影白 (@KageShiron)


参加する勉強会



過去の勉強会

12/16 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
dotNET600とは? 「周りに自慢したいこんなスゴい技術があるのに発表する場が無いんだよな...」 こんな声に答え、従来からあるレベル100~500よりさらに上のレベル600を発表するdotNET600を設けました。 dotNET600は、参加者のレベルを気にすることなく、プレゼンターが今必要と感じている、.NETに関する高度な技術を思う存分に発表するイベントです。ぜひこの機会に、第一線で活躍している方々の「今」を共有しましょう。 タイムスケジュール ※ 調整中 時刻 内容 カテゴリー 発表者 10:00~10:30 (開場準備) 10:30 開場 10:30~11:00 受付 11:00~11:30 HoloLensを利用した遠隔3Dコミュニケ―ション HoloLens Tomoki Hayashi 11:30~12:00 Write common, run anywhere CLR Kouji Matsui 12:00~13:00 ランチタイム 13:00~13:30 Technical Community: Now and Future(仮) MVP Rie Moriguchi 13:30~14:00 TinyCLR OSのポーティング Device Takashi Matsuoka 14:00~14:30 F# 探検隊 ~ =の謎 ~ F# pocketberserker 14:30~15:00 休憩タイム 15:00~15:30 ライトニングトーク 15:30~16:00 CLIとBCL CLR Shozo Arai 16:00~16:30 .NetとAI AI Ryota Togai(garicchi) 16:30~16:45 (会場清掃) 16:45 閉場 登壇者 ※ アルファベット順 カテゴリー 名前 所属 HoloLens Tomoki Hayashi 株式会社デジタルレイ CLR Kouji Matsui Center CLR MS MVP プログラム Rie Moriguchi 日本マイクロソフト株式会社 Device Takashi Matsuoka Seeed株式会社 F# pocketberserker FSUGJP CLR Shozo Arai 日本マイクロソフト株式会社 AI Ryota Togai(garicchi) 静岡大学 ライトニングトーク ※ 調整中 タイトル 発表者 はじめてのPC自作入門 くぅ@fumiya_kume 備考 会場後方にはAsk the speakerコーナーがあります。セッション中わからないことがあれば、終了後により詳しく聞くことが出来ます。 参加費用について 皆様から徴収する参加費用は、全額会場利用費に充てます。 残金が発生したときは、次回の会場利用費に積み立てします。 飲食について 会場内での飲食は可能ですが、ゴミは各自でお持ち帰り下さい。 また、ランチタイムはdotNET600からの飲食の提供はありません。会場周辺には飲食店が多数あります。 懇親会について 本会が閉会後、懇親会の開催を予定しています(会場周辺の飲食店に移動します)。参加者は開会冒頭で確認しますので、ぜひご参加ください(費用等は検討中) 遠方からお越しの方へ 新幹線の場合は、名古屋駅で下車して名古屋市地下鉄東山線で伏見駅(または栄駅)へ。会場まで徒歩10分程度です。 飛行機の場合は、中部国際空港(セントレア)から名鉄ミュースカイで名古屋駅まで。以降は上記と同じです。 会場ビルにはテナントが多数入っています。また、名古屋中心部ということもあり、周辺にも多数の店舗があるので、参加ついでに見て回るのも良いと思います。 ビデオ撮影について 会期中、ビデオ撮影を行いますが、プレゼンターと画面キャプチャのみで参加者側は撮影しません (但し、質疑応答がある場合に音声が録音される可能性はあります)。 ストリーミング配信ではなく、録画→後日公開です。 また、公開については各プレゼンターの判断で行いますので、公開手段の不統一、必ず公開されるとは限らない事にご注意下さい。 協賛 .NET Fringe Japan ALGYAN名古屋支部 Microsoft Student Partners Japan

12/10 (日)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※学生限定のイベントです。社会人の方は申し訳ありません。 イベント内容 忘年会LTパーティ! LT(ライトニングトーク)とは 5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。「Lightning Talk(s)」の頭文字を取って「LT」と略される。 ライトニングトークとは - はてなキーワード LTのテーマ・何をLTすればいいの? ITに関することであれば大丈夫。エンジニアリングやデザイン、その他面白い話をぜひ! 発表枠は5分ですが、短くても全然OKです。学生だけですので、気軽にゆるふわな会にしましょう。 今回は12月に開催ということで忘年会!2017年の締めくくりとなるようなLTをお待ちしています! LT内容(一例) 最近気になってる話題 今まで自分が作った作品紹介(苦労したこだわりどころなど) 新しく挑戦してみた技術の話 自分はこうやってデザインをしています 以前にはこんなタイトルのLTもありました。 Webデザインの配色について Mac標準プレビュー.appを使い倒す 機械学習は魔法じゃない 個人的にAWSの素晴らしさを紹介 ヨーロッパ旅行で見つけた各国のIT事情 タイムテーブル 入退室は自由となっております。都合の悪い方は途中退出していただいても問題ありません。 当日はOthloTechが軽食(ピザ等)とお酒・ソフトドリンクを用意します!LTを聞いたり参加者と交流しましょう! 時間 内容 17:00 開場 17:30 開会のあいさつ 17:45 LT(第1部) 18:45 休憩 18:50 LT(第2部) 20:00 LT終了・投票 20:10 結果発表 + 表彰 20:30 クロージング 発表者 決まり次第順次更新してきます!発表順は当日ランダムで決定します。 発表枠に申し込んだ方は後日で構いませんのでタイトルと、ページに表示する名前を教えてください。 氏名 タイトル ぽこひで LTを楽しくするChrome拡張「Recho」作った くぅ LT のやり方 KatsuakiTakagi monacoinをはじめてみた いっちゃんとか、ヒロとか 学生の特権まとめてみた @ジュジュ 低レイヤの歩き方 影白 MacとWindowsを併用する環境構築 Ryoga CustomVisionServiceを使って抵抗仕分けてみた 小柳 陽光 VR2.0時代~クロスモーダル知覚と身体所有感による超臨場感~ オザキ 量子コンピュータのざっくりとしたまとめ iked 初めてのUnity うぃる Othlohack2017のつづき 久保 怜也 WebでマルチVRゲームを作ってみた 鷲見陽介 外国人留学生の就活Webサービスについて RyoheiMasujima Unity ちーず web制作におけるUXデザインのお話 すなお ロゴデザインについて gasso 1年で月10万ビュー行って見た(仮) ryoka 結局、何になりたいの? 会場 会場:LIB SPACE 住所:名古屋市中区栄3丁目7番22号 栄928ビル 4階A号 アクセス:地下鉄東山線・栄駅から徒歩4分 地下鉄名城線・矢場町駅から徒歩7分 地下鉄鶴舞線・伏見駅から徒歩14分 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はありませんので、譲り合ってご利用ください) OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼10/7,8に第2回目となる学生ハッカソンを開催しました OthloHack2017 Twitterモーメント

11/23 (木)

