くう (@Fumiya_Kume)


参加する勉強会

11/23 (木)

開催概要 毎年恒例!名古屋開催のプロ生勉強会です!2010年から続いて8回目です! 興味があれば誰でも参加 OK、IT・開発系でテーマいろいろの IT 勉強会です。 東京開催では、半分ぐらいが初めて参加される方です。お気軽のご参加ください。 当日は、YouTube Live での配信も予定しています。会場へ参加できない人はオンラインから参加お願いします! プログラミング生放送について マスコットアプリ文化祭2017 を開催中です! 作品の応募をお待ちしております。 プログラミング生放送(プロ生)は、IT 勉強会を開催している IT・開発系のコミュニティです。 プログラミング生放送 過去に行った勉強会 今年も「プロ生ちゃん Advent Calendar 2017」開催します。準備お願いします! タイムテーブル(予定) 時間 担当/発表者 内容 12:30〜 プロ生 受付開始 13:00〜 プロ生 オープニング 13:10〜 荒テック (Sora Arakawa)さん セッション発表枠1 14:10〜 くぅ@あああああ‏さん影白さん ショートセッション発表枠 15:10〜 イキリ大学生(GPA 2.03 )さん セッション発表枠2 16:10〜 まぐろさんチームさん セッション発表枠3 17:00〜 - LT発表枠 17:30〜18:00 プロ生 クロージング&会場完全撤収 18:30〜 希望者 懇親会 セッション/ショートセッション情報 「当日のお楽しみ」by 荒テック (Sora Arakawa) @arkw0 さん(50min) 「Azure WebAppsあたりについてお話します 」 by イキリ大学生(GPA 2.03 )@soiya1919 さん (50min) 「ApolloLakeとSHA拡張命令(仮)」by まぐろさんチーム‏ @MagurosanTeam さん(40min) 「準備中」by 影白‏ @KageShiron さん(30min) 「一般公開されたVisual Studio App Center を実際に使ってみて感じたこと」by くぅ@あああああ‏ @Fumiya_Kumeさん(20min) 「MvvmCross(予定)」 by jz5(未確定) LT 大会 ライトニングトーク大会参加者を募集中です。 「ArduboyでLTタイマー(仮)」 by まぐろさんチーム‏ @MagurosanTeam さん 荒テック (Sora Arakawa) @arkw0 さん(未確定) 参加費・参加資格 無料 興味があれば、誰でも参加できます 未成年の方は保護者の許可を得て参加してください 会場案内 日本陶磁器センター 3階 大会議室 地下鉄桜通線「高岳駅」2番出口より徒歩約6分 地下鉄東山線「新栄町駅」 1番出口より徒歩約6分 持ち込んだゴミはお持ち帰りください。 懇親会 懇親会は別途 参加登録が必要です 懇親会費: 4,000円を予定(学生はそれ以下の予定) 申し込みはこちらからお願いします。 → https://atnd.org/events/92253 ※ 懇親会は禁煙です

懇親会(飲み会)参加用です。 勉強会も 登録 してください。 懇親会費: 4,000円を予定(学生はそれ以下の予定) ※ 懇親会は禁煙です

11/27 (月)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回はクックパッド株式会社様のご協力によりイベントを開催することになりました! 当日は、愛知県半田市生まれ、豊田高専→名古屋大学卒で現在はクックパットで執行役CTOをされている成田さんにご登壇いただきます。 東海圏の学生とお話できることをとても楽しみにされています。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント内容 エンジニアの働き方について クックパッドCTO成田さんのキャリアについて クックパッドのエンジニアと技術について についてクックパッド株式会社執行役CTOの成田さんに登壇していただきます。 そのあとは、クックパッドの社員さん(愛知県田原市出身の新卒採用担当)や参加学生同士で楽しく交流しましょう! ▼こんな学生さんに向いています▼ Web業界でエンジニアとして働くことに興味がある エンジニアのキャリアパスはどんなものがあるのか知りたい 愛知出身のエンジニアがどんな活躍をしているのか聞いてみたい クックパッドCTOと話をしてみたい クックパッドに興味がある 登壇者 執行役CTO 成田一生 酢と山車とごんぎつねの街半田市で生まれ育ち、豊田高専→名古屋大学→同大学院を経て2008年にヤフー株式会社に新卒入社し、Yahoo! メールのバックエンド開発を担当。その後、2010年にクックパッドへ入社。サーバサイドのパフォーマンス改善や画像配信を担当するインフラエンジニアとして経験を積み、現在はCTOとしてエンジニア全体の責任者を務める。東京にも寿がきやが来てほしい。 Twitter: @mirakui GitHub: @mirakui タイムテーブル 時間 内容 18:30 受付開始 18:45 発表 19:30 懇親会 20:30 完全撤収 会場 会場:LIB SPACE 住所:名古屋市中区栄3丁目7番22号 栄928ビル 4階A号 アクセス:地下鉄東山線・栄駅から徒歩4分 地下鉄名城線・矢場町駅から徒歩7分 地下鉄鶴舞線・伏見駅から徒歩14分 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はありませんので、譲り合ってご利用ください) 持ち物 特に必要ありません。 OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ クックパッド株式会社について 日本最大の料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」を運営している会社です。1998年3月にサービス開始し、現在投稿レシピ数は270万品以上、月間約6000万人にご利用いただいています。 クックパッド株式会社 会社概要

12/2 (土)

065d9c3a04fcc72e941b60c63551da0e NGK2017B
昼の部(LT大会)の参加募集ページです。 イベントの詳細については NGK2017Bトップページをご覧ください。 一般LT枠希望の方へ 10年目の節目を迎える今回は、IT系コミュニティで交流し、名古屋のIT系コミュニティを盛り上げたい という初心に立ち返り、より様々な方の発表が聞けることを目指しています。 これまで発表してくださった熱心な方々の多くが、.netや関数型プログラミングなどの比較的近しいコミュニティに所属していることもあってか、発表者や参加者がややかたよってきました。ですが、NGK2016Bではモバイル、IoT、クラウド、機械学習など、名古屋の多様なITコミュニティの方が発表してくださいました。 そこで、これまで以上に幅広い発表が聞けるように、LT枠は早い者勝ちではなく 抽選 とします。できるだけバラエティに富むように、近い内容(例:あるプログラミング言語の紹介が2人かさなった、など)のLTはどちらかのみ残すなど、抽選に一部かたよりをつける場合がございます。恣意的な選別は行わず、できるだけLT枠を増やす方向で検討しています。 スポンサーLT枠希望の方へ 例年どおり、求人案内や製品紹介などが可能なスポンサーLT枠は別途もうけておりますので、ご希望の方は管理者までお問い合わせください。

12/7 (木)

1f71846c9188badb9095852d9867f815 Hack U
対象者 参加対象者を学生の方、または若手のエンジニアに限定させていただきます。 我こそは若手エンジニアという方、奮ってご参加ください。 追記(11/13 学生優先ということで、学生枠を10枠に増枠させて頂きました。 今回のテーマ 今回のテーマは、【Google Home】です! 発売されたばかりのGoogle Home向けのアプリをActions on GoogleとDialogflowを使って作ってみましょう! https://developers.google.com/actions/ https://dialogflow.com/ ワークショップについて まずActions on GoogleとDialogflowの使い方、Google Home向けのアプリの作り方を説明します。 その後のハンズオンで実際に動くGoogle Home向けのアプリを作ります。 ハンズオンでは、Yahoo! JAPANの現役エンジニアたちがサポートするので、 スキルに自信がない方も安心してご参加ください! 開催概要 日時 2017年12月7日(木)17:30受付開始、18:00開始、21:00終了予定 タイムスケジュール 時間 内容 17:30〜18:00 会場受付 18:00〜21:00 Google Home ハンズオン 会場 ヤフー名古屋オフィス アクセス ヤフー株式会社 名古屋オフィス (愛知県名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー) 地下鉄「名古屋」駅 徒歩4分 JR各線「名古屋」駅 徒歩7分 名鉄「名古屋」駅 徒歩9分 近鉄「名古屋」駅 徒歩9分 持ち物 ノートPC(WindowsあるいはMac)/ 充電ケーブル(会場に電源タップの用意はございます) 事前準備 Googleアカウントをご用意ください。 注意事項 当日のイベント内容やタイムスケジュールは変更となる可能性がございます。 イベントレポート作成のため、お写真や動画を撮らせていただくことがございますのであらかじめご了承ください。 イベントはやむを得ず中止させていただく場合がございます。 Twitter, [email protected] ヤフーでは今後もイベントを行う予定です。 イベント情報は以下のアカウントで随時配信しますので、ぜひフォローしてください! https://twitter.com/hackujp https://page.line.me/hacku

12/9 (土)

Doorkeeper group normal UZR INCUBATOR - uzura.org
内容 本イベントは 2017/11/25(土) に開催の「地図お絵描き学習会 ~子供編~ 電車の絵がGO!」に引き続き、大人編としてマッピングパーティーを行います。 マッピングパーティーとは、まち歩きをしながら、皆でまちの地図を描くことを目的とした活動です。マッパーと呼ばれる地図を描く活動家と一緒に気軽にまちの地図作りを体験頂けます。まちの情報を充実させることをは、まちを知ることだけでなく、その情報を世界へと発信することに繋がります。 あなたもまちの地図作りに参加してみませんか。 本イベントでは、大人たちが描いたOpenStreetMapの地図の上を、子供たちの描いた電車が走る というコラボレーションを考えております。 これによって、普段はOpenStreetMapについて知らない方にも参加してもらえるため、OpenStreetMapを色々な方に知ってもらい、興味を持ってもらえるチャンスです。 また、自分の描いた地図が実際に豊橋市民に使ってもらえる絶好の機会になるかと思いますので、ぜひ奮ってご参加ください。 プログラム予定 10:00~11:00 講義 11:00~14:00 フィールドワーク(途中にランチを挟む) 14:00~16:30 データ作成・編集 16:30~17:30 まとめ(成果発表) 17:30~18:00 片付け 持ち物や服装など ・現地でメモするための筆記具・クリップボードなど ・ノートPC ・マウス ・電源タップ(こちらでもある程度数は用意致します) ・ネット接続環境(モバイルルータなど) ・デジカメ(スマートフォンのカメラ機能で代用可能です) ※上記はすべて必須ではありませんが、可能であればご用意ください 野外での活動が中心になります。 当日の天候や安全に十分留意し、動きやすい服装や装備(傘・帽子等)にてご参加ください。 事前準備 OpenStreetMapの編集が初めての方、事前にアカウント取得とJOSM(地図編集ソフト)のインストールを以下よりお願いします。 ・OpenStreetMap(新規アカウント登録より) ・JOSM(JavaRuntimeのインストールが必要な場合があります) 参加費 無料 注意事項 ・ここにこの駐車場には台数に限りがございますので、当日会場へ来られる際はできるだけ公共交通機関をご利用ください。  ※ここにこの駐車場は有料(150円/30分)となります ・会場(ここにこ)は9:30に開館となりますので、入場はそれ以降にお願いします。 ・当日のフィールドワークの際の貴重品の管理は各自でお願いします。 お問合せ先 Code for MIKAWA([email protected])まで 主催 Code for MIKAWA ご支援 共催:豊橋市 ※本イベントは平成29年度豊橋市オープンデータワークショップ等開催費用補助金の助成を受けて実施しています

12/10 (日)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※学生限定のイベントです。社会人の方は申し訳ありません。 イベント内容 忘年会LTパーティ! LT(ライトニングトーク)とは 5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。「Lightning Talk(s)」の頭文字を取って「LT」と略される。 ライトニングトークとは - はてなキーワード LTのテーマ・何をLTすればいいの? ITに関することであれば大丈夫。エンジニアリングやデザイン、その他面白い話をぜひ! 発表枠は5分ですが、短くても全然OKです。学生だけですので、気軽にゆるふわな会にしましょう。 今回は12月に開催ということで忘年会!2017年の締めくくりとなるようなLTをお待ちしています! LT内容(一例) 最近気になってる話題 今まで自分が作った作品紹介(苦労したこだわりどころなど) 新しく挑戦してみた技術の話 自分はこうやってデザインをしています 以前にはこんなタイトルのLTもありました。 Webデザインの配色について Mac標準プレビュー.appを使い倒す 機械学習は魔法じゃない 個人的にAWSの素晴らしさを紹介 ヨーロッパ旅行で見つけた各国のIT事情 タイムテーブル 入退室は自由となっております。都合の悪い方は途中退出していただいても問題ありません。 当日はOthloTechが軽食(ピザ等)とお酒・ソフトドリンクを用意します!LTを聞いたり参加者と交流しましょう! 時間 内容 17:00 開場 17:30 開会のあいさつ 17:45 LT(第1部) 18:45 休憩 18:50 LT(第2部) 20:00 LT終了・投票 20:10 結果発表 + 表彰 20:30 クロージング 発表者 決まり次第順次更新してきます!発表順は当日ランダムで決定します。 発表枠に申し込んだ方は後日で構いませんのでタイトルと、ページに表示する名前を教えてください。 氏名 タイトル くぅ Xamarin.Forms optimize for iPhone X KatsuakiTakagi よしかわたいき いっちゃんとか、ヒロとかです Kazuki Hanai @ジュジュ KageShiron Ryoga 小柳 陽光 VR オザキ Bts34J Koki Miura 独学でMachinelearning ちーず すなお 会場 会場:LIB SPACE 住所:名古屋市中区栄3丁目7番22号 栄928ビル 4階A号 アクセス:地下鉄東山線・栄駅から徒歩4分 地下鉄名城線・矢場町駅から徒歩7分 地下鉄鶴舞線・伏見駅から徒歩14分 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はありませんので、譲り合ってご利用ください) OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼10/7,8に第2回目となる学生ハッカソンを開催しました OthloHack2017 Twitterモーメント

12/16 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
dotNET600とは? 「周りに自慢したいこんなスゴい技術があるのに発表する場が無いんだよな...」 こんな声に答え、従来からあるレベル100~500よりさらに上のレベル600を発表するdotNET600を設けました。 dotNET600は、参加者のレベルを気にすることなく、プレゼンターが今必要と感じている、.NETに関する高度な技術を思う存分に発表するイベントです。ぜひこの機会に、第一線で活躍している方々の「今」を共有しましょう。 タイムスケジュール ※ 調整中 時刻 内容 カテゴリー 発表者 10:00~10:30 (開場準備) 10:30 開場 10:30~11:00 受付 11:00~11:30 HoloLensを利用した遠隔3Dコミュニケ―ション HoloLens Tomoki Hayashi 11:30~12:00 【仮】write common, run anywhere CLR Kouji Matsui 12:00~13:00 ランチタイム 13:00~13:30 (調整中) MVP Rie Moriguchi 13:30~14:00 【仮】TinyCLR OSのポーティング Device Takashi Matsuoka 14:00~14:30 F# 探検隊 ~ =の謎 ~ F# pocketberserker 14:30~15:00 休憩タイム 15:00~15:30 ライトニングトーク 15:30~16:00 CLIとBCL CLR Shozo Arai 16:00~16:30 (調整中) AI Ryota Togai(garicchi) 16:30~16:45 (会場清掃) 16:45 閉場 登壇者 ※ アルファベット順 カテゴリー 名前 所属 HoloLens Tomoki Hayashi 株式会社デジタルレイ CLR Kouji Matsui Center CLR MS MVP プログラム Rie Moriguchi 日本マイクロソフト株式会社 Device Takashi Matsuoka Seeed株式会社 F# pocketberserker FSUGJP CLR Shozo Arai 日本マイクロソフト株式会社 AI Ryota Togai(garicchi) 静岡大学 ライトニングトーク ※ 調整中 備考 会場後方にはAsk the speakerコーナーがあります。セッション中わからないことがあれば、終了後により詳しく聞くことが出来ます。 参加費用について 皆様から徴収する参加費用は、全額会場利用費に充てます。 残金が発生したときは、次回の会場利用費に積み立てします。 飲食について 会場内での飲食は可能ですが、ゴミは各自でお持ち帰り下さい。 また、ランチタイムはdotNET600からの飲食の提供はありません。会場周辺には飲食店が多数あります。 遠方からお越しの方へ 新幹線の場合は、名古屋駅で下車して名古屋市地下鉄東山線で伏見駅(または栄駅)へ。会場まで徒歩10分程度です。 飛行機の場合は、中部国際空港(セントレア)から名鉄ミュースカイで名古屋駅まで。以降は上記と同じです。 会場ビルにはテナントが多数入っています。また、名古屋中心部ということもあり、周辺にも多数の店舗があるので、参加ついでに見て回るのも良いと思います。 ビデオ撮影について 会期中、ビデオ撮影を行いますが、プレゼンターと画面キャプチャのみで参加者側は撮影しません (但し、質疑応答がある場合に音声が録音される可能性はあります)。 ストリーミング配信ではなく、録画→後日公開です。 また、公開については各プレゼンターの判断で行いますので、公開手段の不統一、必ず公開されるとは限らない事にご注意下さい。 協賛 .NET Fringe Japan ALGYAN名古屋支部 Microsoft Student Partners Japan


