6/20 (日)

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2020年2月現在)

%e7%8a%ac%e5%b1%b1%ef%bc%92 CoderDojo 犬山
「プログラミングでポケモンをうごかしてみよう!」 CoderDojo Japan と 株式会社ポケモン の取り組みによって、全国の CoderDojo でポケモン素材を使ったプログラミングワークショップが実施できるようになりました。プログラミングツール Scratch を使って、ポケモンのキャラクターを動かします。当日体験できますので、やってみたい人はお気軽にお声かけください。     子供達の自主性を育むことを目的とし、カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。また、毎回その日にやったことや自宅などでやったことをみんなに発表します。   参加についてのお願い ・当日はマスクの着用をお願いします。 ・参加者は自宅等で必ず検温し、発熱等の症状がある場合は参加を自粛お願いします。 ・会場では記名(氏名、電話番号)が実施されますが、ご協力お願いします。   タイムテーブル 時間 内容 9:50 受付開始 10:00 スタート 今日やりたいことを教えてください 10:10 各自作品作り 11:30 発表 11:50 後片付け  12:00 終了   CoderDojo犬山でできること  ・Scratch   ブロックを組み合わせてパズル感覚で、初心者でも簡単にゲームやアニメーションやアートを作れる無料のプログラミング言語です。自主的な作品つくりを行います。 初めのうちはScratchカードの作品をおすすめしています。アレンジして自分のオリジナル作品を作りましょう。 できれば、当日までにScratchデスクトップ(Scratch 3.0 オフライン版)をインストールしておいてください。⇒Scratchデスクトップ    ・ビスケット   お絵かき感覚で、小さな子でも楽しめるプログラミングツールです。 アニメーション、ゲームなどを簡単に作れます。パソコン、タブレット、スマホなど様々な機種で動きますが、特にタブレットとの相性が良いです。   micro:bit プログラミングして操れる小さなコンピューター。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、無線通信がついていて、これらの機能を使ったプログラミングや、手作り工作が楽しめます。 Windows10のPCの場合は、できればMicrosoft StoreよりMakeCode for micro:bitをインストールしておいてください。   ・ロボットプログラミング LEGO EV3(対象年齢:10歳ぐらい〜)やLEGO WeDo(対象年齢:5歳ぐらい〜)を組み立ててプログラミングして動かします。台数に限りがあるので、チケットでお申込みください   持ち物  ・持ち物:ノートパソコン タブレット、筆記用具 ・貸し出しが必要な方は、申し込み時にご連絡ください。(貸出パソコン2台まで有)   参加費 無料  開催当日 ・ 開始時刻の5分前ぐらいまでに集まり、受付をしてください。      保護者の皆さんへ ・12歳以下の子どもさんが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加ください ・キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。  Dojo内では原則として、Web公開を前提としたイベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおりますが、ご都合が悪い場合は事前に連絡をお願いします。 ・CoderDojo の理念から、参加費の徴収は禁じられていますが、CoderDojo犬山では個人のボランティアの皆さんの善意で運営されています。継続的な活動のため、会場に募金箱を設置し、一口500円程度の寄付を任意でお願いしています。 寄付は印刷代、備品代などに使わせていただきます。皆様のご協力をよろしくお願いします。   メンターについて メンターは子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。   ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。

%e7%8a%ac%e5%b1%b1%ef%bc%92 CoderDojo 犬山
「プログラミングでポケモンをうごかしてみよう!」 CoderDojo Japan と 株式会社ポケモン の取り組みによって、全国の CoderDojo でポケモン素材を使ったプログラミングワークショップが実施できるようになりました。プログラミングツール Scratch を使って、ポケモンのキャラクターを動かします。当日体験できますので、やってみたい人はお気軽にお声かけください。    子供達の自主性を育むことを目的とし、カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。また、毎回その日にやったことや自宅などでやったことをみんなに発表します。   参加についてのお願い ・当日はマスクの着用をお願いします。 ・参加者は自宅等で必ず検温し、発熱等の症状がある場合は参加を自粛お願いします。 ・会場では記名(氏名、電話番号)が実施されますが、ご協力お願いします。   タイムテーブル 時間 内容 12:50 受付開始 13:00 スタート 今日やりたいことを教えてください 13:10 各自作品作り 14:30 発表 14:50 後片付け  15:00 終了   CoderDojo犬山でできること  ・Scratch   ブロックを組み合わせてパズル感覚で、初心者でも簡単にゲームやアニメーションやアートを作れる無料のプログラミング言語です。自主的な作品つくりを行います。 初めのうちはScratchカードの作品をおすすめしています。アレンジして自分のオリジナル作品を作りましょう。 できれば、当日までにScratchデスクトップ(Scratch 3.0 オフライン版)をインストールしておいてください。⇒Scratchデスクトップ    ・ビスケット   お絵かき感覚で、小さな子でも楽しめるプログラミングツールです。 アニメーション、ゲームなどを簡単に作れます。パソコン、タブレット、スマホなど様々な機種で動きますが、特にタブレットとの相性が良いです。   ・micro:bit プログラミングして操れる小さなコンピューター。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、無線通信がついていて、これらの機能を使ったプログラミングや、手作り工作が楽しめます。 Windows10のPCの場合は、できればMicrosoft StoreよりMakeCode for micro:bitをインストールしておいてください。   ・ロボットプログラミング LEGO EV3(対象年齢:10歳ぐらい〜)やLEGO WeDo(対象年齢:5歳ぐらい〜)を組み立ててプログラミングして動かします。台数に限りがあるので、チケットでお申込みください   持ち物  ・持ち物:ノートパソコン タブレット、筆記用具 ・貸し出しが必要な方は、申し込み時にご連絡ください。(貸出パソコン2台まで有)   参加費 無料  開催当日 ・ 開始時刻の5分前ぐらいまでに集まり、受付をしてください。      保護者の皆さんへ ・12歳以下の子どもさんが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加ください ・キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。  Dojo内では原則として、Web公開を前提としたイベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおりますが、ご都合が悪い場合は事前に連絡をお願いします。 ・CoderDojo の理念から、参加費の徴収は禁じられていますが、CoderDojo犬山では個人のボランティアの皆さんの善意で運営されています。継続的な活動のため、会場に募金箱を設置し、一口500円程度の寄付を任意でお願いしています。 寄付は印刷代、備品代などに使わせていただきます。皆様のご協力をよろしくお願いします。   メンターについて メンターは子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。   ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。

6/21 (月)

Ea9c70cb06dc1e4d23320fa3fafad42e CODE BASE NAGOYA
もくもく会とは? 「頭がさえている早朝、作業をしたいけど、1人だとなかなか始められない…」 その気持ち、良くわかります! 8時~10時の間、目標は違えど、同じく目標に向かって頑張っている人と一緒にお仕事しませんか。 作業する場所がない、などで困ってる方、ぜひCODE BASE NAGOYAにお集まりください! スケジュール 毎週月曜と金曜 8:00 ~ 10:00 予定 今後の開催につきまして 開催時間は皆様のご要望に合わせて調整もできます。 ぜひ、お集まりください!

DXで新しい働き方へ
概要 近年、ビジネスの現場で、デジタルトランスフォーメーション(DX)が注目されています。 様々な企業がDX推進に取り組み、企業価値を高める努力を行っています。 勉強会に参加して、短時間で情報をキャッチアップし、イメージを掴みましょう! セミナーの前半では、なぜDXが注目されているか、市場の動向を捉え、 後半ではDX推進のアプローチについて事例と成功するポイントを解説いたします。 「これからDX推進に取り組もう」という方に向けて、要点をまとめたセミナーになっています。 DXへの理解を深め、取り組みの参考にしてくださいね。 開催日 日時:2021年06月21日(月) 13:30-14:30 会場:オンライン         ※Zoomを活用いたします。後日、配信用のURLをご案内いたします。 タイムテーブル 時間配分 内容 5分 講師紹介・スケジュール確認 10分 DXへの理解 ・「DXとは何か?」「なぜDXが注目されているか?」を解説し、 DXへの理解を深めます。 10分 DX推進のアプローチ ・「デジタイゼーション」「デジタライゼーション」について解説します。 ・DX推進のアプローチ方法を押さえましょう。 25分 事例と成功するポイント ・DX推進の事例として「AI-OCR」「RPA」を具体的な効果と共にご紹介します。 ・DX推進を成功させるポイントを「DX推進ガイドライン」をもとに解説します。 10分 質疑応答 お申込み方法について 以下のURL若しくはconnpass よりお申込みをお願いいたします。 お申込みフォーム のリンクはこちら 企業紹介 株式会社ブレイン・ゲート 独立系SIerとして、東京・愛知をはじめ、全国5拠点で事業展開。 2001年に設立以来、高いスキルセットを保有した技術者と迅速なお客様対応を提供。 2017年よりRPA事業部を設立し、約150社を超える企業様にご愛顧いただく。 WinActor®をはじめとする業務効率化ソリューションを基に、お客様の業務改善、働き方改革に邁進を続ける。 注意事項 参加用URLは開催日前日までに送付させていただきます。 インターネット環境が必須となります。 同業他社様のご参加はお断りいたしておりますので、予めご了承ください。 当セミナーは法人様対象のセミナーです。個人からのお申込は受け付けておりません。 やむを得ず、欠席される場合は必ずご連絡をお願いいたします。