開催概要 毎年恒例!名古屋開催のプロ生勉強会です!2010年から続いて8回目です! 興味があれば誰でも参加 OK、IT・開発系でテーマいろいろの IT 勉強会です。 東京開催では、半分ぐらいが初めて参加される方です。お気軽のご参加ください。 当日は、YouTube Live での配信も予定しています。会場へ参加できない人はオンラインから参加お願いします! プログラミング生放送について マスコットアプリ文化祭2017 を開催中です! 作品の応募をお待ちしております。 プログラミング生放送(プロ生)は、IT 勉強会を開催している IT・開発系のコミュニティです。 プログラミング生放送 過去に行った勉強会 今年も「プロ生ちゃん Advent Calendar 2017」開催します。準備お願いします! タイムテーブル(予定) 時間 担当/発表者 内容 12:30〜 プロ生 受付開始 13:00〜 プロ生 オープニング 13:10〜 荒テック (Sora Arakawa)さん セッション発表枠1 14:10〜 くぅ@あああああ‏さん影白さん ショートセッション発表枠 15:10〜 イキリ大学生(GPA 2.03 )さん セッション発表枠2 16:10〜 まぐろさんチームさん セッション発表枠3 17:00〜 - LT発表枠 17:30〜18:00 プロ生 クロージング&会場完全撤収 18:30〜 希望者 懇親会 セッション感想のアンケート セッション/ショートセッション情報 「当日のお楽しみ」by 荒テック (Sora Arakawa) @arkw0 さん(50min) 「Azure WebAppsあたりについてお話します 」 by イキリ大学生(GPA 2.03 )@soiya1919 さん (50min) 「ApolloLakeとSHA拡張命令(仮)」by まぐろさんチーム‏ @MagurosanTeam さん(40min) 「準備中」by 影白‏ @KageShiron さん(30min) 「一般公開されたVisual Studio App Center を実際に使ってみて感じたこと」by くぅ@あああああ‏ @Fumiya_Kumeさん(20min) 「MvvmCross(予定)」 by jz5(未確定) LT 大会 ライトニングトーク大会参加者を募集中です。 「ArduboyでLTタイマー(仮)」 by まぐろさんチーム‏ @MagurosanTeam さん 荒テック (Sora Arakawa) @arkw0 さん(未確定) 参加費・参加資格 無料 興味があれば、誰でも参加できます 未成年の方は保護者の許可を得て参加してください 会場案内 日本陶磁器センター 3階 大会議室 地下鉄桜通線「高岳駅」2番出口より徒歩約6分 地下鉄東山線「新栄町駅」 1番出口より徒歩約6分 持ち込んだゴミはお持ち帰りください。 懇親会 懇親会は別途 参加登録が必要です 懇親会費: 4,000円を予定(学生はそれ以下の予定) 申し込みはこちらからお願いします。 → https://atnd.org/events/92253 ※ 懇親会は禁煙です

10/29 (日)

No image 108x72 g nagoya.bin
nagoya.binとは 名古屋で低レイヤーな勉強会ってなかなか無いよね!じゃあやるか!ということで発足した勉強会です。今回はLT形式で、5分または10分程度の発表を行います。 追記 参加者席が埋まったので多少狭くなってしまうかもしれませんが、増席しました! 10分を超えるLTも状況によって可能です。運営にご相談ください。 追記 10/27 14:30 LT順を公開しました(下記参照) 。未定の方が多かったのでとりあえず名前だけ並べてあります。内容が決定したらご報告いただけると、反映する予定です。 まだLT枠が空いていますので、興味のある方は応募をお忘れなく! 当日時間があれば飛び込みも可能にする予定ですが、事前にLT参加を申請されている方が優先となりますのでご注意ください。 また、台風が近づいているようです。10/29(日)はまだ大丈夫だと思いますが、12時地点で暴風警報が発令されている場合など、運営の判断で中止にする場合があります。中止の場合メールとこちらのページで連絡しますので当日ご確認ください。 追記 Discordサーバーを立てました Discord: https://discord.gg/DSdJ7me LT発表者の方はTwitterやDiscordなどで内容を教えてくだされば、このページに追記いたします。 対象者 低レイヤーな内容に興味のある方。初心者、学生歓迎です。運営含めて参加者に学生も多いので、ぜひ気軽に申し込んでください。 LTとは LT(Lightning Talk)は、5分や10分のように短い時間でのプレゼンテーションを連続して行っていくプレゼンテーションです。 テーマ 今回のLTは難易度は簡単め、あなたが低レイヤーだと思うことならなんでもOKです。電子回路、バイナリ解析、OS自作、etc... ちょっとマニアックな発表をするチャンスかも!初心者の方もぜひ登壇にチャレンジシてみてください。 スケジュール 途中入退室OKです。また、時間についてはLTの人数や時間によって調整します。 時間 内容 13:30 開場 14:00 開始(運営やmisocaさんの挨拶など) 14:15 LT開始 17:00頃 交流会 18:00 終了 終了後の懇談会について当日確認する予定です。 LT順 ランダムで並べました。順番変えてとかがあれば別途ご連絡ください。(敬称略) 発表者 発表内容 wata2ki KageShiron 友利奈緒(K_atc) who3411 _ktwr Masaki [email protected]まぐろ? くぅ - kuxu megumish KernelのExploit楽しいな kekyo 会場 会場:株式会社Misoca セミナールーム 住所:名古屋市中村区名駅2丁目35番22号 メビウス名古屋ビル2階 名古屋駅付近です。 Wi-Fi、電源あり。 発表順 順次ランダムで決定されます 共催 : MSP(Microsoft Student Partner) Microsoftの製品や技術で開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝える学生団体です。 IoTLT IoTに関するLT大会を開催しているグループです。 https://iotlt.connpass.com/ 運営 影白(@KageShiron) セキュリティ・キャンプ(2016)、CTFチームのHarekaze、Microsoft Student Partner CTFまともに解けるようになりたい。最近はLLVM勉強中だったり。 megumish CTFTeam:Harekaze Pwnが好き。CTFが好き。というかパソコン系の競技が好き。 まぐろのあたま@MagurosanTeam / Masaki Ota どこそこ頭のねじがぶっ飛んだ業務系プログラマー。 機械語を読むのが趣味。AtomとかARM, ESP8266などの省電力デバイスがマイブーム。 ワタシカイビャクチョットワカル Kuxumarin

