Tsuyoshi Ureshino (@Crow_Tuyoshi)


参加する勉強会



過去の勉強会

7/26 (金)

1835 normal 1559867580 logo Startup Weekend Nagoya
新規事業を立ち上げる起業体験イベント! 全世界で「起業家を生み出す場」として展開する「Startup Weekend」が名古屋にて再び開幕!新規事業を立ち上げたい方!起業体験を積みたい方!仲間を集めたい方!スタートアップに興味ある方!一歩先へと歩みを進めてみませんか?この週末が、あなたの人生を変えるきっかけに! スタートアップウィークエンドってなにをするの? スタートアップウィークエンド(以下、SW)とは、新しいカタチを創る「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイデアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。 SWは初日の夜にみんながアイデアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、最終日の17時までにユーザーエクスペリエンスに沿った、必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発、ハッカーは機能の開発、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 特定の知識・スキルがなくとも、アイデアがあれば問題ありません。勿論、アイデアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどのスキルがあれば、チームで活躍することやプロダクトを作成、スタートアップをリアルに体験することができます!実は過半数の方が一人で初めて参加する方々です。初めてでも心配はいりません。 ※過去のStartup Weekend の様子 コーチ Coach 2日目のコーチングを担当されるコーチのご紹介です(敬称略) 長尾 政明 デロイトトーマツコンサルティング合同会社 シニアマネージャー  プライスウォーターハウスコンサルタント(当時 現IBM)に新卒入社。製造業における SCM、営業、マーケティングといったグローバルオペレーションの最適化および全社変革を支援後、電機メーカーにて新規事業企画等 成長戦略に携わる。その後、通信機器メーカーの欧州本社においてグローバルオペレーション企画推進を担当しスマートフォン黎明期の安定供給に貢献。IBMにおいては、クリエイティブデザイン統括リーダーとして、新しい顧客体験・サービスの創造、アプリなど顧客接点のデザイン、デザインカルチャーの導入定着等のクライアント支援に携わるとともに、社内デザインシンキング導入・定着等 デザインカルチャー変革にも従事。直近では デロイトにおいて ビジネスxデザインの融合による新しい価値の創造に取り組む。 岡田 貴裕 BCG Digital Ventures Lead Engineer  大阪大学大学院 生命機能研究科修了、修士(理学)。ソニーエリクソンでの日本初のAndroidスマートフォン開発に携わった後、ユカイ工学でコミュニケーションロボットやスマートホーム、ウェアラブル関連の企画、開発、量産マネジメント等を行う。2017年よりBCG Digital Venturesに参画し、IoTやブロックチェーン領域を中心としたプロダクト立案、開発に携わる。プライベートでもシェアリングエコノミー関連のIoTサービスや、デジタルとアナログを融合させたカードゲームを企画・開発・販売している。 齋藤 拓也 中国経済産業局 企画調査課所属 地方創生担当 1983年生まれ、島根県隠岐の島町出身。「挑戦を文化にして、価値にしたい」地域活性化においてベンチャービジネスの可能性を感じ、公私共に、中国地域を「0→1」の先進地域にすることを目指す。中国地域を中心に地域のスタートアップと積極的に交流。ベンチャー創出のプログラムを展開する経洗塾、岡山発のスタートアップコミュニティ Startup Kingdom等、中国地域を中心に新産業創出を目指す者と関り、多様なネットワークを構築。中国地域のベンチャーエコシステム構築に取り組む。現在は、中国経済産業局勤務(2009年入局)、企画調査課所属 地方創生担当。これまで中小企業庁へ創業支援係長として出向。帰局後、観光関連産業として観光分野での新事業創出に関与。サイクリングツーリズムによる産業創出を目的としたプロジェクトを立ち上げ。また、地域金融機関と連携したアクセラレーションプログラム&アクセラレーター育成プログラム、「明治日本の産業革命遺産」松下村塾でのピッチイベントを企画。 常川 朋之 株式会社エンターテイン 代表取締役CEO  2001年に商工会議所へ入所し、企業支援や総務職を経験したのち、伝統工芸を活用した事業で2015年に起業。/ビジネスをスケールさせる難しさを味わい、2016年12月にアクセラレーターに参画。スタートアップ支援及び東北アクセラレーター2017、宇都宮アクセラレーター2018、あいちアクセラレーター2018の主担当を務める。大阪府のメンタリングプログラムなども経験し、起業家との年間のメンタリング件数は500件を超えた(2018年度)。2019年3月にはキャリア教育の一環として、長野県塩尻市の高校生向けに「起業家から学ぶ、自分の価値を発見するセミナー」などを行った。2019年4月に全国各地の人や地域の強みを引き出し、育てることを使命と感じ、法人を設立して再度起業。    鳴海 禎造 glafit(株) 代表取締役 (株)FINE TRADING JAPAN 代表取締役 和歌山電力(株) 取締役 1980年   和歌山市に生まれ、15歳のときから商売を始める。 2003年  カーショップ「RMガレージ」を個人創業。 2007年   自動車輸出業「FINE TRADING JAPAN」を個人創業し、翌年に法人化。 2009年   自動車用品の製造・販売をスタート 2011年   中国広東省に生産管理を行う現地法人設立 2012年   香港に貿易業務を行う現地法人を設立 2012年   日本を代表する次世代乗り物メーカーとなることを見据えてメーカーブランド 「glafit」を立ち上げる。 2015年   和歌山県初の新電力事業者(PPS)となる和歌山電力株式会社の立ち上げに協力、取締役に就任。 2017年5月 glafitブランドとして初めての乗り物「glafitバイク」を発表。 (※glafitは総額1億2800万円超とクラウドファンディングの資金調達額で日本記録を樹立) 2017年9月 glafit株式会社を設立し代表取締役CEOに就任。 2018年1月 第36回日本経済新聞社 日経優秀製品・サービス賞2017最優秀製品賞を受賞! 2018年10月 glafitバイクがグッドデザイン賞を受賞 飯野 智大 経済産業省 中部経済産業局 「親の会社倒産の経験から、人一倍の想いで中小企業支援を志し、経済産業省 中部経済産業局に入局。地域企業とともに汗を流し、寄り添いながら、事業計画の策定や販路開拓を支援。なお、豊田自動織機出向時には、プレイヤーとしても新規事業開発を経験。 審査員 Judge 3日目の審査を担当されるジャッジ)のご紹介です(敬称略) 合田 ジョージ 01Booster Inc. 共同代表  MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。   牧野 成将 CEO&Co-Founder - Makers Boot Camp  2005年フューチャーベンチャーキャピタル(株)、2009年(財)京都高度技術研究所、2011年(株)サンブリッジにて「GVH Osaka」の立ち上げやIT分野のシードステージ企業への投資を行う。2015年8月、京都試作ネット等の日本の中小企業と連携したハードウェアスタートアップの試作支援「Makers Boot Camp」を行う株式会社Darma Tech Labsを創業。2017年7月にハードウェア/IoTスタートアップの試作と投資を行う国内初のファンド「MBC Shisakuファンド(20億円強)」を設立して国内外のハードウェアスタートアップに投資を行う。    大川 陽介 LoanDEAL CCO  2005年富士ゼロックスにSEとして入社。ソリューション営業等を経て、2015年から新規事業開発。大企業やベンチャーとの共創活動を推進。2018年から人材開発を担当。また、約50社の大企業若手有志1000名を巻き込んだ任意団体「One JAPAN」の共同発起人/副代表として、挑戦する個人の育成、組織風土変革、オープンイノベーションによる価値共創に挑む。変革/成長には「越境」が効果的であるという実体験からローンディールに共鳴し、2018年12月より参画、最高顧客責任者。大企業・移籍者の経験価値向上に取り組む。中小企業診断士。2児の父。 栗島 祐介 プロトスター株式会社 Co-Founder 早稲田大学商学部卒。