【名古屋開催】初心者でもUIデザインがすぐわかる!楽しく学べるUIデザインセミナー「だから、そのデザインはダメなんだ。」 by doorkeeper


開催する勉強会



過去の勉強会

1/19 (日)

9697 normal 1570640891 %e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%95%a5%e7%a7%b0%e6%ad%a3%e6%96%b9%e5%bd%a2 【名古屋開催】初心者でもUIデザインがすぐわかる!楽しく学べるUIデザインセミナー「だから、そのデザインはダメなんだ。」
知ってると知らないでは、制作するサイトのUI性能に大きな差を産む「UIデザインの設計ノウハウ」を本気で学んでみませんか? Webデザインのリニューアルや新規の提案の際は、議論の中心は常にデザイン表現になりますが、今の時代、デザインの善し悪しももちろん大切ですが、「使いやすさ」や「わかりやすさ」と合わせてサイトの「利用価値」が大変重要になって来ています。 そんな中、サイトの制作費の関係で、どうしても表面的な改訂になってしまう実情も否めず、いかにクライアントに情報設計の重要性を説明でき、また理解してもらうかが費用をアップさせるためにも重要な課題と言えるでしょう。 成果や効果がないから費用が出ないという悪循環を脱却するためには、「成果の出るWEBサイト」を提案することに尽きるわけで、そのためのノウハウを勉強してみませんか? まったく新しい視点でUIを構築できるようになります! このUIデザイン講座は、どんなことに気をつけて制作をすべきか?どんなことを想定してサイトを設計・構築して行くと、わかりやすく使いやすいWEBサイトを作れるのか?といった、UIデザインの根本となる基礎的考え方を改めて習得し、今までとはまったく違うWebデザインの表現方法を産み出せる意識を身に付けることを目的とした教育プログラムです。 豊富な実績をもったUIの専門家がレクチャーします! 電通グループで16年にわたり、著名なWEBサイトのリニューアルや新規構築プロジェクトを手がけた実績から、さまざまなUIに関する知見をご紹介します。 そして、勉強になるUI専門書として、大好評書籍「だから、そのデザインはダメなんだ。」の著者が、書籍には未掲載の最新ノウハウも交えて、「使いやすい・分かりやすいWEBデザイン」のためのプロでも知りたいテクニックや知識をご紹介します! サンプル動画 使えないBtoBサイトが生まれ変わるDECAXモデル クライアントからのオリエンを疑え| 企業ブランディングとWebサイトの役割 サンプルスライド 【講義内容】 ▼基礎知識編 【1】WEBサイトの歴史と、今後のWEBサイトのトレンドと方向性 【2】市場構造の移り変わりに対応して変化してきた消費行動モデル ▼サイト構造設計 基本編 【3】ユーザーのサイト内行動とビジネスゴールを洗い直す 【4】提案事例:ユーザーの「サイト内行動」例 【5】提案事例:サイト全体の「新旧ディレクトリ構造」例 ▼情報設計に絶対必要な着眼点 【6】企業のブランディングとWEBサイトの役割 【7】スリーメディアマーケティング 【8】オウンドメディアが担う責任 【9】決裁者はだれかを考えたBtoBサイトの着目ポイント ▼サイト構造設計 分析編 【10】ユーザーの消費行動に対するサイトの役割を見据える 【11】同業他社のWEBサイトから自社サイトの課題をあぶり出す 【12】同業他社のコンテンツラインナップから自社の課題をあぶり出す ▼サイト構造設計 情報デザイン編 【13】オリエンの内容を疑え!本質を見極める提案ポイント 【14】ターゲットをしっかりと見据える 【15】情報の要。ユーザー心理と対話するコンテンツ体系 【16】サイト構造図(サイト内遷移図)の作成がアピールできるポイント 【17】多様なターゲットと様々な目的に柔軟に対応するマルチ検索 ▼競合に勝つ!提案書の作り方 【18】ヒューリスティック分析があぶり出すべき本質的な課題 【19】競合分析(ユーザー視点による評価分析例) 【20】「勝つ提案書」のための具体例 【21】提案事例:与件とオリエンに対する問題提議 【22】提案事例:ターゲット戦略とリニューアルの本質 【23】提案事例:フェーズ分けした改善施策 【24】少ない時間で、個別の課題を調査できるノウハウ(着眼点) ▼ご注意 ※講座内で配布する資料のPDFなどのデジタルでの資料配付はありません。 ※この講座は、受講内容の理解をより深める目的で、  講師が受講生と一部会話しながら進めて行く部分があります。  