10/28 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回はさくらインターネット株式会社様のご協力により、Docker勉強会を開催することになりました! 講師としてはさくらインターネット株式会社 テクノロジーエバンジェリスト前佛 雅人さん(Twitter:@zembutsu)をお呼びしてます。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント内容 Dockerに技術について解説 実際にDocker環境を作成する Dockerの基本操作を学ぶ 作成したDocker上でアプリケーションを動かす 具体的にはクラウドでLAMP構成のDockerシステムを構築してWordPressを動かしてみます! Webアプリがどんなところで動くのか知りたい方はぜひ参加してみてください! Dockerとは Dockerとはコンテナ技術を利用した仮想化技術の一つです。 Dockerは環境構築が容易、他の仮想化技術と比較して起動が高速、再利用性が高いという特徴を持ちます。 また、様々な設定を施された環境が公開されておりニーズに合わせた環境を簡単に利用できます。 Pokemon GO や Abema TV などで実際に使われている技術でもあります。 WEB: https://www.docker.com/ タイムテーブル 時間 内容 13:15 受付開始 13:30 イベント開始 13:45 会社説明 14:00 Dockerについての講義 14:40 ハンズオン 途中休憩 17:00 懇親会 18:00 完全撤収 会場 会場: 名駅セミナーオフィス ルームA 住所:愛知県名古屋市中村区名駅 2 - 41 - 17 OA第二ビル 3F URL: アクセス 当日は名古屋駅の金時計付近13:15からOthloTechの運営がご案内いたします。 もちろん現地に来ていただいてもかまいませんが、もし不安等ございましたらこちらにお越しください。 その他 Wi-Fiあり 電源あり 持ち物 PC(Windows, Mac, Linux) WindowsのPCを利用する方は事前にTera Termのインストールをお願いします。 https://ttssh2.osdn.jp/ OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ さくらインターネット株式会社について さくらインターネットは国内の自社運営データセンターでレンタルサーバーや 専用サーバー、VPS、クラウドなどのインターネットインフラサービスを幅広 く提供しています。 また、IoT分野において通信モジュールとセキュアなプラットフォームを統合 した「sakura.io」や、人工知能やディープラーニングの研究などに必要とな る大量の演算リソースに特化した「高火力コンピューティング」など、インター ネット環境の変化とともにユーザーのニーズに応じた多様なサービスを開発し、 ビジネスを支援しています。 会社情報:https://www.sakura.ad.jp/

9/30 (土)

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
2017 OWASP World Tour Tokyoのサテライト会場として名古屋で開催します
好評につき第2サテライト会場を開設しました。 第2サテライト会場はこちらから 参加希望の方は、第2サテライト会場の申し込みページから申込みをお願いします。 第2サテライト会場は以下のページです。 2017 OWASP World Tour Tokyo / Nagoya Satellite #2 2017 OWASP World Tour Tokyo が東京で開催されます OWASP World Tour Tokyoのサテライト会場として名古屋で開催します。 東京で開催されるイベントはこちら 2017 OWASP World Tour Tokyo OWASPとは OWASP Foundation - Open Web Application Security Project は、Webシステムをはじめとするアプリケーションソフトウェアのセキュリティについての情報共有と、セキュアなソフトウェア開発を促進するための普及・啓発を行うオープンコミュニティです。 OWASP Nagoya は東海地区におけるOWASPのローカルチャプターとして活動をしております。 OWASP World Tourとは アプリケーションセキュリティのアプローチには、あらゆる側面が含まれています。その問題の解決には、人、プロセス、および技術の視点で取り組むことが必要です。こうしたコンセプトを推進する一環として、OWASPは、SDLC全体にセキュリティを組み込むことを希望する開発者のための基本的なAppSecトレーニングを提供します。 2017年において、このトレーニングは東京、テルアビブ、ボストンでそれぞれ開催されます。 OWASPの2017年の戦略目標にしたがって、それぞれのトレーニングイベントは各都市500名以上の開発関係者を対象とし、Call For Trainersのプロセスを経てOWASPが採用したプロフェッショナルによって以下のとおりトレーニングが提供されます。東京での開催においては、日本各地のサテライト会場とともに、できるだけ多くの方がこのイベントをきっかけにアプリケーション・セキュリティの扉を開いていただけるようにしたいと考えています。 トレーニング内容 このトレーニングイベントの目的は、以下のようなアプリケーションセキュリティに関するトピックの概観を提供することです。(以下の項目をすべて網羅することよりも実践的であることを求めます。また、ここに記載のないトピックを排除することもしません) アプリケーションセキュリティに関連する一般的なセキュリティ原則を理解します。 最小権限 多層防御 アタックサーフィス(攻撃面)の削減 フェール/クローズ セキュア セキュアなデフォルトの使用 潜在的な危険とその制限 アプリケーションセキュリティ固有のトピックを扱います。 入力の検証とエンコーディング SQLi(インジェクション)を防ぐためのクエリのパラメータ化 認証と認可 機密データ、TLSおよび暗号化の保護 セッション管理 ロギング、監査、侵入検知 エラー処理と例外管理 アプリケーションインベントリ/保有資産を知る クライアント側のJavaScriptの誤用、データ漏洩、HTML5 OWASPプロジェクトが、どのように役立つかを考慮します。 OWASPトップ10 プロアクティブコントロール OWASPチートシートシリーズ OWASP ASVS OWASP OpenSAMM OWASPトップ10 OWASP ZAP OWASP Dependency Check OWASP AppSensor OWASP ESAPI - 入力値の検証とエンコーディング 会場 愛知大学名古屋キャンパス(笹島)  講義棟7階、L701教室 JR、名鉄、地下鉄、近鉄「名古屋」駅下車、徒歩約10分。 あおなみ線「ささしまライブ」駅下車。 近鉄「米野」駅下車、徒歩約5分。 講義棟の入口は1階、キャンパスモール(大屋根)側の1ヶ所のみとなっていますのでご注意ください。 お願い 会場に参加者用のWi-Fi環境がありません。各自でモバイル回線等をご用意ください。 また、テザリングで使用される方はWi-Fi混線を避けるため可能な限り有線での接続をお願いいたします。 電源に限りがあります。電源タップを持参するなど周りの方とシェアしてください。 主催 OWT Tokyo 2017実行委員会:owt2017 [at] owaspjapan [dot] org OWASP Nagoya 各ページ 公式ページ https://www.owasp.org/index.php/Nagoya Facebook https://www.facebook.com/owaspnagoya/ Twitter https://twitter.com/owaspnagoya/

8/19 (土)