6/22 (火)

~助成金で御社サービスを購入してもらう画期的な手法~
東証マザーズ上場・ライトアップが開発した助成金自動診断システム「Jシステム」が、 コロナ禍で「新規ビジネスを立ち上げる仕組み」として注目されています。 わずか1年で500社が導入。成功事例が続々届いています!! ・愛知の保険代理店で、若手社員が400万円の法人案件を受注 ・営業3名の人材紹介企業が、70万円の採用ツール販売を月30件→75件に ・営業2名のWeb制作会社が、失注リスト300件から15件を復活受注 大きな座組 ・貴社のお取引先に、「助成金を300万円ほど受給」していただく ・その資金を元に、「御社のサービス」を買っていただく ・この仕組みが「自動で実現」 本説明会では、助成金をビジネスにどう組み込むのか、事例と共にご紹介します。 ぜひこの機会に、withコロナ時代の新たな顧客支援・営業フローをご覧ください。 下記URLよりお申し込みください。 お待ちしております! https://www.eventbook.jp/join/9414/baitai_connpass

Ea9c70cb06dc1e4d23320fa3fafad42e CODE BASE NAGOYA
名古屋でサイトディレクション関係の仕事をしてる仲間、集まりましょう。
どんなことするの? 名古屋でサイトディレクションの仕事をしている仲間を見つけましょう! この仕事って意外と社外の方との交流少ないですよね(-_-;) 仲間を作りたい方!悩みを共有したい方!ぜひぜひご参加ください。 ちなみに 今回初めての試みのイベントとなります。 どんどん仲間の輪を広げていきたいので、ぜひ知り合いの方含めてご参加くださいね!

6/23 (水)

~助成金で御社サービスを購入してもらう画期的な手法~
東証マザーズ上場・ライトアップが開発した助成金自動診断システム「Jシステム」が、 コロナ禍で「新規ビジネスを立ち上げる仕組み」として注目されています。 わずか1年で500社が導入。成功事例が続々届いています!! ・愛知の保険代理店で、若手社員が400万円の法人案件を受注 ・営業3名の人材紹介企業が、70万円の採用ツール販売を月30件→75件に ・営業2名のWeb制作会社が、失注リスト300件から15件を復活受注 大きな座組 ・貴社のお取引先に、「助成金を300万円ほど受給」していただく ・その資金を元に、「御社のサービス」を買っていただく ・この仕組みが「自動で実現」 本説明会では、助成金をビジネスにどう組み込むのか、事例と共にご紹介します。 ぜひこの機会に、withコロナ時代の新たな顧客支援・営業フローをご覧ください。 下記URLよりお申し込みください。 お待ちしております! https://www.eventbook.jp/join/9416/baitai_connpass

A6f3c5960f3ef99c95cd4fb864d489bf 【AI初学者向け】AIワークショップ in 名古屋
AI活用方法を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着ける 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで年齢問わずAI初学者の方を対象に、AI分野の第一線で活躍しているデータサイエンティストより、直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全11回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全11回構成(1回2時間、毎週開催予定) 学びたい回のみの受講もOK!(第2回以降は1500円/回となります) ・第1回 概要説明と教師あり学習 ・第2回 教師なし学習 ・第3回 予測モデルの学習と評価 ・第4回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第5回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第6回 実世界データのモデリング ・第7回 飲食店の来客数予測 ・第8回 クレジットカードの不正利用検知 ・第9回 手書き数字画像の認識 ・第10回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第11回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 講師 森田 尚也 名古屋大学大学院情報科学研究科にてAIの理論・応用に関して研究。 大学を卒業後、メーカー系IT企業にてデータ分析業務に従事。業務で使用する言語・技術はPython, Java,C#, Dockerなど。 分析、開発、マネジメントをこなすマルチエンジニア。 荒川 準也 東京理科大学 理工学部卒。OR系研究室にて定期船の船舶スケジュール最適化研究を行う。 メーカー系IT企業へUターン就職をし、データ分析業務に従事。その後、AIベンチャーを企業。 使用言語・技術はPython,Java, Rubyなど。分析、開発、マネジメント、サービス立ち上げをこなすマルチエンジニア。 準備頂くもの ・PC 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ※※※※※注意※※※※※ 参加者が10名未満の場合、中止させていただく場合が御座いますので、その際はご容赦ください。 その他 本イベントはZOOMを用いたオンラインイベントになります。ZOOMリンクは当日にご送付させて頂きます。

E3add2f2a9284bf4e38f82a5989d863a M&Aクラウド
Nuxt.js力を高めるために知見共有を行う道場です
ようこそNuxt道場へ Nuxt.jsに関する知見共有を行い、Nuxt.js力を高める道場です。 門下生(視聴者)となり知識をつけるもよし、道場破り(ゲストスピーカー)となって知見共有するもよし、 Nuxt.jsを現在使っている・使いたい・興味があるという同志の皆さんで切磋琢磨できる環境になれば良いと思います。 視聴方法 zoomでの配信を検討しています。詳細は別途ご案内します。 Youtube Liveで配信 https://www.youtube.com/watch?v=urM3JbiZU2Q 登壇について 道場破り(登壇)枠として1人20分設けています。 公募1枠と招待枠2、師範(弊社)枠1の系4枠です。 ※公募枠の方は発表タイトルをコメントしてください。 発表内容 Nuxt.jsに関係することであれば内容は問いません。 師範・道場破りの紹介 M&AクラウドでのNuxt.js利用事例(仮) 株式会社M&Aクラウド 久保田賢二朗 2019年11月にジョイン。Nuxt.jsの導入を担当。趣味ではSvelteをよく利用する。 失敗から学ぶNuxt.jsプロジェクトでの作り込み事例 (仮) 株式会社Hajimari 三宅祐介 2018年からWEBエンジニアとして転職し、サーバーサイドLaravel、フロントNuxt.jsの社内プロジェクトを複数経験。 最近は音声系プログラミングを楽しんでます。 レアジョブでの導入事例と大変だったところ(仮) 株式会社 レアジョブ 田原一樹 2018年にジョイン フロントエンド領域を担当。 WebRTCのサービスにも触れております。 時間割 time about 19:30 開始の挨拶 19:40 M&AクラウドでのNuxt.js利用事例(仮) 20:05 失敗から学ぶNuxt.jsプロジェクトでの作り込み事例 (仮) 20:30 レアジョブでの導入事例と大変だったところ(仮) 20:55 道場破り枠 21:20 終了の挨拶 21:30 終了 諸注意事項 イベントの内容や時間は予告なく変更される可能性がありますのでご留意ください 運営の妨害と判断できる行為があった場合はご退出をお願いすることがあります 当日のイベント風景(スクリーンショット)などをSNS等で掲載する可能性があります 行動規範 私たちは勉強会に参加されるみなさんがジェンダー、性的指向、障碍、身体的外観、身体の大きさ、人種、宗教その他のいかなる自由に関わらずハラスメントフリーであることに注力したいと思っており、参加者間でのいかなる形のハラスメントも容認しません。 性的表現および画像については本勉強会におけるいずれの発表においても許容いたしません。 当規則に違反する参加者は主催者の裁量により退出を命じられる可能性があります。

6/24 (木)

~助成金で御社サービスを購入してもらう画期的な手法~
東証マザーズ上場・ライトアップが開発した助成金自動診断システム「Jシステム」が、 コロナ禍で「新規ビジネスを立ち上げる仕組み」として注目されています。 わずか1年で500社が導入。成功事例が続々届いています!! ・愛知の保険代理店で、若手社員が400万円の法人案件を受注 ・営業3名の人材紹介企業が、70万円の採用ツール販売を月30件→75件に ・営業2名のWeb制作会社が、失注リスト300件から15件を復活受注 大きな座組 ・貴社のお取引先に、「助成金を300万円ほど受給」していただく ・その資金を元に、「御社のサービス」を買っていただく ・この仕組みが「自動で実現」 本説明会では、助成金をビジネスにどう組み込むのか、事例と共にご紹介します。 ぜひこの機会に、withコロナ時代の新たな顧客支援・営業フローをご覧ください。 下記URLよりお申し込みください。 お待ちしております! https://www.eventbook.jp/join/9418/baitai_connpass

Ea9c70cb06dc1e4d23320fa3fafad42e CODE BASE NAGOYA
WEBサイト制作に興味のある方、超基本なので気軽に参加してみてください!
どんな人が対象? WEBサイトを作ってみたいと思ってる方、興味がある方向けです! プロトのサイトディレクターが、HTMLの超基本を教えます。 WEBサイトってどうやって作るの?が分かります! ちなみに 既に知識や経験がある方からしたら、少し物足りないかもしれません。。 ご自身のノートPCを持参の上、ご来場ください!

