4/8 (水)

Bbd4bd3705c195c7a226c4b41dd8592e 【AI初学者向け】ビジネスAI勉強会 in 名古屋
ビジネスへのAI活用を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着けること。 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 【データサイエンティスト/AI人材を求めている企業様へご紹介】 「AI活用企業様との架け橋支援」 本ワークショップ参加者にビジネスでAIを活用していただきたく、弊社で厳選したAI活用企業様へお繋ぎすることも可能です。詳細はこちらをご覧ください。(ただし、スキル測定会参加必須) なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで学生・社会人のAI初学者を対象に、AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストから直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全12回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全12回構成(1回2時間、隔週で開催予定)  学びたい回のみの受講もOK! ・第1回 概要説明とPython体験 ・第2回 教師あり学習 ・第3回 教師なし学習 ・第4回 予測モデルの学習と評価 ・第5回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第6回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第7回 実世界データのモデリング ・第8回 飲食店の来客数予測 ・第9回 クレジットカードの不正利用検知 ・第10回 手書き数字画像の認識         ←今回 ・第11回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第12回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 持ち物 ・PC(アダプターが必要な方は持参) Anacondaインストール必須。(ダウンロード) ご不明点がございましたら、こちらまでお問い合わせください。 ・ノート、筆記用具(PC上にメモを取る方は不要) 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ワークショップ概要 時間 ・開始20分前より入場可能。 ・途中参加、退場可 会場 ・CODE BASE NAGOYA ・住所 : 愛知県名古屋市中区葵1丁目23−14 6F ・アクセス : 地下鉄東山線新栄駅徒歩3分

Bbd4bd3705c195c7a226c4b41dd8592e 【AI初学者向け】ビジネスAI勉強会 in 名古屋
ビジネスへのAI活用を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着けること。 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 【データサイエンティスト/AI人材を求めている企業様へご紹介】 「AI活用企業様との架け橋支援」 本ワークショップ参加者にビジネスでAIを活用していただきたく、弊社で厳選したAI活用企業様へお繋ぎすることも可能です。詳細はこちらをご覧ください。(ただし、スキル測定会参加必須) なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで学生・社会人のAI初学者を対象に、AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストから直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全12回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全12回構成(1回2時間、隔週で開催予定)  学びたい回のみの受講もOK! ・第1回 概要説明とPython体験 ・第2回 教師あり学習 ・第3回 教師なし学習 ・第4回 予測モデルの学習と評価 ・第5回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第6回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第7回 実世界データのモデリング ・第8回 飲食店の来客数予測 ・第9回 クレジットカードの不正利用検知 ・第10回 手書き数字画像の認識 ・第11回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第12回 WebアプリへのAIプログラム組み込み         ←今回 持ち物 ・PC(アダプターが必要な方は持参) Anacondaインストール必須。(ダウンロード) ご不明点がございましたら、こちらまでお問い合わせください。 ・ノート、筆記用具(PC上にメモを取る方は不要) 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ワークショップ概要 時間 ・開始20分前より入場可能。 ・途中参加、退場可 会場 ・CODE BASE NAGOYA ・住所 : 愛知県名古屋市中区葵1丁目23−14 6F ・アクセス : 地下鉄東山線新栄駅徒歩3分

C0b52d9f5afb3687a866314d6fe7e9b5 Nagoya Frontend User Group
フロントエンドまわりと、それ以外のこともやるもくもく会です。終わった後もぐもぐもします。
月1〜2回のペースでフロントエンドもくもく会を開催しています! もくもく会とは? もくもく会とは、自由に集まってもくもくと作業を行う会のことです。 フロントエンドもくもく会では、フロントエンドを中心にもくもくできる場を用意していきます。 こんな方におすすめ いつも家でもくもくと作業してるけど、 たまには気分転換したい 他の人がどうやってるか気になるので 聞いてみたい その日もくもくと作業した 進捗を見せたい ちょうど名古屋に出張してきてるんだけど名古屋のエンジニアの人たちに会いたい などなど。 終わった後は懇親会もあります。 お気軽にご参加ください! テーマ フロントエンドを中心にしつつも自由です。 何をもくもくしても良いです。 参加費について 有志で集まって開催しているため、 基本的には会場費を参加人数で等分する形になります。 そのため、参加費用の項目と若干のずれが出てしまう点は予めご了承ください。 例 会場が無料ならば無料 8人席 4,000 円ならば8人参加で1人あたり500円 など Slack 上でフロントエンドのやりとりや勉強会開催についての話をしてます! 次回の開催情報を知りたい フロントエンド周りの情報共有したい 勉強会やりたい、喋りたい! フロントエンド興味あるから運営手伝いたい などなど、フロントエンドなど雑多な話題をするチャンネルと、勉強会の運営のチャンネルの2つが用意されており、 いずれもオープンなチャンネルとなっていますので、どなたもお気軽にご参加ください。 (もちろん、勉強会の情報を得るだけに利用していただいても OK です!) 興味のある方はこちらのリンクから参加してね! https://join.slack.com/t/nfug/shared_invite/enQtMzAxNDA1NTM5MzQ1LTQ1ZGEyY2Y5OGEwNjRiMzdhMjBiMDkyNTAzZDU0MGZmZWVlODJmYjEyMTllOGNiYTMwYzFiMzRlMDY3M2I2YWU Slack 以外の SNS もあるよ Twitter Facebook Slack 内でやりとりされている勉強会の情報をこちらにも流しています。 勉強会の開催情報のみ受け取りたい方は、こちらもご利用ください。 よくある質問 何かルールはありますか? 特に大きなルールはありません、会場のルールに準じます。 ルールは極力少なくしたいので、公序良俗に反しない範囲での行動を各自お願いします。 フロントエンド以外はやっちゃだめなの? 何をもくもくしてもよいです。 ただフロントエンドもくもく会なので、 フロントエンドに関することをやっていると相談しやすいかもしれません。 ずっともくもくと作業してても良い? もちろん良いです。ただときどき周りで相談するのは許容していただければと思います。 こういうの参加したことない 初めて参加される方も多くいらっしゃいます。 やることは家でもくもく作業するのと大差ありませんが、 他の方がどうやってるかを見るのも刺激になると思います。 敷居は低いと思いますのでぜひご参加を。 プロジェクタに写さないとだめ? もちろん写さなくてもOKですが、お互い相談しやすくするために写す準備をしておくことをオススメします。 何を持ってくれば良いの? PC (or もくもくできる何か、書籍など) 会場付近のおいしいお店情報 もくもく会で何をやるかを考えてくる PCもってないんだけど参加したらだめなの? 基本的にPCをお持ちいただくことをオススメします。 PC以外に書籍などの代わりとなるものを持ってくる方もいますが、 おしゃべり会ではないため、何らかもくもくできるものを各自ご用意ください。 懇親会は行うの? 基本的に毎回行いますが、場所や参加人数などは当日相談の上決定します。 会場付近のおいしいお店情報をお持ちください! 名古屋近辺じゃないんだけど参加したい 大歓迎します! ぜひ名古屋に寄る機会があれば、日付を合わせてご参加ください! 会場確保の都合で2か月~1か月半ほど前に開催日を決定しています。 過去何度か参加している方々にご連絡いただければ、開催日の調整もある程度可能ですのでお気軽にご相談ください。 敷居が高くて参加しづらいんだけど・・・ 初めて参加される方はみなさんそう言われます! そういう方々が集まって勉強会が出来上がっていきます。 もし迷っているのなら、一度お友達など誘って試しに一度参加してみると良いのではと思います。あなたが参加されるのをお待ちしてます!

4/9 (木)

9413b0f42affbabc02b63ba6f49e8b92 CoderDojo師勝
第12回
会場閉鎖のため、中止いたします。 第12回CodreDojo師勝を開催します。 しゅくだいもってきてもいいよ。 しゅくだいすませてぷろぐらみんぐしよう! CoderDojoの活動について CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。 2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本には203以上の道場があります。 (2020年2月時点) 開催予定は月1回、第2木曜日(15:00~18:00)開催を基本にしています。 4月は9日に行います。 新型コロナウイルスの動向により、お休みする場合があります。 CoderDojo師勝でいまやっていること scratchをメイン言語としますが、やりたいと思うことやわからないと思うことを持ってきてみてください。 ・micro:bitやraspberry_pi、Ichigojam、Makeblock halocode、mbot 等シングルボードコンピュータ ・iPadのSwift play groundなど ・先輩Ninja達が、JavascriptやC言語を始めました。 ・M5stackシリーズや、技術同人誌などで一緒に遊びませんか? 当日に解決できないこともありますが、一度持ってきてみてくださいね。 いっしょに調べたり考えたりしましょう! 必要な持物 ノートパソコンあるいはタブレット。 使用するアプリケーションはダウンロードしておいてください。よくわからない場合はとりあえず持ってきてみてください。      パスワードやチャイルドコントロールなどをされている場合はそのパスワードをお持ちください。      参加日前日までにインターネットにつなぎ、Windows updateを行うようにしてください。   (個人契約のインターネット環境のため、パケット量が逼迫し、インターネットにつなげられなくなる場合があります。    ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。)    筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) なるべくもってきてね。なくても特に問題になるようなことはありません。 おことわり CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo師勝 では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けています。 個人スポンサー: (目安は 1回500円) 団体・法人: 1口1万円/年 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。

10899 normal 1578634441 %e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99 150x150 テックジム名古屋栄校
いまこそPython! 概要 ゼロからはじめるPython入門講座 プログラミングは初めてだけど、Pythonから始めてみたいという方のために、有料のPython基礎コースより一部を抜粋して無料で体験して頂くハンズオン講座をご用意いたしました。 当講座は東京を中心に全国で3800人が参加した人気講座です。 Pythonが注目されている理由とは? 「少ないコード量で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語で、広い分野で使われています。なかでもPythonは、ディープラーニングのライブラリーが圧倒的に豊富で、「人工知能(AI)をやるならPython」と言われるほどです。GoogleやNASAの内部でも利用されており、現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。 Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能で、最初に学ぶ言語としては最適との評価も高いプログラミング言語です。とういうのも、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だというわけです。 これからプログラミングを勉強するなら、Pythonしかありえないといっても過言ではありません。 入門講座のアジェンダとゴール設定 非常にシンプルなサンプルコードを少しずつバージョンアップしながら、「じゃんけんゲーム」を作り上げていきます。 バージョンアップごとに課題が用意されていて、各参加者のスピードにあわせて解いていただきます。 もしつまづいても、スタッフが手取り足取りサポートする「ハンズオン形式」の講座となります。 <本講座で得られること> ・Pythonの基礎的な文法の理解 ・ソースコードを読めるようになる ・自分でゼロからコードを書けるようになる テックジム方式で学ぼう テックジム方式とは、紙媒体のテキストを使い自主学習方式でプログラミング経験を身に着けていくスタイルです。 始めはわからないことだらけだと思いますが、 自ら調べながらやることによる「自主性」が習得効率の飛躍的な向上につながります。 もし行き詰ってしまっても私たちがサポートします! 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けているので、 繰り返し行うことにより自然と習得できてしまいます。 「百聞は一見に如かず!」 自分の手を動かして楽しんで学びましょう! まずは無料体験からご参加ください。 実際に講座に参加して「テックジム方式」を体験してみてください。 タイムスケジュール 18:00~ テックジム方式 19:00~ 問題解説 19:30~ テックジム方式 20:00 終了 19:00までに会場にお入りください。 19:00までであればご自由にご入場して頂けます。 ※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。 ※参加者の事前予約が前日17:30までに0件だった場合開校しない事がありますので予めご了承ください。 参加対象 ・プログラミングを始めたい方 ・Pythonに興味がある方 ※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。 ※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。 ※ 補欠者の方、申込されてない方はご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。 受付 17:50~ 受付にて「Python無料体験講座を受けに来たとお伝えください」 持ち物 ノートPC Googleアカウント ※WiFi環境、電源あります。 参加費 無料 注意事項 ※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。 ※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。 ※ 他の媒体でも集客を実施しておりますので、合計人数が10人に達した時点で募集を打ち切らせて頂きます。

4/10 (金)

10cc6929573f21d3a0b2970fe8367770 株式会社インサイト
同日午前「CAE技術者の為の深層学習1」開催
※オンラインのみの開催に変更し、定員を3名増員しました。(4月7日現在) <インサイトのデータサイエンス勉強会は開催80回・参加200名の実績> 【テーマ】「深層学習2」     ◆◆「深層学習1」に参加された方、もしくは同等の知識をお持ちの方向け◆◆ 【日 時】 4月10日(金) 14:40-18:10 【参加費】 無料 【オンライン参加の登録】[email protected] へ下記をお送りください。     *開催日     *ご希望の勉強会テーマ     *当日連絡が取れる電話番号     *Zoom使用経験(有/無)   ※振り込み確認後に資料送付のため、    8日(水)PM3:00までに申し込みの方まで受け付けます。    (締め切りまでに定員到達の場合は申し訳ございません。     次回の勉強会にお申込みください。)     尚、同業他社様のご参加はご遠慮頂いております。 【参加までの流れ】 ・[email protected] へ上記、必要な情報を送信してください。  ↓ ・インサイトより受付完了メール送信  ↓ ・資料送付 ・Zoom接続確認  ↓ ・開催前にZoom接続用ID送信 【お願い】    ・原則zoomかYouTubeライブ配信、それらが不可能な場合はご相談下さい。     事前にZoomの接続用IDをメールにて送付します。     開催時刻前に設定の上、待機ください。    ・基本的に、テキスト送付後のキャンセルは受けておりません。    ・勉強会の録画・録音・撮影、および資料の2次利用、     詳細内容のSNSへの投稿は固くお断りいたします。 【内容】 深層学習1の続きです。 レベル6:学習の枠組み2 から始めます。 詳細決まり次第更新します。 ※演習で計算をしますのでパソコン又は関数電卓をご持参ください。 下記は「深層学習1」の内容です。 (同日午前開催) レベル1:パーセプトロン レベル2:パーセプトロンから階層型ニューラルネットワークへ レベル3:活性化関数 レベル4:2層NNの実装 レベル5:学習の枠組み CAE事例紹介 質疑、討論 株式会社インサイトでは、2018年末より「CAEの為のデータサイエンス 勉強会」を開始、 15のテーマについてオリジナルテキストを作成し、 述べ80回を超える 開催を行って参りました。最近では大阪、名古屋、 オンラインでの開催も行っております。 また、企業への出張セミナー、 外部でのセミナー講師も賜っております。 弊社は日本計算工学会の法人会員であり、大学の研究者、企業の技術者で 構成される機械学習の工学問題適用に関する研究会では幹事を務めて おります。また、日本計算工学会主催の計算工学講演会、 日本機械学会 計算力学部門主催の計算力学講演会、WCCM(World Congress in Computational Mechanics)、APCOM(Asian Pacific Congress on Computational Mechanics)では、機械学習関連のセッションや、 ミニシンポジウムのオーガナイザの一員を務めております。このような 活動を通して得た最先端の論文や情報を取り入れた内容を提供致します。 少人数の勉強会ですので、お気軽にご参加ください。 また、こんな事が出来るといいなと言う意見があれば、 是非お聞かせください。

4/11 (土)

10003 normal 1550110611 logo kanji 420x420 CoderDojo 西尾
オンラインで学びを続けよう!今回はCoderDojo日進と同時開催です!! 感染拡大防止のため、4月度も「オンライン」でDojoを開催します! 参加する場合はいつもと同じようにDoorkeeperから申し込みをしてください。 当日はこのURL(Zoom)から参加してください。 https://zoom.us/j/5567418599 初回のみZoomアプリのインストール(無料)が必要です。 オンライン開催内容 ・オンラインミーティングツールに指定URLからアクセス ・みんなであいさつ、今日やることを話す ・それぞれつくる(スクラッチやビスケットなど) ・オンラインで自分が作ったものを発表する 接続はできる限りサポートします。オンライン初めてでも大丈夫ですよ(^^♪ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ はじめてでも、パソコンがなくても、一回だけの参加でもOK! プログラミング通して、子供の創造力・思考力をはぐくむ 無料のプログラミング道場!ゲーム、お絵描き好き集まれ~! 1. 活動内容 ・ビスケットでお絵描きプログラミング ・スクラッチでオリジナルゲームづくり ・Micro:bit(子ども用電子基板)を光らせたり、音を出そう!    2. 対象  ・4~17歳まで  ※ 12歳以下の場合は保護者の付き添いをお願いします。  西尾市民、西尾市民以外、初めて、見学だけでも歓迎です(^^♪ 3.持ち物  ・ノートパソコン(Webカメラ、マイクが必要です)  ・筆記用具、ノート  ・飲み物  ・お菓子(200円以内) 4.その他  オンライン開催に変更

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
お知らせ 1. 新型コロナウイルス等の感染症の予防のため、オンラインで開催します。 にぎわい交流館は閉館していますので、間違えて行かないようにご注意ください。 2. 今回は、CoderDojo西尾のみなさんと一緒に開催します!!一緒に楽しみましょう。 参加方法 オンライン会議システム「Zoom」を利用します。 当日はこのURLから参加してください。 https://zoom.us/j/5567418599 開始時間前にクリックしてアクセスしてください。 Zoomの会議室に参加する場合は、パソコンまたはスマホ、タブレットにアプリのインストールが必要です。 できるだけ、プログラミングをするパソコンで参加してください。 パソコンにカメラがついていなくても、音声とパソコン画面共有のみでも参加可能です。 Zoomやオンライン会議システムを利用するのが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオン とがぞのさん が作ってくださった、こちらのスライド「Zoomの使い方 はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 タイムテーブル 時間 内容 09:45 会議室への接続受付開始 10:00 スタート 11:30 発表(各自今日やったことを発表してください) 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について オンライン開催中の画面を撮影します。ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に別途オンラインミーティングで説明等を行います。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/ CoderDojo日進について CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html 寄付やスポンサーのお願い 参加費を無料で運営するために、法人の寄付・スポンサーを募集しています。 寄付は書籍、micro:bitなどの電子機器、備品などの購入、印刷代等に使う予定です。 企業・事業者からのスポンサーも募集しています。スポンサーいただいた場合、会社名やロゴなどを本ウェブサイト、Facebook、チラシなどで紹介させていただきます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
お願い 新型コロナウイルス等の感染症の予防対策として、参加されるお子さん、親御さん、メンター さんはマスクの着用をお願いします。 また入口での手の消毒をお願いします。 開催概要 CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 開催日時・場所 日時: 2020/4/11(土) 10:00-12:00 場所: 日進市にぎわい交流館 2F 会議室B,C アクセス方法はにぎわい交流館のページを参考にしてください。 http://shimin-kouryu.net/about/access/ 車でこれらる場合は、にぎわい交流館または日進市役所の駐車場が利用できます。 タイムテーブル 時間 内容 09:45 受付開始 10:00 スタート (スタート前に会場のWiFiに接続をお願いします。) 11:30 発表(各自今日やったことを発表してください) 12:00 終了・後片付け 12:30までには退出してください。 パソコン・タブレットについて WiFi接続可能なノートパソコンまたはタブレットをご持参ください。会場ではWiFiが使用できます。 お持ちではない方は申し込み時にその旨記載ください。(ただし台数に限りがあるため、対応できない場合もあります。) Scratch3.0はInternet Explorerでは使えません。OSがWindow7, 8の方は、Google Chromeをインストールしてきてください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html micro:bitについて micro:bit(マイクロビット)は、25個のLED、2個のボタンスイッチ、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能などがついている小さなコンピューターです。 https://microbit.org/ja/guide/ あらかじめ搭載されているセンサーを使って状態の変化を検知したり、LEDを光らせたり、音を鳴らしたり、モノを動かしたりできます。 micro:bitでプログラミングすることにより、普段の生活のさまざまな場所でプログラムが動いているのを身近に感じてもらえると思います。 CoderDojo日進では、micro:bit本体とmicro:bitで動くロボットカーを貸し出します。ぜひ試してみてください。 プログラムの作成にパソコンまたはタブレットが必要ですので、お持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は「パソコン貸出希望」と申し込み時に記載ください。 その他のプログラミングについて テキストプログラミングでは、2018/11/01より初心者向けの教材としてProgateが利用できるようになりました。興味がある方は申し込み時に連絡ください。Progateを利用しなくてももちろん構いません。 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について 会場内では写真を撮影します。ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に説明等を行いますので、開催30分前の9:30頃会場にお越しください。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/ 寄付やスポンサーのお願い 参加費を無料で運営するために、法人の寄付・スポンサーを募集しています。 寄付は書籍、micro:bitなどの電子機器、備品などの購入、印刷代等に使う予定です。 企業・事業者からのスポンサーも募集しています。スポンサーいただいた場合、会社名やロゴなどを本ウェブサイト、Facebook、チラシなどで紹介させていただきます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。

C1852b8426d816ceb79d69256a13d4c7 CoderDojo瀬戸
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
CoderDojo瀬戸オンラインです! コロナウイルス対応のためCoderDojo瀬戸を オンライン開催 で開催します。 みんなでオンラインDojoを体験して楽しんじゃいましょう! ⛔⛔⛔くれぐれもいつもの会場「ますきち」へ行かない様に気をつけてください ⛔⛔⛔ 今回はオンライン開催です。参加される方は下記の手順に従って準備してください。 (基本的にはソフトをインストールするだけです) 事前準備 事前に下のURLをパソコンまたはスマホ、タブレットからクリックしてプログラム(アプリ)をインストールしておいてください。 パソコンで作品を作る方はパソコンでインストールしておくのが良いと思います。 https://zoom.us/j/8980218655 画面に出てくる説明に沿って操作して、ZOOMというアプリがインストールできればOKです。 名前を設定する箇所があれば自分の名前を設定ください(可能なら) できればイヤホンマイクがあると便利です。スマホに付属のイヤホンマイクで良いです。なければ100均でも手に入ります。 当日の参加の仕方 10:00(少し前から開けています)~12:00の間に、下のURLをパソコンまたはスマホからクリックしてください https://zoom.us/j/8980218655 画面の説明に沿って会議に参加してください 相手の声は聞こえるでしょうか。自分の声は相手に聞こえているでしょうか。ボリュームやマイクの設定を確認してみてください。 つながればあとはオンラインで説明します みんな初めてだと思うので、実際は、画面を見ながらわいわいしゃべって終わり、となるかもしれません。 その時は、オンライン会議入門だと思って楽しんでください(^ ^; メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 全くの初心者の方は「Scratch」から始めるのをお勧めします。 その場合は事前にユーザー登録をしておくとスムーズです。 (作品が自動保存される様になります) Scratchユーザー登録 https://scratch.mit.edu/join CoderDojo 瀬戸 子供向けプログラミング道場について CoderDojo瀬戸は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県瀬戸市で開催しています。 https://coderdojo-seto.github.io/ CoderDojo瀬戸は 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 今回はオンライン会議のツール(Zoom)を使って実施します。 URLにアクセスするとZoomのダウンロードが始まります。 事前にアクセスしてソフトをインストールしておいてください。 https://zoom.us/j/8980218655 当日も↑のURLで開催します。 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 10:00 ~ 11:30 : プログラミング 11:30 ~ 12:00 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。撮影した素材はブログやSNSなどで使わせて頂きます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 会場内では写真を撮影します。写真はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に136以上の道場があります。 (2018年5月現在)

D55393bdaf63c6c45c906229f1a2b73a Center CLR
互助な感じでみんなで気楽に開発しよう
今回はオンライン開催です! Slackでオンライン開催します。 Webカメラが必須になります。 今回初の試みのため、最初に接続の調整などあるかと思いますので、ご協力をお願いします。 当日の接続までの流れは、Center CLRのSlack #trydev チャンネルで調整します。事前に参加をお願いします。 Slackへの参加方法がわからない場合は、twitter @kekyo2 までDMで問い合わせ下さい。 Center CLRとは Center CLRは、2014年10月設立した、中部圏の開発者による.NET, C#, F#, ASP.NET, IoT, Microsoft Azureなどマイクロソフト系技術の知見を共有して各自のレベルアップを目指す技術者コミュニティです。 Try!開発とは? もくもく会のように、みんなで集まって気楽に開発をやります。但し、ちょっとだけルールが違います。 もくもく会とは? もくもく会とは、みんなで1箇所に集まって、それぞれの参加者が趣味(又は仕事)で取り組んでいる開発の課題を、それぞれで取り組む場です。課題は、ソフトウェア・ハードウェア開発に絡むものなら何でも構いません。Center CLRがMicrosoft系の技術勉強会を主催する事が多いため、暗にその方面に偏っている可能性はありますが、限定はしません。 違いは? 参加者は、自分が得意だったり手伝ったり出来るスキルを表明して下さい。当日、参加者同士でトラブルを解決したり、技術交換など、互助が出来れば良いと思います。 スキルの表明は以下にフォームがあるので、入力してください。一つは必ず入力する必要があります。例えば「Unity」とか「はんだ付け」とか「C#」のような感じです。 表明するスキルが「凄く出来なければならない」とか「完全に理解している」というように構える必要はありません。互助の場だということを念頭に置いておけばOKです! あと、SlackでTry開発の情報交換しています。こちらにも参加をお勧めします(Slackへのサインインにはメールアドレスが必要です)。 スキル表明フォーム Google Formを用意してあります。参加者は入力をお願いします。 参加者のスキル一覧はこちら 今後について 一ヶ月に一度のペースで、定期的に開催する予定です。毎月第二土曜日を予定しています。 参加費用 500円です(クリエイトベース金山さんの作業室費です。カウンター受付でお支払いください) 当日の流れ 13:00 今日やること・教えてほしいことを情報共有 18:00 今日やったこと・教えてほしいことを情報共有 19:00 終了 質問やディスカッションは、上記時間に限らず自由にどうぞ。 発表やLTは出来る? 時間内であれば自由にどうぞ。 懇親会など 会終了後は、引き続きオンライン懇親会をするかもしれません。