アジア・ヨーロッパにおいて教育領域特化型のシード投資を行う株式会社VilingベンチャーパートーナーズCEOを経て、プロトスター株式会社を設立。HardTech領域の起業家コミュニティ「StarBurst」を創設し、日本最大のスタートアップコミュニティにまで育成。現在は起業家・投資家の情報検索サービスStartupListの立ち上げ、運営も行う。   会場 Collaboration Lounge HatCh (愛知県 名古屋市東区東桜 1-13-3 NHK名古屋放送センタービル20階)   <アクセス > 地下鉄 栄駅より徒歩1分 スケジュール Time schedule 7月26日 (金) 7月27日(土) 7月28日 (日) 06:00pm 開場及び懇親会 09:30am 2日目開始 09:30am 3日目開始 07:00pm ファシリテーター挨拶 10:00am Facilitation 12:00pm 昼食 08:15pm 1分ピッチ 12:00pm 昼食 02:30pm プレゼン前のテックチェック 08:45pm 話し合いと投票 02:00pm コーチング開始 04:00pm 発表&審査 09:15pm チーム作り 04:00pm コーチング終了 06:45pm 審査発表 10:00pm 1日目終了&帰宅 06:30pm 夕食 07:30pm パーティー 09:00pm 2日目終了&帰宅 09:00pm 3日目終了&帰宅! ※遅刻時の連絡は必要ございません。もしアイデアをピッチされたい場合は[08:15pm 1分ピッチ]に間に合うようお越しください。 Lead Sponsor 公益社団法人名古屋青年会議所 様 Sponsors 株式会社日本政策金融公庫 様 株式会社コーワメックス 様   一般社団法人未来創造 様 クリエイトベースカナヤマ 様 中部電力株式会社 様 トヨタ自動車株式会社 様   CODE BASE NAGOYA 様   《日本全国・通年スポンサー》弥生株式会社 様 後援 名城大学 様 Tシャツ T-Shirt 三日間参加される皆様に特典Tシャツをご用意しております。 ファシリテーター Facilitator Takuto Nakamoto 神戸大学発達科学部卒業後、教育法人などでファシリテーションに従事。その後にStartupWeekendに参画し、北海道から沖縄まで全国にて起業家育成、企業や自治体の人材育成やイノベーション促進を手掛けている。またスタートアップを切り口に、中国の深圳などアジアを中心とした海外進出支援にも取り組んでいる。 オーガナイザー Organizer 水野 敬亮 一般社団法人 未来創造代表・発起人  自動車部品メーカーにて、情報通信/IT事業企画としてクルマのデジタル化推進に従事。現在は“個人のアイデア・情熱を実現するエコシステム”をつくるべく、名古屋を拠点に2016年より東海圏最大の有志団体「未来創造」を設立(2018年より一般社団化)。 未来創造が重力場として、界隈のイノベーターやビジネスクリエイターのネットワーキングハブになり、オープンイノベーションに関わる取組みを数多く実施している。 岩本 一良 KPMGジャパン 企業公開部所属  中部地区を中心に株式公開支援、会計アドバイザリー等、様々なアドバイザリー支援業務を行っている。また、一般社団法人未来創造に所属し、起業マインド創出のための活動を実施。2016年には未来予測イベント開催支援を行っている。     嬉野 剛士 Code for AICHI 代表 一般社団法人未来創造 Chief Design Coordinator  本業はシステムエンジニア。2017年12月にCode for Aichiを立ち上げ、"シビックテック"の普及を目指して活動中。イベントの企画・運営も得意とし、ナゴヤハッカソン、NAGOYA BOOST DAY等にも裏方で参加。プライベートではベーシストという顔もあり、野外イベント「Summer Tribe」などにもバンドで出演。フォトグラファー、デザイナーや映像クリエイターなど多方面で活躍中。     晝田 浩一郎 1987年生 三重県志摩市生まれ 岡崎市役所 勤務 / ここdeやるZone 代表 / Code for AICHI  代表  岡崎市役所に勤務しつつ、プライベートで2016年から業務外有志団体である「ここdeやるZone」(略称:ここやる)を立ち上げる。2017年12月にCode for Aichiを立ち上げ、"シビックテック"を広める活動を開始。【人と人、人と地域をつなげる活動】をとおして仕事でも、プライベートでも地域活性化に取り組んでいる。志摩市の魅力を伝えるブログ「shimazine」のライターや三十路式実行委員会2018の総合プロデュースを務め、出身地の志摩市(三重県)の活性化にも携わっている。   金原 良平 1987年、香川県高松市生まれ。引越を12回経験した出身地迷子。趣味は鉄道。特技は運賃計算。趣味が高じ、2007年総合旅行業務取扱管理者試験合格。  目に見えない心的世界に魅力を感じ、大学・大学院と心理学を専攻。心理統計や発達心理を習得。大学院時代に名古屋で相談支援のNPOの設立に参画し、相談員として勤務する傍ら、法人運営も足掛け6年担当。NPO勤務中にアメリカ国務省主催の国際交流プログラム(IVLP)に選抜され、ダイバーシティ&インクルージョンをテーマにアメリカの政府、企業、市民団体等を視察。2016年、東京のビッグデータ分析ベンチャーへ転職し、トップセールス、企画提案、分析業務に従事。商品開発の方向性分析、広告効果検証、株価予測、入退会予測、など様々な分野を経験。2018年、愛知の自動車部品メーカーに転職。現在は商品企画部門でIoT関連のアルゴリズ開発業務に従事    豊田隆一  2002年生まれの17歳。山本学園で男子生徒会長を務める。SWの参加は過去2回で、今回オーガナイザーとして初参加。前回のSW白浜では優勝チームのリーダーを途中まで務めるも、突然のチーム移行をし優勝を逃す。好きな色はピンク。  大槻 将久 エンジニア 1982年生まれ、神奈川県横浜市出身。人工知能、クラウド技術エンジニア。愛知県の大手自動車会社にて医療、物流、ヒューマンサポート等の幅広いロボット開発に従事。幼少期よりモノづくりが好きで、パソコンやモノづくりに熱中するあまり中学より登校拒否。16歳で再度モノづくりを学ぶため単身渡米、現地高校を経て大学に進み電子工学・コンピュータ科学を学ぶ。現在は有志のモノづくり仲間と共にMONO Creator’s Lab名義で活動。人を幸せにするもの、人の可能性や視野を広げるものをテーマにモノづくりや教育活動を行う。 武田 雄一郎  大学にてDNA中の電子移動を研究後、モノづくりで世界を変えるという想いを秘め自動車会社の門を叩く。材料分野にて、水素、リチウム電池、太陽電池とエネルギー関係の研究に携わった後に、車両開発における防錆業務に従事。2017年夏より現職の製品企画へと異動し、アジア・南米向けの車両開発に情熱駆動している。 原田 直人 未来創造MusicAcademy主宰 音楽、テクノロジー、アート、地域資源が集まり、価値交換を行う文化作りに取り組む。 商店街や城の天守閣で屋外音楽イベントを行い、新しいヒトの流れを作る「マチオト!」や、新たな銭湯の活用価値を生み出す「お風呂Disco」をオーガナイズ。 スキルと想いを持ったヒト、モノと、地域がともに育つプラットフォームを担う。   亀岡 愛弥 Manami Kameoka  京都とインドネシアの二拠点生活を成立させるため、2017年、フリーランスに転向しました。起業以前のキャリアコンサルティング、大学での就職支援、プロジェクトマネジャー、秘書、ファシリテーターなど様々なお仕事をしながら『暮らしも優先』という生き方を実践しています。 StartupWeekendの企画運営に関わるのは今回で10回目です。サポートが必要な場合、お気軽にお声がけください☺☺   ご参考 FYI Startup Weekendの参加者の声をご紹介いたします。3日間の流れやチームの動きや気付き学びがわかりやすく書かれています。 ・SWとは何をするところなのか? ・SWを通じて何が得られるのか? ・3日間でどれだけのことができるのか? そういった疑問を解決できる記事かと思いますので、是非ともご一読いただけると幸いです。 https://okinawa-mag.net/sw_okinawa/ プレイベントのご案内 SWに興味を持たれた皆様に向け、プレイベントを開催いたします。参加費無料ですのでお気軽にご参加ください。 日時:2019年7月7日(日)13:30~17:00 場所:Collaboration Lounge HatCh    愛知県 名古屋市東区東桜 1-13-3 NHK名古屋放送センタービル20階 詳細情報を記載したHPは下記の画像をクリックした先にございます。 ) https://swnagoya.doorkeeper.jp/events/91300 キャンセルポリシー/Cancel policy 2019年7月12日(金)23:55までにご連絡頂ければ(WEB決済手数料/銀行手数料を除いて)100%返金いたします。それ以降は飲食や備品など発注済みのため返金出来かねますのでご理解ください。