1670153cf17f9706e5763f81cc36a4c3 日本ディープラーニング協会
#今こそ学ぼう #GoBeyondCDLE #LT甲子園 #まず打席に立とう
CDLE LT甲子園とは CDLE (Community of Deep Learning Evangelists)とは、日本ディープラーニング協会が実施するG検定およびE資格の合格者が参加する日本最大のAIコミュニティです。 CDLE LT甲子園 2021【秋】予選会では、CDLEメンバーのLTをCDLEメンバーが聞き、質疑応答に参加することに加えて、共有価値の高い発表を視聴者が投票します。 2021年5月〜9月で毎月LT甲子園予選会を行い、最も共有価値の高い発表をした発表者には、CDLE DAY 2021【秋】で発表する機会を提供します(「最も共有価値の高い発表をした発表者」は、Slackにて発表し、当人へご連絡いたします)。 ※AI・人工知能EXPO【秋】(2021/10/27-10/29 @幕張メッセ)については未定のため、JDLAや会員企業の参加が確定しましたらお知らせします CDLE LT甲子園は、CDLEメンバーの学び合いやメンバー間の交流の場としつつ、共有価値の高い発表にもスポットライトを当て、CDLE外へと発信していくこと(Go Beyond CDLE)を目的としています。 ※前回のCDLE LT甲子園(春)では、発表タイトル「愛知県瀬戸セラミックス企業のAI挑戦」合同会社SORAサクライの櫻井 敏明さんが優勝され、AI・人工知能EXPO【春】の華為技術日本ブース内のミニシアターをお借りし、発表して頂きました。 詳細は、紹介動画をご覧ください。 LT とは LTはLightning Talks(ライトニング・トーク)の略で、直訳すれば「稲妻のように短い講演」のことです。IT系のイベントなどでよく行われ、日頃の研究の成果や、共有すると多くの人のためになると思うことなどを発表する短いプレゼンテーションです。 今回のLTのテーマ 6月LTの発表テーマは自由です。 各自好きなテーマで発表いただいて構いません。 ※参考として、キャリア系・実装系・技術系の例を載せておきます(下記以外のテーマも大歓迎です)  - 実装系...(例)Python/sk-learn等で簡単なゲームや機械学習モデル等を作ってみた  - 技術系...(例)最新論文の概要、書籍のサマリ、最新モデルを実際に試してみた  - ビジネス系...(例)AI活用のポイント(業界別等)や気を付けるべきこと(特許等)  - キャリア系...(例)G検定/E資格取得後におすすめの教材、スキルアップの方法 発表時間は10分で、その後5分の質疑応答の時間を設けます。 発表時間は厳守してください。 時間を超えた場合、司会者が発表を打ち切る場合があります。 Zoomの使い方を含め、事前に充分な発表の練習をしてください。 発表練習用タイマー: https://youtu.be/Vvuo_7VaDug スケジュール 時間 内容 発表者 19:30 ~ 19:40 LT甲子園予選会開会挨拶&説明 運営メンバー 19:40 ~ 19:45 事前アンケート集計結果共有 運営メンバー 19:45 ~ 20:00 (10分発表/5分質疑応答) LT 1 fuji70(藤原直樹) 20:00 ~ 20:10 CDLEイベント案内 運営メンバー 20:10 ~ 20:15 LT甲子園予選会閉会挨拶 運営メンバー LT 講演概要 LT1: ソニーグループ株式会社 藤原直樹 タイトル:「aiboのAI:DeepLearning認識」 概要:ペットロボットaiboのAI処理からDL認識処理の一部を紹介します。CDLEですので基本説明より商用プロダクト化苦心点を重点にして話します。「自分ならどうするか」の知的刺激になれば幸いです。 Q&A および ディスカッション 各LTに対する質問はZoomのチャットに「質問」と書き込んで、司会者に指名されてから行ってください。 ただし全ての質問に対応することが出来ない場合がありますので、ご了承ください。 ビデオ会議システム Zoom このイベントはオンライン会議システムZoomを使って行います。Zoomのログイン情報は connpass からのメール でお知らせします。 connpassからのメールを受け取れるようにしておいてください。 ハッシュタグ 今回のイベントのハッシュタグは「#今こそ学ぼう」「#まず打席に立とう」です。是非みなさんのSNSで拡散をお願いします。 注意事項 このイベントはオンラインで行います。 Zoomでの参加はG検定・E資格合格者のみです このイベントは収録され、後日日本ディープラーニング協会のYouTubeチャンネルで公開されます。 このイベントは収録され、後日CDLEが運営するAI情報共有番組 CDLE VOICE で音声が配信されます。

9592411b00816bf6aa473e5cc170e767 Drupal Meetup羽田
高機能CMS(コンテンツ管理システム) Drupalについて勉強しよう!
概要 Drupal Meetup 羽田は、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)であるDrupalに興味がある人達を中心としたグループです。 さらにDrupal(ドルーパル)普及を目的とした交流の場所です。Drupal(ドルーパル)は、CX(カスタマーエクスペリエンス)・DX(デジタルエクスペリエンス)のプラットフォームとして、多くのグローバル企業や機関に採用されています。API志向のアーキテクチャで、IOTやAI(人工知能)といったシステムとの連携事例も出てきています。またAngularやREACT等のJavaScriptフレームワークを使ってスマホアプリを開発し、バックエンドのプラットフォームとして、Drupal(ドルーパル)を利用する事も可能です。 Drupal(ドルーパル)技術者の方、デジタルマーケティング運用担当の方、また、Drupal(ドルーパル)にご興味がある方のご参加をお待ちしております。 Drupal 技術動向に関する発表や意見交換を行います。 技術動向は知りたいけれど、技術者でないという方、Drupalに興味がある方、是非気軽にご参加ください。 オンライン開催 新型コロナウィルスの関係で、オンラインでの開催となります。 ■オンライン開催概要 Zoomというオンライン会議システムを利用したネット上での開催となります。 ・ https://zoom.us/ ※Zoom利用環境 パソコン(カメラ&マイク機能付き) ・ スマートフォン(Zoomアプリのダウンロード) ※参加者様には別途、Zoomの参加用リンクとパスワードをお送りいたします。 ・前日21:00、当日18:00にお送り致します。 ※ビデオ画像、音声いつでもONできる状態でのご参加お願いいたします。 ・セッション中の質問等受け付けます。 プログラム タイムテーブル タイトル 登壇者 21:00~21:05 開催の挨拶 ジェネロ 萬田美緒 21:05~21:20 Drupal界隈 最近の動向 イッセイ 直江健介 21:25~21:45 ヘッドレスDrupalとJamstackを試してみました!!  IBM 小薗井 康志 21:50~22:00 意見交換  閉会の挨拶 ※プログラムは予告なく変更する場合があります。 ※プログラムは決まり次第、順次掲載します。 Drupalとは? Drupalは、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)で、数多くの企業や政府、自治体等に採用されています。 Drupal9ではより一層使いやすくなり、ユーザーは、Drupalの充実した技術的なアーキテクチャを今までになく簡単に活用できるようになります。 https://www.drupal.org/ 後援 biz BEACH CoWorking ジェネロ株式会社 関連情報 ◆その他の場所で開催されているDrupal Meetup 名古屋・豊田でMeetupが開催されています。 → Drupal Meetup 豊田 大阪・梅田でMeetupが開催されています。 → Drupal Meetup 梅田 ◆WordPressの勉強会 → Tokyo WordPress Meetup 諸注意 ・プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 ・開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 ・本イベントは全ての参加者が楽しんでいただくことを主旨としております。そのため、以下のような行動を取られた方は、退室していただく場合がございます。また次回以降の参加もお断りさせていただく場合がございますので了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 1)イベントの妨害と見られる言動 2)講師および参加者に対して一方的な批判また攻撃的な言動 3)人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘

6/25 (金)

Ea9c70cb06dc1e4d23320fa3fafad42e CODE BASE NAGOYA
もくもく会とは? 「頭がさえている早朝、作業をしたいけど、1人だとなかなか始められない…」 その気持ち、良くわかります! 8時~10時の間、目標は違えど、同じく目標に向かって頑張っている人と一緒にお仕事しませんか。 作業する場所がない、などで困ってる方、ぜひCODE BASE NAGOYAにお集まりください! スケジュール 毎週月曜と金曜 8:00 ~ 10:00 予定 今後の開催につきまして 開催時間は皆様のご要望に合わせて調整もできます。 ぜひ、お集まりください!