過去の勉強会

11/18 (土)

1995 normal 1380975297 251035 156371434432231 4785187 n 名古屋ギークバー
今回の 名古屋ギークバーは特別に土曜日にもオープン! 朝から夕方までペアプログラミングを何セットも行う、わりとハードな開発系イベント CodeRetreat を行います。しかも今回は世界中で同時開催される Global day of CodeRetreatの一環として開催されます。 CodeRetreat とは? Coderetreat(コードリトリート)は、ソフトウェアの開発と設計の基本に焦点を当てて集中的に練習をする、プログラマのためのイベントです。 同じ課題をペアプログラミングで実装しながら、プログラミング、設計、テストなどの技術を学びます。 2009年に米国で発祥し、今や世界中の各地で開催されています。 毎年秋にはGlobal Day of Coderetreatが世界中で一斉に開催されます。 開発者はCoderetreatに参加することで、「完成させなきゃ」という圧力から引き離され、練習に集中できます。 大体の流れ 45分1セッションのペアプログラミングを5-6セットくらい行います。 各セット毎にペアは作り直しますし、はじめての人同士がが組むことも多いと思います。 (「はーい、二人組作ってー」って言いますけど、ちゃんとアレンジするから安心してください) 各セッションでは、ゼロからコードを書いていきます。 実装言語、開発環境、エディタ、その他諸々一切自由なので、ペアとなった二人で決めてください。 で、45分後には、書いたコードは全部消して、新セッションではまたペアを組み替えてゼロから実装を行います。 テーマは全セッションで単一なんですが、できそうな人たちにはいくつかの制約を付けたりして毎回一定以上の負荷がかかるようになっています(ファシリテータがいい感じに決めます)。 そんな感じのペアプロ大会で「大変そうだなー」という印象の通り大変ではあるんですけど、特に誰かと競うわけではないですし、「○○ができねばならない」とかもないのです。ハッカソンとかでもないですし、「作り切ること」が目的でもないです。 各人が自分のレベルに応じて頑張ればよいはずなので、安心してご参加ください。 また詳細な紹介はこちらの記事を参照してください。 Coderetreat~プログラミングのスキル向上に効果的な教育プログラム~ Coderetreat - Honing the craft together worldwide タイムテーブル(予定) 時間帯 内容 09:00 - 09:15 会場、趣旨説明、準備 09:15 - 10:00 ペアプロ セッション#1 10:15 - 11:00 ペアプロ セッション#2 11:15 - 12:15 スポンサーセッション / 昼食(昼食は提供されます) 12:15 - 13:00 ペアプロ セッション#3 13:15 - 14:00 ペアプロ セッション#4 14:00 - 14:30 おやつタイム 14:30 - 15:45 ペアプロ セッション#5 15:30 - 15:45 全体ふりかえり 15:55 完全撤収 ※ 1セッションは45分でコーディングを行います。その後15分でふりかえり+休憩+ペア替えを行います。 ※ オフィシャルな懇親会はありませんが、まだ行動できる体力がある人がいればどこかのお店に行く予定はあります。 * 終了時間が早いので、ちょっと厳しいのですができるだけ頑張ります。 必要なもの 自分の使いたい言語での開発環境がセットアップ済みの PC をお持ちください(開発環境を準備する時間はありません) 。 言語はオブジェクト指向プログラミングが可能な言語であれば何でも結構です。 ペアでの作業を行いますので、ペアでの作業が可能なようにしておいてください(一般的でないキーバンドとかはいろいろご配慮いただきたいとかそういうの) 特典とスポンサーについて CodeRetreat は参加費が無料、というレギュレーションになっています。 (貴重な休日を使ってプログラマが自己研鑽してるのに、プログラマの成果によって収益を得る企業が支援しないとかありえないだろ!ってことでスポンサーを集めてそこで賄うことになっています) ですので、参加費、お昼ごはん、おやつが無料です! いつものスナック類はもちろん、お昼ごはんとおやつのスイーツも完備です。 ご希望の方には生ビールなどのアルコール類も提供できます(こちらは自費でお願いします)が、そんな余裕あるかは不明です。 ということで、イベント開催をご支援くださるスポンサー様も大募集中です。 こちらのページの問い合わせもしくは Twitter などからご連絡ください(直接でもいいです)。 協賛 株式会社アトラクタ 株式会社トリニティ 株式会社ヴァル研究所 名古屋ギークバーについて 毎週月曜日 19:00- 名古屋・新栄のピアノバー「PIANO BAR club Adriana」さんををお借りして開催しています。 入場料:1500円(今回は無料です ソフトドリンク、スナック類は無料です。 アルコール、フード類は有料(キャッシュオンデリバリ)です。 電源、Wi-Fiは完備しています。 店内は原則禁煙です。タバコは入り口付近でお願いします。

10/29 (日)

No image 108x72 g nagoya.bin
nagoya.binとは 名古屋で低レイヤーな勉強会ってなかなか無いよね!じゃあやるか!ということで発足した勉強会です。今回はLT形式で、5分または10分程度の発表を行います。 追記 参加者席が埋まったので多少狭くなってしまうかもしれませんが、増席しました! 10分を超えるLTも状況によって可能です。運営にご相談ください。 追記 10/27 14:30 LT順を公開しました(下記参照) 。未定の方が多かったのでとりあえず名前だけ並べてあります。内容が決定したらご報告いただけると、反映する予定です。 まだLT枠が空いていますので、興味のある方は応募をお忘れなく! 当日時間があれば飛び込みも可能にする予定ですが、事前にLT参加を申請されている方が優先となりますのでご注意ください。 また、台風が近づいているようです。10/29(日)はまだ大丈夫だと思いますが、12時地点で暴風警報が発令されている場合など、運営の判断で中止にする場合があります。中止の場合メールとこちらのページで連絡しますので当日ご確認ください。 追記 Discordサーバーを立てました Discord: https://discord.gg/DSdJ7me LT発表者の方はTwitterやDiscordなどで内容を教えてくだされば、このページに追記いたします。 対象者 低レイヤーな内容に興味のある方。初心者、学生歓迎です。運営含めて参加者に学生も多いので、ぜひ気軽に申し込んでください。 LTとは LT(Lightning Talk)は、5分や10分のように短い時間でのプレゼンテーションを連続して行っていくプレゼンテーションです。 テーマ 今回のLTは難易度は簡単め、あなたが低レイヤーだと思うことならなんでもOKです。電子回路、バイナリ解析、OS自作、etc... ちょっとマニアックな発表をするチャンスかも!初心者の方もぜひ登壇にチャレンジシてみてください。 スケジュール 途中入退室OKです。また、時間についてはLTの人数や時間によって調整します。 時間 内容 13:30 開場 14:00 開始(運営やmisocaさんの挨拶など) 14:15 LT開始 17:00頃 交流会 18:00 終了 終了後の懇談会について当日確認する予定です。 LT順 ランダムで並べました。順番変えてとかがあれば別途ご連絡ください。(敬称略) 発表者 発表内容 wata2ki KageShiron 友利奈緒(K_atc) who3411 _ktwr Masaki [email protected]まぐろ? くぅ - kuxu megumish KernelのExploit楽しいな kekyo 会場 会場:株式会社Misoca セミナールーム 住所:名古屋市中村区名駅2丁目35番22号 メビウス名古屋ビル2階 名古屋駅付近です。 Wi-Fi、電源あり。 発表順 順次ランダムで決定されます 共催 : MSP(Microsoft Student Partner) Microsoftの製品や技術で開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝える学生団体です。 IoTLT IoTに関するLT大会を開催しているグループです。 https://iotlt.connpass.com/ 運営 影白(@KageShiron) セキュリティ・キャンプ(2016)、CTFチームのHarekaze、Microsoft Student Partner CTFまともに解けるようになりたい。最近はLLVM勉強中だったり。 megumish CTFTeam:Harekaze Pwnが好き。CTFが好き。というかパソコン系の競技が好き。 まぐろのあたま@MagurosanTeam / Masaki Ota どこそこ頭のねじがぶっ飛んだ業務系プログラマー。 機械語を読むのが趣味。AtomとかARM, ESP8266などの省電力デバイスがマイブーム。 ワタシカイビャクチョットワカル Kuxumarin

10/28 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回はさくらインターネット株式会社様のご協力により、Docker勉強会を開催することになりました! 講師としてはさくらインターネット株式会社 テクノロジーエバンジェリスト前佛 雅人さん(Twitter:@zembutsu)をお呼びしてます。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント内容 Dockerに技術について解説 実際にDocker環境を作成する Dockerの基本操作を学ぶ 作成したDocker上でアプリケーションを動かす 具体的にはクラウドでLAMP構成のDockerシステムを構築してWordPressを動かしてみます! Webアプリがどんなところで動くのか知りたい方はぜひ参加してみてください! Dockerとは Dockerとはコンテナ技術を利用した仮想化技術の一つです。 Dockerは環境構築が容易、他の仮想化技術と比較して起動が高速、再利用性が高いという特徴を持ちます。 また、様々な設定を施された環境が公開されておりニーズに合わせた環境を簡単に利用できます。 Pokemon GO や Abema TV などで実際に使われている技術でもあります。 WEB: https://www.docker.com/ タイムテーブル 時間 内容 13:15 受付開始 13:30 イベント開始 13:45 会社説明 14:00 Dockerについての講義 14:40 ハンズオン 途中休憩 17:00 懇親会 18:00 完全撤収 会場 会場: 名駅セミナーオフィス ルームA 住所:愛知県名古屋市中村区名駅 2 - 41 - 17 OA第二ビル 3F URL: アクセス 当日は名古屋駅の金時計付近13:15からOthloTechの運営がご案内いたします。 もちろん現地に来ていただいてもかまいませんが、もし不安等ございましたらこちらにお越しください。 その他 Wi-Fiあり 電源あり 持ち物 PC(Windows, Mac, Linux) WindowsのPCを利用する方は事前にTera Termのインストールをお願いします。 https://ttssh2.osdn.jp/ OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ さくらインターネット株式会社について さくらインターネットは国内の自社運営データセンターでレンタルサーバーや 専用サーバー、VPS、クラウドなどのインターネットインフラサービスを幅広 く提供しています。 また、IoT分野において通信モジュールとセキュアなプラットフォームを統合 した「sakura.io」や、人工知能やディープラーニングの研究などに必要とな る大量の演算リソースに特化した「高火力コンピューティング」など、インター ネット環境の変化とともにユーザーのニーズに応じた多様なサービスを開発し、 ビジネスを支援しています。 会社情報:https://www.sakura.ad.jp/

10/22 (日)

Ab4cefba6c5b76cfbe6d3ac365ef6ffd Mashup名古屋
日本システム開発殿のご行為により再増員も検討ができるようになりました イベントの概要 「Unityに興味があるけど、…」で止まっている 興味はあるけど何から手を付けていいかわからない 難し過ぎて進まない そんな悩みを持つ人集まれ!当イベントはUnityの基礎(基本?)を学ぶイベントです。 Unityの基本操作からアセットの利用方法を学べます。 この機会を利用して、ぜひUnityの世界を楽しんでください! ハンズオンに参加するために必要なもの Unity(最新)がインストールされているPC Unityのユーザ登録も行っておいてください。 開催概要 【日 程】 2017年10月22日(日)13:00 ~ 17:00(12:30 開場) 【対 象】 Unityの初心者 【場 所】 名古屋第二埼玉ビル(愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28)日本システム開発殿 8F会議室 【主 催】 Mashup名古屋 【後 援】 Mashup Awards運営事務局 タイムテーブル 予定 ※以下のスケジュールは現時点の予定のため、変更される場合がございます。 時間 内容 12:30~13:00 開場/受付 13:00~13:10 会場説明・はじめに 13:10~17:00 ハンズオン 最初の2時間ほどで、Unityの概要説明と簡単なアプリケーションをサンプルとして作成します。そのあとは自由にカスタマイズなどを行い、自分の作ってみたいアプリケーションの制作時間とする予定です。 ハンズオン後に懇親会を参加致します。懇親会は別途申し込みをお願い致します。現在は20名としていますが、若干の調整は可能です。 https://mashup-nagoya.connpass.com/event/69472/ 講師紹介 常名 隆司 様 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 アセットストアマネージャー Unityでの開発に役立つアセットのマーケットプレイスであるアセットストアの日本担当。 Unityエンジニアからアセットの活用事例を聞き出したり、アセット制作者本人が気付いていないアセットのオススメポイントを探り出したりしながら、一人でも多くのUnityユーザーが素敵なアセットと出会えるためのお手伝いをしている。 個人活動でJapan XR HackathonやVR Game Jam in Japanのリージョナルオーガナイザーを務め、北米最大級のAR/MR/VRコミュニティであるSilicon Valley Virtual Realityの日本支部を立ち上げて日米双方のXR開発者コミュニティの橋渡しに明け暮れている。 当日のご注意 conpass発行の受付番号をご用意ください。 イベントの様子を記事として公開する可能性があるため撮影いたします。あらかじめご了承ください。 ハンズオンの続きはMashupAwardsのハッカソンで! ハンズオンに参加頂くと、、、「実際にこんなアプリを作ってみたいな〜」となると思います。 今回のハンズオンの続きを9月5日から開催のMashupAwardのハッカソンで作品の具現化してみてはどうでしょうか? 【ご注意】 増員にあたり日本システム開発殿の社員の方も参加されることになります。また参加人数が多くなることもあり、運営側のスタッフも増員致します。その点はご了承いただければと思います。

10/6 (金)

E7751fe2ab7a0ba74ba5c9a648a4f0ab Mobile Act NAGOYA
フェンリル名古屋が開催するモバイルアプリ開発関連の情報共有や参加者同士の交流を目的とした勉強会です!
開催概要 大変お待たせいたしました!前回から少し間があいてしまいますが、Mobile Act NAGOYA の第 7 回を開催いたします。 Mobile Act NAGOYA はフェンリル名古屋メンバーが開催するモバイルアプリ開発勉強会です。 今回は通常どおり前半に LT 6名、後半は懇親会という構成としたいと思いますのでよろしくお願いいたします。楽しく交流しましょう〜。 懇親会ではアルコールも提供いたしますが、未成年の方はご遠慮ください。 会場 ベースキャンプ名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 アクセス 19:00 より受付を開始します。 それ以前に入場されますと、ベースキャンプ名古屋の利用料がかかりますのでご了承下さい。 タイムテーブル 時間 内容 19:00 受付開始 19:30 挨拶 19:35 LT 発表 (6名) 20:20 休憩&予備時間 20:30 懇親会開始 21:30 終了 LT 発表内容(予定) 発表者 発表内容 にーさん さん 初めて参加したiOSDCは〇〇のようだった! ysk-tngc さん iOS 端末上で CoreML のモデルをコンパイルする Tiny Mouse さん 家計簿アプリを作っています jp_pancake さん Cloud Firestore について niwasawa さん 未定 くぅ - kuxu さん フェンリルでのインターンシップの感想 ※ 上記は事前にランダムで決めた発表順となります。 懇親会 軽食(ピザやお菓子)とドリンク(ビールや烏龍茶など)をご用意します!(フェンリル株式会社からの提供です)。 開催履歴 第 1 回 [connpass] [開催の様子] 第 2 回 [connpass] 第 3 回 [connpass] 第 4 回 [connpass] 第 5 回 [connpass] 第 6 回 [connpass]

9/24 (日)

