松ノ (@Matsuno_pic)


参加する勉強会

8/28 (金)

486010047cc017b3317ca9f123391bb1 Hack U
【Hack U 中部大学 2020 とは?】 Hack U は、ヤフー社員のサポートのもと、限られた時間の中で学生がプロダクトを自ら企画・開発・発表するイベント(ハッカソン)です。 他の学生と出逢い、切磋琢磨し、新しい発想・技術に触れてみませんか? 【スケジュール】 キックオフ&Meetup:2020年7月22日(水) 15:30 - 17:30 @オンライン 開発期間:2020年8月11日(火)〜8月27日(木) 開発環境構築 相談会:2020年08月12日(水) 15:30 - 17:30 @オンライン なんでも相談会:2020年08月21日(金) 時間調整中 @オンライン ※ 入退場自由、途中まで・途中からの参加も構いません 発表会:2020年08月28日(金) 13:00 - 17:00 @オンライン (終了は参加チーム数により変動) 【公式サイト】 スケジュール・ルール詳細等は以下「Hack U 中部大学 2020 公式サイト」をご覧ください https://hacku.yahoo.co.jp/chubu2020/ 【参加条件について】 参加者は中部大学に在籍する学生とする。 参加にあたっては参加同意書の提出が必要。(未成年の参加者は保護者の承諾署名が必要。) https://yahoo.jp/A6zILf (※ 同意書の提出については開催期間中にお知らせします) 参加者は、2名以上5名以下でチームを組み、指定のエントリー方法で参加申込を行うこと。 開発期間中は、各チームが自由な時間に開発を行うこと 開発期間中は、各チームが対面で集まって開発を行わないこと (コロナウイルスの感染状況の変化に伴って変更になる場合があります) 開発する作品は、ソフトウェア、ハードウェア、それらの融合など形態を問わない。 発表する作品は、開発期間に出場チームメンバーによって作成されたオリジナルのものとする。過去に作成したものや、他のイベントで発表済みの作品を発表することは不可とする。 開発する作品は、発表会場でプレゼンテーションが可能であり、作品展示時間にデモンストレーションが可能なものとする。(発火したり、極端に大きな音を発したり重いものでない。) 開発する作品は、公序良俗に反したものにしない。 開発する作品および発表資料について、OSSやAPIなどを利用しても構わないが、ライセンスを遵守すること。また著作権等には十分注意すること。(他者の著作物である漫画、CD音源、写真の無断流用等を行わないこと。) 本イベントを通して達成された知的財産は、発明者自身(開発参加チームメンバー)が所持するものとする。 本イベントの作品情報および制作過程や発表風景(写真・動画)は、主催者や取材媒体が広告宣伝活動に利用することがあり、参加者はあらかじめこれに同意するものとする。


過去の勉強会

5/10 (日)

1f58d6631d61d5a1641f8c65318431fe 東海人工知能勉強会+kaggle会
AIに関する話題に対して、情報共有や話をする会です
はじめに コロナの影響で人と話せる機会が激減していると思います。 そんな中で、交流をできる場を作れたらと思い、下のような交流会を企画しました! AIやデータサイエンスに興味をもっている方とお話ができたらよいなと思っています! 対象 AI, データサイエンス, 機械学習, ディープラーニング などに興味があるという学生(学部生、院生、経験・未経験問わず) 参加想定としては、初学者~中級者レベルの学生の方を想定しています。 日時 5/10(日) 15:00~(1~2時間程度) 場所 オンライン上 (meet,zoomを使用予定) (大部屋(全体連絡)をmeet, 小部屋をzoom(ブレイクアウトルーム)にて設置予定) 内容 トークテーマを決め、そのテーマについて話し合うことができたらと思っています。(運営面的に拙い部分があるかと思いますが、是非ご参加していただければと思っています!) 具体的な内容については以下の通りです! 自己紹介・顔合わせから 最近の近況報告 (本題) 何かテーマを決めてそれについて情報共有だったり、話をする (テーマ例としては、以下のようなもので、当日に発表するかもしれません) ・最近気になったニュース(AI系) ・最近の勉強会(自分が参加してみたものの共有、気になっているもの等) ・covid-19 に応用できる機械学習について

