いわいともひさ (@Iwai)


参加する勉強会

12/23 (日)

イベント概要 ※C3Dでは、基本的に使用ソフトを限定していません。どのソフトを使っている方でもご参加いただけます。 2018年、最後となる勉強会のテーマは「CGの勉強法&今年のCG・映像の振り返り」です。 CGソフトは多機能で、習得に時間がかかります。お互いの勉強方法を公開することで、得られるものがあるのではないでしょうか。 お話が長くなるようであれば、午後からも続きを行い、話が一段落したら2018年のCG・映像について振り返りができればと思います。 皆で作る勉強会なので、事前にお話できるネタを準備しておいていただけると助かります(笑) 勉強会の後は忘年会を開催します。忘年会に参加できない人、忘年会のみ参加したい人は、参加表明時にコメント欄にその旨を書き添えてください。 C3Dに参加したことのない方へ 3DCG同好会のようなものなので、お気軽にご参加ください。CGの知識は無いけど、興味はあるという人でも結構です。参加者の年代は10〜50代までと幅広く、比率は低めですが女性の参加者もいらっしゃいます。 ただし、CG・映像方面の濃い話が多いので、その点はご容赦ください。 過去の活動内容については、C3Dのウェブサイトをご参照ください。 https://c3dpoly.com/ 勉強会の内容・時間割 時間 内容 10:30 – 11:30 参加者各自の近況報告(初参加の人がいれば全員が自己紹介) 11:30 – 12:30 CGの勉強法についての情報交換 12:30 – 13:30 昼食 13:30 – 15:30 CGの勉強法についての情報交換(つづき) 15:30 – 17:30 今年のCG関連ニュースや来年の抱負など 18:00 – 20:00 忘年会(場所は未定) 勉強会参加費(会場費) 税込1,000円 持ち物 ノートパソコン(必須ではありませんが、あると便利です)


過去の勉強会

12/15 (土)