話しかけられることが苦手な方は事前にお申し出ください。 ▼こんな方におすすめ Web制作初心者だけでなく、本当にユーザーの役に立つWEBデザインを修得したい実務経験者にも最適です。 * UIデザインに関わっている人(ディレクター、デザイナー、広報担当など) * もっと効率的で評価されるUIデザインを勉強したい方 * WEBサイトやUIデザインについて役立つ情報がほしい方 など、今までのWEBに対する知識や技量をもっと高めたいという方々にお奨めです。 ▼開催の注意事項 この講座は別サイト(Peatix、ストアカ、connpass)でも同時募集しています。 募集の最大定員は6名ですが、お申込が1月13日時点で2名に達していない場合は開催を中止する可能性があります。 その際はお申込をキャンセルさせていただきます。 ▼受講者の都合で講座をキャンセルされる場合について 開催7日前までにキャンセルされる場合は、参加費用の全額払い戻しをします。 開催6日前〜前日までのキャンセルには、キャンセル手数料6.100%+振込手数料を差し引かせてのご返金になる場合があります。 ※当日もしくはご連絡がない場合の締切後のキャンセルには応じられません。 ▼他にもUIデザインに関する「基礎編」「応用編」「実戦編」「サイト分析編」があります。 くわしくは下記よりご確認ください。 https://continue-nagoya.doorkeeper.jp/events/upcoming ※希望される方には、香西睦の著作を受講時持参頂ければサインさせて頂きますので、お声がけ下さい。

1/18 (土)

9697 normal 1570640891 %e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%95%a5%e7%a7%b0%e6%ad%a3%e6%96%b9%e5%bd%a2 【名古屋開催】初心者でもUIデザインがすぐわかる!楽しく学べるUIデザインセミナー「だから、そのデザインはダメなんだ。」
ハンバーガーメニューもレスポンシブデザインも、常識がくつがえるユーザー視点で作るスマホサイトのUIデザイン! 多くのサイトで、スマートフォンユーザーの利用率が60%を超え、今やスマホファーストのWEBデザインは必須といえます。その一方で、運用効率やコストの面から、レスポンシブ対応のデザインが求められ、デザイナー側の魅せるデザインとも相まって、サイト利用する側の「使いやすさ」や「わかりやすさ」が犠牲になっている側面は否めません。 大好評書籍「だから、そのデザインはダメなんだ。」の著者が、これまで多くの方からリクエストを頂いていた「使いやすい・分かりやすいスマートフォンサイトのUIデザイン」のテクニックやノウハウを全国初!博多会場にて書き下ろし初公開します! ▼こんなことを学びます (^_^)/★ スマートフォンのサイト構築において、『本来あるべき使い勝手』や『わかりやすさ」の観点から、スマホ用UIデザインをユーザー視点に立って徹底的にその性能を検証し、あらゆるデザイナーのバイブルになるUIデザインの方向性や、最適なデザイン表現や構成レイアウトを学べぶことができます! ▼こんなメリットがあります (^_^)/★ 著名な企業のさまざまなWEBサイトを具体例に、スマートフォンにおけるUIの善し悪しを評価し、今まで当たり前だと思っていたデザインのセオリーに対して一石を投じ、「目からウロコ」の新しい『気づき』を実現していきます! ▼サンプル動画 レスポンシブデザインの理想と現実 ユーザーには不便が増大!ドロップダウンメニュー ▼サンプルスライド ▼講座内容 (^_^)/★ 【スマートフォンとは】 【1】真の“スマートフォン”と言えるデバイスが2007年に誕生 【2】指で操作するスマートフォンのユーザビリティ 【「ハンバーガーメニュー」はユーザーにとって直感的か?】 