5/4 (月)

Cca624385781283ffacd586a92755f08 OthloTech
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 今回は会津大学の公認サークルZli(じらい)さんと合同でLT会をします! LT(ライトニングトーク)とは 5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。「Lightning Talk(s)」の頭文字を取って「LT」と略される。 ライトニングトークとは - はてなキーワード LTのテーマ・何をLTすればいいの? ITに関することであれば大丈夫。エンジニアリングやデザイン、その他面白い話をぜひ! 発表枠は5分ですが、短くても全然OKです。気軽にゆるふわな会にしましょう。 LT内容(一例) 最近気になってる話題 今まで自分が作った作品紹介(苦労したこだわりどころなど) 新しく挑戦してみた技術の話 自分はこうやってデザインをしています 以前にはこんなタイトルのLTもありました。 Webデザインの配色について Mac標準プレビュー.appを使い倒す 機械学習は魔法じゃない 個人的にAWSの素晴らしさを紹介 ヨーロッパ旅行で見つけた各国のIT事情 LT発表 タイトル 発表者 Webフロント開発?それ、Kotlinでもできるよ。 マヤミト 未定 tashiro 未定 うじまる 未定 モリシタ ユウヘイ 未定 じぶりん 未定 チキング テラスハウスから学んだチーム開発を成功させる方法 きなこ YouTube Player API でWebアプリケーションを作ってみた話。 ReE=Rishun レイヤードアーキテクチャ=DDDだと思い込んでいた人間が語る、設計指針の大切さ くろちゃん 私は競馬が大好きだ アオキ タイムテーブル 入退室は自由となっております。都合の悪い方は途中退出していただいても問題ありません! 時間 内容 19:00 開場 19:10 LT 21:00 懇親会 会場 会場:zoom 住所:オンライン 備考 お問い合わせは、公式ウェブサイトのフォームからお願いします Zliについて Zliは、会津大学公認の技術系LTサークルです。 技術力とアウトプット力の向上を目的に、LTや勉強会などの活動を継続的に行なっています。 公式Twitter: @ZliOfficial OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech

1/18 (土)