9430 normal 1513756945 12650801 1093888437302201 2002632394161742929 n WCAN
WCAN 2018 Winter 2018年12月15日(土) 11:30 〜 受付 12:30 〜 オープニング 12:40 〜 セッション1(20分+5分) 13:05 〜 セッション2(20分+5分) 13:30 〜 セッション3(20分+5分) 13:55 〜 休憩(15分) 14:10 〜 セッション4(20分+5分) 14:35 〜 セッション5(20分+5分) 15:00 〜 セッション6(20分+5分) 15:25 〜 休憩(10分) 15:35 〜 メインセッション 長谷川 恭久 さん(50分) 16:25 〜 エンディング 17:00 〜 移動 18:00 〜 忘年会(17:30 〜 入場可能) 名古屋を中心に活躍されている6名のセッション(調整中)と、長谷川 恭久 さんでお送りする予定です。 会場 勉強会:電気文化会館(名古屋市中区栄2丁目2−5) 懇親会:宴会屋 えび寿 本店(名古屋市中区錦1丁目14−16) 費用 勉強会: 一般 4,000円 / 早割 3,000円 ( 学生早割 1,000円 ) 忘年会: 4,000円(忘年会のみ 5,000円) 現金払いはお受けできません。かならず事前にお支払い下さい。 お申し込み後、24時間入金がない場合、自動的にキャンセル処理が行われます。 入金後のキャンセルはその旨をメッセージにてお問い合わせください。返金処理を致します。(手数料を差し引いてお返しします。) 勉強会については2018年12月14日23:59以降にキャンセルした場合、忘年会については2018年12月12日11:59以降にキャンセルした場合料金の返却はできませんのでご了承ください。 【メインセッション】健全なデザインの会話をする方法 / 長谷川 恭久 さん 良いモノを作れば周りが認めてくれるというほどデザインの仕事は単純ではありません。「良い」の基準は人それぞれですし、文脈によって「良い」の意味が変わることもあります。Web がビジネスに密接な関わりを持つようになった現在、デザインの知識がない方も成果物に意見を出すことがあります。 デザイナーは作ることだけが仕事ではありません。自分がデザインしたものがなぜお客様とその先にいるユーザーの課題解決になっているか『売り込み』しなければいけません。デザインを伝える・説明する能力はキャリアを積むほど重要になるだけでなく、時代に左右されない一生モノのスキルになります。 本セッションではデザイン批評の基本と、気が滅入らなくなるための聞き方・話し方のヒントを紹介します。 プロフィール Web/アプリに特化したデザイナー、コンサルタント。アメリカの大学でビジュアルコミュニケーションを専攻後、マルチメディア関連の制作会社に勤務。帰国後、数々の制作会社や企業とコラボレーションを続け、現在はフリーで活動中。組織に深く入り込み、メンバーの一員となってデザインに関わる課題を解決するなど、チームでデザインに取り組むための提案と実践をしている。 自身のブログとポッドキャストでWebとデザインをキーワードに情報発信をするだけでなく、全国各地でWebに関するさまざまなトピックで講演を行ったり、多数の雑誌で執筆に携わる。著書に『Experience Points』『Web Designer 2.0』など。 https://yasuhisa.com/ Twitter:@ yhassy 【セッション 1 〜 6】 世界中でファンを掴め!多言語対応の新展開 江口 伸行 さん 株式会社エスケイワード WEBソリューション事業部 デジタルコミュニケーション部 副部長 ファンが自ら企業・商品を紹介し、ファンが売上を作ってくれる時代。その目線を国内から海外へ。グローバル展開は「海外向けの情報を出す」フェーズから、「海外のファンを巻き込む」フェーズに進んでいます。今回はデジタルコンテンツにおける多言語対応のポイントをご紹介します。 WEBディレクターがデザインを校了に導く5つのポイント 今泉 亮さん株式会社アビリティコンサルタント 「コーディング進んでいるのに、デザイン大幅修正!?」 そんな経験はありませんか? デザイナー渾身のデザインをクライアントに展開するのはディレクターの重要な役割。 出戻りを減らし、次のコンテンツ制作に時間を当てていくことが、プロジェクトの成功を近づけます。 デザインを校了に導くために、私が気をつけている5つのポイントを紹介します。 デザイナ全員で、デザイン組織を「デザイン」した話 - CTOと新人デザイナが語るデザイン組織の価値 - 船越 正宏 さん 株式会社エイチームライフスタイル 執行役員 CTO 兼 クリエイティブ戦略部 部長 CTOと現場デザイナーが送る、エイチームライフスタイル(エイチーム子会社)のデザイン組織立ち上げ秘話。約1年間組織運営をしてきた中で、なぜ組織を立ち上げたのか。どんな失敗と挑戦があったか。インハウスデザイナーとして、これから自分たちが何を目指すのかを、トップとメンバーそれぞれの目線でお伝えします。 ナショナルクライアントに選び続けられるための仕事術 勅使 純雄 さん 株式会社イークリエイト web制作企業並びチームは10名以下の脆弱な組織が多いです。私たちも例外になく、お金に人材、時間に場所など足りないものだらけです。足りないものだらけの中、コツコツ工夫をした結果、ナショナルクライアントと呼ばれる一流企業とも何社か直接取引できるようになりました。 このセッションでは弱小組織が一流企業にパートナーとして選ばれ、かつ貢献できるように日々工夫していることを紹介します。 デザインの力を信じたWebプロダクトへの提案 森田 かすみ さん 有限会社アップルップル みなさんは普段、プロダクトまたはプロジェクトに対して提案を行うことがありますか? 私は、どんどん提案していくことを大切にしています。デザイナー職へ変わってから、開発チームに対して新しい提案をするためにはデザインの力を信じていくことが大切だということを日々感じています。 このセッションではデザインの力を信じることの大切さを伝えつつ、弊社が開発している「a-blog cms」から得た経験を元に実際にどのような提案を行ってきたのかご紹介します。 デザイナーによる課題解決とイノベーションについて 長沼 耕平さん トヨタコネクティッド株式会社 デザイナー歴25年、マーケティングコンサルや事業の立ち上げも経験してきた長沼が、なぜ今ネクタイを締めて「転職」する選択をしたのか。社会におけるデザインの役割や日々の思考を共有します。 申し込み 2018年からは doorkeeper を利用することになり 入金後に参加が確定となります ので、お申し込みを行ったら早めに入金をお願いします。申し込み24時間以内に入金がない場合には自動キャンセルになりますのでご注意ください。 クレジットカードであれば決済処理を行うだけで構いませんが、銀行振込の際には入金確認ができる画像をシステムにアップロードする必要があります。スマホで撮影してアップすることで簡単にできますので、振り込んだ際には撮影をお願いします。 学生の方は、早割のみ設定してあります。早割終了後は一般で参加ください。また、学生の方については、参加時に学生証の提示をお願いします。 連絡先 メール:[email protected] Twitter:@twcan facebook:@wcan.jp 協賛 2018年 協賛募集中!