2b9ec49172a7e603a49c59a9acd022fe Serverless
名古屋で初めてのServerless Meetup
(2020/3/24追記) イベント「無期限延期」のお知らせ 本イベントにつきまして、開催するか否かにつきましてスタッフ内で協議と検討を重ねましたが、やはり新型コロナウィルス(COVID-19)の影響と現状の状況を考慮し、 今回は開催を「無期限延期」とする結論に至りました。 オンライン開催などの方法も検討いたしましたが、「地元名古屋でサーバーレスを盛り上げたい」という思いもあり、今回は「無期限延期」とさせて頂くことになりました。 楽しみにしていた皆様には大変申し訳無いのですが、ご理解いただけますと幸いです。 なおオンライン開催については、Serverless Meetup Nagoyaとしてではなく、日本のServerless Meetup全体として、改めて開催方法を検討中です。 詳細等決まりましたら、connpass公式ページやTwitterアカウント @serverlessjp でも告知を行いますので、是非そちらを楽しみにして頂けると幸いです! (2020/3/22追記) イベント概要 サーバーレス及びクラウドについて、基本・基礎を学ぼう、という勉強会になります。 主に、下記の方を対象としています。(もちろん、それ以外の方も大歓迎です!) クラウドやサーバーレスについて、基本的な部分から学びたい方 (「言葉を聞いたことがある」くらいのレベルでもOK) 基本的な部分は知ってるけど、どうやって導入するかがわからない 導入はしているが、実践的な手法・ツール等の情報が知りたい方 東京に比べると、まだまだ名古屋ではなじみがあまりないように思えるクラウド&サーバーレスについて、少しでも知って頂くきっかけになれば、と思っております。 イベントとしては、下記「Serverless Meetup」の名古屋版、になります。 コロナウィルスの影響により、掲載内容から変更になる場合があります。 「新型コロナウイルスの影響による会場変更の可能性、および注意について」を参照 諸注意 先着順となっております。 大きなシャッター音はスピーカーの話に集中する環境を壊しがちです。撮影する場合は各種無音カメラアプリを使うなど、周囲への配慮をしましょう。 会場にWifiの用意はあります。 電源の用意もあります。(ただし全員分はないと思います) 会場での撮影OKです。 ハッシュタグ #serverlessnagoya Serverless Meetup、及びそのスコープについて Serverless Meetupは、全世界の110箇所以上で運営されているServerless Architectureやその周辺技術のITコミュニティであり、その数は今も増え続けています。 日本では「東京」「大阪」「札幌」「福岡」で定期的に開催されており、2/27(木)にもオンラインでServerless Meetup Tokyo #16が開催されました。 どのMeetupグループも毎月のようにアプリ開発者/プラットフォーマー/フレームワークメンテナーなどが知見を共有し合っています。 そして今回、そのServerless Meetupについて、ついに名古屋での開催が決定しました! 名古屋でもServerlessについて知見を深め、共有しあい、そしてServerlessを盛り上げていきましょう! アジェンダ・タイムテーブル 時間 タイトル 発表者(敬称略) 13:00~13:30 入場・諸注意 - 13:30~14:00 サーバーレスで開発をはじめよう 〜サーバーレスの基礎&サーバーレスがもたらすメリット~ 鈴木 正樹(フリーランス) 14:05~14:35 ここを抑えれば怖くない!SmartStore リファレンスアーキテクチャから学ぶサーバーレス on Azure の始め方 大平 かづみ(フリーランス) 14:35~14:45 休憩 - 14:45~15:15 AWS AppSyncのススメ (仮) 中山 桂一(Cloud Partner) 15:20~15:50 サーバーレスの運用ほげほげ(仮) Jun Kudo 15:50~16:00 休憩 - 16:00~16:30 Functional SaaS で始めるお手軽サーバレス Kazutomo Niwa 16:30~17:00 クロージング - ※上記内容は予告なく変更になる場合があります。 Special Thanks to our Sponsers ワンダープラネット株式会社 様 場所:ワンダープラネット株式会社 名古屋本社(名古屋市中区錦3-23-18 ニューサカエビル5F) アクセス:東山線・名城線栄駅 サカエチカより直通 https://wonderpla.net/ Speakers 大平かづみ (フリーランス) フリーランス エンジニア, Microsoft MVP for Azure 普段は、サーバーサイド開発、Infrastructure as Code、OSSメンテなどなど多岐にわたって仕事をしています。Azure はもはや趣味。IoT も好き!フロントエンド勉強中。Cogbot、Node-RED、serverless、Vue Vixens、Waffle など様々なコミュニティに出没します。道産子。 鈴木 正樹 (フリーランス) 半田市在住。名古屋を拠点に活動しているフリーランスエンジニア。 元々Web系のバックエンドエンジニアだが、現在はAWSをメインに、クラウド上での サーバーレスアーキテクチャを用いたアプリケーションの構築・設計・開発に長く従事。 特にServerless Frameworkを用いたIaC(Infrastructure as Code)の経験が豊富で、 Serverless Frameworkを中心に、IaCを用いたクラウド導入に関する活動も行っている 中山 桂一 (Cloud Partner) 株式会社キャラウェブにてクラウドパートナー事業のリードを行うフルスタックエンジニア。 サーバレスを中心としてAWSを使用したコンサルティングから構築、運用までの支援を行っている。 Organizers 鈴木 正樹 (フリーランス) 半田市在住。名古屋を拠点に活動しているフリーランスエンジニア。 元々Web系のバックエンドエンジニアだが、現在はAWSをメインに、クラウド上での サーバーレスアーキテクチャを用いたアプリケーションの構築・設計・開発に長く従事。 特にServerless Frameworkを用いたIaC(Infrastructure as Code)の経験が豊富で、 Serverless Frameworkを中心に、IaCを用いたクラウド導入に関する活動も行っている 吉田真吾 (セクションナイン) CYDAS CTO / セクションナインCEO クラウドネイティブなシステム構築・運用のかたわら、ServerlessConf TokyoやServerless Meetup Japan(Tokyo/Osaka/Sapporo/Fukuoka)の運営、また各種記事執筆を通じて、日本におけるサーバーレスの普及を促進。 堀家隆宏 (Serverless Operations) Serverless FrameworkなどのServerless関連のOSSのメンテナーや開発者をやっています。仕事ではServerlessアプリケーションの開発やコンサルティングなど、複数の会社のパートナーとして、協業や支援を行っています。 工藤淳(Iret) 道産子。AWS、GCPパートナーな会社でMicrosoft MVP for Azure で Alibaba Cloud MVPやってます。 セキュリティやOSS、インフラなど様々な分野のコミュニティ運営に携わっています。 Michael H.Oshita @ijin (クラウドソース、セクションナインなど) 数社で技術支援などをおこなっている。 大平かづみ (フリーランス) フリーランス エンジニア, Microsoft MVP for Azure 普段は、サーバーサイド開発、Infrastructure as Code、OSSメンテなどなど多岐にわたって仕事をしています。Azure はもはや趣味。IoT も好き!フロントエンド勉強中。Cogbot、Node-RED、serverless、Vue Vixens、Waffle など様々なコミュニティに出没します。道産子。 杉田寿憲 (株式会社メルペイ) 2018年9月からGoとGCPで決済システムを開発しています。サーバーレスが好きで技術書典5ではGoとAWS Lambdaの本を、技術書典6ではKnativeの本を書きました。 新型コロナウイルスの影響による会場変更の可能性、および注意について 皆様ご存知の通り、新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的に猛威を振るっており、多くのイベントが中止、またはオンライン開催への変更などの対応を実施しております。 現在のところ、本イベントいわば名古屋でのServerless Meetupのキックオフイベントであることから、極力「名古屋での開催」ということを重視し、なるべくオンラインではなく「現地開催」で実施したい、と運営側としては強く考えております。 しかしながら、今後の状況によっては、延期・あるいはオンライン開催への変更などの対応を取らせて頂く可能性があります。 上記の旨、あらかじめご了承願います。 ※2020/03/22追記:現在「現地開催+オンライン」という方法も検討しております。決定次第、下記方法で連絡させて頂きます ※2020/03/24追記:「イベント「無期限延期」のお知らせ」に記載の通り、今回は「無期限延期」とさせて頂くことになりました。 ※会場変更など、当初の予定から変更が生じた場合、下記より案内させて頂きます。 connpassのイベントページ、およびconnpass経由のメール Twitterアカウント @serverlessjp およびハッシュタグ #serverlessnagoya また感染防止も兼ね、各自マスク着用/こまめな手洗い・うがいなどの対策を行って頂きますよう、お願いいたします。 当日体調不良などの症状が見受けられる方には、入場をお断りさせて頂く場合があります。ご了承ください。 会場にマスクなどの用意はございません。 アンチハラスメントポリシーについて 当コミュニティではすべての参加者(スピーカー、スタッフ、参加者、その他サポートしてくれるすべての関係者)は以下の規範に同意する必要があります。われわれはかかわるすべての人に安全な環境が提供されるように参加者全員がこれに協力することを期待します。 アンチハラスメントポリシー(短縮版) 性別、性の同一性や表現、年齢、性的指向、身体障害、体型、体格、人種、または宗教(または逆に信仰を持たないこと)にかかわらず、誰に対しても嫌がらせのない参加体験を提供することに努めます。 参加者への嫌がらせはいかなる行為も容認しません。 性的な表現や画像などは、講演、ワークショップ、パーティー、TwitterやFacebookおよびその他すべてのオンラインメディアを含む、あらゆる場において不適切とみなします。 上記の規則に違反した参加者は、たとえ有料イベントであっても開催者の裁量で返金することなく、これらの場所から追放され今後の参加の一切を断る可能性があります。 アンチハラスメントポリシー(完全版) 「嫌がらせ」には、性別、年齢、性的指向、身体障害、体格、人種、宗教に関する不快な発言や、性的な画像の使用、意図的な脅迫、ストーキング行為、望まない写真撮影や録音・録画、議論の中断を招く不快な発言、不適切な身体的接触、歓迎すべきでない性的関心を引く行為が含まれます。 嫌がらせ行為を中止するように求められた参加者は、直ちに遵守することが求められます。 参加者が嫌がらせ行為に関与している場合、主催者は、違反者への警告や(たとえ有料イベントであっても)返金なしでの即時退場など、適切と思われる行動を取ることができます。 あなたが嫌がらせを受けている、あるいは他の誰かが嫌がらせを受けていたり、その懸念がある場合には、すぐにスタッフに連絡してください。 スタッフは、参加者が会場のセキュリティまたは警察機関に連絡して護衛を提供したり、またはその他の方法でイベントの開催中に当該参加者の安全が担保されることを支援します。つまりわれわれはあなたの参加を心から歓迎しています。 われわれは、すべての参加者が勉強会、カンファレンス、ワークショップといったイベントの会場やイベント関連のミートアップにおいてこれらの規則に従うことを期待します。 個人情報保護について 勉強会の会場へ入館申請を行うため、参加者の本名やメールアドレスの情報を頂く場合があります。 そのため、connpassの事前アンケートで頂いた個人情報を以下に定める内容にて取り扱います。 個人情報の利用目的について ご提供いただいた個人情報は、以下に定める目的にのみ利用いたします。 コミュニティ開催会場の入館申請手続き 勉強会の申し込み者の入館時のご本人確認 個人情報の取扱 取得した個人情報は、connpassでの入力により取得を行います。 当サイト上での個人情報の取得にあたっては、提供時における確認などのクリックによって本人の同意を得たものとします。 当コミュニティでは、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示・提供いたしません。 会場入館の目的に沿って会場提供者(社)に入館申請を行う場合 本人の同意がある場合 本人の生命の保護などのために必要な場合であって、緊急を要するなど、ご本人の同意を得ることが困難である場合 (2020/03/22追記) 更新履歴 2020/03/24 「イベント「無期限延期」のお知らせ」を追加しました。 2020/03/22 「イベント概要」「更新履歴」を追加しました 「新型コロナウイルスの影響による会場変更の可能性、および注意について」について、一部更新を行いました。 項目の表示順を変更しました 2020/03/17 諸事情により、アンケートを削除しました。(ご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ありません) 2020/03/16 新規公開

4ef3c607af496c241adf39493e3df21d CoderDojo奈良・生駒・田原本
4月もオンラインだ!
4月もオンライン開催にします! 今月は通常開催に戻すぞ!って思ったましたが、やはり現在の状況を考慮してオンライン開催に変更します。 オンラインCoderDojoのやり方 オンラインCoderDojoは自宅などのインターネットに接続できる場所から「zoom」というオンライン会議システムを使って接続し参加します。「zoom」の接続方法については、後で説明します。 オンラインCoderDojoに参加する場合は、必ず保護者の方の許可を貰ってください。保護者の方の許可がないことが分かった場合は、接続を解除することがあります。 今回は以下の形でやりたいと思います。 みんな家にいることが多くて他の人と話す機会が減っていると思うので、みんなとコミュニケーションする場として開催します。 オンラインで長時間はちょっとしんどいので(もしかするとニンジャのみんなは大丈夫かもしれないけど、大人はつらい)14:00〜16:00と普段のDojoよりも短めです。 最初の1時間は「雑談タイム」もちろんプログラミングをしてもいいけど(それが本来のCoderDojoだっけ)雑談してるだけでもOKです。家でどんなことしてるとか、どんなことをしたら面白かったとか、この機会に家でやっておきたいことをメンターさんに質問するとか、なんでもOKです。 グループで一緒に作業したい場合はグループ専用の部屋を作ります。ただし、グループ専用の部屋には最低ひとり大人のメンターが入ることを条件とします。もし一緒に入ってくれるメンターさんがいない場合は、申し訳ありませんが諦めてください。 後半の1時間はいつもの「発表タイム。1時間としていますが、発表数が多い場合はそれ以上の時間やるかもしれません。発表タイムから参加しますというのもOKです。色んなニンジャの発表が聞ける機会になると思うので、たくさん参加して欲しいし、たくさんのニンジャに発表してもらいたいです。もちろん、メンターの発表も大歓迎です。 発表タイムについては、もしみんながOKしてくれるならYouTube Liveで配信してもいいかなと思っています。もちろん、その時にはカメラオフで構いません。当日相談させてください。 まだまだオンラインについては試行錯誤中ですが、オンラインだからできる楽しいDojoを作っていきましょう! 使用するオンライン会議システムについて 今回「zoom」という会議システムを利用します。 zoomやオンライン会議システムが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオンとがぞのさんが作ってくださった、こちらのスライド「zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 オンライン会議の環境と接続までの手順 「zoom」はアプリのダウンロードが必要ですが、Mac / Windows / iPhone / iPad / Androidのいずれでも使えます。 Windows/Macで参加される方はこちら。 iPad/iPhoneで参加される方はこちら。 Androidで参加される方はこちら Windows/Macの場合は事前にダウンロード・インストールしていなくても会議参加時に自動でダウンロード・インストールされますが、会議参加時にダウンロードが始まると参加までに時間がかかってしまうので、事前のインストールをお願いします。 アプリをインストールしたら、後日連絡する接続用URLににアクセスしてください。自動的にアプリに切り替わり、オンライン会議が始まります。 接続先は、参加申し込みされた方のみにお知らせします 接続できなかった時の問合せ先 そもそも接続できなかったらどうすればいい?という方は、以下のいずれかにご連絡ください。 Facebookをやってる方向け奈良のCoderDojoに参加する人の公開グループ こちらはFacebookのグループです。Facebookをやってる方はこちらに参加して質問などをかきこんでください。 LINEをやってる方向けCoderDojo奈良・生駒・田原本のオープンチャット こちらは、LINEのオープンチャット(LINEグループのようなもの)です。こちらに参加してもみなさんのLINEアカウントが参加者に知れることはありません。 上記以外の方は、若林までメールでご連絡ください。

Bbd4bd3705c195c7a226c4b41dd8592e 【AI初学者向け】ビジネスAI勉強会 in 名古屋
ビジネスへのAI活用を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着けること。 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 【AI人材を求めている企業様へご紹介】 「AI活用企業様との架け橋支援」 本ワークショップ参加者にビジネスでAIを活用していただきたく、弊社で厳選したAI活用企業様へお繋ぎすることも可能です。詳細はこちらをご覧ください。(ただし、スキル測定会参加必須) なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで学生・社会人のAI初学者を対象に、AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストから直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全12回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全12回構成(1回2時間、隔週で開催予定)  学びたい回のみの受講もOK! ・第1回 概要説明とPython体験 ・第2回 教師あり学習 ・第3回 教師なし学習 ・第4回 予測モデルの学習と評価 ・第5回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第6回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第7回 実世界データのモデリング ・第8回 飲食店の来客数予測 ・第9回 クレジットカードの不正利用検知         ←今回 ・第10回 手書き数字画像の認識 ・第11回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第12回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 持ち物 ・PC(アダプターが必要な方は持参) Anacondaインストール必須。(ダウンロード) ご不明点がございましたら、こちらまでお問い合わせください。 ・ノート、筆記用具(PC上にメモを取る方は不要) 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ワークショップ概要 時間 ・開始20分前より入場可能。 ・途中参加、退場可 会場 ・昭和生涯学習センター ・住所 : 愛知県名古屋市昭和区石仏町1丁目48 ・アクセス : 地下鉄鶴舞線及び桜通線「御器所」下車2番出口南約300m 3番出口南東約300m

4/12 (日)

C4a68233ba0d65e4fa554d94f6943c52 よちよちAndroidサンデープログラミングの会
よちよちAndroidサンデープログラミングの会、名古屋支部の定例オフライン開発ミーティングです。 出席者は、このイベントで参加表明をしてください。 場所は、名古屋市市民活動推進センターのフリースペースです。 http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/index.php よちよちAndroidサンデープログラミングの会に加わりたい方は、ホームページ https://sites.google.com/view/yochiand をご覧ください。 会場は、電源、フリーWiFiがあります。

8ae59cb8c4a4480c198b1bd213a90168 ScratchDojo
Unityが始まるよ(^^♪
子どものためのUnity 入門 今回は新型コロナウイルスの感染防止の観点から、従来の開催場所が使えなくなったことから、今回はオンライン開催にさせてもらいます。 また、オンラインですので、参加費は無料として、CoderDojo 天白と共同開催とし、CoderDojo天白の方にでも案内を出さしてもらいたいと思います。いつの日か、Dojoに寄付でもしていただければ有難いと思います。 参加に際しては下記をクリックしてもらえばいいかと思います。事前にクリックしていただいて登録を済ませてもらえればスムースに行くかと思いますのでよろしくお願いします。 https://us02web.zoom.us/meeting/register/upMrdeuspjosMUGBC67OOqKYy3cv4UvIDw 内容については、最初のことでもあり、主催者も初心者ですので簡単なものを作って、みんなで楽しめるような進め方で行きたいと思いますので、よろしくお願いします。 なお、下記の一般の進め方と同じように 「Unity Hub」をインストールして、同時にインストールされるUnity,Visual Studio 2009をインストールしてきていただけば、スムースになるかと思います。 https://unity3d.com/jp/get-unity/download から、「Unity Hubをダウンロード」 でお願いします。 また、会員の方が早速、テキストを購入して、インストール手順を写真に撮って送ってきてくれました。参考にしていただけると幸いです。 https://www.amazon.co.jp/clouddrive/share/DdQTrr86lCnoVWo8lgUZhTp2BXMLdG4tnw12ZzUxSFD 以上、取り急ぎ、よろしくお願いします。 以上 主宰者:松成 文夫

4/13 (月)

83d4387fe0212bc3cb041fa0a6ab8cf2 City Craft
無料で現役エンジニアの個別レッスンを受けられるのはココだけ!転職に向けてIT武装しませんか?
本気ならお金なんていらない。 現場の第一線で活躍する現役エンジニアが本気のあなただけに無料でプログラミングを教えます。パソコンもこちらで用意してます。いつもより早起きすれば手ぶらで参加可能。 もちろん自分のPCでも参加可能です。 好きな日に好きな時間だけ参加ok! 開催時間:平日7:00~8:30 持ち物:なし (PC持参可) 場所:株式会社シティクラフト会議室 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦二丁目19-18 丸三証券名古屋ビル 6F ※4月以降は下記日程でのご案内です。 月:7:00~8:30 火:7:00~8:30 水:お休み 木:7:00~8:15 金:7:00~8:30 土:お休み 日:お休み 祝:お休み 新規参加は月曜日のみ受け付けます ※初日は7時10分頃より簡単なオリエンテーションを行います。 対象者 本気で転職・就職を考えている20~27歳のプログラミング未経験者 カリキュラム内容 どこに行っても重宝される言語「Java」を徹底的に、業務で使えるレベルで教えます。本3冊分を現場で使える内容に絞り、基礎をみっちり鍛えられる充実のカリキュラム。半年間継続すれば確実に1人前になれます! Step1 [プログラミング基礎1] プログラムを動かしてみる。 環境構築 Java基本1 課題1 課題レビュー Step2 [プログラミング基礎2] プログラムを理解する。 Java基本2 課題2 課題レビュー Java基本3 課題3 課題レビュー Step3 [データ連携] データベースと連携する。 データベース基礎 課題4 課題レビュー Step4 [サービス作成] ウェブで動くサービスを作成する。 HTML・CSS基礎 JavaEE 課題5 課題レビュー 課題改修 課題レビュー カリキュラム終了オリエンテーション 最終課題 [オリジナルアプリ開発] オリジナルアプリケーション開発 レビュー なぜ無料なの? 転職希望者の、やる気はあるけどお金がない。にお応えしました! ただし、1つハードルも用意しました。早朝の勉強会に継続的に参加できる方が今回の対象です。 IT業界は常に人不足。一人でも多く、優秀な仲間が欲しい。 たとえ自社の人間でなくても、一人でも多く日本の企業の役に立ってほしい。 無料なんです。まずは1度来てみてください。 やる気のあるあなたの参加をお待ちしております。

4396 normal 1564975992 %e8%b1%8a%e6%a9%8b%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e6%83%85%e5%a0%b1 豊橋の売れる看板屋さん&Jimdocafe豊橋の商売に役立つセミナー
非常事態宣言発令につき、開催を中止します。 写真に文字入れたり、POPでカッコいい画像つくったり! それってプロに頼まないと出来ない、自分でやるにしても結構面倒そう…..そう思ってますよね(^^)   お教えする無料のアプリCanvaを使えばメチャ簡単にできちゃいます。 ホームページ等のタイトルバナーは勿論、Instagramやストーリーズ、Facebook等々へも展用も可能だし、デザイナーさんにお願いしていたようなチラシだってご自身でつくれます。 今回はCanvaの使い方から、プリントパック等のWeb上の印刷メーカーにへの依頼の流れ、Instagram等への展開をお伝えすると同時に、Instagram活用についてもガツんとお話ししますね♪     【Canvaセミナーの概要説明は、下記動画でご説明してあります。】 https://www.youtube.com/watch?v=4vOF0SjFMYQ&feature=youtu.be      【参加対象は】 ・簡単に画像を、無料で作りたい方 ・ホームページのタイトルバナーや、説明画像、フッター画像等を自分で作りたい方 ・Instagramの投稿、ストーリーズ等の投稿画像を作りたい方 ・YouTube等のサムネイル画像を作りたい方 ・チラシや名刺を自分で作りたい方 ・作ったチラシデータなどを自分でプリントパック等へ印刷依頼をしたい方 ・Instagramへの画像の展開のコツを知りたい方 ・Instagramなどで動く画像を作りたい方 4/13の夜にも同じ講座を開催します。 https://toyohashikanban.doorkeeper.jp/events/105103         ちなみに今回のセミナー用のバナー画像もCanva使って10分ぐらいで作ってます(^^) 今回のセミナーではこんな事を学んでいただきます。 ・Canvaの操作方法、バナー画像をつくる流れ ・Canvaで作った画像の保存方法。 ・Canvaで作ったデータをプリントパックに印刷する方法 ・Canvaで作った画像を使って、Instagramを活用するコツ **********************   Canvaでバナーをつくる流れを説明している動画はコチラ♪ https://www.youtube.com/watch?v=6XBDqxK0qEM&feature=youtu.be **********************   ■Canvaはコチラから https://www.canva.com/             過去に市橋登壇セミナーにご参加いただいた方達の感想のご紹介 ■Googleマイビジネスの感想いただいた近藤さんのブログ-2 https://ameblo.jp/toyohashi-seitai-engido/entry-12573746317.html ■Googleマイビジネスの感想いただいた近藤さんの動画 https://www.youtube.com/watch?v=M1WxcaTMnmQ&t=18s ■Googleマイビジネスの感想いただいた岩本さん https://ameblo.jp/toyokanban/entry-12424297952.html ■リラックスタイムの諸橋さん https://ameblo.jp/relax-time-k/entry-12304407785.html ■アフェットの竹下さん https://ameblo.jp/ikuko-aroma/entry-12304491427.html その他にも沢山の感想いただています、ありがとうございます!!!              電源はご用意いたしますが、Wi-Fi環境はありません(インターネットには接続出来ません) PC持ち込みしてインターネットに接続したい方は、ご自身のスマホでディザリングするか、ネットに接続できるモバイル端末をご持参いただき、ご自身でネットへの接続をして下さいね^^ Canvaはスマホからも操作できますが、今回はPCでの操作を前提にお話しをしますので、スマホでの設定のお話しはいたしませんのでご了承ください。    コロナがこんな状況ですので下記の点を意識の上、御参加をお願いします。 ・マスクをご持参、着用をお願いします。 ・手洗い、消毒等の励行 下記の方は御参加をご遠慮ください。 ・熱がある、風邪の症状が続いている、だるさがある ・身近にコロナに感染してる方がいる                 自己紹介です(^^)   ■市橋 求/集客プロデューサー 大学卒業後、自動車メーカーにてエンジン開発に関わった後、実家の看板屋に入社し、のんびりと先の目的を見つけるつもりが、入社2年目に大口の顧客からのお仕事が突然なくなり、路頭に迷う。なんとかやりくりしていた20年程前に、インターネットに出会ったことが大きな転機に~ 現在は新規顧客の95%がWebから。看板屋と同時にイルミネーション通販サイトも運営。看板や通販サイトでのWeb集客ノウハウを、看板をお作りしたお客様には、お節介で色々とアドバイス、フォローアップしています。 コンサルさんとは違った、商売をしている事業者としての実体験に基づくWeb集客の知識を伝えて欲しいと、豊橋市主催の中小企業人材育成支援研修の講師依頼をされたり、各種団体や中小企業の社内研修の講師依頼も。零細店舗の個別相談等にも、本業の看板屋さんの合間にお受けしています。 また国の中小企業のサポートサイト『ミラサポ』の派遣専門家でもあります。 ストリートビューの認定フォトグラファーでもあります。 会社とは別に個人的な活動として、今回のセミナーのような地元で仕事に活かせるセミナーを開催したり、『ゆる勉』等、ゆるい感じで参加できる勉強会も定期的に開催してます。     ■市橋求のFacebook https://www.facebook.com/illumikanban ■市橋のYouTube https://www.youtube.com/user/illumikanban   少人数での講座ですので、お話しの途中でも、質問をお受けしながらすすめていきますので、勉強していただくと同時に疑問や不安も解消いただけると思います。        ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 途中の入場&退出もOKです(^^) 招待を流してなくても、ご参加できますので、お気軽に~♬ ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●       このセミナー、どしどしシェアしていただけるとメチャ嬉しいです(^^) 勿論、紹介も大歓迎です♬      会場の雰囲気を写真に撮って、facebook&新聞等へアップされる場合もあると思います。参加する方は、顔写真がアップされたり、タグ付けされたりする事をご了解の上、ご参加くださいね(^^)       ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 不参加の方はウォールに書き込みをしないで下さい。 参加ボタンを押してから、キャンセルの場合は【市橋】へ前々日4/11 am11:59までにメッセージをお願いします(^^) ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●         ********************** facebookをしている方向けに講座申込ページを作っておきました! ■Canva使って画像の編集を学ぶ講座(昼間) https://www.facebook.com/events/2802381329843847/ facebookをしているお知り合いがいたら、コチラを教えてあげてくださいね(^^) **********************         ■■■■■■■ セミナー詳細 ■■■■■■■ ○開催日時:2020年4月13日(月) 10:00~13:00 (9:30から受付開始)  (当日の進行状況によって終了時間が延長される場合もあります) ○開催場所:アイプラザ豊橋 愛知県豊橋市草間町字東山143-6 https://goo.gl/maps/3Fdsn8Wkc6yTZjCX8 ○受講料:9,000円 (今回はお試し価格です) ※当日~前々日のキャンセルは受講料を申受けさせて頂きます ○定  員:15名(予約制) 参加申込:このページの【申し込む】をポチにて ○主催:市橋求 090-3857-1988 ←お問合せ 【ご注意下さい】 いかなる理由でも当日~前々日キャンセルは、受講料の申受けをさせて頂きますのでご了承ください。(ドタキャンは、満席で参加断念の方にもご迷惑をかけますのでご遠慮下さい) ※【お釣りの無い】ようにご協力お願いします。 ※キャンセルの場合は、市橋まで直接メッセージをお願いします。 ※定員数に達した時点で、当日前でも一旦募集は締め切ります。 ※セミナー中の動画音声撮影や内容のわかる写真撮影はご遠慮ください。 ※主催者が参加をご遠慮いただきたいと感じた方から、ご参加ポチをいただいた場合は、連絡無く参加削除させていただきますのでご了承ください。 ※コロナの動向、交通機関のマヒや講師の体調不良等により、やむを得ずセミナー開催中止の場合もございますので、ご了承ください。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【潜在顧客】を獲得していく集客方法を大公開! 成功事例を元に潜在顧客アプローチ型戦略を身に付ける。
特設サイトはコチラ セミナーの概要ダウンロードはコチラ お問い合わせ▶[email protected] 開催日時 2020年4月13日 13:00〜16:00 (受付開始時刻12:30) スクール経営者様向けセミナー スクール経営者様向けセミナーになります。※ 個人の方のご応募はご遠慮ください。 ※地域一番店を目指す戦略のため、1業種1地域につき1社様限定募集となります 参加費 無料 セミナー内容 「スクールに通うつもりのない」潜在顧客アプローチ型戦略で新規申し込みすう350%UPした名古屋の英会話教室S様の事例を含めた3部構成のセミナーです。 セミナープログラム 12:30 受付開始 13:00 第1講座 「教室が選べない・・・」そんな生徒様に「選ばれる」マップ情報制作事例 13:35 第2講座 地域だけでなく潜在顧客ターゲティングをSNS広告で実行する方法 14:45 第3講座 「何か習い事がしたいけど・・・」そんな「見込み客」に向けた情報発信 15:45 無料戦略相談会(希望者のみ) 主催 株式会社エッコ 特設サイト 詳しくは下記URLからご確認ください! https://www.seo-ecco.com/seminar1/ お問い合わせ [email protected]

4396 normal 1564975992 %e8%b1%8a%e6%a9%8b%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e6%83%85%e5%a0%b1 豊橋の売れる看板屋さん&Jimdocafe豊橋の商売に役立つセミナー
非常事態宣言発令につき、開催を中止します。 写真に文字入れたり、POPでカッコいい画像つくったり! それってプロに頼まないと出来ない、自分でやるにしても結構面倒そう…..そう思ってますよね(^^)   お教えする無料のアプリCanvaを使えばメチャ簡単にできちゃいます。 ホームページ等のタイトルバナーは勿論、Instagramやストーリーズ、Facebook等々へも展用も可能だし、デザイナーさんにお願いしていたようなチラシだってご自身でつくれます。 今回はCanvaの使い方から、プリントパック等のWeb上の印刷メーカーにへの依頼の流れ、Instagram等への展開をお伝えすると同時に、Instagram活用についてもガツんとお話ししますね♪     【Canvaセミナーの概要説明は、下記動画でご説明してあります。】 https://www.youtube.com/watch?v=4vOF0SjFMYQ&feature=youtu.be      【参加対象は】 ・簡単に画像を、無料で作りたい方 ・ホームページのタイトルバナーや、説明画像、フッター画像等を自分で作りたい方 ・Instagramの投稿、ストーリーズ等の投稿画像を作りたい方 ・YouTube等のサムネイル画像を作りたい方 ・チラシや名刺を自分で作りたい方 ・作ったチラシデータなどを自分でプリントパック等へ印刷依頼をしたい方 ・Instagramへの画像の展開のコツを知りたい方 ・Instagramなどで動く画像を作りたい方 4/13の昼にも同じ講座を開催します。 https://toyohashikanban.doorkeeper.jp/events/105102         ちなみに今回のセミナー用のバナー画像もCanva使って10分ぐらいで作ってます(^^) 今回のセミナーではこんな事を学んでいただきます。 ・Canvaの操作方法、バナー画像をつくる流れ ・Canvaで作った画像の保存方法。 ・Canvaで作ったデータをプリントパックに印刷する方法 ・Canvaで作った画像を使って、Instagramを活用するコツ **********************   Canvaでバナーをつくる流れを説明している動画はコチラ♪ https://www.youtube.com/watch?v=6XBDqxK0qEM&feature=youtu.be **********************   ■Canvaはコチラから https://www.canva.com/              過去に市橋登壇セミナーにご参加いただいた方達の感想のご紹介 ■Googleマイビジネスの感想いただいた近藤さんのブログ-2 https://ameblo.jp/toyohashi-seitai-engido/entry-12573746317.html ■Googleマイビジネスの感想いただいた近藤さんの動画 https://www.youtube.com/watch?v=M1WxcaTMnmQ&t=18s ■Googleマイビジネスの感想いただいた岩本さん https://ameblo.jp/toyokanban/entry-12424297952.html ■リラックスタイムの諸橋さん https://ameblo.jp/relax-time-k/entry-12304407785.html ■アフェットの竹下さん https://ameblo.jp/ikuko-aroma/entry-12304491427.html その他にも沢山の感想いただています、ありがとうございます!!!              電源はご用意いたしますが、Wi-Fi環境はありません(インターネットには接続出来ません) PC持ち込みしてインターネットに接続したい方は、ご自身のスマホでディザリングするか、ネットに接続できるモバイル端末をご持参いただき、ご自身でネットへの接続をして下さいね^^ Canvaはスマホからも操作できますが、今回はPCでの操作を前提にお話しをしますので、スマホでの設定のお話しはいたしませんのでご了承ください。 コロナがこんな状況ですので下記の点を意識の上、御参加をお願いします。 ・マスクをご持参、着用をお願いします。 ・手洗い、消毒等の励行 下記の方は御参加をご遠慮ください。 ・熱がある、風邪の症状が続いている、だるさがある ・身近にコロナに感染してる方がいる                    自己紹介です(^^)   ■市橋 求/集客プロデューサー 大学卒業後、自動車メーカーにてエンジン開発に関わった後、実家の看板屋に入社し、のんびりと先の目的を見つけるつもりが、入社2年目に大口の顧客からのお仕事が突然なくなり、路頭に迷う。なんとかやりくりしていた20年程前に、インターネットに出会ったことが大きな転機に~ 現在は新規顧客の95%がWebから。看板屋と同時にイルミネーション通販サイトも運営。看板や通販サイトでのWeb集客ノウハウを、看板をお作りしたお客様には、お節介で色々とアドバイス、フォローアップしています。 コンサルさんとは違った、商売をしている事業者としての実体験に基づくWeb集客の知識を伝えて欲しいと、豊橋市主催の中小企業人材育成支援研修の講師依頼をされたり、各種団体や中小企業の社内研修の講師依頼も。零細店舗の個別相談等にも、本業の看板屋さんの合間にお受けしています。 また国の中小企業のサポートサイト『ミラサポ』の派遣専門家でもあります。 ストリートビューの認定フォトグラファーでもあります。 会社とは別に個人的な活動として、今回のセミナーのような地元で仕事に活かせるセミナーを開催したり、『ゆる勉』等、ゆるい感じで参加できる勉強会も定期的に開催してます。     ■市橋求のFacebook https://www.facebook.com/illumikanban ■市橋のYouTube https://www.youtube.com/user/illumikanban   少人数での講座ですので、お話しの途中でも、質問をお受けしながらすすめていきますので、勉強していただくと同時に疑問や不安も解消いただけると思います。        ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 途中の入場&退出もOKです(^^) 招待を流してなくても、ご参加できますので、お気軽に~♬ ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●       このセミナー、どしどしシェアしていただけるとメチャ嬉しいです(^^) 勿論、紹介も大歓迎です♬      会場の雰囲気を写真に撮って、facebook&新聞等へアップされる場合もあると思います。参加する方は、顔写真がアップされたり、タグ付けされたりする事をご了解の上、ご参加くださいね(^^)       ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 不参加の方はウォールに書き込みをしないで下さい。 参加ボタンを押してから、キャンセルの場合は【市橋】へ前々日4/11 am11:59までにメッセージをお願いします(^^) ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●         ********************** facebookをしている方向けに講座申込ページを作っておきました! ■Canva使って画像の編集を学ぶ講座(夜) https://www.facebook.com/events/550134012308644/ facebookをしているお知り合いがいたら、コチラを教えてあげてくださいね(^^) **********************         ■■■■■■■ セミナー詳細 ■■■■■■■ ○開催日時:2020年4月13日(月) 18:00~21:00 (17:30から受付開始)  (当日の進行状況によって終了時間が延長される場合もあります) ○開催場所:アイプラザ豊橋 愛知県豊橋市草間町字東山143-6 https://goo.gl/maps/3Fdsn8Wkc6yTZjCX8 ○受講料:9,000円 (今回はお試し価格です) ※当日~前々日のキャンセルは受講料を申受けさせて頂きます ○定  員:15名(予約制) 参加申込:このページの【申し込む】をポチにて ○主催:市橋求 090-3857-1988 ←お問合せ 【ご注意下さい】 いかなる理由でも当日~前々日キャンセルは、受講料の申受けをさせて頂きますのでご了承ください。(ドタキャンは、満席で参加断念の方にもご迷惑をかけますのでご遠慮下さい) ※【お釣りの無い】ようにご協力お願いします。 ※キャンセルの場合は、市橋まで直接メッセージをお願いします。 ※定員数に達した時点で、当日前でも一旦募集は締め切ります。 ※セミナー中の動画音声撮影や内容のわかる写真撮影はご遠慮ください。 ※主催者が参加をご遠慮いただきたいと感じた方から、ご参加ポチをいただいた場合は、連絡無く参加削除させていただきますのでご了承ください。 ※コロナの動向、交通機関のマヒや講師の体調不良等により、やむを得ずセミナー開催中止の場合もございますので、ご了承ください。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