No image 108x72 g NGK2020S
イベント全体の詳細は https://ngk2020s.netlify.com/ でお知らせしています。 スポンサー募集要項 https://ngk2020s.netlify.com/call-for-sponsors.html をご覧ください。 タイムテーブル ご都合に合わせていつでも入退場できます。 開始時刻 開始時刻 終了時刻 開場 13:00 受付 13:00 13:30 ※LT開始後も入場・退場はいつでも可能です。 オープニング 13:30 13:40 運営より諸注意中京テレビ代表者 ご挨拶 LT1 13:40 14:15 * terurou スポンサー: デンキヤギ 『自社サービスにDurable Funcionsを採用した話』 * dabits『ISUCONボツ技かるた』 * HaochenXie『計算モデル2flow』 * Haru_Yakumo『"自作キーボードを作る会"を作ったわよ!』 * kaizen_nagoya『「量子アニーリングの基礎」を読んで』 * Kazuhito00『市販のプレゼンソフトに満足できなくなったお話(画像処理編)』 休憩 14:15 14:25 LT2 14:25 15:00 * スポンサー: オプティマインド * keita44_f4『Homebrewの話』 弩 .net『Webアプリ開発効率化のためキャッシュ自動更新ツールを作った』 kojimadev『生産性を倍にしたハピネスチームビルディング』 * momocus『わたしが好きそうなネット小説をおすすめしてくれるやつ』 * aua208『アカダクツワラビ』 (1名欠員) 休憩 15:00 15:15 LT3 15:15 15:50 * ueponx『Node-RED UG TokaiとSeeed UGの活動に関して』 * shimamchan『Javaにまつわるウソ?ホント?』 * tsubokoh『LaravelでGraphQLを試してみた』 * warumonogakari『エンジニアや非エンジニアの関わり方に苦労している方 Meetupのお誘い』* yoshihiro503『Tezosが実現するCoqで契約書を書く未来』 * スポンサー: 来栖川電算 休憩 15:50 16:10 LT4 16:10 16:45 * スポンサー: CTC * くぅ - kuu『Better Java なだけじゃない Kotlin の思想と未来』 * こてつ『持病を楽しくhackしよう』 * とりさん『phpで行うサーバー構成管理』 * katzueno『DojoCon Japan 2019 を名古屋で開催した話』 * はんぺん『テニスの動画の分析』 休憩 16:45 16:55 LT5 16:55 17:30 * hpp『Gatsby.js 布教計画』* You&I『名古屋アジャイル勉強会の活動紹介』 * ゆいな『ダムはいいぞ』 * 戸ヶ里 健晟『Stay Hungry.』 * ノリノリたかのり『令和時代のIoT無限ループ』 * Tomotsune Murata『ギークバー新体制の約1年間』 クロージング 17:30 17:45 移動 17:45 夜の部申込者で開場に向かいます 夜の部 18:30 一般LT枠 1次募集→採択済み 会場を利用できる時間帯とスポンサーLT数から一般LT枠を25枠に増やし、以下の23名を採択しました。 発表順は近々発表します。 この時間帯に発表したいなどあれば調整するので連絡ください。 2次募集→採択済み 一般LT枠が26枠になるように、「3名」追加募集します。 当日までに一般LT枠やスポンサーLT枠でキャンセルがあった場合は、追加募集もその分増やします。 1次募集で Reject された方も要旨を修正の上、再応募できます。 LTレギュレーションをご覧の上、2020年1月11日(土) 23:59(JST) までに、応募フォームで必要事項を送付 してください。当落は2020年1月12日(日)中に発表します→発表しました。 LTレギュレーション LTを希望される方は、必ず本レギュレーションを遵守ください。 毎年、故意・過失でレギュレーション違反があり、遵守されている方から苦情をいただきました。 今年度は試験的に、レギュレーション違反を防ぐ取組をします。 少し手間が増えますが、ご協力おねがいいたします。 一般LT枠&スポンサーLT枠 機材や発表方法について プロジェクター:アスペクト比16:10、接続方法HDMI(Mini Display Portなどアダプタをいくつか用意しますが、非互換のおそれがあるのでご自身で用意するとより安全です) 発表PC、通信回線はご自身で用意ください。 登壇席にはマルチタップを用意します。 発表資料は、発表の前後いつでも本ページ、SpeakerDeck、自身のウェブサイトなどに公開してもしなくても構いません。 発表への質問や意見を受ける何らかの手段(Googleフォームなど)を利用しても構いません。 アンチハラスメントポリシー を一読し、遵守ください。 IT系コミュニティ合同のイベントではありますが、LT内容は必ずしも「IT」にこだわる必要はありません。例年、広島カープ、チョコレート、京都の風光明媚な写真などなど、様々なトピックが出てきます。 LTは持ち時間1人5分厳守です。5分経過して合図(ドラ)が鳴ったら拍手とともに強制終了です。時間が余っても5分経過されるまで放置されます。 一般LT枠 ゴールドスポンサー以外での自社や取引先を含む製品の宣伝、求人などの営利行為は禁じます。直接LT中に触れなくても、PCの壁紙やスライドのヘッダーなどにロゴ、宣伝文句などを掲載するのも禁止です。行いたい場合はゴールドスポンサー枠をお申し込みください。 利益供与を受けていなければ、自分の好きな製品(ライブラリ、アプリ、サービス、ガジェット、グッズなど)を紹介するのは構いません。 本ページで一般LT枠に参加申込の上、2019年12月28日(土) 23:59(JST) までに、応募フォームで必要事項を送付 してください。 期日までに送付ない場合、あるいはポリシーに抵触する場合、その他運営が必要と認めた場合は、Reject いたします。 2019年1月5日(日) までに採択された発表者を選定します。 Rejectされた応募者を差し引いても、応募者数が参加LT枠を上回った場合は、厳正に抽選を行います。 Reject やキャンセルを含めて一般LT枠が余った場合は、1月10日までに追加募集をし、1月13日までに確定します。