9/23 (日)

CINEMA 4D 勉強会 名古屋2018 懇親会! CINEMA 4D 勉強会名古屋2018 終了後に懇親会を行いますよ! 参加希望の方は、忘れずこちらに登録してね!! 【ご注意】このATNDは"懇親会"専用です。 このATNDは"懇親会"の参加登録専用です。 勉強会の参加登録ページとは異なりますのでご注意ください。 勉強会への参加登録はコチラから忘れずに行ってください。 CINEMA 4D 勉強会名古屋2018

イベント概要 近年急速に利用者を増やしている3DCGソフト「 CINEMA4D 」の勉強会です。 今回の勉強会では、フォトリアルなCGを生み出し続ける事で有名な、 Ryo Asakura 氏をはじめ、 若手注目のクリエイターとして期待を集める Cumuloworks 氏、 温かみのあるキャラクターCGを作る ヤマダダイキ 氏といった 各分野の注目アーティストを招き、制作におけるワークフローやテクニックを紹介。 地元名古屋からも複数のCGクリエイターが登壇します。 また、CINEMA 4Dを始めたばかりの初心者の方や、 CINEMA 4Dでどんな事が出来るのか見て見たいという方、 学生の方に向けて、分かりやすい内容の講演をご用意。 名古屋では貴重なCINEMA 4Dをテーマにした勉強会を、 MAXON協賛・C3D後援にて開催します。 この機会にぜひご参加ください。 CINEMA 4Dとは CINEMA4D は、モーショングラフィックスやプロモーション映像、 建築、映画、VFX、インタラクティブアート、ゲームなど様々な分野で使われる3DCGソフト。 大手CGプロダクションだけでなく、小規模チームや個人でも、 これまでに無いハイクオリティなCGを制作できるとして、 今最も注目されている3DCGソフトです。 AfterEffectsとの連携に優れ、 3DCGソフトとしての分かりやすさや操作性は、各種3DCGソフトの中でもトップクラス。 「クリエイティブをシンプルに」をコンセプトに、 これまで3Dは難しいと考えていた様々な方がCINEMA 4Dを初めています。 タイムテーブル 時間 発表者 講演内容 11:00 開場 開場(受付開始) 12:00 オープニング ・勉強会挨拶 ・C3Dの紹介 12:15 協賛 MAXONさま CINEMA 4D紹介 13:00 谷口宗樹(PLUStic) イベント用映像の制作過程を通してCinema4Dの有用性を語ります。 13:45 休憩 14:00 terry CINEMA 4Dの初心者向け講座やCGを学ぶ学生へ向けた情報を発信したいと思います。 時間に余裕があればX-Particles/Cyclesの魅力について語ります。 14:45 Cumuloworks CINEMA 4DのMoGraphやXpressoを使い、素早くシーンを作る方法を解説する予定です。 15:30 ライトニングトーク 3人の登壇を予定中 16:00 休憩 16:15 寺村太一(モジョン) 「とっておきC4D Tips50」 初心者から上級者まで、意外と知らないプチテクニックを時間が許すギリギリまで紹介します。目標は50個…頑張ります! 17:00 ヤマダダイキ 自作のキャラクターセットアップでの苦労と工夫、考え方等を発表したいと思います。 17:45 Ryo Asakura 実案件から考えるフォトリアル表現+演出力で見せる映像制作  〜いろんなプラグインを贅沢に使うぞ編〜 18:30 18:45 閉会 ※講演内容は都合により変更になる場合がございます。 開催場所について 参加人数によって場所が異なります。 ご来場の前に必ず最終決定会場をご確認ください 【参加者45人以下の場合】 ウィンクあいち 小会議室 住所: 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38 【参加者46人以上の場合】 名古屋国際センター第一会議室 住所: 愛知県名古屋市中村区那古野1丁目47−1 懇親会について 勉強会の後には懇親会も企画しています。ぜひご参加ください。 懇親会の参加は下記から登録が必要です!参加を希望される方は 忘れずに登録をおねがいします。 詳細・参加登録はコチラ 併催イベントも開催! 併催イベントとして勉強会の前日9月22日(土)には 「クリエイターのための道具としての英語講座」 を行います。 ネイティブ並みの英語力はなくても、道具として英語を活用できれば、 CGを学んだり制作する上での情報量が格段に増えます。そのコツをお教えします。 こちらもご興味があればぜひご参加ください。 詳細・参加登録はコチラ お知らせ (8/4追記)参加人数が45人を超えましたので会場を「国際センター」に確定しました。 (8/4追記)インターネットでの映像配信などはございません。 (8/4追記)会場及び、会場最寄駅「国際センター駅」はバリアフリーです。

9/22 (土)