11/23 (金)

1835 normal 1377595229 sw kauffman bw Startup Weekend Nagoya
■週末の54時間で「起業」してみませんか。 Startup Weekend (以下SW)は金曜日の夜から日曜日のたった54時間で「ゼロ」から「ローンチ」までスタートアップするイベントです。 金曜日のピッチで出していただく事業内容やコンセプトは全くの自由です。 エンジニア、デザイナー、ビジネス…各自のスキルを持ち寄ってアイデアを形にしてください。 実は過半数の方々が一人で初めて参加する方々です。初めての方でも心配はいりません。 ■Starup Weekend (スタートアップウィークエンド)ってなに? “Starup Weekend(以下SWと略)”は、金曜夜から日曜夜まで54時間かけて開催される、「スタートアップ体験イベント」を中とした、起業家を生み出すための世界規模の起業家コミュニティーです。SWは起業家になる”きっかけ”を与え、世界に起業家を増やすための活動を行っています。   発祥は2007年、アメリカのシアトル。その後、急速に世界中へ広まりました。これまで世界700都市にて1,500回以上開催され、13,000以上のスタートアップがここから生まれました。また、グローバルスポンサーとして、Googleなどとともに一緒に活動しています。 日本では特定非営利活動法人(NPO)として活動しています。北海道から沖縄まで全国16都市で開催。都市毎に有志のメンバーでオーガナイズされています。   ■Startup Weekend ってなにをするの? SWは初日の夜、みんながアイデアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、3日目の17時までにユーザーエクスペリエンスに沿った、必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。 ハスラーはマネジメントと顧客開発を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 特定の知識・スキルがなくとも、アイデアがあれば問題ありません。勿論、アイデアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどとしてのスキルがあれば、チームで活躍することが出来、プロダクトを作成し、スタートアップをリアルに体験することが出来ます! 実は過半数の方々が一人で初めて参加する方々です。初めての方でも心配はいりません。 ■テーマはありますか? 金曜日のピッチで出していただく事業内容やコンセプトは全くの自由です。 エンジニア、デザイナー、ビジネス…各自のスキルを持ち寄ってアイデアを形にしてください。 当日のタイムスケジュール 11/23(金) 11/24(土) 11/25(日) 18:30 集合開始、名刺交換等 9:00 朝食、作業開始 9:00 朝食、作業開始 19:00 夕食 & 交流会 12:00 昼食 12:00 昼食 19:20 開会の挨拶 14:00 コーチへ援助要請 12:30 コーチを交えたピッチ練習 19:30 ピッチ開始 18:30 夕食 17:00 最終ピッチ 21:00 チームビルド & 作業開始 21:30 解散 18:30 審査 & 授賞式 21:30 解散 19:00 交流会 21:30 解散 ※イベント参加以外の見学も大歓迎です。  17時から行われる最終ピッチの見学は、一人2000円いただきます(会場払い、その後の交流会費込み)。 ◆協力  ◆ワイドスポンサー 弥生株式会社 様 ◆ゴールドスポンサー 中京テレビ様 ◆シルバースポンサー クラッソーネ様 東京貿易テクノシステム様 Kore-nani様 ◆ファシリテーター Facilitator マツモトサトシ 株式会社Misoca 取締役 京都府、丹波地方生まれ。 大学生時代は三国志好きが高じて、中国を始めとして、モンゴル、東南アジアの国などを巡る旅に出る。 卒業後は大学発ベンチャーの開発受託企業などに数年間務めた後、それまで名古屋ではほぼ皆無だったIT系勉強会を主催するように。 CSNagoya主催、名古屋Ruby会議1,2実行委員長、名古屋GeekBarなどで活動。 2011年11月にスタンドファーム株式会社(現、株式会社Misoca) 取締役に就任。クラウド請求書管理システム Misocaを開発、サービスを広めるべく幅広く活動中。 Startup Weekend Nagoyaのリードオーガナイザーを歴任後、2014年11月開催のStartup Weekend Nagoya Womanにて初ファシリテーション。サーバが趣味。 ◆ジャッジ Judges 両角 将太 F Ventures 代表パートナー 1988年、福岡生まれ。2012年早稲田大学卒業。在学中に、IT起業家特化型インタビューメディアを立ち上げ。サムライインキュベートに入社し、日本最大級のコワーキングスペース「SSI」のマネージャーに就任。2015年、社内起業家として、大企業とのアライアンスに務め、億単位の収益に届く事業をゼロから確立。2016年、前職を卒業し、福岡を拠点としたVCであるF Venturesを設立し、20社超に投資している。スタートアップイベントTORYUMONを半年毎に全国5都市で主催し、毎回スタッフだけで80名、参加者500名ほどのイベントに成長している。 中嶋裕之 中京テレビ放送株式会社 1967年、東京都生まれ。1991年明治大学政治経済学部卒業。広告代理店で営業や媒体担当を経験。1998年中京テレビ放送に入社。東京営業など営業局一筋で20年従事。今年6月、新設のビジネス推進局ビジネス開発部に異動。地上波放送局ならではの新規事業開発に取り組む。長らく培った営業感覚を生かし、新しいビジネスを産むことに情熱を傾ける。 ◆コーチ Coaches 大沢 香織 株式会社Misoca 執行役員 マーケティング担当 愛知大学文学部哲学科東洋哲学専修中退後、上場企業経理、携帯公式CP企画を経て、2010年、Web制作/スマートフォンアプリ制作会社株式会社トーキョーストームを設立。 2017年、株式会社Misocaにジョイン、現在に至る。 10歳の子を持つ母でもある。 池田 翔 グローバル・ブレイン株式会社 Principal 東京生まれ。一橋大学卒業後、みずほ銀行、デロイトトーマツコンサルティングを経てグローバル・ブレインに参画。みずほ銀行では、中堅・中小企業支援やシンジケートローン組成に従事。デロイトでは、新事業の企画・運用、ビジョン策定、短期/中長期戦略の立案・実行支援、および東南アジア(インドネシア)駐在での現地法人支援に従事。 小松 隆行 ソフトバンク株式会社 ITサービス開発本部 2005年、横浜国立大学教育人間科学部マルチメディア文化課程卒業。 いくつかのソフトバンクグループ企業サービスのシステム構築経験を経たのち、当時インターネットで普及し出したOpenID技術に夢中になったことがきっかけで自社のOpenID認証システムの開発を担当することに。 以後、認証・IDシステム開発を専門として様々な自社サービスの開発に携わる。 最近は海外との協業案件に関わることが増えてきている。 坂之上 達成 テックプレッソ株式会社 代表取締役CTO 飛騨高山出身。岐阜高専電子制御工学科を卒業後、オーストラリアで約半年間のワーキングホリデー生活を送る。 帰国後、SIerでサーバエンジニアを中心に、ネットワークエンジニア、Webアプリケーションエンジニア、アプリエンジニア、SI営業などを経験。 2年間のフリーランスエンジニア期間を経て、2014年にテックプレッソ株式会社を設立。 クラウドサーバの提供・保守・コンサルティングおよびWebアプリケーションの開発・運用を行っている。 日本貿易振興機構(JETRO)の海外進出支援事業に採択され、2017年に米国法人 TECPRESSO INC. を設立。海外向けのホスティング事業を推進中。 Startup Weekendとは Startup Weekend (以下SW)は金曜日の夜から日曜日のたった54時間で「起業」をゼロから体験できるイベントです。 金曜日の夜、みんながアイデアを発表する(ピッチ)ことから始まります。参加者は  ハスラー、ハッカー、デザイナーの3つの役割に分かれてチームを組み、日曜の最終プレゼンまでにユーザーが求めている必要最低限のビジネスモデルを作ります。 SWはITイベントとは違います。起業するのに必要な一連の流れ、 1、 アイデアを1分間で紹介する。また共感できるアイデアを探す 2、 アイデアに共感した仲間とチームを結成 3、 チームで各自のスキルを持ち寄り、アイデアを形にする 4、 形にしたアイデアを発表する をたった54時間で体験することが出来ます。 ◆注意事項 事前申込みの方以外のご入場はご遠慮いただいております。ご了承ください。 事前申込締切以降は、食事のご準備の都合上、キャンセルの受付はいたしかねます。 イベント中に撮影した写真は、Startup Weekend及びイベントスポンサーのウェブサイトやフェイスブックページ、その他取材メディアに掲載させていただくことがございます。掲載を希望されない方はイベント受付時にスタッフにお申し出ください。 会場アクセス方法 sharebase.InC 〒460-0003 名古屋市中区錦1−15−8アミティエ錦第一ビル6F 詳しくは、sharebase.InCのHPをご確認ください。 http://www.sharebaseinc.com/about/ そのほか 特定非営利活動法人 Startup Weekend https://nposw.org/ Facebookページ https://www.facebook.com/Startup-Weekend-Nagoya-1422309347988593/

9864 normal 1539588979 blue logo Startup Weekend 豊田
 自動車産業をはじめとしたものづくりの街「豊田市」。その豊田市から、満を持してスタートアップが始まります。その会場の名はものづくり創造拠点「SENTAN」。その場は「人」と「アイデア」が繋がる場であり、また「アイデア」を「カタチ」にできる場でもあり、「新規事業展開」や「イノベーション創出」の場でもあります。今回はそのSENTANの施設見学をすると共に、その場で開かれるStartupWeekendに関する説明会を開きます。 <こんな方にオススメ> ・ものづくりを起点にした事業支援施設に興味がある。 ・無料で使える試作品の開発設備を見てみたい。 ・ものづくり人材育成に関わっている。 ・ハッカソン大好き。ラズパイ大好物。 ・スタートアップに興味関心がある。 ・StartupWeekendに挑戦したい。 等々 <日時> 2018年11月23日(金・祝)13:00~16:00 <スケジュール内訳> 13:00~13:30 豊田市駅からSENTANへ 13:30~14:30 SENTAN見学 14:45~15:30 StartupWeekend豊田に関する説明 15:30~16:00 SENTANから豊田市駅へ ◆会場 ものづくり創造拠点 SENTAN <費用> 無料 備考 本イベントに2019年に開幕の「StartupWeekend豊田」のプレイベントとなります。 本番の詳細決定次第、改めてご連絡いたします。 StartupWeekend Startup Weekendは、週末の3日間を利用してアイデアを形にするための方法論を学ぶ、スタートアップ体験イベントです。このワークショップは2009年に米国で始まり、これまで1,500都市で4,500回以上にわたって実施されてきました。Startup Weekendは初日の夜、参加者のアイデアの発表から始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、3日目の17時までに必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーは顧客開発を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 Sponsor ◆スポンサー 開催にあたり、以下のスポンサー様からご支援をいただいております。 弥生株式会社 様