11/21 (木)

74554961934d36610d4c9cd002fb6e27 TECH CAFE(名古屋エンジニア学生フリースペース)
学生限定のもくもく会です。毎週もく曜日定期開催。
2019年11月1日にオープンしたエンジニア学生フリースペースでもくもく会を開催します! 名古屋市中区千代田2-10-2-3(鶴舞駅徒歩5分) お菓子も用意するのでもぐもぐしながらもくもくしてください!

10/6 (日)

5b8b230014f7297b55ca5ad3b069e2c5 OthloTech
はじめに OthloTechは東海圏のIT界隈を盛り上げることを目標に活動しているコミュニティです。 学生同士の繋がりを広げるために、月1-2回のペースでイベントを開催しています。 現役の学生であれば所属学校、年齢は問いません。どなたでも参加いただけます。 今回はヤフー株式会社様のご協力で「事例で学ぶ Webデザイン基礎」を開催します。 ※ 学生限定のイベントです。社会人の方は参加できません。 ※ 16歳未満の方のイベント参加には、保護者の同意が必要です。 イベント概要 デザインの基礎について、ヤフーでの事例を交えながら学んでいきます! 「デザイン」と聞くと何を想像しますか? グラフィックデザイン、ファッションデザイン、インテリアデザイン…視覚的な表現技法や造形についてをイメージする人も多いかと思います。 しかし、ここで言う「デザイン」とは問題に対する解決方法を指します。 「デザイン」は、デザイナーだけではなくエンジニアやマーケッターなど「ものづくりに携わる全員」が知っておくべき、問題解決のための共通言語です。 このイベントでは、デザインの基礎を学んだ後に、実際のWebの現場においてデザインがどのように必要になってくるのか、どのように生かされているのかを学ぶことができます。 イベントで学ぶこと デザインの基礎 今のWebの現場で行われているデザイン ヤフーでの事例 安心を与えるブランド全体のデザイン、反対にダメデザインが引き起こす機会損失や経済的インパクト 実際のWebの現場におけるデザイナーの働き方 ワークショップ「ヤフーのページを設計してみよう」 実際に手を動かして学んだ内容を実践してみます。 ヤフーのページから必要な情報を取り出し、再度整理してみて、良いデザインとだめなデザインについて考えて見ましょう。 こんな人におすすめ デザインに興味ある学生 デザイナー志望の学生 UI/UXデザインに興味のあるエンジニア志望の学生 ヤフーのデザインに対する取り組みに興味がある学生 デザインについての経験は問いません。経験者、未経験者どちらでもご参加いただけます! タイムテーブル 時間 内容 13:30 受付開始 14:00 イベント開始 14:15 講義 15:45 休憩 16:00 ワークショップ 17:00 懇親会 18:00 クロージング 備考 connpassでの参加登録時に名前と所属(学校名)をお伺いします。これは当日オフィスに入館するために必要な情報となりますので、ご了承ください。 懇親会での軽食の提供 : なし 会場 ヤフー株式会社 名古屋オフィス 〒450-6050 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ 50階( 地図 ) Wi-Fi : あり / 電源 : あり ※ オフィスのある50階には、オフィスロビーのある15階で高層階用のエレベーターに乗り換える必要があります(オフィスフロアへの行き方について) ヤフー株式会社について Yahoo! JAPANはインターネットの力で日本のあらゆる課題を解決する「課題解決エンジン」をミッションに掲げ、「UPDATE JAPAN」という世界の実現を目指しています。 ▼Yahoo! JAPANのHP・SNS コーポレートサイト Twitterアカウント Facebookページ OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。 専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。 学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼今年も東海地方最大規模の学生ハッカソンを開催します! OthloHack2019 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Twitterアカウント Facebookページ