事前アンケートご協力のお願い 勉強会に参加される方へのお願いです。英語講座の内容をよりよくするために、事前アンケートへのご回答をお願いします。ほとんどが選択式で、質問自体も少なめです。お手数ですが、よろしくお願いします。 C3D勉強会「道具としての英語講座」アンケート イベント概要 CGソフトはほとんどが海外製。英語ができれば入手できる情報の鮮度も量も変わってきます。また海外のクリエイターが集まる場所で、ちょっとした会話ができれば交流の幅が国境を越えて広がる可能性も。 クリエイターはネイティブ並みの英語力はなくても、英語を「道具」として使えれば、学習やコミュニケーションに活かせます。そのコツをお伝えします。 いつもは座談会形式のC3D勉強会ですが、今回の英語講座は、C3D主催の岩井が講師としてお話します。 ーーー C3Dは、3DCG同好会のようなものなので、これまで参加したことの無い人でもお気軽にご参加ください。CGの知識は無いけど、興味はあるという人でも結構です。(ただし、CG方面の濃い話が多いので、その辺りは何卒ご容赦ください) 過去の活動内容については、C3Dのウェブサイトをご参照ください。 https://c3dpoly.com/ 勉強会の内容・時間割 時間 内容 10:30 – 12:30 参加者各自の近況報告やCG・映像関連の情報交換 12:30 – 13:30 昼食 13:30 – 15:30 クリエイターのための道具としての英語講座 15:30 – 16:00 質疑応答 16:00 – 17:30 CG・映像関連の情報交換 勉強会参加費(会場費) 税込1,000円 持ち物 ノートパソコン(必須ではありませんが、あると便利です) 翌23日にはCINEMA 4D勉強会が開催されます! C3D勉強会の翌日、9月23日(日)には名古屋でCINEMA 4D勉強会が開催されます。主催はモジョンさん、後援はC3Dです。開催場所はC3D勉強会の会場から徒歩すぐの場所。 参加希望の方は次のページからどうぞ! CINEMA 4D 勉強会 名古屋2018

7/7 (土)

9650 normal 1522822395 icon contents.nagoya
本編の「contents.nagoya」では、WordBench Nagoya さんのイベントが中で開催され、この懇親会は IT飲み会 名古屋 さんと一緒に開催することになりました。 ですので、懇親会でもスクリーンを用意してライトニングトークや、30秒PR のようなことも行います。ライトニングトークの参加者を募集中です。 日程 2018年7月7日(土)18:30 - 20:30 会場 東天紅 名古屋国際センタービル店名古屋市中村区那古野1丁目1−47−1 名古屋国際センタービル 25F 費用 4,500円(税込) スケジュール 【18:30〜18:40】オープニング  主催よりご挨拶(contents. nagoya より山本、名古屋IT飲み会より北川) 【19:00〜19:15】30秒RP(10名程度)  希望者の方に30秒で自社・自分・製品の紹介を希望者の方にしていただく時間です。  30秒を過ぎると強制的に終了となるIT飲み会スタイルです。  希望者は、当日その場で募集します。 【19:45〜20:00】ライトニングトーク  事前にお申込みいただいた2.3名による5分間のライトニングトークです。 【20:20】エンディング