~助成金で御社サービスを購入してもらう画期的な手法~
東証マザーズ上場・ライトアップが開発した助成金自動診断システム「Jシステム」が、 コロナ禍で「新規ビジネスを立ち上げる仕組み」として注目されています。 わずか1年で500社が導入。成功事例が続々届いています!! ・愛知の保険代理店で、若手社員が400万円の法人案件を受注 ・営業3名の人材紹介企業が、70万円の採用ツール販売を月30件→75件に ・営業2名のWeb制作会社が、失注リスト300件から15件を復活受注 大きな座組 ・貴社のお取引先に、「助成金を300万円ほど受給」していただく ・その資金を元に、「御社のサービス」を買っていただく ・この仕組みが「自動で実現」 本説明会では、助成金をビジネスにどう組み込むのか、事例と共にご紹介します。 ぜひこの機会に、withコロナ時代の新たな顧客支援・営業フローをご覧ください。 下記URLよりお申し込みください。 お待ちしております! https://www.eventbook.jp/join/9421/baitai_connpass

6/26 (土)

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
注意!! ※当日PC貸出希望の方は、「参加者(子供)PC貸出」で申し込みください。 ● 入館時に受付でマスク確認、検温、手洗い・手指消毒、連絡先の記入が必要です。マスクの着用お願いします。 ● 会場では飲み物はOK、食べ物はNGです。 ● 会場の定員が15名まで制限されているため、参加者が多い場合、ご家族の入室をお断りする場合があります。 ● オンライン会議室のURLは、前日に参加者に連絡いたします。 にぎわい交流館の新しい利用ルールについては、こちらをご覧ください。 https://shimin-kouryu.net/news/20853/ 開催概要 CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 開催日時・場所 日時: 2021/06/26(土) 9:00-11:00 場所: 日進市にぎわい交流館 2F 会議室ABC / オンライン会議室 アクセス方法はにぎわい交流館のページを参考にしてください。 http://shimin-kouryu.net/about/access/ 車でこれらる場合は、にぎわい交流館または日進市役所の駐車場が利用できます。 オンライン会議室のURLは前日に連絡いたします。 タイムテーブル 時間 内容 08:50 受付開始 09:00 スタート (スタート前に会場のWiFiに接続をお願いします。) 10:20 発表(各自今日やったことを発表してください) 11:00 終了・後片付け 11:10 撤収 パソコン・タブレットについて WiFi接続可能なノートパソコンまたはタブレットをご持参ください。会場ではWiFiが使用できます。 お持ちではない方は申し込み時にその旨記載ください。(ただし台数に限りがあるため、対応できない場合もあります。) Scratch3.0はInternet Explorerでは使えません。OSがWindow7, 8の方は、Google Chromeをインストールしてきてください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html micro:bitについて micro:bit(マイクロビット)は、25個のLED、2個のボタンスイッチ、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能などがついている小さなコンピューターです。 https://microbit.org/ja/guide/ あらかじめ搭載されているセンサーを使って状態の変化を検知したり、LEDを光らせたり、音を鳴らしたり、モノを動かしたりできます。 micro:bitでプログラミングすることにより、普段の生活のさまざまな場所でプログラムが動いているのを身近に感じてもらえると思います。 CoderDojo日進では、micro:bit本体とmicro:bitで動くロボットカーを貸し出します。ぜひ試してみてください。 プログラムの作成にパソコンまたはタブレットが必要ですので、お持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は「パソコン貸出希望」と申し込み時に記載ください。 その他のプログラミングについて テキストプログラミングでは、2018/11/01より初心者向けの教材としてProgateが利用できるようになりました。興味がある方は申し込み時に連絡ください。Progateを利用しなくてももちろん構いません。 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について 会場内及びオンラインで写真撮影&画面のキャプチャーを行い、ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に説明等を行いますので、開催30分前の9:30頃会場にお越しください。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/

3483056d809841d0d0194df9a1accccb CoderDojo瀬戸
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
CoderDojo瀬戸は子供達がプログラミングなどを通じて作品づくりを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県瀬戸市で開催しています。 初心者でもメンターがそばでサポートしますのでご安心ください。 https://coderdojo-seto.github.io/ オンライン開催 オンラインで開催します。 事前にメールでZoomのURLをご連絡します。 メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 全くの初心者の方は「Scratch」から始めるのをお勧めします。 その場合は事前にユーザー登録をしておくとスムーズです。 (作品が自動保存される様になります) Scratchユーザー登録 https://scratch.mit.edu/join Progateでテキストプログラミング プログラミング学習サービスProgateを使ってテキストプログラミング学習に挑戦します。 Webサイトを作るための知識をつけることができます。 https://prog-8.com/ こちらで申し込まれた方は当日にProgateのアカウントを発行します。 (メールアドレスなどが必要になります) (申し込み後からでも変更可能です。) プログラミング学習サービスの紹介 Scratch (スクラッチ)← 🌟 初めてにオススメ ブロックを組み合わせてプログラミングができます。簡単でいて奥深いです。 https://scratch.mit.edu/ 事前にユーザー登録しておくと便利です https://scratch.mit.edu/join HackForPlay (ハックフォープレイ) プログラミングを使ってRPGベースのゲームが作れます https://www.hackforplay.xyz/ Progate (プロゲート) 本格的なプログラミング学習ができます。 https://prog-8.com/ HackForPlay, Progateを試してみたい方はアカウントを貸すので教えてください。(当日で良いです) そのほかでプログラミング そのほか、自由にプログラミングしたい環境で楽しんでもらって結構です。 プログラミングにこだわり過ぎず、様々な作品作りをしていただいて結構です。 CoderDojo 瀬戸 子供向けプログラミング道場について CoderDojo瀬戸は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 普段は愛知県瀬戸市で開催しています。 https://coderdojo-seto.github.io/ (※現在はオンライン開催のみです) CoderDojo瀬戸は 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 オンライン オンラインも同時開催します。オンラインの場合は当日にURLをメールで連絡します。事前にオンラインミーティングアプリのZoomをインストールお願いします。 Zoom のURLは当日の9:30までにお送りします。 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること 延長ケーブル 電源が不足する場合に備えてお持ちください プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 10:00 ~ 11:30 : プログラミング 11:30 ~ 12:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。撮影した素材はブログやSNSなどで使わせて頂きます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 会場内では写真を撮影します。写真はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に136以上の道場があります。 (2018年5月現在)

