KenichiYamamura (@Ken_Yamamura)


参加する勉強会



過去の勉強会

4/22 (月)

357597bac4890e23f0a2ff38f3a42488 ABEJA Cloud AI Night
AI Meetup! 学生さんは無料で参加いただけます!
AI民主化はさらに加速します。今回から学割枠追加。学生の方は無料で参加いただけます! 概要 ABEJAが主催する「ABEJA Cloud AI Night」は、「スケールするAI」をテーマにしたエンジニア向けトークイベントです。 東京で定期的に開催しておりますが、2018年3月に初の名古屋開催。その際の反響の大きさに主催側も驚き、継続的に開催しています。 西川コミュニケーションズは「ここ」が名古屋での "AIのメッカ" となるよう引き続き活動してまいります。 今回は、8,000名以上の登録と、大盛況のうちに終わった「SIX 2019」のWrapUpも兼ねての開催です。 AI界隈の東京の最新情報を取り入れながら、地元名古屋でのAIを盛り上げて行くため、AI活用にご興味のある皆様と一緒に、深く、そして将来についてディスカッションする機会にできればと思いますので、奮ってご参加ください。 また、本イベントでは学習をしていただくと共に、参加者と登壇者のコミュニケーションを深めていただくために懇親会にもご参加をいただくことを前提としたチケットのみをご用意しております。 今回からは、学生さんにも広く参加いただき地元企業のことを深く知ってもらえる場となるよう、学割を設けました。大学生、専門学校生の方は無料で参加いただけますので、お誘い合わせの上お越しください。(当サイトから申し込みの上、当日受付にて学生証を提示ください。) 開催概要 日時 2019年4月22日(月) 19:00〜(18:30〜 受付開始) 場所 西川コミュニケーションズ株式会社 名古屋本社名古屋市東区東桜2-11-16 西川ビル(地下鉄桜通線 高岳駅から徒歩5分) 参加費 1,000円(懇親会費を含みます)※学生は無料 タイムテーブル 時間 概要 登壇者 18:30 開場・受付開始 19:00 開始・会場案内 19:05 recap ALL SIX 2019 株式会社ABEJA村主 壮悟さん 19:30 recap SIX 2019 by Tryeting 株式会社トライエッティング長江 祐樹さん 19:55 SIX 2019、他のカンファレンスとどうちがう?参加してどうなった? 登壇者&参加者でのパネルディスカッション 20:10 ディープラーニングで顧客ランク予測にトライ! 西川コミュニケーションズ株式会社加藤 大輔さん 20:25 LT1「Amazon SageMakerで機械学習始めました」 インフラエンジニア 菅沼 祐太さん 20:35 LT2「当日のお楽しみ」 飛び込み確定 20:45 懇親会(飲み物と軽食を用意します) 21:30 解散・撤収(みんなで片付け) 飛び込みLTについて 以下のようなテーマでの5分ほどのLT(Lightning Talk)登壇者をお待ちしております!! SIX 2019に参加したよ、な話 機械学習のデータや実装、運用にまつわる話 ※何かしらのサービスの紹介にとどまるようなお話、営業や採用目的のお話はご遠慮しています。 参加について 参加費+懇親会費として 「1,000円」 必要となり、チケットは本1種類のみです。懇親会まで参加して、登壇者の方や参加者の方とコミュニケーションの場としていただけたらと思っています。 参加費は 「事前支払い」 になりますのでご協力お願いいたします。PayPalアカウントが必要です。 都合が付かなくなった場合は早めの 「キャンセル処理」 をお願い致します。 キャンセルの場合でも 「参加費の払い戻しは行いません」 のでご承知おきください。 受付で申し込み時のお名前を確認させていただきますので、「名刺2枚(内1枚は名札用)」をご準備ください。 注意事項 本イベントは有志のイベントとなり、勧誘、営利、宣伝、ヘッドハンティング等を目的とした参加はお断りをさせていただくことがあります イベントタイムテーブルは予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。 会場の設備、備品を汚損、破損、または紛失された場合はその損害を賠償していただきます。 乗り物を運転される方へもアルコールの提供ができません。ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。 貴重品の管理は各自でお願いいたします。万一盗難・紛失等の事故が発生しても、主催者では一切責任を負いません。 勉強会前は・・ ABEJA Platformのワークショップ(ハンズオン)を開催しています。ぜひお時間があえばこちらもご参加ください。 https://cloudai.connpass.com/event/125658/ 主催 ABEJA & NICO 有志

3/10 (土)

