Design Hack Nagoya by connpass


開催する勉強会

2/23 (土)

Fb5bb8d31b74b4130b102e3c419d7993 Design Hack Nagoya
更新履歴 01/16 - イベントページを公開しました 02/01 - 更新:参加費用についての注意書きを強調しました 02/05 - 更新:内容「タブレットファーストの考え方」を追加しました 02/10 - 更新:内容「制作物の完成度を上げるちょっとしたこと」を追加しました 02/11 - 更新:内容「iPad Proでグラフィックレコーディングを始めてみた」を追加しました 02/14 - 更新:内容「打ち合わせから制作までマルチに使えるiPad活用法」を追加しました 02/16 - 更新:内容「元イラストレーターの私がコーディングを勉強してみた」を追加しました Design Hack Nagoya #01 名古屋からデザイン業界を盛り上げるために様々な活動に取り組む「Design Hack Nagoya」の第1回目のイベントです。 同会場では、15:00から「名古屋 Adobe XD Meeting #01」が開催されます。デザイナーも多く集まるこの機会、折角なので少し前に会場入りして、デザイン全般について考えてみませんか?もちろんデザイナーでなくても、デザインに興味のある方なら大歓迎です! 参加費用についての諸注意 このイベントへの参加は、「名古屋 Adobe XD Meeting #01」への参加を前提とした無料イベントです。Design Hack Nagoya #01にのみ参加をご希望の方は、当日払いにて会場費1,000円をいただきます。ご了承ください。 「名古屋 Adobe XD Meeting #01」への参加登録は、別途該当のイベントページよりお願いします。 募集 <LT参加者を5名募集しています!> 第1回目は10分前後のLT大会を予定しています。テーマは「私がオススメする〇〇について」! デザインツール、情報収拾の方法、書籍、勉強方法、ワークスタイルなど、デザインライフをちょっと豊かにするオススメの〇〇を紹介してください。あなたにとっての”当たり前”が、きっと誰かの有益な情報になるはずです。 LTに立候補していただける方は、参加申し込みの際に「LT参加枠」をご選択ください。 開催概要 日時 2019年2月23日(土)13:30-15:00 場所 ベースキャンプ名古屋 (名古屋市中村区名駅3-18-5 モンマートビル5F) タイムテーブル 随時更新! 時間 セッション 13:00-13:30(30分) 受付 13:30-13:40(10分) opening会場説明・Design Hack Nagoyaについて 13:40-13:50(10分) LT1 13:55-14:05(10分) LT2 14:10-14:20(10分) LT3 14:25-14:35(10分) LT4 14:40-14:50(10分) LT5 14:50-15:00 休憩 連続開催「名古屋 Adobe XD Meeting #01」 時間 セッション 15:00-15:10(10分) opening会場説明・Adobe XD UGについて 15:10-15:30(20分) session1(仮)Adobe XD PICK UP(井斉花織@いおり) 15:35-15:55(20分) session2(ろくぜうどん) 16:00-16:50(50分) discussionあの人は普段どうしてる?XDファイルのベストな作成方針 17:00- 懇親会(参加希望者のみ) 内容 1. 「制作物の完成度を上げるちょっとしたこと」 制作作業中、制作完了直後に自分がやってる「ちょっとしたこと」をご紹介します。 チミヲ さん(有限会社アムス 代表取締役 / デザイナー) 2. 「iPad Proでグラフィックレコーディングを始めてみた」 iPad Proを購入したのでグラフィックレコーディングを仕事や読書などに活用した所感について。 白濱彩音 さん 3. 「元イラストレーターの私がコーディングを勉強してみた」 2年前までイラストレーターだった私が、WEBデザイナーとなりVue.jsやRubyを勉強するまでに行ってきたコーディングの勉強方法や、日々の勉強時間の確保についてご紹介します。 村上奈緒美 さん 4. 「打ち合わせから制作までマルチに使えるiPad活用法」 クライアントとの打ち合わせ、ラフの制作、写真のレタッチ、修正の確認、タスク管理などなど、マルチに使えるiPadの活用法をご紹介します。 haruna1221(五藤晴菜) さん (ごりゅご.com) 5. 「タブレットファーストの考え方」 Webサイトの設計やデザインを行う時に考えるマルチデバイスの対応。 スマホファーストという考え方が浸透していますが、タブレットファーストという考え方が効率よく感じるので、その考え方をお伝えします。 YAT(ヤット)さん(Rish-Designという屋号でフリーランスです。 Webサイト制作者向けにYATのblogを運用しています。)


過去の勉強会