35affb773a5a9318e7d2e3934a7749a5 IoT縛りの勉強会! IoTLT
Misocaでの開催!
業界初?! 名古屋版 IoT縛りの勉強会/LT会です! IoTというワードがバズワードになりつつあります。 とはいえ、IoT領域には関連する幅広い知識や技術があります。 また、アイディアやインスピレーションも重要です。 この会は個々が持っている知識や開発していることの情報共有や発信の場になります。 名古屋で開催です! 開催前後の交流ためのFBグループもあります! 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! 登壇希望もこちらのFBで! https://www.facebook.com/groups/iotlt IoTLT名古屋専用のFBページつくりました。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ タイムテーブル LTは一人5分です。8件程度 時間 内容 発表者 15:00 開場 15:30 オープニング 15:40 LT:会場スポンサーLT 株式会社misoca LT: 音のなるIoTデバイス まぐろさんチーム (@MagurosanTeam) LT: ソーシャルリモコン(仮) @ueponx LT: 太陽光発電を監視したい! ぶぁぶぁくん(@buabuakun) LT: 名古屋駅裏にLoRaがやってきた ytsuboi LT: くぅ LT: IoTのサイバセキュリティ対策 @kaizen_nagoya(nmiri) LT: クラウドファンディングの話とか わみ 16:30 交流会 17:30 締め 17:45 完全撤収 IoTに興味のある、ハードウェア/Webエンジニアの方を中心にどなたでもご参加できます! LT発表を希望の方はFacebookページの投稿にコメントをください。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ 参加費 • 本編 無料 • 交流会 100円程度 主催 わみ NefryやSofmoなどのハードウエアをつくってます。 http://nefry.studio/ くぅ - kudu C# と Xamarin が好きな大学生。最近は、MSPになったらしい。 Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technorigies

9/17 (日)

台風18号について 台風18号の接近に伴い、17日15時以降名古屋が暴風域に入る可能性があります。 したがって開催時間をはやめ、11:00から14:00くらいに変更します。 作って食べる料理は夕食ではなく昼食となります。 Talkの時間割も変更になると思いますが、現地で決定します。 概要 お茶と料理を楽しみながら関数プログラミングの話とかしましょう。 TOC(台風による予定変更前の内容) 14:00-15:00 Talk 1 依存型の話 (@t6s) 15:00-16:00 お茶 & Talk 2 数学者のいう美しさってなんじゃらほい (@tannakaken) 16:00-17:00 Talk 3 OCaml で線形型を使ったプログラミングの話 (@keigoi) 17:30-20:30 料理と夕食 & Talk 4 分割数の話 (@wasajifu1) お茶 台湾茶 (@GregWeng) 抹茶 (@t6s) 料理 沙茶料理 (@GregWeng) その他 淹れたいお茶などの持ち込み歓迎します

9/13 (水)

Cccf4b48b1d0674a197e30ef8728e124 HoloMagicians
名古屋初開催!Mixed Realityで盛り上がろう!
開催概要 HoloLens Meetupが名古屋にやってきた!! 2017年1月の日本上陸直後から、HoloLensに期待する人々を各地で繋いで来たHoloLens Meetupが遂に、名古屋初上陸!! 日中前半は、業界動向&事例セミナーと、開発者向けハンズオンの2トラックに分かれます。夜は、コミュニティイベントの醍醐味でもあるMeetupで盛り上がりましょう! *9/12 18:00Update: 積木製作さん、第二部にご登壇決定!タイムテーブルに調整が入りました! *9/8 15:30Update: 開発者ハンズオンの開発環境をUpdateしました!ご準備をお願いします! *9/7 Update: トヨタ自動車様よりご登壇決定!! 第一部マーケティングセッションと、第二部のMeetupそれぞれで、自動車メーカーにおけるxR技術の活用法やスタンスについてお話を頂けることになりました!!必見!! *8/13 Update: 小柳建設より、代表取締役の小柳卓蔵社長ご登壇決定!! MRで実現する未来の建設業についてお話を頂きます!!恐らくコミュニティイベントでは初のご登壇!! *8/13 23:30Update: LT登壇者につきましては応募多数につき締め切りました!!以降、LT登壇希望でお申し込みを頂きましてもご登壇頂けない可能性が高いです。(デモ展示のみのご希望の場合には会場調整を実施したいと思います。) ■注意事項 ・体験会ではありませんので主催側で体験ブース等は設けません。もちろん、参加者が相互でご自身のコンテンツ等を楽しんでもらうのは構いませんが、機材の破損などについて主催側でその責任は負えません。 ・第一部のアプリ開発者ハンズオンで使うHoloLens及び開発機等機材は参加者各位でご準備をお願いします。主催側からの実機や開発用PCの貸し出しは行いませんので、ご了承ください。 ・イベント中に取材が入る可能性があります。またイベントスタッフによる写真やビデオ撮影等を予定しております。撮影されました内容は後日主催者や会場提供者によるイベントの開催レポート等に使わせていただくことがありますので予めご了承ください。 ■第一部タイムテーブル 開始時間 企画&マーケティングセッション 開発者ハンズオン 14:30 開場 15:00 前説、アイスブレイク 15:15 「Windows Mixed Reality(仮)」高橋忍さん@日本マイクロソフト 「UnityでHololensアプリ開発に挑戦!」講師:中村薫さん@ホロラボ 16:00 休憩 休憩 16:15 「トヨタの3Dデータ活用事例紹介 ー AR/VR/ホロレンズを用いて」栢野浩一さん@トヨタ自動車 同上 16:45 休憩 休憩 17:00 「Mixed Realityで実現する未来の建設業」小柳卓蔵社長@小柳建設代表取締役 同上 17:40 Mixed Reality Lightning Talk 5分 x 2名(予定) 同上 18:00 Wrap Up、Meetup懇親会へ転換 ■第二部Meetupタイムテーブル 開始時間 内容 18:30 開場/デモ体験 19:00 前説、アイスブレイク 19:10 「Microsoftが実現するMRの世界(仮)」高橋忍さん@日本マイクロソフト 19:30 「Mixed Realityとコミュニティ」中村 薫さん@ホロラボ 19:45 「MR(Mixed Reality)で働き易い工場を作る」~仮想と現実を融合したトヨタ流ものづくり改革への挑戦~榊原さん@トヨタ自動車 20:10 フリータイム 20:25 VR/MRビジネスの現在と未来~積木製作の事例を交えて~赤崎さん@積木製作 20:50 HoloLens Lightning Talk 5分x6名(予定) 21:30 Wrap up、記念撮影 22:00 撤収 ■企画&マーケティングセッション登壇者/登壇内容のご紹介 高橋 忍さん 「Windows Mixed Reality」 日本マイクロソフト プリンシパル テクニカル エバンジェリスト https://blogs.msdn.microsoft.com/shintak/ 栢野 浩一さん 「トヨタの3Dデータ活用事例紹介 ー AR/VR/ホロレンズを用いて」 トヨタ自動車株式会社 エンジニアリング情報管理部 情報管理企画室 主幹 小柳 卓蔵さん 「Mixed Reality で実現する未来の建設業」 小柳建設株式会社 代表取締役社長 http://n-oyanagi.com/ ■第二部Meetup登壇者のご紹介(一部) 榊原 恒明さん 「MR(Mixed Reality)で働き易い工場を作る」 ~仮想と現実を融合したトヨタ流ものづくり改革への挑戦~ トヨタ自動車株式会社エンジニアリングIT部 第3エンジニアリング室 主幹 写真提供:マイナビニュース 赤崎 信也さん 「VR/MRビジネスの現在と未来~積木製作の事例を交えて~」 株式会社積木製作/取締役 マネージャー " rel="nofollow">http://tsumikiseisaku.com/vrox/ ■開発者向けハンズオン担当講師のご紹介 中村 薫さん ホロラボ 代表取締役CEO / TMCN / Microsoft MVP http://hololab.co.jp/ ■重要!ハンズオン 持ち物と事前準備 こちらに開発環境についてまとめました。開発者ハンズオンにご参加の方は必ずダウンロードの上、事前に内容をご確認をお願いします。 (バージョン情報をUpdateしました!) 【HoloLensアプリ開発環境セットアップ】 https://www.slideshare.net/kaorun55/hololens-79529893 1) HoloLens実機 (みなさんのmy HoloLens) HoloLensに[Holographic Remoting Player]アプリをインストール https://www.microsoft.com/en-us/store/p/holographic-remoting-player/9nblggh4sv40 *HoloLensからアクセスした場合のみインストール可能です。 2) 開発用PC 下記バージョン含めてご確認ください。バージョンが異なることにより動作しない等の可能性があります。 (1) Windows 10 (Home/Pro) (2) Unity 5.6.2f1 (Personal可) https://unity3d.com/jp/get-unity/download/archive 必須Option項目:Windows Store .NET Scripting Backend (3) Visual Studio 2015 Update3のインストール(Community可) https://www.visualstudio.com/ja-jp/news/releasenotes/vs2015-update3-vs 必須Option項目:ユニバーサル Windows アプリ開発ツール ツール(1.4.1)およびWindows 10 SDK(10.0.14393) (4) HoloToolkit-Unityのダウンロード HoloToolkit-Unity for Unity 5.6.2f1 (v1.5.8.0) https://github.com/Microsoft/MixedRealityToolkit-Unity/releases/tag/v1.5.8.0 *必ず事前にダウンロードとインストールを実施して参加ください。1GBを超えるもの等もあり、会場でダウンロードは不可能です。 ■開催概要 イベント名:Nagoya HoloLens Meetup vol.01 日程:9月13日(水) 時間:14:30 受付開始    第一部:15:00~18:00     (1) 企画&マーケティングセッション     (2) 開発者向けハンズオン    第二部:19:00~21:00 (撤収22:00)     Meetup/懇親会 会場:シンフォニー豊田ビル (16Fセミナールーム/17Fカフェテリア) 住所 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目11−27 費用:1,000円  (現地現金、懇親会にて軽飲食付き) *第一部のみ、第二部のみ、両方参加でも全て1000円でご参加頂けます。 *参加費は一般社団法人T.M.C.Nにて集金させて頂きます。 持物:第一部開発者ハンズオンのみ、HoloLensと開発環境 [主催] ・HoloMagicians ・株式会社ネクスティエレクトロニクス ・TMCN [協力] ・日本マイクロソフト株式会社 ・株式会社ホロラボ

9/2 (土)

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
OWASP Nagoya 始動!
これは勉強会(昼)の募集ページです。懇親会(夜)の募集ページはこちら OWASPが名古屋にやってくる! Open Web Application Security Project(OWASP) の名古屋チャプターがこの夏、誕生! 第1回のLocal Chapter Meetingは、OWASP Japan Chapter代表の岡田良太郎氏と「徳丸本」でおなじみの徳丸浩氏にお越しいただき「ここからはじめるアプリケーションセキュリティ」についてご講演いただきます。 OWASPとは OWASP Foundation - Open Web Application Security Project は、Webシステムをはじめとするアプリケーションソフトウェアのセキュリティについての情報共有と、セキュアなソフトウェア開発を促進するための普及・啓発を行うオープンコミュニティです。 OWASP Nagoya は東海地区におけるOWASPのローカルチャプターとして活動をしております。 会場 愛知大学名古屋キャンパス(笹島)  講義棟8階、L802教室 JR、名鉄、地下鉄、近鉄「名古屋」駅下車、徒歩約10分。 あおなみ線「ささしまライブ」駅下車。 近鉄「米野」駅下車、徒歩約5分。 講義棟の1FにOWASPストラップを付けたスタッフがいます。場所や教室までの行き方に関しては、スタッフにお申し出ください。 タイムテーブル 時間 内容 発表者 13:00 開場 13:30 - 13:35 OWASP Nagoya運営からの説明 OWASP Nagoya Chapter 坂梨 13:35 - 13:50 はじめてのOWASP Nagoya〜OWASP Nagoyaのめざすもの〜 OWASP Nagoya Chapter 坂梨 14:00 - 15:00 IoT時代到来-アプリケーションセキュリティを実現する3つの視点とシフトレフト OWASP Japan Chapter 岡田良太郎氏 15:00 - 15:15 休憩 15:20 - 16:20 ウェブアプリケーションセキュリティ超入門 OWASP Japanアドバイザリーボード 徳丸浩氏 16:30 - 16:40 今後の活動について OWASP Nagoya Chapter 村井 17:00 解散 ご講演者プロフィール 岡田良太郎氏 株式会社アスタリスク・リサーチ エグゼクティブ・ディレクター OWASP Japan Chapter Leader 日本のセキュリティ・イニシアチブのひとり。”シフトレフト"というコンセプトを合言葉に、ハッキングと防御の関係、また攻撃に強いシステムづくりのあり方に関わり、企業・大学・政府機関でアドバイザやインストラクタを務める。また、コミュニティ活動として、「WASForum Hardening Project(ワスフォーラム・ハーデニングプロジェクト)」のオーガナイザー、「OWASP(オワスプ) Japan」リーダー、また日本カレー大学教授としても知られる。 Twitter: @okdt Facebook: riotaro.okada 徳丸浩氏 1985年京セラ株式会社に入社後、ソフトウェアの開発、企画に従事。1999年に携帯電話向け認証課金基盤の方式設計を担当したことをきっかけにWebアプリケーションのセキュリティに興味を持つ。2004年同分野を事業化。2008年独立して、Webアプリケーションセキュリティを専門分野とするHASHコンサルティング株式会社(現EGセキュアソリューションズ株式会社)を設立。 脆弱性診断やコンサルティング業務のかたわら、ブログや勉強会などを通じてセキュリティの啓蒙活動をおこなっている。著書に、「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践(ソフトバンククリエイティブ)」がある。 EGセキュアソリューションズ株式会社代表、京セラコミュニケーションシステム株式会社技術顧問、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)非常勤研究員。技術士(情報工学部門)。 お願い 会場に参加者用のWi-Fi環境がありません。各自でモバイル回線等をご用意ください。 また、テザリングで使用される方はWi-Fi混線を避けるため可能な限り有線での接続をお願いいたします。 電源に限りがあります。電源タップを持参するなど周りの方とシェアしてください。 懇親会について 当日夜、懇親会を開催します。 懇親会参加希望の方は、こちらからお申し込みください。 https://connpass.com/event/61993/ 主催 OWASP Nagoya Chapter OWASP Nagoya 各ページ 公式ページ https://www.owasp.org/index.php/Nagoya Facebook https://www.facebook.com/owaspnagoya/ Twitter https://twitter.com/owaspnagoya/

8/19 (土)

C9d379a73fa278df5fae314abd0d227a JXUG
なごやでも Xamarin
なごやでもXamarin の勉強会が開催されます! 今回は、なんと!講師として、Xamarin 社で Xamarin を開発し、現在 日本マイクロソフト で働いている Atsushi Enomoto さん、 日本マイクロソフトのテクニカルエバンジェリストの 千代田まどかさん(ちょまどさん(@chomado))にも来ていただきます! 開催概要 Xamarin にすでに触れたことのある方向けに、 Xamarin の最新技術ってどうなってるの? Xamarin の周辺技術にはどんなのがあるの? Xamarin を支えてる技術は? といった疑問にお答えする勉強会です。 タイムスケジュール 時間 タイトル スピーカー 13:00 参加者入場 13:15 OP まるちゃん 13:30 私は Xamarin が好きだ ちょまどさん 14:20 休憩 14:30 AIをアプリに取り込む! くぅ 15:20 休憩 15:30 Embeddinator-4000から学ぶXamarinの基礎 えのさん 16:20 休憩 16:30 わくわくLT まるちゃん 16:50 懇親会 17:20 ED まるちゃん 17:30 終了 Gitter Gitter は、公開されてるLineみたいなものです。 Twitter アカウント or Github アカウントがあれば利用できます。 ここで、質問すると登壇者の方に後で答えてもらえるかも!? https://gitter.im/jxug/Xamarin-Study-Meetup アンチハラスメントポリシー JXUG では、アンチハラスメントポリシーを掲げています。参加されるすべての方は、以下のページのポリシーを順守いただきますよう、お願いいたします。 JXUG : コミュニティポリシー 登壇者の方はできるだけ事前のスライドチェックを受けてください。ポリシーに抵触するような行為があった場合には、コミュニティ側から発表の中止などを行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。 健全な運営にご協力をお願いいたします。 任意のカンパのお願い 現在 JXUG では、任意で一口 500円のカンパを募集しております。イベント中の軽食代、登壇者/スタッフの懇親会での割引や、遠方から来られた方へのお車代、有料会場の費用などに使用いたします。 ※ この勉強会は、 MSP と JXUG が共催している勉強会です。 会場について 日本Microsoft 中部支店のセミナールームをお借りして開催いたします。 住所 愛知県名古屋市西区牛島町 6-1 名古屋ルーセントタワー 21F 会場では、 Wifi, 電源が使えます。 Microsoft Student Partnersについて マイクロソフトの技術で開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝え、 学生の Microsoft Fun! を増やす活動を行っています。 ▼リンク http://mspjp.net/