9650 normal 1522822395 icon contents.nagoya
セッションへの参加登録について 現在、事前登録については 1セッションのみの選択になっておりますが、事前登録者の人数によっていくつかのセッションを当日の受付で追加登録ができるようになります。 ただ席数に制限がありますので、早めにご来場ください。 キャンセル待ちで登録をされている方は、当日までキャンセル待ちだった場合には、セッションを選択していない状態の方と同じになります。できるだけ空いているセッションを選択し、早めに来場いただいて事前登録できなかったセッションの当日席を確保することをおすすめいたします。     懇親会について 懇親会は参加登録とは別にこちらの「懇親会申し込みページ」から申し込みをお願いします。懇親会の受付は2018年7月4日18時までとなります。参加したい方は必ず事前に申し込みをお願い致します。 イベント内容 contents.nagoya では、Web業界で活躍されている方を登壇者に迎えたセッションや、CMSなどのコンテンツに関わるプロダクトを開発している様々な企業がブース出展します。各ブースでは、その企業が運営しているサービスについての説明を聞くことができます。参加費は無料で、出入り自由なのでお好きな時間にお越しください。 タイムテーブルなどは、contents.nagoya サイトページ からご確認ください。 ※只今タイムテーブル調整中。近日更新予定! contents.nagoya 概要 日時: 2018年7月7日 10:00 - 17:30(受付 9:30〜) ※ 会場混雑回避のため9:30〜開場します。 会場: 名古屋国際センタービル 4F、5F 参加費: 無料 対象: Web/IT系、コンテンツ制作に携わる方々 セッション内容 .session-list { list-style: none; padding-left: 0; } .session-list .session-item { margin-bottom: 20px; } .session-head { display: flex; } .session-image { height: 80px; width: 80px; background-position: center; background-repeat: no-repeat; background-size: cover; } .session-contents { flex: 1; margin: 10px; word-break: break-all; } .session-image { margin-top: 10px; margin-bottom: 10px; } .session-contents p { margin: 0; } .session-contents h3 { margin-top: 0; margin-bottom: 10px; } .session-p { margin: 0; word-break: break-all; } 『いまCMSエンジニアに求められるもの』 藤田 拓 さん(株式会社ミツエーリンクス 取締役/言問株式会社 代表取締役) 僕がWeb開発/CMSに関わって14年もの歳月が経ち、開発環境はどんどん進化していき、知っておいた方がよいツールも増えてきました。特に昨今よく耳にするキーワードDevOpsはある程度の規模の案件をやる人にとって避けて通れない内容となってきていますし、その恩恵を享受した方がメリットも大きいでしょう。合わせて、クラウドの発展により、CMSの悩み事も外部サービス連携で解消されることが増えています。たとえば、キャッシュ機能を補完・拡張するCDNが安価に利用できたり、それどころかセキュリティ対応や画像・動画処理までやってくれます。また、CMS自体もようやくHeadless CMSに光があたり始め、ちょっと前から使われ始めているflat file cmsとも合わせて相変わらず群雄割拠ではありますが、その中でWordPressのシェアが圧倒的なところも意識せざるおえません。ということで、CMSを取り巻く技術・キーワードは相変わらずいっぱいあります。その中でも今のうちに取り組んでおいた方がいいものをお話ししたいと思います。 『ユーザー体験によりそうコンテンツ制作の基礎設計』 森田 哲生 さん(株式会社Rockaku) 2015年の発売以来、学生から、ブロガー、ライター、ウェブディレクターまで、幅広い読者から好評をいただいている書籍『書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室』。今回は、その“ライブ版”として「ユーザー体験によりそうコンテンツ制作の基礎設計」をテーマにした授業を行います。ユーザーがどのような気持ちでひとつのウェブサイト・コンテンツにたどり着くか…… “UXD思考”で表現の最適化を考える方法や、実際に発信されるコンテンツをユーザーのニーズに応えるものに変えていく情報収集と整理のメソッドなどを、実践型ワークショップを交えてレクチャーいたします。 『日本語Webフォント最新事情 2018』 関口 浩之 さん(ソフトバンク・テクノロジー株式会社/Webフォント エバンジェリスト) 当たり前のように使われはじめた「日本語Webフォント」。アクセシビリティやマシンリーダビリティ、UI/UX観点からも、サイトリニューアルの際にはWebフォント導入検討が必須事項になってきました。しかしながら、日本語Webフォントを体系的かつ俯瞰して学ぶ機会が今まで少なかったと思います。大手企業のコーポレートサイトやサービスサイトの実案件の事例を紹介しつつ、導入理由や導入効果などを解説します。 Web制作におけるデザインツールや制作フローが変化する中、タイポグラフィやフォントの知識を高めることは、デザイナーのみならずマークアップエンジニア、コーダー、ディレクター、マーケターなど、Webに関わるすべての人にとって重要です。フォントを楽しく学んで新たな武器を手に入れましょう。 『検索集客を意識し、訪問者の心を動かすWebライティング』 松尾 茂起 さん(株式会社ウェブライダー 代表取締役/株式会社Betters 代表取締役) 検索エンジンで上位表示をすれば、ひとつのサイトに年間数百万人もの人がやってくる、そんな時代が訪れています。ソーシャルメディア隆盛の昨今ですが、検索エンジンを使う人は減りません。この講座は、「ライティング(言葉の活用)」を軸として、検索エンジンからもユーザーからも評価されるWebコンテンツ作成のノウハウをお届けします。人の心を動かすのは、いつの時代も「言葉」です。 『写真が変わればコンバージョンが変わる! 〜 社内で撮影し、売り上げが380%上がった撮影手法 〜』 鍋坂 樹伸 さん(コマーシャルフォト サン・スタジオ/株式会社サン・サン取締役) みなさんは日々の写真撮影が楽しく、順調に進行できていますか?ウェブサイトで使われる写真はさまざまで、競合他社の写真を見てみると参考になるのと同時に、どう撮ったらよいものか考え込んでしまうときもあるでしょう。このセッションでは半年間かけてコンサルティングした、アパレル関連のサイトを例に伝わる写真はなにか?事前の準備期間にすべきこと、撮影時に使えるテクニックを解説します。2018年も中盤!このセッションを巻き返しのきっかけにして、コンバージョンをあげていきましょう!! 『活用できていないコンテンツの発掘方法と成果へのつなげ方』 古荘 貴司 さん(株式会社 Brassica) Webサイトは何のために作るのでしょう?