4/14 (火)

10899 normal 1578634441 %e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99 150x150 テックジム名古屋栄校
いまこそPython! 概要 ゼロからはじめるPython入門講座 プログラミングは初めてだけど、Pythonから始めてみたいという方のために、有料のPython基礎コースより一部を抜粋して無料で体験して頂くハンズオン講座をご用意いたしました。 当講座は東京を中心に全国で3800人が参加した人気講座です。 Pythonが注目されている理由とは? 「少ないコード量で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語で、広い分野で使われています。なかでもPythonは、ディープラーニングのライブラリーが圧倒的に豊富で、「人工知能(AI)をやるならPython」と言われるほどです。GoogleやNASAの内部でも利用されており、現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。 Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能で、最初に学ぶ言語としては最適との評価も高いプログラミング言語です。とういうのも、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だというわけです。 これからプログラミングを勉強するなら、Pythonしかありえないといっても過言ではありません。 入門講座のアジェンダとゴール設定 非常にシンプルなサンプルコードを少しずつバージョンアップしながら、「じゃんけんゲーム」を作り上げていきます。 バージョンアップごとに課題が用意されていて、各参加者のスピードにあわせて解いていただきます。 もしつまづいても、スタッフが手取り足取りサポートする「ハンズオン形式」の講座となります。 <本講座で得られること> ・Pythonの基礎的な文法の理解 ・ソースコードを読めるようになる ・自分でゼロからコードを書けるようになる テックジム方式で学ぼう テックジム方式とは、紙媒体のテキストを使い自主学習方式でプログラミング経験を身に着けていくスタイルです。 始めはわからないことだらけだと思いますが、 自ら調べながらやることによる「自主性」が習得効率の飛躍的な向上につながります。 もし行き詰ってしまっても私たちがサポートします! 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けているので、 繰り返し行うことにより自然と習得できてしまいます。 「百聞は一見に如かず!」 自分の手を動かして楽しんで学びましょう! まずは無料体験からご参加ください。 実際に講座に参加して「テックジム方式」を体験してみてください。 タイムスケジュール 18:00~ テックジム方式 19:00~ 問題解説 19:30~ テックジム方式 20:00 終了 19:00までに会場にお入りください。 19:00までであればご自由にご入場して頂けます。 ※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。 ※参加者の事前予約が前日17:30までに0件だった場合開校しない事がありますので予めご了承ください。 参加対象 ・プログラミングを始めたい方 ・Pythonに興味がある方 ※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。 ※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。 ※ 補欠者の方、申込されてない方はご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。 受付 17:50~ 受付にて「Python無料体験講座を受けに来たとお伝えください」 持ち物 ノートPC Googleアカウント ※WiFi環境、電源あります。 参加費 無料 注意事項 ※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。 ※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。 ※ 他の媒体でも集客を実施しておりますので、合計人数が10人に達した時点で募集を打ち切らせて頂きます。

A2b5dc7392ea67a2360ddfc868bf2c04 Fin-JAWS
Fin-JAWS 第11回 最近の金融AWS事情~2020春 〜 開催!! 2月26日に厚生労働省より、新型コロナウイルスの感染の影響で多数の方が集まる全国的なスポーツ、文化イベントは今後2週間は中止、延期又は規模縮小等を対応するよう要請されました。 4月1日現在も引き続き感染拡大防止への協力要請が出されています。 厚生労働省 : イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ AWSユーザー会の支部である Fin-JAWS(金融とFinTechに関するJAWS支部)では「こういう事態だからこそ、ビジネスや学びの時間を止めないように、みんなで出来ることをしよう!」という思いから、前回に引き続きオンラインにて勉強会を開催致します。 さて、今回のテーマは「 最近の金融AWS事情~2020春 〜」と題しまして、最近のAWS利用始めた金融エンジニアから、ブロックチェーンまで最近の金融業界のAWS事情をお届けいたします。 ■開催概要 Fin-JAWSは、金融事業者の方、金融事業に関わる方、金融事業者向けの業務に関わる方など向けのAWSユーザーグループです。AWSに関連する各種事例、業界動向、技術的な実装方式まで幅広く一緒に学び、共有するコミュニティを目指しています。 ■日時 4/14(火) 19:00-21:00 ■アジェンダ 時間 内容 19:00~19:10(10分) オープニング: Fin-JAWS運営メンバー 19:10~19:30(20分) 株式会社Finatext 田島 悟史さん 『タイトル未定』 19:30~19:35(5分) Q&A 19:35~19:55(20分) アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 飯田 哲夫さん 『タイトル未定』 19:55~20:00(5分) Q&A 20:00~20:10(10分) 株式会社野村総合研究所 吉竹 直樹さん 『最近AWSを触り始めた金融エンジニアとしてどう技術獲得したか(仮)』 20:10~20:15(5分) Q&A 20:15~21:35(20分) 株式会社QUICK フィンテック事業室 関 一朗さん 『ブロックチェーン向け金融・経済情報サービス(オラクル)について』 20:35~20:40(5分) クロージング ■リモート参加(Chime)について 本イベントは Amazon Chime を使用いたします。 本イベントに参加するためのURLは、当日の朝と18:30の2回に渡って参加者のみにConnpassより連絡します。Connpassアカウントに紐づいているメールアドレス宛に届きますので、 そちらをご確認ください。 別途、Chime のクライアントパッケージのインストールを推奨いたします。 多少、音声・画質問題がでてくる可能性がございますが、大半の原因はネットワーク環境ですので、何か不具合があれば、まずは環境についてご確認ください。 なお、接続に関する不具合対応方法やクレーム等に対してはお受けいたしかねます。 ※参加人数に限りがございますので、申込者以外への参加用URLの転送はご遠慮ください。 ■ハッシュタグ #finjaws11 #finjaws #jawsug ■ご注意 ・写真、ソーシャル拡散はWelcomeです。但しNGの箇所については発表者に従ってください。 ・JAWS-UGイベントへの参加者は必ず以下のルール、マナーをご確認ください。 JAWS-UGに参加するルールとマナー ・連絡はFin-JAWS 運営メンバーへ ■Fin-JAWS 運営メンバー(50音順) 渥美俊英、あべんべん、大久保光伸、岡崎賢吉、釜山公徳、小出淳二、早川愛、南達也、山口正徳

4/15 (水)

E62c7cf5a5185b61d085f27736c011d4 オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 中部
次世代RPAプラットフォームEnterprise A2019を実際に体験
イベント概要 企業のあらゆるニーズに応えられる、WEB ベース、クラウド対応の次世代RPA プラットフォーム、 Automation Anywhere Enterprise A2019のハンズオンセミナーです。 RPAプラットフォームをこれから検討される方はもちろん、 すでに導入されていて、現在使用しているものとは違うものに触れてみたい方、 RPAとはいったい何だろう?という方までぜひ、ご参加ください。 参加者様ごとに1台PCをご用意して概要のご説明およびハンズオンを行います。 複数人での参加につきましては1社につき2名まで可能です。(お申込みは個別に必要になります。) それ以上の人数でのご参加の場合はご相談ください。 対象: エンドユーザー企業・法人様 タイムテーブル 13:00 受付開始 ※名刺を1枚ご用意ください 13:30 - 16:00 体験セミナー、質疑応答

Fe8f431ffa8fac6642820b9ff0ac54f5 福岡XR部
実験的にVR会場も用意してみます!
【重要】オンライン参加について 新型コロナウイルスへの対応として当面のあいだオンラインのみでの開催となります。 オンライン接続にはZoomを使用し、福岡会場では以下の2通りの参加方法を用意します。 (A) 参加者が個人で直接Zoomに接続する (B) ソーシャルVRプラットフォーム『Hubs』で福岡Hubs会場に接続し、VR会場からZoom側とやりとりする どちらも接続用URLを前日〜当日にリマインドメールでアナウンスするので、どちらかの方法で接続してください。 (B)で入った後に接続が上手くいかなかったら(A)に切り替える、というのもOKです。 (A) 参加者が個人で直接Zoomに接続する 前日~当日にリマインドメールにてZoomに接続するためのURLをアナウンスするので、参加者各自のPC等からZoomで直接接続してください。 Zoomでは映像・音声およびテキストチャットでコミュニケーションをとります。(自分の映像・音声はオフにできます) こちらのほうが安定した視聴が可能だと思われます。 (B) 『Hubs』の福岡Hubs会場に接続する Hubsはブラウザで動作し、PCVR、スタンドアロンVR、デスクトップ、モバイルからアクセス可能なソーシャルVRプラットフォームです。 Hubsのルームに仮想スクリーンを設置してZoomの映像と音声を流します。また、Hubs側の映像と音声もZoom側に送ることで双方向のコミュニケーションが可能です。 (前回のTwitterまとめはコチラ) こちらもリマインドメールにてルームに接続するリンクをアナウンスします。 概要 XRに関する情報共有や交流の場として、 毎月第3水曜日に開催しているイベントです! 全国各地の拠点と中継でつないで、 最新ニュースや技術解説、作品紹介などなど各地の発表をみんなで聞きましょう。 発表の前後は現地の参加者同士での交流タイムです。 気になることを質問してみたり、参加者持参のデバイスを体験させてもらったり! 福岡&全国のXR好きとこれを機会に繋がりましょう! 参加対象 XR技術に興味がある方。 クリエーター・エンジニア・デザイナーはもちろんのこと、 それ以外の方や初めてお越しになる方も歓迎です! 参加費 500円 軽食・お酒・ソフトドリンク代です。 その他、差し入れも大歓迎です! 発表について 各拠点で発表者を募っています。 〇〇作ってみたので感想が欲しい 〇〇をやっているんだけど、ここからできない困った事例 これからこういうイベントやります仲間募集中! など、XRに関連する内容であれば何でもOKです。 参加してる誰かがアドバイスや解決策を提示できるかもしれません。 ※各会場の参加状況や発表内容などの関係で、発表枠数が変動したり次回以降での発表をお願いする場合があります。 スケジュール 19:00 Hubs会場オープン 運営側で会場設営やネットワークのテストなどします。 19:30 Hubs会場乾杯? 19:45 全国中継オープニング 20:00 発表・デモ紹介など 発表(LT)は、XRに関連することであれば何でもOKです! 発表が終わり次第、各会場での交流・体験の時間になります。 22:00 Hubs会場クローズ 発表内容 大阪枠 発表者 タイトル 時間 直彰 Holoニュースとか(今月のXRに関する情報共有) 30分 TBA TBA -分 関東枠 発表者 タイトル 時間 Miyaura 今月取り組んだXR関連技術について 20分 TBA TBA -分 北海道枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 福岡枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 佐賀枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 名古屋枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 会場 オンライン(ZoomおよびHubs)

東京、大阪、福岡、佐賀、長野、名古屋とつないで楽しくやりましょう!
(4/7・重要)新型コロナウイルスCOVID-19への対応としてのオンライン開催 新型インフルエンザ等緊急事態宣言を受けまして、   今回のXRミーティングも前回に引き続きオンライン開催のみとさせていただきます。 急速に感染報告域を拡げておりますコロナウイルスの対策につきまして、本会の運営方針としましては *地元に感染者が居る旨の報道が出た *地元開催の音楽ライブやスポーツの興行が中止になった *直近のキャンセル者の理由に「会社でイベント自粛要請が出た」「移動/人混み/密室が不安なので」といった類のコメントがあった などへの対応を迅速に行っていきたいと考えております。 ---今回の対応--- 前回同様、 個別参加者への対応を拡大し、会議ソフトzoomでの個人接続枠を提供します。 参加枠にエントリーしていただければ前日~当日にリマインドメールにて接続先のURLをアナウンスいたします。 接続サポート(音声・映像)などは進行役(@jun_mh4g)が直接ツイッターDMなどで当日対応いたします。事前にご相談いただけますとスムーズです。 また、Zoomの接続サポートの人員の都合上参加枠が少人数からとなっておりますが、助けて頂ける経験者の方がいらっしゃいましたら、参加枠の拡大につながりますので是非ご協力いただければ幸いです。DMにて事前連絡をくださいm( "m) 登壇希望も同様にDMにて受け付けておりますので、ぜひ知見共有に加わっていただければ幸いです。 2020年も他コミュニティとより積極的に繋がっていきます!! 概要 XR(AR/CR/MR/SR/VRの近未来技術)に関する情報共有や自作アプリのお披露目ができる場 としてイベントを開催します。 ある程度顔の見える人数でXR技術についての情報発信や意見交換をしませんか? 登壇者の話を聞きつつ気軽に会話しながらXR技術についての知見を深めましょう。 同日関西、関東で実施する大阪駆動開発の「XRミーティング」と中継でつなぎ、関西、関東、北海道という距離を 超えたより広い範囲で参加者同士が意見交換、ネットワーキングを構築できます。 クリエーター・エンジニア・デザイナーはもちろんのこと、それ以外の方や初めてお越しになる方も、 お気軽にご参加下さい。 参加するメリット 中継により、関西、関東、九州、北海道のXR(AR/CR/MR/SR/VR等の近未来技術)に関心を持つ者同士で関係が構築できます。 情報共有等を通じて仲間を増やしつつ、イノベーションを巻き起こしましょう! 対象参加者 XR(AR/CR/MR/SR/VR等の近未来技術)に関心をお持ちの方 開発未経験の方の参加も大歓迎です! 参加枠について 一般枠:XRミーティングでネットワーキングや情報情報交換をしたい人 発表枠:こんなことやったよ等情報共有したい枠(目安10分程度) 発表いただける方は参加登録時のアンケートにその旨記載ください 発表枠については、XRに関連する内容であれば何でもOKです。 〇〇作ってみた。 〇〇をやっているんだけど、ここからできない困った事例 これからこういうイベントやります仲間募集中! 特に技術的に困っていることやアドバイスがほしいなどがあればそれを軽くまとめて発表してみてください。 参加してる誰かが解決策を提示できるかもしれません。 発表内容 大阪枠 発表者 タイトル 時間 直彰さん(@diberidarshi) Holoニュースとか(今月のXRに関する情報共有) 30分 TBA TBA --分 関東枠 発表者 タイトル 時間 Miyauraさん(@takabrz1) 今月取組んだXRに関する開発技術に関する情報共有 20分 TBA TBA 10分 (以下順不同) 福岡枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA 10分 長野/松本枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA 10分 北海道枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA 10分 佐賀枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA 10分 名古屋枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA 10分 タイムテーブル 【19:30】 接続確認 【19:45】 XRミーティング 趣旨説明など 【20:00】 発表開始 【21:00】 情報共有(発表・デモ紹介) 【21:30】 オンライン上でのネットワーキング(チャットで雑談や交流) 【22:00】 散会 別会場イベントページ 関東 大阪 [福岡](これから公開 [佐賀](これから公開 [名古屋](未定) 協力(※今回は開場しません) 株式会社ProVision 開発センター Map: https://goo.gl/maps/KUPd9fUs2JT2

01c72ac55b5fca1eeb83bfda7f47b020 大阪駆動開発 - 関東支部
XR=AR/CR/MR/SR/VR等の先端技術の総称 飲食しつつまったり情報交換しましょう!
!!!重要!!! 新型コロナウィルス(COVID-19)への対応について 都内は緊急事態宣言が発令されいる状況の中で3密を避けることを目的に、当面の間本イベントはZoomによるオンライン接続での開催に変更いたします。 参加枠にエントリーしていただければ前日~当日にリマインドメールにて接続先のURLをアナウンスいたします。 オンラインでの開催のため、関東イベントとして登録していますが、その他の地域でも興味のある方の参加OKです。 概要 XR(AR/CR/MR/SR/VRの近未来技術)に関する情報共有や自作アプリのお披露目ができる場 としてイベントを開催します。 ある程度顔の見える人数でXR技術についての情報発信や意見交換をしませんか? 登壇者の話を聞きつつ気軽に会話しながらXR技術についての知見を深めましょう。 同日、各地域で実施する「XRミーティング」と中継でつなぎ、距離を超えたより広い範囲で 参加者同士が意見交換、ネットワーキングを構築できます。 クリエーター・エンジニア・デザイナーはもちろんのこと、それ以外の方や初めてお越しになる方も、 お気軽にご参加下さい。 参加するメリット 中継により、関西と関東両地域のXR(AR/CR/MR/SR/VR等の近未来技術)に関心を持つ者同士で関係が構築できます。 情報共有等を通じて仲間を増やしつつ、イノベーションを巻き起こしましょう! 中継地域(予定) 【札幌】XRミーティング 2020/XX/XX【AR/CR/MR/SR/VR】 【大阪】【オンライン】XRミーティング 2020/04/15【AR/CR/MR/SR/VR】 【福岡】XRミーティング 2020/XX/XX【AR/CR/MR/SR/VR】 【佐賀】XRミーティング 2020/XX/XX【AR/CR/MR/SR/VR】 【名古屋】XRミーティング 2020/XX/XX【AR/CR/MR/SR/VR】 ※地域でXR系イベントを企画しているコミュニティで参加したいコミュニティはお気軽にお声掛けを。 参加可能な方 XR(AR/CR/MR/SR/VR等の近未来技術)に関心をお持ちの方 参加枠について 一般枠:XRミーティングでネットワーキングや情報情報交換をしたい人 発表枠:こんなことやったよ等情報共有したい枠(目安10分程度) 発表枠については、XRに関連する内容であれば何でもOKです。 〇〇作ってみた。 〇〇をやっているんだけど、ここからできない困った事例 これからこういうイベントやります仲間募集中! 特に技術的に困っていることやアドバイスがほしいなどがあればそれを軽くまとめて発表してみてください。 参加してる誰かが解決策を提示できるかもしれません。 料金 種別 参加費 一般枠 無料 開催場所 オンライン開催 コンテンツ 【19:45~ 20:00 】接続確認 【20:00~ 21:30 】情報共有(発表/デモ紹介) 発表(LT)は、XRに関連することであれば何でもOKです! 【21:30~22:00】オンライン上でのネットワーキング(チャットで雑談や交流) 発表内容 大阪枠 発表者 タイトル 時間 直彰 Holoニュースとか(今月のXRに関する情報共有) 30分 TBA TBA -分 関東枠 発表者 タイトル 時間 Miyaura 今月取組んだXRに関する開発技術に関する情報共有 20分 TBA TBA -分 札幌枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 福岡枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 長野/松本枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 佐賀枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 名古屋枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 参加を希望される方は・・・ 必ず事前にconnpassで参加申し込みをしてご参加ください。 イベントの詳細については、後日リマインドメールをお送りしますので、必ずご確認ください。 コミュニティについて 当コミュニティ(大阪駆動開発)は、沢山の企業・団体・学校と共創させて頂きながら 関西を中心に先端技術のイベントを企画・運営しつつイノベーションを発信を行っています。 2019年1月に以下の新聞紙面にて大阪駆動開発の取り組みを掲載頂きました。 日本経済新聞(1面トップ):未来の生活、万博通し描く 若者や外国人ら新発想 SankeiBiz:大阪万博が示す「未来の社会」準備本格化 VR、AI…技術進化どこまで 2018年12月に以下の新聞紙面にて大阪駆動開発の取り組みを掲載頂きました。 [神戸新聞:VRで認知症治療 AI使い手術訓練 活気づく民間技術開発] [佐賀新聞:VR AI開発活気づく] 2018年11月に以下の新聞紙面にて大阪駆動開発の取り組みを掲載頂きました。 毎日新聞:開催決定祝い、VR体験イベント 大阪工大 産経新聞:目指すは五感の再現、VRで80億人来場目指す大阪万博 2018年1月に [Microsoft社よりコミュニティ活動への貢献賞]を受賞させて頂きました。 Microsoft HoloLens 国内発売1周年記念ファン感謝祭 開催レポート パート2 https://winblogs.azureedge.net/win/2018/01/38bf4023c1a24a9679b6390ae7058730.jpg

4/16 (木)

10cc6929573f21d3a0b2970fe8367770 株式会社インサイト
同日午後「ベイズ統計学入門」開催
【テーマ】「CAE技術者の為のPython/Numpy基礎講習会」 【日 時】 4月16日(木) 10:00-14:30(12:00-13:00 昼食休憩) 【参加費】 4,000円 【参加の登録】[email protected] へ下記をお送りください。     *開催日     *ご希望の勉強会テーマ     *資料送り先の住所・氏名     *当日連絡が取れる電話番号     *zoomの使用経験(有/無)   ※振り込み確認後に資料送付のため、開催3日前までにお申し込みください。     *参加費は事前払いで手数料はご負担ください。       振込み先:         ・三井住友銀行 ときわ台支店 普通6569453         ・りそな銀行 常盤台支店 普通4329261         ・ジャパンネット銀行 本店営業部 普通6207320       名義:株式会社インサイト 【参加までの流れ】 ・[email protected] へ上記、必要な情報を送信してください。  ↓ ・インサイトより受付完了メール送信  ↓ ・振込  ↓ ・振込確認後、資料送付 ・Zoom接続確認  ↓ ・開催前にZoom接続用ID送信 【お願い】    ・ZoomまたはSkypeでの開催になります。     事前にZoomまたはSkypeの接続用のIDをメールにて送付します     開催時刻前に設定ください。    ・基本的に、テキスト送付後のキャンセルは受けておりません。    ・勉強会の録画・録音・撮影、および資料の2次利用、     詳細内容のSNSへの投稿は固くお断りいたします。        尚、同業他社様のご参加はご遠慮頂いております。 【内容】 現在弊社では、CAE技術者がデータサイエンスを利用することを推進しております。 データサイエンスの処理プログラム言語は現在PythonとRが主流ですが、RからPythonへの移行が予想されます。 データサイエンスのプログラムを組む際に、計算速度の観点やライブラリを利用する為にはNumpyの利用が必須です。 そこでPython全般の基礎知識とNumpyに焦点を絞った講習会を企画しました。 コードを丁寧に説明します。 Pythonの利点・欠点 PythonとNumpyの違い Pythonの概要 Numpyの概要 CAEへの適用事例 実装方法 質疑、討論 株式会社インサイトでは、2018年末よりデータサイエンス勉強会、 及びPython/Numpy講習会を開始、14のテーマについて オリジナルテキストを作成し、述べ80回を超える開催を 行って参りました。最近では大阪、名古屋等への開催地拡大に加え、 企業への出張セミナーも賜っております。 少人数の勉強会ですので、お気軽にご参加ください また、こんな事が出来るといいなと言う意見があれば、 ご提案ください。 <テキスト> オリジナルテキストを当日コピーして無料配布しますが、前もって販売もしております。 簡易製本 1冊 5,000円(税、送料込み) http://www.meshman.jp/seminar/textsales.html *簡易製本テキストと当日のテキストとの違い (1)簡易製本:1スライド1頁の印刷   当日テキスト:4スライド1頁の印刷 (2)製本の有無 *販売の理由 この勉強会の参加費は勉強会全体の経費のみを賄う程度です。 この企画にご賛同頂ける方は「カンパ」の意味で購入頂けると有り難いです。   購入は強制ではありませんので それによって参加が出来なくなるという事は一切ございません。 当日配布のコピーでの参加も歓迎です。 テキストのお申込み(参加登録と同じです) 連絡先:[email protected]      ★送付先の住所      ★宛名      ★電話番号      をお書き添えください。 お振込み確認後の発送となります。 振り込み先は上記、参加登録を参照ください。

10cc6929573f21d3a0b2970fe8367770 株式会社インサイト
同日午前「CAE技術者の為のPython/Numpy基礎講習会」開催
CAE技術者の為のデータサイエンス勉強会 <開催80回・参加200名の実績> 【テーマ】「ベイズ統計学入門」 【日 時】 4月16日(木) 14:40-18:10 【参加費】 4,000円(資料代込み) 【参加登録】[email protected] へ下記をお送りください。     *開催日     *ご希望の勉強会テーマ     *資料送り先の住所・氏名     *当日連絡が取れる電話番号     *Zoom使用経験(有/無)   ※振り込み確認後に資料送付のため、開催3日前までにお申し込みください。     *参加費は事前払いで手数料はご負担ください。       振込み先:         ・三井住友銀行 ときわ台支店 普通6569453         ・りそな銀行 常盤台支店 普通4329261         ・ジャパンネット銀行 本店営業部 普通6207320       名義:株式会社インサイト 【参加までの流れ】 ・[email protected] へ上記、必要な情報を送信してください。  ↓ ・インサイトより受付完了メール送信  ↓ ・振込  ↓ ・振込確認後、資料送付 ・Zoom接続確認  ↓ ・開催前にZoom接続用ID送信    【お願い】    ・ZoomまたはSkypeでの開催になります。     事前にZoomまたはSkypeの接続用のIDをメールにて送付します     開催時刻前に設定ください。    ・基本的に、テキスト送付後のキャンセルは受けておりません。    ・勉強会の録画・録音・撮影、および資料の2次利用、     詳細内容のSNSへの投稿は固くお断りいたします。        尚、同業他社様のご参加はご遠慮頂いております。 【内容】 ベイズの理論 ベイズの定理 確率変数と確率分布 離散型・連続型 ベイズ更新 非ベイズ 頻度主義との比較 適用事例 質疑、討論   ( ソースコードを後日配布します。) 同テーマの勉強会では同じ内容となっておりますが 講師の説明は少しずつ更新されており、 お話する内容も進化しております。 習得度確認のための再度のご参加も歓迎です。 株式会社インサイトでは、2018年末よりデータサイエンス勉強会を開始、 14のテーマについてオリジナルテキストを作成し、述べ80回を超える 開催を行って参りました。最近では大阪、名古屋等への開催地拡大に加え、 企業への出張セミナーも賜っております。 内容は、シミュレーション結果の分析、生産工程で得られるデータの より高度な分析、より効率的な実験計画と実験結果の分析、開発時の実験と シミュレーションの融合、製品運用時の計測データとシミュレーションの 融合など、データ同化の実用化を念頭に、基礎技術を一つずつ固めることを 目標としています。 「データサイエンスを仕事に取り入れたいが漠然としていてどのように 着手したらよいか分からない。」「仕事でデータサイエンスを使っているが、 何となく曖昧だったところをはっきりさせたかった。」など、様々な動機で 幅広い分野の方々に、継続的にご参加頂いております。 少人数の勉強会ですので、お気軽にご参加ください また、こんな事が出来るといいなと言う意見があれば、 是非お聞かせください。 <テキスト> オリジナルテキストをコピーして無料郵送しますが、前もって販売もしております。 簡易製本 1冊 5,000円(税、送料込み) http://www.meshman.jp/seminar/textsales.html *簡易製本テキストとコピー版テキストとの違い (1)簡易製本:1スライド1頁の印刷   コピー版(無料):4スライド1頁の印刷 (2)製本の有無 *販売の理由 この勉強会の参加費は勉強会全体の経費のみを賄う程度です。 この企画にご賛同頂ける方は「カンパ」の意味で購入頂けると有り難いです。   購入は強制ではありませんので それによって参加が出来なくなるという事は一切ございません。 コピー版での参加も歓迎です。 テキストのお申込み(参加登録と同じです) 連絡先:[email protected]      ★送付先の住所      ★宛名      ★電話番号      をお書き添えください。 お振込み確認後の発送となります。 振り込み先は上記、参加登録を参照ください。

