト会場参加希望の方へ(18:30~入場可) 場所:xRHouse(名古屋市中区錦1−15−8アミティエ錦第一ビル6F sharebase.InC内) VR環境無い方でもVR会場へ参加する事ができます!操作説明も致します。 xRHouse利用手引き 注意事項 サテライト会場に持ち込まれた機器はコミュニティメンバーの持ち寄り品です。故障、破損に繋がるような乱暴な扱いはお控え下さい。

2/29 (土)

96a6656c6905e7a55373be7fbbaae3f2 xR Tech Nagoya
当グループ概要 VR / AR / MR に関連する知見共有と交流を目的とした名古屋xRコミュニティです。 今回はVR会場にてイベントを開催致します。 VR環境が無い方はコワーキングスペースに集まりみんなでVRChat会場へ! イベント内容 VR上でのパネル展示&フリートーク(19:00~21:00予定) 展示者は関連したテーマを基にパネルを主催に提出(2/25〆)し、参加者とトークを行う。 会場は後日展開致します。 展示希望、興味ある方は主催 Twitter/ Facebook /『イベントのお問い合わせ』までDMをお願いします。 パネル形式:JPGもしくはPNG、横1280×縦720、2枚まで № 内容 ① サンマックス [TBA] ② ワイクウーデザイン(株式会社桑山瓦) [TBA] ③ Tnohito [TBA] ④ botamochi6277 [TBA] ⑤ イクスアール株式会社 [TBA] ⑥ segur [TBA] ⑦ ミチクサ [TBA] ※登壇者敬称略 サテライト会場参加の方へ(18:30~入場可) 場所:sharebase.InC(名古屋市中区錦1−15−8アミティエ錦第一ビル6F) ドロップイン料金として、当日1000円徴収 VR環境無い方でもVR会場へ参加できます!操作説明も致します。 VR環境に余剰(HMDやノートPC)のある方は当日提供頂けると大変助かります。 注意事項 サテライト会場に持ち込まれた機器はコミュニティメンバーの持ち寄り品です。故障、破損に繋がるような乱暴な扱いはお控え下さい。

12/21 (土)

96a6656c6905e7a55373be7fbbaae3f2 xR Tech Nagoya
冬の名古屋xR祭り!
当グループ概要 VR / AR / MR に関連する知見共有と交流を目的とした名古屋xRコミュニティです。 今回の後半では展示&懇親会と、初心者向けの大規模VR体験会を開催致します。 イベント内容 登壇セッション(13:00~15:45予定、受付は12:30~) 発表者は関連したテーマを自由に持ちこみ、プレゼンを行う 時間 登壇者名 13:00 オープニング 13:10 スポンサーセッション① ワンダープラネット株式会社 13:15 -13:50 次世代バーチャルライブエンタメへの挑戦 -35分 イクスアール株式会社 COO 小池 健輔 13:50 -14:20 OculusQuest向けアプリ開発の裏側 -30分 ワイクウーデザイン(株式会社桑山瓦) 堀越 俊行 14:20 10分休憩 14:30 -14:45 マグロ様のパーティクルライブを作ってみた -15分 せぎゅ 14:45 -15:00 XRで起業してみた。 Holotch株式会社 CEO Hiroki Koike 15:00 -15:10 大阪万博のおかげで関西のMR・XRが‥‥あついかも? -10分 ホログラム株式会社 代表取締役 橋口 和矢 15:10 -15:20 配管屋見習いがUE4使って仕事に活用した -10分 TARK 15:20 -15:30 シェーダーで行うモデリング -10分 tonoSHAKE 15:30 -15:40 自作アプリでやったMRの研究 / 被災地をフォトグラメトリすることで現れる効果 -10分 道草 15:40 -15:45 VR空間を利用した個人商店の拡張 -5分 ペット先生 15:45 スポンサーセッション② 栄Virtual Portal 15:50 運営からのお知らせ 展示ブース紹介(展示物詳細は下記参照) 16:00 展示体験会&懇親会 17:50 エンディング&記念撮影 ※登壇者敬称略 展示体験会&懇親会(16:00~17:50予定) xR展示体験会 食事付きの交流会 № 内容 ① VR体験会『同時多人数で遊ぶVRChatワールドツアー』 ② ホログラム株式会社製 低価格MRグラス『だんグラ』 展示 ③ ヨルノイシ VR用キーボードソフトウェア『Pieinput』 ④ ワイクウーデザイン『UnityJapanOfficeVR〜BIM Importer〜』 ⑤ TARK 『VRで配管職人体験をしてみよう』 ⑥ キルロボ 『Oculus QuestからプリメイドAIを操作してみる』 ⑦ VR空間創出プラットフォーム『STYLY』で空間制作 ⑧ botamochi6277 オリジナルVRゲーム ⑨ 撫子大和 『VRDrum』 ⑩ ヤス 『KinectV1で自分をobjファイルにしてみよう。(USBメモリで持ち帰り可)』 ⑪ Holotch株式会社 『簡易ホログラムキャプチャースタジオ』 ※展示者敬称略 Oculus Quest持参者募集中 #8 協賛企業・団体 会場提供:ワンダープラネット株式会社 協賛:栄Virtual Portal 注意事項 展示用に持ち込まれた機器の故障、破損に繋がるような乱暴な扱いはお控え下さい。

10/25 (金)

63d4f426e73cc664abc00e61578c33ce xR Tech Nagoya
バーチャルキャストとVR、そしてその未来
当グループ概要 VR / AR / MR に関連する知見共有と交流、名古屋xRコミュニティの形成を目的としています。 イベント内容 株式会社バーチャルキャスト CTO MIROさん登壇 ①登壇セッション(19:10~20:30予定) 発表者は関連したテーマを自由に持ちこみ、プレゼンを行う 15分トークセッション(+質問5分) 5分LT(+質問&交代5分) ②自由セッション(20:30~21:20予定) xR体験会&展示会 (HMD以外の持ち込みは事前に主催まで連絡をお願い致します) 参加者間で自由に交流 対象者 VR / AR / MR に興味のある方 会場案内 ヤフー株式会社 名古屋オフィス (名古屋セントラルタワー 50F) 名古屋セントラルタワー50Fにはスカイストリート (15F) より 高層階用エレベータをご利用ください。 http://www.towers.jp/floor/towers_15.html (JR名古屋駅構内にある高島屋横のエレベータから15Fへ行き、タワーズオフィスの高層階用エレベータに乗り換えます。ゲートタワーオフィスではありませんのでご注意ください。) 持ち物 LT発表の方はPC VR機器の持参は任意( HMD以外の持ち込みは事前に主催まで連絡をお願い致します ) 注意点 お借りする『Quest』,『Rift S』の故障、破損に繋がるような乱暴な扱いはお控え下さい。 運営側からの飲食提供はございません。 会場は飲食可ですが、ゴミ等はご自身でお持ち帰り頂きますようお願い申し上げます。