8/14 (月)

3d77632d5c2c50dc77a05b6636804246 くぅ勉強会
ゆるふわく発表しましょう。
お盆なので地元に戻ってきてる人と仲良くなろう! お盆ということで地元、愛知に戻ってきてくれてる人がいます。仲良くなりましょう! 会場について 株式会社オンザロード 様の厚意により会場を貸していただけることになりました。ありがとうございます! 発表者募集中です。 発表したい!枠から申し込んでください。 発表タイトルはコメント欄へお願いします。 セッションリスト @MagurosanTeam Intel MPXとIoTセキュリティ (20 min) @HIKKO624 JVM で Rx (10 min) @studio_graph @studio_graph のこれまで (10 min) @miura1729 mrubyのデバッグの実演(10 min) @chikuwa_IT ベアメタルハイパーバイザーにmrubyを組み込む (20 min) @kanda_227 @kanda_227 とは (5 min) @fumiya_kume ハッカソンの運営をしてみた (20 min) @kyon_mm 基盤チームについて (30 min)

8/10 (木)

豊橋3大学の学生を中心とした、豊橋のまちづくりをテーマとしたハッカソンが今年も開催されます!
豊橋3大学学生まちづくりハッカソン(T3UHack)とは、豊橋にキャンパスを置く3大学、愛知大学・創造大学・豊橋技術科学大学の学生が主体となって行う、豊橋のまちづくりをテーマとしたハッカソンです! オープンデータといった、豊橋の持つ様々な資源を活用しつつ、豊橋の魅力を更に高めるソリューションの創出を目指して活動を行います。 豊橋3大学の学生はもちろん、豊橋市に関わる大学生・高校生の参加を広く募集します! 何かアイデアを持っている学生だけでなく、まちづくりに興味がある・何かイベントに参加したい、という学生の参加も大歓迎です。 一緒に豊橋市のまちづくりを盛り上げていきましょう! 今年度は,愛知大で1泊2日の合宿形式アイディアソンをします! 参加学生でチームを作り,各チームが豊橋の課題解決アイデアを考えます.課題はフィールドワークを通して各グループで自由に決めます。初日の夜にはBBQも予定しています! アイディアソンの後の2ヶ月間で,グループごとにアイディアを形にします(プロトタイプ作成)。10月1日に成果物の発表・表彰を行います! 日程 内容 日程 アイディアソン 08/10(木), 08/11(金) 最終報告会 10/01(日) アイデアソンを8月10日・11日にかけて開催します。 愛知大学の宿泊施設を利用した、一泊二日で進行します。 アイデアソン後の2ヶ月間で、グループごとにアイデアを形にし、10月1日に成果発表を行います。 10月1日の成果発表会に関して、アイデアソン参加者は無条件で参加できます。 募集締め切り アイディアソンの募集締め切りは 08/02(水) までです。 募集〆切を08/06(日)まで延長しました! 参加料 アイデアソン、成果報告会ともに参加費は無料です。 Webページ・SNS 2017年度豊橋3大学学生まちづくりハッカソンWebページ http://t3uhack.usl.cs.tut.ac.jp/2017/index Twitter https://twitter.com/t3uhack Facebookページ https://www.facebook.com/t3uhack/ アイデアソン当日のスケジュール(予定) 当日のスケジュールについては調整中であるため、後日変更を行う可能性があります。 詳細な情報と変更については、WebページとSNSを通じて随時お知らせします! 8月10日(木) 時間 予定 10:00 集合 10:00-10:20 主旨説明&挨拶 10:20-10:30 グループ分け 10:30-10:45 参加者自己紹介 10:45-11:00 Ice Breaking(グループ内での簡単なイベント) 11:00-11:15 招待講演1 11:15-12:30 招待講演2 11:30-11:45 招待講演3 11:45-12:00 招待講演4 12:00-13:30 グループ内テーマ決め,フィールドワークツール説明など(軽食配布) 13:30-17:30 フィールドワーク(昼食込) 17:30-18:00 フィールドワーク報告会 18:00-21:00 BBQ(準備&パーティ) ※招待講演1~4はseboneプロジェクト,豊橋市まちなか活性課, 豊橋市こども未来政策課,豊橋市長寿介護課の方々の講演を予定しています. 8月11日(金) 時間 予定 9:00 集合 9:00-9:15 ユースケース(フィールドワークまとめ) 説明 9:15-10:45 テーマまとめ 9:45-10:00 テーマ概要発表 10:00-10:45 アイデアソン1(テーマ具体化&ユースケース) 10:45-11:00 (休憩) 11:00-11:45 アイデアソン1(テーマ具体化&ユースケース) 11:45-12:00 アイデアソン1成果発表(テーマ&ユースケース) 12:00-13;00 (お昼) 13:00-13:45 招待講演5 13:45-14:50 アイデアソン2(外部仕様作成) 14:50-15:10 中間報告 15:10-15:55 招待講演6 15:55-17:00 アイデアソン2(外部仕様作成) 17:00-17:30 アイデアソン2 成果発表(6グループ×5分程度を想定) 17:30-18:00 アンケート(今後のディレクション)&表彰式 ※招待講演5,6は(株)NTTドコモ,Code for MIKAWAの方々の講演を予定しています 10月1日(日) 時間 予定 10:00 希望者のみ、集合と発表の調整 13:00 集合 13:00-13:30 挨拶 13:30-14:00 招待講演7 14:00-14:30 招待講演8 14:30-14:50 (休憩) 14:50-15:20 成果発表最終調整 15:20-15:30 (休憩) 15:30-17:00 成果発表会 17:00-17:30 表彰 運営体制 主催:豊橋三大学連携まちづくり委員会 協力:(株)マップクエスト,(株)ウェブインパクト,(株)Shaxware,(株)サーラコーポレーション,(株)タスキ,(株)NTTドコモ,(株)サイエンス・クリエイト (メイカーズ・ラボとよはし) 後援:豊橋商工会議所,豊橋市 ※本イベントは平成29年度豊橋市オープンデータワークショップ等開費催補助金の助成を受けて実施しています. ※本イベントはMashup Awardsの協力を受けて実施しています.

8/5 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回はフェンリル株式会社様のご協力により、iOSアプリ開発の勉強会を開催することとなりました! ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント内容 iOSアプリケーションを0から開発します。 目的 iOS アプリケーションを 0から作成し、アプリケーションの開発方法の取り掛かりを作る。 目標 大学図書検索 API を使用した、図書検索アプリの作成 http://ci.nii.ac.jp/books/ https://support.nii.ac.jp/ja/cib/api/b_opensearch 環境 Xcode 最新 + iOS シミュレータ 内容 0 からのアプリケーション作成 Storyboard を使用した、UI コンポーネントの登録と使用 UITableView といった、規則性のある UI の使用 他アプリ(ブラウザ)との連携 通信処理部分。 通信結果からの、モデルクラス作成+格納 こんな学生さんに向いています↓ iOSアプリ制作に興味がある / iOSに興味がある / フェンリルに興味がある / 何か新しいことを始めたい タイムテーブル 時間 内容 12:45 受付開始 13:00 会社説明 13:15 ハンズオン開始 途中休憩 18:00 ハンズオン終了 18:30 懇親会 19:30 完全撤収 会場 会場:ベースキャンプ名古屋 住所:愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 アクセス: - 名古屋駅から徒歩5分 - 市営地下鉄国際センター駅1番出口から徒歩3分 URL: アクセス その他 Wi-Fiあり 電源あり 持ち物 開発用のMac (MacでないとiOSアプリの開発は行なえません) ↑ Xcodeをインストールしておく OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ フェンリルについて フェンリルはデザインと技術にこだわり続け、国産 No.1 のシェアを誇るタブ ブラウザ Sleipnir(スレイプニール)や、オンラインデザインツール Picky-Pics (ピッキーピックス) などのプロダクトを開発しています。 ■ フェンリルの HP・SNS フェンリルのホームページ Facebook ページ Twitter アカウント @fenrir_official ■ 名古屋メンバー主催の勉強会 Mobile Act Nagoya

7/24 (月)

No image 108x72 g JPSPS 名古屋分科勉強会
ますます盛り上がるSharePoint/Office365(とAzure)を、楽しく勉強しましょう︕
〜名古屋・東海のSharePoint/Office365をもっと盛り上げたい︕〜 おかげさまを持ちまして先日無事第六回を終え、このたび(予定通り)第七回を開催することになりました。 SharePoint/Office365はますますMicrosoft社のクラウドファーストの号令のもと進化してきており、 当勉強会の意義も高まるばかりです。 昨今はMizrosoftの他のCloud関連のサービスとの連携も強化され、これからますます盛り上がるSharePoint/Office365(とAzure)を、楽しく勉強しましょう︕ 第七回もいつものように、各登壇者による濃密なセッションをベースにお送りします。 登壇内容は以下に紹介しているもの以外は現在検討中でございます。 追って更新しますので、当ページのチェックよろしくお願いします。 【メインセッション】 Takeshi Kagata(Microsoft MVP)   「データソースとしての SharePoint Online」   ~ Power BI SharePoint風味 ~   ・さまざまなデータソースからデータを取得し、さまざまなデバイスに表示できるダッシュボードやレポートを表示し、さまざなな立場のひとに"気付き"を共有するのが Power BI です。   ・SharePoint Online にフォーカスした Power BI の機能や役割を紹介します 秋本省吾(日本マイクロソフト)   「SharePoint Online / OneDrive for Business によるマルウェア対策」 山田 晃央(株式会社アイシーソフト)   「スタッフの悲哀はOffice365で解消するのか」 松岡 由香里(株式会社エイペクス)   「SharePoint Onlineをコマンドで操作しよう!」 【LT】 くぅ   「Microsoft Forms を運用してみた」 黒宮 浩介   「Groups と Teams利用の事例紹介」 (敬称略) LT枠まだまだ余裕ありますので、ちょっと話したい!聞いてみたい!教えてほしい! ことがある方は、適宜LTお申し込みください。 LT希望(あるいは予定だが未定)の方は、参加申し込み時に一言コメントいただけると幸いです。 (当日いきなりもOK!) 資料無くてもOK! 時間無制限でもライトニングならOK! *関連勉強会告知OK! LTって、なんかすごいこと話さなければいけないような・・・ と思ってる方、そんなことはありません。 ・こんなことを試してみたけど、結局わからなかった!教えてPLZ! のようなネタでも大歓迎です! JPSPS名古屋分科会は、参加者の皆様が主役のコミュニティの場です。 是非積極的に参加してください。 それではみなさまにお会いできるのを楽しみにしております! ※参加費(¥1,500)には会場でのフリードリンク、フリースナック+主催者からのフードサービスが含まれております。

7/12 (水)

3cdc6744330730b170e3bc7407346a74 なごやかScrum
DevOpsを知ってみよう
「変革の軌跡【世界で戦える会社に変わる"アジャイル・DevOps"導入の原則】」という書籍をつかって、いろいろ考えたり、意見交換したりしよう。 スクラムは幅広く使われてきていますが、スクラムやアジャイルが大切にしている思想をチームで試すことはできても、組織全体で取り組むのはなかなか難しいでしょう。 そんな人のために「変革の軌跡【世界で戦える会社に変わる"アジャイル・DevOps"導入の原則】」という書籍が出版されています。 http://amzn.to/2tQbn0K このイベントでは、この書籍に書いてあるトピックを中心に事例を発表しあったり、ワークショップしたり、議論したりします。 書籍を持っている必要はありませんので、お気軽にご参加ください。もちろん、書籍を購入して積極的に書籍の内容について話せると素晴しいです! テーマ 書籍の前半を中心に「エンタープライズレベルでのアジャイル」をテーマにします。 DevOps知らないというかた、スクラムをやったことがないかた、ソフトウェア開発やっているけどチーム開発になやんでいるかた、スクラムやっているけどおさらいしたいかた、といった方でもご参加いただけます。 タイムテーブル 1830 - 1900 : 開場 1900 - 1910 : オープニング 1910 - 1920 : 書籍全体の紹介 1920 - 2000 : 「バリューストリームマップのワークショップ」 by @kyon_mm 2010 - 2100 : ディスカッション 目次参考 第1章 変革を理解する 第2章 アジャイルチームを拡大する上での課題 第3章 ビジネス目標と重要な最初の一歩 第4章 エンタープライズレベルの継続的改善 第5章 アジャイルなエンタープライズ計画 第6章 DevOps展開におけるビジネス目標 第7章 メインブランチで開発を進める文化を作る 第8章 組織にしっかりした土台を作る 第9章 継続的デリバリー 第10章 デプロイパイプラインの設計 第11章 安定性の向上 第12章 さぁ始めよう 会場への入り方 名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「変革の軌跡【世界で戦える会社に変わる"アジャイル・DevOps"導入の原則】 MeetUp 」の札もしくは書籍をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。 Google Map

7/8 (土)

1995 normal 1380975297 251035 156371434432231 4785187 n 名古屋ギークバー
今回の 名古屋ギークバーは特別に土曜日にもオープン! 朝から夕方までペアプログラミングを何セットも行う、わりとハードな開発系イベント CodeRetreat を行います。 CodeRetreat とは? Coderetreat は、プログラマのための練習、学習のためのイベントです。同じ課題をペアプロで実装しながら、プログラミング、設計、テストなどの技術を学びます。 大体の流れ 45分1セッションのペアプログラミングを5-6セットくらい行います。 各セット毎にペアは作り直しますし、はじめての人同士がが組むことも多いと思います。 (「はーい、二人組作ってー」って言いますけど、ちゃんとアレンジするから安心してください) 各セッションでは、ゼロからコードを書いていきます。 実装言語、開発環境、エディタ、その他諸々一切自由なので、ペアとなった二人で決めてください。 で、45分後には、書いたコードは全部消して、新セッションではまたペアを組み替えてゼロから実装を行います。 テーマは全セッションで単一なんですが、できそうな人たちにはいくつかの制約を付けたりして毎回一定以上の負荷がかかるようになっています(ファシリテータがいい感じに決めます)。 そんな感じのペアプロ大会で「大変そうだなー」という印象の通り大変ではあるんですけど、特に誰かと競うわけではないですし、「○○ができねばならない」とかもないのです。ハッカソンとかでもないですし、「作り切ること」が目的でもないです。 各人が自分のレベルに応じて頑張ればよいはずなので、安心してご参加ください。 また詳細な紹介はこちらの記事を参照してください。 Coderetreat~プログラミングのスキル向上に効果的な教育プログラム~ Coderetreat - Honing the craft together worldwide 特典とスポンサーについて CodeRetreat は参加費が無料、というレギュレーションになっています。 (貴重な休日を使ってプログラマが自己研鑽してるのに、プログラマの成果によって収益を得る企業が支援しないとかありえないだろ!ってことでスポンサーを集めてそこで賄うことになっています) ですので、参加費、お昼ごはん、おやつが無料です! いつものスナック類はもちろん、お昼ごはんとおやつのスイーツも完備です。 ご希望の方には生ビールなどのアルコール類も提供できます(こちらは自費でお願いします)が、そんな余裕あるかは不明です。 ということで、イベント開催をご支援くださるスポンサー様も大募集中です。 こちらのページの問い合わせもしくは Twitter などからご連絡ください(直接でもいいです)。 必要なもの 自分の使いたい言語での開発環境がセットアップ済みの PC をお持ちください(開発環境を準備する時間はありません) 。 言語はオブジェクト指向プログラミングが可能な言語であれば何でも結構です。 ペアでの作業を行いますので、ペアでの作業が可能なようにしておいてください(一般的でないキーバンドとかはいろいろご配慮いただきたいとかそういうの) ファシリテータ 今回は原田騎郎さんが神戸からきてくれます! 原田騎郎 @haradakiro 株式会社アトラクタ Founder / CEO アジャイルコーチ、ドメインモデラ、サプライチェーンコンサルタント。認定スクラムプロフェッショナル。 外資系消費財メーカーの研究開発を経て、2004年よりスクラムによる開発を実践。ソフトウェアのユーザーの業務、ソフトウェア開発・運用の業務の両方を、より楽に安全にする改善に取り組んでいる。 認定スクラムプロフェショナル(CSP),CSM,CSPO。 勉強会で通訳してたりもします。 その他 前回は2012年04月28日に開催したんですねー、懐かしい。 4月28日 Coderetreat in Nagoya(愛知県) 名古屋ギークバーについて 毎週月曜日 19:00- 名古屋・新栄のピアノバー「PIANO BAR club Adriana」さんををお借りして開催しています。 入場料:1500円(今回は無料です ソフトドリンク、スナック類は無料です。 アルコール、フード類は有料(キャッシュオンデリバリ)です。 電源、Wi-Fiは完備しています。 店内は原則禁煙です。タバコは入り口付近でお願いします。