10899 normal 1578634441 %e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99 150x150 テックジム名古屋栄校
いまこそPython! 概要 ゼロからはじめるPython入門講座 プログラミングは初めてだけど、Pythonから始めてみたいという方のために、有料のPython基礎コースより一部を抜粋して無料で体験して頂くハンズオン講座をご用意いたしました。 当講座は東京を中心に全国で3800人が参加した人気講座です。 Pythonが注目されている理由とは? 「少ないコード量で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語で、広い分野で使われています。なかでもPythonは、ディープラーニングのライブラリーが圧倒的に豊富で、「人工知能(AI)をやるならPython」と言われるほどです。GoogleやNASAの内部でも利用されており、現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。 Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能で、最初に学ぶ言語としては最適との評価も高いプログラミング言語です。とういうのも、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だというわけです。 これからプログラミングを勉強するなら、Pythonしかありえないといっても過言ではありません。 入門講座のアジェンダとゴール設定 非常にシンプルなサンプルコードを少しずつバージョンアップしながら、「じゃんけんゲーム」を作り上げていきます。 バージョンアップごとに課題が用意されていて、各参加者のスピードにあわせて解いていただきます。 もしつまづいても、スタッフが手取り足取りサポートする「ハンズオン形式」の講座となります。 <本講座で得られること> ・Pythonの基礎的な文法の理解 ・ソースコードを読めるようになる ・自分でゼロからコードを書けるようになる テックジム方式で学ぼう テックジム方式とは、紙媒体のテキストを使い自主学習方式でプログラミング経験を身に着けていくスタイルです。 始めはわからないことだらけだと思いますが、 自ら調べながらやることによる「自主性」が習得効率の飛躍的な向上につながります。 もし行き詰ってしまっても私たちがサポートします! 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けているので、 繰り返し行うことにより自然と習得できてしまいます。 「百聞は一見に如かず!」 自分の手を動かして楽しんで学びましょう! まずは無料体験からご参加ください。 実際に講座に参加して「テックジム方式」を体験してみてください。 タイムスケジュール 18:00~ テックジム方式 19:00~ 問題解説 19:30~ テックジム方式 20:00 終了 19:00までに会場にお入りください。 19:00までであればご自由にご入場して頂けます。 ※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。 ※参加者の事前予約が前日17:30までに0件だった場合開校しない事がありますので予めご了承ください。 参加対象 ・プログラミングを始めたい方 ・Pythonに興味がある方 ※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。 ※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。 ※ 補欠者の方、申込されてない方はご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。 受付 17:50~ 受付にて「Python無料体験講座を受けに来たとお伝えください」 持ち物 ノートPC Googleアカウント ※WiFi環境、電源あります。 参加費 無料 注意事項 ※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。 ※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。 ※ 他の媒体でも集客を実施しておりますので、合計人数が10人に達した時点で募集を打ち切らせて頂きます。

92cc05905435cc2d07f6e0ba589d5e82 機械学習 名古屋
論文等紹介LT大会その25
機械学習 名古屋 研究会 注意 COVID-19対策にしばらくオンラインイベントとします。 概要 機械学習に関する論文・技術ブログを読み、情報共有のLTをする勉強会です。 【発表者・事前に】 論文・技術ブログのまとめ作成(研究会の GitHub リポジトリにプルリク) 【当日】 発表・質疑応答・不明点の解明 対象 機械学習を業務・趣味で用いている人 チュートリアルや基本的な技術書をある程度読み終え、次のステップへ進みたい人 機械学習を使ったサービスのネタを探している人 目的 急速な進歩を続ける機械学習の分野で活躍するには、最新技術の情報収集が重要です。多人数で情報収集・共有をすれば効率的です。この勉強会で、 知識のアップデート 論文を読む習慣付け 発展的・実践的な知見の獲得 をしましょう。 時間割 合計2時間のLT会を行います。発表者数で割った時間が一人あたりの持ち時間です。 一人あたり、発表5分、質疑応答5分を想定しています。 会場 このイベントはリモートで行います。開始直前にconnpass登録の連絡先に届く参加方法を確認し、リモート参加してください。 参加方法 枠 事前準備 当日 備考 リモート発表枠 論文・技術ブログをまとめる(「発表方法」を参照) 開始直前にconnpass登録の連絡先に届く参加方法を確認し、リモート参加してください。 読む論文が決まらない場合も現地発表枠で申し込んでください リモート一般枠 開始直前にconnpass登録の連絡先に届く参加方法を確認し、リモート参加してください。 発表方法 論文・技術ブログを開催日時までに読んで、マークダウン形式で簡単にまとめ、研究会の GitHub リポジトリにプルリクエストを出してください。不明な場合などは代行します。その場合、管理者宛にまとめた.mdファイルを送付してください。 論文・技術ブログのまとめ方について 次は、まとめの章立ての例です。このような内容をまとめてください。 章 内容 どんなもの? 手法の概要 先行研究と比べて何がすごい? 新規性について 技術や手法の肝は? 手法のポイント どうやって有効だと検証した? 評価指標など 議論はある? 論文の研究で出た予想や残った課題など 次に読むべき論文 関連する論文 論文まとめテンプレートを用意しています↓ 論文まとめテンプレート テンプレートなどを利用して、マークダウン形式(.md ファイル)でまとめを作成してください。 提出方法 提出は、研究会の GitHub リポジトリ へのプルリクエストで行います。 {研究会日付}_reportsディレクトリ内に、発表と紐づくようなパス(論文タイトル、発表者名など)でまとめを配置してください。例えば、第1回論文まとめディレクトリを参考にしてください。 GitHub を使えないなどの場合は、当日までに論文をまとめた .md ファイルを管理者宛に送付(もしくは共有URLを提示)いただければ、プルリク代行いたします。 FAQ どうまとめたらいいか分からない まとめの章立ての例や、論文まとめテンプレートは、 落合陽一氏の論文まとめ方(あるスライドの65ページ目) を参考に作成したものです。 考え方やコツは、これまでのまとめ(例えば、第1回論文まとめディレクトリ)や、以下に挙げる参考サイトなどを参考にしてください。 参考 高速で論文がバリバリ読める落合先生のフォーマットがいい感じだったのでメモ - 書架とラフレンツェ パワポ版の落合先生流論文要旨のテンプレートを作ったので配布する - 一人ぼっちのライフハック生活 GitHub の使い方(プルリクエストのやり方)が分からない プルリクエストには GitHub のアカウントが必要です。プルリクエストの方法は次の記事が参考になります。 【GitHub】Pull Requestの手順 GitHubでFork/cloneしたリポジトリを本家リポジトリに追従する 最新論文でないですが大丈夫ですか 会の趣旨から大きく離れていなければ大丈夫です。 画像を入れたい 外部サイトに画像を置く以外にも、20xxxxxx_reports/{発表との対応が分かるディレクトリ名}/xx.pngのようなパスに画像を置く方法をおすすめします。 差分 第25回より COVID-19対策にリモートのみとした。 第24回より リモート枠をリモート発表枠とリモート一般枠に分けた(発表者人数把握のため)。 第14回より アンケートを無くした。 現地発表者は読む論文が決まっていなくても最初から現地発表枠で申し込む方式に変更した。 第13回より 論文以外にも技術ブログも可とした。 発表しなくても可とした。ただし、枠は発表者優先。 リモート参加を可とした。

2b69cc26dc1ca7a1e11dbf04bb73e4a6 Sports Analyst Meetup
現役スポーツアナリストとスポーツ分析に興味のある方々で情報共有をしましょう!
本イベントはzoomを利用したオンライン開催です。 後日、参加者にURLをご連絡します。 目的 スポーツアナリストおよびスポーツデータ分析に興味のある方に向けたイベントです。 本イベントはスポーツのジャンルを問わずスポーツアナリスト(を目指す人)にとって有益な情報共有の場になることを目的としています。 LT発表について ご自身の画面を共有しながら発表を実施していただきます。 時間は5〜10分程度の予定です。 発表者の方々にはイベント開始30分前にお集まりいただき、運営と共に画面共有や音声テストなどのリハーサルに参加していただこうと考えております。詳細はconnpassのメールにてご連絡予定です。 LT内容の変更などありましたら、[email protected]宛てにご連絡ください。 参加費 無料 タイムスケジュール 本イベントはzoomを使用したオンライン開催です。 LTされる方以外はカメラをオフ、マイクはミュートにしていただくようお願いいたします。 コメント・質問などはzoom上のチャットでお願いします。 ※各発表後、5分ほど質問タイムを設けます 発表順 発表者 競技 タイトル 未定 Fanalyst サッカーとか 未定 未定 Keisuke Fujii バスケットボール 攻撃・守備戦術の自動分類 未定 Yohei_CHIBA フェンシング 未定 未定 いとまき/Itomaki バレーボール バレーボールの戦略と状況評価 未定 nowism1229 野球 未定 スポーツデータを分析したいけどデータがない人向けのデータ取得方法 主催者側で簡単にまとめましたので、コチラを参照ください。 参加について 注意事項 本勉強会は、技術交流が目的です。 知識の共有や参加者同士の交流を目的としない方の参加はお断りします。 参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。 セールスやリクルーティング、飲食目的など、趣旨にそぐわないと主催者側で判断した場合にはご退席いただく場合がございます。 行動規範 本イベントの行動規範はこちらをご参照ください。 万が一、ハラスメント行為を見聞きした方は、お手数ですが運営までご一報いただけますと幸いです。 [email protected] キャンセル 当日都合が悪くなって参加できないことが判明した方は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願いします。 参加の状態のまま当日お越しいただけなかった方は、次回以降の参加の優先順位を下げさせて頂く可能性があります。 管理者 ttakuya Tsuyupon マーケティングデータコンサルタント。野球好き。千葉ロッテファン。[共著]データサイエンティスト養成読本登竜門編。[共訳]Pythonによる機械学習: 予測解析の必須テクニック upura データアナリスト&エンジニア。競技問わずスポーツ観戦が好き。わんぱく相撲名古屋市大会2年連続ベスト8, ベースボール×データ ハッカソン「エンジニアリング部門」準優勝など。 K_shoppi 現役ラグビーアナリスト。バスケとアメフトが好き。最近サッカーも見始めました。 flaty データアナリスト&エンジニア。小中は野球、高校はテニス、大学はトライアスロン、最近はまたテニスをやってます。観戦は競技関係なく色々。

4/18 (土)

8d71b70a8f36fdfc9aff3450abc714d4 Nagoya.Swift+
Nagoya.Swift+ 勉強会 Swift + その他 (Goとか機械学習とか) を勉強します この勉強会の内容 技術者としての好奇心や向上心を満たすために技術的な挑戦をするふりをして遊びます 類義語 : 技術の無駄遣い 参加者枠説明 遊びに来る枠: 実際に会場にお越しいただく方向けです リモート参加枠: 自宅などから参加したい方向けです(Nagoya.Swift+のTeamsに参加頂いている方) タイムスケジュール 時間 内容 09:00 開始 09:00 - 17:00 もくもく(途中お昼含む) 17:00 - 18:00 成果発表会(任意ですが、発表用のスライド作成を実施しております) 18:00 撤収 場所 idea+ lab. 栄山吉ビル 2F会議室 (エレベーター出てすぐ、大きなディスプレイの横) ※変更になる場合は事前にメールにてご連絡します。 Microsoft Teamsの活用について(任意) 本勉強会では、下記を目的にMicrosoft Teamsを利用しています。 勉強会参加者とのコミュニケーション 成果発表時にリモートでご参加される方とのWeb会議(画面共有) 事前にデスクトップ版アプリのDLをお願いします。 【ご注意】 Teamsの利用にはMicrosoftアカウントが必要です MicrosoftアカウントのメールアドレスはTeams内で公開されます 備考 会場によってはwi-fiがない可能性があります。 ※運営にてポケットwi-fiがレンタルできた場合はそちらをご利用いただけます。レンタル費用はカンパ制としているため、運営含むポケットwi-fi利用者の方で割り勘をさせていただいております。(以前は6名で利用し、お一人当たり200-300円カンパいただきました) 過去の勉強会の様子 2020年 2月度勉強会 レポート 1月度勉強会 アルバム レポート 2019年 12月度勉強会 アルバム レポート 11月度勉強会 アルバム レポート 10月度勉強会 アルバム レポート 9月度勉強会 アルバム 8月度勉強会 アルバム 7月度勉強会 アルバム 6月度勉強会 アルバム 5月度勉強会 アルバム 4月度勉強会 アルバム 3月度勉強会 アルバム 2月度勉強会 アルバム 2018年 2月度勉強会 アルバム 1月度勉強会 アルバム 2017年 Nagoya.Swift+ 2017年活動記録 2016年 Nagoya.Swift+ 2016年活動記録

4/19 (日)

C4a68233ba0d65e4fa554d94f6943c52 よちよちAndroidサンデープログラミングの会
よちよちAndroidサンデープログラミングの会、名古屋支部の定例オフライン開発ミーティングです。 出席者は、このイベントで参加表明をしてください。 場所は、名古屋市市民活動推進センターのフリースペースです。 http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/index.php よちよちAndroidサンデープログラミングの会に加わりたい方は、ホームページ https://sites.google.com/view/yochiand をご覧ください。 会場は、電源、フリーWiFiがあります。

10271 normal 1560061914 %e7%8a%ac%e5%b1%b1a CoderDojo 犬山
開催会場の変更のお知らせ (3/30) 新型コロナウィルス感染予防のため、犬山市の公共施設は4月末まで閉館が延長されました。 そのため、開催会場をいつもの犬山南地区学習等供用施設から、「みんなのお家 ひなたぼっこ」に変更します。犬山市楽田地区にある民家を活用した多目的スペースです。    みんなのお家 ひなたぼっこ 〒484-0913 〒484-0913 愛知県犬山市字鳥屋越36−6  地図→   ホームページ→    参加されるお子さん、親御さん、メンター さんはマスクの着用と会場での手洗いをお願いします。 また、状況によっては中止・オンラインでの開催の場合もございますので、ご了承ください。    子供達の自主性を育むことを目的とし、カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。また、毎回その日にやったことや自宅などでやったことをみんなに発表します。 ・Scratchを中心に作品作りをします。 初めのうちはScratchカードの作品をおすすめしています。アレンジして自分のオリジナル作品を作りましょう。他に作りたい作品がある子はその作品をやってもらってOKです。   ・micro:bitで制御するロボットカーとLegoEV3を各1台持っていきます。やってみたい人は申し込み時にその旨ご記入ください。    CoderDojo犬山 でできること Scratch   ブロックを組み合わせてパズル感覚で、初心者でも簡単にゲームやアニメーションやアートを作れる無料のプログラミング言語です。自主的な作品つくりを行います。 ビスケット   お絵かき感覚で、小さな子でも楽しめるプログラミングツールです。 アニメーション、ゲームなどを簡単に作れます。パソコン、タブレット、スマホなど様々な機種で動きますが、特にタブレットとの相性が良いです。   micro:bit プログラミングして操れる小さなコンピューター。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、無線通信機能がついています。   CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。利用したい方は申し出てください。   持ち物 当日までの準備 Scratch ・持ち物:ノートパソコン(貸出パソコン2台まで有)、筆記用具 ・貸し出しが必要な方は、申し込み時にご連絡ください。 ・できれば、当日までにScratchデスクトップ(Scratch 3.0 オフライン版)をインストールしておいてください。⇒Scratchデスクトップ  ビスケット ・持ち物:ノートパソコンかタブレット ・貸し出しが必要な方は、申し込み時にご連絡ください。 参加費 無料  開催当日 ・ 開始時刻の5分前ぐらいまでに集まり、受付をしてください。      保護者の皆さんへ ・12歳以下の子どもさんが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加ください ・キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 ・兄弟での申し込みは1人ずつ申し込んでいただくか、お問い合わせよりメッセージで申し込みください。  Dojo内では原則として、Web公開を前提としたイベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおりますが、ご都合が悪い場合は事前に連絡をお願いします。 ・CoderDojo の理念から、参加費の徴収は禁じられていますが、CoderDojo犬山では個人のボランティアの皆さんの善意で運営されています。継続的な活動のため、会場に募金箱を設置し、一口500円程度の寄付を任意でお願いしています。 寄付は印刷代、備品代などに使わせていただきます。皆様のご協力をよろしくお願いします。   メンターについて メンターは子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。   ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。

9679 normal 1565936964 %e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99 テックジム赤坂見附校&赤坂見附テックハブ
プログラミングは初めてだけど、Pythonから始めてみたいという方のために、無料のハンズオン開発講座をご用意いたしました。当講座は東京を中心に全国で4400名が参加した人気講座です。 趣味でプログラミングを勉強したい大人が増えている理由とは? 当講座に参加している方の6割以上が「将来エンジニアになりたいわけではないけど教養のためにプログラミングを勉強したい」という方たちで、年齢層は中学生から定年を迎えた人まで幅広く、女性の参加率も3割〜4割と非常に高くなってきております。 この背景には、産業のIT化やAI化が進んでおり、現在の仕事に活かしたいと思っている方も多いようです。 また、2020年から2024年にかけて、小学生のプログラミング科目の必須化、同様に中学・高校でも必須化、そして、大学入試にプログラミング科目が追加されることを背景に、彼らを対象にしたプログラミング教室はすでに4000校を超え、1万校になるとされております。 このように、プログラミングに興味を持つ人々が激増しており、近い将来、プログラミング教育市場は、英会話市場と同じぐらいの規模になると予想されています。 副業・リモートワーカーのプログラミング需要の増加 働き方改革が浸透するなか、仕事を辞めざるを得なかった主婦層を中心に、クラウドソーシングの需要が増えています。彼女らの多くの仕事はパソコンを使った軽作業や、事務代行などの業務が中心でした。 プログラマーもまたリモートワークに向いている職業ですので、プログラミングスキルを持っている方は、より時間単価の高い仕事を受けることができます。 また、「会社勤め」という働き方を見直したい人は「フリーランスエンジニア」という生き方を選択することもできるでしょう。 今後、ITエンジニアは東京から地方に流れる!? 現在、ITエンジニアの就業人口は80万人とされ、数年以内に30万人のITエンジニアが不足すると言われている一方で、ITゼネコンと言われるSIerに従事するような一部の「新しい技術に追いつけないエンジニア」の10万人は不要になるというニュースもあります。 現在、ITエンジニアの多くは首都圏や、大都市周辺を職場としておりますが、5G時代になると、いよいよIoT(モノのインターネット化)の社会実装が、第一次産業などで活発化していきますので、多くのエンジニアが移住する可能性があります。 また産業用ロボットや、産業用スマートメガネなどは、工場エリアや建設エリアなどで盛んになるため、工業地帯にもITエンジニアが流入していくでしょう。 今まではパソコン上のプログラミングだけで完結していたビジネスがITビジネスの主軸産業でしたが、今後はあらゆる産業において、その産業機器を扱う現場の人との交流がITビジネスの肝となってきます。 また昨今、注目されているAI、ブロックチェーン、ロボットなどの新しい技術分野の社会実装がどんどん進んでいきますので、ITエンジニアは全国各地の社会インフラを作り変える担い手となっていきます。 非エンジニアの人たちもまた、彼らと一緒に新しい産業を作るために、プログラミングの教養をつえておくことは、ビジネスチャンスになるでしょう。 地方の活性化は、「どれだけエンジニアをその土地に呼べるか?」にかかっていると言っても過言ではありません。 Pythonが注目されている理由とは? 「少ないコード量で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語で、広い分野で使われています。なかでもPythonは、ディープラーニングのライブラリーが圧倒的に豊富で、「人工知能(AI)をやるならPython」と言われるほどです。 参考)Pythonのライブラリー事例 ・tensorflow:ディープラーニングのフレームワーク ・keras:ディープラーニングのフレームワーク ・jupyter:Webブラウザ上で操作できるPythonカーネル ・h5py:h5形式で保存 ・Flask:Webアプリのフレームワーク ・scikit-lean 機械学習ライブラリ ・matplotlib:グラフライブラリー ・OpenCV-python:画像処理ライブラリー 世界的に見ても、PythonはJavaやPHPを抜き、1位の人気を博しているプログラミング言語なのです。 また、Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能で、最初に学ぶ言語としては最適との評価も高いプログラミング言語です。とういうのも、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だというわけです。 PythonはGoogleやNASAの内部でも利用されており、現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。 これからプログラミングを勉強するなら、Pythonしかありえないといっても過言ではありません。 インストール不要ですぐに始められるのがPython iPhoneアプリを開発したいなら、Xcodeをダウンロードしなければなりません。 PHPでWEBサイトを作りたいなら、サーバーにPHPファイルをあげたり、mySQLでデータベースを構築しなくてはなりません。 このように何か開発したい時に必要最低限の環境構築が大変なのがプログラミング習得の難しさで、今まで多くの人々が挫折してきました。 しかし、Pythonを学びはじめるときに必要なのは、ネットにつながったPCだけでOKなのです。 今回の講座でご用意いただくものは、PCとメアドだけ GitHubというプログラムソース管理・共有ツールで、サンプルソースを共有いたします。 申し込み後にGitHubにご招待いたしますので、あらかじめGitHubの登録をお済ませください。 https://github.com/ 開発は、グーグル社が提供するColaboratoryにアクセスした画面で行います。 ローカル環境のエディターでプログラムコードを書いたあと、そのソースをコピーして、ここでビルドするというやり方です。(今の時点で何を言っているかわからない方も、それでOKです!!) https://colab.research.google.com/notebooks/welcome.ipynb エディターはメモ帳でもなんでも構いませんが、Visual Studio Codeがオススメです。 https://code.visualstudio.com/ 入門講座のアジェンダとゴール設定(本講座の狙い) 非常にシンプルなサンプルコードを少しずつバージョンアップしながら、「じゃんけんゲーム」を作り上げていきます。 バージョンアップごとに課題が用意されていて、各参加者のスピードにあわせて解いていただきます。 もしつまづいても、スタッフが手取り足取りサポートする「ハンズオン形式」の講座となります。 本講座で得られること ・Pythonの基礎的な文法の理解 ・ソースコードを読めるようになる ・自分でゼロからコードを書けるようになる 講座内容 0.高速学習術について 1.グーグルコラボラトリーでサンプルソースを実行する 2.条件分岐文を書いてみる(インデントを学ぶ) 3.長いソースをシンプルなソースに書き換える(プログラムの簡略化を学ぶ) 4.関数化(関数の宣言と実行。戻り値と引数について学ぶ) 5.学習モチベーションの維持方法 6.プログラミングが大好きになるには? もっとも効率的なスキル習得「TechGYM方式」とは? 「TechGYM方式」とは、基礎知識なしでも、座学なしでプログラミングに専念できるように設計されたプログラミングのカリキュラムメソッドです。 優れたエンジニアの多くは、職業訓練学校や研修スクールで学ぶような学び方をしません。 作りたいものを作っていたら、自然に習得できているのです。そして、優れた指導者(メンターや師匠)との出会いがエンジニアとしてのプロフェッショナル性を高めます。 この自発性とプロフェッショナル性を兼ね備えたのが「TechGYM方式」です。 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けることで、習得効率は飛躍的に向上し、モチベーションも維持できます。 その時点で知らなくていい知識や概念を可能な限り削ぎ落とし、知るべきタイミングが訪れた時にはすでに課題を通じて覚えているようなスキル習得の自動化を図ります。 講座で用いるサンプルソースや課題は、最も効率よく学べるように細部に渡って設計されています。 まるで魔法にかかったようにプログラミンスキルが習得できるのが「TechGYM方式」の醍醐味です。 百聞は一見に如かず。実際に講座に参加して「魔法体験」をしてみてください。 全国各地で「テックジム」が開校 月額2万円で、コース受け放題のサービスとなります。 現在、入会金が無料となっております。 校舎一覧はこちら https://techgym.jp/?cat=3

8ae59cb8c4a4480c198b1bd213a90168 ScratchDojo
ウイルスが収まればいいですね
今回から半日にしました。 概要 昨年(2019年)2月に「プログラミングで科学実験を楽しもう」というワークショップ・イベントを開催して、一日20人の参加者があり、二日間で40人弱の子供たちに楽しんでもらいました。 しかし、その内容はいろいろと考えていたことを一日にまとめてしまって、本当に体験として楽しんでもらったもので、思ってたことの10分の一くらいの内容になりました。 その結果を踏まえて、今回から、月一回程度のワークショップを開催して、年少者も含めてじっくりとやりたいと思います。 今回の予定 毎回、自主的に行います。自分で材料を持ってきてもいいし、下記の材料を使う場合は申込時にお知らせください。 もちろん、マイクロ単体でもいろいろと楽しめますよね。 材料・・・ レーシングカー(bitPak 旧型?):3セット・・・使いやすい車です、イベント用に購入、組み立て済み BOSON スターターキット :1セット ・・・ micro:bit 用の楽しい実験装置 ElecFreaks スターターキット :1セット ・・・普通の実験装置 TfabWorks 子供向けスターターキット :4セット Makey makey 1セット : いろんな材料につけて遊ぶ・・・音を出す Halo Code 3セット : micro:bit の亜種的なものかな LED,SW, ブザー・・・小物類 5~10セットくらいあるかな(サーボ・モーター等、一部不良品があるかも、) その他。。。 持ち物など Wifi 接続可能なノートパソコンを持参ください。 追加の持ち物は直前に連絡します。 ブラウザはGoogle Chrome をインストールしておいていただくといいかと思います。 実験道具 基本的にDojoで準備します micro:bit など、お持ちの方は持参ください 参加に関してのお願い 保護者の方は基本的に離れて座ってくださるのが有難いですのでよろしくお願いします。 記載:松成 文夫

78ed8bc81411225dd8d775174eaaf74d CoderDojo名古屋
オンラインでの開催です。
ご注意 あいちNPO交流プラザ(ウィルあいち)でなく、おうちからインターネットでご参加ください。 木製迷路パズルやピタゴラ装置、LEGOなど、道具が必要なコースは開催できません。ごめんなさい。 オンライン開催への変更 政府から小中高校の一斉休校の要請がでました。これを受けて、現地、あいちNPO交流プラザ(ウィルあいち)での開催を止め、 みなさんのおうちからインターネットを経由した開催とします。間違えてあいちNPO交流プラザには来ないようにしてください。 パソコンやスマホがない方は参加できません。ゴメンナサイ。 また、家に光回線やWiMAXなどあればよいですが、スマホの場合、通信量が1時間で300MBぐらいかかります。通信量に余裕がない方は無理して参加しなくてもよいです。 最初だけちらっと参加して様子をみるのもOKです。 参加方法 事前準備 事前に下のURLをパソコンまたはスマホ、タブレットからクリックしてプログラム(アプリ)をインストールしておいてください。 https://zoom.us/j/763644030 ※URLは開催直前に変更する可能性があります。 画面に出てくる説明に沿って操作して、ZOOMというアプリがインストールできればOKです。 できればパソコンやスマホ、タブレットにつなげられるイヤホンマイクがあると便利です。スマホはイヤホンマイクが付属されていることが多いです。なければ100均でも手に入ります。 当日の参加の仕方 当日 13:00~13:30の間に、下のURLをパソコンまたはスマホからクリックしてください。この間はお気軽なオンラインの練習会にします。 https://zoom.us/j/763644030 ※URLは開催直前に変更する可能性があります。 画面の説明に沿って会議に参加してください 相手の声は聞こえるでしょうか。自分の声は相手に聞こえているでしょうか。ボリュームやマイクの設定を確認してみてください。 つながればあとはオンラインで説明します みんな初めてだと思うので、実際は、画面を見ながらわいわいしゃべって終わり、となるかもしれません。 その時は、オンライン会議入門だと思って楽しんでください(^ ^; お願い CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 Scratchを実施の方は、なるべく事前にお子様用のScratchのアカウントを作ってきてください。作った作品をクラウドに保存できるため、作成途中の作品が消えてしまうのを防いだり、お家に帰ってからも続きを作ったりできます。 Scratchアカウントの作り方 CoderDojo名古屋の詳細・記録などは下記をご覧ください。 活動報告 CoderDojo名古屋に興味がある方、参加者の方向けに、お知らせやおすすめイベントの紹介、面白い製品やホームページなどの紹介をしているFacebookグループです。 お気軽に参加リクエストしてください(^o^)/ CoderDojo名古屋 Facebookグループ 【お知らせ】活動報告移転 ホームページ・活動報告のサイトを移転しました http://coderdojo-nagoya.hateblo.jp/ 近隣のCoderDojo紹介 近くのCoderDojoをお知らせします。良かったら他のCoderDojoも遊びに行ってみてくださいね。 CoderDojo犬山 申込ページはこちら CoderDojo一宮 申込ページはこちら CoderDojo師勝 申込ページはこちら CoderDojo瀬戸 申込ページはこちら CoderDojo瑞穂 申込ページはこちら CoderDojo日進 申込ページはこちら CoderDojo安城 申込ページはこちら CoderDojo尾張 申込ページはこちら CoderDojo天白 申込ページはこちら もっと探す! 近日開催の道場はコチラのリンクから 📆検索できますよ。 下のリンクから地図で探すことができます https://zen.coderdojo.com/find?q=nagoya&p=1

