EKey2210 (@EKey2210)


参加する勉強会



過去の勉強会

1/11 (土)

No image 108x72 g Processing部
「数学から創るジェネラティブアート 著:巴山 竜来」を理解する
○1月なので新年会したいです。お酒は飲めなくても大丈夫。終わって3人以上集まれるのであれば、お店に席だけ予約しますので、参加時に連絡いただけると嬉しいです。 1. テーマ学習 今回も「数学から創るジェネラティブアート」(著者:巴山 竜来)の書籍から「第5章 フェルマーらせん」を理解していきます。書籍からもダウンロードできるサンプルがありますので、そこから予習してもらっても構いません。 イベント用もサンプル( Sample )を用意し、これをベースに学習を進めますので、ダウンロードしておいてください。(サンプルのアップロードはイベント直前になることもあります。気長にお待ちください。) 2. 課題 課題のキーワードは「四角」and/or「円」です。 ・提出方法は、OpenProcessing にアップロードしても、当日持参してもどちらでもOKです。 ・課題提出先のURLは、Facebookグループ「Processing部」やツイッターに置いてあると当日紹介しやすいです。 ・課題を1から作るのが難しい場合は、これまでのサンプル( Sample )や、勉強中の書籍、ウェブにあったコード例から、キーワードを取り入れて改造するだけでもOKです。その際、出典を示してくださいね。 ・課題を製作できない場合は、キーワードに関連する作品を見つけてきて、自分の気に入ったポイントを紹介ください。Webサイト OpenProcessing や、キーワード "generative art" 等で検索すると色々みつけることができます。 3. 内容 1.課題紹介 工夫した点、努力したところ、うまく出来た/出来なかった箇所、などを説明。 気に入った作品は、どういった点が興味を惹かれたか、などを紹介。 2.テーマ学習 サンプル( Sample )をベースに説明をします。 テーマ学習のサンプルを、自分なりにアレンジしてみます。 適宜 途中休憩など。 3.学習テーマに沿って自由に製作と紹介 4.次回に向けて 課題のキーワードの決定 学習テーマの相談。 4. その他 終わってから軽く食事/お茶に行くかもしれませんので、ご都合のつく方はお声かけください。 イベントに行った方、イベントにこれから行く方、最近の見聞きした面白い情報などありましたら教えていただけると嬉しいです。 共用スペースですので、音や話し声が大きくなりすぎないようにしましょう。 飲食可能ですが、ゴミは持ち帰りましょう。

11/17 (日)

No image 108x72 g Processing部
「数学から創るジェネラティブアート 著:巴山 竜来」を理解する
1. テーマ学習 今回も「数学から創るジェネラティブアート」(著者:巴山 竜来)の書籍から「第4章 対数らせん」を理解していきます。書籍からもダウンロードできるサンプルがありますので、そこから予習してもらっても構いません。 イベント用もサンプル( Sample )を用意し、これをベースに学習を進めますので、ダウンロードしておいてください。(サンプルのアップロードはイベント直前になることもあります。気長にお待ちください。) 2. 課題 課題のキーワードは「積層」and/or「折れ線」です。 ・提出方法は、OpenProcessing にアップロードしても、当日持参してもどちらでもOKです。 ・課題を1から作るのが難しい場合は、これまでのサンプル( Sample )や、勉強中の書籍、ウェブにあったコード例から、キーワードを取り入れて改造するだけでもOKです。その際、出典を示してくださいね。 ・課題を製作できない場合は、キーワードに関連する作品を見つけてきて、自分の気に入ったポイントを紹介ください。Webサイト OpenProcessing や、キーワード "generative art" 等で検索すると色々みつけることができます。 3. 進行予定 1.製作した課題紹介 工夫した点、努力したところ、うまく出来た/出来なかった箇所、などを紹介。 気に入った作品は、どういった点が興味を惹かれたか、などを紹介。 2.テーマ学習 サンプル( Sample )をベースに説明をします。 テーマ学習のサンプルを、自分なりにアレンジしてみます。 適宜 途中休憩など。 3.情報交換など イベント行かれた方、これから行く方、面白げな情報あれば教えてください。 4.次回に向けて 課題のキーワードや、学習テーマの相談。 4. その他 最近の見聞きした面白い情報などありましたら教えていただけると嬉しいです。 共用スペースですので、音や話し声が大きくなりすぎないようにしましょう。 飲食可能ですが、ゴミは持ち帰りましょう。 終わってから軽く食事/お茶に行くかもしれませんので、ご都合のつく方はお声かけください。