7/5 (水)

なごやこわいとはこういうことだ?
dico_lequeさんがオンザロードにやってきた! なごやのワイルドカードことdico_lequeさんがオンザロードにジョインしてくれました。 これを機会にみんなで仲良くなりましょう。 dico_lequeさんにおめでとうを言いたい人はぜひ参加してください! 発表者を募集中です! 発表枠 でこれきとは! by dico_leque 江戸時代のソフトウェアづくり(仮) by すのとら ねこでもわかる Lens, Prism by its_out_of_tune センセーショナルな法律の話 by りょかさん 未定 by bleis スターバックスのマーケティングについて by tazzy 音楽のバージョン管理 by neno

6/25 (日)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※学生限定のイベントです。社会人の方は申し訳ありません。 イベント内容 このイベントはあの人気オンラインプログラミング学習サービスProgateとのコラボ企画になっています! Progateは、無料で始められるプログラミング学習サービスです。初心者のハードルを徹底的に下げること、実践的な学習を提供することを目指しています。https://prog-8.com ProgateのRuby on Railsのコースをメンターに聞いたり参加者同士で助け合いながら、みんなで楽しく学びましょう!勉強後には懇親会もあります\(^o^)/ Ruby on Railsの有料コースが参加者限定で無料になっているので、これを機に一気にレベルアップしちゃいましょう! このイベントは複数回に渡って行います。 6/10(土) Progateもくもく会@Misoca 6/25(日) Progateもくもく会@Misoca Progateからメンター参戦! 未定.. . Ruby on Railsとは Rubyプログラミング言語で書かれたWebアプリケーションフレームワークです。 実際に、GitHubやHulu、クックパッド、グノシーなどで使われている実績があります。 タイムテーブル 時刻 内容 13:00 開場 13:15 Progateもくもく開始! 16:00 懇親会 17:00 クロージング また懇親会ではお菓子とソフトドリンクを用意します。ぜひ交流を深めてください! 会場 会場:株式会社Misoca セミナールーム 住所:名古屋市中村区名駅2丁目35番22号 メビウス名古屋ビル2階 アクセス:名古屋駅より徒歩5分 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり 持ち物 パソコン OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ 株式会社Progateとは 私達Progateのメンバーは、もともとエンジニアだったわけではありません。 大学時代に各々様々なきっかけでプログラミングに出会い、その可能性に魅せられ、互いに切磋琢磨しながら学んできました。 プログラミングの力が身に付いていくにつれて、「普段使っているあのサービスも、今の自分なら創ることができる」と感じられるようになりました。 すると自分のできることの選択肢、可能性が何倍にも広がり、人生が大きく変わりました。 私たちは、世の中の人全員がエンジニアになるべきだとは考えていません。 しかし、プログラミングを通じて、ユーザーの方々の人生の選択肢が一つでも増えればいいなと思い、その一助となるべく日々邁進しています。 Progate: https://prog-8.com 会社情報: https://prog-8.com/about Facebook : https://www.facebook.com/Progate-742679992421539/

6/24 (土)

43fd650f9d5a7714b636f61c957c17a5 Microsoft Student Partners Japan
なごや で Cognitive Services を習得しよう!
認知機能を Web API 経由で利用できる “人工知能パーツ” である Cognitive Services についての勉強会です。 ■ Cognitive Services とは Microsoft Cognitive Services は 画像、文章、言語、情報を処理する機能を API 経由で利用できるサービスです。 Cognitive Services の一つである Emotion API では、画像を分析して人間の顔やその表情を数値化し、結果を JSON 形式で取得することができます。 日本マイクロソフト株式会社 デベロッパー エバンジェリズム統括本部 エバンジェリスト 大森 彩子氏に登壇・ハンズオンの講師をしていただきます。 本勉強会は、 「Microsoft Student Partners」 と 中部圏の .NET コミュニティ、「CenterCLR」が共催して開催します。 ■ この勉強会に参加して得られるもの Cognitive Services とはどのようなものか知れる ハンズオンを通して、Cognitive Service を使用したコードをかけれるようになる 人工知能の力を自分のアプリケーションに取り込める ■ ハンズオンをする上で必要になるもの Visual Studio 2017 / Visual Studio Code のインストールされた PC Microsoft アカウント ■ 勉強会に参加する上であるといいもの WEB API を使用した経験・C# or JavaScript を使ったアプリケーション開発の経験 Microsoft Azure のアカウント Cognitive Services のアカウント Visual Studio 2017 はここからダウンロードできます。 Visual Studio Code は ここ からダウンロードできます。 ■ タイムライン 時間 内容 スピーカー 13:00 参加者入場 まるちゃん 13:15 OP まるちゃん 13:30 Cognitive Services & Bot Framework について 大森さん 14:20 休憩 14:30 ハッカソンに出てみたお話 ともき、くぅ、影白 15:20 休憩 15:30 Cognitive Services を使いこなす考えかた 加藤さん 16:20 休憩 16:30 Cognitive Services ハンズオン 大森さん 17:20 わくわくLT 17:35 ED まるちゃん 17:35 終了 ■ 会場について 株式会社 Misoca 様の会議室をお借りして開催します。 請求書作成サービス「Misoca」 について ■ LT 募集 勉強会の最後に LT をしていただける方を募集しています。 Cognitive Service や Microsoft Azure に関することなど、楽しい話題なら何でも大歓迎です!もちろん、苦労話も大歓迎です! ※ LT とは、5分間でするプレゼンテーションです。登壇とは違い、気軽に参加できます。t

6/21 (水)

3cdc6744330730b170e3bc7407346a74 なごやかScrum
タスクカンバンで改善できるか
「今すぐ実践! カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント」という書籍をつかって、いろいろ考えたり、意見交換したりしよう。 スクラムは幅広く使われてきていますが、そもそもスクラムがつくられる前の開発手法では何が課題なのか?、スラクムチームを支える考え方は何か?など導入や進めているときに疑問におもったり、課題になったりすることもあります。 そんな人のために「今すぐ実践! カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント」という書籍が出版されています。 http://amzn.to/2oIaTrJ このイベントでは、この書籍に書いてあるトピックを中心に事例を発表しあったり、ワークショップしたり、議論したりします。 書籍を持っている必要はありませんので、お気軽にご参加ください。もちろん、書籍を購入して積極的に書籍の内容について話せると素晴しいです! テーマ 書籍の後半を中心に「タスクカンバンの活用」をテーマにします。 スクラムをやったことがないかた、ソフトウェア開発やっているけどチーム開発になやんでいるかた、スクラムやっているけどおさらいしたいかた、といった方でもご参加いただけます。 タイムテーブル 1830 - 1900 : 開場 1900 - 1910 : オープニング 1910 - 1920 : 書籍全体の紹介 1920 - 1940 : 未定 by 未定 1940 - 2020 : 「タスクカンバンのチェックリストについて」 by @kyon_mm 2030 - 2100 : ディスカッション 目次参考 コンポーネント、アプリケーション、サービスのデプロイメント 大規模な組織でカンバンを使用する サステインドエンジニアリング さらなる方策とカンバンを超えて 会場への入り方 名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「今すぐ実践!カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント MeetUp 」の札をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。 Google Map

6/17 (土)

C9d379a73fa278df5fae314abd0d227a JXUG
なごやか に、Xamarin を勉強していきましょう!
今回のイベントについて 今回のイベントは MSP と JXUG が共同で主催する勉強会で、Xamarin が Microsoft に買収され無料化してから1周年の記念勉強会も兼ねております。 この勉強会はタイトルにもある通り Xamarin に触れたことがない学生さんでも理解出来るような内容となっておりますので、 Xamarin が気になってるけど触ったことが無いという学生さんも大歓迎です!! また、今 Xamarin を勉強していたり、 Xamarin で何か作っているという方は是非 LT 枠へのご参加もお待ちしております! タイムスケジュール 時間 発表者 内容 09:00 - 09:45 スタッフ集合 09:45 - 10:00 開場(参加者入場開始) 10:00 - 10:10 オープニング 10:10 - 11:00 あめいさん Xamarin.Forms.GoogleMaps について 11:00 - 11:05 休憩 11:05 - 11:55 伊勢さん Xamarin アプリとプッシュ通知(仮) 11:55 - 12:40 昼休憩 12:40 - 13:30 田淵さん Xamarin 最新情報 2017.6 13:30 - 13:35 休憩 13:35 - 14:25 くぅさん(MSP) Xamarin with UnitTest, UITest 14:25 - 14:30 休憩 14:30 - 15:20 akinobu_yamamotoさん iPhoneアプリ(Xamarin.iOS)で ロボット「Robi」を動かしてみた。 15:20 - 15:30 休憩+プレゼント 15:30 - 15:50 LT 15:50 - 16:00 クロージング Microsoft Student Partnersについて マイクロソフトの技術で開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝え、 学生の Microsoft Fun! を増やす活動を行っています。 ▼リンク https://msdn.microsoft.com/ja-jp/microsoftstudentpartners.aspx LT 可知 usamik26 影白 Gitter https://gitter.im/jxug/Xamarin-Study-Meetup アンチハラスメントポリシー JXUG では、アンチハラスメントポリシーを掲げています。参加されるすべての方は、以下のページのポリシーを順守いただきますよう、お願いいたします。 JXUG : コミュニティポリシー 登壇者の方はできるだけ事前のスライドチェックを受けてください。ポリシーに抵触するような行為があった場合には、コミュニティ側から発表の中止などを行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。 健全な運営にご協力をお願いいたします。 任意のカンパのお願い 現在 JXUG では、任意で一口 500円のカンパを募集しております。イベント中の軽食代、登壇者/スタッフの懇親会での割引や、遠方から来られた方へのお車代、有料会場の費用などに使用いたします。 (ブログ枠は、イベントレポートを書いて、開催後にイベントページへブログ記事のURL をコメントする枠です。)

6/16 (金)

680fa1d5928a79b58196e4e45fe24f69 MobileAct
フェンリル名古屋が開催するモバイルアプリ開発関連の情報共有や参加者同士の交流を目的とした勉強会です!
開催概要 フェンリル名古屋メンバーが開催するモバイルアプリ開発勉強会 Mobile Act NAGOYA の第 6 回です! この 5 〜 6 月にかけてはモバイルプラットフォーマーの開発者向けイベントが目白押しですね! そこで今回の Mobile Act では、これらのイベントをテーマにして最新のモバイルアプリ開発動向を皆で勉強して、今年のアプリ開発のモチベーションをあげましょう! LT してくださる方は、イベントで公開された内容をテーマに NDA の範囲内での発表をお願いいたします。LT 枠での参加登録の際にどのイベントをテーマにするかをコメントいただけると助かります。 Google I/O 2017 (May 17-19, California) Microsoft Build 2017 (May 10-12, Washington) Microsoft de:code 2017 (May 23-24, Tokyo) Apple WWDC 2017 (June 5-9, California) などなど 懇親会ももちろん開催します!楽しく交流しましょう〜。 会場 ベースキャンプ名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 アクセス 19:00 より受付を開始します。 それ以前の入場は出来ませんのでご了承下さい。 タイムテーブル 時間 内容 19:00 受付開始 19:30 挨拶 19:35 LT 発表 (6名) 20:20 休憩&予備時間 20:30 懇親会開始 21:30 終了 LT 発表内容(予定) 発表者 発表内容 くぅ - kuxu de:code ha_yshr WWDC ysk-tngc WWDC temoki WWDC ※ 上記は参加登録順となります。発表順は当日くじ引きで決めます。 懇親会 軽食(ピザやお菓子)とドリンク(ビールや烏龍茶など)をご用意します! 開催履歴 第 1 回 [connpass] [開催の様子] 第 2 回 [connpass] 第 3 回 [connpass] 第 4 回 [connpass] 第 5 回 [connpass]

6/14 (水)

No image 108x72 g なごやか新卒
勉強会ってどうやって見分けるんですか>< ソフトウェア開発のための勉強会はたくさんありますが、良い勉強会を見つける方法はあまり共有されていません。 この勉強会では、良い勉強会を見分けるためにやっていることの工夫を共有し、新卒者に知の高速道路を用意することを目標にします。 本勉強会では発表者を募集しています。10min発表枠からご登録いただき、コメントにてタイトルをおしえてください。 発表枠 kyon_mm 「良い勉強会の見つけ方」 kyon_mm 「良い人脈の見つけ方」 くぅ「勉強会を主宰してわかった N 個の知見」 まっちゃだいふく「名古屋でやってる勉強会の気をつけてること」 未定 ディスカッション「勉強会の探し方」 タイムテーブル 1900 - 1910 オープニング 1910 - 1920 kyon_mm 「良い勉強会の見つけ方」 1920 - 1930 kyon_mm 「良い人脈の見つけ方」 1930 - 1940 まっちゃだいふく「名古屋でやってる勉強会の気をつけてること」 1940 - 1950 くぅ「勉強会を主宰してわかった N 個の知見」 1950 - 2000 未定 2010 - 2100 ディスカッション「勉強会の探し方」 会場への入り方 名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「新卒のための良い勉強会の見分け方」の札をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。 Google Map

5/28 (日)