9679 normal 1565936964 %e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99 テックジム赤坂見附校&赤坂見附テックハブ
会場が利用不可になりましたので、オンライン限定となりました。ZOOMで開催しますので、予めインストールしておいてください。 プログラミングは初めてだけど、Pythonから始めてみたいという方のために、無料のハンズオン開発講座をご用意いたしました。当講座は東京を中心に全国で4200名が参加した人気講座です。 趣味でプログラミングを勉強したい大人が増えている理由とは? 当講座に参加している方の6割以上が「将来エンジニアになりたいわけではないけど教養のためにプログラミングを勉強したい」という方たちで、年齢層は中学生から定年を迎えた人まで幅広く、女性の参加率も3割〜4割と非常に高くなってきております。 この背景には、産業のIT化やAI化が進んでおり、現在の仕事に活かしたいと思っている方も多いようです。 また、2020年から2024年にかけて、小学生のプログラミング科目の必須化、同様に中学・高校でも必須化、そして、大学入試にプログラミング科目が追加されることを背景に、彼らを対象にしたプログラミング教室はすでに4000校を超え、1万校になるとされております。 このように、プログラミングに興味を持つ人々が激増しており、近い将来、プログラミング教育市場は、英会話市場と同じぐらいの規模になると予想されています。 副業・リモートワーカーのプログラミング需要の増加 働き方改革が浸透するなか、仕事を辞めざるを得なかった主婦層を中心に、クラウドソーシングの需要が増えています。彼女らの多くの仕事はパソコンを使った軽作業や、事務代行などの業務が中心でした。 プログラマーもまたリモートワークに向いている職業ですので、プログラミングスキルを持っている方は、より時間単価の高い仕事を受けることができます。 また、「会社勤め」という働き方を見直したい人は「フリーランスエンジニア」という生き方を選択することもできるでしょう。 今後、ITエンジニアは東京から地方に流れる!? 現在、ITエンジニアの就業人口は80万人とされ、数年以内に30万人のITエンジニアが不足すると言われている一方で、ITゼネコンと言われるSIerに従事するような一部の「新しい技術に追いつけないエンジニア」の10万人は不要になるというニュースもあります。 現在、ITエンジニアの多くは首都圏や、大都市周辺を職場としておりますが、5G時代になると、いよいよIoT(モノのインターネット化)の社会実装が、第一次産業などで活発化していきますので、多くのエンジニアが移住する可能性があります。 また産業用ロボットや、産業用スマートメガネなどは、工場エリアや建設エリアなどで盛んになるため、工業地帯にもITエンジニアが流入していくでしょう。 今まではパソコン上のプログラミングだけで完結していたビジネスがITビジネスの主軸産業でしたが、今後はあらゆる産業において、その産業機器を扱う現場の人との交流がITビジネスの肝となってきます。 また昨今、注目されているAI、ブロックチェーン、ロボットなどの新しい技術分野の社会実装がどんどん進んでいきますので、ITエンジニアは全国各地の社会インフラを作り変える担い手となっていきます。 非エンジニアの人たちもまた、彼らと一緒に新しい産業を作るために、プログラミングの教養をつえておくことは、ビジネスチャンスになるでしょう。 地方の活性化は、「どれだけエンジニアをその土地に呼べるか?」にかかっていると言っても過言ではありません。 Pythonが注目されている理由とは? 「少ないコード量で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語で、広い分野で使われています。なかでもPythonは、ディープラーニングのライブラリーが圧倒的に豊富で、「人工知能(AI)をやるならPython」と言われるほどです。 参考)Pythonのライブラリー事例 ・tensorflow:ディープラーニングのフレームワーク ・keras:ディープラーニングのフレームワーク ・jupyter:Webブラウザ常で操作できるPythonカーネル ・h5py:h5形式で保存 ・Flask:Webアプリのフレームワーク ・scikit-lean 機械学習ライブラリ ・matplotlib:グラフライブラリー ・OpenCV-python:画像処理ライブラリー 世界的に見ても、PythonはJavaやPHPを抜き、1位の人気を博しているプログラミング言語なのです。 また、Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能で、最初に学ぶ言語としては最適との評価も高いプログラミング言語です。とういうのも、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だというわけです。 PythonはGoogleやNASAの内部でも利用されており、現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。 これからプログラミングを勉強するなら、Pythonしかありえないといっても過言ではありません。 インストール不要ですぐに始められるのがPython iPhoneアプリを開発したいなら、Xcodeをダウンロードしなければなりません。 PHPでWEBサイトを作りたいなら、サーバーにPHPファイルをあげたり、mySQLでデータベースを構築しなくてはなりません。 このように何か開発したい時に必要最低限の環境構築が大変なのがプログラミング習得の難しさで、今まで多くの人々が挫折してきました。 しかし、Pythonを学びはじめるときに必要なのは、ネットにつながったPCだけでOKなのです。 今回の講座でご用意いただくものは、PCとメアドだけ GitHubというプログラムソース管理・共有ツールで、サンプルソースを共有いたします。 申し込み後にGitHubにご招待いたしますので、あらかじめGitHubの登録をお済ませください。 https://github.com/ 開発は、グーグル社が提供するColaboratoryにアクセスした画面で行います。 ローカル環境のエディターでプログラムコードを書いたあと、そのソースをコピーして、ここでビルドするというやり方です。(今の時点で何を言っているかわからない方も、それでOKです!!) https://colab.research.google.com/notebooks/welcome.ipynb エディターはメモ帳でもなんでも構いませんが、Visual Studio Codeがオススメです。 https://code.visualstudio.com/ 入門講座のアジェンダとゴール設定(本講座の狙い) 非常にシンプルなサンプルコードを少しずつバージョンアップしながら、「じゃんけんゲーム」を作り上げていきます。 バージョンアップごとに課題が用意されていて、各参加者のスピードにあわせて解いていただきます。 もしつまづいても、スタッフが手取り足取りサポートする「ハンズオン形式」の講座となります。 本講座で得られること ・Pythonの基礎的な文法の理解 ・ソースコードを読めるようになる ・自分でゼロからコードを書けるようになる 講座内容 0.高速学習術について 1.グーグルコラボラトリーでサンプルソースを実行する 2.条件分岐文を書いてみる(インデントを学ぶ) 3.長いソースをシンプルなソースに書き換える(プログラムの簡略化を学ぶ) 4.関数化(関数の宣言と実行。戻り値と引数について学ぶ) 5.学習モチベーションの維持方法 6.プログラミングが大好きになるには? もっとも効率的なスキル習得「TechGYM方式」とは? 「TechGYM方式」とは、基礎知識なしでも、座学なしでプログラミングに専念できるように設計されたプログラミングのカリキュラムメソッドです。 優れたエンジニアの多くは、職業訓練学校や研修スクールで学ぶような学び方をしません。 作りたいものを作っていたら、自然に習得できているのです。そして、優れた指導者(メンターや師匠)との出会いがエンジニアとしてのプロフェッショナル性を高めます。 この自発性とプロフェッショナル性を兼ね備えたのが「TechGYM方式」です。 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けることで、習得効率は飛躍的に向上し、モチベーションも維持できます。 その時点で知らなくていい知識や概念を可能な限り削ぎ落とし、知るべきタイミングが訪れた時にはすでに課題を通じて覚えているようなスキル習得の自動化を図ります。 講座で用いるサンプルソースや課題は、最も効率よく学べるように細部に渡って設計されています。 まるで魔法にかかったようにプログラミンスキルが習得できるのが「TechGYM方式」の醍醐味です。 百聞は一見に如かず。実際に講座に参加して「魔法体験」をしてみてください。 全国各地で「テックジム」が開校 月額2万円で、コース受け放題のサービスとなります。 現在、入会金が無料となっております。 校舎一覧はこちら https://techgym.jp/?cat=3

4/20 (月)

83d4387fe0212bc3cb041fa0a6ab8cf2 City Craft
無料で現役エンジニアの個別レッスンを受けられるのはココだけ!転職に向けてIT武装しませんか?
本気ならお金なんていらない。 現場の第一線で活躍する現役エンジニアが本気のあなただけに無料でプログラミングを教えます。パソコンもこちらで用意してます。いつもより早起きすれば手ぶらで参加可能。 もちろん自分のPCでも参加可能です。 好きな日に好きな時間だけ参加ok! 開催時間:平日7:00~8:30 持ち物:なし (PC持参可) 場所:株式会社シティクラフト会議室 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦二丁目19-18 丸三証券名古屋ビル 6F ※4月以降は下記日程でのご案内です。 月:7:00~8:30 火:7:00~8:30 水:お休み 木:7:00~8:15 金:7:00~8:30 土:お休み 日:お休み 祝:お休み 新規参加は月曜日のみ受け付けます ※初日は7時10分頃より簡単なオリエンテーションを行います。 対象者 本気で転職・就職を考えている20~27歳のプログラミング未経験者 カリキュラム内容 どこに行っても重宝される言語「Java」を徹底的に、業務で使えるレベルで教えます。本3冊分を現場で使える内容に絞り、基礎をみっちり鍛えられる充実のカリキュラム。半年間継続すれば確実に1人前になれます! Step1 [プログラミング基礎1] プログラムを動かしてみる。 環境構築 Java基本1 課題1 課題レビュー Step2 [プログラミング基礎2] プログラムを理解する。 Java基本2 課題2 課題レビュー Java基本3 課題3 課題レビュー Step3 [データ連携] データベースと連携する。 データベース基礎 課題4 課題レビュー Step4 [サービス作成] ウェブで動くサービスを作成する。 HTML・CSS基礎 JavaEE 課題5 課題レビュー 課題改修 課題レビュー カリキュラム終了オリエンテーション 最終課題 [オリジナルアプリ開発] オリジナルアプリケーション開発 レビュー なぜ無料なの? 転職希望者の、やる気はあるけどお金がない。にお応えしました! ただし、1つハードルも用意しました。早朝の勉強会に継続的に参加できる方が今回の対象です。 IT業界は常に人不足。一人でも多く、優秀な仲間が欲しい。 たとえ自社の人間でなくても、一人でも多く日本の企業の役に立ってほしい。 無料なんです。まずは1度来てみてください。 やる気のあるあなたの参加をお待ちしております。

68591b8804fe1f3e3caa271cce3347f1 全脳アーキテクチャ勉強会
汎用AIと共生インタラクション
第30回 全脳アーキテクチャ勉強会[オンライン] (現状に鑑み、当法人では、オンラインでの勉強会を進めてゆく所存です) テーマ:汎用AIと共生インタラクション 開催趣旨:我々の日常生活圏にて我々と共生し,我々をサポートすることが汎用AIの活躍が期待される主たる用途の一つである.ここで重要となるのが,人とAIとの間に発生するインタラクションである.インタラクションに関する研究は常にAI研究のメインストリームの一つであり長い歴史を持つ.そして,「人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開」と題して,人間・機械・情報環境からなる共生社会におけるインタラクションに関する理解を深め,人間同士から環境全体まで多様な形態でのインタラクションを高度に支援する情報基盤技術の創出と展開を目指す研究テーマが現在,JST CRESTとしても実施中である.そこで,今回の勉強会は,人と共生するAIの実現に向けた取り組みにおいて,インタラクションという切り口から研究を2件紹介するとともに,共生AIを実現する上での汎用AIの必要性についてパネル討論を行う. 勉強会開催詳細 日 時:2020年04月20日(月) 18:00~21:00 会 場:オンライン Zoomウェビナー 定 員:400名 主 催:NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 協 賛:(協議中) 後 援:(協議中) 開催日前にアクセス方法など注意事項はご連絡いたします。 また、Zoomパーフェクトマニュアルがあります。 今後色々なところでオンラインイベントが行われるようになると思います。 参考にしていただければ幸いです。 https://zoomy.info/zoom_perfect_manual/ 参加枠/参加費について 今後とも、当勉強会を末永く続けてゆくために、主要な支出である講師謝金・配信運営費等の必要経費について、学生以外の参加者に分担していただく方針とさせていただきます。参加をご検討の皆様には何卒ご理解いただけますと幸いでです。 一般参加枠: 先着順になります。お支払いいただいた代金は、今回の講師謝金および配信運営費に充当させていただきます。 学生参加枠: 学生のみが応募できる、無料の先着順枠です。 懇親会枠: 後日別に公開案内させていただきます。 Zoomミーティングでオンラインで実行いたします。 ここで詳しく質疑できる方法も検討いたします。 今しばらくお待ちください。 講演スケジュール 時間 内容 講演者 17:55 開場 18:00 開会の挨拶 山川 宏(全脳アーキテクチャ・イニシアティブ) 18:05 趣旨説明 栗原 聡(慶應義塾大学) 18:20 開催ご挨拶 間瀬 健二(名古屋大学) 18:30 Brain-Computer interfaceによる脳とAIのインタラクション 栁澤 琢史(大阪大学) 19:15 休憩(10分) 19:25 ヒューマンエージェントインタラクション:AIとHCIの葛藤 今井 倫太(慶應義塾大学) 20:10 ディスカッション 栗原聡(モデレーター)、間瀬 健二、栁澤 琢史、栁澤 琢史、山川 宏 20:50 Closing Remark 藤井 烈尚 (実行委員長) 21:00 終了 21:15 懇親会 オンライン Brain-Computer interfaceによる脳とAIのインタラクション 講演者:栁澤 琢史(大阪大学 高等共創研究院 教授) 概要: 脳信号から様々な知覚認知内容や運動状態などをAIによって推定する脳情報解読技術(Neural Decoding)によって、脳とコンピュータを直接つなぐBrain-Computer Interface(BCI)が実現した。また、脳表脳波を用いたneural decodingにより、人の言語や気分を推定できることが報告されている。さらに、体内埋め込み型脳信号計測技術が実用化され、脳の電気刺激と組み合わされることで、AIが推定した脳情報に応じて脳活動を制御するBrain-chipが、失った脳機能の補填や機能拡張として期待されている。しかし、BCIを介した脳とAIのインタラクションによる脳への影響は明らかではない。本講演では、BCIの現状とAIとのインタラクションについて議論する。 ヒューマンエージェントインタラクション:AIとHCIの葛藤 講演者:今井 倫太(慶應義塾大学理工学部 教授) 概要: 他者の行動・環境の変化を予測し生存力を高めるために知的能力を身につけてきたのが生物という観点に立つと、他者や環境とのインタラクションを成り立たせている原理・仕組みを考えることは知能研究において重要な位置を占めることが分かる。本講演では、人とインタラクションするエージェント(ロボットやCGキャラクタ)を通して、インタラクションを扱う知的情報処理システムについて考える。特に、人と機械の間のインタラクションを改善する目的で始まった人工知能研究とヒューマンコンピュータインタラクション研究が独自に発展し袂を分かつようになった中で、再度お互いに連携しあう可能性について考える。 運営スタッフ プログラム委員長:栗原 聡 実行委員長:藤井 烈尚 司会:山川 宏 Zoomウェビナー担当:門前 一馬、横田 浩紀、生島 高裕、荒川 直哉 connpass:生島 高裕、孫 暁白 SNS告知:荒川 直哉 全脳アーキテクチャ勉強会オーガナイザー ◎ 産業技術総合研究所 人工知能研究センター 一杉裕志 1990年東京工業大学大学院情報科学専攻修士課程修了。1993年東京大学大学院情報科学専攻博士課程修了。博士(理学)。同年電子技術総合研究所(2001年より産業技術総合研究所)入所。プログラミング言語、ソフトウエア工学の研究に従事。2005年より計算論的神経科学の研究に従事。 「全脳アーキテクチャ解明に向けて」 ◎ 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 山川宏 1987年3月東京理科大学理学部卒業。1992年東京大学で神経回路による強化学習モデル研究で工学博士取得。同年(株)富士通研究所入社後、概念学習、認知アーキテクチャ、教育ゲーム、将棋プロジェクト等の研究に従事。フレーム問題(人工知能分野では最大の基本問題)を脳の計算機能を参考とした機械学習により解決することを目指している。 ◎ 東京大学 教授 松尾豊 1997年東京大学工学部卒業。2002年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。産総研、スタンフォード大学等を経て、2007年から東京大学勤務。深層学習を中心とする人工知能の研究に従事。産学連携やスタートアップの育成などにも取り組む。 http://ymatsuo.com/japanese/ 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ創設賛助会員 全脳アーキテクチャ・イニシアティブでは、賛助会員を募集しております。賛助会員に登録いただきますと、当サイトに貴団体ロゴとホームページへのリンク掲載や、各種イベントの優先参加など、さまざまな特典がございます。詳しくは、こちらをご覧ください。 これまでに開催された勉強会の内容 第29回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:脳と創造性 ひらめきは準備された心にやってくる ー認知科学における創造性研究ー | 三輪 和久(名古屋大学) 創造性における多角的なアプローチ ー認知・身体・他者ー | 清水 大地(東京大学) 第28回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:社会性の認知モデル ナイーブな欲求に基づくインタラクションの始まりとデザイン | 竹内 勇剛(静岡大学) 社会性の認知脳メカニズム | 嶋田 総太郎(明治大学) 「心の理論」の計算論的モデリング | 中橋 亮(ソニー・インタラクティブエンタテインメント) 第27回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:確率的グラフィカルモデルと脳 動的ボルツマンマシンとPommerman | 恐神 貴行(IBM 東京基礎研究所) 確率的グラフィカルモデルと離散構造処理 | 石畠 正和(NTT コミュニケーション科学基礎研究所) 第26回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:自由エネルギー原理 正解のない問題の解決: 実用的知能と行動選択の心理学 | 熊田 孝恒(京都大学) 感情と感情障害のしくみ -自由エネルギー原理の観点からとらえ直す- | 乾 敏郎(追手門学院大学) 第25回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:計算論的精神医学 エンジニアのための計算論的精神医学 | 浅川 伸一(東京女子大学) 計算論的精神医学:脳の計算理論に基づく精神障害の病態理解 | 山下 祐一(国立精神・神経医療研究センター) 第24回 全脳アーキテクチャ勉強会 トップダウン制約からの強化学習と社会学習 | 高橋 達二(東京電機大学) 仮説生成に向けた等価性構造抽出 | 佐藤 聖也(東京電機大学) 現代人工知能によって何が変わるのだろうか | 前田 英作(東京電機大学) アブダクションは具体的に研究しうる〜遮蔽補完の計算論〜 | 坂本 一寛(東北医科薬科大学) 第23回 全脳アーキテクチャ勉強会&第4回WBAハッカソン説明会 テーマ:脳における強化学習 強化学習 もう一つの源流:分類子システム | 荒井 幸代(千葉大学) 脳における強化学習| 太田宏之先生(防衛医大) 第22回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:自律性と汎用性 創発インタラクションの意義:機能分化に対する変分原理と数理モデル | 津田 一郎(中部大学創発学術院) デザインされた行動から自律発達的な行動へ:インテリジェンスダイナミクスに関して | 藤田 雅博(ソニー株式会社) 勉強会概要と発表資料 第21回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:「推論」 【脳科学】前頭葉での推論 | 坂上雅道(玉川大学) 【認知科学】人の推論過程 | 服部雅史(立命館大) 【人工知能】ベイジアンネット | 植野真臣(電気通信大学) 勉強会概要と発表資料 第20回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 海馬における文脈表現 海馬とエピソード記憶 ―脳は物語をいかに表現するか?― 全脳における海馬の計算論 第20回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 海馬における文脈表現 まとめ (togetter) 第19回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 脳・人工知能とアナログ計算・量子計算 アナログ計算機と計算可能性 量子アニーリングのこれまでとこれから 第19回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 脳・人工知能とアナログ計算・量子計算〜 まとめ (togetter) 第18回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 全脳規模計算 全脳シミュレーション 時間領域アナログ方式で脳の演算効率に迫る 第18回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 全脳規模計算 ~ まとめ (togetter) 第17回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 失語症と発達性ディスレクシア ~ 失語症と発達性ディスレクシア 脳内神経繊維連絡と失語症 発達性ディスレクシア - 生物学的原因から対応まで 第16回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 人工知能は意味をどう獲得するのか ~ ヒト大脳皮質における意味情報表現 画像キャプションの自動生成 第15回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 知能における進化・発達・学習 ~ ヒトの知性の進化 発達する知能 -ことばの学習を可能にする能力― 勉強会概要と発表資料 第14回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 深層学習を越える新皮質計算モデル ~ 大脳新皮質のマスターアルゴリズムの候補としての Hierarchical Temporal Memory (HTM) 理論 サル高次視覚野における物体像の表現とそのダイナミクス 勉強会概要と発表資料 第13回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ コネクトームと人工知能 ~ コネクトームの活用とその近未来 脳全体の機能に迫る 勉強会概要と発表資料 第12回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 脳の学習アーキテクチャー ~ 脳の学習アーキテクチャ パネルディスカッション「神経科学と全脳アーキテクチャ」 勉強会概要と発表資料 第11回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ Deep Learning の中身に迫る ~ 深層学習の学習過程における相転移 Deep Neural Networks の力学的解析 SkymindのDeep Learning への取り組み 勉強会概要と発表資料 第10回 全脳アーキテクチャ勉強会 「全脳アーキテクチャのいま」~ 全脳アーキテクチャプロジェクトとそれをとりまく周辺の最新状況報告 ~ 全脳アーキテクチャの全体像 人工知能の難問と表現学習 全脳アーキテクチャと大脳皮質モデル BESOM の実用化研究の構想 全脳アーキテクチャを支えるプラットフォーム 人工知能・ロボット次世代技術開発 汎用人工知能に向けた認知アーキテクチャが解決するべき知識の課題 感情モデルと対人サービス 若手の会の活動報告 勉強会概要と発表資料 第9回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 実世界に接地する言語と記号 ~ 脳内視覚情報処理における物体表現の理解を目指して ~ Deep neural network の利用とブレイン・マシン・インタフェースへの応用 ~ 記号創発ロボティクス ~内部視点から見る記号系組織化への構成論的アプローチ~ 脳科学から見た言語の計算原理 勉強会概要と発表資料 第8回 全脳アーキテクチャ勉強会 時系列データ ~ 脳と機械学習技術は時間をどう扱うのか ~ 脳における時間順序判断の確率論的最適化 順序とタイミングの神経回路モデル 深層学習によるロボットの感覚運動ダイナミクスの学習 勉強会概要と発表資料 第7回 全脳アーキテクチャ勉強会 感情 ~ 我々の行動を支配する価値の理解にむけて ~ 感情の進化 ~ サルとイヌに見られる感情機能 ~ 情動の神経基盤 ~ 負情動という生物にとっての価値はどのように作られるか? ~ 感情の工学モデルについて ~ 音声感情認識及び情動の脳生理信号分析システムに関する研究 ~ 勉強会概要と発表資料 第6回 全脳アーキテクチャ勉強会 統合アーキテクチャー ~ 神経科学分野と AI 分野の研究蓄積の活用に向けて ~ 分散と集中:全脳ネットワーク分析が示唆する統合アーキテクチャ 脳の計算アーキテクチャ:汎用性を可能にする全体構造 認知機能実現のための認知アーキテクチャ 勉強会概要と発表資料 第5回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 意思決定 深いゴール探索と深い強化学習の技術をヒントにして、前頭前野の機構の解明を目指す ~ Deep Learning とベイジアンネットと強化学習を組み合わせた機構による、 前頭前野周辺の計算論的モデルの構想 BDI ― モデル、アーキテクチャ、論理 ― 強化学習から見た意思決定の階層 勉強会概要と発表資料 第4回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 機械学習と神経科学の融合の先に目指す超知能 ~ 全脳アーキテクチャ主旨説明 AI の未解決問題と Deep Learning 脳の主要な器官の機能とモデル 脳をガイドとして超脳知能に至る最速の道筋を探る 自然な知覚を支える脳情報表現の定量理解 脳型コンピュータの可能性 勉強会概要と発表資料 第3回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 海馬:脳の自己位置推定と地図作成のアルゴリズム ~ 「SLAM の現状と鼠の海馬を模倣した RatSLAM」 「海馬神経回路の機能ダイナミクス」 「人工知能 (AI) 観点から想定する海馬回路の機能仮説」 勉強会概要と発表資料 第2回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 大脳皮質と Deep Learning ~ 「大脳皮質と Deep Learning」 「視覚皮質の計算論的モデル ~ 形状知覚における図地分離と階層性 ~」 「Deep Learning 技術の今」 WBA の実現に向けて: 大脳新皮質モデルの視点から 勉強会概要と発表資料 第1回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 機械学習と神経科学の融合の先に目指す超知能 ~ 勉強会開催の主旨説明 AI の未解決問題と Deep Learning 脳の主要な器官の機能とモデル 脳を参考として人レベル AI を目指す最速の道筋 勉強会概要と発表資料 全脳アーキテクチャ勉強会の開始背景(2013年12月) 人間の脳全体構造における知的情報処理をカバーできる全脳型 AI アーキテクチャを工学的に実現できれば、人間レベル、さらにそれ以上の人工知能が実現可能になります。これは人類社会に対して、莫大な富と利益をもたらすことが予見されます。例えば、検索や広告、自動翻訳や対話技術、自動運転やロボット、そして金融や経済、政治や社会など、幅広い分野に大きな影響を与えるでしょう。 私達は、この目的のためには、神経科学や認知科学等の知見を参考としながら、機能的に分化した脳の各器官をできるだけ単純な機械学習器として解釈し、それら機械学習器を統合したアーキテクチャを構築することが近道であると考えています。 従来において、こうした試みは容易ではないと考えられてきましたが、状況は変わりつつあります。すでに、神経科学分野での知見の蓄積と、計算機速度の向上を背景に、様々な粒度により脳全体の情報処理を再現/理解しようとする動きが欧米を中心に本格化しています。 また Deep Learning などの機械学習技術のブレークスルー、大脳皮質ベイジアンネット仮説などの計算論的神経科学の進展、クラウドなどの計算機環境が充実してきています。 こうした背景を踏まえるならば、全脳型 AI アーキテクチャの開発は世界的に早々に激化してくる可能性さえあります。 そこで私達は、2020年台前半までに最速で本技術を実現できるロードマップを意識しながら、この研究の裾野を広げていく必要があると考えています。 そしてこのためには、情報処理技術だけでなく、ある程度のレベルにおいて神経科学等の関連分野の知見を幅広く理解しながら、情熱をもってこの研究に挑む多くの研究者やエンジニアの参入が必要と考えています。

9679 normal 1565936964 %e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99 テックジム赤坂見附校&赤坂見附テックハブ
会場が利用不可になりましたので、オンライン限定となりました。ZOOMで開催しますので、予めインストールしておいてください。 プログラミングは初めてだけど、Pythonから始めてみたいという方のために、無料のハンズオン開発講座をご用意いたしました。当講座は東京を中心に全国で4200名が参加した人気講座です。 趣味でプログラミングを勉強したい大人が増えている理由とは? 当講座に参加している方の6割以上が「将来エンジニアになりたいわけではないけど教養のためにプログラミングを勉強したい」という方たちで、年齢層は中学生から定年を迎えた人まで幅広く、女性の参加率も3割〜4割と非常に高くなってきております。 この背景には、産業のIT化やAI化が進んでおり、現在の仕事に活かしたいと思っている方も多いようです。 また、2020年から2024年にかけて、小学生のプログラミング科目の必須化、同様に中学・高校でも必須化、そして、大学入試にプログラミング科目が追加されることを背景に、彼らを対象にしたプログラミング教室はすでに4000校を超え、1万校になるとされております。 このように、プログラミングに興味を持つ人々が激増しており、近い将来、プログラミング教育市場は、英会話市場と同じぐらいの規模になると予想されています。 副業・リモートワーカーのプログラミング需要の増加 働き方改革が浸透するなか、仕事を辞めざるを得なかった主婦層を中心に、クラウドソーシングの需要が増えています。彼女らの多くの仕事はパソコンを使った軽作業や、事務代行などの業務が中心でした。 プログラマーもまたリモートワークに向いている職業ですので、プログラミングスキルを持っている方は、より時間単価の高い仕事を受けることができます。 また、「会社勤め」という働き方を見直したい人は「フリーランスエンジニア」という生き方を選択することもできるでしょう。 今後、ITエンジニアは東京から地方に流れる!? 現在、ITエンジニアの就業人口は80万人とされ、数年以内に30万人のITエンジニアが不足すると言われている一方で、ITゼネコンと言われるSIerに従事するような一部の「新しい技術に追いつけないエンジニア」の10万人は不要になるというニュースもあります。 現在、ITエンジニアの多くは首都圏や、大都市周辺を職場としておりますが、5G時代になると、いよいよIoT(モノのインターネット化)の社会実装が、第一次産業などで活発化していきますので、多くのエンジニアが移住する可能性があります。 また産業用ロボットや、産業用スマートメガネなどは、工場エリアや建設エリアなどで盛んになるため、工業地帯にもITエンジニアが流入していくでしょう。 今まではパソコン上のプログラミングだけで完結していたビジネスがITビジネスの主軸産業でしたが、今後はあらゆる産業において、その産業機器を扱う現場の人との交流がITビジネスの肝となってきます。 また昨今、注目されているAI、ブロックチェーン、ロボットなどの新しい技術分野の社会実装がどんどん進んでいきますので、ITエンジニアは全国各地の社会インフラを作り変える担い手となっていきます。 非エンジニアの人たちもまた、彼らと一緒に新しい産業を作るために、プログラミングの教養をつえておくことは、ビジネスチャンスになるでしょう。 地方の活性化は、「どれだけエンジニアをその土地に呼べるか?」にかかっていると言っても過言ではありません。 Pythonが注目されている理由とは? 「少ないコード量で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語で、広い分野で使われています。なかでもPythonは、ディープラーニングのライブラリーが圧倒的に豊富で、「人工知能(AI)をやるならPython」と言われるほどです。 参考)Pythonのライブラリー事例 ・tensorflow:ディープラーニングのフレームワーク ・keras:ディープラーニングのフレームワーク ・jupyter:Webブラウザ常で操作できるPythonカーネル ・h5py:h5形式で保存 ・Flask:Webアプリのフレームワーク ・scikit-lean 機械学習ライブラリ ・matplotlib:グラフライブラリー ・OpenCV-python:画像処理ライブラリー 世界的に見ても、PythonはJavaやPHPを抜き、1位の人気を博しているプログラミング言語なのです。 また、Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能で、最初に学ぶ言語としては最適との評価も高いプログラミング言語です。とういうのも、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だというわけです。 PythonはGoogleやNASAの内部でも利用されており、現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。 これからプログラミングを勉強するなら、Pythonしかありえないといっても過言ではありません。 インストール不要ですぐに始められるのがPython iPhoneアプリを開発したいなら、Xcodeをダウンロードしなければなりません。 PHPでWEBサイトを作りたいなら、サーバーにPHPファイルをあげたり、mySQLでデータベースを構築しなくてはなりません。 このように何か開発したい時に必要最低限の環境構築が大変なのがプログラミング習得の難しさで、今まで多くの人々が挫折してきました。 しかし、Pythonを学びはじめるときに必要なのは、ネットにつながったPCだけでOKなのです。 今回の講座でご用意いただくものは、PCとメアドだけ GitHubというプログラムソース管理・共有ツールで、サンプルソースを共有いたします。 申し込み後にGitHubにご招待いたしますので、あらかじめGitHubの登録をお済ませください。 https://github.com/ 開発は、グーグル社が提供するColaboratoryにアクセスした画面で行います。 ローカル環境のエディターでプログラムコードを書いたあと、そのソースをコピーして、ここでビルドするというやり方です。(今の時点で何を言っているかわからない方も、それでOKです!!) https://colab.research.google.com/notebooks/welcome.ipynb エディターはメモ帳でもなんでも構いませんが、Visual Studio Codeがオススメです。 https://code.visualstudio.com/ 入門講座のアジェンダとゴール設定(本講座の狙い) 非常にシンプルなサンプルコードを少しずつバージョンアップしながら、「じゃんけんゲーム」を作り上げていきます。 バージョンアップごとに課題が用意されていて、各参加者のスピードにあわせて解いていただきます。 もしつまづいても、スタッフが手取り足取りサポートする「ハンズオン形式」の講座となります。 本講座で得られること ・Pythonの基礎的な文法の理解 ・ソースコードを読めるようになる ・自分でゼロからコードを書けるようになる 講座内容 0.高速学習術について 1.グーグルコラボラトリーでサンプルソースを実行する 2.条件分岐文を書いてみる(インデントを学ぶ) 3.長いソースをシンプルなソースに書き換える(プログラムの簡略化を学ぶ) 4.関数化(関数の宣言と実行。戻り値と引数について学ぶ) 5.学習モチベーションの維持方法 6.プログラミングが大好きになるには? もっとも効率的なスキル習得「TechGYM方式」とは? 「TechGYM方式」とは、基礎知識なしでも、座学なしでプログラミングに専念できるように設計されたプログラミングのカリキュラムメソッドです。 優れたエンジニアの多くは、職業訓練学校や研修スクールで学ぶような学び方をしません。 作りたいものを作っていたら、自然に習得できているのです。そして、優れた指導者(メンターや師匠)との出会いがエンジニアとしてのプロフェッショナル性を高めます。 この自発性とプロフェッショナル性を兼ね備えたのが「TechGYM方式」です。 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けることで、習得効率は飛躍的に向上し、モチベーションも維持できます。 その時点で知らなくていい知識や概念を可能な限り削ぎ落とし、知るべきタイミングが訪れた時にはすでに課題を通じて覚えているようなスキル習得の自動化を図ります。 講座で用いるサンプルソースや課題は、最も効率よく学べるように細部に渡って設計されています。 まるで魔法にかかったようにプログラミンスキルが習得できるのが「TechGYM方式」の醍醐味です。 百聞は一見に如かず。実際に講座に参加して「魔法体験」をしてみてください。 全国各地で「テックジム」が開校 月額2万円で、コース受け放題のサービスとなります。 現在、入会金が無料となっております。 校舎一覧はこちら https://techgym.jp/?cat=3