多くの、というかほとんどの場合は突き詰めると「売上をアップするため」だと思います。また、企業の活動である以上コストはできるだけ削減したいものです。ただ作るだけではダメなのは当たり前、ただ問い合わせを増やすだけでもダメ。できるだけ少ないコストで効率よく「売上」につながるWebサイト運営(SNS等との連携を含む)をするためには、どういう風にコンテンツを集めて活用していくのが良いのでしょうか。今回の講座では、サイトオーナー社内のリソース活用に焦点をあてて、できるだけ事例を交えてお話をさせていただきます。 『売れるサイトのための最新SEO徹底解説 〜 検索者が求める情報と体験を設計する 〜』 住 太陽 さん(ドコドア株式会社 社外取締役/「SEO 検索エンジン最適化」サイト運営者) Google検索に人工知能システムRankBrainが導入されて以降、SEOのルールは大きく変わりました。Googleが検索意図を読み取る能力が大きく向上したためです。とりわけ直接的に購買につながるキーワード(トランザクショナルクエリといいます)においては、2016年以前のSEOの常識の大半は無意味なものになっています。本セミナーでは平易な解説でRankBrainを理解するとともに、Web制作者が取り組むべき現在のSEOについて整理します。また、検索者が求める情報および体験をいかに設計し実装するかにフォーカスしながら、サイトの目的や性質に応じた構成や集客経路について詳しく解説、今後を見据えた最も効果的な戦略をお伝えします。 補足資料:購買につながるキーワード(トランザクショナルクエリ)においては、2016年以前のSEOの常識の大半は無意味なものになっています。 『SNSでもWebサイトでも、目を惹くイラストのつくり方』 角田 綾佳 さん(spicagraph) 図解、グラフィックレコーディング、「わかりやすさ」としてイラストが取り入れられる機会も増えました。絵を描くのは昔から苦手、という意識を持つ方でも「それに見える」「きれいに見える」コツを知れば、図形の組み合わせでもイラストは作れます。イラストの持つ力と、SNSやWebサイトと相性のいいイラストや表現、わたしのTwitter発信で反応がよかったイラストや漫画の傾向などをご紹介します。 補足資料:SNSでもWebサイトでも、目を惹くイラストのつくり方 -ざっくりシナリオ- 『売上につながるブログ連動のメルマガとマーケティングオートメーション』 海老原 雅人 さん(ゾーホージャパン株式会社 ZOHO事業部 パートナー営業・ユーザーコミュニティ運営 /農学博士・中小企業診断士) 売上を上げるためには、入って来るお客様を増やす、離れていくお客様を減らす、ということに尽きると思います。本セッションではせっかく入ってきてくれたお客様を離さないで、ファンになってもらうため/次のお客様を呼び寄せるため、持っているコンテンツを最大限に活かして、待ちから攻めの営業を展開する。そのためのマルチチャネルでの情報発信と、売上に繋げる展開を見込むためのマーケティングオートメーションの解説をし、簡単/安価で有効に実現する手法をご披露いたします。 contents.nagoya とは 企業や製品のウェブサイトにおいて「コンテンツ」の重要度は昨今ますます大きくなっています。有益・魅力的なコンテンツとは、テキストや写真といった要素、構成や更新といった運用面など、多様な内容が連携することによってかたち作られていると言えます。 contents.nagoya(コンテンツ ドット ナゴヤ)は、よりよいウェブサイトのために「コンテンツ」にクローズアップしたイベントです。ライティング、写真・イラストレーションからコンテンツマネージメントシステム、運用、サーバーまで、幅広い視点でコンテンツをよりよくするためのヒントを見つけられる場を目指します。 主催の有限会社アップルップルは、2007年よりWeb系セミナーイベント「WCAN」を10年継続して開催してきました。WCANは名古屋を中心としたエリアでWeb制作に携わるみなさまのコミュニティとしても受け入れられており、Web制作者・Web担当者の交流の場としても機能しています。2018年、新しいイベントとして開催する「contents.nagoya」は、コンテンツとコンテンツを管理するシステム(CMS)に関わるみなさまのスキルアップ支援や交流に大きく寄与するものと期待されます。 協賛 /* 全体 */ #contentsNagoya-sponser { margin-bottom:50px; } #contentsNagoya-sponser p { display: flex; justify-content: center; align-items: center; flex-wrap: wrap; } #contentsNagoya-sponser a { display: block; text-align: center; } #contentsNagoya-sponser img { max-height: 113px; margin-top: 20px; margin-bottom: 20px; } /* ゴールド協賛 */ #contentsNagoya-sponser #gold a { width: 240px; } #contentsNagoya-sponser #gold img { width: 220px; } /* シルバー協賛 */ #contentsNagoya-sponser #silver a { width: 170px; } #contentsNagoya-sponser #silver img { width: 150px; } /* ブロンズ協賛 */ #contentsNagoya-sponser #bronze a { width: 100px; } #contentsNagoya-sponser #bronze img { width: 80px; } WCAN通年協賛 事前登録者への抽選でのプレゼント 事前登録者の方には抽選NOの書いた物をお渡しし、当選者の NO を 12:30 頃にオープンセッションの辺りに掲示します。 沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− x 2 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— x 2 書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室 x 2 Web制作と運営のための 写真撮影&ディレクション教本 ~段取りから準備、撮影テクニック、実践ポイントまで~ x 2 クリエイターが知っておくべき「権利」の本 (仮) x 2 いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 x 3 小さなお店&会社の WordPress超入門 ―初めてでも安心! 思いどおりのホームページを作ろう! x 3 できる WordPress WordPress x 3 現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド アップデート版 x 3 アンケート回収時にくじ引き! Oculus Go dji Tello Amazon Echo Dot x 2 baserCMS オリジナルTシャツ S×1枚、XL×1枚 べっしー モバイルバッテリー x 2 べっしー ボールペン x 30 far and mer 野菜セット プレゼント協賛 株式会社Brassica 株式会社コミュニティコム baserCMS