9d7c2734b18b9fb706265fe3feccd40a 名古ゲ部
新型コロナウイルスによる状況につきまして 新型コロナウイルスの流行に伴い、通常の活動を休止させていただいていましたが 愛知県の緊急事態宣言も解除されましたので上限人数を縮小しての再開をいたしました。 マスク着用でのご来場をお願いいたします。 また、当日体調の優れない方は大変申し訳ありませんが参加キャンセルをご検討いただけますと幸いです。 また、開催予定日でも直前までの状況次第によっては休止とさせていただく可能性がありますのでご了承ください。 (その際は告知・ご連絡させていただきます) 今後につきましては、しばらくは1~2週間おきの開催および 状況によっての一定期間休止を行いながらの活動予定となります。 名古ゲ部 通常開催 6月26日(土) 名古ゲ部 定期開催分です 名古ゲ部(旧名:名古屋ゲーム制作部)について 東海圏でゲームを作る人が繋がれる・集まれる場所を作りたいなということで 「ゲーム製作に関する、自分の作業や勉強等をする場所」として 「その時に周りにいる人がゲーム関係者だといいよね」といった会をしています。 活動としては、特に勉強会等ではなく、もくもく会に近く、 サークルではなくコミュニティとなりますので、 基本的には各自、自分の作業を持ち込んで行う場所となります。 もちろん作業以外に 「こういうゲーム作ってるんだけど」 「こういうゲーム作りたいんだけど」 「ゲームに関して語り合いたい」 「多人数プレイのゲームを参考用に一緒に遊びたい」 等でもOKです。 学生時代の放課後残っての勉強や部活の感覚で ゆるい感じでくることができる場所として、 そこで知り合ってゲームを作ったり、広がったりできればいいな、と思っています。 参加条件はゲームに関係する活動をしていれば他は特になく、 そういうお仕事をしている・インディー・趣味何でもOKです。 詳細はサイトをご覧ください。 参加費 部費として700円をお願いいたします。 学生さんは初回部費なし、以降500円をお願いいたします。 学生さん限定・通常開催に限り、2回目以降も、 ・毎回先着1名、部室の掃除(開始前に行うので開始時間15分前に来場をお願いいたします) ・名古ゲ部ブログの記事の作成ひと記事つき1回 どちらかの場合、部費なしとします。 部屋掃除希望の方はエントリー時に「部室掃除します」とコメントしてください。 開催時間について 表記の時間は必ず開いている時間となります。 終了時間以降も作業を続けていただいて構いません。 持ち物 特に勉強会等ではないので、やることを持ってきてください。 もちろんお話しにきたり、一緒にゲーム制作する仲間を探しに、でもOKです。 会場のWi-Fiは使用可です。 やみなべプロジェクト(仮称)について 名古ゲ部では、今後の長期活動のひとつとして 「だれでも触っていいプロジェクトファイルをつくる(仮称:やみなべプロジェクト)」ということを始めました。 方向としましては ・参加不参加はもちろん自由として、誰でも触れるプロジェクトファイルを準備 ・開発・企画は現在進んでいるものを踏まえて個々が「こうすれば良くなる」と信じる方向に自由に行ってOK ・リソースは上記の自由追加のほか、名古ゲ部のイベントや通常開催で作成したリソースを取り込む ・定期的に形を整えてちゃんと遊べるものにしていく ・プロジェクトは名古ゲ部内に設置してある共有ストレージで管理 という形でゲームを作成するという形となります。 名古ゲ部の名前としてゲームを作ろう!というスタンスではなく、 各々の気が向いた時に、現状のプロジェクトを受けたうえで、より良い方向に手を入れていこうというストロングスタイルですので 学生さんや未経験者の方も気兼ねなく参加いただけると幸いです。 詳細は名古ゲ部のサイトにて近日公開予定となります。 もちろんお絵描き会やブレイクビーツなどのイベント作成したもので、 追加してほしくない場合はご連絡いただければ追加なしとしますのでよろしくお願いいたします。 Twitterハッシュタグ #名古ゲ部 その他 その他、ご質問等ありましたら nagogebu@gmail.comまでお問い合わせいただければと思います。

92cf816bc5cef7b7ce2eefcbe25eb15a CoderDojo天白
今回は生涯学習センター第2集会室です
CoderDojo天白 電子工作 キビキビと動くことで有名なmaqueen ロボットをCoderDojo日進の寺島さんからお借りしました。 内容は https://www.switch-science.com/catalog/4969/ を見てください 実施内容は自由ですが、makecode でいろいろの機能をプログラミングしてダンスするような物が面白いかなと思っています。 個人で持っている方は自分のを使ってもらっても結構です。 当分、生涯学習センター第2集会室で行います。開始時間も13時30分にします** 内容は原則、自由ですが、今回も何かテーマを作って、みんなで楽しめればと思っています。 新型コロナウイルス感染症対策について 施設を利用するにあたって、とりあえず、下記の事柄に配慮願います。    ・入館の際には、手洗いや消毒を促すようにして、密集して入館しません。  ・部屋に消毒液を置きます。  ・館内ではマスクを着用し、活動中もできる限りマスクを着用します。  ・館内では、密集しないよう対策を講じ、できるだけ、それぞれの距離を2m程度空けます。 また、来館前に平熱以上の方、風邪症状がある方、体調不良の方は利用を避けてください ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CoderDojo 天白では今まで、授業をやったり、自主的にやってもらったり必ずしも一貫した姿勢ではやっていませんでした。今年から、さらに自主的にプログラミングを楽しむという方向でやっていきたいと思います。 CoderDojo天白でできること ・ Scratchを使ったプログラミング・・・作品制作を楽しみましょう! ・ テキスト・プログラミング・・・ホームページ、ゲーム作成をサポートします ・ Processingという画像処理アプリでテキストによるお絵描き。アニメーションを楽しみましょう ・ ビスケット・プログラミング・・・お絵かきを楽しみながらプログラミング感覚を養いましょう こんないろんなことができるはずです。。。 参加するときは ・ 原則、自主制作です。自分で作品を作ったり、勉強したりすることを楽しんでください。 ・ 会場についたら受付でどんなことをやるか言ってください。 ・ よかったら、少額でいいので募金箱に寄付をしてくれるとありがたいです。 ・ はじまる前に皆さんがどういうことをやるかをお聞きします。 ・ メンターがいい話があれば紹介します。 ・ 1時間程度、自主的に作品制作を通じた勉強をします。 ・ おわりの前に今日の結果を発表します。 ・ 最後に集合写真を撮ります。 ・ 帰る前に会場の整理を手伝いましょう。 ・ 挨拶をして帰りましょう 新しく忍者として参加される方へ ・ 開始10~15分前に受付を済ませてください 新しくメンターとして参加される方へ ・ メンター枠で応募してください ・ 後日、連絡を取りますので、メールアドレスをお知らせください サポーターとして参加される方へ 会場での受付・写真撮影などをお願いできればと思います。 当日、お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。 progate_ の利用 ・ CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。テキスト・プログラミングの基本的な内容を少しずつ、小テスト形式で進めていくようです。 ・ 利用を希望される方は coderdojotempaku@gmail.com へ申請願います。 ・ 定員15名ですので、多くなればやりくりしながら使っていこうと思います。 参加に際しては次のことをお願いします。 Dojo内では Cool! が原則です。他人の迷惑にならないように行動しましょう。 CoderDojoでは参加忍者の年齢は7歳から17歳までとなっていますが、天白では、もう少し若年の忍者はビスケットで楽しんでもらえます。高学年の忍者はユースメンターとして活動していただくとありがたいです。 Scratchの利用に際してはつぎの順序でお願いします ・ 初心者、また、低学年の忍者はScratchデスクトップから始めてもらう。 ・ Scratchアカウントは家庭でとってもらう。 ・ 当面、Wifi環境はそのままにしておきますので、必要と感じられたらパスワードを聞いて設定していただく。  Scratchデスクトップのダウンロードは下記からお願いします。  https://scratch.mit.edu/download プログラミングでは、計画などのために、メモ用紙、筆記用具もあると便利です! 参加費は無料ですが、会の諸雑費の費用として寄付していただければと思い、募金箱を受付に置きます。 では、楽しい時間を過ごしましょう!!