8/18 (日)

No image 108x72 g Processing部
「数学から創るジェネラティブアート 著:巴山 竜来」を理解する
1. テーマ学習 今回も「数学から創るジェネラティブアート」(著者:巴山 竜来)の書籍から「第2章 連分数」を理解していきます。書籍からもダウンロードできるサンプルがありますので、そこから予習してもらっても構いません。 イベント用もサンプル( Sample )を用意し、これをベースに学習を進めますので、ダウンロードしておいてください。(サンプルのアップロードはイベント直前になることもあります。気長にお待ちください。) 2. 課題 課題のキーワードは「ランダム」or/and「(効果)音」です。 ・提出方法は、OpenProcessing にアップロードしても、当日持参してもどちらでもOKです。 ・課題を1から作るのが難しい場合は、これまでのサンプル( Sample )や、勉強中の書籍、ウェブにあったコード例から、キーワードを取り入れて改造するだけでもOKです。その際、出典を示してくださいね。 ・課題を製作できない場合は、キーワードに関連する作品を見つけてきて、自分の気に入ったポイントを紹介ください。Webサイト OpenProcessing や、キーワード "generative art" 等で検索すると色々みつけることができます。 3. 進行予定 1.製作した課題紹介 工夫した点、努力したところ、うまく出来た/出来なかった箇所、などを紹介。 気に入った作品は、どういった点が興味を惹かれたか、などを紹介。 2.テーマ学習 サンプル( Sample )をベースに説明をします。 テーマ学習のサンプルを、自分なりにアレンジしてみます。 適宜 途中休憩など。 3.情報交換など イベント行かれた方、これから行く方、面白げな情報あれば教えてください。 4.次回に向けて 課題のキーワードや、学習テーマの相談。 4. その他 飲食可能ですが、ゴミは持ち帰りましょう。 終わってから軽く食事/お茶に行くかもしれませんので、ご都合のつく方はお声かけください。

7/6 (土)

No image 108x72 g Processing部
書籍「数学から創るジェネラティブアート」第1章を理解する
1. テーマ学習 今回から、「数学から創るジェネラティブアート」(著者:巴山 竜来)の書籍を理解してい行きます。「第1章 ユークリッド互除法」から始めていきます。書籍からもダウンロードできるサンプルがありますので、そこから予習してもらっても構いません。 イベント用もサンプル( Sample )を用意し、これをベースに学習を進めますので、ダウンロードしておいてください。(サンプルのアップロードはイベント直前になることもあります。気長にお待ちください。) 2. 課題 課題のキーワードは「分岐」です。 ・提出方法は、OpenProcessing にアップロードしても、当日持参してもどちらでもOKです。 ・課題を1から作るのが難しい場合は、これまでのサンプル( Sample )や、勉強中の書籍、ウェブにあったコード例から、キーワードを取り入れて改造するだけでもOKです。その際、出典を示してくださいね。 ・課題を製作できない場合は、キーワードに関連する作品を見つけてきて、自分の気に入ったポイントを紹介ください。Webサイト OpenProcessing や、キーワード "generative art" 等で検索すると色々みつけることができます。 3. 進行予定 1.製作した課題紹介 工夫した点、努力したところ、うまく出来た/出来なかった箇所、などを紹介。 気に入った作品は、どういった点が興味を惹かれたか、などを紹介。 2.テーマ学習 サンプル( Sample )をベースに説明をします。 テーマ学習のサンプルを、自分なりにアレンジしてみます。 適宜 途中休憩はご自由に。 3.情報交換など 4.次回に向けて 課題のキーワードや、学習テーマの相談。 4. その他 飲食可能ですが、ゴミは持ち帰りましょう。 終わってから軽く食事/お茶に行くかもしれませんので、ご都合のつく方はお声かけください。