4/21 (火)

10cc6929573f21d3a0b2970fe8367770 株式会社インサイト
同日午後「クラスター分析」開催
CAE技術者の為のデータサイエンス勉強会 <開催80回・参加200名の実績> 【テーマ】「ベイズ統計学入門」 【日 時】 4月21日(火) 10:00-14:30(12:00-13:00 昼食休憩) 【参加費】 4,000円(コピー版資料込み) 【参加登録】[email protected] へ下記をお送りください。     *開催日     *ご希望の勉強会テーマ     *資料送り先の住所・氏名     *当日連絡が取れる電話番号     *Zoom使用経験(有/無)   ※振り込み確認後に資料送付のため、開催3日前までにお申し込みください。     *参加費は事前払いで手数料はご負担ください。       振込み先:         ・三井住友銀行 ときわ台支店 普通6569453         ・りそな銀行 常盤台支店 普通4329261         ・ジャパンネット銀行 本店営業部 普通6207320       名義:株式会社インサイト 【参加までの流れ】 ・[email protected] へ上記、必要な情報を送信してください。  ↓ ・インサイトより受付完了メール送信  ↓ ・振込  ↓ ・振込確認後、資料送付 ・Zoom接続確認  ↓ ・開催前にZoom接続用ID送信 【お願い】    ・原則zoomかYouTubeライブ配信、それらが無理な場合はご相談下さい。    ・事前にZoomの接続用IDをメールにて送付します。     開催時刻前に接続の上待機ください。    ・基本的に、テキスト送付後のキャンセルは受けておりません。    ・勉強会の録画・録音・撮影、および資料の2次利用、     詳細内容のSNSへの投稿は固くお断りいたします。      尚、同業他社様のご参加はご遠慮頂いております。 【内容】 ベイズの理論 ベイズの定理 確率変数と確率分布 離散型・連続型 ベイズ更新 非ベイズ 頻度主義との比較 適用事例 質疑、討論   ( ソースコードを後日配布します。) 同テーマの勉強会では同じ内容となっておりますが 講師の説明は少しずつ更新されており、 お話する内容も進化しております。 習得度確認のための再度のご参加も歓迎です。 株式会社インサイトでは、2018年末よりデータサイエンス勉強会を開始、 14のテーマについてオリジナルテキストを作成し、述べ80回を超える 開催を行って参りました。最近では大阪、名古屋等への開催地拡大に加え、 企業への出張セミナーも賜っております。 内容は、シミュレーション結果の分析、生産工程で得られるデータの より高度な分析、より効率的な実験計画と実験結果の分析、開発時の実験と シミュレーションの融合、製品運用時の計測データとシミュレーションの 融合など、データ同化の実用化を念頭に、基礎技術を一つずつ固めることを 目標としています。 「データサイエンスを仕事に取り入れたいが漠然としていてどのように 着手したらよいか分からない。」「仕事でデータサイエンスを使っているが、 何となく曖昧だったところをはっきりさせたかった。」など、様々な動機で 幅広い分野の方々に、継続的にご参加頂いております。 少人数の勉強会ですので、お気軽にご参加ください また、こんな事が出来るといいなと言う意見があれば、 是非お聞かせください。 <テキスト> オリジナルテキストをコピーして無料郵送しますが、見やすいサイズで販売もしております。 簡易製本 1冊 5,000円(税、送料込み) http://www.meshman.jp/seminar/textsales.html *簡易製本テキストとコピー版テキストとの違い (1)簡易製本:1スライド1頁の印刷   コピー版(無料):4スライド1頁の印刷 (2)製本の有無 *販売の理由 この勉強会の参加費は勉強会全体の経費のみを賄う程度です。 この企画にご賛同頂ける方は「カンパ」の意味で購入頂けると有り難いです。   購入は強制ではありませんので それによって参加が出来なくなるという事は一切ございません。 コピー版での参加も歓迎です。 テキストのお申込み(参加登録と同じです) 連絡先:[email protected]      ★送付先の住所      ★宛名      ★電話番号      をお書き添えください。 お振込み確認後の発送となります。 振り込み先は上記、参加登録を参照ください。

10cc6929573f21d3a0b2970fe8367770 株式会社インサイト
午前「ベイズ統計学入門」開催
CAE技術者の為のデータサイエンス勉強会 【テーマ】「クラスター分析」 【日 時】 4月21日(火) 14:40-18:10 【参加費】 4,000円(コピー版資料込み) 【参加登録】[email protected] へ下記をお送りください。      *開催日      *ご希望の勉強会テーマ      *資料送り先の住所・氏名      *当日連絡が取れる電話番号      *Zoom使用経験(有/無)   ※振り込み確認後に資料送付のため、開催3日前までにお申し込みください。     *参加費は事前払いで手数料はご負担ください。         振込み先:           ・三井住友銀行 ときわ台支店 普通6569453           ・りそな銀行 常盤台支店 普通4329261           ・ジャパンネット銀行 本店営業部 普通6207320         名義:株式会社インサイト 【参加までの流れ】 ・[email protected] へ上記、必要な情報を送信してください。  ↓ ・インサイトより受付完了メール送信  ↓ ・振込  ↓ ・振込確認後、資料送付 ・Zoom接続確認  ↓ ・開催前にZoom接続用ID送信 【お願い】    ・原則zoomかYouTubeライブ配信、それらが無理な場合はご相談下さい。    ・事前にZoomの接続用IDをメールにて送付します。     開催時刻前に接続の上待機ください。    ・基本的に、テキスト送付後のキャンセルは受けておりません。    ・勉強会の録画・録音・撮影、および資料の2次利用、     詳細内容のSNSへの投稿は固くお断りいたします。       尚、同業他社様のご参加はご遠慮頂いております。 株式会社インサイトでは、2018年末よりデータサイエンス勉強会を開始、 14のテーマについてオリジナルテキストを作成し、述べ80回を超える 開催を行って参りました。最近では大阪、名古屋等への開催地拡大に加え、 企業への出張セミナーも賜っております。 内容は、シミュレーション結果の分析、生産工程で得られるデータの より高度な分析、より効率的な実験計画と実験結果の分析、開発時の実験と シミュレーションの融合、製品運用時の計測データとシミュレーションの 融合など、データ同化の実用化を念頭に、基礎技術を一つずつ固めることを 目標としています。 「データサイエンスを仕事に取り入れたいが漠然としていてどのように 着手したらよいか分からない。」「仕事でデータサイエンスを使っているが、 何となく曖昧だったところをはっきりさせたかった。」など、様々な動機で 幅広い分野の方々に、継続的にご参加頂いております。 少人数の勉強会ですので、お気軽にご参加ください また、こんな事が出来るといいなと言う意見があれば、 是非お聞かせください。 ■内容 クラスター分析とは 分類の必要性・目的 クラスター分析の方針決定 分類 階層的手法    非階層的手法    ハードクラスタリング    ソフトクラスタリング    非類似度 クラスターの合併方法 適用事例 実装方法 <テキスト> オリジナルテキストのコピー版を無料で送付しますが、簡易製本版の販売も行っております。 簡易製本 1冊 5,000円(税、送料込み) http://www.meshman.jp/seminar/textsales.html *簡易製本テキストと当日のテキストとの違い (1)簡易製本:1スライド1頁の印刷  当日テキスト:4スライド1頁の印刷 (2)製本の有無 (3)事前に送付の場合は予習出可能 *販売の理由 勉強会当日に初めて聞いた専門用語でいきなり論理展開をした場合、 講師役が丁寧に話した積りであっても頭の処理スピードが途中から 追いつかなくなりがちです。そうすると講師役の話した内容が オーバーフローして行きます。資料を事前に入手しておくと単語が 既に頭に有り、説明のスピードに遅れる事無く理解出来ると思われます。 もう一つ別の観点が御座います。 現在、この勉強会の参加費は講師役の交通費プラス宿泊費のみを賄う程度です。 この企画にご賛同頂ける方は「カンパ」の意味で購入頂けると有り難いです。 購入は強制ではありませんので それによって参加が出来なくなるという事は一切ございません。 当日コピーでの参加も歓迎です。 テキストのお申込み 連絡先:[email protected]      ★送付先の住所      ★宛名      ★電話番号      をお書き添えください。 ※問い合わせに対する返信が届いていないケースがございましたので  電話をお伺いしております。  個人情報の第三者への提供は致しません。 お振込み確認後の発送となります。 振り込み先は上記、参加登録を参照ください。

9679 normal 1565936964 %e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99 テックジム赤坂見附校&赤坂見附テックハブ
プログラミングは初めてだけど、Pythonから始めてみたいという方のために、無料のハンズオン開発講座をご用意いたしました。当講座は東京を中心に全国で4200名が参加した人気講座です。 趣味でプログラミングを勉強したい大人が増えている理由とは? 当講座に参加している方の6割以上が「将来エンジニアになりたいわけではないけど教養のためにプログラミングを勉強したい」という方たちで、年齢層は中学生から定年を迎えた人まで幅広く、女性の参加率も3割〜4割と非常に高くなってきております。 この背景には、産業のIT化やAI化が進んでおり、現在の仕事に活かしたいと思っている方も多いようです。 また、2020年から2024年にかけて、小学生のプログラミング科目の必須化、同様に中学・高校でも必須化、そして、大学入試にプログラミング科目が追加されることを背景に、彼らを対象にしたプログラミング教室はすでに4000校を超え、1万校になるとされております。 このように、プログラミングに興味を持つ人々が激増しており、近い将来、プログラミング教育市場は、英会話市場と同じぐらいの規模になると予想されています。 副業・リモートワーカーのプログラミング需要の増加 働き方改革が浸透するなか、仕事を辞めざるを得なかった主婦層を中心に、クラウドソーシングの需要が増えています。彼女らの多くの仕事はパソコンを使った軽作業や、事務代行などの業務が中心でした。 プログラマーもまたリモートワークに向いている職業ですので、プログラミングスキルを持っている方は、より時間単価の高い仕事を受けることができます。 また、「会社勤め」という働き方を見直したい人は「フリーランスエンジニア」という生き方を選択することもできるでしょう。 今後、ITエンジニアは東京から地方に流れる!? 現在、ITエンジニアの就業人口は80万人とされ、数年以内に30万人のITエンジニアが不足すると言われている一方で、ITゼネコンと言われるSIerに従事するような一部の「新しい技術に追いつけないエンジニア」の10万人は不要になるというニュースもあります。 現在、ITエンジニアの多くは首都圏や、大都市周辺を職場としておりますが、5G時代になると、いよいよIoT(モノのインターネット化)の社会実装が、第一次産業などで活発化していきますので、多くのエンジニアが移住する可能性があります。 また産業用ロボットや、産業用スマートメガネなどは、工場エリアや建設エリアなどで盛んになるため、工業地帯にもITエンジニアが流入していくでしょう。 今まではパソコン上のプログラミングだけで完結していたビジネスがITビジネスの主軸産業でしたが、今後はあらゆる産業において、その産業機器を扱う現場の人との交流がITビジネスの肝となってきます。 また昨今、注目されているAI、ブロックチェーン、ロボットなどの新しい技術分野の社会実装がどんどん進んでいきますので、ITエンジニアは全国各地の社会インフラを作り変える担い手となっていきます。 非エンジニアの人たちもまた、彼らと一緒に新しい産業を作るために、プログラミングの教養をつえておくことは、ビジネスチャンスになるでしょう。 地方の活性化は、「どれだけエンジニアをその土地に呼べるか?」にかかっていると言っても過言ではありません。 Pythonが注目されている理由とは? 「少ないコード量で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語で、広い分野で使われています。なかでもPythonは、ディープラーニングのライブラリーが圧倒的に豊富で、「人工知能(AI)をやるならPython」と言われるほどです。 参考)Pythonのライブラリー事例 ・tensorflow:ディープラーニングのフレームワーク ・keras:ディープラーニングのフレームワーク ・jupyter:Webブラウザ常で操作できるPythonカーネル ・h5py:h5形式で保存 ・Flask:Webアプリのフレームワーク ・scikit-lean 機械学習ライブラリ ・matplotlib:グラフライブラリー ・OpenCV-python:画像処理ライブラリー 世界的に見ても、PythonはJavaやPHPを抜き、1位の人気を博しているプログラミング言語なのです。 また、Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能で、最初に学ぶ言語としては最適との評価も高いプログラミング言語です。とういうのも、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だというわけです。 PythonはGoogleやNASAの内部でも利用されており、現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。 これからプログラミングを勉強するなら、Pythonしかありえないといっても過言ではありません。 インストール不要ですぐに始められるのがPython iPhoneアプリを開発したいなら、Xcodeをダウンロードしなければなりません。 PHPでWEBサイトを作りたいなら、サーバーにPHPファイルをあげたり、mySQLでデータベースを構築しなくてはなりません。 このように何か開発したい時に必要最低限の環境構築が大変なのがプログラミング習得の難しさで、今まで多くの人々が挫折してきました。 しかし、Pythonを学びはじめるときに必要なのは、ネットにつながったPCだけでOKなのです。 今回の講座でご用意いただくものは、PCとメアドだけ GitHubというプログラムソース管理・共有ツールで、サンプルソースを共有いたします。 申し込み後にGitHubにご招待いたしますので、あらかじめGitHubの登録をお済ませください。 https://github.com/ 開発は、グーグル社が提供するColaboratoryにアクセスした画面で行います。 ローカル環境のエディターでプログラムコードを書いたあと、そのソースをコピーして、ここでビルドするというやり方です。(今の時点で何を言っているかわからない方も、それでOKです!!) https://colab.research.google.com/notebooks/welcome.ipynb エディターはメモ帳でもなんでも構いませんが、Visual Studio Codeがオススメです。 https://code.visualstudio.com/ 入門講座のアジェンダとゴール設定(本講座の狙い) 非常にシンプルなサンプルコードを少しずつバージョンアップしながら、「じゃんけんゲーム」を作り上げていきます。 バージョンアップごとに課題が用意されていて、各参加者のスピードにあわせて解いていただきます。 もしつまづいても、スタッフが手取り足取りサポートする「ハンズオン形式」の講座となります。 本講座で得られること ・Pythonの基礎的な文法の理解 ・ソースコードを読めるようになる ・自分でゼロからコードを書けるようになる 講座内容 0.高速学習術について 1.グーグルコラボラトリーでサンプルソースを実行する 2.条件分岐文を書いてみる(インデントを学ぶ) 3.長いソースをシンプルなソースに書き換える(プログラムの簡略化を学ぶ) 4.関数化(関数の宣言と実行。戻り値と引数について学ぶ) 5.学習モチベーションの維持方法 6.プログラミングが大好きになるには? もっとも効率的なスキル習得「TechGYM方式」とは? 「TechGYM方式」とは、基礎知識なしでも、座学なしでプログラミングに専念できるように設計されたプログラミングのカリキュラムメソッドです。 優れたエンジニアの多くは、職業訓練学校や研修スクールで学ぶような学び方をしません。 作りたいものを作っていたら、自然に習得できているのです。そして、優れた指導者(メンターや師匠)との出会いがエンジニアとしてのプロフェッショナル性を高めます。 この自発性とプロフェッショナル性を兼ね備えたのが「TechGYM方式」です。 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けることで、習得効率は飛躍的に向上し、モチベーションも維持できます。 その時点で知らなくていい知識や概念を可能な限り削ぎ落とし、知るべきタイミングが訪れた時にはすでに課題を通じて覚えているようなスキル習得の自動化を図ります。 講座で用いるサンプルソースや課題は、最も効率よく学べるように細部に渡って設計されています。 まるで魔法にかかったようにプログラミンスキルが習得できるのが「TechGYM方式」の醍醐味です。 百聞は一見に如かず。実際に講座に参加して「魔法体験」をしてみてください。 全国各地で「テックジム」が開校 月額2万円で、コース受け放題のサービスとなります。 現在、入会金が無料となっております。 校舎一覧はこちら https://techgym.jp/?cat=3

10899 normal 1578634441 %e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99 150x150 テックジム名古屋栄校
いまこそPython! 概要 ゼロからはじめるPython入門講座 プログラミングは初めてだけど、Pythonから始めてみたいという方のために、有料のPython基礎コースより一部を抜粋して無料で体験して頂くハンズオン講座をご用意いたしました。 当講座は東京を中心に全国で3800人が参加した人気講座です。 Pythonが注目されている理由とは? 「少ないコード量で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語で、広い分野で使われています。なかでもPythonは、ディープラーニングのライブラリーが圧倒的に豊富で、「人工知能(AI)をやるならPython」と言われるほどです。GoogleやNASAの内部でも利用されており、現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。 Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能で、最初に学ぶ言語としては最適との評価も高いプログラミング言語です。とういうのも、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だというわけです。 これからプログラミングを勉強するなら、Pythonしかありえないといっても過言ではありません。 入門講座のアジェンダとゴール設定 非常にシンプルなサンプルコードを少しずつバージョンアップしながら、「じゃんけんゲーム」を作り上げていきます。 バージョンアップごとに課題が用意されていて、各参加者のスピードにあわせて解いていただきます。 もしつまづいても、スタッフが手取り足取りサポートする「ハンズオン形式」の講座となります。 <本講座で得られること> ・Pythonの基礎的な文法の理解 ・ソースコードを読めるようになる ・自分でゼロからコードを書けるようになる テックジム方式で学ぼう テックジム方式とは、紙媒体のテキストを使い自主学習方式でプログラミング経験を身に着けていくスタイルです。 始めはわからないことだらけだと思いますが、 自ら調べながらやることによる「自主性」が習得効率の飛躍的な向上につながります。 もし行き詰ってしまっても私たちがサポートします! 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けているので、 繰り返し行うことにより自然と習得できてしまいます。 「百聞は一見に如かず!」 自分の手を動かして楽しんで学びましょう! まずは無料体験からご参加ください。 実際に講座に参加して「テックジム方式」を体験してみてください。 タイムスケジュール 18:00~ テックジム方式 19:00~ 問題解説 19:30~ テックジム方式 20:00 終了 19:00までに会場にお入りください。 19:00までであればご自由にご入場して頂けます。 ※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。 ※参加者の事前予約が前日17:30までに0件だった場合開校しない事がありますので予めご了承ください。 参加対象 ・プログラミングを始めたい方 ・Pythonに興味がある方 ※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。 ※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。 ※ 補欠者の方、申込されてない方はご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。 受付 17:50~ 受付にて「Python無料体験講座を受けに来たとお伝えください」 持ち物 ノートPC Googleアカウント ※WiFi環境、電源あります。 参加費 無料 注意事項 ※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。 ※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。 ※ 他の媒体でも集客を実施しておりますので、合計人数が10人に達した時点で募集を打ち切らせて頂きます。

4/22 (水)

10cc6929573f21d3a0b2970fe8367770 株式会社インサイト
午後は「アンサンブルカルマンフィルタとデータ同化」開催
*過去に大阪の勉強会に参加された方が対象です。 CAE技術者の為のデータサイエンス勉強会 【テーマ】「過去に大阪で開催した全てのテーマのレビュー」 【日 時】 4月22日(水) 9:30-12:00 【参加費】  2,000円     事前支払いを手数料負担でお願いします。       振込み先:         ・三井住友銀行 ときわ台支店 普通6569453         ・りそな銀行 常盤台支店 普通4329261         ・ジャパンネット銀行 本店営業部 普通6207320       名義:株式会社インサイト 【オンラインの参加登録】[email protected] へ下記をお送りください。      *開催日      *ご希望の勉強会テーマ      *当日連絡が取れる電話番号      *Zoom使用経験(有/無) 【参加までの流れ】 ・[email protected] へ上記、必要な情報を送信してください。  ↓ ・インサイトより受付完了メール送信  ↓ ・振込  ↓ ・振込確認後、資料送付 ・Zoom接続確認  ↓ ・開催前にZoom接続用ID送信 【お願い】    ・原則zoomかYouTubeライブ配信、それらが不可能な場合はご相談下さい。     事前にZoomの接続用IDをメールにて送付します。     開催時刻前に設定の上、待機ください。    ・基本的に、テキスト送付後のキャンセルは受けておりません。    ・勉強会の録画・録音・撮影、および資料の2次利用、     詳細内容のSNSへの投稿は固くお断りいたします。 株式会社インサイトでは、2018年末より「CAEの為のデータサイエンス勉強会」を開始、 15のテーマについてオリジナルテキストを作成し、述べ80回を超える 開催を行って 参りました。最近では大阪、名古屋、オンラインでの開催も行っております。 また、 企業への出張セミナー、外部でのセミナー講師も賜っております。 弊社は日本計算工学会の法人会員であり、大学の研究者、企業の技術者で構成される 機械学習の工学問題適用に関する研究会では幹事を務めております。また、日本計算 工学会主催の計算工学講演会、 日本機械学会計算力学部門主催の計算力学講演会、 WCCM(World Congress in Computational Mechanics)、 APCOM(Asian Pacific Congress on Computational Mechanics)では、 機械学習関連のセッションや、ミニシンポジウムのオーガナイザの一員を務めております。 このような活動を通して得た最先端の論文や情報を取り入れた勉強会にしたいと考えております。 ■内容 Q&A 補足説明又は復習 最近のデータサイエンス調査状況 環境構築指南 実装動作確認(既配布ソースコードについて) Pythonコーディングポイント指導   以上をを予定しておりますが、要望に応じて内容は変更となる可能性があります。   ※過去にインサイトの勉強会のいづれかに出席された方に限ります。 ※会議室提供のwi-fiによるインストールはネットトラフィックへの  負荷の観点よりご遠慮下さい。ご自分で設置のwi-fiをご使用ください。 株式会社インサイト 講師の派遣も賜っております http://www.meshman.jp/seminar/KoushiHaken.html

10cc6929573f21d3a0b2970fe8367770 株式会社インサイト
同日午前は「過去のレビュー」オンライン開催
*オンラインのみの開催に変更します。 CAE技術者の為のデータサイエンス勉強会 <開催80回・参加200名の実績>   ご好評頂いておりますインサイトのデータサイエンス勉強会です。 【テーマ】「アンサンブルカルマンフィルタとデータ同化」   「ベイズ統計学入門」の回に参加された方、または「ベイズ統計学」の    基礎をご理解の方向けの内容となっております。 【日 時】 4月22日(水) 13:20-16:50 【参加費】 2,000円(大阪開催からの変更のため価格据え置き)     事前支払いを手数料負担でお願いします。       振込み先:         ・三井住友銀行 ときわ台支店 普通6569453         ・りそな銀行 常盤台支店 普通4329261         ・ジャパンネット銀行 本店営業部 普通6207320       名義:株式会社インサイト 【オンラインの参加登録】[email protected] へ下記をお送りください。      *開催日      *ご希望の勉強会テーマ      *資料送り先の住所・氏名       (コピー版資料を送ります)      *当日連絡が取れる電話番号      *Zoom使用経験(有/無)   ※振り込み確認後に資料送付のため、開催3日前までにお申し込みください。 【参加までの流れ】 ・[email protected] へ上記、必要な情報を送信してください。  ↓ ・インサイトより受付完了メール送信  ↓ ・振込  ↓ ・振込確認後、資料送付 ・Zoom接続確認  ↓ ・開催前にZoom接続用ID送信 【お願い】    ・原則zoomかYouTubeライブ配信、それらが不可能な場合はご相談下さい。     事前にZoomの接続用IDをメールにて送付します。     開催時刻前に設定の上、待機ください。    ・基本的に、テキスト送付後のキャンセルは受けておりません。    ・勉強会の録画・録音・撮影、および資料の2次利用、     詳細内容のSNSへの投稿は固くお断りいたします。 ■内容 データ同化とは ベイズの定理の復習 データ同化の概要 線形最小分散推定 確率分布とデルタ関数 データ同化とベイズ統計学 状態空間モデル カルマンフィルタ 拡張カルマンフィルタ アンサンブルカルマンフィルタ ケーススタディとソースコード 質疑その他   「カルマンフィルタ」の回参加の前に、   午前開催の「ベイズ統計学」の回への参加がお勧めです。 ( ソースコードを後日配布します。) 株式会社インサイトでは、2018年末より「CAEの為のデータサイエンス 勉強会」を開始、 15のテーマについてオリジナルテキストを作成し、 述べ80回を超える 開催を行って参りました。最近では大阪、名古屋、 オンラインでの開催も行っております。 また、企業への出張セミナー、 外部でのセミナー講師も賜っております。 弊社は日本計算工学会の法人会員であり、大学の研究者、企業の技術者で 構成される機械学習の工学問題適用に関する研究会では幹事を務めて おります。また、日本計算工学会主催の計算工学講演会、 日本機械学会 計算力学部門主催の計算力学講演会、WCCM(World Congress in Computational Mechanics)、APCOM(Asian Pacific Congress on Computational Mechanics)では、機械学習関連のセッションや、 ミニシンポジウムのオーガナイザの一員を務めております。このような 活動を通して得た最先端の論文や情報を取り入れた内容を提供致します。 少人数の勉強会ですので、お気軽にご参加ください また、こんな事が出来るといいなと言う意見があれば、 是非お聞かせください。 ▼データサイエンス、何から勉強する?ヒント↓ http://www.meshman.jp/seminar/DS.pdf <テキスト> オリジナルテキストをコピーして無料配布しますが、簡易製本版の販売もしております。 簡易製本 1冊 5,000円(税、送料込み) http://www.meshman.jp/seminar/textsales.html *簡易製本テキストと当日のテキストとの違い (http://www.meshman.jp/seminar/TextSample.png (1)簡易製本:1スライド1頁の印刷   当日テキスト:4スライド1頁の印刷 (2)製本の有無 (3)事前に送付の場合は予習出可能 *販売の理由 無料配布の資料は1/4サイズですが、フルサイズの簡易製本では 数式など見やすくなっております。 もう一つ別の観点が御座います。 現在、この勉強会の参加費は運営費のみを賄う程度です。 この企画にご賛同頂ける方は「カンパ」の意味で購入頂けると有り難いです。 購入は強制ではありませんので それによって参加が出来なくなるという事は一切ございません。 コピー版での参加も歓迎です。 テキストのお申込みは上記【オンライン参加登録】同様、[email protected]まで。

4/23 (木)

087d41226bf4cf529ff5f12303be9c96 MySQL Tech Tour
2020年1月にバージョン8.0がGAリリースしたMySQL NDB Cluster最新情報をお届け
2020年1月にバージョン8.0がGAリリースとなったMySQL NDB Cluster 最新情報をお届けします! イベント概要 大量トランザクションを処理する分散型高可用性クラスター&インメモリデータベースとして開発が始まったMySQL NDB Clusterは、2020年1月にバージョン8.0がGAリリースとなりました。 MySQL NDB Clusterは開発当初は通信インフラ向けのインメモリデータベースでしたが、その後の機能強化によりFintechサービスの基盤やオンラインゲームのバックエンド、さらには軍事防衛システムなど高い信頼性と性能を求められるシステムでの採用が広がっています。 今回のセミナーでご紹介するMySQL NDB Cluster 8.0は、最新のMySQLサーバーを統合し、さらに大量データの処理にも対応した機能と性能を強化しています。 性能と耐障害性を確保し、RDBMSとNoSQLのハイブリッドなデータベースというユニークな特徴を持つMySQL NDB Cluster 8.0の最新情報をぜひご覧ください。 ※本イベントは、Zoomを利用したオンラインセミナー(ウェビナー)です。 【参加方法】 Step1:下記申し込みページよりセミナー申し込みを行ってください。 Step2:セミナー登録完了メールに記載した手順でZoom 登録を行ってください。 イベント詳細、お申込み イベント詳細、お申し込みはこちらから >> アジェンダ ※講演内容や講演者は予告なく変更になる場合がございます。 時間 タイトル 発表者 13:45 – 14:00 接続開始予定 14:00 – 16:00 MySQL NDB Cluster 8.0テクノロジーアップデート 大量トランザクションを処理する分散型高可用性クラスター&インメモリデータベースとして開発が始まったMySQL NDB Clusterは、2020年1月にバージョン8.0がGAリリースとなりました。MySQL NDB Cluster 8.0は、最新のMySQLサーバーを統合し、さらに大量データの処理にも対応した機能と性能を強化しています。性能と耐障害性を確保し、RDBMSとNoSQLのハイブリッドなデータベースというユニークな特徴を持つMySQL NDB Cluster 8.0の最新情報をご紹介します。 日本オラクル株式会社 MySQL GBU 梶山 隆輔 16:00 – 16:10 MySQL Cluster Carrier Grade Editionのご紹介 日本オラクル株式会社 MySQL GBU 16:10 – 16:30 Q&A