A6f3c5960f3ef99c95cd4fb864d489bf 【AI初学者向け】AIワークショップ in 名古屋
AI活用方法を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着ける 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで年齢問わずAI初学者の方を対象に、AI分野の第一線で活躍しているデータサイエンティストより、直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全11回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全11回構成(1回2時間、毎週開催予定) 学びたい回のみの受講もOK!(第2回以降は1500円/回となります) ・第1回 概要説明と教師あり学習 ・第2回 教師なし学習 ・第3回 予測モデルの学習と評価 ・第4回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第5回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第6回 実世界データのモデリング ・第7回 飲食店の来客数予測 ・第8回 クレジットカードの不正利用検知 ・第9回 手書き数字画像の認識 ・第10回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第11回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 講師 森田 尚也 名古屋大学大学院情報科学研究科にてAIの理論・応用に関して研究。 大学を卒業後、メーカー系IT企業にてデータ分析業務に従事。業務で使用する言語・技術はPython, Java,C#, Dockerなど。 分析、開発、マネジメントをこなすマルチエンジニア。 荒川 準也 東京理科大学 理工学部卒。OR系研究室にて定期船の船舶スケジュール最適化研究を行う。 メーカー系IT企業へUターン就職をし、データ分析業務に従事。その後、AIベンチャーを企業。 使用言語・技術はPython,Java, Rubyなど。分析、開発、マネジメント、サービス立ち上げをこなすマルチエンジニア。 準備頂くもの ・PC 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ※※※※※注意※※※※※ 参加者が10名未満の場合、中止させていただく場合が御座いますので、その際はご容赦ください。 その他 時間 ・開始20分前より入場可能。 ・途中参加、退場可 本イベントはZOOMを用いたオンラインイベントになります。ZOOMリンクは当日にご送付させて頂きます。

2b69cc26dc1ca7a1e11dbf04bb73e4a6 Sports Analyst Meetup
現役スポーツアナリストとスポーツ分析に興味のある方々で情報共有をしましょう!
本イベントはzoomを利用したオンライン開催です。 目的 スポーツアナリストおよびスポーツデータ分析に興味のある方に向けたイベントです。 本イベントはスポーツのジャンルを問わずスポーツアナリスト(を目指す人)にとって有益な情報共有の場になることを目的としています。 ロングトーク 氏名:木下慶悟(きのしたけいご)さん 所属:東京大学運動会ア式蹴球部 タイトル:東大ア式蹴球部のデータ分析 概要:弊部には複数のユニットが存在し、そのうちの一つに対戦相手の戦術分析や自チームのパフォーマンス分析を行うテクニカルユニットがあります。現在テクニカルユニットには総勢18名の部員が在籍しており、特にプログラミングスキルのある5名ほどがデータを用いた分析に力を入れています。今回は弊部が取り組んできたデータ分析の事例をご紹介します。 発表者プロフィール:私立栄東中学高等学校(埼玉)を卒業し東京大学理科一類に入学。現在工学部システム創成学科3年。サッカーは小中高とプレーし大学でもア式蹴球部にプレイヤーとして入部したが、怪我を機にテクニカルスタッフへ転向。今シーズンからデータ分析長を務める。 LT発表について ご自身の画面を共有しながら発表を実施していただきます。 時間は5〜10分でお願いします。 発表順は競技・内容を勘案して運営側で決定します。 発表者の方々にはイベント開始30分前にお集まりいただき、運営と共に画面共有や音声テストなどのリハーサルに参加していただこうと考えております。詳細はconnpassのメールにてご連絡予定です。 差し支えなければ、発表終了後に1人当たり5分程度の質疑応答の時間を設けさせていただく予定です。質問はzoomのチャット機能で受け付け、運営がいくつか選定する形式を想定しています。 運営準備の都合上、事前に一定期間連絡が取れなかった場合には運営でキャンセル処理を実施させていただく可能性がございます。 LT内容の変更、運営への質問・要望などありましたら、spoana-operation@googlegroups.com宛てにご連絡ください。 参加費 無料 タイムスケジュール 18:55 入場開始 19:00 開会・諸注意 19:10 ロングトーク(発表30分+質疑応答10分) 19:50 休憩 19:55 LT発表 21:00 閉会 21:00 (任意参加)懇親会 22:00 解散 本イベントはzoomを使用したオンライン開催です。 LTされる方以外はカメラをオフ、マイクはミュートにしていただくようお願いいたします。 コメント・質問などはzoom上のチャットでお願いします。 ※各発表後、zoomのチャットを用いて5分ほど質問タイムを設けます。質問多数の場合、運営で質問を選定いたしますのでご了承ください。発表者の方には運営側で全質問を取りまとめて連携いたします。もし可能であれば、事後のご回答をいただけますと幸いです。 ※発表順は競技・内容を勘案して運営側で決定します。 ※任意参加の懇親会は、zoomのブレイクアウトルーム機能を用いて少人数単位で実施予定です。全員を共同ホストに設定し、自由に行き来できるような仕組みを想定しています。(参加人数に応じて検討中) 発表順 発表者 競技 タイトル 未定 taniokah 野球 PoseNet(ml5.js)を用いた投球フォーム推定 未定 Keisuke Fujii サッカー サッカーの守備評価 未定 BBANALY 野球 因果推論を用いた特定コースへの投球企画有効性の検証 未定 satou テニス 未定 運営 - spoana主催データ分析イベント企画中 スポーツデータを分析したいけどデータがない人向けのデータ取得方法 主催者側で簡単にまとめましたので、コチラを参照ください。 参加について 注意事項 本勉強会は、技術交流が目的です。 知識の共有や参加者同士の交流を目的としない方の参加はお断りします。 参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。 セールスやリクルーティング、飲食目的など、趣旨にそぐわないと主催者側で判断した場合にはご退席いただく場合がございます。 行動規範 本イベントの行動規範はこちらをご参照ください。 万が一、ハラスメント行為を見聞きした方は、お手数ですが運営までご一報いただけますと幸いです。 spoana-operation@googlegroups.com キャンセル 当日都合が悪くなって参加できないことが判明した方は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願いします。 参加の状態のまま当日お越しいただけなかった方は、次回以降の参加の優先順位を下げさせて頂く可能性があります。 運営 主催:Sports Analyst Meetup運営委員会 管理者 ttakuya Tsuyupon スポーツアナリスト。野球好き。千葉ロッテマリーンズファン。[共著]データサイエンティスト養成読本登竜門編。[共訳]Pythonによる機械学習: 予測解析の必須テクニック、Rによるセイバーメトリクス入門 upura データアナリスト&エンジニア。競技問わずスポーツ観戦が好き。わんぱく相撲名古屋市大会2年連続ベスト8, ベースボール×データ ハッカソン「エンジニアリング部門」準優勝など。 K_shoppi NTTコミュニケーションズシャイニングアークス所属の現役ラグビーアナリスト。バスケとアメフトが好き。最近サッカーも見始めました。 flaty データアナリスト&エンジニア。小中は野球、高校はテニス、大学はトライアスロン、最近はまたテニスをやってます。観戦は競技関係なく色々。

6/27 (日)

91354ee19974875881386385daff8a3e CoderDojo瑞穂
今回はオンラインのみです (Notice) 新型コロナ流行のためオンライン限定です。 CoderDojo 瑞穂 (What is CoderDojoMizuho) 愛知県名古屋市瑞穂区で小・中学生を対象にプログラミング道場を定期的に開催します。 子供達の自主性を育むことを目的とし、学校のような授業やカリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。 CoderDojo is a global movement of free, volunteer-led, community-based programming clubs for young people. Anyone aged seven to seventeen can visit a Dojo where they can learn to code, build a website, create an app or a game, and explore technology in an informal, creative, and social environment. CoderDojo Mizuho is happy to accept non Japanese children. Bring laptop and let's program with us! 持参するもの (Belongings) ノートパソコン(Wi-Fi接続可能なもの)あるいはタブレット、電源ケーブル、マウス、テキストなど。 Laptop (possible to connect Wi-Fi), tablet, power cable, computer mouse, and textbook. 使用するオンライン会議システム (Web conference system we use) 「zoom」という会議システムを利用します。 zoomやオンライン会議システムが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオンとがぞのさんが作ってくださった、こちらのスライド「zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 If you join this Dojo in on-line, you can use a software called "Zoom". If you are a beginner of zoom, please check above URL. (All explanation is in Japanese) オンライン会議の環境と接続までの手順 「zoom」はアプリのダウンロードが必要ですが、Mac / Windows / iPhone / iPad / Androidのいずれでも使えます。作品を発表したいお子様の場合、Windows/Macで参加された方が発表しやすいと思います。 Windows/Macで参加される方はこちら。 iPad/iPhoneで参加される方はこちら。 Androidで参加される方はこちら Windows/Macの場合は事前にダウンロード・インストールしていなくても会議参加時に自動でダウンロード・インストールされますが、会議参加時にダウンロードが始まると参加までに時間がかかってしまうので、事前のインストールをお願いします。 アプリをインストールしたら、後に記載の接続用URLににアクセスしてください。自動的にアプリに切り替わり、オンライン会議が始まります。 その後、以下の会議室にアクセスしてください。 会議室は当日開きます。 寄付のお願い (About Donation) CoderDojoは非営利の活動で、参加費は徴収しません。ただし、活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。活動費はネット環境費、教材費などに使わせていただきます。 paypayで寄付できるようにしました。IDをpaypayの寄付画面に入力すると寄付できます。 ID:coderdojomizuho CoderDojo is a non-profit organization. We don't demand fee at all. However we are very happy if you donate us for activity fee. You can donate from 500 yen. This is perfectly optional. The donation will be use network environment cost, teaching materials and so on. 撮影について (About Photograph) 会場内では写真を撮影します。ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 Photos will be taken at the venue. We may publish them on our website or Facebook. Please be aware of this in advance. If you are not allowed to take photos, please let us know. メンターについて (About Mentor) 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 You will work with and support the children in developing the programs they want to create. You don't need to have any programming experience. Since there are many beginners and younger children, we will ask you to learn how to operate a computer and to think through books and materials together. We also ask for your help in setting up and tearing down the venue and taking pictures. Please note that we are run by volunteers, so we do not provide compensation or travel expenses. 運営連絡先 (Contact) eprogrammerr@gmail.com SNS " rel="nofollow">https://twitter.com/DojoMizuho " rel="nofollow">https://www.instagram.com/coderdojomizuho

