fuj (@2015fuj)


参加する勉強会

10/21 (土)

8e4f7fce315670850c7a34f9a7813c1b ProofCafe
"A Gentle Introduction to Type Classes and Relations in Coq" の第3回目です。 予習には、以下を参考に、サンプルコードを読んでおいてください。 準備していなくても、当日、インストールから説明します。 https://github.com/suharahiromichi/doc/blob/master/coq_gitcrc.md また、上記を補足するCoqの入門的な資料も用意しますので、安心してください。 以上


過去の勉強会

9/16 (土)

8e4f7fce315670850c7a34f9a7813c1b ProofCafe
"A Gentle Introduction to Type Classes and Relations in Coq" の第二回目です。 予習には、以下を参考に、サンプルコードを読んでおいてください。 準備していなくても、当日、インストールから説明します。 https://github.com/suharahiromichi/doc/blob/master/coq_gitcrc.md また、上記を補足するCoqの入門的な資料も用意しますので、安心してください。 以上

8/19 (土)

8e4f7fce315670850c7a34f9a7813c1b ProofCafe
"A Gentle Introduction to Type Classes and Relations in Coq" の第一回目です。 予習には、以下を参考に、サンプルコードを読んでおいてください。 準備していなくても、当日、インストールから説明します。 https://github.com/suharahiromichi/doc/blob/master/coq_gitcrc.md また、上記を補足するCoqの入門的な資料も用意しますので、安心してください。 以上

6/17 (土)

8e4f7fce315670850c7a34f9a7813c1b ProofCafe
The Little Prover の 第8章を読みます。 時間があれば第67回以降の Coq 勉強会のオリエンテーションを予定しています。

8e4f7fce315670850c7a34f9a7813c1b ProofCafe
the Little Prover CH8.6 から
The Little Prover の 第8章。フレーム6から始めます。 会場はA-317です。

8e4f7fce315670850c7a34f9a7813c1b ProofCafe
The Little Prover の 第7章。前回は7章の途中で終わりましたが、復習のために7章の最初から振り返ります。 会場はA-317に決まりました。 以上

5/20 (土)

8e4f7fce315670850c7a34f9a7813c1b ProofCafe
The Little Prover の 第7章。前回は7章の途中で終わりましたが、復習のために7章の最初から振り返ります。 会場はA-317に決まりました。 以上

4/15 (土)

8e4f7fce315670850c7a34f9a7813c1b ProofCafe
今月は「完全性定理に関する勉強会」・「数学的な話題で登場する圏論に関する勉強会」に合流して開催します。 1315-1515 完全性定理 1530-1630 tannaka duality 以上 先月と場所と時間が異なりますので、注意してください。

3/18 (土)

8e4f7fce315670850c7a34f9a7813c1b ProofCafe
(開始時刻が02:30と表示されますが、14:30からです)
little prover 読書会です。 今回は 6章からです。 終了後、18:00より、よしひろさんの壮行会が予定されています。 https://proofcafe.connpass.com/event/53012/

3/15 (水)