【3】ハンバーガーメニューは直感的操作性を下げている 【4】ハンバーガーメニューの普及率 【5】ハンバーガーメニューの種類 【6】ハンバーガーメニューに存在する理想と現実 【7】スマートフォンでは階層構造を理解・把握しにくい 【8】直感性を損なわずに使えるスマホ用ナビゲーションメニュー 【レスポンシブデザインでは実現しないスマートフォンへの最適化】 【9】レスポンシブデザインの普及率 【10】レスポンシブデザインがもたらすメリット 【11】レスポンシブデザインに存在する理想と現実 【12】レスポンシブデザインは、適合化であって最適化ではない 【13】スマートフォンサイトの未来を作るモバイルファースト 【スマートフォン環境における、Googleが描く快適な検索性の世界】 【14】 グーグルモバイルファーストについて 【15】レスポンシブデザインとSEO効果の関係 【入力操作を快適にする入力フォームの良し悪し】 【16】ユーザー視点に立った入力の省力化 【操作を分断しないモーダル表示、アコーディオン表示】 【17】モーダル表示にはTPOが大切 【18】スマートフォンの閲覧性を左右するアコーディオン表示 【快適を維持するためのスマートフォン向けUI】 【19】右手でも左手でも押せる最適なボタン表現 【20】サイトロゴ以外からのトップページに戻る導線 ▼ご注意 ※講座内で配布する資料のPDFなどのデジタルでの資料配付はありません。 ※この講座は、受講内容の理解をより深める目的で、  講師が受講生と一部会話しながら進めて行く部分があります。  話しかけられることが苦手な方は事前にお申し出ください。 ▼こんな方におすすめ Web制作初心者だけでなく、本当にユーザーの役に立つWEBデザインを修得したい実務経験者にも最適です。 * UIデザインに関わっている人(ディレクター、デザイナー、広報担当など) * もっと効率的で評価されるUIデザインを勉強したい方 * WEBサイトやUIデザインについて役立つ情報がほしい方 など、今までのWEBに対する知識や技量をもっと高めたいという方々にお奨めです。 ▼講座のキャンセルについて 開催7日前までにキャンセルされる場合は、参加費用の全額払い戻しをします。 開催6日前〜前日までのキャンセルには、キャンセル手数料6.100%+振込手数料を差し引かせてのご返金になる場合があります。 ※当日もしくはご連絡がない場合の締切後のキャンセルには応じられません。 ※この講座は別サイト(ストアカ、Peatix、Doorkeeper)でも同時募集しています。 ▼他にもUIデザインに関する「基礎編」「応用編」「実戦編」「サイト分析編」があります。 くわしくは下記よりご確認ください。 https://continue-nagoya.doorkeeper.jp/events/upcoming

9697 normal 1570640891 %e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%95%a5%e7%a7%b0%e6%ad%a3%e6%96%b9%e5%bd%a2 【名古屋開催】初心者でもUIデザインがすぐわかる!楽しく学べるUIデザインセミナー「だから、そのデザインはダメなんだ。」
UIデザインに最も大切なユーザーリテラシーを見据えたコンテンツ企画と、ユーザーを正しく見据えるためのニーズの捉え方を学ぶ3時間です。 <知ってると知らないでは、実力に大きな差がつくUIデザインの基礎を本気で学んでみませんか?> Webデザインを制作する際に、デザインの格好良さだけに固執せず、『サイトを利用するユーザーが、どのような目的で利用しているのか? どんな情報を探しているのか?』ということを、皆さんはちゃんと考えていますか? 著名サイトで表現されているデザインやインタフェースは参考事例として注目を集めますが、そのユーザビリティ性能を分析していくと、実はユーザーにとっては使いにくい理由が、数多く浮かび上がってきます! 新しくリニューアルしたこの講座では、読み手となるユーザーのリテラシーや知りたいことが考慮されずに、作り手が主体になったコンテンツ設計になっている現代のWebの作り方に一石を投じ、UIデザインの落とし穴と呼ぶべき盲点から、本来あるべきユーザビリティ性能とは何かをたっぷりと学ぶ3時間です。 ▼サンプル動画 ユーザーの知りたい度 紙幣デザインから知る!ユーザー視点のデザイン品質 使う側のリテラシーに寄り添 ▼サンプルスライド ▼講義内容 【リテラシーに寄り添うコンテンツ編集】 【1】UIとは? 【2】UXとUIの違い。一般の人が見えていない世界を見据えることの重要性 【3】制作側の常識が利用者の常識にはならない時代の変化 【4】使う側のリテラシーに寄り添う 【5】もっとも欲しい情報にリーチすることこそUXだ 【6】タイトルとリードで伝わる情報デザイン 【ユーザーとの接点を大切にするための考え方】 【7】検索窓を使わなくても、だれにでも使える検索機能 【8】よくある質問は、よくない質問 【9】UIデザインはWEBサイトのおもてなし 【10】ユーザーのニーズを捉えるサイト設計の考え方 【11】ユーザーニーズを読み解くWEB戦略に基づく3W1H 【12】ユーザー視点から実現したターゲットシフトによる成功例 ▼ご注意 ※講座内で配布する資料のPDFなどのデジタルでの資料配付はありません。 ※この講座は、受講内容の理解をより深める目的で、  講師が受講生と一部会話しながら進めて行く部分があります。  話しかけられることが苦手な方は事前にお申し出ください。 ▼こんな方におすすめ Web制作初心者だけでなく、本当にユーザーの役に立つWEBデザインを修得したい実務経験者にも最適です。 * UIデザインに関わっている人(ディレクター、デザイナー、広報担当など) * もっと効率的で評価されるUIデザインを勉強したい方 * WEBサイトやUIデザインについて役立つ情報がほしい方 など、今までのWEBに対する知識や技量をもっと高めたいという方々にお奨めです。 ▼講座のキャンセルについて 開催7日前までにキャンセルされる場合は、参加費用の全額払い戻しをします。 開催6日前〜前日までのキャンセルには、キャンセル手数料6.100%+振込手数料を差し引かせてのご返金になる場合があります。 ※当日もしくはご連絡がない場合の締切後のキャンセルには応じられません。 ※この講座は別サイト(ストアカ、Peatix、Doorkeeper)でも同時募集しています。 ▼他にもUIデザインに関する「基礎編」「応用編」「実戦編」「サイト分析編」があります。 くわしくは下記よりご確認ください。 https://continue-nagoya.doorkeeper.jp/events/upcoming

9697 normal 1570640891 %e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%95%a5%e7%a7%b0%e6%ad%a3%e6%96%b9%e5%bd%a2 【名古屋開催】初心者でもUIデザインがすぐわかる!楽しく学べるUIデザインセミナー「だから、そのデザインはダメなんだ。」
今まで常識だと思っていた『いつも目にするWEBデザイン』は、人間本来がもつ知覚能力の限界や、認知心理学などのデータを用いて検証していくと、実は使いにくい・わかりにくいデザインだったことに気づかされることでしょう。UIデザインの基本の基を改めて学び直す、論理的で理に適った「表現」とは何かがわかる2時間です。 キレイなデザインやカッコいいデザインだけじゃない、本当にユーザーの役に立つWEBデザインの仕掛けを理解できます。 大好評書籍「だから、そのデザインはダメなんだ。」の著者が、書籍には未掲載の最新ノウハウも交えて、「使いやすい・分かりやすいWEBデザイン」のためのプロでも知りたいテクニックや知識をご紹介します! ▼サンプル動画 ユーザーはWEBを読んでいない ユーザーがWEBを見る範囲には限界がある! ▼サンプルスライド 【1】ある一定量を超えた情報に対して読みたくなくなる心理 【2】人間はそもそも見える範囲に限界がある 【3】短期記憶がカギになるWEB閲覧 【4】直感的なわかりやすさと使いやすさ 【5】クリック数よりクリックの質 【6】ユーザーの潜在的で本質的なニーズをあぶり出す 【7】分かりやすいナビゲーションの仕掛け 【8】色彩による情報認知とイメージカラー 【9】論理的な色彩計画によるブランディング(この章のみデジタル画像配布) 【10】男女では情報の捉え方に異なる傾向がある ▼ご注意 ※講座内で配布する資料のPDFなどのデジタルでの資料配付はありません。 ※第2部【9】論理的な色彩計画によるブランディングのみデジタル画像を講座修了後に配布 ※この講座は、受講内容の理解をより深める目的で、  講師が受講生と一部会話しながら進めて行く部分があります。  話しかけられることが苦手な方は事前にお申し出ください。 ▼こんな方におすすめ Web制作初心者だけでなく、本当にユーザーの役に立つWEBデザインを修得したい実務経験者にも最適です。 * UIデザインに関わっている人(ディレクター、デザイナー、広報担当など) * もっと効率的で評価されるUIデザインを勉強したい方 * WEBサイトやUIデザインについて役立つ情報がほしい方 など、今までのWEBに対する知識や技量をもっと高めたいという方々にお奨めです。 ▼講座のキャンセルについて 開催7日前までにキャンセルされる場合は、参加費用の全額払い戻しをします。 開催6日前〜前日までのキャンセルには、キャンセル手数料6.100%+振込手数料を差し引かせてのご返金になる場合があります。 ※当日もしくはご連絡がない場合の締切後のキャンセルには応じられません。 ※この講座は別サイト(ストアカ、Peatix、Doorkeeper)でも同時募集しています。 ▼他にもUIデザインに関する「基礎編」「応用編」「実戦編」「サイト分析編」があります。 くわしくは下記よりご確認ください。 https://continue-nagoya.doorkeeper.jp/events/upcoming

