Happy Ending Card 東京 by doorkeeper


開催する勉強会



過去の勉強会

1/17 (水)

9411 normal 1509501032 hea5 Happy Ending Card 東京
【豊橋開催】Happy Ending プランナーに感心がある人のための 「Happy Ending カード体験会」 — Happy Ending カードを起点に、老後の不安を解消して前向きに生きるHappy Ending サービスを、チームトラスト(専門家のチーム)を創って一緒に提供しませんか! さらば、老後の不安!! 「不安」とは漠とした恐れの感情をいい、原因や対象がわからない点で「恐れ」とは異なります。 「不安」がやっかいなのは、原因や対象がわかる「恐れ」と違って、対処のしようがなく、無意識にストレスとなって前向きな気持ちを抑えてしまう点なのです。男性よりも長生きする女性は、より不安をかかえてしまう人が多いようです。 人生の収穫期とも言える老後に対して「不安」を感じるのは、老後のプランニングを忌避して先送りしているためです。いつまでも若いつもりというのは、むしろ、「老いからの逃走」ではないでしょうか。しかし、時は待ってはくれません。Happy Ending を迎えるためには、元気で時間のある間に老後を想定内のこととして、楽しみながら備えておくに越したことはありません。 Happy Ending への道の入口に立ちましょう! —— そうは言っても、老後の問題は多種多様で複雑に見えるため、何から手をつけてよいものやら…… そこで、オススメするのが、Happy Ending カードです。 49枚のカードゲームをプレイすることによって、老後を疑似体験し、「不安」を「リスク」に置き換えることができます。そして、自身の価値観に基づいて、備える必要があると判断したリスクを選択することができます。 Happy Ending カードをプレイした人は、老後に何が起こるかがわかっただけでも肩が軽くなると言います。 自分の老後にどのような想定外のことが待ち構えているのか、それに対してどのように対処すればよいのかを容易かつ短時間に理解することができるHappy Ending カードを一度試してみませんか! こんな事業者、専門家にオススメ — ・超高齢社会の問題をビジネスとして解決したい。 ・幸せなお客様を増やしたい。 ・シニア層の顧客との関係を深めたい。 ・新たなサービスの提供を自身の強みとして開発・提供することによってキャリアアップを図りたい。 ・所属する組織のメンバーへの福利厚生として導入して定着率を高めたい。 ・所属する組織のメンバーのスキルアップのためにHappy Ending カードを体験させたい。etc. 体験会のプログラム 1.超高齢社会におけるHappy Ending サービスの位置づけ   超高齢社会における顧客のニーズと事業者に期待される新たな役割を考えます。 2.Happy Ending カードのプレイ   顧客の立場でHappy Ending カードをプレイして、嫌みなく容易にリスクに気づくことが可能であることを体感します。 3.Happy Ending サービスの展開方法   専門家チーム(チームトラスト)と一体となった運営方法について理解します。 講師 一般社団法人 日本ハッピーエンディング協会   理事   伊藤 由美子   代表理事 齋藤 真衡 主催 一般社団法人 日本ハッピーエンディング協会 ※Happy Ending カードはグッドデザイン賞2016を受賞しました。 ※Happy Ending カードは特許出願中です。