C9d379a73fa278df5fae314abd0d227a JXUG
なごやでも Xamarin
なごやでもXamarin の勉強会が開催されます! 今回は、なんと!講師として、Xamarin 社で Xamarin を開発し、現在 日本マイクロソフト で働いている Atsushi Enomoto さん、 日本マイクロソフトのテクニカルエバンジェリストの 千代田まどかさん(ちょまどさん(@chomado))にも来ていただきます! 開催概要 Xamarin にすでに触れたことのある方向けに、 Xamarin の最新技術ってどうなってるの? Xamarin の周辺技術にはどんなのがあるの? Xamarin を支えてる技術は? といった疑問にお答えする勉強会です。 タイムスケジュール 時間 タイトル スピーカー 13:00 参加者入場 13:15 OP まるちゃん 13:30 私は Xamarin が好きだ ちょまどさん 14:20 休憩 14:30 AIをアプリに取り込む! くぅ 15:20 休憩 15:30 Embeddinator-4000から学ぶXamarinの基礎 えのさん 16:20 休憩 16:30 わくわくLT まるちゃん 16:50 懇親会 17:20 ED まるちゃん 17:30 終了 Gitter Gitter は、公開されてるLineみたいなものです。 Twitter アカウント or Github アカウントがあれば利用できます。 ここで、質問すると登壇者の方に後で答えてもらえるかも!? https://gitter.im/jxug/Xamarin-Study-Meetup アンチハラスメントポリシー JXUG では、アンチハラスメントポリシーを掲げています。参加されるすべての方は、以下のページのポリシーを順守いただきますよう、お願いいたします。 JXUG : コミュニティポリシー 登壇者の方はできるだけ事前のスライドチェックを受けてください。ポリシーに抵触するような行為があった場合には、コミュニティ側から発表の中止などを行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。 健全な運営にご協力をお願いいたします。 任意のカンパのお願い 現在 JXUG では、任意で一口 500円のカンパを募集しております。イベント中の軽食代、登壇者/スタッフの懇親会での割引や、遠方から来られた方へのお車代、有料会場の費用などに使用いたします。 ※ この勉強会は、 MSP と JXUG が共催している勉強会です。 会場について 日本Microsoft 中部支店のセミナールームをお借りして開催いたします。 住所 愛知県名古屋市西区牛島町 6-1 名古屋ルーセントタワー 21F 会場では、 Wifi, 電源が使えます。 Microsoft Student Partnersについて マイクロソフトの技術で開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝え、 学生の Microsoft Fun! を増やす活動を行っています。 ▼リンク http://mspjp.net/

8/5 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回はフェンリル株式会社様のご協力により、iOSアプリ開発の勉強会を開催することとなりました! ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント内容 iOSアプリケーションを0から開発します。 目的 iOS アプリケーションを 0から作成し、アプリケーションの開発方法の取り掛かりを作る。 目標 大学図書検索 API を使用した、図書検索アプリの作成 http://ci.nii.ac.jp/books/ https://support.nii.ac.jp/ja/cib/api/b_opensearch 環境 Xcode 最新 + iOS シミュレータ 内容 0 からのアプリケーション作成 Storyboard を使用した、UI コンポーネントの登録と使用 UITableView といった、規則性のある UI の使用 他アプリ(ブラウザ)との連携 通信処理部分。 通信結果からの、モデルクラス作成+格納 こんな学生さんに向いています↓ iOSアプリ制作に興味がある / iOSに興味がある / フェンリルに興味がある / 何か新しいことを始めたい タイムテーブル 時間 内容 12:45 受付開始 13:00 会社説明 13:15 ハンズオン開始 途中休憩 18:00 ハンズオン終了 18:30 懇親会 19:30 完全撤収 会場 会場:ベースキャンプ名古屋 住所:愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 アクセス: - 名古屋駅から徒歩5分 - 市営地下鉄国際センター駅1番出口から徒歩3分 URL: アクセス その他 Wi-Fiあり 電源あり 持ち物 開発用のMac (MacでないとiOSアプリの開発は行なえません) ↑ Xcodeをインストールしておく OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ フェンリルについて フェンリルはデザインと技術にこだわり続け、国産 No.1 のシェアを誇るタブ ブラウザ Sleipnir(スレイプニール)や、オンラインデザインツール Picky-Pics (ピッキーピックス) などのプロダクトを開発しています。 ■ フェンリルの HP・SNS フェンリルのホームページ Facebook ページ Twitter アカウント @fenrir_official ■ 名古屋メンバー主催の勉強会 Mobile Act Nagoya

6/25 (日)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※学生限定のイベントです。社会人の方は申し訳ありません。 イベント内容 このイベントはあの人気オンラインプログラミング学習サービスProgateとのコラボ企画になっています! Progateは、無料で始められるプログラミング学習サービスです。初心者のハードルを徹底的に下げること、実践的な学習を提供することを目指しています。https://prog-8.com ProgateのRuby on Railsのコースをメンターに聞いたり参加者同士で助け合いながら、みんなで楽しく学びましょう!勉強後には懇親会もあります\(^o^)/ Ruby on Railsの有料コースが参加者限定で無料になっているので、これを機に一気にレベルアップしちゃいましょう! このイベントは複数回に渡って行います。 6/10(土) Progateもくもく会@Misoca 6/25(日) Progateもくもく会@Misoca Progateからメンター参戦! 未定.. . Ruby on Railsとは Rubyプログラミング言語で書かれたWebアプリケーションフレームワークです。 実際に、GitHubやHulu、クックパッド、グノシーなどで使われている実績があります。 タイムテーブル 時刻 内容 13:00 開場 13:15 Progateもくもく開始! 16:00 懇親会 17:00 クロージング また懇親会ではお菓子とソフトドリンクを用意します。ぜひ交流を深めてください! 会場 会場:株式会社Misoca セミナールーム 住所:名古屋市中村区名駅2丁目35番22号 メビウス名古屋ビル2階 アクセス:名古屋駅より徒歩5分 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり 持ち物 パソコン OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ 株式会社Progateとは 私達Progateのメンバーは、もともとエンジニアだったわけではありません。 大学時代に各々様々なきっかけでプログラミングに出会い、その可能性に魅せられ、互いに切磋琢磨しながら学んできました。 プログラミングの力が身に付いていくにつれて、「普段使っているあのサービスも、今の自分なら創ることができる」と感じられるようになりました。 すると自分のできることの選択肢、可能性が何倍にも広がり、人生が大きく変わりました。 私たちは、世の中の人全員がエンジニアになるべきだとは考えていません。 しかし、プログラミングを通じて、ユーザーの方々の人生の選択肢が一つでも増えればいいなと思い、その一助となるべく日々邁進しています。 Progate: https://prog-8.com 会社情報: https://prog-8.com/about Facebook : https://www.facebook.com/Progate-742679992421539/

6/24 (土)