6/21 (木)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
JAWS-UG名古屋 Alexaハンズオントレーニング・ダイジェスト版 https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/74649 の懇親会受付用 Doorkeeper です。 一人 3500円の飲み放題付きのコースとなります。 お店の空き次第では事前に申し込んでいない方も入れるかもしれませんが、 当日の混乱を避けるためにも、お申込みお願いいたします。 懇親会予約会場 魚河岸本舗 ぴち天 本店 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-17 https://r.gnavi.co.jp/n056305/ ※勉強会会場のMISOCAさんから徒歩3分くらいです。勉強会終了後みんなで歩いて移動します。 詳細は、勉強会当日にご案内いたします。 参加人数を確定させるため、前日17時までの参加表明をお願い致します。 お断り 当日キャンセルはご遠慮ください。 こちらの Doorkeeper の申込人数で、 前日 6/20 17時 に予約を確定します。

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
【概要】 Alexaスキル開発を、Alexaエバンジェリストと一緒にステップバイステップで実施します。サンプルコードからのコピー&ペーストだけで、Amazon Echo と対話するスキル開発を体験できます。 通常4時間で行うハンズオンですが、ダイジェスト版の2時間の講習となっています。 対象者: Alexa開発のスキル作成もトライしたけど途中で挫折した方、これから開発したいけど最初に基礎をざっくり知りたい方、独学だから体系的に学びたい方等など。Webデザイナー、プログラマー、システムエンジニア、デバイスエンジニア、その他のご職業の方も高度なプログラミングスキルは必要ないので安心してご参加いただけます。 当日の持ち物と事前準備: (1)ご自身のPC、またはMac電源アダプター    Firefox または Chrome が使えるパソコンのご用意をお願いいたします。    当日は、会場のWi-Fiをご使用いただけます。 (2)Amazon開発者アカウントの作成    Alexaスキル開発はAmazon開発者ポータルで行いますので、こちら(https://developer.amazon.com/login.html)から    事前にアカウント作成をお願いいたします。    登録は無料です。    ※アカウント開設の際には、    こちら(https://developer.amazon.com/ja/blogs/alexa/post/9f852a38-3a44-48bd-b78f-22050269d7c7/hamaridokoro)    の点にご注意ください。 (3)AWSアカウントの作成 トレーニングで使用しますので、事前にAWSの無料アカウントを作成した上でお越しください。    作成方法はこちら( https://aws.amazon.com/jp/register-flow/ )。 (4)お手持ちのEchoデバイス(任意)    演習課題はAlexaシミュレーターを使って行いますが、必要な方はお手持ちのEchoデバイスをご持参いただいても構い    ません。時間が余った方はEchoデバイスを使ってみましょう。 【スケジュール】 時間 内容 スピーカー キーワード 18:45~19:00 受付開始 19:00~19:15 司会 来栖川電算 山口さん(名古屋) 19:15〜21:15 Alexaハンズオン・ダイジェスト版 ゲスト講師:Amazon Japan 畠中さん Alexa,Lambda,echo 21:15~21:20 司会 21:20 後片付け、退室 【参加のルール/マナー】 イベントに参加される方は、JAWS-UGの定める以下のルール/マナーに則って行動することをお願いしております。 コミュニティを通じて世界中の仲間と繋がりましょう。関係者の人種、性別、性的指向、身体的特徴、見た目、政治、宗教(または無宗教)などに係る表現は、いかなる場合も適切ではありません。 あなたのクリエイティブで前向きな発言がイベントをより楽しくします。発表者や質問者に対して疑問や意見がある場合は批判や罵り・嘲りではなく提案と課題解決の態度でポジティブな発言を心がけましょう。 全てのイベントは有志のボランティアにより非営利目的にて運営され、いつでもあなたの手助けを必要としています。お気付きの点があればぜひご協力をお願いいたします。 私たちはコミュニティへの貢献を通じて社会からの信頼を得ることがより良いビジネスに繋がり、より自分らしい働き方を見つける手段になると信じています。 JAWS-UGはNo sell, No Jobです。イベントの趣旨と関係のない宣伝行為・採用活動・ネットワーキングのみを目的としたご参加はご遠慮ください。 https://jaws-ug.jp/for-participant/ 懇親会のご案内 以下でリンク先にて、募集しております。懇親会のみ参加も大歓迎です。 https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/74704

6/15 (金)