1474 normal 1468219410 01 Misoca
Misoca 技術フェローの @kakutani が名古屋に来ます。 定期的に来てもらってはいるのですが、せっかくなので名古屋のみんなでかくたにさんを囲んでわいわい話せるとたのしいな、ということで、Meetup を企画してみました。 今回はちょっと諸事情で開始時間が遅いのですが、自由解散形式なので終電等には各自で配慮してください。 内容について @kakutani を囲んでおいしいご飯を食べよう! という感じなので、当日の雰囲気ですべてが決まります。 ので参加者の人で積極的に話題を挙げていただけるとうれしいです。 初めての人は大歓迎ですので、人見知りのひとも勇気をだしてぜひご参加ください♪ また、大雑把にはご飯を食べる会なので、すこしぐらい時間が遅れてもぜんぜんだいじょうぶです。 会場について 名古屋駅前の居酒屋的なところで行う想定をしています。すごく大雑把にいうと飲み会ですね。 会費については参加者で割る感じの実費になりますので、4000-5000円くらいかなあという見込みです。 会場住所には便宜上Misocaの住所が設定されていますが、決まり次第直行の予定ですのでご注意ください。 前回はY.MARKET BREWINGさんに10人くらいで行きました。クラフトビールおいしかったです。 対象者 @kakutani に興味のある人 Misoca に興味のある人 アジャイル開発やRubyに興味のある人 その他わいわいしたい人 @kakutani について 角谷信太郎(かくたにしんたろう) アジャイルなRubyist。人が人のためにソフトウェアをつくるというエクストリームプログラミングの理念を実現するために自分がやれることをやっている。 株式会社永和システムマネジメントフェロー。一般社団法人日本Rubyの会理事。日本最大級のRuby単独カンファレンスRubyKaigiの運営にも携わる。 『アジャイルサムライ』(オーム社)、『Rubyのしくみ』(オーム社)、『なるほどUnixプロセス』(達人出版会)、『アジャイルな見積りと計画づくり』(マイナビ)など多数の訳書監訳書がある。 日本Rubyの会理事 角谷信太郎氏 技術フェロー就任のお知らせ 〜 顧客の声を随時サービスに反映するアジャイル開発を強化 〜 | Misocaプレスルーム Misoca について 「事業者間の取引を最適化する」をミッションに、2011年11月から運営されているクラウドの見積・納品・請求サービスです。 当初より1通からオンラインで郵送できるという点がフリーランスや中小企業を中心に好評を得ており、2017年2月の時点で180,000以上の事業者が登録しております。 「Misoca」は、個人事業主・中小企業の事務作業を大幅に効率化し、社会全体がより生産的な活動に向かうことができるようなインフラ・プラットフォームとしての役割を目指していきます。 また、Misocaは創業者の2人がRubyエンジニアで、長年開催していた名古屋での技術系コミュニティに関わるメンバーを中心に構成されています。 チームの大半がエンジニアであり、テクノロジとエンジニアリングを尊重している会社です。 URL:https://www.misoca.jp/ その他 当日ご参加できないが、Misocaにご興味があるかたは、会社見学やランチを行っておますので、お気軽にお問い合わせください。 セカイのスループットを上げたい!技術でビジネスを革新したい開発者を募集! - 株式会社Misocaのインターンシップ - Wantedly Misocaが島根進出!自社サービスを開発したいRubyistを大募集! - 株式会社Misocaの求人 - Wantedly

3cdc6744330730b170e3bc7407346a74 なごやかScrum
アジャイルの事例って意味あんの
「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」という書籍をつかって、いろいろ考えたり、意見交換したりしよう。 スクラムは幅広く使われてきていますが、そもそもスクラムがつくられる前の開発手法では何が課題なのか?、スラクムチームを支える考え方は何か?など導入や進めているときに疑問におもったり、課題になったりすることもあります。 そんな人のために「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」という書籍が出版されています。 http://amzn.to/2jWHQkg このイベントでは、この書籍に書いてあるトピックを中心に事例を発表しあったり、ワークショップしたり、議論したりします。 書籍を持っている必要はありませんので、お気軽にご参加ください。もちろん、書籍を購入して積極的に書籍の内容について話せると素晴しいです! テーマ 書籍の第2部を中心に「アジャイルの実践例」をテーマにします。 スクラムをやったことがないかた、ソフトウェア開発やっているけどチーム開発になやんでいるかた、スクラムやっているけどおさらいしたいかた、といった方でもご参加いただけます。 タイムテーブル 1830 - 1900 : 開場 1900 - 1910 : オープニング 1910 - 1920 : 書籍全体、第2部の紹介 1920 - 1940 : 「未定」 by 未定 1940 - 2020 : 「スクラム本紹介するぞ」 by @kyon_mm 2030 - 2100 : ディスカッション 目次参考 第2部 アジャイル開発とスクラムを実践する 執筆 株式会社リクルートテクノロジーズ 河野彰博(第五章)楽天株式会社 藤原 大(第六章)株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ 神部知明(第七章) 第五章 スピード時代に独自のアジャイル手法 第六章 小さく始めて浸透させる〜楽天のアジャイルによる組織改革 インタビュー アジャイルを進めていくというのはどこまでも「人を育てる話」だと思っています 第七章 「IT新市場」におけるアジャイル開発に取り組む富士通の挑戦 インタビュー 現場とのコミュニケーションがお客様の望む品質と開発者の確信につながります 会場への入り方 名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「アジャイル開発とスクラム MeetUp」の札をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。 Google Map

3/11 (土)