6/28 (月)

Ea9c70cb06dc1e4d23320fa3fafad42e CODE BASE NAGOYA
もくもく会とは? 「頭がさえている早朝、作業をしたいけど、1人だとなかなか始められない…」 その気持ち、良くわかります! 8時~10時の間、目標は違えど、同じく目標に向かって頑張っている人と一緒にお仕事しませんか。 作業する場所がない、などで困ってる方、ぜひCODE BASE NAGOYAにお集まりください! スケジュール 毎週月曜と金曜 8:00 ~ 10:00 予定 今後の開催につきまして 開催時間は皆様のご要望に合わせて調整もできます。 ぜひ、お集まりください!

D1cecc9161bd44dbab213b61d7cd9826 建築情報学会
建築と情報について熱く語るMeetup!
建築情報学会がお送りするオンラインMeetup! 昨年11月に爆誕した建築情報学会!3月4月に開催したMeetupが、今回第3回目の開催です! 建築情報学会Meetupは、建築情報学の領域を日々切り開いている学会の「モンスター」たちによる情報発信と交流の場です。 今回のMeetupはズバリ「BIM」!建築情報学としてはど真ん中だったりしますが、一方でBIMと一言で言っても話す人それぞれで解釈が分かれるアツいテーマ。今回は建築情報学会でもBIMに関して先駆的な取り組みを続けていらっしゃるお三方にそれぞれの目線での取り組みをお話しいただきたいと思います。 Lightning Talk登壇者も大募集!(LTは特にBIMにこだわるものではありません) ■Updates 6/18 登壇者情報、LT登壇者情報追記しました! 6/12 イベントページ公開しました!LT登壇者情報追記しました! ■前回開催の様子 Togetterまとめ: https://togetter.com/li/1695109 Youtubeアーカイブ: https://www.youtube.com/watch?v=xqPLvHD-hvc ぜひこのMeetupを通して参加される皆さんそれぞれの建築情報学や、ともに学ぶ仲間を見つけていただけたらと思います! ■Update 6/12 - イベント情報公開しました!(登壇者情報などは現在調整中です。随時アップデートしていきます。) ■参加方法 ・Youtubeによるオンライン開催です。 ・配信URLは公開しますが、ご登録を頂いた方へは各種ご連絡をお送りしますのでぜひ参加登録をお願いします。 ■LT(Lightning Talk)登壇者募集! LT(Lightning Talk)とは、文字通り稲光のような短時間で実施するプレゼンテーションです。 建築情報学会でも、たくさんの方に建築情報学に関する知見、挑戦、失敗など幅広い共有の場を作りたいと考えていまして、LTという形で一人でも多くの方に情報発信してもらいたいと思います。 時間は5分です。オーバーすると運営から情け容赦無く中継を切られるかもしれませんw LT登壇希望の方は参加枠「LT希望」で必要事項をアンケートに記入の上でご応募ください。事務局での審査を経て登壇可否を確定します。(LT登壇の選から漏れた方でもイベントのご視聴は頂けます) 抽選日は開催前日にしていますが、実際に規定数に足りた際には早期に締め切りますので思い立ったら即申し込んでください! ■タイムテーブル 開始時間 内容 登壇者 19:00 前説 MC 19:10 メインセッション(1) 「建築のBIMにおける情報学」 志手 ⼀哉さん (芝浦工業大学 教授・建築情報学会 常任理事・学術委員会 委員長) 19:30 メインセッション(2) 「tbd」 石澤 宰さん (竹中工務店 設計本部アドバンストデザイン部門) 19:50 メインセッション(3) 「空間認識、BIM、教育」 下川 雄一さん (金沢工業大学 教授・建築情報学会 学術委員会) 20:10 休憩 MC 20:20 建築情報学会的LT(Lightning Talk) (x名×5分) - 20:55 Wrap Up・次回告知 MC 21:00 イベント終了予定・懇親会@建築情報学会Discord MC ■登壇者/登壇内容のご紹介 □メインセッション セッション1 志手 ⼀哉さん ~ 芝浦工業大学 教授・建築情報学会 常任理事・学術委員会 委員長 建築のBIMにおける情報学 https://www.kk.shibaura-it.ac.jp/professors/shide/ セッション2 石澤 宰さん ~ 竹中工務店 設計本部アドバンストデザイン部門 「どこまで期待していいのかな、BIM?」 https://sites.google.com/view/tsukasaishizawa セッション3 下川雄一さん ~ 金沢工業大学 教授・建築情報学会 学術委員会 空間認識、BIM、教育 https://kitnet.jp/laboratories/labo0123/index.html □LT(Lightning Talk)登壇者 池本しょうこさん ~ 名古屋工業大学大学院M2,ND3M ZIGSIM_GH3分クッキング https://nd3m.io ゆうきさん ~ BIM教育の無限樹形図 https://ais-j.org/ kayaさん ~ 学生とBIM https://ais-j.org/ □MC 竹内 一生さん積木製作 BIM Solution ManagerUnity Japan Developer Advocate - AEC (Evangelist)建築情報学会 発起人・イベント企画TF https://twitter.com/issey_tsumiki 夏木 瑠璃さんなんでも屋っぽい非エンジニア フリーランス【建築/CG(MotionCapture)/Gadgets/Hackathon/Cyborg/HCI 付近】建築情報学会 事務局 https://twitter.com/Kiruriiin ■開催概要 イベント名:建築情報学会Meetup vol.003 日程:2021年6月28日(月) 時間:19:00~21:00ごろ予定 (その後学会Discordで懇親会) 会場:Youtubeオンライン配信 費用:無料 主催: 建築情報学会 Youtubeチャンネル:建築情報学会チャンネル

6/29 (火)

~助成金で御社サービスを購入してもらう画期的な手法~
東証マザーズ上場・ライトアップが開発した助成金自動診断システム「Jシステム」が、 コロナ禍で「新規ビジネスを立ち上げる仕組み」として注目されています。 わずか1年で500社が導入。成功事例が続々届いています!! ・愛知の保険代理店で、若手社員が400万円の法人案件を受注 ・営業3名の人材紹介企業が、70万円の採用ツール販売を月30件→75件に ・営業2名のWeb制作会社が、失注リスト300件から15件を復活受注 大きな座組 ・貴社のお取引先に、「助成金を300万円ほど受給」していただく ・その資金を元に、「御社のサービス」を買っていただく ・この仕組みが「自動で実現」 本説明会では、助成金をビジネスにどう組み込むのか、事例と共にご紹介します。 ぜひこの機会に、withコロナ時代の新たな顧客支援・営業フローをご覧ください。 下記URLよりお申し込みください。 お待ちしております! https://www.eventbook.jp/join/9435/baitai_connpass