3c9b1f9fcb22d2f44afec2c4fa5b7939 Metasepi
ARMマイコン上で動作するアプリケーションをVeriFastで検証しましょう!
静的コード解析とこの勉強会について 静的コード解析をご存知でしょうか。静的コード解析とは、コンピュータのソフトウェアの解析手法の一種で、ソフトウェアを実行することなく解析を行うことです。このような手法には以下のように様々な実装があります: ATS, CBMC, Coq, Coverity Scan, CSP, Dafny, F*, Frama-C, FreeSafeTy, Infer, Isabelle, SATABS, Spin, Uppaal, VeriFast, Why3, boogie, cogent, corral, seL4, vcc, その他 しかしこれらの手法は特性が異なります。メモリの安全性しか検査できないものや、実行バイナリを数学的に証明できるものまで幅があるのです。実際の製品に応用する際には「どの手法が製品のどの部分に適しているのか」知っておく必要があります。 また、実際の製品の安全性は単に設計すれば済む問題ではありません。お客様が製品を入手する際に、その製品はどのような検証をなされていて、どの程度の安全性なのか納得していただいた上で、安心して使用していただかねばなりません。そのためにはこれらの手法をわかりやすく初学者に解説できる必要があるのです。 この勉強会は上記のような静的コード解析についての意見交換を目的としています。 発表スタイルと発表者の募集 この勉強会では発表者を毎回募集しています。基本的に発表者は「自分の話したい内容」を「自分の話したい形式」で「自分の意図したレベル」にて発表できます。無理に高度な話をする必要もありませんし、無理に初心者にわかりやすくする必要もありません。 ただし、初心者はわからないところを(ある程度)質問できるものとします。おそらく初学者からは、この勉強会で発表者が宇宙語を話しているように見えるでしょう。ただし、主催者はあまりにも初歩的な質問内容であった場合には任意のタイミングでその質問を打ち切ることができることとします。 発表者は可能であれば当日の発表資料を後日公開してください。勉強会に参加できなかった方々にも知見を共有したいためです。公にしたくない内容を発表する発表者は、事前にその旨を主催者に申告してください。 持ち物 Windows/MacOS/LinuxいずれかのOSがインストールされ、無線LANに接続可能なノートPC 当日のスケジュール 以下のようなスケジュールを想定しています。 12:30-13:00 開場 13:00-14:00 「自己紹介と今日話せるネタ出し」 by 全員 せっかく勉強会に集まったので、交流を深めるために自己紹介をしましょう。持ち時間は一人5分以内です。またもし勉強会当日に話せるネタがある場合には「XXXの発表をしたいです」と発言してください。予定を調整します。 # 自己紹介 ## 岡部 @masterq * 誰?: 昔NetBSDでコピー機を作ってました。今は仕事でSecure-OSを作っています。検証ツールが仕事に生かせたらいいなぁと考えて色々手を出しては手を焼いています。 * 話せるネタ: VeriFast検証器の紹介とRTOSに適用してみた話、ATS言語入門 ## つづきたかし @TakashiTsuzuki * 誰?: 社内SE。SIerのSEからキャリア。品質の向上に役立つ情報が欲しいな。 * 話せるネタ: ないよ! ## おおたまささき @Masaki_Ota * 誰?: 組み込みC言語エンジニアからはじめた。そのころ静的コード解析してた。R8Cマイコンを使ってた。今はWebアプリケーション。C#やRubyを使う。C++をたまに使う。Rubyは実行時のコード解析の方が重要。C++だと静的コード解析は大事かなと。 * 話せるネタ: ないよ! ## くぅ - kuxu * 誰?: 大学生だぜ!静的コード解析は言葉を聞いたことがあるぐらい。Coqは名前だけは聞いてた。いつかどちらもやらないと。普段はC#で。コグニティブサービスもさわっている。 * 話せるネタ: ないよ! ## @lumin * 誰?: 情報セキュリティ。納品されたバイナリの仕様を満たしているかどうか検索。対象:x86バイナリ,ARMバイナリ,Androidアプリ,iOSアプリ。idaproというツール。 * 話せるネタ: 今話したよ! ## よんた @keita44_f4 * 誰?: そもそも管理者に登録されたぞ。大学で関数型言語をやってた。Coqを触ってた。趣味として静的コード解析は趣味で。Qt/C++でアプリを仕事で書いている。 * 話せるネタ: ないよ! ## 黒曜 * 誰?: 会場係。RoR使い。Isabelleをさわった大学時代。 * 話せるネタ: ないよ! 14:00-15:00 「ChibiOS/RT開発環境の構築」 by @masterq メジャーなRTOSの1つであるChibiOS/RTを紹介し、参加者のPCにそのビルド環境を構築します。ビルド構築について詳しくはchibios-verifastリポジトリを参照してください。また本発表資料はGitHubから入手できます。 15:00-15:10 休憩 15:10-16:10 「STマイクロ製マイコンボード上におけるChibiOS/RTアプリケーションの実行」 by @masterq メジャーなマイコンメーカの1つであるSTマイクロ製のボードを使って、前タームで構築したChibiOS/RTのアプリケーションを動作させます。 # 反省 会場でハンズオンをして以下のような気付きが得られました。次回に向けて改善しましょう! * ケーブル不良品多し * GCCのツールチェーンのダウンロードが遅い(USBスティックで配布すべき) * GNU makeをインストールしていないcygwinユーザのことを考えろ * stlinkはハマるのでWindowsとmacOSはバイナリして環境構築した方がいい * stlinkの公式ドライバがWindowsには必要かも * Windowsではファームウェアライトは純正ツールの方がマシ * ツールチェーンにPATHを通す * 統合開発環境 * Dockerでイメージ配布 * mbed方式のファームウェアライトする方式の方がいいかも * MSYS/MinGW上ではst-utilが凍る * make gdbwriteからmake allに依存をはる 16:10-16:20 休憩 16:20-17:20 「VeriFastによるChibiOS/RTアプリケーションの検証」 by @masterq 前タームで使用したChibiOS/RTアプリケーションのコードに対してVeriFastを使って簡単な検証を行ないます。 17:20-18:00 「未定」 当日までに予定が決まらなければ、各自もくもく会になります。参加者が「こんな検証をしてみたい」と提案して、それに対して検証可能かどうか皆で調べるのも面白いかもしれません。また希望があれば来年の計画を立てたいと思います。 しかし会場からの活発な議論があった場合などは柔軟に対応しようと考えています。 会場について Misoca様に会議室を提供していただきました。ありがとうございます! 当日は森さん(@kokuyouwind)が会場を担当してくれます。 12:30頃には利用可能な状態にしておきますが、ビル自体のシャッターが降りているため、ビル入り口についたら主催者もしくは森さんご連絡ください。 その他会場詳細についてはこちらをご覧ください。 またこの勉強会において困ったことがありましたら 090-3524-7064 まで電話をください。主催者が対応いたします。 アクセス 場所 : 名古屋市中村区名駅2-35-22 メビウス名古屋ビル2階 株式会社Misoca 内 セミナールーム「木曽川」 map JR/地下鉄/名鉄「名古屋」駅より徒歩5分くらいです。 名古屋駅からの経路 スペック Wi-Fiあります プロジェクタ使えます。HDMI と VGAあります マイクとスピーカはありません ホワイトボードあります 電源潤沢にあります ドリンク飲めます。飲酒はご遠慮ください 食事はご遠慮ください。飲食可能なコミュニティスペースが同フロアにあります 禁煙です 弊社及び弥生の紹介やパンフレット配布等のご協力をお願いする場合があります。ご了承ください 協賛 STマイクロエレクトロニクス様: マイコンボードの提供 Misoca様: 会場の提供

5/24 (水)

りょかさんすごーい!
りょかさんと仲良くなろう 先日、 @ryokayan さんが株式会社オンザロードにジョインしてくれました! これを機会にみなさんりょかさんと仲良くしましょう! いままでりょかさんと知り合いでないかたも、これを機会にぜひ知り合ってみてください。 発表者募集中ですので、発表枠からもうしこんでください。 セッション @ryokayan「りょかとは!」 @bleis「SIerでつかうExcel活用術」 @its_out_of_tune「1時間目!算数」 @neno「セルフマネジメントできないとか()」 @tazzy「アジャイルの闇(仮)」 @co-qn「C#プログラマーよ、Elixierをつかえ」 @sunotora「時間軸の話(仮)」 @kyon_mm「価値とは何か」

5/17 (水)

3cdc6744330730b170e3bc7407346a74 なごやかScrum
タスクカンバンって便利かも?
「今すぐ実践! カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント」という書籍をつかって、いろいろ考えたり、意見交換したりしよう。 スクラムは幅広く使われてきていますが、そもそもスクラムがつくられる前の開発手法では何が課題なのか?、スラクムチームを支える考え方は何か?など導入や進めているときに疑問におもったり、課題になったりすることもあります。 そんな人のために「今すぐ実践! カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント」という書籍が出版されています。 http://amzn.to/2oIaTrJ このイベントでは、この書籍に書いてあるトピックを中心に事例を発表しあったり、ワークショップしたり、議論したりします。 書籍を持っている必要はありませんので、お気軽にご参加ください。もちろん、書籍を購入して積極的に書籍の内容について話せると素晴しいです! テーマ 書籍の前半を中心に「タスクカンバンの実践」をテーマにします。 スクラムをやったことがないかた、ソフトウェア開発やっているけどチーム開発になやんでいるかた、スクラムやっているけどおさらいしたいかた、といった方でもご参加いただけます。 タイムテーブル 1830 - 1900 : 開場 1900 - 1910 : オープニング 1910 - 1920 : 書籍全体の紹介 1920 - 1940 : 「ウォーターフォール案件でカンバンやってみた」 by 鈴木尚 1940 - 2020 : 「タスクカンバンのワークショップ」 by @kyon_mm 2030 - 2100 : ディスカッション 目次参考 第1章 経営陣の同意を得る 第2章 カンバンのクイックスタートガイド 第3章 納期を守る 第4章 ウォーターフォールからの適応 第5章 スクラムからの進化 会場への入り方 名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「今すぐ実践!カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント MeetUp 」の札をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。 Google Map

5/10 (水)

良書ってどうやって見分けるんですか>< ソフトウェア開発のための技術書は日本語英語問わずたくさんでています。ですが、その中から良い書籍を選ぶのはなかなか難しいものです。 この勉強会では、良書を見分けるためにやっていることの工夫を共有し、新卒者に知の高速道路を用意することを目標にします。 本勉強会では発表者を募集しています。10min発表枠からご登録いただき、コメントにてタイトルをおしえてください。 発表枠 kyon_mm 「市場から見る良書の傾向について」 kyon_mm 「kyon_mm独自の定量的な技術書メトリクスについて」 neno「最高に怠惰な技術書との向き合い方、または私は如何にして積ん読の山を築いたか」 bleis-tift「典型的な悪書の見分けかた(仮)」 yuji38kwmt「私の技術書の選び方」 ディスカッション「信頼の書評を言ってくれる技術者は誰だ」 タイムテーブル 1900 - 1910 オープニング 1910 - 1925 kyon_mm 「市場から見る良書の傾向について」 1925 - 1940 bleis-tift「典型的な悪書の見分けかた(仮)」 1940 - 1955 kyon_mm 「kyon_mm独自の定量的な技術書メトリクスについて」 1955 - 2000 休憩 2000 - 2010 neno「最高に怠惰な技術書との向き合い方、または私は如何にして積ん読の山を築いたか」 2010 - 2020 yuji38kwmt「私の技術書の選び方」 2020 - 2100 ディスカッション「信頼の書評を言ってくれる技術者は誰だ」 会場への入り方 名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「新卒でもわかるソフトウェア開発技術書の良書の見分け方」の札をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。 Google Map

4/29 (土)

C9d379a73fa278df5fae314abd0d227a JXUG
JXUG 豊橋支部始動です!?
ようこそ ざまりパークへ! Xamarin もくもく会だよー! Microsoft Student Partners と JXUG が共催しているイベントだよー! もくもくしたり、情報交換したりしましょー。 もくもくする前に、ジャパリ…いや「のんほいパーク」に、フレンズさん達に会いに行きましょう(任意です)。 ※もくもく会のみ希望される方は、午後から来てもらって大丈夫です。 よてい じかん なにする 10:00〜13:00 (任意)のんほいパークでフレンズとふれあいましょう 13:00〜13:30 じこしょーかい 13:30〜16:30 会場で Xamarin もくもくしましょう 16:30〜17:00 LT(えるてぃー)×3つ 17:30〜 (任意)こんしんかい たいしょう Xamarin が好きなフレンズ Xamarin を触ってみたいフレンズ スマートフォンアプリ開発に関心のあるフレンズ プログラミングに興味があるフレンズ Xamarin もくもく会について Xamarin に関すること(まあプログラミングならなんでもいいや)について自習します。 分からないことは教え合いましょう、われわれはかしこいので。 希望があれば Xamarin についてのミニセッションをやるかもしれません。 かいじょー 株式会社マップクエスト2F会議室 豊橋市大岩町下渡27-1 JR二川駅南口より徒歩3分(橋を超えて右折してしばらくの建物)です 玄関でベルを鳴らしてください 会場に WiFi はありません、電源はあります にもつ Xamarin の開発環境をインストールした Windows PC または、同 Mac。 できるだけ事前に環境を準備してきてください。会場には WiFi がないので、会場でセットアップを行うとパケ死します。 Visual Studio 2017 を使うフレンズさんは こちら をごらんください その以外のフレンズさんは こちら をごらんください どうしても環境が作れなかったフレンズさんは当日サポートします きょーざい 「はじめて Xamarin をやってみる」というフレンズさんは、 JXUG : 関連ページ一覧 にある「ハンズオンまとめ」のなかのどれかをやってみるとよいでしょう。 LT(えるてぃー:らいとにんぐとーく) 自分の語りたいことを5分くらいで短くプレゼンします。 Xamarin にかんする事でも関係ないことでも、けものフレンズのことでもなんでもオーケー。 3人くらい募集しますので、コメントや管理者へ連絡して教えてください。 のんほいパークについて のんほいパーク 豊橋動植物公園 豊橋市大岩町字大穴1-238 JR二川駅南口より徒歩6分です 当日は、10:00 に正門前切符売り場付近に、それっぽい人 が居るので、よければ一緒にパークをめぐりましょー。 ※こちらは任意です。もくもく会のみ希望される方は、午後から会場にお越しください。 ※のんほいパークへは入場料(600円)が必要です。 のんほいパークには、「さばんなちほー」「へいげん」「こはん」「としょかん」「ゆきやまちほー」「ゆうえんち」などがあります。園内はジャパリバスが走っていて、ばすてきなものもあります。展望塔レストランで「サーバルパフェ」をたべよー。 のんほいパークにいるフレンズ サーバル(New!) フェネック(New!) PPP イワビー ジェーン フルル 博士 助手 カピバラ(New!) カバ コツメカワウソ シロサイ ヒグマ ライオン アミメキリン クジャク タンチョウ ヒト がいます。 吉崎先生アアアァァァ! こんしんかいについて 網元 441-3145 愛知県豊橋市大岩町北元屋敷28−1 JR二川駅北口より徒歩3分です 18:00 から二川駅付近にある網元 (居酒屋)で予定しています。状況によっては、豊橋駅まで移動するかもしれません。 ※こちらは任意です。もくもく会のみ希望される方は、17:30で解散です。 Microsoft Student Partners(MSP)ってなにー? MSPとはマイクロソフトで技術者や開発者へのテクノロジの啓蒙活動をするデベロッパーエバンジェリズム統括本部が運営するグローバル学生コミュニティ(学生団体)だよー! マイクロソフトの技術 -Windows, Micorosoft Azure, Visual Studio, Kinect, C#, .NET, Office, Skype, Edge, Minecraft などで開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝え、学生の Microsoft Fun! を増やすことをミッションとして活動してるよー! あんちはらすめんとぽりしー(のけものはいない) JXUG では、アンチハラスメントポリシーを掲げています。参加されるすべての方は、以下のページのポリシーを順守いただきますよう、お願いいたします。 JXUG : コミュニティポリシー 登壇者の方はできるだけ事前のスライドチェックを受けてください。ポリシーに抵触するような行為があった場合には、コミュニティ側から発表の中止などを行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。 健全な運営にご協力をお願いいたします。

4/28 (金)

C110c3d65ee13b7e44c1c76cbdf746c6 UX DAYS TOKYO
UXDT @名古屋
コンテキストを利用したWebサービス&サイト構築の視点を実習を通して学ぶ! UX DAYS TOKYO 【UX基礎ワークショップ】参加費:無料 20名枠から25名枠に増員しました!ぜひ、お誘い合わせの上ご参加ください。 年に一度世界のUXのカンファレンスを行っている 「UX DAYS TOKYO」が提供する、UXの基礎が学べるワークショップを開催します。 コンテキストについて理解を深めよう! コンテキストとはプロダクトとユーザーの接点やユーザーの置かれた状況などを指します。 Webサービス、Webデザインにおいてコンテキストは重要です。 コンテキストは「モバイルユーザーってこういったコンテキストだよね」といった一括りにする考え方ではなく、主にデバイス、環境、時間、行動、個性、場所、ソーシャルなどの切り口を考慮し、デザインに取り入れます。 より詳しい情報は以下記事をご覧ください。 連載「コンテキストを理解する」 第1回: コンテキストの落とし穴 第2回: デバイスの多様化によって必要となる視点 第3回: 環境からデザインを逆算する 第4回: 時間軸の中で必要とされるものとは? 第5回: 受動的か能動的かを意識して体験を考える 第6回: 個別最適に、パーソナルスペースを考慮しているか? 第7回: 場所情報を用いるリスク 第8回: ユーザーの周りにも人がいることを意識する 最終回: コンテキスト・デザインの5原則 「コンテキストの理解と実践」ワークショップ 今回のワークショップでは座学とグループワークを通してコンテキストの理解を深め、そして実践に結びつく気付きが得られることをゴールとします。 グループワークでは「お題」に沿って、コンテキストを踏まえた改善シナリオを設計します。 より理解を深めたい方は、上部のリンク記事を読んできて参加されることをお薦めいたします。 講師 大本あかね / UX DAYS TOKYO タイムテーブル 18:30〜:開場 19:00〜:自己紹介 19:15〜:座学 20:00〜:グループワーク 21:00〜:発表&フィードバック 21:15〜:解散 参加枠について 一般枠:どなたでも申し込んでいただける枠です。 注意事項 ワークショップですので時間は厳守でお願いします! 欠席になりそうな場合は、前日までにキャンセル処理のご協力をお願いします。 当日はconnpassの受付表(6桁の数字が掲載されている画面)とお名刺の提示が必要です。 UX DAYS TOKYO 【UX基礎ワークショップ】開催の目的 UXをより追求するためのコミュニティでのワークショップです。 海外のUX情報をより確実に理解するためのワークショップです。 ワークショップでの実習を通してディスカッションしてより実務で使えるノウハウを身につけていきましょう。 どんな人向け? よいプロダクトを作りたい、よいサービスを作りたい!そういった前向きのマインドを持った方向けの勉強会です。 デザイナーである必要は無く、UXをより勉強したい、世の中をUXで良くしていきたいという志を持っている方であればどなたでもご参加いただけます。 特に以下の様な方はぜひご参加ください。 UXがいまひとつ現場で役立たせていない方。 UXの基礎を勉強したい方。 UXをこれから学びたい方。 UX DAYS TOKYOに参加したい方。

4/21 (金)

680fa1d5928a79b58196e4e45fe24f69 MobileAct
フェンリル名古屋が開催するモバイルアプリ開発関連の情報共有や参加者同士の交流を目的とした勉強会です!
開催概要 フェンリル名古屋メンバーが開催するモバイルアプリ開発勉強会 Mobile Act NAGOYA の第 5 回です! 第 1 回 [connpass] [開催の様子] 第 2 回 [connpass] 第 3 回 [connpass] 第 4 回 [connpass] 今回はフェンリル東京支社のエンジニアから少し長めの発表をいたします。その後、LT 3〜4 枠という形式にしたいと思います。 懇親会ももちろん開催します!楽しく交流しましょう〜。 持ち物 名刺などの自己紹介ができるものをご用意いただけると、懇親会等での交流のきっかけになると思います。 会場 ベースキャンプ名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 アクセス 19:00 より受付を開始します。 それ以前の入場は出来ませんのでご了承下さい。 タイムテーブル 時間 内容 19:00 受付開始 19:30 挨拶 19:35 フェンリル発表 20:00 LT 発表 (3~4名) 20:20 休憩&予備時間 20:30 懇親会開始 21:30 終了 発表 発表者 : iseebi テーマ : アプリのビルドでコマンドを活用する LT 発表内容(予定) 発表者 発表内容 くぅ - kuxu amazon Android App Storeはいいぞ Takuya DroidKaigiから見る最新のAndroid技術動向 龍一郎 Cognitive Bot & Linguistic Bot pancake Tokyo Nomad ※ 上記は参加登録順となります。発表順は当日くじ引きで決めます。 懇親会 軽食(ピザやお菓子)とドリンク(ビールや烏龍茶など)をご用意します!