9697 normal 1570640891 %e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%95%a5%e7%a7%b0%e6%ad%a3%e6%96%b9%e5%bd%a2 【名古屋開催】初心者でもUIデザインがすぐわかる!楽しく学べるUIデザインセミナー「だから、そのデザインはダメなんだ。」
UIデザインの基礎知識を徹底的に学べぶ1日!人間の特性を認知学の観点から学び、ユーザー視点のWEBサイトの必要性が学べる3本立て講座 <知ってると知らないでは、実力に大きな差がつくUIデザインの基礎を本気で学んでみませんか?> Webデザインを制作する際に、デザインの格好良さだけに固執せず、『サイトを利用するユーザーが、どのような目的で利用しているのか? どんな情報を探しているのか?』ということを、皆さんはちゃんと考えていますか? 「ユーザー視点」でサイトの構造を考え、わかりやすい導線設計や、ユーザーが目的とする情報が探しやすくなるような「デザイン表現」を目指した『UIデザインの基礎』を、WEBサイト以外のさまざまな日常的な事例や、世に公開されている著名サイトがくり返す情報発信側目線の間違ったデザインやサイト構造を反面教師にして、本来あるべきUIデザインについての「本質」を基礎からしっかり身につけられます! <まったく新しい視点で、初心者にもわかりやすく、UIデザインを楽しく理解できるようになります!> このUIデザイン講座は、どんなことに気をつけて制作をすべきか?どんなことを想定してサイトを設計・構築して行くと、わかりやすく使いやすいWEBサイトを作れるのか?といった、UIデザインの根本となる基礎的考え方を改めて習得し、今までとはまったく違うWebデザインの表現方法を産み出せる意識を身に付けることを目的とした、『他では絶対教えてくれない』UIデザインをわかりやすく楽しく学習するプログラムです。 <豊富な実績をもったUIの専門家がレクチャーします!> 電通グループで17年にわたり、著名なWEBサイトのリニューアルや新規構築プロジェクトを手がけた実績から、さまざまなUIに関する知見をご紹介します。 そして、勉強になるUI専門書として、大好評書籍「だから、そのデザインはダメなんだ。」の著者が、書籍には未掲載の最新ノウハウも交えて、「使いやすい・分かりやすいWEBデザイン」のためのプロでも知りたいテクニックや知識をご紹介します! <第2部:UIデザインの常識を改める「認知学から学ぶUIの基本」> 今まで常識だと思っていた『いつも目にするWEBデザイン』は、人間本来がもつ知覚能力の限界や、認知心理学などのデータを用いて検証していくと、実は使いにくい・わかりにくいデザインだったことに気づかされることでしょう。 キレイなデザインやカッコいいデザインだけじゃない、本当にユーザーの役に立つWEBデザインの仕掛けを理解できます。 【1】ある一定量を超えた情報に対して読みたくなくなる心理 【2】人間はそもそも見える範囲に限界がある 【3】短期記憶がカギになるWEB閲覧 【4】直感的なわかりやすさと使いやすさ 【5】クリック数よりクリックの質 【6】ユーザーの潜在的で本質的なニーズをあぶり出す 【7】分かりやすいナビゲーションの仕掛け 【8】色彩による情報認知とイメージカラー 【9】論理的な色彩計画によるブランディング(この章のみデジタル画像配布) 【10】男女では情報の捉え方に異なる傾向がある ▼サンプル動画 ユーザーはWEBを読んでいない ユーザーがWEBを見る範囲には限界がある! <03:ユーザーのニーズとリテラシーを基準に考える「UIデザイン」> 著名サイトで表現されているデザインやインタフェースは参考事例として注目を集めますが、そのユーザビリティ性能を分析していくと、実はユーザーにとっては使いにくい理由が、数多く浮かび上がってきます! いつも目にするWEBデザインのユーザービリティを、有名サイトだからと安心せず、UIデザインの落とし穴と呼ぶべき盲点から、本来あるべきユーザビリティ性能とは何かをたっぷりと学びます。 【リテラシーに寄り添うコンテンツ編集】 【1】UIとは? 【2】UXとUIの違い。