Noriyuki Sasaki (@ClassCat_AI_Lab)


参加する勉強会

10/10 (水)

8676 normal 1509784811 classcat n ClassCat Analytics & Deep Learning
新たな時代に入った人工知能テクノロジーの活用を考える Vol.44 (日本IBM) ~ 人工知能テクノロジー活用検討の実態と企業における課題 ~ 詳細なアジェンダは下記URLを参照ください。 http://www.classcat.com/2018/07/30/1016/ 人工知能テクノロジーをどのように実ビジネスに取り込めるのか?また、いち早く人工知能テクノロジーを自社活用もしくは、製品・サービスに取入れ市場に展開するには?にフォーカスしたセミナーを開催いたします。 人工知能や機械学習の本質とそれらの背景と共に最新の市場動向を把握し、機械学習の活用ならびに機械学習を取り入れたビジネス実現のための具体的なステップを解説いたします。また、社内において人工知能テクノロジー活用プロジェクトを進める際の考慮ポイントも合わせて解説いたします。 加えて、IBM や Google がリードしている OpenPower Foundation で推進しているHPC (High Performance Computing) の紹介と共に、人工知能における活用事例を日本アイ・ビー・エム社から紹介いただきます。 セミナー参加者向け個別相談会(無償)実施中! http://www.classcat.com/ai_individual_consultation 日時:2018年10月16日(火) 15:00-18:00 (14:30 受付開始) 会場:日本アイ・ビー・エム(株) 名古屋事業所 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-1-1 十六銀行名古屋ビル 地図:https://goo.gl/bks88j 共催:(株)クラスキャット、(株)XEENUTS 後援:日本アイ・ビー・エム(株)、働き方改革推進コンソーシアム 参加費:無料 (事前登録制) 定員:30名 (申込順で受付) 対象:経営者、事業責任者ならびに新規ビジネス企画役員


過去の勉強会

7/24 (火)

8676 normal 1509784811 classcat n ClassCat Analytics & Deep Learning
なぜいま人工知能に取り組まないといけないのか? ~ 新たな時代に入った人工知能テクノロジーと社内利用を考える ~ 日本は「課題先進国」と呼ばれ、「少子高齢化」「労働人口の減少」「エネルギー」「環境」「教育」など様々な課題が更に加速度的に進んでいく現状において、これら課題の機械化・自動化を実現するため人工知能テクノロジーを採用する企業が増えてきております。 しかしながら人工知能テクノロジーの社内適応の実態は多くの課題を抱えており、頓挫するケースも多々あります。この新しい人工知能テクノロジーを適応する上での考慮点ならびに自社におけるディープラーニング活用のための具体的なステップを解説いたします。 加えて、IBM や Google がリードしている OpenPower Foundation で推進しているHPC (High Performance Computing) の紹介と共に、人工知能における活用事例を日本アイ・ビー・エム社から紹介いただきます。 詳細なアジェンダは下記URLを参照ください。 http://www.classcat.com/2018/05/11/0724-2/ セミナー参加者向け個別相談会(無償)実施中! http://www.classcat.com/ai_individual_consultation 日時:2018年7月24日(火) 15:00-17:30 (14:30 受付開始) 会場:日本アイ・ビー・エム(株) 名古屋事業所 住所: 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-1-1 十六銀行名古屋ビル 地図:https://goo.gl/bks88j 共催:(株)クラスキャット、(株)XEENUTS 後援:日本アイ・ビー・エム(株) 参加費:無料 (事前登録制) 定員:30名 (申込順で受付) 対象:事業責任者ならびに経営者、新規ビジネス企画役員

4/18 (水)

8676 normal 1509784811 classcat n ClassCat Analytics & Deep Learning
なぜいま人工知能に取り組まないといけないのか? ~ 新たな時代に入った人工知能テクノロジーと社内利用を考える ~ 日本は「課題先進国」と呼ばれ、「少子高齢化」「労働人口の減少」「エネルギー」「環境」「教育」など様々な課題が更に加速度的に進んでいく現状において、これら課題の機械化・自動化を実現するため人工知能テクノロジーを採用する企業が増えてきております。 しかしながら人工知能テクノロジーの社内適応の実態は多くの課題を抱えており、頓挫するケースも多々あります。この新しい人工知能テクノロジーを適応する上での考慮点ならびに自社におけるディープラーニング活用のための具体的なステップを解説いたします。 加えて、IBM や Google がリードしている OpenPower Foundation で推進しているHPC (High Performance Computing) の紹介と共に、人工知能における活用事例を日本アイ・ビー・エム社から紹介いただきます。 詳細・申込は、下記URLを参照ください。 http://www.classcat.com/2018/02/13/0418/ セミナー参加者向け個別相談会(無償)実施中! http://www.classcat.com/ai_individual_consultation 日時:2018年4月18日(水) 15:00-17:30 (14:30 受付開始) 会場:日本アイ・ビー・エム(株) 名古屋事業所 住所: 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-1-1 十六銀行名古屋ビル 地図:https://goo.gl/bks88j 共催:(株)クラスキャット、(株)XEENUTS 後援:日本アイ・ビー・エム(株) 参加費:無料 (事前登録制) 定員:30名 (申込順で受付) 対象:事業責任者ならびに経営者、新規ビジネス企画役員