4/19 (水)

3cdc6744330730b170e3bc7407346a74 なごやかScrum
知識と組織
「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」という書籍をつかって、いろいろ考えたり、意見交換したりしよう。 スクラムは幅広く使われてきていますが、そもそもスクラムがつくられる前の開発手法では何が課題なのか?、スラクムチームを支える考え方は何か?など導入や進めているときに疑問におもったり、課題になったりすることもあります。 そんな人のために「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」という書籍が出版されています。 http://amzn.to/2jWHQkg このイベントでは、この書籍に書いてあるトピックを中心に事例を発表しあったり、ワークショップしたり、議論したりします。 書籍を持っている必要はありませんので、お気軽にご参加ください。もちろん、書籍を購入して積極的に書籍の内容について話せると素晴しいです! テーマ 書籍の第2部を中心に「知識と組織」をテーマにします。 スクラムをやったことがないかた、ソフトウェア開発やっているけどチーム開発になやんでいるかた、スクラムやっているけどおさらいしたいかた、といった方でもご参加いただけます。 タイムテーブル 1830 - 1900 : 開場 1900 - 1910 : オープニング 1910 - 1920 : 書籍全体、第3部の紹介 1920 - 1940 : 「未定」 by 未定 1940 - 2020 : 「第3部の読みどころ」 by @kyon_mm 2030 - 2100 : ディスカッション 目次参考 第3部 アジャイル開発とスクラムを考える 執筆 野中郁次郎、平鍋健児 第八章 竹内・野中のスクラム論文再考 インタビュー ジェフ・サザーランド氏 スクラムで仕事のやり方を変え、世界を変えたい 第九章 スクラムと知識創造 第十章 スクラムと実践知リーダー 特別対談 野中郁次郎×平鍋健児 イノベーションに必要なのは、対話を通じて共振・共感・共鳴する実践知リーダーシップであり、それがスクラムの心だ 会場への入り方 名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「アジャイル開発とスクラム MeetUp」の札をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。 Google Map

4/17 (月)

C0a692bf3e8aa66150559ea1a042a31d 機械学習 名古屋
ゼロから作る Deep Learning 読書会+ハンズオン その1
機械学習 名古屋 分科会 機械学習名古屋 勉強会の分科会です。 この分科会では、より理論・実装に重きを置いた勉強をしていきます。 機械学習エンジニア として仕事をしている/仕事をしたい人 機械学習(Deep Learning)の 理論を知りたい 人 ぜひ、ご参加ください。 (最新動向・実践等は、通常会(次回:第10回)で扱います) 参加枠について 現在、「一般参加」「サテライト1」「サテライト2」の3つの参加枠が存在します。 どちらも会場は同じビルの同じフロア(別会議室)です。 司会進行は、大会議室側(一般参加枠側)で行います。収容人数とそれ以外に各参加枠の違いはありません。 各会議室は、TV会議システムで繋がっています。質疑応答等はリアルタイムにやり取りできます。 一般参加枠で補欠の方で、サテライト枠に切り替えたい場合、一旦参加申込をキャンセルして新しい枠で参加登録し直す必要がございます。自動で空いている枠への振り分け等はされませんのでご注意ください。 動画配信について 当日、Facebook Live を利用して勉強会の動画配信を行います。 参加出来なかった方も、ご自宅や職場で勉強会の様子をご覧いただけます(正常に視聴するには Facebook にログインする必要があるかもしれません)。 ライブ配信URLは当日、このイベントページおよびTwitterでお知らせします。 また動画は勉強会終了後、機械学習名古屋 の Facebookページ 内で視聴できるようになります。 ※ただいま動画配信中! https://www.facebook.com/mlnagoya/videos/1740496489574560/ 『ゼロから作る Deep Learning』読書会+ハンズオン 分科会のテーマとして、初回からしばらく、書籍『ゼロから作る Deep Learning』の読書会を行います。 進め方 参加者でさらっと読み合わせる(担当者は決めずその場で回し読み) Jupyter notebook でコードを実際に書いて動作確認をする(ハンズオン) みんなで疑問点を質問、解消していく 機械学習エンジニア として実際に仕事をしている人から解説もらってハッピーになる 内容 補足 参加者自己紹介 1人あたり1分程度で簡単に※1 会場について ヤフー株式会社様より、会場についての注意事項 オリエンテーション 初回ということで、勉強会の方向性等の説明をします Python 環境の確認 ※2 ゼロから作る Deep Learning第1章の読み合わせ+サンプル実行確認 Jupyter notebook でハンズオン適宜疑問点の質問も受付 次回以降のスケジュールについて ※3 (LT) 希望者がいて時間が余れば 片付け 会議室の原状復帰にご協力をお願いします ※1 人数が多い場合は省略いたします。 ※2 参加者ごとの環境統一のため、勉強会用の Dockerイメージ を作成しました! → antimon2/mlnsc-dlscratch ↑の使い方解説ページ ぜひご利用ください! ※3 第2回以降は、毎月第1金曜日(第2回は第2金曜日)に開催予定。 第2回:2017/05/12(金)(予定) 第3回:2017/06/02(金)(予定) 会場 ヤフー株式会社様のご厚意により、会場をご提供いただきました! ヤフー株式会社 名古屋オフィス 会議室 愛知県名古屋市西区名駅2丁目27−8 名古屋プライムセントラルタワー4F(地図) JR・名鉄・近鉄・地下鉄 名古屋駅 徒歩5分(地下鉄1番出口から) 注意事項 できる限り18:20~18:40の間にお越しください。会場の4Fまで直接お越しください。 4F 入り口にて、connpass の「受付票」をご提示ください。イベントページから「受付票を見る」リンククリックで表示できます。事前に印刷/その場でスマホ等で表示してご提示ください。 遅れてくる場合も、20:00までに会場の4Fまでお越しいただき、警備員に勉強会参加の旨を伝え、「受付票」を提示してください。20:00以降は入場は出来ません。 終了時間はあくまでも目安ですので、前後する可能性があります。 書籍「ゼロから作る Deep Learning」はご持参ください。 電子書籍版もあります。→ https://www.oreilly.co.jp/ebook/ から「ゼロから作る」で検索 PCをご持参ください。実際にコードを打ち込んで動作確認していただく予定です。 無線LANの提供はあります。 大画面モニタはあります。

3/25 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※学生限定のイベントです。社会人の方は申し訳ありません。 イベント内容 年度締めLT大会 LT(ライトニングトーク)とは 5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。「Lightning Talk(s)」の頭文字を取って「LT」と略される。 ライトニングトークとは - はてなキーワード LTのテーマ・何をLTすればいいの? ITに関することであれば大丈夫。エンジニアリングやデザイン、その他面白い話をぜひ! 発表枠は5分ですが、短くても全然OKです。 学生だけですので、気軽にゆるふわな会にしましょう。 LT内容(一例) 最近気になってる話題 今まで自分が作った作品紹介(苦労したこだわりどころなど) 新しく挑戦してみた技術の話 自分はこうやってデザインをしています などなど。今回は年度締めLTなので、今年度の振り返りや成果発表、来年度への意気込みや挑戦してみたい技術でもOK! 以前にはこんなタイトルのLTもありました。 Webデザインの配色について Mac標準プレビュー.appを使い倒す Sketchは学割で買いましょう 個人的にAWSの素晴らしさを紹介 タイムテーブル 入退室は自由となっております。都合の悪い方は途中退出していただいても問題ありません。 イベント当日はOthloTechがお酒と軽食を用意いたします。またお菓子やお酒の持ち込みも大歓迎! 時間 内容 17:45 開場 18:00 開会のあいさつ 18:10 LT(第1部) 18:45 休憩 18:50 LT(第2部) 19:25 休憩 19:30 LT(第3部) 20:10 LT終了・投票 20:30 結果発表 + 表彰 会場は9時まで確保しているので、20:30以降は自由参加です。 更にもう1時間延長もあるかも!? 発表者 決まり次第順次更新してきます。発表者順は更新のたびにランダムで決定されます。 最終更新:2017/3/24/22:48 氏名 LTタイトル 山根丈亮 最先端の機械学習 いっちゃん D言語ではじめるメディアプログラミング にーさん エンジニアの常識 渡辺稜太 大学5年間を振り返って yufuinn C++17でもっと強くなるC++ オトモレ ストリートコンピューティングのすヽめ(仮) ライダー 一貫したデザインを創るために意識すべきこと 影白@KageShiron Webセキュリティ入門(仮) みつの 機械学習は魔法じゃない ちーず npm trendsであーそぼ! 森 UnityCollabrate及びUnity最強説 Katsuaki_TAKAGI GPGPUの実験環境構築はAzureを使えば割と秒! @iyuto_ ヨーロッパ旅行で見つけた各国のIT事情 会場 会場:AOI CAFE IZUMI 住所:〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉1-22-30 アクセス:地下鉄東山線 栄駅 徒歩8分 地下鉄名城・名港線 久屋大通駅 徒歩3分 地下鉄桜通線 久屋大通駅 徒歩3分 URL:http://aoicafe-izumi.com/access.html その他 Wi-Fiあり 電源は限られておりますので、譲り合ってご利用ください。 OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ

3/24 (金)

69036bdfe1d1ae5f850609192874dfc9 XamarinFormsBookReading
Creating Mobile Apps with Xamarin.Forms (Xamarin.Forms本)の作業中の邦訳の読書会を行うグループです。趣旨等について詳しくはこちらにまとめてあります。 http://atsushieno.hatenablog.com/entry/2017/01/07/143232 読書会のフォローアップは、こちらでも受け付けています。 https://gitter.im/jxug/public v.324(東京での開催回数が未定なので表記をこうしています)は、一連の勉強会の全体的な構想についてお話しした後(毎回する予定です)、第16章、第17章、第18章のいずれかを目標に読んでいきたいと思います。(この回までの進捗次第で多少前後します。ご了承下さい。) 当日、会場は20:00を過ぎるとビルの自動ドアが使えなくなります。Twitterの @atsushieno 等にmention等でご連絡ください。 未発行の訳本の該当部分を、紙に印刷したものを、人数分お持ちします。 参加者については、公募ですが、メンバーの選定が必要なほど応募がある場合は、atsushienoに一任させてください(参加表明いただいた皆さんの中からバランスよく調整したいと考えています)。毎回、なるべくメンバーの固定しない、幅広い参加者の皆さんと一緒に進めていきたいと思います。 Xamarin.Formsエキスパートの方も、Xamarin.Formsをこれから始めたいという初心者の方も、幅広くご参加をお待ちしています。

3/15 (水)

3cdc6744330730b170e3bc7407346a74 なごやかScrum
アジャイルの事例って意味あんの
「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」という書籍をつかって、いろいろ考えたり、意見交換したりしよう。 スクラムは幅広く使われてきていますが、そもそもスクラムがつくられる前の開発手法では何が課題なのか?、スラクムチームを支える考え方は何か?など導入や進めているときに疑問におもったり、課題になったりすることもあります。 そんな人のために「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」という書籍が出版されています。 http://amzn.to/2jWHQkg このイベントでは、この書籍に書いてあるトピックを中心に事例を発表しあったり、ワークショップしたり、議論したりします。 書籍を持っている必要はありませんので、お気軽にご参加ください。もちろん、書籍を購入して積極的に書籍の内容について話せると素晴しいです! テーマ 書籍の第2部を中心に「アジャイルの実践例」をテーマにします。 スクラムをやったことがないかた、ソフトウェア開発やっているけどチーム開発になやんでいるかた、スクラムやっているけどおさらいしたいかた、といった方でもご参加いただけます。 タイムテーブル 1830 - 1900 : 開場 1900 - 1910 : オープニング 1910 - 1920 : 書籍全体、第2部の紹介 1920 - 1940 : 「未定」 by 未定 1940 - 2020 : 「スクラム本紹介するぞ」 by @kyon_mm 2030 - 2100 : ディスカッション 目次参考 第2部 アジャイル開発とスクラムを実践する 執筆 株式会社リクルートテクノロジーズ 河野彰博(第五章)楽天株式会社 藤原 大(第六章)株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ 神部知明(第七章) 第五章 スピード時代に独自のアジャイル手法 第六章 小さく始めて浸透させる〜楽天のアジャイルによる組織改革 インタビュー アジャイルを進めていくというのはどこまでも「人を育てる話」だと思っています 第七章 「IT新市場」におけるアジャイル開発に取り組む富士通の挑戦 インタビュー 現場とのコミュニケーションがお客様の望む品質と開発者の確信につながります 会場への入り方 名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「アジャイル開発とスクラム MeetUp」の札をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。 Google Map

5f7a862a9190a915f486654857ddce31 アトラシアン (Atlassian)
アトラシアン主催|JIRA, Bitbucket, SourceTree, Confluence
アトラシアン主催セミナー&交流会を開催!(全国行脚!) アトラシアンによる全国行脚の第2弾!として名古屋でイベントを開催します。 スクラムの概要説明と JIRA Software を中心に据えたチーム開発環境がもたらす価値について解説とデモンストレーションをいたします。 モダンなチーム開発現場で適用されるツールチェーンが開発チームのみならず、企画チームや運用チームにもたらす効果についてもキャッチアップいただきます。 セミナー後に会場にてネットワーク タイムを設けています。ぜひアトラシアン社員や、参加者同士でのネットワークにご活用ください。 セミナー終了後に同会場にて Atlassian User Group Nagoya も開催です。 Atlassian User Group Nagoya 参加登録はこちら 参加対象 * チーム開発環境でのツール活用に関心のある方 * アトラシアン製品の連携による効果を知りたい方 * アトラシアンに興味がある方 * 参加者、アトラシアン社員と交流したい方 当日のタイムスケジュール(予定) 16:00 〜 開場・受付開始 16:30 〜 16:35 ご挨拶 16:35 〜 18:00 講演とデモンストレーション 18:00 〜 19:00 ネットワーキング タイム ※タイムスケジュール、内容は一部変更となる場合があります。予めご了承ください。 セッション スクラムと JIRA Software を中心としたチーム開発環境 スピーカー: アトラシアン 長沢智治 ソフトウェア開発現場では、かつてないほどの改善が必要とされてきています。ブラックボックスな開発現場では、利害関係者の理解も協力も得られなくなっていきました。 このセッションでは、ソフトウェア開発現場を改善するきっかけとなるいくつかのトピックを扱い、開発現場に優しい、信頼関係の築けるツールチェーンについて講演、デモを交えて皆さんとみていきます。 ※アトラシアン製品の使用有無は問いません。デモはアトラシアン製品で実施しますが、内容はどのツールでも参考にしていただけるものです。 ネットワーキング タイム ネットワーキングの「場」 ファシリテーター: アトラシアン 犬山&長沢 セッションを受けての意見交換、熱い議論もいいですし、楽しく語り合うもいいですし、スピーカーと日頃の現場について意見交換するのもいいですね。はたまた謎な会社アトラシアンについて問い詰めるのもいいでしょう。 この「場」は、参加される皆様ご自身が作っていくものです。5分程度のライトニングトークス(LT)ご希望の方、大歓迎です。当日に参戦ください! 会場 NATULUCK名古屋 栄中央 第5会議室 矢場町駅から徒歩1分 栄駅から徒歩3分 ご注意 当日に、ご不明な点がありましたら、 Twitter @AtlassianJapan にメンションをしてください。 19:00 より同会場にて Atlassian User Group Nagoya のイベントが開催される予定です。 全国行脚 3月14日 福岡 3月15日 名古屋 3月17日 仙台 (TDC 主催イベント)