43fd650f9d5a7714b636f61c957c17a5 Microsoft Student Partners Japan
なごや で Cognitive Services を習得しよう!
認知機能を Web API 経由で利用できる “人工知能パーツ” である Cognitive Services についての勉強会です。 ■ Cognitive Services とは Microsoft Cognitive Services は 画像、文章、言語、情報を処理する機能を API 経由で利用できるサービスです。 Cognitive Services の一つである Emotion API では、画像を分析して人間の顔やその表情を数値化し、結果を JSON 形式で取得することができます。 日本マイクロソフト株式会社 デベロッパー エバンジェリズム統括本部 エバンジェリスト 大森 彩子氏に登壇・ハンズオンの講師をしていただきます。 本勉強会は、 「Microsoft Student Partners」 と 中部圏の .NET コミュニティ、「CenterCLR」が共催して開催します。 ■ この勉強会に参加して得られるもの Cognitive Services とはどのようなものか知れる ハンズオンを通して、Cognitive Service を使用したコードをかけれるようになる 人工知能の力を自分のアプリケーションに取り込める ■ ハンズオンをする上で必要になるもの Visual Studio 2017 / Visual Studio Code のインストールされた PC Microsoft アカウント ■ 勉強会に参加する上であるといいもの WEB API を使用した経験・C# or JavaScript を使ったアプリケーション開発の経験 Microsoft Azure のアカウント Cognitive Services のアカウント Visual Studio 2017 はここからダウンロードできます。 Visual Studio Code は ここ からダウンロードできます。 ■ タイムライン 時間 内容 スピーカー 13:00 参加者入場 まるちゃん 13:15 OP まるちゃん 13:30 Cognitive Services & Bot Framework について 大森さん 14:20 休憩 14:30 ハッカソンに出てみたお話 ともき、くぅ、影白 15:20 休憩 15:30 Cognitive Services を使いこなす考えかた 加藤さん 16:20 休憩 16:30 Cognitive Services ハンズオン 大森さん 17:20 わくわくLT 17:35 ED まるちゃん 17:35 終了 ■ 会場について 株式会社 Misoca 様の会議室をお借りして開催します。 請求書作成サービス「Misoca」 について ■ LT 募集 勉強会の最後に LT をしていただける方を募集しています。 Cognitive Service や Microsoft Azure に関することなど、楽しい話題なら何でも大歓迎です!もちろん、苦労話も大歓迎です! ※ LT とは、5分間でするプレゼンテーションです。登壇とは違い、気軽に参加できます。t

6/18 (日)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回は株式会社エイチーム様のご協力により、Unityの初心者向け勉強会を開催することとなりました! ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント内容 今回のOthloEventでは株式会社エイチーム様のご協力をいただき、Unityの初心者向け勉強会を行います。 エイチームのエンジニアの方に直接教えていただくことで、楽しくUnityを始めることができますよ! 一緒に、数時間で簡単なシューティングを作ってみましょう! こんな学生さんに向いています↓ ゲーム制作に興味がある / Unityに興味がある / エイチームに興味がある / 何か新しいことを始めたい Unityとは? Unityは、ゲーム開発を効率化するゲームエンジンとして非常にポピュラーなツールの一つで、3Dオブジェクトを扱いながら簡単にゲームが作れると評判です。様々な機能がありますが、この1ヶ月のキャンプではC#によるスクリプトを用いたゲームらしい処理や、3Dのアセット(素材)などの活用方法、画面の見栄えの調整方法など様々な技術を手を動かしながら学んでいきます。 (コラボキャンプ | エイチーム×WebCamp より引用させていただきました) タイムテーブル 6/12にタイムテーブルを更新 時間 内容 10:45 受付開始 11:00 会社説明 / Unity講義 11:30 開発 13:00 昼休憩 14:00 開発 17:30 懇親会準備 17:45 懇親会 19:00 解散 19:30 完全撤収 ※ 昼休憩は各自コンビニ等で買っていただきエイチームに食堂で食べます。 会場 会場:株式会社エイチーム本社 住所:名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F アクセス:※名古屋駅全線より地下で直結 URL:http://www.a-tm.co.jp/about/outline/ イベント当日は休日のため、オフィスビルが空いていません。地下1階から入場になるのでご注意ください。当日はOthloTechの運営メンバーが立っている予定です。 その他 Wi-Fiあり 電源あり 持ち物 Unityをインストール済みのパソコン 昼食 ┗(夜はご飯を提供します!) ▼ダウンロード http://japan.unity3d.com/unity/download/ Ver. 5.3.5以上 ■素材に関して■ 下記URLにアクセスいただき、ファイルのダウンロードをお願い致します。 https://drive.google.com/folderview?id=0B58ebSbfhcWkVVZCRXlwYVlPalk&usp=sharing 当日メンターについて Unityを経験した事がある人を対象に、イベントのメンターを募集しています。 イベント中に他の参加者が分からなかったり質問がある時に対応をお願いしたいです。 OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ エイチームについて エイチームは、インターネット・スマートデバイス(スマートフォン・タブレット端末)をベースとしたゲームコンテンツ、情報サイトやECサイトなどの企画・開発・運営を行う総合IT企業です。 既存の枠にとらわれず、今後もインターネットを使った多様な技術を駆使し、幅広いビジネスの領域に挑戦し続けます。 ▼エイチームオフィス・働き方 https://youtu.be/xxpF8iQLzlY ▼エイチームLT大会 https://youtu.be/laqFQL36L30

6/17 (土)

C9d379a73fa278df5fae314abd0d227a JXUG
なごやか に、Xamarin を勉強していきましょう!
今回のイベントについて 今回のイベントは MSP と JXUG が共同で主催する勉強会で、Xamarin が Microsoft に買収され無料化してから1周年の記念勉強会も兼ねております。 この勉強会はタイトルにもある通り Xamarin に触れたことがない学生さんでも理解出来るような内容となっておりますので、 Xamarin が気になってるけど触ったことが無いという学生さんも大歓迎です!! また、今 Xamarin を勉強していたり、 Xamarin で何か作っているという方は是非 LT 枠へのご参加もお待ちしております! タイムスケジュール 時間 発表者 内容 09:00 - 09:45 スタッフ集合 09:45 - 10:00 開場(参加者入場開始) 10:00 - 10:10 オープニング 10:10 - 11:00 あめいさん Xamarin.Forms.GoogleMaps について 11:00 - 11:05 休憩 11:05 - 11:55 伊勢さん Xamarin アプリとプッシュ通知(仮) 11:55 - 12:40 昼休憩 12:40 - 13:30 田淵さん Xamarin 最新情報 2017.6 13:30 - 13:35 休憩 13:35 - 14:25 くぅさん(MSP) Xamarin with UnitTest, UITest 14:25 - 14:30 休憩 14:30 - 15:20 akinobu_yamamotoさん iPhoneアプリ(Xamarin.iOS)で ロボット「Robi」を動かしてみた。 15:20 - 15:30 休憩+プレゼント 15:30 - 15:50 LT 15:50 - 16:00 クロージング Microsoft Student Partnersについて マイクロソフトの技術で開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝え、 学生の Microsoft Fun! を増やす活動を行っています。 ▼リンク https://msdn.microsoft.com/ja-jp/microsoftstudentpartners.aspx LT 可知 usamik26 影白 Gitter https://gitter.im/jxug/Xamarin-Study-Meetup アンチハラスメントポリシー JXUG では、アンチハラスメントポリシーを掲げています。参加されるすべての方は、以下のページのポリシーを順守いただきますよう、お願いいたします。 JXUG : コミュニティポリシー 登壇者の方はできるだけ事前のスライドチェックを受けてください。ポリシーに抵触するような行為があった場合には、コミュニティ側から発表の中止などを行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。 健全な運営にご協力をお願いいたします。 任意のカンパのお願い 現在 JXUG では、任意で一口 500円のカンパを募集しております。イベント中の軽食代、登壇者/スタッフの懇親会での割引や、遠方から来られた方へのお車代、有料会場の費用などに使用いたします。 (ブログ枠は、イベントレポートを書いて、開催後にイベントページへブログ記事のURL をコメントする枠です。)