1835 normal 1377595229 sw kauffman bw Startup Weekend Nagoya
◆新規事業を立ち上げる起業体験イベント! 全世界で「起業家を生み出す場」として展開する「Startup Weekend」が名古屋にて再び開幕! 新規事業を立ち上げたい方!起業体験を積みたい方!仲間を集めたい方!スタートアップに興味ある方!一歩先へと歩みを進めてみませんか?この週末が、あなたの人生を変えるきっかけに! ◆スタートアップウィークエンドってなにをするの? スタートアップウィークエンド(以下、SW)とは、新しいカタチを創る「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイデアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。 SWは初日の夜にみんながアイデアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、最終日の17時までにユーザーエクスペリエンスに沿った、必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発、ハッカーは機能の開発、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 特定の知識・スキルがなくとも、アイデアがあれば問題ありません。勿論、アイデアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどのスキルがあれば、チームで活躍することやプロダクトを作成、スタートアップをリアルに体験することができます!実は過半数の方が一人で初めて参加する方々です。初めてでも心配はいりません。 ※過去のStartup Weekend の様子 ◆コーチ Coach 2日目のコーチングを担当されるコーチのご紹介です(敬称略) 碇 和生 株式会社IDENTITY 共同代表取締役  大学卒業後、大手金融機関などへのWEBマーケティングのコンサルティングに従事。その後、非営利事業やスタートアップの創業を経て、複数のスタートアップで資金調達やマーケティング、新規事業立案のアドバイスを行う。2015年より名古屋で活動を開始。2016年、株式会社IDENTITY設立。 古仲 大輔 株式会社デンソー 東京支社 特プロ・共創HUB推進室 担当課長  大学卒業後、トヨタ自動車においてドライバ運転支援システムの企画開発・ECU企画・開発業務に従事。経営への興味からデロイトトーマツコンサルティングに転職し、主に自動車業界向けの技術戦略立案支援に従事。その後再度転職し、ソフトバンクモバイルの新規事業開発チームにジョイン。複数のプロジェクトののち、Pepper事業の立ち上げや事業拡大に貢献。現在はデンソー東京支社にて、ユーザ価値に主眼を置いた新価値創造や事業開発、そのためのオープンイノベーションの仕組み作りなどに従事。 岡本 ナオト 株式会社R-pro代表 / yamory代表 / Oissu不動産主宰 / CAMPFIRE×NAGOYA代表 神奈川県大和市生まれ。高校までプロ野球選手を目指すが挫折。部室の片隅に書いてあった落書き、「人生のレギュラー」が今でも座右の銘。株式会社R-proでは代表として社会・地域が繋がるデザインをプロデュースしている。現在はボウサイ事業部として「ボウサイをデザインする・yamory」、マチヅクリ事業部として「Oissu不動産」、スポーツ事業部として「BRATH」を運営中で、社会の課題解決や改善にコミットしている。 大槻 将久 エンジニア 1982年生まれ、神奈川県横浜市出身。愛知県の大手自動車会社にて医療介護ロボット開発に従事。幼少期より、モノづくりが好きで発明クラブなどに参加。パソコンやモノづくりに熱中するあまり、14歳から通学をやめ社会に出る。16歳で再度モノづくりのための勉学を志し単身渡米、現地高校を経て大学に進み電子工学・コンピュータ科学を学ぶ。現在は有志のモノづくり仲間と共にMONO Creator’s Labを設立、人を幸せにするもの、人の可能性や視野を広げるものをテーマに、幅広いロボットの開発に携わる。 武田 雄一郎 大学にてDNA中の電子移動を研究後、モノづくりで世界を変えるという想いを秘め自動車会社の門を叩く。材料分野にて、水素、リチウム電池、太陽電池とエネルギー関係の研究に携わった後に、車両開発における防錆業務に従事。2017年夏より現職の製品企画へと異動し、アジア・南米向けの車両開発に情熱駆動している。 浦野 隆好 イントラプレナーとして、長年、新規事業の開発・推進に従事。メーカーでは、世界初となるPCソフト自動販売システムの企画・開発を担当。その後、ディスラプターとなった通信カラオケの企画およびアジアでの市場調査に係わる。1996年に渡米、シリコンバーのITベンチャーにて映像圧縮装置のプロダクトマーケティングを担当。帰国後、公益企業にて携帯メールを活用した新規事業を展開し、学校向けITサービスを有料の社会貢献として事業化。現在は、新規事業の企画推進を担う。EMBA。 坂倉 和宏 総合印刷会社勤務。エンジニアとして製造・物流等の様々な業種の省力化・効率化を行う一方で新事業の立ち上げを経験。現在は、マーケティングプランナーとして様々な企業のデジタルマーケティングの支援を担当。 ◆審査員 Judge 3日目の審査を担当されるジャッジ)のご紹介です(敬称略) 合田 ジョージ 01Booster Inc. 共同代表  MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。 三浦 哲  ブラザー工業にて、新規事業の企画および、コーポレート・ベンチャー投資を担当。ヘルスケアやエネルギーほか、様々な新規事業の調査・企画・立ち上げを行うと同時に、2015年組成のDraper Nexus2号ファンド等をベースとして、日米クロスボーダー投資に関わる。新規事業の経験を活かし、ブラザー工業が協賛する社会起業家支援プログラム「東海若手起業塾」にて、プロボノとして社会起業家との伴走経験あり。 加福 秀亙 リンカーズ株式会社 取締役副社長   前職の野村総合研究所では、市場/技術調査、事業戦略立案、技術戦略立案、海外展開支援などのコンサルティングに従事し、特に、技術的切り口や産業構造の切り口から現地現物に基づいた調査ベースのコンサルティングを数多く実施。その後、野村総研時代の同僚が立ち上げたリンカーズ株式会社(当時Distty株式会社)に二人目のメンバーとして参画。当初は東日本大震災後の産業復興に伴う活動のため、東北を中心に活動を実施し、飛び込み等を含めて東北500社以上の中小企業を訪問し続け、次第にビジネスモデルを現在のリンカーズに集約。現在は、特に大企業の立場に立ったオープンイノベーション支援を担当し、日本ならではのオープンイノベーション・外部連携のあり方を追求。 崔 熙元(チェ・ヒウォン) JellyWare株式会社 代表取締役  早稲田大学政治経済学部卒業後、(株)ピーバンドットコムに入社。2013年からオリジナルハードウェアコンテストGUGENを立ち上げ、毎年100以上の新しいハードウェアを発掘しながら、より多くの新しいハードウェア発掘を目的にハードウェアやIoTに特化したハッカソンを多数手掛けきている。2015年にIoTハッカソンコンサル、IoT製品・コンテンツ開発事業を展開しているJellyWare(株)を設立。多数のハッカソン企画を始め、ハッカソンから生まれたアイデアの製品開発、IoT技術コンテンツ開発等の事業を展開している。名古屋では名古屋テレビの「メイキンクエスト」、名古屋市の「Nagoya Hackathon」等をコーディネートした実績を持つ。今年5月からは「作る」を中心とする最新技術スクール「Techツクール」を立ち上げ、メーカーズの裾を広げる取組みにも力を入れている。 ◆会場 KPMGあずさ監査法人 名古屋事務所(大名古屋ビルヂング) <アクセス > 地下鉄 東山線名古屋駅より徒歩1分 JR 名古屋駅より徒歩3分 ◆スケジュール Time schedule 6月15日 (金) 6月16日(土) 6月17日 (日) 06:00pm 開場及び懇親会 09:00am 2日目開始 09:00am 3日目開始 07:00pm ファシリテーター挨拶 10:00am Facilitation 12:00pm 昼食 08:00pm 1分ピッチ 12:00pm 昼食 03:00pm プレゼン前のテックチェック 08:30pm 話し合いと投票 02:00pm コーチング開始 05:00pm 発表&審査 09:00pm チーム作り 04:00pm コーチング終了 07:00pm 審査発表 09:30pm 1日目終了&帰宅 06:30pm 夕食 07:30pm パーティー 09:00pm 2日目終了&帰宅 09:00pm 3日目終了&帰宅! ◆Sponsors 一般社団法人未来創造 様 株式会社日本政策金融公庫 国民生活事業 様 株式会社デンソー 様 中部電力株式会社 様 日本アイ・ビー・エム株式会社 様 mo.TOYOTA 様 株式会社コーワメックス 様 TIS株式会社 様 弥生株式会社 様 ◆Venue Sponsors KPMGあずさ監査法人 様 クリエイトベースカナヤマ 様 ◆後援 AUTODESK FUSION 360 様 メ~テレベンチャーズ 様 名城大学 様 経済産業省 中部経済産業局 様 名古屋市 様 ◆Staff ファシリテーター Facilitator Takuto Nakamoto  神戸大学発達科学部卒業後、NPO法人や教育法人などでファシリテーションに従事。その後にStartupWeekendに参画し、北海道から沖縄まで全国にて起業家育成、企業や自治体の人材育成及びイノベーション促進を手掛けている。またスタートアップを切り口にフィリピンやベトナム、中国等の東南アジアを中心とした海外進出支援にも取り組んでいる。加えて起業家のためのコワーキングスペースやインキュベーション施設のディレクターも務めている。 ◆オーガナイザー 岩本 一良 KPMGジャパン 企業公開部所属  中部地区を中心に株式公開支援、会計アドバイザリー等、様々なアドバイザリー支援業務を行っている。また、一般社団法人未来創造に所属し、起業マインド創出のための活動を実施。2016年には未来予測イベント開催支援を行っている。 水野 敬亮 一般社団法人 未来創造代表・発起人  90年代、北米でインターネット創世記のビジネスを学び、ビジネスカレッジ時代に3度の起業を経験。 米ITギガベンチャーにてマーケティングや新規事業モデルの市場実験を推進。プロDJとして、有名DJらとの北米ツアー実施や、複数レーベルに所属するアーティストの統合スケジュールが組める DJ傭兵集団“Cross Point”の初代頭領として活動実績をもつ。 帰国後は自動車部品メーカーにて情報通信/IT事業企画に従事。クルマのデジタル化を進める。現在は〝個人のアイデア・情熱を実現するエコシステム〝をつくるべく、名古屋を拠点に2015年より未来創造を設立。 2枚目の名刺として活躍するメンバーを中心に、新規ビジネスを実装中。 嬉野 剛士 株式会社パソナテック 勤務 一般社団法人未来創造 Chief Design Coordinator Code for AICHI 代表  現在、システムエンジニアとして上流工程を中心にBIのUI設計やDB構築などエンタープライズ系のシステム開発を担当。2017年12月にCode for Aichiを立ち上げ、"シビックテック"の普及を目指して活動中。多くの人がICTやテクノロジーに触れ合うことでシティズンデベロッパーの創出と育成に取り組んでいる。ベーシスト、飲食、建築土木、営業、機械エンジニア、コールセンターSV、デザイナーといった幅広い業界の知見が深く、幅広い視点からモノゴトを捉えている。プライベートでは中学生の息子を持つシングルファーザー。 晝田 浩一郎 1987年生 三重県志摩市生まれ 岡崎市役所 勤務 ここdeやるZone 代表 Code for AICHI  代表  岡崎市役所に勤務しつつ、プライベートで2016年から業務外有志団体である「ここdeやるZone」(略称:ここやる)を立ち上げる。2017年12月にCode for Aichiを立ち上げ、"シビックテック"を広める活動を開始。【人と人、人と地域をつなげる活動】をとおして仕事でも、プライベートでも地域活性化に取り組んでいる。志摩市の魅力を伝えるブログ「shimazine」のライターや三十路式実行委員会2018の総合プロデュースを務め、出身地の志摩市(三重県)の活性化にも携わっている。 ◆ご参考 FYI Startup Weekendの参加者の声をご紹介いたします。3日間の流れやチームの動きや気付き学びがわかりやすく書かれています。 ・SWとは何をするところなのか? ・SWを通じて何が得られるのか? ・3日間でどれだけのことができるのか? そういった疑問を解決できる記事かと思いますので、是非ともご一読いただけると幸いです。 https://okinawa-mag.net/sw_okinawa/ ◆プレイベントのご案内 SWに興味を持たれた皆様に向け、プレイベントを開催いたします。参加費無料ですのでお気軽にご参加ください。 日時:4月21日(土)13:00~17:00 場所:KPMGあずさ監査法人 名古屋事務所(大名古屋ビルヂング) 詳細情報を記載したHPは下記の画像をクリックした先にございます。 ◆Attention ※キャンセルポリシー/Cancel policy 2018年5月31日(木)23:55までにご連絡頂ければ(PAYPAL/銀行手数料を除いて)100%返金いたします。それ以降は飲食や備品など発注済みのため返金出来かねますのでご理解ください。