2/17 (金)

9084 normal 1479740972 15109484 1148360651914937 7554992354479876811 n スタートアップウィークエンド豊橋
◆Startup Weekendとは Startup Weekend (以降SWと略 )は、週末の3日間を利用してアイデアを形にするための方法論を学びながら実践する、スタートアップ体験イベントです。このワークショップは2009年に米国で始まり、これまで全世界700都市で1,500回以上にわたって実施されてきました。Startup Weekendは初日の夜、参加者のアイデアの発表から始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、3日目の午後までに必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーは顧客開発を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 特定の知識・スキルがなくとも、アイデアがあれば問題ありません。勿論、アイデアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティング・企画・営業などの経験があれば、チームで活躍することができ、プロダクトを作成し、スタートアップをリアルに体験することができます!実は過半数の方々が一人で初めて参加する方々です。初めての方でも心配はいりません。 ◆どのような方が参加されるか? 主役はいつかなにかで起業したいと考えている会社員の方やフリーランスの方、すでに起業しているけどもう一度スタートアップしてみたいなと思っている方。 起業とまではいかないけれど「何かを創りあげて世の中に広めたい!」と考えている方も含まれます。 金曜日のピッチで出していただく事業内容やコンセプトは全くの自由です。 エンジニア、デザイナー、ビジネススキル、コミュニケーション能力…各自のスキルを持ち寄ってアイデアを形にしてください。 StartupWeekendはこれまで名古屋だけで9回、大垣では3回、浜松では2回開催されています。 2月にここ豊橋のトライアルビレッジにて初開催されます。 ◆審査員 Judge 及川 卓也 Increments株式会社 プロダクトマネージャー 一般社団法人情報支援レスキュー隊 代表理事 東京出身。早稲田大学理工学部卒。 専門だった探査工学に必要だったことからコンピューターサイエンスを学ぶ。 卒業後は外資系コンピューター企業にて、研究開発業務に従事。米国マイクロソフトに派遣され、Windowsの開発を行う。 その後もWindows関連のプロジェクトに関わっていたが、どうせWindowsの仕事をするのならと、マイクロソフト株式会社(当時)に転職。 マイクロソフトではWindowsの開発を行い、最終的には日本語版と韓国語版のWindowsの開発の統括を務める。 2006年にグーグルに転職し、9年間ほどプロダクトマネージャとエンジニアリングマネージャとして勤務した後、2015年11月に退職。 2011年の東日本大震災後に、災害復興支援や防災・減災にITを活用する活動を開始。 Hack For JapanおよびIT×災害コミュニティの発起人。 また、個人的にスタートアップ企業や社会起業家、NPOなどに技術的なアドバイスを与えている。 2016年よりIncrements株式会社へ入社、プロダクトマネージャーとして従事。 宮川直樹 豊橋信用金庫 事業支援部 副部長 大学卒業後、地元である豊橋信用金庫に入庫。 営業店勤務後、平成14年から本部にて取引先の 経営支援の業務に従事し、現在に至る。 松井孝悦  大三紙業株式会社 代表取締役 豊橋商工会議所副会頭、豊橋国際交流協会会長 慶應義塾大学大学院商学研究科卒業。カナダコンコルディア大学John Molson School of Business MBA取得後、帰国し大三紙業(株)に入社。その後、印刷欠点検出装置の開発導入、製版工程のフィルムレス、コンピュータ化、その他の製造設備の導入に関与。95年は香港での 合弁会社の設立、中国工場(天津大三易徳力工業有限公司)の立ち上げに従事。 入社以来、各生産設備の導入と立ち上げのみならず、経営全般(営業、人材育成、情報システム、品質管理、生産管理、財務管理)をリードし、現在に至る。 常に「ただの経営者」ではなく「プロの経営者」を意識することを心がけている。 ◆コーチ Coach 早瀬由芙 日本デザイン・マーケティング 株式会社 代表取締役社長 CEO 1985年生まれ。愛知県豊橋市出身。ドイツ居住の経験から日本の伝統的なものづくりに興味を持ち、 大学にて建築・デザイン、大学院にてマーケティングを学ぶ。 '10年より伝統食品メーカーにてマーケティング及び新商品開発に従事。 '13年スタートアップウィークエンドに参加。訪日外国人向けサービスを開発。 '14年日本デザイン・マーケティング株式会社を設立、代表取締役社長に就任。 同年よりデザイン性の優れた伝統工芸品を中心とした通販サイト「日本デザインストア」を運営。 '16年より海外向け通販を開始。 横田隼 株式会社チカク ソフトウェアデザインエンジニア 埼玉県出身、東京高専から豊橋技術科学大学を経て2008年、ヤフー株式会社に入社。 ヤフーでは検索エンジンの開発や社内システムの構築、スマートフォンアプリの開発に従事。 また、Hack Day、Hack UといったHackathonイベントの運営にも参加。 2016年10月より主にスマートフォンアプリの開発担当として株式会社チカクに入社し、現在に至る。 本業とは別に、Hackathon に参加し賞を取ったり取らなかったりしている。 また、Space Apps Challenge や Mashup Awards などのHackathonの運営にも参加している。 牛田 和博 有限責任監査法人 トーマツ 名古屋事務所 マネジャー / 公認会計士 1978年生まれ、愛知県愛西市出身。 2003年入社後、メーカー、小売、サービス業を中心に幅広い業界において財務諸表監査に従事するとともに、IPO支援業務、J-SOX支援業務などのコンサルティング業務を手がける。 また、トーマツベンチャーサポート株式会社の名古屋メンバーとして、イベントの開催、ベンチャー企業と大企業のマッチングを通じて、ベンチャー企業の成長支援も行う。ソフトピアジャパンに入居しているITベンチャー企業についても、多数支援を行っている。 関西学院大学卒。 タイムテーブル 当日のタイムスケジュール 2/17(金) 2/18(土) 2/19(日) 18:30 集合開始、名刺交換等 9:00 朝食、作業開始 9:00 朝食、作業開始 19:00 夕食 & 交流会 12:00 昼食 12:00 昼食 19:20 開会の挨拶 14:00 コーチへ援助要請 12:30 コーチを交えたピッチ練習 19:00 夕食 & 交流会 18:30 夕食 17:00 最終ピッチ 19:30 ピッチ開始 21:30 解散 18:30 審査 & 授賞式 21:00 チーム形成 & 作業開始 19:00 交流会 21:30 解散 22:00 解散 ※イベント参加以外の見学も大歓迎です。  17時から行われる最終ピッチの見学は、一人1,000円いただきます(会場払い、その後の交流会費は+1,000円)。 ◆会場スポンサー Trial Village ◆シルバースポンサー 豊橋信用金庫 ◆ブロンズスポンサー イノチオホールディングス株式会社 大三紙業株式会社 株式会社サーラコーポレーション ヤマサちくわ株式会社 ◆フードスポンサー 和洋菓子司 入河屋 初代甚作が明治18年に創業。以来数えて五代。伝統と時代の調和のある、和洋菓子を造り続けて百三十年。 ヤマサちくわ株式会社 有楽製菓株式会社 ◆ワイドスポンサー 弥生株式会社 ◆後援 豊橋市 ◆ファシリテーター Facilitator マツモトサトシ 株式会社Misoca 取締役 京都府、丹波地方生まれ。 大学生時代は三国志好きが高じて、中国を始めとして、モンゴル、東南アジアの国などを巡る旅に出る。 卒業後は大学発ベンチャーの開発受託企業などに数年間務めた後、それまで名古屋ではほぼ皆無だったIT系勉強会を主催するように。 CSNagoya主催、名古屋Ruby会議1,2実行委員長、名古屋GeekBarなどで活動。 2011年11月にスタンドファーム株式会社(現、株式会社Misoca) 取締役に就任。クラウド請求書管理システム Misocaを開発、サービスを広めるべく幅広く活動中。 Startup Weekend Nagoyaのリードオーガナイザーを歴任後、2014年11月開催のStartup Weekend Nagoya Womanにて初ファシリテーション。サーバが趣味。 オーガナイザー Organizer ◆最終ピッチ&懇親会 最終ピッチ開始17:00〜 懇親会開始  19:00〜 ※申し込み時にキャンセル待ちと表示される可能性がございますが、枠が余っている場合は追加致しますのでご安心ください

2/15 (水)

35affb773a5a9318e7d2e3934a7749a5 IoT縛りの勉強会! IoTLT
フィーバー柳橋での開催!
業界初?! 名古屋版 IoT縛りの勉強会/LT会です! IoTというワードがバズワードになりつつあります。 とはいえ、IoT領域には関連する幅広い知識や技術があります。 また、アイディアやインスピレーションも重要です。 この会は個々が持っている知識や開発していることの情報共有や発信の場になります。 名古屋で開催です! 開催前後の交流ためのFBグループもあります! 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! 登壇希望もこちらのFBで! https://www.facebook.com/groups/iotlt IoTLT名古屋専用のFBページつくりました。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ 会場について 今回の会場はフィーバ柳橋となっております。 名古屋ゲーム制作部などクリエイターの方々があつまる面白い場所となっております。 行ってみたお話(Cre8さんのサイトへ移動します) 会場の場所が分かりにくいです。 こちらの動画などを参考にお越しください。 フィーバ柳橋への道 タイムテーブル LTは一人5分です。8件程度 時間 内容 発表者 18:30 開場 19:00 オープニング 19:05 会場説明 19:10 LT:MilkcocoaPushボタンをつくってみた わみ LT:GR-CITRUSとWA-MIKANで作る天気予報 武田さん LT:外出中に自宅の部屋の明るさをスマホで見られるようにした……のを手伝った Tiny Mouse LT:冷蔵庫IoTに挑戦 nishiokya LT:BuildrootとQtの紹介 nekomatu LT:名古屋勉強会らむだ」のデータを分析してみた! シュール LT:Windows 10 IoT Coreの影の働き者 .Net Native の紹介 くぅ@牛奶茶 19:50 交流会 20:30 締め 20:45 完全撤収 IoTに興味のある、ハードウェア/Webエンジニアの方を中心にどなたでもご参加できます! LT発表を希望の方はFacebookページの投稿にコメントをください。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ 参加費 会場費のカンパをお願いします。 本編 無料 交流会 100円程度 主催 わみ 愛知県でネットワークを勉強している学生。 Nefry(ねふりー)というフリスクサイズのIoTデバイスを作っている。 Nefry公式サイトはこちら @iyuto_ 情報系学生。インターンや個人でiOSアプリを開発。既製品ガジェットを使ったソフトウェア寄りのIoTハックが好き。 くぅ - kudu C# と Xamarin が好きな大学生。最近は、MSPになったらしい。

2/12 (日)

C9d379a73fa278df5fae314abd0d227a JXUG
主催者の 久米 史也です。Xamarin.Forms.GoogleMaps に対してプルリクエストを送る会です。 会の流れ・概要 Xamarin.Forms.GoogleMaps は @amay077 さんが開発された Xamarin.Forms 向けの OSS(オープンソース)地図ライブラリで、ソースは GitHub で公開されています。 Xamarin.Forms.GoogleMaps の詳しい解説はこちらを参照 オープンソースのソフトウェア開発に参加してみたいけど GitHub でプルリクエストを送る方法が分からない 英語でのやりとりが不安 などで今まで躊躇していた方向けに、 プルリクエストの考え方 git クライアントソフトの使い方(SourceTree を予定) GitHub の使い方 を、実際に手を動かしながら学習していただけます。 Xamarin.Forms.GoogleMaps の機能改善リスト にあるいずれかの内容を実際に担当してコードを修正し(修正は誰でもできる簡単なものです)、プルリクエストを送って頂きます。 コードの修正も、git や GitHub の操作も講師やメンターの方々と一緒に進めます。 タイムスケジュール 時間 発表者 内容 13:00 スタッフ集合 13:10 開場(スピーカー、参加者入場開始) 13:20 - 13:40 @amay077 Xamarin.Forms.GoogleMaps とは 13:40 - 14:00 〃 プルリクエストの考え方 14:00 - 16:50 参加者の皆さんと @amay077 ハンズオン 17:00 - 17:30 振り返り・反省 対象者 GitHub でプルリクエストを送ってみたい方 必要なスキルレベル git の基本的な操作(pull/push/commit 等)ができる C# が分かる・書ける Xamarin のハンズオン が実施できる Xamarin.Forms.GoogleMaps を家で使ってみると修正やプルリクを送りやすいかも! 事前準備のお願い 以下の項目について、アカウント登録やソフトウェアのインストールをお願いします。 GitHub のアカウント - https://github.com/ SourceTree のダウンロードとインストール(Mac, Win どちらでも可) Google API Console - https://console.developers.google.com/ で使用する Google アカウント(地図を表示する為の API キーを取得するために必要です※課金はされません) Xamarin Studio(Mac) または Visual Studio(Win) で Xamarin.Forms アプリのビルドと実行ができる事 アンチハラスメントポリシー JXUG では、アンチハラスメントポリシーを掲げています。参加されるすべての方は、以下のページのポリシーを順守いただきますよう、お願いいたします。 JXUG : コミュニティポリシー 登壇者の方はできるだけ事前のスライドチェックを受けてください。ポリシーに抵触するような行為があった場合には、コミュニティ側から発表の中止などを行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。 健全な運営にご協力をお願いいたします。 任意のカンパのお願い 現在 JXUG では、任意で一口 500円のカンパを募集しております。イベント中の軽食代、登壇者/スタッフの懇親会での割引や、遠方から来られた方へのお車代、有料会場の費用などに使用いたします。 懇親会について イベント終了後懇親会を実施します。 近所の居酒屋で飲みます。料金は割り勘です。

2/3 (金)

680fa1d5928a79b58196e4e45fe24f69 MobileAct
フェンリル名古屋が開催するモバイルアプリ開発関連の情報共有や参加者同士の交流を目的とした勉強会です!
開催概要 フェンリル名古屋メンバーが開催するモバイルアプリ開発勉強会 Mobile Act NAGOYA の第 4 回です! 第 1 回 [connpass] [開催の様子] 第 2 回 [connpass] 第 3 回 [connpass] 前回と同様 LT 発表会としますが、今回は発表テーマを設けたいと思います。テーマは 「この年末年始の成果お披露目会」 です!みなさんこの年末年始はどのように過ごされましたでしょうか?モバイルアプリ開発を仕事にしている方、興味のある方々であれば長期休暇を使って何か勉強したり、作ったり、試したりされたのではないでしょうか。例えば・・・ 気になっていた◯◯ライブラリを試してみた! こんな技術書を読んでみた! アプリを一本作っちゃった! といったような成果をお披露目していただければと思います! 懇親会ももちろん開催します!前回いらっしゃった方も、今回初めての方も、楽しく交流しましょう〜。 持ち物 名刺などの自己紹介ができるものをご用意いただけると、懇親会等での交流のきっかけになると思います。 会場 ベースキャンプ名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 アクセス 19:00 より受付を開始します。 それ以前の入場は出来ませんのでご了承下さい。 タイムテーブル 時間 内容 19:00 受付開始 19:30 挨拶 19:35 LT 発表 (6名) 20:20 休憩&予備時間 20:30 懇親会開始 21:30 終了 LT 発表内容(予定) 発表者 発表内容 ysk-tngc Android Dagger2 入門 くぅ - kuxu Xamarin で Azure Mobile Apps を使って見た Tiny Mouse Onsen UI+Vue.js を使ってみた HidehikoKondo ウェアラブル端末対応の iOSアプリを作った話 katoyan_ RealmとiCloud Backupで失敗した話 temoki 年末年始の成果、そして現状の紹介 ※ 上記は参加登録順となります。発表順は当日くじ引きで決めます。 懇親会 軽食(ピザやお菓子)とドリンク(ビールや烏龍茶など)をご用意します!