5/28 (日)

3c9b1f9fcb22d2f44afec2c4fa5b7939 Metasepi
ARMマイコン上で動作するアプリケーションをVeriFastで検証しましょう!
静的コード解析とこの勉強会について 静的コード解析をご存知でしょうか。静的コード解析とは、コンピュータのソフトウェアの解析手法の一種で、ソフトウェアを実行することなく解析を行うことです。このような手法には以下のように様々な実装があります: ATS, CBMC, Coq, Coverity Scan, CSP, Dafny, F*, Frama-C, FreeSafeTy, Infer, Isabelle, SATABS, Spin, Uppaal, VeriFast, Why3, boogie, cogent, corral, seL4, vcc, その他 しかしこれらの手法は特性が異なります。メモリの安全性しか検査できないものや、実行バイナリを数学的に証明できるものまで幅があるのです。実際の製品に応用する際には「どの手法が製品のどの部分に適しているのか」知っておく必要があります。 また、実際の製品の安全性は単に設計すれば済む問題ではありません。お客様が製品を入手する際に、その製品はどのような検証をなされていて、どの程度の安全性なのか納得していただいた上で、安心して使用していただかねばなりません。そのためにはこれらの手法をわかりやすく初学者に解説できる必要があるのです。 この勉強会は上記のような静的コード解析についての意見交換を目的としています。 発表スタイルと発表者の募集 この勉強会では発表者を毎回募集しています。基本的に発表者は「自分の話したい内容」を「自分の話したい形式」で「自分の意図したレベル」にて発表できます。無理に高度な話をする必要もありませんし、無理に初心者にわかりやすくする必要もありません。 ただし、初心者はわからないところを(ある程度)質問できるものとします。おそらく初学者からは、この勉強会で発表者が宇宙語を話しているように見えるでしょう。ただし、主催者はあまりにも初歩的な質問内容であった場合には任意のタイミングでその質問を打ち切ることができることとします。 発表者は可能であれば当日の発表資料を後日公開してください。勉強会に参加できなかった方々にも知見を共有したいためです。公にしたくない内容を発表する発表者は、事前にその旨を主催者に申告してください。 持ち物 Windows/MacOS/LinuxいずれかのOSがインストールされ、無線LANに接続可能なノートPC 当日のスケジュール 以下のようなスケジュールを想定しています。 12:30-13:00 開場 13:00-14:00 「自己紹介と今日話せるネタ出し」 by 全員 せっかく勉強会に集まったので、交流を深めるために自己紹介をしましょう。持ち時間は一人5分以内です。またもし勉強会当日に話せるネタがある場合には「XXXの発表をしたいです」と発言してください。予定を調整します。 # 自己紹介 ## 岡部 @masterq * 誰?: 昔NetBSDでコピー機を作ってました。今は仕事でSecure-OSを作っています。検証ツールが仕事に生かせたらいいなぁと考えて色々手を出しては手を焼いています。 * 話せるネタ: VeriFast検証器の紹介とRTOSに適用してみた話、ATS言語入門 ## つづきたかし @TakashiTsuzuki * 誰?: 社内SE。SIerのSEからキャリア。品質の向上に役立つ情報が欲しいな。 * 話せるネタ: ないよ! ## おおたまささき @Masaki_Ota * 誰?: 組み込みC言語エンジニアからはじめた。そのころ静的コード解析してた。R8Cマイコンを使ってた。今はWebアプリケーション。C#やRubyを使う。C++をたまに使う。Rubyは実行時のコード解析の方が重要。C++だと静的コード解析は大事かなと。 * 話せるネタ: ないよ! ## くぅ - kuxu * 誰?: 大学生だぜ!静的コード解析は言葉を聞いたことがあるぐらい。Coqは名前だけは聞いてた。いつかどちらもやらないと。普段はC#で。コグニティブサービスもさわっている。 * 話せるネタ: ないよ! ## @lumin * 誰?: 情報セキュリティ。納品されたバイナリの仕様を満たしているかどうか検索。対象:x86バイナリ,ARMバイナリ,Androidアプリ,iOSアプリ。idaproというツール。 * 話せるネタ: 今話したよ! ## よんた @keita44_f4 * 誰?: そもそも管理者に登録されたぞ。大学で関数型言語をやってた。Coqを触ってた。趣味として静的コード解析は趣味で。Qt/C++でアプリを仕事で書いている。 * 話せるネタ: ないよ! ## 黒曜 * 誰?: 会場係。RoR使い。Isabelleをさわった大学時代。 * 話せるネタ: ないよ! 14:00-15:00 「ChibiOS/RT開発環境の構築」 by @masterq メジャーなRTOSの1つであるChibiOS/RTを紹介し、参加者のPCにそのビルド環境を構築します。ビルド構築について詳しくはchibios-verifastリポジトリを参照してください。また本発表資料はGitHubから入手できます。 15:00-15:10 休憩 15:10-16:10 「STマイクロ製マイコンボード上におけるChibiOS/RTアプリケーションの実行」 by @masterq メジャーなマイコンメーカの1つであるSTマイクロ製のボードを使って、前タームで構築したChibiOS/RTのアプリケーションを動作させます。 # 反省 会場でハンズオンをして以下のような気付きが得られました。次回に向けて改善しましょう! * ケーブル不良品多し * GCCのツールチェーンのダウンロードが遅い(USBスティックで配布すべき) * GNU makeをインストールしていないcygwinユーザのことを考えろ * stlinkはハマるのでWindowsとmacOSはバイナリして環境構築した方がいい * stlinkの公式ドライバがWindowsには必要かも * Windowsではファームウェアライトは純正ツールの方がマシ * ツールチェーンにPATHを通す * 統合開発環境 * Dockerでイメージ配布 * mbed方式のファームウェアライトする方式の方がいいかも * MSYS/MinGW上ではst-utilが凍る * make gdbwriteからmake allに依存をはる 16:10-16:20 休憩 16:20-17:20 「VeriFastによるChibiOS/RTアプリケーションの検証」 by @masterq 前タームで使用したChibiOS/RTアプリケーションのコードに対してVeriFastを使って簡単な検証を行ないます。 17:20-18:00 「未定」 当日までに予定が決まらなければ、各自もくもく会になります。参加者が「こんな検証をしてみたい」と提案して、それに対して検証可能かどうか皆で調べるのも面白いかもしれません。また希望があれば来年の計画を立てたいと思います。 しかし会場からの活発な議論があった場合などは柔軟に対応しようと考えています。 会場について Misoca様に会議室を提供していただきました。ありがとうございます! 当日は森さん(@kokuyouwind)が会場を担当してくれます。 12:30頃には利用可能な状態にしておきますが、ビル自体のシャッターが降りているため、ビル入り口についたら主催者もしくは森さんご連絡ください。 その他会場詳細についてはこちらをご覧ください。 またこの勉強会において困ったことがありましたら 090-3524-7064 まで電話をください。主催者が対応いたします。 アクセス 場所 : 名古屋市中村区名駅2-35-22 メビウス名古屋ビル2階 株式会社Misoca 内 セミナールーム「木曽川」 map JR/地下鉄/名鉄「名古屋」駅より徒歩5分くらいです。 名古屋駅からの経路 スペック Wi-Fiあります プロジェクタ使えます。HDMI と VGAあります マイクとスピーカはありません ホワイトボードあります 電源潤沢にあります ドリンク飲めます。飲酒はご遠慮ください 食事はご遠慮ください。飲食可能なコミュニティスペースが同フロアにあります 禁煙です 弊社及び弥生の紹介やパンフレット配布等のご協力をお願いする場合があります。ご了承ください 協賛 STマイクロエレクトロニクス様: マイコンボードの提供 Misoca様: 会場の提供