6/4 (月)

1995 normal 1380975297 251035 156371434432231 4785187 n 名古屋ギークバー
「ワトソンBar」開催! IBM Watson をきっかけに AIの世界をもっと知りたい!学びたい!仲間を作りたい! そんな貴方のために、「ワトソンBar」を初企画してみました。 IBM Watsonは企業ビジネスに使えるAIとして国内での活用事例も増えていますが、決して敷居の高いものではなく、ハッカソンや学生の教材、企業でのAI研究などもっと身近にオープンに活用いただけるAIです。 https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/services-catalog.html 第一回目は、この地元でワトソンで新しい活動を始めた方々にお集まりいただき、エンジニア、大学、企業の立場でどんな使い方があるのか紹介いただきます。 Geekbarさんのゆるーい空間でみなさん飲み食いワイワイしながら 地元同士のコミュニケーションも楽しみましょう! タイムテーブル 時間 内容 19:30-19:35 オープニング 19:35-20:05 富田篤(とみたあつし)さん(株式会社シャンティCTO) 20:05-20:35 鈴木秀和(すずきひでかず)さん(名城大学理工学部情報工学科 准教授) 20:35-21:05 石井哲治(いしいてつじ)さん(株式会社セイノー情報サービス IT技術者) ~22:30 懇談タイム スピーカー 富田篤(とみたあつし)さん 株式会社シャンティ 取締役/CTO。 IBM Champion for cloud 2018。 iOSを中心にモバイルソリューション開発と新商品開発を行なっていたが、2014年ソフトバンクのロボットPepperが発表されたことをきっかけにAIとロボット活用に軸足を置いた研究開発に注力。 Pepperデベロッパー。RoBoHoN公認トレーナー。 2016年からBluemix User GroupやIBMの社外活動であった「水曜Watsonカフェ」(現在はBMXUG主催)などを中心に、Watsonの利活用に関するイベント登壇多数。 「Watson Speech to textをPepperに実装する方法」「寿司画像判定」「アイドル判定機」「転職支援Pepper」「Twitterの投稿からオススメ車種を判定」など、Watsonを活用したサービスをライブコーディングするネタを得意とする。 2018年4月より現職。医療機関向けのロボットアプリケーションやリハビリサポートソリューションの開発、医療IoT連携AIなどを担当。東京の会社に常滑の自宅からリモート勤務。フィリピンセブの開発チームと連携してサービス開発を行なっている。 鈴木秀和(すずきひでかず)さん 名城大学理工学部情報工学科 准教授。中2の時にIBM PC互換機を買ってもらい、高校生の時からプログラミングを始める。本格的にコンピュータについて勉強したいと思い、大学へ進学し、FreeBSDカーネルを改造してプロトコルを実装するなど、ディープな研究を行う。2010年より名城大学にて教育・研究に従事し、2015年からは東北大学電気通信研究所共同研究員を兼任して「ユビキタスシステムの実世界導入に向けた実証的研究」プロジェクトに若手研究者として参画。主要な専門分野はネットワークアーキテクチャおよびネットワークセキュリティ。最近はCivic Techにも興味を持ち、行政と連携してコミュニティバス情報のオープンデータ化や、Code for Nagoya/Aichiに参加するなど、活動の場を広げている。 2017年よりIT業界のエンジニアを講師とした実践的セミナーを実施して、ITエンジニアの卵を育てるプロジェクトを実施中。 http://www-ie.meijo-u.ac.jp/ITEngDevPJ/index.html 石井哲治(いしいてつじ)さん 大手運送会社の情報システム会社として、2016年からWatsonをつかって、もっと物流を効率できないか研究しています。第3回 IBM Watson ハッカソン 特別賞受賞(2016年)。Watson Build Challenge Community Award受賞(2017年)。 名古屋ギークバーについて 毎週月曜日 19:00-23:00 名古屋・新栄のピアノバー「PIANO BAR club Adriana」さんをお借りして開催しています。 入場料:1500円(本件イベントは先着30名無料です。 ソフトドリンク、スナック類は無料です。 アルコール、フード類は有料(キャッシュオンデリバリ)です。 電源、Wi-Fiは完備しています。 店内禁煙にしました。お手数ですが入り口の灰皿がある辺りでお願いします。

4/21 (土)

1835 normal 1377595229 sw kauffman bw Startup Weekend Nagoya
・イノベーションを起こすアイデアを作りたい ・そもそもスタートアップが何かを知りたい ・StartupWeekendをもっと理解したい そんなあなたに応える講座を「無料」でお届けします。 <日時> 2018年4月21日(土)13:00~17:00 ①13:00~15:45 アイデアのデザイン講座 ②16:00~17:00 スタートアップ座談会 【プログラム詳細】 ①13:00~15:45 アイデアの作り方 ・アイデアの種が見つけられない。 ・アイデアの練り方が分からない。 ・アイデアを発表に落とせない。 そんな課題を持つあなたのために「アイデアのデザイン」を実践して学ぶ機会をご用意します。 ②16:00~17:00 スタートアップ座談会 ・Startup Weekendって、何だろう。 ・アイデアソンやハッカソンとは何が違うんだろう。 ・参加をすればどんなものが得られるんだろう。 そんな想いを持つあなたのために「座談会」をご用意します。 SWに関する内容から気になることまで何でもご質問ください。 ◆ファシリテーター Takuto Nakamoto 神戸大学発達科学部卒業後、NPO法人や教育法人などでファシリテーションに従事。その後にStartupWeekendに参画し、北海道から沖縄まで全国にて起業家育成、企業や自治体の人材育成からイノベーション促進を手掛けている。またスタートアップを切り口にフィリピンやベトナム、中国等の東南アジアを中心とした海外進出支援にも取り組んでいる。加えて起業家のためのコワーキングスペースやインキュベーション施設のディレクターも務めている。 ◆会場 KPMGあずさ監査法人 名古屋事務所(大名古屋ビルヂング) <アクセス > 地下鉄 東山線名古屋駅より徒歩1分 JR 名古屋駅より徒歩3分 <費用> 無料(※本来は有料の各講座を無償提供いたします) <締切> セッションの関係上、先着順で50名限定です。 備考 本イベントは6月15日~17日に開幕の「StartupWeekend名古屋」のプレイベントとなります。 (※プレイベントにつき、各講座を無償提供出来ております。) 詳細情報を記載したHPは下記の画像をクリックした先にございます。 StartupWeekend Startup Weekendは、週末の3日間を利用してアイデアを形にするための方法論を学ぶ、スタートアップ体験イベントです。このワークショップは2009年に米国で始まり、これまで1,500都市で4,500回以上にわたって実施されてきました。Startup Weekendは初日の夜、参加者のアイデアの発表から始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、3日目の17時までに必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーは顧客開発を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 Sponsor ◆スポンサー 開催にあたり、以下のスポンサー様からご支援をいただいております。 弥生株式会社 様

