GCMWSO Tech Study by connpass


開催する勉強会



過去の勉強会

12/5 (土)

A171fa7beaa38a192215e8fd270e26b6 GCMWSO Tech Study
コロナウイルスにより、社会環境はどのように変化し、定着するかについて議論する
参加申し込みのお願い セキュリティの都合上、接続先を非公開にしておりますので、発表者も参加申し込みが必須です。 誠に申し訳ありませんが、メールやお電話での参加受付は実施しておりません。ご面倒かと思いますが、下記よりご参加登録をお願いいたします。 https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZUlcuqsrT4qH9VwVCLBr4DFJnTVD-l2lZtE 概要 毎年実施しております「NPO/GCM交流フォーラム」を、今年はオンライン開催とします。テーマを、「コロナウイルスにより、社会環境はどのように変化し、定着するかを議論する。(withコロナ 社会の環境)」とし、認知症研究やリハビリ、在宅看護、VR、5Gなど、多数の先生方と講演で、ご参加お待ちしております。 プログラム 0.接続確認および注意事項 (参加は任意です。Zoomの操作に不慣れ方はご参加を推奨します。) 開始時間 タイトル 講演者 12:30 オンライン開催に当たってZoomにおける質問方法や注意事項など 開志専門職大学情報学部講師 西川浩平 1.開会挨拶 開始時間 タイトル 講演者 13:00 開会挨拶 NPO法人広域連携医療福祉システム支援機構 理事 宮代文夫 2.コロナ禍のもとでの広域連携ネットワークシステムの実現に向けて 座長:NPO法人広域連携医療福祉システム支援機構 理事 沖 眞 開始時間 タイトル 講演者 13:05 NPOが目指す広域連携ネットワークシステムについて NPO法人広域連携医療福祉システム支援機構 理事長 周藤安造 13:25 ファルマバレーセンターにおける広域連携ネットワークの未来 公益財団法人ふじのくに医療城下町推進機構ファルマバレーセンター 事業推進部長 稲葉大典 ネットワークシステムの基盤技術 座長:NPO法人広域連携医療福祉システム支援機構 理事 神竹孝至 開始時間 タイトル 講演者 13:45 IHE対応基盤システム(SugerCube V2.0)のこれまでとこれから (株) メタキューブ社長 大林 正晴 14:05 AIによるセキュリティ対策 (株) アリス 取締役事業部長 青木 登 ネットワークシステムの事例紹介 座長:岡村一心堂病院総合診療科外科・東海大学名誉教授 上野 滋 開始時間 タイトル 講演者 14:25 多機能可搬型リハビリ機器と広域連携ネットワークシステム構想 東海大学工学部非常勤講師 大友 高行 14:45 人工透析と広域連携ネットワークシステム 本厚木メディカルクリニック事務長 山岸 健吹 15:05 医療診察結果の分かりやすい表示・可視化の研究 NPO法人広域連携医療福祉システム支援機構 副理事長 渡辺貞一 15:25 10分休憩 15:35 再開 3.with コロナ に向けた医療福祉社会環境の変化 withコロナとロボット、VR技術の今後 座長:東海大学情報理工学部情報科学科 教授 高雄 元晴 開始時間 タイトル 講演者 15:35 軽度認知症高齢者を対象 としたロボット介在活動 拓殖大学工学部 機械システム工学科 教授 香川 美仁 15:55 Virtual Reality 技術が高齢者の認知・身体機能に及ぼす影響に関する研究 東海大学医学部看護学科 准教授 真下 綾子 16:15 医療福祉とVRの活用 東京都市大学メディア情報学部 教授 宮地英生 5Gで変わる医療福祉 座長:東海大学健康学部健康マネジメント学科 講師 柴田 健雄 開始時間 タイトル 講演者 16:35 5Gと遠隔手術 NPO法人広域連携医療福祉システム機構理事 宮代 16:55 ローカル5Gと訪問看護 開志専門職大学 情報学部 講師 西川 浩平 4.閉会挨拶 開始時間 タイトル 講演者 17:15 総括と閉会挨拶 NPO法人広域連携医療福祉システム支援機構 顧問 佐野俊一 終了後 オンライン懇親会の予定 飲み物とつまみは各自でご用意ください。 発表中の質問方法 Zoomを使用しますので、Zoomのチャット機能をご利用ください。