6db2d8242e1b24c4d5d42b466badbf07 Cogbot コミュニティ
出張Cogbot!名古屋編だよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧
イベント概要 名古屋初開催のCogbot勉強会 東京では毎回定員を大きく上回る参加申し込みがある人気コミュニティイベント「Cogbot勉強会」を名古屋で初開催します。 高度なプログラミング技術やAIに関する知識がなくてもAIを利用できる各種サービスを利用してみませんか? 今回はサービスの概要や魅力を聴けるセッションのほか、実際に触れて使ってみることができるハンズオンもご用意いたしました。 是非ご参加ください! ※LT発表者していただける方を定員になるまで絶賛募集しています! Cognitive Services とは "AIの民主化" を掲げる Microsoft が提供する、API呼び出すだけで利用できるAIの人工知能パーツ群です。 画像認識や自然言語処理、音声の処理など多くのサービスが用意されており、SDK や REST API を利用して、手早く簡単に利用できます。 公式サイトですぐに試せるデモも多く用意されています。 Microsoft Cognitive Services また、独自のデータで独自の学習モデルを構築したい場合は、Azure Machine Learning や ディープラーニングのライブラリ Cognitive Toolkit もあります。 Azure Machine Learning services Microsoft Cognitive Toolkit (CNTK) Bot Framework / Azure Bot Service とは チャットによるコミュニケーションが加速している中で、多様化するチャットツールに対応するのはなかなか難しいものがあります。 Slack、Skype、Facebook Messenger など、組織や用途によって異なるチャットツールですが、これをひとえに統合して開発できるとしたら? Bot Framework と Azure Bot Service なら、Node.js や .NET のSDKや、REST API を使って簡単にチャットを拡張することができます。 Microsoft Bot Framework Azure Bot Service 開催概要 項目 内容 日にち 3/10 (土) 時間 12:30 〜 開場, 13:00 〜開始予定 会場 日本マイクロソフト 中部支店 タイムスケジュール 時間 内容 スピーカー/担当 12:30 〜 13:00 開場・受付 ※ 21F でスタッフがご案内いたします 13:00 〜 13:05 概要・会場の説明など (5分) 榊原 13:05 ~ 13:45 Cognitive Services 概要説明 大森さん(日本マイクロソフト) 13:45 ~ 13:55 休憩 (10分) - 13:55 ~ 14:35 Bot Framework 概要説明 瀬尾さん(Microsoft MVP) 14:35 ~ 15:10 名古屋おやつタイム(△) & LT (14:45~) 参加者のみなさま 15:10 ~ 16:40 CognitiveServicesを使ったハンズオン 参加者の皆様/サポートスタッフ 16:40 ~ 16:20 休憩 (10分) - 16:20 ~ 16:45 ショートセッション 1 林 広宣 16:45 ~ 17:10 ショートセッション 2 久米 史也 (Microsoft MVP) 17:10 ~ 17:30 歓談、撤収 - △ 名古屋のおやつを食べながら英気を養い、続くハンズオンに備えましょう!(おやつは用意いたします) ※ セッション内容は都合により変更になる場合があります。 ※ セッション時間は場転込みです。 ハンズオンについて 今回は実際に作ってお試しいただけるハンズオンを予定しています。ハンズオンをより楽しむために、事前にご準備をお願いいたします。 せっかくの機会ですので、ぜひ皆さんでハンズオンを楽しんでいただきたいと思いますが、どうしても PC を用意できないなどの理由のある方には、スタッフや周囲の方がデモなどをお見せできる・・・かもしれません。(人数によります) 持ち物 インターネットに接続できるノートパソコン (Windows) Microsoft Azure Trial Account(以下の「事前準備」のURLから取得可能です)  事前に試用アカウントを作成し、Microsoft Azure Portalにアクセスしておくとスムーズです。 電源に限りがあるため、可能な場合電源タップなどをお持ちください(電源は床埋め込みタイプのためアダプタは直接接続できません。) 事前準備 Visual Studio 2017 をインストールしておきましょう。エディションは問いません。当日、会場でインストールしようとすると貴重なハンズオンの時間を消費してしまいます。 https://www.visualstudio.com/ja/vs/ Azure Trial Account をこのリンクから取得し、事前にMicrosoft Azure Portalへアクセス可能なことを確認しておきましょう。 「Azure の無料アカウントを今すぐ作成しましょう」 https://aka.ms/cogbot_feb21 会場に関する注意事項 入場について 会場21Fで入館手続きを行います。入館後の会場の出入りはスタッフの立ち合いが必要となるため、都度ご相談ください。 無線LANについて 会場に無線LANの用意があります。自前の無線アクセスポイントを立てることは、 スピーカーのデモなどに支障が生じますのでご遠慮ください。 電源について 会場には一部電源がございますが、延長ケーブルなどの用意はありません。常識の範囲内で、譲り合ってご利用くださいませ。 協力 会場提供 日本マイクロソフト株式会社 おやつスポンサー オモシロインク 懇親会について 当日勉強会終了後、ささやかながら懇親会を別会場にて開催する予定です。 当日参加ご希望の有無を確認させていただきます。 ※場所は勉強会会場近く、費用は¥4000前後を予定しています。