11/12 (日)

8f2cf3f3fecbfa9bbff9acbf318d0871 CoderDojo Owari
11月開催は、DojoCon 開催のため、第2週の和室で開催!
はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では70カ国・1,200の道場、日本では全国に90以上の道場があります (2017年7月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. CoderDojo Owari とは CoderDojo Owari は CoderDojo の理念に共感したメンバーにより発足したボランティアグループです。2017年4月より毎月 CoderDojo を開催します。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 11月は DojoCon 2017 のため第2週 & 和室で開催 11月4日に大阪で DojoCon 2017 が開催されます。 http://dojocon2017.coderdojo.jp/ そのために、第2週日曜に移動して開催します。 また、予約の関係で、会議室ではなく、和室での開催となります。いつもと場所が違います。ご確認下さい。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 子ども向けに作られたプログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 概要 項目 内容 日付 2017年11月12日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 和室 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/63503/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 最近3〜5年以内に発売された、Windows や Mac パソコン iPad などのタブレット、スマートホンだけでは参加できません。 古すぎるパソコンでは学習できない場合がございます。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 当日はパソコンの貸出は行っていません。 (寄付や支援していただけるスポンサーは募集しています) 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

9/6 (水)

8676 normal 1481670699 classcat logo 258 ClassCat Analytics & Deep Learning
ビジネスのメインストリームとなる人工知能テクノロジー 人工知能はビジネスにどう生かせるか? 企業における人工知能テクノロジーの活用支援を目的とし、人工知能テクノロジーをどのように実ビジネスに取り込めるのか?また、いち早く人工知能テクノロジーを取り入れた製品・サービスを市場に展開するには?にフォーカスしたセミナーを開催いたします。 人工知能や機械学習の本質とそれらの背景と共に最新の市場動向を把握し、自社における機械学習の活用ならびに機械学習を取り入れた新規ビジネス実現のためのステップを解説いたします。 個別相談会も実施いたします。 詳細・申込は下記URLからお願いいたします。 http://www.classcat.com/2017/07/11/0906/ 日時:2017年9月6日(水) 15:00 – 17:30 (14:30 受付開始) 会場:日本アイ・ビー・エム(株)名古屋事業所 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-1-1 十六銀行名古屋ビル 地図:https://goo.gl/bks88j 共催:(株)クラスキャット、(株)XEENUTS 後援:日本アイ・ビー・エム(株) 参加費:無料 (事前登録制) 定員:30名 (申込順で受付) 対象:事業責任者ならびに経営者、新規ビジネス企画役員

6/22 (木)

8676 normal 1481670699 classcat logo 258 ClassCat Analytics & Deep Learning
製造業における人工知能活用の実践 企業における人工知能テクノロジーの活用支援を目的とし、人工知能テクノロジーをどのように実ビジネスに取り込めるのか?また、いち早く人工知能テクノロジーを取り入れた製品・サービスを市場に展開するには?にフォーカスしたセミナーを開催いたします。 特に製造業にて人工知能テクノロジーがどのように活用されているかを具体的に紹介いたします。 人工知能や機械学習の本質とそれらの背景と共に最新の市場動向を把握し、自社における機械学習の活用ならびに機械学習を取り入れた新規ビジネス実現のためのステップを解説いたします。 日時:2017年6月22日(木) 15:00-17:30 (14:30 受付開始) 会場:日本アイ・ビー・エム(株) 名古屋事業所 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-1-1 十六銀行名古屋ビル 地図:https://goo.gl/bks88j 申込は下記URLからお願いいたします。 http://www.classcat.com/2017/04/19/0622/ 共催:(株)クラスキャット、(株)XEENUTS 後援:日本アイ・ビー・エム(株) 参加費:無料 (事前登録制) 定員:70名 (申込順で受付) 対象:経営者、事業責任者ならびに新規ビジネス企画役員

3/24 (金)

8676 normal 1481670699 classcat logo 258 ClassCat Analytics & Deep Learning
ビジネスのメインストリームとなる人工知能テクノロジー人工知能はビジネスにどう生かせるか? 企業の研究開発部門の人工知能テクノロジー活用支援を目的とし、人工知能テクノロジーをどのように実ビジネスに取り込めるのか?また、いち早く人工知能テクノロジーを取り入れた製品・サービスを市場に展開するには?にフォーカスしたセミナーを開催いたします。 人工知能や機械学習の本質とそれらの背景と共に最新の市場動向を把握し、自社における機械学習の活用ならびに機械学習を取り入れた新規ビジネス実現のためのステップを解説いたします。 申込は下記URLからお願いいたします。 申込・詳細:http://www.classcat.com/2017/02/13/0324/ 個別相談会も実施いたします。お気軽に参加ください。 日時:2017年3月24日(金) 15:00-17:30 (14:30 受付開始) 会場:日本アイ・ビー・エム(株) 名古屋事業所 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-1-1 十六銀行名古屋ビル 地図:https://goo.gl/71hQVk 共催:(株)クラスキャット、(株)XEENUTS 後援:日本アイ・ビー・エム(株) 参加費:無料 (事前登録制) 定員:70名 (申込順で受付) 対象:研究開発部門の事業責任者ならびに経営者、新規ビジネス企画役員