10899 normal 1578634441 %e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99 150x150 テックジム名古屋栄校
いまこそPython! 概要 ゼロからはじめるPython入門講座 プログラミングは初めてだけど、Pythonから始めてみたいという方のために、有料のPython基礎コースより一部を抜粋して無料で体験して頂くハンズオン講座をご用意いたしました。 当講座は東京を中心に全国で3800人が参加した人気講座です。 Pythonが注目されている理由とは? 「少ないコード量で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語で、広い分野で使われています。なかでもPythonは、ディープラーニングのライブラリーが圧倒的に豊富で、「人工知能(AI)をやるならPython」と言われるほどです。GoogleやNASAの内部でも利用されており、現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。 Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能で、最初に学ぶ言語としては最適との評価も高いプログラミング言語です。とういうのも、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だというわけです。 これからプログラミングを勉強するなら、Pythonしかありえないといっても過言ではありません。 入門講座のアジェンダとゴール設定 非常にシンプルなサンプルコードを少しずつバージョンアップしながら、「じゃんけんゲーム」を作り上げていきます。 バージョンアップごとに課題が用意されていて、各参加者のスピードにあわせて解いていただきます。 もしつまづいても、スタッフが手取り足取りサポートする「ハンズオン形式」の講座となります。 <本講座で得られること> ・Pythonの基礎的な文法の理解 ・ソースコードを読めるようになる ・自分でゼロからコードを書けるようになる テックジム方式で学ぼう テックジム方式とは、紙媒体のテキストを使い自主学習方式でプログラミング経験を身に着けていくスタイルです。 始めはわからないことだらけだと思いますが、 自ら調べながらやることによる「自主性」が習得効率の飛躍的な向上につながります。 もし行き詰ってしまっても私たちがサポートします! 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けているので、 繰り返し行うことにより自然と習得できてしまいます。 「百聞は一見に如かず!」 自分の手を動かして楽しんで学びましょう! まずは無料体験からご参加ください。 実際に講座に参加して「テックジム方式」を体験してみてください。 タイムスケジュール 18:00~ テックジム方式 19:00~ 問題解説 19:30~ テックジム方式 20:00 終了 19:00までに会場にお入りください。 19:00までであればご自由にご入場して頂けます。 ※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。 ※参加者の事前予約が前日17:30までに0件だった場合開校しない事がありますので予めご了承ください。 参加対象 ・プログラミングを始めたい方 ・Pythonに興味がある方 ※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。 ※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。 ※ 補欠者の方、申込されてない方はご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。 受付 17:50~ 受付にて「Python無料体験講座を受けに来たとお伝えください」 持ち物 ノートPC Googleアカウント ※WiFi環境、電源あります。 参加費 無料 注意事項 ※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。 ※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。 ※ 他の媒体でも集客を実施しておりますので、合計人数が10人に達した時点で募集を打ち切らせて頂きます。

4/24 (金)

0370dd08b6aa69f2603c5d1931c853a8 Welcart Partner Community
ECサイト構築と運用のノウハウ
【4月6日追記】※新型コロナウイルス感染症の動向に鑑みて、オンラインでのセミナーに変更いたします。 Welcart Seminar Vol.3 『ECサイト構築と運用のノウハウ』 Welcartを制作に使用する際に必要な、テーマ制作やカスタマイズを 環境や運用についての注意点なども含め実例を交えて解説します。 参加条件 パートナーに限らず、今後パートナーを検討される方や制作会社様でも対象となります。 ※Welcartを使ったことがあるエンジニア・デザイナーや、Welcartを検討中のディレクター、経営者の方におすすめです。 パートナーについてはこちら>https://www.welcart.com/partner/ タイムテーブル(仮) 時間 内容 13:30~15:30 オンラインセミナー(内容を一部変更予定) 15:30 セミナー終了 セミナー内容詳細 <テーマについて>  テーマの制作方法について   完全オリジナル   既製のテーマ   Welcart専用テーマ  テーマの制作工数の考え方   子テーマ制作にどれだけ工数がかかるか   100%オリジナルのテーマも子テーマ展開する必要があるのか  SEOとUX   質の高いコンテンツをサポート   表示スピードに留意する  Welcart専用テーマとは   他のテーマとの違い   拡張プラグインに配慮   テーマの可能性  テーマを作ってみる   親テーマにWelcartBasicを使用する理由   子テーマの作り方   親の継承方法   スタイルシートの種類と役割   テンプレート構造   JavaScriptの扱い方   ありがちな失敗 <カスタマイズについて>  カスタマイズの仕方   アップグレードが可能なカスタマイズとは   主なアクションフックのタイミング   カスタマイズの設置方法   メンテナンスを考えたファイル構成   リファレンスの活用  カスタマイズの実例   セキュリティーに留意する   アフィリエイトタグの挿入   カートページで「あと○円で送料無料」のメッセージを表示する   フリガナを必須入力にする   「カートへ入れる」ボタンを固定ページで使う <Welcart の新機能について>  会員登録メルアド認証機能  会員データ共有機能 <環境と運用について>  サーバー選びのポイント   ショップによって異なるサーバースペック  サーバーのセッティング   定期購入や自動継続課金を行っている場合   フィールド数が多すぎるプラグイン等を使用している場合   商品点数や受注数が多くなってきたときのメモリー  保守の必要性  他のプラグインとの連携   推奨プラグイン   便利なプラグイン   非推奨プラグイン  その他注意点   メールの送信について   利用制限について

4/25 (土)

8ae59cb8c4a4480c198b1bd213a90168 ScratchDojo
新しいScratchDojo原です・・・よろしく
ScratchDojo 原 connpassのトップページに述べましたように、ScratchDojo 原の運営を会員制から自由参加に変更しました。定員を10名程度にして、余裕があれば自由にお申し込みください。 題材をNHKの「Why!?  プログラミング」からとって行います。余裕があれば、該当ページを事前にやっておくと充実した場になるかと思います。ジェイソンの一言に付け加えて、チャンピオンの一言を例会で付け加えたいと思います。 参加申し込みはこのページから申し込んでください。参加費は500円/回でお願いします。 今回の実施内容 今回はWhy⁉ プログラミングの第2回、 https://www.nhk.or.jp/sougou/programming/?das_id=D0005180302_00000 を題材にします。 内容は次のようなことになりますね Scratchをはじめよう・・・やっとScratchが始まりますね ちゃんとSNSにログインできているかな? 余裕のある人はフィードバック制御のプログラムを作ってみよう 参加方法 忍者の申し込みは毎回一人で一回の申し込みが必要です。兄弟・姉妹で参加される場合は別々にお申し込みをお願いします。 メンターで参加の場合もこちらでお願いします。初めての時はメールアドレスの記入をお願いします。後日こちらから連絡させていただきます。 参加に際して・・・パソコン環境 Scratchはインターネット接続で使う方法とデスクトップScratchを使う方法があります。ScratchDojo原ではインターネット接続を基本としていますが、事情により使えない場合のためにデスクトップScratchをインストールしておいてもらえれば有難いと思います。 整理しますと次のようになります Scratchを行なう場合はご自分のノートパソコンをご持参ください。 インターネットにはWifiに接続して行ないます。Wifi容量は20台です。 インターネット接続出来ない場合に備えて、デスクトップScratchをダウンロード・インストールしておいていただくと有難いです。。 ScratchのSNSに入って、アカウントを取っておいてもらえるとDojoでの時間短縮になりますのでよろしくお願いします。 トラブルを防ぐために、電源はフル充電してこられることを希望します。また、延長コードも準備しておくこともお願いします。 参加に関して・・・安全の面 お子さんの送迎をお願いします。小学校3年生以下の子どもさんは必須でお願いします。 会場風景写真をとって、ホームページにアップしています。映ってご都合の悪い方はご連絡ください。 主宰者:松成 文夫

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
お願い 新型コロナウイルス等の感染症の予防対策として、参加されるお子さん、親御さん、メンター さんはマスクの着用をお願いします。入口での手の消毒もお願いします。 また、状況によっては中止・オンラインでの開催の場合もございますので、ご了承ください。 開催概要 CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 開催日時・場所 日時: 2020/4/25(土) 10:00-12:00 場所: 日進市にぎわい交流館 2F 会議室B,C アクセス方法はにぎわい交流館のページを参考にしてください。 http://shimin-kouryu.net/about/access/ 車でこれらる場合は、にぎわい交流館または日進市役所の駐車場が利用できます。 タイムテーブル 時間 内容 09:45 受付開始 10:00 スタート (スタート前に会場のWiFiに接続をお願いします。) 11:30 発表(各自今日やったことを発表してください) 12:00 終了・後片付け 12:30までには退出してください。 パソコン・タブレットについて WiFi接続可能なノートパソコンまたはタブレットをご持参ください。会場ではWiFiが使用できます。 お持ちではない方は申し込み時にその旨記載ください。(ただし台数に限りがあるため、対応できない場合もあります。) Scratch3.0はInternet Explorerでは使えません。OSがWindow7, 8の方は、Google Chromeをインストールしてきてください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html micro:bitについて micro:bit(マイクロビット)は、25個のLED、2個のボタンスイッチ、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能などがついている小さなコンピューターです。 https://microbit.org/ja/guide/ あらかじめ搭載されているセンサーを使って状態の変化を検知したり、LEDを光らせたり、音を鳴らしたり、モノを動かしたりできます。 micro:bitでプログラミングすることにより、普段の生活のさまざまな場所でプログラムが動いているのを身近に感じてもらえると思います。 CoderDojo日進では、micro:bit本体とmicro:bitで動くロボットカーを貸し出します。ぜひ試してみてください。 プログラムの作成にパソコンまたはタブレットが必要ですので、お持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は「パソコン貸出希望」と申し込み時に記載ください。 その他のプログラミングについて テキストプログラミングでは、2018/11/01より初心者向けの教材としてProgateが利用できるようになりました。興味がある方は申し込み時に連絡ください。Progateを利用しなくてももちろん構いません。 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について 会場内では写真を撮影します。ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に説明等を行いますので、開催30分前の9:30頃会場にお越しください。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/ 寄付やスポンサーのお願い 参加費を無料で運営するために、法人の寄付・スポンサーを募集しています。 寄付は書籍、micro:bitなどの電子機器、備品などの購入、印刷代等に使う予定です。 企業・事業者からのスポンサーも募集しています。スポンサーいただいた場合、会社名やロゴなどを本ウェブサイト、Facebook、チラシなどで紹介させていただきます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。

C1852b8426d816ceb79d69256a13d4c7 CoderDojo瀬戸
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
CoderDojo瀬戸オンラインです! コロナウイルス対応のためCoderDojo瀬戸を オンライン開催 で開催します。 みんなでオンラインDojoを体験して楽しんじゃいましょう! ⛔⛔⛔くれぐれもいつもの会場「ますきち」へ行かない様に気をつけてください ⛔⛔⛔ 今回はオンライン開催です。参加される方は下記の手順に従って準備してください。 (基本的にはソフトをインストールするだけです) 事前準備 事前に下のURLをパソコンまたはスマホ、タブレットからクリックしてプログラム(アプリ)をインストールしておいてください。 パソコンで作品を作る方はパソコンでインストールしておくのが良いと思います。 https://zoom.us/j/8980218655 画面に出てくる説明に沿って操作して、ZOOMというアプリがインストールできればOKです。 名前を設定する箇所があれば自分の名前を設定ください(可能なら) できればイヤホンマイクがあると便利です。スマホに付属のイヤホンマイクで良いです。なければ100均でも手に入ります。 当日の参加の仕方 10:00(少し前から開けています)~12:00の間に、下のURLをパソコンまたはスマホからクリックしてください https://zoom.us/j/8980218655 画面の説明に沿って会議に参加してください 相手の声は聞こえるでしょうか。自分の声は相手に聞こえているでしょうか。ボリュームやマイクの設定を確認してみてください。 つながればあとはオンラインで説明します みんな初めてだと思うので、実際は、画面を見ながらわいわいしゃべって終わり、となるかもしれません。 その時は、オンライン会議入門だと思って楽しんでください(^ ^; メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 全くの初心者の方は「Scratch」から始めるのをお勧めします。 その場合は事前にユーザー登録をしておくとスムーズです。 (作品が自動保存される様になります) Scratchユーザー登録 https://scratch.mit.edu/join CoderDojo 瀬戸 子供向けプログラミング道場について CoderDojo瀬戸は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県瀬戸市で開催しています。 https://coderdojo-seto.github.io/ CoderDojo瀬戸は 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 今回はオンライン会議のツール(Zoom)を使って実施します。 URLにアクセスするとZoomのダウンロードが始まります。 事前にアクセスしてソフトをインストールしておいてください。 https://zoom.us/j/8980218655 当日も↑のURLで開催します。 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 10:00 ~ 11:30 : プログラミング 11:30 ~ 12:00 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。撮影した素材はブログやSNSなどで使わせて頂きます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 会場内では写真を撮影します。写真はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に136以上の道場があります。 (2018年5月現在)

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
お知らせ 1. 新型コロナウイルス等の感染症の予防のため、オンラインで開催します。 にぎわい交流館は閉館していますので、間違えて行かないようにご注意ください。 2. 今回は、CoderDojo瀬戸のみなさんと一緒に開催します!!一緒に楽しみましょう。 参加方法 オンライン会議システム「Zoom」を利用します。 当日はこのURLから参加してください。 https://zoom.us/j/8980218655 開始時間前にクリックしてアクセスしてください。 Zoomの会議室に参加する場合は、パソコンまたはスマホ、タブレットにアプリのインストールが必要です。 できるだけ、プログラミングをするパソコンで参加してください。 パソコンにカメラがついていなくても、音声とパソコン画面共有のみでも参加可能です。 参加用のURLをクリックするとインストールできます。名前には当日読んで欲しい名前を設定してください。 Zoomやオンライン会議システムを利用するのが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオン とがぞのさん が作ってくださった、こちらのスライド「Zoomの使い方 はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 タイムテーブル 時間 内容 09:45 会議室への接続受付開始 10:00 スタート 11:30 発表(各自今日やったことを発表してください) 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について オンライン開催中の画面を撮影します。ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に別途オンラインミーティングで説明等を行います。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/ CoderDojo日進について CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html 寄付やスポンサーのお願い 参加費を無料で運営するために、法人の寄付・スポンサーを募集しています。 寄付は書籍、micro:bitなどの電子機器、備品などの購入、印刷代等に使う予定です。 企業・事業者からのスポンサーも募集しています。スポンサーいただいた場合、会社名やロゴなどを本ウェブサイト、Facebook、チラシなどで紹介させていただきます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。

92cf816bc5cef7b7ce2eefcbe25eb15a CoderDojo天白
新学期が始まりましたね・・・
CoderDojo天白 コロナウイルスの関連でオンライン開催となります。後日書き直しますが、よろしくお願いします。 CoderDojo 天白では今まで、授業をやったり、自主的にやってもらったり必ずしも一貫した姿勢ではやっていませんでした。今年から、さらに自主的にプログラミングを楽しむという方向でやっていきたいと思います。 CoderDojo天白でできること ・ Scratchを使ったプログラミング・・・作品制作を楽しみましょう! ・ テキスト・プログラミング・・・ホームページ、ゲーム作成をサポートします ・ Processingという画像処理アプリでテキストによるお絵描き。アニメーションを楽しみましょう ・ ビスケット・プログラミング・・・お絵かきを楽しみながらプログラミング感覚を養いましょう こんないろんなことができるはずです。。。 参加するときは ・ 原則、自主制作です。自分で作品を作ったり、勉強したりすることを楽しんでください。 ・ 会場についたら受付でどんなことをやるか言ってください。 ・ よかったら、少額でいいので募金箱に寄付をしてくれるとありがたいです。 ・ はじまる前に皆さんがどういうことをやるかをお聞きします。 ・ メンターがいい話があれば紹介します。 ・ 1時間程度、自主的に作品制作を通じた勉強をします。 ・ おわりの前に今日の結果を発表します。 ・ 最後に集合写真を撮ります。 ・ 帰る前に会場の整理を手伝いましょう。 ・ 挨拶をして帰りましょう 新しく忍者として参加される方へ ・ 開始10~15分前に受付を済ませてください 新しくメンターとして参加される方へ ・ メンター枠で応募してください ・ 後日、連絡を取りますので、メールアドレスをお知らせください サポーターとして参加される方へ 会場での受付・写真撮影などをお願いできればと思います。 当日、お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。 progate_ の利用 ・ CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。テキスト・プログラミングの基本的な内容を少しずつ、小テスト形式で進めていくようです。 ・ 利用を希望される方は [email protected] へ申請願います。 ・ 定員15名ですので、多くなればやりくりしながら使っていこうと思います。 参加に際しては次のことをお願いします。 Dojo内では Cool! が原則です。他人の迷惑にならないように行動しましょう。 CoderDojoでは参加忍者の年齢は7歳から17歳までとなっていますが、天白では、もう少し若年の忍者はビスケットで楽しんでもらえます。高学年の忍者はユースメンターとして活動していただくとありがたいです。 Scratchの利用に際してはつぎの順序でお願いします ・ 初心者、また、低学年の忍者はScratchデスクトップから始めてもらう。 ・ Scratchアカウントは家庭でとってもらう。 ・ 当面、Wifi環境はそのままにしておきますので、必要と感じられたらパスワードを聞いて設定していただく。  Scratchデスクトップのダウンロードは下記からお願いします。  https://scratch.mit.edu/download プログラミングでは、計画などのために、メモ用紙、筆記用具もあると便利です! 参加費は無料ですが、会の諸雑費の費用として寄付していただければと思い、募金箱を受付に置きます。 では、楽しい時間を過ごしましょう!!

30956e014652853fa24528b1e6de959e ProofCafe
名古屋Coq勉強会
萩原、アフェルト 著 「Coq/SSReflect/MathCompによる定理証明」森北出版 の4章を読んでいきます。 ご注意:会場および開始時刻は変更になる場合があります。参加登録後も #ProofCafe によるツイートに注意してください。 問題:有理数を係数とする任意の多項式 a と b において、(- a) * (- b) = a * b であることを証明してください。 * は普通の掛け算です。 以上

Bbd4bd3705c195c7a226c4b41dd8592e 【AI初学者向け】ビジネスAI勉強会 in 名古屋
ビジネスへのAI活用を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着けること。 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 【AI人材を求めている企業様へご紹介】 「AI活用企業様との架け橋支援」 本ワークショップ参加者にビジネスでAIを活用していただきたく、弊社で厳選したAI活用企業様へお繋ぎすることも可能です。詳細はこちらをご覧ください。(ただし、スキル測定会参加必須) なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで学生・社会人のAI初学者を対象に、AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストから直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全12回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全12回構成(1回2時間、隔週で開催予定)  学びたい回のみの受講もOK! ・第1回 概要説明とPython体験 ・第2回 教師あり学習 ・第3回 教師なし学習 ・第4回 予測モデルの学習と評価 ・第5回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第6回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第7回 実世界データのモデリング ・第8回 飲食店の来客数予測 ・第9回 クレジットカードの不正利用検知 ・第10回 手書き数字画像の認識         ←今回 ・第11回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第12回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 持ち物 ・PC(アダプターが必要な方は持参) Anacondaインストール必須。(ダウンロード) ご不明点がございましたら、こちらまでお問い合わせください。 ・ノート、筆記用具(PC上にメモを取る方は不要) 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ワークショップ概要 時間 ・開始20分前より入場可能。 ・途中参加、退場可 会場 ・昭和生涯学習センター ・住所 : 愛知県名古屋市昭和区石仏町1丁目48 ・アクセス : 地下鉄鶴舞線及び桜通線「御器所」下車2番出口南約300m 3番出口南東約300m

4/26 (日)

C4a68233ba0d65e4fa554d94f6943c52 よちよちAndroidサンデープログラミングの会
よちよちAndroidサンデープログラミングの会、名古屋支部の定例オフライン開発ミーティングです。 出席者は、このイベントで参加表明をしてください。 場所は、名古屋市市民活動推進センターのフリースペースです。 http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/index.php よちよちAndroidサンデープログラミングの会に加わりたい方は、ホームページ https://sites.google.com/view/yochiand をご覧ください。 会場は、電源、フリーWiFiがあります。

4/28 (火)

10899 normal 1578634441 %e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99 150x150 テックジム名古屋栄校
いまこそPython! 概要 ゼロからはじめるPython入門講座 プログラミングは初めてだけど、Pythonから始めてみたいという方のために、有料のPython基礎コースより一部を抜粋して無料で体験して頂くハンズオン講座をご用意いたしました。 当講座は東京を中心に全国で3800人が参加した人気講座です。 Pythonが注目されている理由とは? 「少ないコード量で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語で、広い分野で使われています。なかでもPythonは、ディープラーニングのライブラリーが圧倒的に豊富で、「人工知能(AI)をやるならPython」と言われるほどです。GoogleやNASAの内部でも利用されており、現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。 Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能で、最初に学ぶ言語としては最適との評価も高いプログラミング言語です。とういうのも、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だというわけです。 これからプログラミングを勉強するなら、Pythonしかありえないといっても過言ではありません。 入門講座のアジェンダとゴール設定 非常にシンプルなサンプルコードを少しずつバージョンアップしながら、「じゃんけんゲーム」を作り上げていきます。 バージョンアップごとに課題が用意されていて、各参加者のスピードにあわせて解いていただきます。 もしつまづいても、スタッフが手取り足取りサポートする「ハンズオン形式」の講座となります。 <本講座で得られること> ・Pythonの基礎的な文法の理解 ・ソースコードを読めるようになる ・自分でゼロからコードを書けるようになる テックジム方式で学ぼう テックジム方式とは、紙媒体のテキストを使い自主学習方式でプログラミング経験を身に着けていくスタイルです。 始めはわからないことだらけだと思いますが、 自ら調べながらやることによる「自主性」が習得効率の飛躍的な向上につながります。 もし行き詰ってしまっても私たちがサポートします! 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けているので、 繰り返し行うことにより自然と習得できてしまいます。 「百聞は一見に如かず!」 自分の手を動かして楽しんで学びましょう! まずは無料体験からご参加ください。 実際に講座に参加して「テックジム方式」を体験してみてください。 タイムスケジュール 18:00~ テックジム方式 19:00~ 問題解説 19:30~ テックジム方式 20:00 終了 19:00までに会場にお入りください。 19:00までであればご自由にご入場して頂けます。 ※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。 ※参加者の事前予約が前日17:30までに0件だった場合開校しない事がありますので予めご了承ください。 参加対象 ・プログラミングを始めたい方 ・Pythonに興味がある方 ※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。 ※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。 ※ 補欠者の方、申込されてない方はご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。 受付 17:50~ 受付にて「Python無料体験講座を受けに来たとお伝えください」 持ち物 ノートPC Googleアカウント ※WiFi環境、電源あります。 参加費 無料 注意事項 ※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。 ※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。 ※ 他の媒体でも集客を実施しておりますので、合計人数が10人に達した時点で募集を打ち切らせて頂きます。

4/30 (木)

10899 normal 1578634441 %e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99 150x150 テックジム名古屋栄校
いまこそPython! 概要 ゼロからはじめるPython入門講座 プログラミングは初めてだけど、Pythonから始めてみたいという方のために、有料のPython基礎コースより一部を抜粋して無料で体験して頂くハンズオン講座をご用意いたしました。 当講座は東京を中心に全国で3800人が参加した人気講座です。 Pythonが注目されている理由とは? 「少ないコード量で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語で、広い分野で使われています。なかでもPythonは、ディープラーニングのライブラリーが圧倒的に豊富で、「人工知能(AI)をやるならPython」と言われるほどです。GoogleやNASAの内部でも利用されており、現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。 Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能で、最初に学ぶ言語としては最適との評価も高いプログラミング言語です。とういうのも、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だというわけです。 これからプログラミングを勉強するなら、Pythonしかありえないといっても過言ではありません。 入門講座のアジェンダとゴール設定 非常にシンプルなサンプルコードを少しずつバージョンアップしながら、「じゃんけんゲーム」を作り上げていきます。 バージョンアップごとに課題が用意されていて、各参加者のスピードにあわせて解いていただきます。 もしつまづいても、スタッフが手取り足取りサポートする「ハンズオン形式」の講座となります。 <本講座で得られること> ・Pythonの基礎的な文法の理解 ・ソースコードを読めるようになる ・自分でゼロからコードを書けるようになる テックジム方式で学ぼう テックジム方式とは、紙媒体のテキストを使い自主学習方式でプログラミング経験を身に着けていくスタイルです。 始めはわからないことだらけだと思いますが、 自ら調べながらやることによる「自主性」が習得効率の飛躍的な向上につながります。 もし行き詰ってしまっても私たちがサポートします! 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けているので、 繰り返し行うことにより自然と習得できてしまいます。 「百聞は一見に如かず!」 自分の手を動かして楽しんで学びましょう! まずは無料体験からご参加ください。 実際に講座に参加して「テックジム方式」を体験してみてください。 タイムスケジュール 18:00~ テックジム方式 19:00~ 問題解説 19:30~ テックジム方式 20:00 終了 19:00までに会場にお入りください。 19:00までであればご自由にご入場して頂けます。 ※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。 ※参加者の事前予約が前日17:30までに0件だった場合開校しない事がありますので予めご了承ください。 参加対象 ・プログラミングを始めたい方 ・Pythonに興味がある方 ※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。 ※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。 ※ 補欠者の方、申込されてない方はご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。 受付 17:50~ 受付にて「Python無料体験講座を受けに来たとお伝えください」 持ち物 ノートPC Googleアカウント ※WiFi環境、電源あります。 参加費 無料 注意事項 ※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。 ※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。 ※ 他の媒体でも集客を実施しておりますので、合計人数が10人に達した時点で募集を打ち切らせて頂きます。

5/9 (土)

Bbd4bd3705c195c7a226c4b41dd8592e 【AI初学者向け】ビジネスAI勉強会 in 名古屋
ビジネスへのAI活用を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着けること。 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 【AI人材を求めている企業様へご紹介】 「AI活用企業様との架け橋支援」 本ワークショップ参加者にビジネスでAIを活用していただきたく、弊社で厳選したAI活用企業様へお繋ぎすることも可能です。詳細はこちらをご覧ください。(ただし、スキル測定会参加必須) なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで学生・社会人のAI初学者を対象に、AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストから直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全12回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全12回構成(1回2時間、隔週で開催予定)  学びたい回のみの受講もOK! ・第1回 概要説明とPython体験 ・第2回 教師あり学習 ・第3回 教師なし学習 ・第4回 予測モデルの学習と評価 ・第5回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第6回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第7回 実世界データのモデリング ・第8回 飲食店の来客数予測 ・第9回 クレジットカードの不正利用検知 ・第10回 手書き数字画像の認識 ・第11回 ニュース記事のテキストデータ分析         ←今回 ・第12回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 持ち物 ・PC(アダプターが必要な方は持参) Anacondaインストール必須。(ダウンロード) ご不明点がございましたら、こちらまでお問い合わせください。 ・ノート、筆記用具(PC上にメモを取る方は不要) 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ワークショップ概要 時間 ・開始20分前より入場可能。 ・途中参加、退場可 会場 ・昭和生涯学習センター ・住所 : 愛知県名古屋市昭和区石仏町1丁目48 ・アクセス : 地下鉄鶴舞線及び桜通線「御器所」下車2番出口南約300m 3番出口南東約300m

5/10 (日)

49a622fdda9024b3c04fd30e8485125b CoderDojo Owari
2020年5月開催
新型コロナウイルス関連 必ずお読みください。 新型コロナウイルスに対する方針 (2/22 時点) https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/ はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に196以上の道場があります (2020年2月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. GWのため第2週に移動 第1週目は GW のため、第2週に開催します。 小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください 小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 PC 貸出 & micro:bit 貸出について ノートパソコンをお持ちの方は、持参していただくようお願いいたします。 micro:bit はCoderDojo Owariで5台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 試験的にメンターで余っている PC 貸出を行うことにいたしました。 PC貸出可能台数は、PCを所有しているメンターが参加できるかどうかに関わってくるため、開催1ヶ月前に決定いたします。 恐れ入りますが、PC貸出できるメンターが参加不可になった場合、 申し込み順が遅い方からキャンセル させて頂く場合があります。予めご了承願います。 より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています。 CoderDojo Owari とは CoderDojo Owari は CoderDojo の理念に共感したメンバーにより発足したボランティアグループです。2017年4月より毎月 CoderDojo を開催します。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 子ども向けに作られたプログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 micro:bit:子ども向けに作られたマイコンボード。いろいろなデバイスにつなげってロボットプログラミングをすることができます。 halocode: Makeblock 社の WiFi 内蔵シングルボードです。3台保有しています。Android, iOS, PC 必須 Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめるビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。 概要 項目 内容 日付 2020年5月10日 (日) ※今月は第2日曜日 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 会議室 3 & 4 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 (駅改札からの写真案内) 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/165814/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています) スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

5/12 (火)