4/28 (金)

C110c3d65ee13b7e44c1c76cbdf746c6 UX DAYS TOKYO
UXDT @名古屋
コンテキストを利用したWebサービス&サイト構築の視点を実習を通して学ぶ! UX DAYS TOKYO 【UX基礎ワークショップ】参加費:無料 20名枠から25名枠に増員しました!ぜひ、お誘い合わせの上ご参加ください。 年に一度世界のUXのカンファレンスを行っている 「UX DAYS TOKYO」が提供する、UXの基礎が学べるワークショップを開催します。 コンテキストについて理解を深めよう! コンテキストとはプロダクトとユーザーの接点やユーザーの置かれた状況などを指します。 Webサービス、Webデザインにおいてコンテキストは重要です。 コンテキストは「モバイルユーザーってこういったコンテキストだよね」といった一括りにする考え方ではなく、主にデバイス、環境、時間、行動、個性、場所、ソーシャルなどの切り口を考慮し、デザインに取り入れます。 より詳しい情報は以下記事をご覧ください。 連載「コンテキストを理解する」 第1回: コンテキストの落とし穴 第2回: デバイスの多様化によって必要となる視点 第3回: 環境からデザインを逆算する 第4回: 時間軸の中で必要とされるものとは? 第5回: 受動的か能動的かを意識して体験を考える 第6回: 個別最適に、パーソナルスペースを考慮しているか? 第7回: 場所情報を用いるリスク 第8回: ユーザーの周りにも人がいることを意識する 最終回: コンテキスト・デザインの5原則 「コンテキストの理解と実践」ワークショップ 今回のワークショップでは座学とグループワークを通してコンテキストの理解を深め、そして実践に結びつく気付きが得られることをゴールとします。 グループワークでは「お題」に沿って、コンテキストを踏まえた改善シナリオを設計します。 より理解を深めたい方は、上部のリンク記事を読んできて参加されることをお薦めいたします。 講師 大本あかね / UX DAYS TOKYO タイムテーブル 18:30〜:開場 19:00〜:自己紹介 19:15〜:座学 20:00〜:グループワーク 21:00〜:発表&フィードバック 21:15〜:解散 参加枠について 一般枠:どなたでも申し込んでいただける枠です。 注意事項 ワークショップですので時間は厳守でお願いします! 欠席になりそうな場合は、前日までにキャンセル処理のご協力をお願いします。 当日はconnpassの受付表(6桁の数字が掲載されている画面)とお名刺の提示が必要です。 UX DAYS TOKYO 【UX基礎ワークショップ】開催の目的 UXをより追求するためのコミュニティでのワークショップです。 海外のUX情報をより確実に理解するためのワークショップです。 ワークショップでの実習を通してディスカッションしてより実務で使えるノウハウを身につけていきましょう。 どんな人向け? よいプロダクトを作りたい、よいサービスを作りたい!そういった前向きのマインドを持った方向けの勉強会です。 デザイナーである必要は無く、UXをより勉強したい、世の中をUXで良くしていきたいという志を持っている方であればどなたでもご参加いただけます。 特に以下の様な方はぜひご参加ください。 UXがいまひとつ現場で役立たせていない方。 UXの基礎を勉強したい方。 UXをこれから学びたい方。 UX DAYS TOKYOに参加したい方。

4/21 (金)

680fa1d5928a79b58196e4e45fe24f69 MobileAct
フェンリル名古屋が開催するモバイルアプリ開発関連の情報共有や参加者同士の交流を目的とした勉強会です!
開催概要 フェンリル名古屋メンバーが開催するモバイルアプリ開発勉強会 Mobile Act NAGOYA の第 5 回です! 第 1 回 [connpass] [開催の様子] 第 2 回 [connpass] 第 3 回 [connpass] 第 4 回 [connpass] 今回はフェンリル東京支社のエンジニアから少し長めの発表をいたします。その後、LT 3〜4 枠という形式にしたいと思います。 懇親会ももちろん開催します!楽しく交流しましょう〜。 持ち物 名刺などの自己紹介ができるものをご用意いただけると、懇親会等での交流のきっかけになると思います。 会場 ベースキャンプ名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 アクセス 19:00 より受付を開始します。 それ以前の入場は出来ませんのでご了承下さい。 タイムテーブル 時間 内容 19:00 受付開始 19:30 挨拶 19:35 フェンリル発表 20:00 LT 発表 (3~4名) 20:20 休憩&予備時間 20:30 懇親会開始 21:30 終了 発表 発表者 : iseebi テーマ : アプリのビルドでコマンドを活用する LT 発表内容(予定) 発表者 発表内容 くぅ - kuxu amazon Android App Storeはいいぞ Takuya DroidKaigiから見る最新のAndroid技術動向 龍一郎 Cognitive Bot & Linguistic Bot pancake Tokyo Nomad ※ 上記は参加登録順となります。発表順は当日くじ引きで決めます。 懇親会 軽食(ピザやお菓子)とドリンク(ビールや烏龍茶など)をご用意します!