一般の人が見えていない世界を見据えることの重要性 【3】制作側の常識が利用者の常識にはならない時代の変化 【4】使う側のリテラシーに寄り添う 【5】もっとも欲しい情報にリーチすることこそUXだ 【6】タイトルとリードで伝わる情報デザイン 【ユーザーとの接点を大切にするための考え方】 【7】検索窓を使わなくても、だれにでも使える検索機能 【8】よくある質問は、よくない質問 【9】UIデザインはWEBサイトのおもてなし 【10】ユーザーのニーズを捉えるサイト設計の考え方 【11】ユーザーニーズを読み解くWEB戦略に基づく3W1H 【12】ユーザー視点から実現したターゲットシフトによる成功例 ▼サンプル動画 ユーザーの知りたい度 紙幣デザインから知る!ユーザー視点のデザイン品質 使う側のリテラシーに寄り添 <第4部:直感的で快適なWEB環境を作る「スマホ用UIデザイン」> スマートフォンのサイト構築において、『本来あるべき使い勝手』や『わかりやすさ」の観点から、スマホ用UIデザインをユーザー視点に立って徹底的にその性能を検証し、あらゆるデザイナーのバイブルになるUIデザインの方向性や、最適なデザイン表現や構成レイアウトを学べぶことができます! ▼講座内容 (^_^)/★ 【スマートフォンとは】 【1】真の“スマートフォン”と言えるデバイスが2007年に誕生 【2】指で操作するスマートフォンのユーザビリティ 【「ハンバーガーメニュー」はユーザーにとって直感的か?】 【3】ハンバーガーメニューは直感的操作性を下げている 【4】ハンバーガーメニューの普及率 【5】ハンバーガーメニューの種類 【6】ハンバーガーメニューに存在する理想と現実 【7】スマートフォンでは階層構造を理解・把握しにくい 【8】直感性を損なわずに使えるスマホ用ナビゲーションメニュー 【レスポンシブデザインでは実現しないスマートフォンへの最適化】 【9】レスポンシブデザインの普及率 【10】レスポンシブデザインがもたらすメリット 【11】レスポンシブデザインに存在する理想と現実 【12】レスポンシブデザインは、適合化であって最適化ではない 【13】スマートフォンサイトの未来を作るモバイルファースト 【スマートフォン環境における、Googleが描く快適な検索性の世界】 【14】 グーグルモバイルファーストについて 【15】レスポンシブデザインとSEO効果の関係 【入力操作を快適にする入力フォームの良し悪し】 【16】ユーザー視点に立った入力の省力化 【操作を分断しないモーダル表示、アコーディオン表示】 【17】モーダル表示にはTPOが大切 【18】スマートフォンの閲覧性を左右するアコーディオン表示 【快適を維持するためのスマートフォン向けUI】 【19】右手でも左手でも押せる最適なボタン表現 【20】サイトロゴ以外からのトップページに戻る導線 ▼サンプル動画 レスポンシブデザインの理想と現実 ユーザーには不便が増大!ドロップダウンメニュー ▼ご注意 ※講座内で配布する資料のPDFなどのデジタルでの資料配付はありません。 ※第2部【9】論理的な色彩計画によるブランディングのみデジタル画像を講座修了後に配布 ※この講座は、受講内容の理解をより深める目的で、  講師が受講生と一部会話しながら進めて行く部分があります。  話しかけられることが苦手な方は事前にお申し出ください。 ▼こんな方におすすめ Web制作初心者だけでなく、本当にユーザーの役に立つWEBデザインを修得したい実務経験者にも最適です。 * UIデザインに関わっている人(ディレクター、デザイナー、広報担当など) * もっと効率的で評価されるUIデザインを勉強したい方 * WEBサイトやUIデザインについて役立つ情報がほしい方 など、今までのWEBに対する知識や技量をもっと高めたいという方々にお奨めです。 ▼講座のキャンセルについて 開催7日前までにキャンセルされる場合は、参加費用の全額払い戻しをします。 開催6日前〜前日までのキャンセルには、キャンセル手数料6.100%+振込手数料を差し引かせてのご返金になる場合があります。 ※当日もしくはご連絡がない場合の締切後のキャンセルには応じられません。 ※この講座は別サイト(ストアカ、Peatix、Doorkeeper)でも同時募集しています。 ▼各講座は単体でも受講することができます。 UIデザイン各講座の詳細は下記をご覧ください。 https://continue-nagoya.doorkeeper.jp/events/upcoming ※希望される方には、香西睦の著作を受講時持参頂ければサインさせて頂きますので、お声がけ下さい。