6/13 (火)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
Japan AWS User Group (JAWS-UG) – 名古屋 勉強会   しばらく開催していなかった初心者向けの勉強会を開催します。 AWS アカウントの基本的な説明と、S3 の基礎、EC2 インスタンスの立ち上げワークショップなどを開催します。 手軽にサーバーを立ち上げることが出来る AWS の魅力を紹介します。 (ちょっと詰め込みすぎているかもしれないので、内容は若干変更する場合があります) 懇親会のご案内 参加人数が多くなったので、懇親会の出欠を別の Dookeeper で受付させていただきます。 6/12 (月) 17時までに受付いたします。 https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/61695 こんな方に良いかもしれません。 AWS をやってみようと思っていたけど、なかなか始められなかった人 SSH (黒い画面) に恐怖感がない人 オンプレや VPS を使ってきて、まだクラウドに踏み込めていない人 エンジニア・インフラ担当者 初心に戻りたい人 堅苦しくなく、ゆるく、和気あいあいとすすめていきます。 ハンズオン持ち物 PC (Windows か Mac のノートパソコンで無線LAN付き) Cyberduck をインストールできる方はインストールしてください。会社PCのセキュティなどで出来なければ無理をなさらないでください。10分ほどの簡単なハンズオンのみで使用します。 SSH クライアントソフト (Windows は Bash on Ubuntu on Windows , Mac は 標準のターミナルや iTerm2 など) PuTTy で秘密鍵を ppk 形式でお使いの方は pem を ppk に変換していただく作業が必要です。 Putty を使われる場合、当日はこちらの作業ををしていただくことになりますが、ハンズオンではカバーしません。 AWS登録済みアカウント AWS アカウント作成の流れ を参考に AWS アカウントを事前に作成ください アカウント作成が必要な方は、18:30 頃に来場ください。アカウント開設には、クレジットカードと携帯電話が必要です。 無料枠内でのワークショップですが、既に無料枠のインスタンスをお使いの方は料金がかかってしまう場合がございます。 もしも料金がかかったとしても、インスタンスをきちっと止めれば、数ドル以内の出費になります。 ※会場では無線 LAN が提供されますが、念のため、持ってこれる方は、USB or ケーブル接続ができるモバイルインターネットをお持ちの方は持参ください。(無線 WiFi 型は、より電波が混信するので、可能であれば使用を控えていただけるようお願いします。)   スケジュール 時間 内容 スピーカー 18:30~19:00 開場 (AWS アカウント作成 補習) JAWS UG 名古屋 19:00~19:05 開始あいさつ  会場説明 筒井 (UG名古屋メンバー) 19:05~20:50 AWS 基礎講座 Katz (UG名古屋メンバー) 20:50~21:00 終了あいさつ&記念撮影 森(UG名古屋メンバー) AWS 基礎講座内容 詳しいスライドなどは作らず、参加者の皆さんのレベルに合わせて丁寧にワークショップとしてすすめる予定です。 AWS の基本 ざっくり、AWS 利用に当たっての心構え ざっくり、料金の考え方 AWS マネージコンソールの画面を説明 ハンズオン:IAM アカウントの作成 ハンズオン:S3 の基礎 Bucket の作成 Cyberduck でFTPの様にアクセスしよう ハンズオン:EC2 を立ち上げよう t2.micro でインスタンスを立ち上げよう 【時間があれば】 デモ: Ansible でサーバー立ち上げ デモ:Routes53 でドメイン管理 デモ:【時間があれば】CloudFormation の紹介 CloudFormation で簡単に EC2 インスタンスを建てよう きちんとインスタンスを終了しよう Q&A 場所 株式会社Misoca様 セミナールーム 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目35番22号 メビウス名古屋ビル2階 Misoca本社への行き方 ※株式会社Misoca様は勉強会会場をご提供いただいております。ありがとうございます。 ※勉強会に関する、Misoca様へのお問合わせはご遠慮ください。 終了後は懇親会を予定しています。

6/9 (金)

9198 normal 1486697327 sw Startup Weekend 岡崎
◆岡崎初!新規事業を立ち上げる起業体験イベント! 全世界で「起業家を生み出す場」として認められた「Startup Weekend(SW)」 遂に岡崎にて開催が決定いたしました! 新規事業を立ち上げたい方!起業体験を積みたい方! 仲間を集めたい方!スタートアップに興味ある方!新規事業を進めたい方! 一歩先へと歩みを進めてみませんか? この週末が、あなたの人生を変えるきっかけに! 県内外、市内外問わずにご参加ください! ◆スタートアップウィークエンドってなに? スタートアップウィークエンド(SW)とは、あたらしいなにかをつくりだす「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。 SWは一日の夜、みんながアイディアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、日曜の午後までに、ユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 特定の知識・スキルがなくとも、アイディアがあれば問題ありません。勿論、アイディアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどとしてのスキルがあれば、チームで活躍することができ、プロダクトを作成し、スタートアップをリアルに体験することができます!実際にイベントでは、エンジニア・デザイナーがキーマンとなっているケースもあります。実は過半数の方々が一人で初めて参加する方々です。初めての方でも心配はいりません。 ※東京圏にて開催したStartup Weekend の様子 ◆スタートアップウィークエンド当日について 三日間で54時間かけて開催されるスタートアップウィークエンドでは、5食をドリンク付きでご用意しています。会場は朝10時から夜21時まで開いており、Wi-fiが提供されます。(深夜早朝は会場が使えません。帰宅して休むかご自身で場所を確保してください。) ◆審査員 3日目の審査を担当される審査員(ジャッジ)のご紹介です。 相澤 和志(あいざわ かずし) 株式会社アイザワ 代表取締役社長 1983年に株式会社アイザワ入社(旧:相澤鉄工)に入社。 2004年に代表取締役就任。 社名をアイザワに変更し現在に至る。 公共の音響設備などを設計デザインから製造まで幅広く手がけている。 松井 洋一郎(まつい よういちろう) 内閣府 地域活性化伝道師 経済産業省 タウンプロデューサー 全国タウンマネージヤー協会 副会長 ㈱みどりや 専務取締役 岡崎まちゼミの会 代表 ㈱まちづくり岡崎 代表取締役 専門学校卒業後、OA機器販売会社にて5年間勤務。 その後、家業である化粧品専門店㈱みどりや入社。 中心市街地・商店街活性化事業、得する街のゼミナール〝まちゼミ〟を中心に岡崎にて様々なまちづくり施策に取り組む。 また内閣府地域活性化伝道師、経済産業省タウンプロデューサーとして全国各地の中心市街地・商店街活性化のアドバイサーとして活性化に関わっている。 2012年3月には岡崎市の中心市街地活性化を目指した(株)まちづくり岡崎を設立し、代表取締役を務め現在に至る。 硯見 仁(すずりみ ひとし) 【職位】株式会社日本政策金融公庫 岡崎支店 支店長兼国民生活事業統轄 【経歴】岐阜県出身、大学卒業後     昭和62年 国民金融公庫(現 日本政策金融公庫)入庫     熱田支店に配属となり、その後7ヵ所の部支店勤務を経て、平成27年4月小田原支店長、平成29年4月から現職。     中小企業への融資を通じ、約1,000社の社長の経営・資金調達をサポート。     「小さく生んで、大きく育てる」を合言葉に、スタートアップも積極的に支援している。 座右の銘は、「案ずるより産むが易し」 ◆コーチ 2日目のメンタリング・セッションに立たれるコーチのご紹介です。 仙石 裕明(せんごく ひろあき) 1987年生 岐阜県各務原市生まれ 株式会社マイクロベース 代表取締役 NPO法人伊能社中 理事 東京大学空間情報科学研究センター 客員研究員 シムシティおよび地図系データオタク。 大学1年の時にGoogleEarthと出会い、ジオロケーションの世界へ。オープンデータや位置情報データ、衛星画像等を用いたデータ解析・予測に日々取り組んでいる。 2013年 博士課程在学中に研究内容を軸に合同会社マイクロベース設立。位置情報データを活用したビジネスプランを立て、第7回キャンパスベンチャーグランプリ テ クノロジー部門優秀賞受賞。2014年 東京大学大学院新領域創成科学研究科博士号取得。東京大学空間情報科学センター客員研究員に就任。2009年 慶應義塾大学環境情報学部卒業。SFC AWARD受賞。 モットーは「案ずるより生むが易し」。 奥山 泰助(おくやま たいすけ)  デザイナー 豊田高専機械工学科、札幌高専専攻科を経て、2008 年静岡文化芸術大学大学 院デザイン研究科を修了。 大学院在学中より、デザインコンサルタント事務所にて製薬会社、部品試作メー カー、大手製菓ブランドのコンサルティングの他、国内外の景観整備プロジェ クトに携わる。 2008 年 4 月より塗料メーカー勤務。カラーデザイン及び製品の質感や触感の ディレクションを担当。 2013 年8月より個人事務所「COLOR DESIGN CENTER」を開設、2014 年 8 月より法人化。企業 CIおよびCMF®(Color, Material, Finish)デザインを手がける。 近年の代表的なプロジェクトに、切子の技法を応用した「Air Jacket®“ kiriko”」シリーズ、曲がる木 を用いた手帳型スマートフォンカバー「Flip Jacket 吉野杉 LIGNOFLEXTM」がある。 公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)正会員。 http://www.colordesigncenter.jp/ 牛田 和博(うしだ かずひろ) 1978年生まれ、愛知県愛西市出身。 2003年入社後、メーカー、小売、サービス業を中心に幅広い業界において財務諸表監査に従事するとともに、IPO支援業務、J-SOX支援業務などのコンサルティング業務を手がける。 また、トーマツベンチャーサポート株式会社の名古屋メンバーとして、イベントの開催、ベンチャー企業と大企業のマッチングを通じて、ベンチャー企業の成長支援も行う。ソフトピアジャパンに入居しているITベンチャー企業についても、多数支援を行っている。 関西学院大学卒。 岡崎ビジネスサポートセンター(OKa-Bizオカビズ) コーディネータ OKa-Bizのコーディネータがコーチとして参加いたします。 岡崎ビジネスサポートセンター(通称:OKa-Biz オカビズ)は、堅実に努力する岡崎市内外の中小企業や起業家に光を当て、より輝けるよう応援する産業支援拠点です。「きく」「みつける」「ささえる」をテーマに、あなたのチャレンジをホンキでサポート。 ◆Staff ファシリテーター Facilitator Takuto Nakamoto Facilitator  神戸大学発達科学部卒業後、NPO法人や教育法人などでファシリテーションに従事。その後にStartupWeekendに参画し、全国にて起業支援、企業のイノベーション促進を手掛けている。またスタートアップを切り口に、起業家育成を通じた震災復興や、アジアを中心とした海外進出支援にも取り組んでいる。 ◆オーガナイザー 晝田 浩一郎(ひるた こういちろう) Organizer 1987年生 三重県志摩市生まれ 岡崎市役所 勤務 PRSJ認定PRプランナー CSRリーダー ここdeやるZone 代表 青山学院大学第二部経済学部入学。2年生の時に第一部経済学部転部。 卒業後、民間のCADベンダーで勤務した後に、岡崎市役所(愛知県)へ転職。 田舎と都会、第二部(夜間部)と第一部(昼間部)、民間と公務といった二面性を体験している。 2016年から業務外有志団体である「ここdeやるZone」(略称:ここやる)を立ち上げ、代表を務め現在に至る。人と人、人と地域をつなげる活動をとおして仕事でも、プライベートでも地域活性化に取り組んでいる。また、出身地の志摩市(三重県)の活性化にも携わっている。東京をはじめ様々な自治体での講演多数。 愛知県内の公務員で初めて社団法人日本パブリックリレーションズ協会認定にPRプランナーとして認定される。2017年3月には岡崎市役所の岡崎市職員部課長会から「頑張る職員金賞」を受賞する等、職場内外から評価を得ている。 橋本 拓哉(はしもと たくや) 1989年生 岡崎生まれ岡崎育ち 岡崎市役所商工労政課 SWの市職員プロパーでは唯一の岡崎市出身者。 商工労政課では、岡崎ビジネスサポートセンター(OKa-Biz)担当。 前職は市街地整備課にて、JR岡崎駅前の土地区画整理事業のソフト事業と元能見地区の木造密集市街地の防災まちづくりを担当し、まちづくりの市民参画を推進。     中川 光(なかがわ ひかる) 1989年 三重県鈴鹿市出身 愛知県庁に勤務後岡崎市役所に就職。 経済振興部商工労政課ものづくり支援係にて工場立地法等担当。 業務外にてここやる副代表を務める。 ◆スポンサー 開催にあたり、以下のスポンサー様からご支援をいただいております。 岡崎市役所 様 スケジュール 06月09日 (金) 06月10日(土) 06月11日 (日) 06:00pm 受付開始 10:00am 2日目開始 10:00am 3日目開始 06:30pm 懇親会 10:30am ファシリテーション 12:00pm 昼食 07:00pm ファシリテーター挨拶 12:00pm 昼食 03:00pm プレゼン前のテックチェック 08:00pm 1分ピッチ 02:00pm コーチング 05:00pm 最終プレゼン 08:30pm 話し合いと投票 06:30pm 夕食 06:30pm 審査発表 09:00pm チーム作り 09:00pm 2日目終了&帰宅 07:00pm パーティー 09:30pm 1日目終了&帰宅 08:30pm 3日目終了&帰宅! ◆NPO法人Startup Weekendについて 発祥は2007年、アメリカのシアトル。その後、急速に世界中へ広まりました。これまで「ニューヨーク、ロンドン、パリ、マドリード、台湾、マニラ、東京」など世界1,200都市にて2,900回以上開催され、23,000以上のスタートアップがここから生まれました。また、グローバルスポンサーとして、Googleなどともに一緒に活動しています。日本では特定非営利活動法人(NPO)として活動しており、東京のほか、北海道から沖縄まで全国各都市で開催。都市毎に有志のボランティアメンバーでオーガナイズされています。 http://nposw.org/ Startup Weekend http://startupweekend.org/ ◆ご参考 東京圏で開催したStartup Weekendの参加者の声をご紹介いたします。 3日間の流れやチームの動きや気付き学びがわかりやすく書かれています。 ・SWって何をするところなのか? ・結局なにが学べるのか? ・3日間でどれだけのことができるのか? そういった疑問を解決できる記事かと思いますので、 是非ともご一読いただけると幸いです。 http://akb428.hatenablog.com/entry/2016/05/25/033832 SWに参加された方々が「持っていけばよかった!」をまとめたものです。 ぜひ、ご参考にしてください。 http://motteko.herokuapp.com/events/5 ◆プレイベントのご案内 5月27日(土)に「スタートアップの始め方」と題し、 本企画のプレイベントを開催いたします。 ・アイデアをどうやって作ればいいのか分からない ・チームをどうやって動かしていくのか分からない ・そもそもスタートアップとは何かを知ってみたい 興味ある方は是非ともご参加ください。 詳細は下記のリンク先をご参照ください。 https://swokazaki.doorkeeper.jp/events/60244 Notice ! Facilitator will speak in Japanese mainly.