3/25 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※学生限定のイベントです。社会人の方は申し訳ありません。 イベント内容 年度締めLT大会 LT(ライトニングトーク)とは 5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。「Lightning Talk(s)」の頭文字を取って「LT」と略される。 ライトニングトークとは - はてなキーワード LTのテーマ・何をLTすればいいの? ITに関することであれば大丈夫。エンジニアリングやデザイン、その他面白い話をぜひ! 発表枠は5分ですが、短くても全然OKです。 学生だけですので、気軽にゆるふわな会にしましょう。 LT内容(一例) 最近気になってる話題 今まで自分が作った作品紹介(苦労したこだわりどころなど) 新しく挑戦してみた技術の話 自分はこうやってデザインをしています などなど。今回は年度締めLTなので、今年度の振り返りや成果発表、来年度への意気込みや挑戦してみたい技術でもOK! 以前にはこんなタイトルのLTもありました。 Webデザインの配色について Mac標準プレビュー.appを使い倒す Sketchは学割で買いましょう 個人的にAWSの素晴らしさを紹介 タイムテーブル 入退室は自由となっております。都合の悪い方は途中退出していただいても問題ありません。 イベント当日はOthloTechがお酒と軽食を用意いたします。またお菓子やお酒の持ち込みも大歓迎! 時間 内容 17:45 開場 18:00 開会のあいさつ 18:10 LT(第1部) 18:45 休憩 18:50 LT(第2部) 19:25 休憩 19:30 LT(第3部) 20:10 LT終了・投票 20:30 結果発表 + 表彰 会場は9時まで確保しているので、20:30以降は自由参加です。 更にもう1時間延長もあるかも!? 発表者 決まり次第順次更新してきます。発表者順は更新のたびにランダムで決定されます。 最終更新:2017/3/24/22:48 氏名 LTタイトル 山根丈亮 最先端の機械学習 いっちゃん D言語ではじめるメディアプログラミング にーさん エンジニアの常識 渡辺稜太 大学5年間を振り返って yufuinn C++17でもっと強くなるC++ オトモレ ストリートコンピューティングのすヽめ(仮) ライダー 一貫したデザインを創るために意識すべきこと 影白@KageShiron Webセキュリティ入門(仮) みつの 機械学習は魔法じゃない ちーず npm trendsであーそぼ! 森 UnityCollabrate及びUnity最強説 Katsuaki_TAKAGI GPGPUの実験環境構築はAzureを使えば割と秒! @iyuto_ ヨーロッパ旅行で見つけた各国のIT事情 会場 会場:AOI CAFE IZUMI 住所:〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉1-22-30 アクセス:地下鉄東山線 栄駅 徒歩8分 地下鉄名城・名港線 久屋大通駅 徒歩3分 地下鉄桜通線 久屋大通駅 徒歩3分 URL:http://aoicafe-izumi.com/access.html その他 Wi-Fiあり 電源は限られておりますので、譲り合ってご利用ください。 OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ

2/22 (水)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回は株式会社エイチーム様のWEB開発の社内勉強会に学生枠を設けていただきました。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント内容 今回は社員LT3枠, 学生LT1, 2枠でLT大会を行います。 LTのテーマはWEB開発(フロントエンド、バックエンド、インフラ)で各LTについて下記項目について、その場で投票を行い、懇親会の最後に表彰を行います。 評価項目 技術的に興味をそそられる内容か 努力や創意工夫した点を感じたか 今後自分たちで使ってみたいと思う内容か LTの後は懇親会でエイチーム社員や参加学生と楽しく話しましょう! ※ LTを発表したい学生は参加登録のアンケートにて、連絡よろしくお願いします。 タイムテーブル 時間 内容 19:15 開場 19:30 開会のあいさつ 19:35 LT 20:15 LT終了, 懇親会準備 20:20 懇親会開始 21:20 結果発表 + 表彰 21:30 閉会のあいさつ 会場 会場:株式会社エイチーム本社 住所:名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F アクセス:※名古屋駅全線より地下で直結 URL:http://www.a-tm.co.jp/about/outline/ その他 Wi-Fiあり 電源あり OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ エイチームについて エイチームは、インターネット・スマートデバイス(スマートフォン・タブレット端末)をベースとしたゲームコンテンツ、情報サイトやECサイトなどの企画・開発・運営を行う総合IT企業です。 既存の枠にとらわれず、今後もインターネットを使った多様な技術を駆使し、幅広いビジネスの領域に挑戦し続けます。 ▼エイチームオフィス・働き方 https://youtu.be/xxpF8iQLzlY ▼エイチームLT大会 https://youtu.be/laqFQL36L30

2/12 (日)

C9d379a73fa278df5fae314abd0d227a JXUG
主催者の 久米 史也です。Xamarin.Forms.GoogleMaps に対してプルリクエストを送る会です。 会の流れ・概要 Xamarin.Forms.GoogleMaps は @amay077 さんが開発された Xamarin.Forms 向けの OSS(オープンソース)地図ライブラリで、ソースは GitHub で公開されています。 Xamarin.Forms.GoogleMaps の詳しい解説はこちらを参照 オープンソースのソフトウェア開発に参加してみたいけど GitHub でプルリクエストを送る方法が分からない 英語でのやりとりが不安 などで今まで躊躇していた方向けに、 プルリクエストの考え方 git クライアントソフトの使い方(SourceTree を予定) GitHub の使い方 を、実際に手を動かしながら学習していただけます。 Xamarin.Forms.GoogleMaps の機能改善リスト にあるいずれかの内容を実際に担当してコードを修正し(修正は誰でもできる簡単なものです)、プルリクエストを送って頂きます。 コードの修正も、git や GitHub の操作も講師やメンターの方々と一緒に進めます。 タイムスケジュール 時間 発表者 内容 13:00 スタッフ集合 13:10 開場(スピーカー、参加者入場開始) 13:20 - 13:40 @amay077 Xamarin.Forms.GoogleMaps とは 13:40 - 14:00 〃 プルリクエストの考え方 14:00 - 16:50 参加者の皆さんと @amay077 ハンズオン 17:00 - 17:30 振り返り・反省 対象者 GitHub でプルリクエストを送ってみたい方 必要なスキルレベル git の基本的な操作(pull/push/commit 等)ができる C# が分かる・書ける Xamarin のハンズオン が実施できる Xamarin.Forms.GoogleMaps を家で使ってみると修正やプルリクを送りやすいかも! 事前準備のお願い 以下の項目について、アカウント登録やソフトウェアのインストールをお願いします。 GitHub のアカウント - https://github.com/ SourceTree のダウンロードとインストール(Mac, Win どちらでも可) Google API Console - https://console.developers.google.com/ で使用する Google アカウント(地図を表示する為の API キーを取得するために必要です※課金はされません) Xamarin Studio(Mac) または Visual Studio(Win) で Xamarin.Forms アプリのビルドと実行ができる事 アンチハラスメントポリシー JXUG では、アンチハラスメントポリシーを掲げています。参加されるすべての方は、以下のページのポリシーを順守いただきますよう、お願いいたします。 JXUG : コミュニティポリシー 登壇者の方はできるだけ事前のスライドチェックを受けてください。ポリシーに抵触するような行為があった場合には、コミュニティ側から発表の中止などを行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。 健全な運営にご協力をお願いいたします。 任意のカンパのお願い 現在 JXUG では、任意で一口 500円のカンパを募集しております。イベント中の軽食代、登壇者/スタッフの懇親会での割引や、遠方から来られた方へのお車代、有料会場の費用などに使用いたします。 懇親会について イベント終了後懇親会を実施します。 近所の居酒屋で飲みます。料金は割り勘です。

2/11 (土)

Doorkeeper group normal rubytokai
名古屋Ruby会議03 公式サイト 参加するには、チケットを購入する必要があります。 本編の登壇者の方は、チケットは必要ありません。但し、お弁当は有料になります。注文の方は別途、承ります。 チケットの払い戻しは受け付けていません。他人への譲渡などは、ご自身の責任で行って下さい。 お弁当代込みのチケットの締め切りは2月3日になります。ご注意下さい。