4/28 (土)

【追記】 C3D勉強会参加者の皆さんにお願いです。 勉強会を実り多きものにするために、次のアンケートに答えていただけますか? 簡単な内容です。お手数ですが、よろしくお願いします! https://goo.gl/forms/KQlvGF9jbKR0g5gy2 ——————— 2018年初の勉強会テーマは「初めての3DCG」です。 C3Dは、CGや映像が好きな人の集まりなので、参加者はCGに触れたことがある人が多いのですが、最近はCGに興味がある人や、初めたばかりの人が、C3Dに問い合わせしてくれたり、参加してくれたりしています。 そんな人達のために、CGに詳しい人がなんでも答えてしまいます。初心者の参加がなければ、いつもどおりマニアなお話です(笑)近況報告を行った後で、今年のCG、映像関連ニュースなどについてお話しましょう。 3DCG同好会のようなものなので、これまで参加したことの無い人でもお気軽にご参加ください。CGの知識は無いけど、興味はあるという人でも結構です。(ただし、CG方面の濃い話が多いので、その辺りは何卒ご容赦ください) 過去の活動内容については、C3Dのウェブサイトをご参照ください。 https://c3dpoly.com/ 【勉強会の内容 】 午前(10:30〜12:30) *参加者各自の近況報告やCG・映像関連の情報交換 午後(13:30〜17:30) *初心者からの質問にもなんでも回答など 【勉強会参加費】 税込1,000円(会場費) 【持ち物】 ノートパソコン(必須ではありませんが、あると便利です)

12/23 (土)

2017年、最後となる勉強会のテーマは「今年のCG・映像などの振り返り」です。 いつものように近況報告を行った後で、今年のCG、映像関連ニュースや来年の豊富についてお話しましょう。 勉強会の後は忘年会を開催します。忘年会に参加できない人、忘年会のみ参加したい人は、参加表明時にコメント欄にその旨を書き添えてください。 3DCG同好会のようなものなので、これまで参加したことの無い人でもお気軽にご参加ください。CGの知識は無いけど、興味はあるという人でも結構です。(ただし、CG方面の濃い話が多いので、その辺りは何卒ご容赦ください) 過去の活動内容については、C3Dのウェブサイトをご参照ください。 https://c3dpoly.com/ 【勉強会の内容 】 午前(10:30〜12:30) *参加者各自の近況報告やCG・映像関連の情報交換 午後(13:30〜17:30) *今年のCG関連ニュースや来年の抱負など 【忘年会 】 18:00〜 ※場所は未定です。 【勉強会参加費】 税込1,000円(会場費) 【持ち物】 ノートパソコン(必須ではありませんが、あると便利です)

9/22 (金)