5/21 (日)

9198 normal 1486697327 sw Startup Weekend 岡崎
◆イベント概要 初めてStartup Weekendに参加する方、Startup Weekendってどんな事するの?と疑問をお持ちの方向けに、ガイダンスと交流会を兼ねたプレイベントを開催致します。 6月に開催するオーガナイザーが、初めての方々のご質問にお答えいたします。 だれでも参加できるミニ・ワークショップや交流会もご用意しております。 プレイベントの参加費は無料です。 興味はあるけどこういったイベントに参加するのは初めてで不安な方やStartup Weekendを通じて交流を図りたいと思っている方は是非ご参加ください。(プレイベントに未参加でも本イベントには参加可能です) ◯ タイムテーブル 19:00~ 本イベントの説明 19:30~ アイデア出しワークショップ 20:15~ 歓談 20:30~ 懇親会 ◆スタートアップウィークエンドってなに? Startup Weekend(スタートアップ・ウィークエンド)は、世界700以上の都市で開催されており、金曜日の夜から日曜日までの54時間で仲間づくりをしながらアイディアのプロトタイプを作りあげる起業家のコミュニティです。 皆でアイディアを発表するピッチから始まり、チームを組み、日曜の午後までに、アイディアをカタチにするための方法論を学びながら、顧客の利用体験に沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。 *Startup Weekendは、全国各地で、開催されており、そこで参加された方のブログがまとめれています。 是非、目を通してみて下さい。 ◯ 参加者の声 http://nposw.org/?page_id=96 ※東京圏にて開催したStartup Weekend の様子 ◆参加者様の様々なご質問にお答えいたします。 ・Startup Weekendって何をするの? ・起業しないと思うけど参加できる? ・過去に参加している人で、実際にビジネスを成功させた人は? ・3日間参加できないけど大丈夫? ・デザイナーでもエンジニアでもないけど参加してい良いの? ・3日間の流れは? ・宿泊先は? ・アイディアが思いつかないけど参加して大丈夫? ◆対象者 ・Startup Weekend に興味関心はあるけど、内容がよくわからない ・これから起業してみたいけど具体的にどんな事をしてよいかわからない ・起業するための仲間を探したい ・起業はしないけど、日常に刺激が欲しい ・会社で新しい事業を起こしたい ・Startup Weekend に参加してみたいけどハードルが高いと思う ・アイディアを形にする方法を知りたい などなどStartupWeekendに興味・関心のある人なら、だれでも参加可能です。 ◆本開催のお申し込みはこちら https://swokazaki.doorkeeper.jp/events/57467 ◆NPO法人Startup Weekendについて 発祥は2007年、アメリカのシアトル。その後、急速に世界中へ広まりました。これまで「ニューヨーク、ロンドン、パリ、マドリード、台湾、マニラ、東京」など世界1,200都市にて2,900回以上開催され、23,000以上のスタートアップがここから生まれました。また、グローバルスポンサーとして、Googleなどともに一緒に活動しています。日本では特定非営利活動法人(NPO)として活動しており、東京のほか、北海道から沖縄まで全国各都市で開催。都市毎に有志のボランティアメンバーでオーガナイズされています。 http://nposw.org/ Startup Weekend http://startupweekend.org/ ◆ご参考 東京圏で開催したStartup Weekendの参加者の声をご紹介いたします。 3日間の流れやチームの動きや気付き学びがわかりやすく書かれています。 ・SWって何をするところなのか? ・結局なにが学べるのか? ・3日間でどれだけのことができるのか? そういった疑問を解決できる記事かと思いますので、 是非ともご一読いただけると幸いです。 http://akb428.hatenablog.com/entry/2016/05/25/033832 ◆プレイベントのご案内 5月27日(土)に「スタートアップの始め方」と題し、 本企画のプレイベントを開催いたします。 ・アイデアをどうやって作ればいいのか分からない ・チームをどうやって動かしていくのか分からない ・そもそもスタートアップとは何かを知ってみたい 興味ある方は是非ともご参加ください。 詳細は下記のリンク先をご参照ください。 https://swokazaki.doorkeeper.jp/events/60244 Notice ! Facilitator will speak in Japanese mainly.