38a691af074c9601bf4743d39cd7e04f Incubate Fund
<Sansan,Gamewith,パネイル等の創業支援VCによる講座シリーズ>
概要 プロダクト完成前に向けたシード資金を得たい、実力にみあった正当なValuationで資金を調達したい、有力VCからのハンズオン支援を引き出したい、全く盛り上がらないVCミーティングから脱却したい・・・。 本気で資金調達を目指す起業家の皆さんにとって、投資家とのミーティング・交渉は正解のない迷路のように思われるかもしれません。 そんなお悩みをお持ちのシード/アーリーステージ起業家の皆さんのため、シードステージでは国内最大規模となる独立系VC・インキュベイトファンドによるVC資金調達のための連続講座を開催いたします。 「VCが求めるトラクション(実績)とは何か?」「創業チームはどう組成したらよいか?」「資本政策で守るべき点と攻めるべき点は?」「VCが求めるピッチブックの内容は?」といった疑問に対して、インキュベイトファンドのハンズオン支援経験を基にした実践的なノウハウを、より多くの志ある起業家及び起業準備中の方へお届けします。 こんな方におススメ ・プロダクトローンチ済かつ、数千万円~億円規模の資金調達をしたい ・プロダクト完成前かつ、市場規模の大きい領域で挑戦しようとしている ・登記前のスタートアップ 講師紹介 インキュベイトファンド 種市 亮 2011年10月楽天株式会社に入社。 名古屋支社にて4年間楽天市場出店企業のコンサルティング・営業に従事後、金沢支社の責任者を経験。 その後本社に戻り楽天キャピタルにてEコマース・ヘルスケア領域を中心としたスタートアップへの投資検討及び様々なバリューアップ支援を経験。 2018年4月インキュベイトファンドへ参画、アソシエイトとして新規投資先発掘、投資先バリューアップ、人材採用支援等を担当。 立教大学 経済学部卒 Incubate Campとは 独立系ベンチャーキャピタルとして、スタートアップへの投資並びに育成事業を行う『インキュベイトファンド』が主催する、本気で資金調達を目指すシード/アーリーステージ起業家のための起業家/投資家合同経営合宿。 一般公募者の中から選考を通過した18名程度の経営者をキャンプ(1泊2日の合宿プログラム)への参加者とし、キャンプにゲストとして参加する国内屈指のベンチャーキャピタリスト(以下、ゲストVC)約18名と共同で事業プランをブラッシュアップします。また、キャンプ以降の資金調達機会に加え、事業を継続的に支援致します。 詳細及びエントリーは、下記特設ページURLよりご確認お願いします。 https://bit.ly/IC13th ■組織概要 インキュベイトファンド URL:" rel="nofollow">http://incubatefund.com/ 所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3F 代表パートナー:赤浦 徹、本間 真彦、和田 圭祐、村田 祐介

5/14 (木)

9413b0f42affbabc02b63ba6f49e8b92 CoderDojo師勝
第13回
第13回CodreDojo師勝を開催します。 しゅくだいもってきてもいいよ。 しゅくだいすませてぷろぐらみんぐしよう! CoderDojoの活動について CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。 2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本には203以上の道場があります。 (2020年2月時点) 開催予定は月1回、第2木曜日(15:00~18:00)開催を基本にしています。 5月は14日に行います。 新型コロナウイルスの動向により、お休みする場合があります。 CoderDojo師勝でいまやっていること scratchをメイン言語としますが、やりたいと思うことやわからないと思うことを持ってきてみてください。 ・micro:bitやraspberry_pi、Ichigojam、Makeblock halocode、mbot 等シングルボードコンピュータ ・iPadのSwift play groundなど ・先輩Ninja達が、JavascriptやC言語を始めました。 ・M5stackシリーズや、技術同人誌などで一緒に遊びませんか? 当日に解決できないこともありますが、一度持ってきてみてくださいね。 いっしょに調べたり考えたりしましょう! 必要な持物 ノートパソコンあるいはタブレット。 使用するアプリケーションはダウンロードしておいてください。よくわからない場合はとりあえず持ってきてみてください。      パスワードやチャイルドコントロールなどをされている場合はそのパスワードをお持ちください。      参加日前日までにインターネットにつなぎ、Windows updateを行うようにしてください。   (個人契約のインターネット環境のため、パケット量が逼迫し、インターネットにつなげられなくなる場合があります。    ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。)    筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) なるべくもってきてね。なくても特に問題になるようなことはありません。 おことわり CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo師勝 では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けています。 個人スポンサー: (目安は 1回500円) 団体・法人: 1口1万円/年 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。

5/15 (金)

7358 normal 1453095825 7293 normal 1452048885 a a-blog cms Training Camp
a-blog cms Training Camp は、年2回(5月・11月)2日間にわたって最新機能や明日から役立つ実装や方法を学ぶイベントです。当日は、参加者の事例紹介を中心としたセミナー形式と実装方法を学べるハンズオン形式の二部構成でお送りします。 日程 2020年5月15日(金) 14:00 - 23日(土) 16:00 参加費 勉強会:早割 3,000円(税込)/ 一般 5,000円(税込) 懇親会:4,000円(税込) 会場 5/15(金) 名古屋国際センタービル 5F 第一会議室 5/16(土) ベースキャンプ名古屋 タイムスケジュール 現在調整中です。 ※公開まで今しばらくお待ちください ユーザーセッション ユーザーセッションの登壇者を募集しております。ご希望の方は本イベントのお問い合わせフォームより、ご連絡ください。 FAQ Q: 2日間のイベントですが、宿泊は参加費に含まれていますか? 宿泊は含まれていません。名古屋駅周辺のビジネスホテルなどをご自身で確保をお願いします。 開催日が近くなるとお手頃なお値段の宿が少なくなる可能性がありますので、お申込み後はなるべくお早めに宿のほうも予約することをおすすめします。 Q: 全くの初心者ですが、参加しても大丈夫ですか? イベント中に初心者向け勉強会を用意しておりますので、お気軽にご参加ください。 イベントの間はスタッフに自由に直接疑問点を聞けるため、初心者の方にはとくにおすすめです。 Q: 2日間のイベントですが、1日だけの参加でも大丈夫ですか? 1日だけの参加も歓迎です。ただ、1日目と2日目では内容が変わりますので、希望の内容が行われるかよくご確認の上、ご参加ください。

5/16 (土)

Bbd4bd3705c195c7a226c4b41dd8592e 【AI初学者向け】ビジネスAI勉強会 in 名古屋
ビジネスへのAI活用を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着けること。 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 【AI人材を求めている企業様へご紹介】 「AI活用企業様との架け橋支援」 本ワークショップ参加者にビジネスでAIを活用していただきたく、弊社で厳選したAI活用企業様へお繋ぎすることも可能です。詳細はこちらをご覧ください。(ただし、スキル測定会参加必須) なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで学生・社会人のAI初学者を対象に、AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストから直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全12回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全12回構成(1回2時間、隔週で開催予定)  学びたい回のみの受講もOK! ・第1回 概要説明とPython体験 ・第2回 教師あり学習 ・第3回 教師なし学習 ・第4回 予測モデルの学習と評価 ・第5回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第6回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第7回 実世界データのモデリング ・第8回 飲食店の来客数予測 ・第9回 クレジットカードの不正利用検知 ・第10回 手書き数字画像の認識 ・第11回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第12回 WebアプリへのAIプログラム組み込み         ←今回 持ち物 ・PC(アダプターが必要な方は持参) Anacondaインストール必須。(ダウンロード) ご不明点がございましたら、こちらまでお問い合わせください。 ・ノート、筆記用具(PC上にメモを取る方は不要) 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ワークショップ概要 時間 ・開始20分前より入場可能。 ・途中参加、退場可 会場 ・昭和生涯学習センター ・住所 : 愛知県名古屋市昭和区石仏町1丁目48 ・アクセス : 地下鉄鶴舞線及び桜通線「御器所」下車2番出口南約300m 3番出口南東約300m

5/17 (日)

10271 normal 1560061914 %e7%8a%ac%e5%b1%b1a CoderDojo 犬山
  5月の例会の会場は「丸山地区学習等供用施設」になります。 いつもと違いますので、ご注意ください。 子供達の自主性を育むことを目的とし、カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。また、毎回その日にやったことや自宅などでやったことをみんなに発表します。 ・Scratchを中心に作品作りをします。 初めのうちはScratchカードの作品をおすすめしています。アレンジして自分のオリジナル作品を作りましょう。他に作りたい作品がある子はその作品をやってもらってOKです。   ・micro:bitで制御するロボットカーとLegoEV3を各1台持っていきます。やってみたい人は申し込み時にその旨ご記入ください。    CoderDojo犬山 でできること Scratch   ブロックを組み合わせてパズル感覚で、初心者でも簡単にゲームやアニメーションやアートを作れる無料のプログラミング言語です。自主的な作品つくりを行います。 ビスケット   お絵かき感覚で、小さな子でも楽しめるプログラミングツールです。 アニメーション、ゲームなどを簡単に作れます。パソコン、タブレット、スマホなど様々な機種で動きますが、特にタブレットとの相性が良いです。   micro:bit プログラミングして操れる小さなコンピューター。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、無線通信機能がついています。   CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。利用したい方は申し出てください。   持ち物 当日までの準備 Scratch ・持ち物:ノートパソコン(貸出パソコン2台まで有)、筆記用具 ・貸し出しが必要な方は、申し込み時にご連絡ください。 ・できれば、当日までにScratchデスクトップ(Scratch 3.0 オフライン版)をインストールしておいてください。⇒Scratchデスクトップ  ビスケット ・持ち物:ノートパソコンかタブレット ・貸し出しが必要な方は、申し込み時にご連絡ください。 参加費 無料  開催当日 ・ 開始時刻の5分前ぐらいまでに集まり、受付をしてください。      保護者の皆さんへ ・12歳以下の子どもさんが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加ください ・キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 ・兄弟での申し込みは1人ずつ申し込んでいただくか、お問い合わせよりメッセージで申し込みください。  Dojo内では原則として、Web公開を前提としたイベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおりますが、ご都合が悪い場合は事前に連絡をお願いします。 ・CoderDojo の理念から、参加費の徴収は禁じられていますが、CoderDojo犬山では個人のボランティアの皆さんの善意で運営されています。継続的な活動のため、会場に募金箱を設置し、一口500円程度の寄付を任意でお願いしています。 寄付は印刷代、備品代などに使わせていただきます。皆様のご協力をよろしくお願いします。   メンターについて メンターは子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。   ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。

サーバー構築ハンズオン
初心者向けといいつつセキュアなプロトコルまでやる、とってもヘビーなハンズオンです。
  ★GoogleMapの劣化を確認しています!! 会場の地図はYahooMapで確認してください!! 毎回大変ご好評いただいています(!?)サーバー構築ハンズオンや勉強会ですが、こちらのMyDNS.JPの中の人が開催するハンズオンの方は、WEBだけではなくメールサーバーまでセキュアなプロトコルも含めて一気にやります。 2020年からは、CentOS8を使ってサーバー構築をします。 時間が限られていますので、基本的にエディターによる設定をなくし、説明に重点を置くようにしています。 なので、まずはユーザー会の勉強会にて基礎的な部分を把握していただいたうえで、こちらのより実践的で少しだけ深い内容まで扱うハンズオンへの参加をお勧めします。いきなりこちらのハンズオンへの参加でも構いませんが、『ユーザー会の勉強会』(※)でやっている基礎的な知識があるものとさせていただきますので、予めご了承ください。 ※ユーザー会の勉強会とこちらのハンズオンは別の扱いです。初めての方は参加費用が発生します。 皆さんには、外部に対してVNC接続とSSH接続が出来る環境をインストールしたノートパソコンをご用意いただきます。 そして、こちらで用意した CentOS8 のVPSで『 LAMP環境 』(Linux、Apache、MySQL、PHP)の構築から WordPress のインストールまで、そしてそれとは別に メールサーバー の構築を、それぞれセキュアなプロトコル(※)まで含めて行います。分量としては とってもヘビーなハンズオン となりますのでご注意ください。 ※独自ドメインを使って、Let's Encryptで~Sなプロトコルまで扱います。 いずれにしましてもLinuxでサーバーを構築したいという方や、IT系社会人や学生さんで一年目の方などが対象で、インターネットやLinux、サーバーの仕組みや運用、またよく混乱してしまう点などを織り交ぜながら、広く浅くサーバー構築のいろはにほへと…を学べると思います。 ※ 過去にこの『ハンズオン』シリーズを受けた方は、無料で再度ご参加していただいてOKです。(要連絡) 【当日のスケジュール】 ・09:45 開場(インターネットへの接続テストなどをしてください) ・10:00 午前の部開始(午前中はお話が中心になります) ・12:00 ランチタイム(区切りのいいところで多少前後します) ・13:00 午後の部開始(本格的に手を動かし始めます) ・18:00 終了(撤収完了予定、進行状況により一時間程度前後する場合もあります) ※午後は二時間に一度程度の割合で、適時休憩をはさみます。 【条件・必要なもの】 ・参加費用はPaypal決済(希望者には別途領収書発行します) ・有線もしくは無線LAN内蔵のノートパソコン(※1) ・Linuxの多少の経験、ある程度の用語が判る方(※2) ※1 別途事前にメールにてお知らせしますWEBを参照して、VNC、ならびにSSHクライアントをインストールして、VNC接続とSSH接続が出来る準備をしておいてください。また、ブラウザは最新バージョンにしておいてください。ご心配でしたら当日接続確認も可能です。それと、 マウスが別途あるとやりやすい 、と思います。(コピペ作業がメインのため) ※2 ほぼCUI(コマンドライン)での操作となります。 繰り返しになりますが、 内容も量もとってもヘビー ですので、ちょっと無理かも…と思った方は、まずは『ユーザー会の勉強会』を受講してからにしてください。 この勉強会についてのご意見・ご質問などがございましたら、お問い合わせページからお願いいたします。 ( 会場へのお問い合わせはされないようにお願いいたします ) MyDNS.JPのお問い合わせページ https://www.mydns.jp/?MENU=900 ★キャンセルの場合★ ・申込締切日前のキャンセルの場合   キャンセルを確認しましたら、Paypalで返金手続きをさせていただきます。 ・申込締め切り日時を過ぎてからのキャンセルの場合   手数料として半額を差し引いて、Paypalで返金手続きをさせていただきます。 ・開催当日までに連絡なくキャンセルされた場合   申し訳ございませんがご返金はいたしませんのであらかじめご了承ください。 ※いずれの場合にも、Paypalで決済&入金を確認した後になります ※領収書発行希望の場合には別途ご連絡ください(現地にて発行可能の予定) ※キャンセル・参加費用の払い戻しのルールを以上のように変更します  

8ae59cb8c4a4480c198b1bd213a90168 ScratchDojo
ウイルスが収まればいいですね
概要 昨年(2019年)2月に「プログラミングで科学実験を楽しもう」というワークショップ・イベントを開催して、一日20人の参加者があり、二日間で40人弱の子供たちに楽しんでもらいました。 しかし、その内容はいろいろと考えていたことを一日にまとめてしまって、本当に体験として楽しんでもらったもので、思ってたことの10分の一くらいの内容になりました。 その結果を踏まえて、今回から、月一回程度のワークショップを開催して、年少者も含めてじっくりとやりたいと思います。 今回の予定 毎回、自主的に行います。自分で材料を持ってきてもいいし、下記の材料を使う場合は申込時にお知らせください。 もちろん、マイクロ単体でもいろいろと楽しめますよね。 材料・・・ レーシングカー(bitPak 旧型?):3セット・・・使いやすい車です、イベント用に購入、組み立て済み BOSON スターターキット :1セット ・・・ micro:bit 用の楽しい実験装置 ElecFreaks スターターキット :1セット ・・・普通の実験装置 TfabWorks 子供向けスターターキット :4セット Makey makey 1セット : いろんな材料につけて遊ぶ・・・音を出す Halo Code 3セット : micro:bit の亜種的なものかな LED,SW, ブザー・・・小物類 5~10セットくらいあるかな(サーボ・モーター等、一部不良品があるかも、) その他。。。 持ち物など Wifi 接続可能なノートパソコンを持参ください。 追加の持ち物は直前に連絡します。 ブラウザはGoogle Chrome をインストールしておいていただくといいかと思います。 実験道具 基本的にDojoで準備します micro:bit など、お持ちの方は持参ください 参加に関してのお願い 保護者の方は基本的に離れて座ってくださるのが有難いですのでよろしくお願いします。 記載:松成 文夫

5/19 (火)

38a691af074c9601bf4743d39cd7e04f Incubate Fund
<Sansan,Gamewith,パネイル等の創業支援VCによる講座シリーズ>
概要 プロダクト完成前に向けたシード資金を得たい、実力にみあった正当なValuationで資金を調達したい、有力VCからのハンズオン支援を引き出したい、全く盛り上がらないVCミーティングから脱却したい・・・。 本気で資金調達を目指す起業家の皆さんにとって、投資家とのミーティング・交渉は正解のない迷路のように思われるかもしれません。 そんなお悩みをお持ちのシード/アーリーステージ起業家の皆さんのため、シードステージでは国内最大規模となる独立系VC・インキュベイトファンドによるVC資金調達のための連続講座を開催いたします。 「VCが求めるトラクション(実績)とは何か?」「創業チームはどう組成したらよいか?」「資本政策で守るべき点と攻めるべき点は?」「VCが求めるピッチブックの内容は?」といった疑問に対して、インキュベイトファンドのハンズオン支援経験を基にした実践的なノウハウを、より多くの志ある起業家及び起業準備中の方へお届けします。 こんな方におススメ ・プロダクトローンチ済かつ、数千万円~億円規模の資金調達をしたい ・プロダクト完成前かつ、市場規模の大きい領域で挑戦しようとしている ・登記前のスタートアップ 講師紹介 インキュベイトファンド 種市 亮 2011年10月楽天株式会社に入社。 名古屋支社にて4年間楽天市場出店企業のコンサルティング・営業に従事後、金沢支社の責任者を経験。 その後本社に戻り楽天キャピタルにてEコマース・ヘルスケア領域を中心としたスタートアップへの投資検討及び様々なバリューアップ支援を経験。 2018年4月インキュベイトファンドへ参画、アソシエイトとして新規投資先発掘、投資先バリューアップ、人材採用支援等を担当。 立教大学 経済学部卒 Incubate Campとは 独立系ベンチャーキャピタルとして、スタートアップへの投資並びに育成事業を行う『インキュベイトファンド』が主催する、本気で資金調達を目指すシード/アーリーステージ起業家のための起業家/投資家合同経営合宿。 一般公募者の中から選考を通過した18名程度の経営者をキャンプ(1泊2日の合宿プログラム)への参加者とし、キャンプにゲストとして参加する国内屈指のベンチャーキャピタリスト(以下、ゲストVC)約18名と共同で事業プランをブラッシュアップします。また、キャンプ以降の資金調達機会に加え、事業を継続的に支援致します。 詳細及びエントリーは、下記特設ページURLよりご確認お願いします。 https://bit.ly/IC13th ■組織概要 インキュベイトファンド URL:" rel="nofollow">http://incubatefund.com/ 所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3F 代表パートナー:赤浦 徹、本間 真彦、和田 圭祐、村田 祐介

5/20 (水)

E62c7cf5a5185b61d085f27736c011d4 オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 中部
次世代RPAプラットフォームEnterprise A2019を実際に体験
イベント概要 企業のあらゆるニーズに応えられる、WEB ベース、クラウド対応の次世代RPA プラットフォーム、 Automation Anywhere Enterprise A2019のハンズオンセミナーです。 RPAプラットフォームをこれから検討される方はもちろん、 すでに導入されていて、現在使用しているものとは違うものに触れてみたい方、 RPAとはいったい何だろう?という方までぜひ、ご参加ください。 参加者様ごとに1台PCをご用意して概要のご説明およびハンズオンを行います。 複数人での参加につきましては1社につき2名まで可能です。(お申込みは個別に必要になります。) それ以上の人数でのご参加の場合はご相談ください。 対象: エンドユーザー企業・法人様 タイムテーブル 13:00 受付開始 ※名刺を1枚ご用意ください 13:30 - 16:00 体験セミナー、質疑応答

5/31 (日)

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2020年2月現在)

8ae59cb8c4a4480c198b1bd213a90168 ScratchDojo
Unityが始まるよ(^^♪
子どものためのUnity 入門 はじめに CoderDojo天白を始める動機がScratchとの出会いでした。それから6年、最近はScratchを卒業しての子供たちの為のプログラミング言語を模索していました。最近、一つの結論として、分かりやすい言語としてprocessingをお勧めしています。 Scratchでの作品つくりは自主制作ということにしていますが、何を作るか、、、そういったことに悩んでやめていく忍者もよく見かけます。僕なりの授業も1年間、行いましたが、必ずしもうまくいったとは思えませんでした。 プログラミング言語とは違うのですが、processingをお勧めして一息ついて、次、気になっていたUnityを触ってみました。 これは面白い ゲームつくりを楽しみながら、言語を覚えるということですね。特に言語を覚えるという意識がなくても・・・入門です(^^♪。 進め方 自主制作ということで行いますが、情報過多のきらいもあり、ちょっとカリキュラム的に書くと次のようになります。 Unity HubおよびUnity をインストールする ドット・インストールで体験しよう あ、、かっこいいを実感する Unity のテンプレートを一つ作ってみる・・・2D platformer がお勧め おっ、 素晴らしいを体感しよう 本気になったら、分厚い参考書を  例えば、、、 Unity の教科書 主宰者もまだ初心者です。一緒に楽しくやっていければと思います Scratch Dojoの参加方法 connpass で毎回、開催案内を行いますので、こちらからお申し込みください。 応募方法 申込みは参加者ごとに一人で一回の申込みが必要です。その為、複数の兄弟で参加される場合は、gmail などのフリーメールのアカウントをとっておいてください。 参加者は原則、小3~高3くらいの学生さんを想定していますが、大人の方も数名、受け付けます。 参加に際して・・・インターネット インターネット接続可能なパソコンを持参願います。 Wifiを使えますが、できるだけ、各種のダウンロードは自宅でできるだけやってきていただければと思います。 初回、参加の場合・・・ Unity Hub (関連のUnity なども一緒にインストールされるはずです) トラブルを防ぐために、電源はフル充電してこられることを希望します。また、延長コードも準備しておくこともお願いします。 参加に関して・・・安全の面 お子さんの送迎をお願いします。小学校3年生以下の子どもさんは必須でお願いします。 会場風景写真をとって、ホームページにアップしています。映ってご都合の悪い方はご連絡ください。 以上 主宰者:松成 文夫

6/6 (土)

Af0f97a479962a9d24a1f6792625ed8d 株式会社アルタ
【時間未定】今さら聞けないjQueryの基本と簡単な応用を、デザイナーのためにお届けします
オンライン開催になるかも jQueryは枯れてる? 小規模企業サイトや商品ページにはまだまだ現役! jQueryはちょっと枯れ気味の技術ですが、簡単な企業サイトや商品LP制作にはまだまだ欠かせない技術! Webから逃れられなくなったデザイナーのアナタ! HTMLとCSSのその先に行ってみませんか? 概要 6/6(土)名古屋開催 時間未定(午後に3時間くらい実施) 詳しく決まったら更新します 備考 感染症流行拡大の場合は、オンライン開催を計画中。 その場合、セミナー受講料は前払いに変更になります。 こんな人のためにやります Webから逃れられなくなったデザイナー HTMLとCSSだけは何とか頑張ったけど、そこで挫折した人 当日やること jQueryで出来ること・jQueryとJavaScriptの違い jQueryを使うための準備・jQueryの読み込み方法 jQueryの基本的な書き方 実際に書いてみよう(演習) プラグインを動かす ページトップに戻るボタン jQueryを使うために知っておきたいJavaScriptの基本 (時間あれば)自分で動きを組み立ててみる(演習) jQueryの学習方法・jQueryを学ぶためのサイト 持ち物 ノートパソコン(bracketsなどのテキストエディタがあるとスムーズです) HTMLとCSSが何かわかるくらいの知識 会場の情報 Wi-Fi準備予定 電源あります

6/14 (日)

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2020年2月現在)

49a622fdda9024b3c04fd30e8485125b CoderDojo Owari
2020年6月開催
新型コロナウイルス関連 必ずお読みください。 新型コロナウイルスに対する方針 (2/22 時点) https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/ はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に203以上の道場があります (2020年3月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. 第2週に開催 メンターの都合により、第2週に開催します。 小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください 小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 PC 貸出 & micro:bit 貸出について ノートパソコンをお持ちの方は、持参していただくようお願いいたします。 micro:bit はCoderDojo Owariで5台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 試験的にメンターで余っている PC 貸出を行うことにいたしました。 PC貸出可能台数は、PCを所有しているメンターが参加できるかどうかに関わってくるため、開催1ヶ月前に決定いたします。 恐れ入りますが、PC貸出できるメンターが参加不可になった場合、 申し込み順が遅い方からキャンセル させて頂く場合があります。予めご了承願います。 より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています。 CoderDojo Owari とは CoderDojo Owari は CoderDojo の理念に共感したメンバーにより発足したボランティアグループです。2017年4月より毎月 CoderDojo を開催します。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 子ども向けに作られたプログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 micro:bit:子ども向けに作られたマイコンボード。いろいろなデバイスにつなげってロボットプログラミングをすることができます。 halocode: Makeblock 社の WiFi 内蔵シングルボードです。3台保有しています。Android, iOS, PC 必須 Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめるビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。 概要 項目 内容 日付 2020年6月14日 (日) ※今月も第2日曜日 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 会議室 3 & 4 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 (駅改札からの写真案内) 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/169617/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています) スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

6/28 (日)

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2020年2月現在)

7/4 (土)

9643 normal 1522412607 2026613 rgb tate color small スキルアップAI (名古屋)
【重要なお知らせ】新型コロナウィルスの感染拡大に伴う対応 概要 本講座では、Pythonプログラミング未経験レベルから、scikit-learnを用いて機械学習モデルを構築できるようになることを目指します。 機械学習の様々なアルゴリズム詳細には踏み込まないものの、環境設定、Pythonの基礎文法、データ整理のためNumpy/Pandasなどの入門スキルはもちろん、データ可視化、前処理、モデル構築の基礎スキルまでを習得することが可能です。 豊富なハンズオン演習と丁寧な解説で、機械学習に必要なPython力を身に付けましょう。 講師以外にもTA(ティーチングアシスタント)がいるので、フォロー体制が整っております。不明な点は、その場でご質問、解決することが可能です。 日程 【名古屋・第2期】 ※全8回の講座内容を、4日間で学べる集中コースです 回数 日付 時間 講座内容 DAY1 7/04(土) 10:00~17:00 Python文法基礎①② DAY2 7/11(土) 10:00~17:00 データ整形①② - NumPy・ Pandas DAY3 7/18(土) 10:00~17:00 可視化①② - matplotlib・Seaborn DAY4 7/25(土) 10:00~17:00 前処理・機械学習モデルの構築 (13:00~14:00の1時間休憩あり) 【重要なお知らせ】新型コロナウィルスの感染拡大に伴う対応 予備日 8/1(土) 10:00~17:00 講座に含まれるもの 対面講座(合計24時間) 講座資料 対象者 Pythonプログラミング未経験からE資格を目指したい方 スキルアップAIの機械学習講座に必要なPythonの実技力を身に付けたい方 機械学習ライブラリの使い方を理解したい方 機械学習エンジニア、データサイエンティストになりたい方 カリキュラム 各講座のカリキュラムはホームページにてご確認ください 受講して具体的にできるようになること DAY1 Python文法基礎① ・Jupyter-notebookの使い方 ・機械学習に必要なPythonの基礎文法 Python文法基礎② ・機械学習に必要なPythonの基礎文法 DAY2 NumPy ・外部ライブラリの使い方 ・NumPyを用いたベクトル・行列計算の仕方 Pandas ・Pandasを用いた表形式データ構造の扱い方 DAY3 可視化① - matplotlib ・matplotlibを用いたデータの可視化方法 可視化②- Seaborn ・Seabornを用いたデータの可視化方法 DAY4 前処理 ・機械学習における前処理の考え方 ・Pandas, matplotlib & Seabornを用いた前処理の実装方法 機械学習モデルの構築 ・scikit-learnを用いた機械学習モデルの構築・評価方法 講師 宮地 航太、渡邊 壮輝 事前準備・環境構築 Anaconda3-2019.03以降をインストール後Jupyter Notebook が正しく起動できることを確認し「Hello World!」を表示できるまでご確認ください こちらを参考にしてください → https://goo.gl/FRWrax ※ 事前準備を必ず行ってからお越しいただけますようお願いいたします。 各DAYの教材は、開催日の2日前を目途にお申込み時のメールアドレスへお送りします。 当日のお持物 ご自身のノートPC(必須) 【動作環境】 MacOSX 10.9 以上 Windows 7 以上(64bit必須) メモリ4GB以上 通信環境に関して Wi-Fi環境はございますが、繋がりにくい場合はご自身のテザリングをご利用ください(ベストエフォートとなります) 会場へのアクセス 西川コミュニケーションズ株式会社 本社 〒461-0005名古屋市東区東桜2-11-16 西川ビル 直接会場にお越しください  遅刻される場合も直接会場にお越しください 講義時間中に出席を取ります 受付・入場時間 開場は開始時刻の10分前です 10分以上前にお越しになられますと、会場の準備のために外でお待ちいただく場合がございます。ご注意ください 領収書 【Paypalでお支払いの場合】 PayPal発行の受領書が領収書となります 受領書ページは、PayPalの支払い完了ページで「印刷用受領書を見る」をクリックすると表示されます (当社よりの重複しての領収書発行は行えません) 【Stripeでお支払いの場合】 Stripe発行の受領書が領収書となります。当社より重複しての領収書発行は行えません 備考 最小遂行人数「4名」:最小遂行人数に達せず、開催を中止する場合は、1週間前までにご連絡します。ただし、複数のチャンネルで募集を行っているため、本サイトでの申込者数が最小遂行人数に達しない場合でも開催になる場合がございます 環境設定などでつまった場合、可能な限りフォローさせていただきますが、講義の流れを優先させていただきます 勉強会内容を撮影もしくは録音することは、ご遠慮ください 個人ブログへの記述については、良識の範囲内でお願いいたします 講義コンテンツは全てスキルアップAIに帰属していますので、複製はご遠慮ください 個人情報の取り扱いについて お申込み時にご提供いただいた情報は、イベント受付管理や各種ご案内(サービス・イベント等)に利用させていただきます 運営団体 スキルアップAI https://www.skillupai.com/ 講座に関するお問い合わせは、[email protected]までお願いいたします