1413 normal 1371633516 basecamp atnd ベースキャンプ名古屋
レーザーカッターから広がるDTPとプロダクトデザイン 約10年いたWeb制作会社を卒業して、2015年からSukima.というミニメーカーをはじめました。商品の企画~製造~販促~販売~まで、メーカーとして徐々に販路を作っています。 プロダクトに関しては全くの初心者でしたが、DTPやWeb制作で使ってきたイラストレーターで、レーザーを使ってアイディアを形にする事ができるから今があります。 今回のセミナーでは、レーザーカッターでできることだけではなく、ミニメーカーを始めた自身の経験や、ミニメーカーであるからこその強みなども交えてお話しさせていただきます。 日時 2017年9月22日(金) 19:00 - 21:00 場所 ベースキャンプ名古屋 名古屋市中村区名駅3-18-5 モンマートビル5F 費用 3,000円 (税込) 関連イベント 9/23(土) 10:00 - 12:00 飾れて遊べる、迷路オーナメント作り with カスタマイズ 9/23(土) 13:00 - 16:00 イラストレーターを使って、浮遊感のある看板を作ろう 講師プロフィール 柳谷 環 さん INTUS代表 2015年より、デジタルファブリケーションの技術を使った商品開発を行い、Sukima.というブランド名でおもちゃや雑貨を販売している。 ブランドコンセプトは「インテリアにもなるようなおもちゃ」で、片づけた後も飾りたくなるようなデザイン性のあるプロダクトが特徴。また、スマホアプリとの連動や、ワークショップにもつながるものづくりを行っている。 自身もメーカーである経験を活かした、グラフィックやWebを含めたクライアントワークもしている。2016年広島市創業チャレンジ・ベンチャー支援認定事業。 公式サイト http://www.intus.jp/ ブランドサイト http://www.sukima.gift/ 非営利ITラボ SHAREFLメンバー http://sharefl.jp/ 遊びをつくる、プロジェクト cogurumi運営 http://cogurumi.info/ 2015年 Weekend BASE 飾らない暮らし(東京:渋谷ヒカリエ) 2015年 山口ミニメーカーフェア(山口:山口情報芸術センター) 2015年、2016年 広島職人博覧会(広島:旧日本銀行本店) 2016年、2017年 ててて見本市(東京:スパイラルホール) 2016年~ OPEN MUJI workshop (広島:無印良品広島パルコ店) 2017年 Shibuya Wondering Craft(東京:渋谷ヒカリエ) 柳谷 武さん 株式会社カンドウコーポレーションCCO SHAREFL代表 cogurumi代表 デジタルサイネージや、アミューズメントコンテンツの開発、アプリデザインやスタートアップのサポートのお仕事を受託しています。その他、行政が発信する事業窓口の立ち上げなど、ウェブデザインや撮影、ロゴやグラフィックデザインなどのお仕事も承っています。家業である、「sukima.gift」の知育プロダクトデザイン、FABについての活動も行っています。 また、SHAREFLとCOGURUMIというラボチームで、書道、神楽、将棋、鬼ごっこなどをIoTと結び付けて再構築するコンテンツも研究中。 みまもりサービス「オッタ」 広島県の移住サポートメディア「ひろびろ」 広島広域都市圏事業 企業とデザイナーマッチングサポート「と、つくる」

8/26 (土)

次回の勉強会テーマは「Cinema4D」です。 Chubu3D参加者の間でもジワジワとCinema4D利用者が増えてきました。 そんなわけでCinema4Dとはどんなソフトなのかを知るための会にする予定です。C4Dを持っている人も持っていない人もお気軽にご参加ください。 MODO最新版のプロシージャルモデリングのデモも行ってもらう予定です。 いつものように近況報告を行った後で、今年のCG、映像関連ニュースなどについてお話しましょう。 3DCG同好会のようなものなので、これまで参加したことの無い人でもお気軽にご参加ください。CGの知識は無いけど、興味はあるという人でも結構です。(ただし、CG方面の濃い話が多いので、その辺りは何卒ご容赦ください) 今回は勉強会の後で暑気払い(飲み会)も予定しているので、参加可能であればこちらもご参加ください。 過去の活動内容については、C3Dのウェブサイトをご参照ください。 http://c3dpoly.com/ 【勉強会の内容 】 午前(10:30〜12:30) *参加者各自の近況報告やCG・映像関連の情報交換 午後(13:30〜17:30) *Cinema4D関連のお話など 【勉強会参加費】 税込1,000円(会場費) 【持ち物】 ノートパソコン(必須ではありませんが、あると便利です)

4/29 (土)

2017年、最初の勉強会テーマは「レンダラー」です。 いつものように近況報告を行った後で、今年のCG、映像関連ニュースなどについてお話しましょう。 3DCG同好会のようなものなので、これまで参加したことの無い人でもお気軽にご参加ください。CGの知識は無いけど、興味はあるという人でも結構です。(ただし、CG方面の濃い話が多いので、その辺りは何卒ご容赦ください) 過去の活動内容については、C3Dのウェブサイトをご参照ください。 http://c3dpoly.com/ 【勉強会の内容 】 午前(10:30〜12:30) *参加者各自の近況報告やCG・映像関連の情報交換 午後(13:30〜17:30) *レンダラー関連のお話など 【勉強会参加費】 税込1,000円(会場費) 【持ち物】 ノートパソコン(必須ではありませんが、あると便利です)

3/4 (土)

過去3回VRAYforC4Dの勉強会として開催してきましたが、今回から使用ソフトを限定しない勉強会として開催します。 この勉強会が、V-Rayユーザーの交流の場となれば幸いです。 お堅い勉強会では無いので、V-Rayに興味がある方もお気軽にご参加ください。 披露したいTips、ネタ、作品がある方は当日までに準備お願いします。 主催者八代はV-Ray for MODOネタをやろうと思っています。 【持ち物】ノートPC(必須ではありません) ●参加費の1,000円は会場利用料になります。 ●会場内では電源と無料Wi-Fiがご利用いただけます。 ●会場受付は12時30分〜 ●途中参加、途中退室OKです。 ご不明な点がありましたら、下のコメント欄にてお願いします。