MATLAB&Simulink by connpass


開催する勉強会

10/18 (金)

55b2ac875061bec3cf973b45c5a480a1 MATLAB&Simulink
小さくすぐに始める異常検知・予知保全 イベント概要 異常検知・予知保全の現場において AI や IoT の導入が急務であると叫ばれておりますが、その導入コストやリスクが気になるところではないでしょうか。華々しい結果ばかりが目に付く AI ですが、実際の課題に取り組むと既製品ではなかなか結果を出せないことも多く想定外のコストが発生するケースは良くあります。また、アルゴリズム検討の時点で現場への展開まで考慮しなければ、折角良いプロトタイプが得られても配布の際にコードの書き直しが生じ余分なエラーを混入させるリスクを含んでしまいます。MATLAB は既に製造業の開発で広く利用されているため導入コストも抑えられ、モデルベース開発で培われた信頼性の高い実装までをサポートします。さらに、コーディング作業に不慣れな方をサポートするお助け機能を組み合わせるだけでも現場展開までの見通しを立てることができます。当セミナーでは開発ワークフローを踏まえながら異常検知・予知保全のためのアプリ開発例をご覧いただきます。 アジェンダ 下記登録ページをご覧ください。 https://jp.mathworks.com/company/events/seminars/predictive_maintenance_tour_nagoya-2831683.html?s_eid=PEP_22341 参加申し込み(参加費無料) Connpassまたは下記登録ページよりお申し込みください。 https://jp.mathworks.com/company/events/seminars/predictive_maintenance_tour_nagoya-2831683.html?s_eid=PEP_22341 ハイライト ツールチェーンによるアプリ開発 センサーデータの特徴量抽出 異常検知・予知保全システム構築 画像検査・認識技術の活用法 参加対象者 MathWorks 製品の予備知識は必要ありません。本セミナーは以下のような方に最適なセミナーです。 製造現場の改善を小規模ですぐに始めたい方 *画像や振動などセンサーデータの活用をお考えの方 ディープラーニング含め、機械学習を製造現場で活用したい方 製造ラインの検査工程や設備の異常検知を自動化されたい方 異常検知手法に興味をお持ちの方 他社を含めてシステム構築をご検討の方 持ち物 名刺を1枚お持ちください。 ※講演資料はセミナー開催後、参加者のメールアドレスに配信いたします。


過去の勉強会