C0a692bf3e8aa66150559ea1a042a31d 機械学習 名古屋
☆★☆★☆★  来栖川電算様にスポンサーになって頂きました。  ☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★ 参加費無料です。どなたでもお気軽にご参加下さい。 ☆★☆★☆★ 前回、機械学習名古屋の管理人が運営するECサイト(http://www.imcshop.com)のアクセスログをディープラーニングを使って学習しました。 今回は、学習した内容を元に、サイトの改善にどうつなげるかのハンズオンを行います。 実際に運用しているサイトのデータですので、非常に実用性のある勉強会ができると思います。 通常公開しない極秘データ!?を使った勉強会です。ぜひ、ご参加下さい。 1. アクセスログを使ったハンズオン 前回の内容を確認して、学習データを用意して下さい。 https://machine-learning.connpass.com/event/43540/ 前回から引き続き、TensorFlow を利用します。 TensorFlow は、直接インストール or DockerイメージDL で準備しておいてください。 Installing TensorFlow(最新 v1.0 対応) / Download and Setup(v0.12 以下) Docker Docker for Windows / Docker for Mac / Docker Toolbox pyenv-virtualenv + TensorFlow 環境設定覚書(公式以外の方法の紹介 by antimon2) ※サンプルコードを公開します→ https://github.com/antimon2/MLN_201703/blob/master/CSVAnalyze.TF.ipynb 2. 発表 何か発表をしていただける方は、ご連絡をお願いします。 機械学習/ディープラーニングに関することや、関連する内容ならなんでもOKです。 kmt_t 「画像の精細化」 n-kats 「TensorFlowで絵を描いてみた」 satsuki kawamura  「人工知能xデザイン(仮)」 時間割 13:00-13:10 はじめに 13:10-14:00 バンスオン 14:10-15:10 kmt_t さん 15:20-15:50 satsuki kawamuraさん 16:00-16:30 n-kats さん 会場や会費について 会場:名駅南VIPルーム 住所:名古屋市中村区名駅南1丁目19-27 オリファビル3階 会費:無料 お気軽にご参加ください。 懇親会について 懇親会も来栖川電算様が一部、負担をしていただけます。 ぜひ、ご参加ください。

3/10 (金)

概要 HFと有限の世界を勉強しましょう。 第4回は[1]の IV.1からIV.3のあたりを読みます. (II.18 弱い集合論 は後回し) 予習不要 計画 I章 p.107 HFの定義 p.119 データ構造の例 II章 II.17 Δ0 II.17.21 Σ1, Π1 II.18 CST III章 III pp.273- 有限主義 IV章 IV pp.289- (ω| HF)上(Δ0|Δ1) IV.3.1 HFでの決定可能性, 計算可能性 IV.3 pp.313- 構文のencoding ... (この辺未定; [2]も参照しつつやる) IV.5.32 第二不完全性 教科書 [1] https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7176.html 参考書 [2] https://www.amazon.co.jp/Incompleteness-Land-Sets-Studies-Logic/dp/1904987346

2/11 (土)

Doorkeeper group normal rubytokai
名古屋Ruby会議03 公式サイト 参加するには、チケットを購入する必要があります。 本編の登壇者の方は、チケットは必要ありません。但し、お弁当は有料になります。注文の方は別途、承ります。 チケットの払い戻しは受け付けていません。他人への譲渡などは、ご自身の責任で行って下さい。 お弁当代込みのチケットの締め切りは2月3日になります。ご注意下さい。

2/8 (水)

296b2164278476aab6af688fe488197e 『FP in Scala』読書会@名古屋
目的 『Scala関数型デザイン&プログラミング』(FP in Scala)を読み、練習問題を解くことで、関数型プログラミングの考えやScala言語を楽しく学ぶ。 今回の範囲 9章 パーサーコンビネータのExercise 9.3 からです。事前にしっかりExerciseを解いておくのをオススメします。 進め方 参加者でさらっと読み合わせる Exerciseも解く みんなで疑問点を質問、解消していく Scala有識者から解説もらってハッピーになる 今回から参加でも大丈夫 対象者 最近話題のScalaを独学してみたけど、挫折しちゃった方 なごやかScalaに参加したかったけど、もう終わってて悔しかった方 名古屋に住んでおきながら関数型プログラミングを知らない事に負い目を感じている方 関数型プログラミングの勉強会に行ったけど、みんなが何言ってるか分からず挫折した方 関数型プログラミングとかよく分からないけど、みんなとプログラミングの勉強を楽しみたい方 持ち物 『Scala関数型デザイン&プログラミング』 ノートPC(任意)。Exerciseを解くのに使います Scalaをみんなと一緒に楽しく学ぼうという気持ち 場所 来栖川電算 会議室 名古屋市中区新栄1丁目29-23 アーバンドエル新栄2階 地下鉄鶴舞線 鶴舞駅から徒歩11分 JR中央本 鶴舞駅から徒歩11分