8/4 (日)

5b8b230014f7297b55ca5ad3b069e2c5 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月2回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 今回は株式会社Activate Data様のご協力により、「AI・機械学習に1日で入門するための速習ハンズオン」を開催いたします。 講師としては株式会社Activate Data CEO 森田 尚也さん・ COO 荒川 準也さんをお呼びしています。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は参加いただけません。 イベント概要 Python未修得者(他言語を少しでも触れたことがある方)を対象とした、AI・機械学習の面白さを知っていただき学ぶキッカケにすることを目標としたハンズオン形式スキルアップイベントです。 一般的にAI・機械学習と聞くと難しい統計的知識・数学知識が必要になると認識しているかと思います。 勿論、実務レベルでデータサイエンティストとしてAI・機械学習を用いるのであれば学術的知識は必要となりますが、AI・機械学習がどのような物かどんなことができるかを試してみるのであれば、そのような知識は不要です。 AI・機械学習の概要を理解し、pythonを少し扱うことができればどなたでも簡単にトライして頂くことは可能です。 そこで、本イベントでは「AI・機械学習の面白さを知っていただき、自発的に学ぶキッカケ作りをする」ことを目標とします。 具体的には、以下のことを学びます。 Pythonの開発環境構築(Anaconda) Pythonの基礎 教師あり学習(Random Forest, CNN) 簡単なデータ前処理方法 簡単な画像処理方法 簡単なwebアプリの実装 こんな人におすすめです AI・機械学習に興味がある Pythonを書いてみたい!もしくは既に書いているという方 将来有望な機械学習エンジニアになるためのロードマップが欲しい方 AI・機械学習が自分でもできるものか確かめたい方 このイベントでしか手に入らない特別情報を手に入れたい方!! ※機械学習未経験者の方でも気軽にご参加いただけます。 おねがい Anacondaのインストールをお願いします。 タイムテーブル 時間 内容 9:30 受付開始 10:00 - 12:00 Python基礎講座 12:00 - 13:00 お昼休憩 13:00 - 15:00 教師あり学習(NN, CNN) 15:00 - 17:00 機械学習を使った簡単なプロダクト作成 17:00 懇親会 18:00 クロージング 会場 場所 : CODE BASE NAGOYA 住所 : 愛知県名古屋市中区葵1-23-14 プロト葵ビル6F アクセス : 地下鉄東山線「新栄町駅」2番出口より徒歩1分 持ち物 【必須】AnacondaのインストールされたPC&充電器(Mac, Linux, Windows) 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり 株式会社Activate Dataについて Activate Dataは、2018/12に創業した、非常に若い会社です。 現在、主にAIシステム開発と即戦力AI人材育成の二つの軸で事業展開を行なっております。 AIシステム開発と即戦力AI人材育成の二つの軸で事業展開を行なっていることが弊社の強みで、AIシステム開発で培ったノウハウを即戦力AI人材育成プログラムに組み込むことにより、【実務を行う前から実務経験に近い経験を積む】ことが可能です。 そのため、弊社の即戦力AI人材育成プログラムへ参加して頂ければ、AI人材として就職・転職してすぐ戦力となる市場価値の高い人材を目指すことが可能です。 即戦力AI人材育成プログラム参加申し込みリンク:https://business-ai.connpass.com/ 会社情報:http://www.activate-data.com/ ▼SNS facebookページ instagramページ twitterページ OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。 専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。 学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Twitterアカウント @OthloTech Facebookページ