087d41226bf4cf529ff5f12303be9c96 MySQL Tech Tour
最新情報を効率よく入手する、MySQLテクノロジー・アップデートセミナー!
最新情報を効率よく入手する、MySQLテクノロジー・アップデートセミナー! 参加には事前登録が必要です! MySQL 8.0やMySQL Enterprise Editionの最新の技術情報をお届けするウェビナーを開催いたします。 MySQL 8.0はリリース以降もCHECK制約の追加やJSONスキーマの検証機能など積極的な機能強化と改善を続けています。またクローンプラグインやInnoDB ReplicaSetをはじめとしたレプリケーション構成の構築と運用方法を刷新する改良も行われてきました。 このウェビナーではMySQL 8.0.24, 8.0.25を中心に、MySQLサーバーやMySQL NDB Clusterをはじめ、クライアントプログラムのMySQL Shell最新の技術情報をご紹介いたします。 また商用版のMySQL Enterprise Editionのセキュリティ拡張機能などもあわせてご紹介予定です。 MySQL 8.0をベースとしたクラウドデータベースであるMySQL Database Serviceも、高速データ分析エンジンのHeatWaveの追加を初めとして2020年秋のリリースから継続的に機能の改良を行っており、こちらのアップデートについても概要をご紹介いたします。 皆様、ぜひご参加ください。 ・本イベントはオンライン(Zoom)での開催となります。  参加希望の方は、下記に掲載のお申し込みページよりお申し込みください。 ・本イベントは無料です。 ・競合他社の方、ご所属の企業や団体などが確認ができない方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。  予めご了承ください。 ・お申し込みに関するお問い合わせは、MySQLセミナー事務局 oraclemysql_japan_events_team_jp_grp@oracle.com へお願いします。 イベント詳細、お申込み イベント詳細、お申し込みはこちらから >> アジェンダ ※講演内容や講演者は予告なく変更になる場合がございます。 時間 タイトル 発表者 14:45 – 15:00 接続開始予定 15:00 – 16:00 MySQLテクノロジー・アップデート 2021年6月 (1)今回のホットトピックス (2)Technology Updates: MySQLサーバー, MySQL NDB Cluster (3)Technology Updates: MySQL Shell, MySQL Enterprise Edition (4)Technology Updates: MySQL Database Service, HeatWave 日本オラクル株式会社 MySQL GBU 生駒 眞知子 16:00 – 16:15 MySQL Enterprise Editionのご紹介 日本オラクル株式会社 MySQL GBU 三木 理恵子 16:15 – 16:30 Q&A オンライン参加方法 当日はZoomを使用してセミナーを開催します。 こちら よりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。 登録完了メールに当日の参加用 URLとパスワードが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。 参加にはZoomアプリの準備が必要になります。 事前準備: 1.スマホ、タブレット、PCなどに「Zoom」をインストール 2.登録完了メールの参加用URLをクリック もしくは Zoomを起動→ミーティングに参加→ウェビナーID を入力→パスワードを入力 ※登録後に送付される登録完了メールに記載されている「参加用リンク」からZoomが自動起動しない場合は、https://zoom.us/join にアクセスし、ウェビナーIDを入力してください。 ※Zoomは無料アプリです。(通信量はかかります) ※サインアップ(IDを作る)、サインインの必要はありません。 ※できるだけ通信環境が良いところでご参加ください。 ※社内PCなどでZoomアプリをダウンロードできない場合は、ブラウザを使ってZoomを起動、ログインしてください。

Dd08f626656126c5aa58c77306bc42b0 ろぼやん
ロボット考学、遊びとロボット、若手・学生のためのキャリアパス開拓の3委員会の活動や研究を紹介します。
概要 日本ロボット学会には、学会において必要な分野における研究とそれに伴う調査・研究を行い、その分野の学術・技術の発展・普及を図ることを目的とした、研究専門委員会が多く設置されています。 https://www.rsj.or.jp/activity/committees-sig/index.html 今回はこの中から以下の2委員会をお招きして、その活動や理念をご紹介いただきます。 「遊びとロボット研究専門委員会」(代表:望山洋 先生(筑波大学)) https://robotics-gadget.jp 「ロボット考学研究専門委員会」(代表:上出寛子 先生(名古屋大学)) http://kamidehiroko.jp/P2R/index.html どちらの委員会もこれまでロボティクスの基盤としていた工学分野からさらなる発展を目指す領域に目を向けており、新たな可能性を切り拓こうとしています。 connpass の参加登録または、Google form https://forms.gle/2ZuMJ27bSrsAoGaV7 より参加登録ください。後日、参加用のミーティング情報をお送りいたします。 主催 若手・学生のためのキャリアパス開拓研究専門委員会主催 若手ロボティクス研究会「ろぼやん(通称/愛称)」 https://www.robo-young.jp <タイムスケジュール>(未定) 各委員会の発表:質疑含め30分程度 遊びとロボット研究専門委員会 ロボット考学研究専門委員会 若手・学生のためのキャリアパス開拓研究専門委員会 総合ディスカッション:20分程度

6/30 (水)

~助成金で御社サービスを購入してもらう画期的な手法~
東証マザーズ上場・ライトアップが開発した助成金自動診断システム「Jシステム」が、 コロナ禍で「新規ビジネスを立ち上げる仕組み」として注目されています。 わずか1年で500社が導入。成功事例が続々届いています!! ・愛知の保険代理店で、若手社員が400万円の法人案件を受注 ・営業3名の人材紹介企業が、70万円の採用ツール販売を月30件→75件に ・営業2名のWeb制作会社が、失注リスト300件から15件を復活受注 大きな座組 ・貴社のお取引先に、「助成金を300万円ほど受給」していただく ・その資金を元に、「御社のサービス」を買っていただく ・この仕組みが「自動で実現」 本説明会では、助成金をビジネスにどう組み込むのか、事例と共にご紹介します。 ぜひこの機会に、withコロナ時代の新たな顧客支援・営業フローをご覧ください。 下記URLよりお申し込みください。 お待ちしております! https://www.eventbook.jp/join/9437/baitai_connpass

Ea9c70cb06dc1e4d23320fa3fafad42e CODE BASE NAGOYA
資料を作るのが苦手な方、ぜひお集まりください!
どんなことするの? パワーポイント等で企画書を作成する際のデザインテクニックを、現役のITコンサルタントがレクチャーします。 初級〜中級者向けの内容となっております。 (パワーポイントの操作自体のレクチャーではないので、基本的な操作は出来る方が対象) こんな悩みを抱えてる方が対象です 「簡単な操作は出来るけど、どう資料を作っていいのかわからない」 「頑張ってもなかなか見やすい、かっこいい資料が作れない」 最後に 参考になること間違いなしです! オンラインでの開催ですのでぜひ気軽に参加してみてくださいね。 ※6/23(水)18:30 ~ 20:00 にも同様のイベントを開催予定です。  都合が合わないけど、別日で参加したい!という方、ぜひご参加ください。

A6f3c5960f3ef99c95cd4fb864d489bf 【AI初学者向け】AIワークショップ in 名古屋
AI活用方法を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着ける 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで年齢問わずAI初学者の方を対象に、AI分野の第一線で活躍しているデータサイエンティストより、直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全11回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全11回構成(1回2時間、毎週開催予定) 学びたい回のみの受講もOK!(第2回以降は1500円/回となります) ・第1回 概要説明と教師あり学習 ・第2回 教師なし学習 ・第3回 予測モデルの学習と評価 ・第4回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第5回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第6回 実世界データのモデリング ・第7回 飲食店の来客数予測 ・第8回 クレジットカードの不正利用検知 ・第9回 手書き数字画像の認識 ・第10回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第11回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 講師 森田 尚也 名古屋大学大学院情報科学研究科にてAIの理論・応用に関して研究。 大学を卒業後、メーカー系IT企業にてデータ分析業務に従事。業務で使用する言語・技術はPython, Java,C#, Dockerなど。 分析、開発、マネジメントをこなすマルチエンジニア。 荒川 準也 東京理科大学 理工学部卒。OR系研究室にて定期船の船舶スケジュール最適化研究を行う。 メーカー系IT企業へUターン就職をし、データ分析業務に従事。その後、AIベンチャーを企業。 使用言語・技術はPython,Java, Rubyなど。分析、開発、マネジメント、サービス立ち上げをこなすマルチエンジニア。 準備頂くもの ・PC 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ※※※※※注意※※※※※ 参加者が10名未満の場合、中止させていただく場合が御座いますので、その際はご容赦ください。 その他 本イベントはZOOMを用いたオンラインイベントになります。ZOOMリンクは当日にご送付させて頂きます。

7/1 (木)

F4c466e6506ad5649d0cea3a8521925e 機械学習工学研究会(MLSE)
第4回機械学習工学研究会。オンラインでのバーチャル合宿です
第4回機械学習工学ワークショップ(MLSE夏合宿2021) 本年はオンラインで開催します。 いくつかのオンライン会議ツールの使用が必須となっていますので、参加要件をよくお読みください。 ワークショップ開催概要 日程 2021年7月1日(木)10:00 ~3日(土)16:30 申込締切は 6月25日(金)23:30 となります。締切までに申込をお願いします。 参加募集 以下の要領で参加者を募集します。 参加要件 会期中を通じて以下のツールが使用可能であること。 Discord あらかじめアカウント作成の上、参加申し込み時にアカウントを申請ください。 アカウントは、Discord画面の左下にアイコンと共に表示されています。 下記画像の例だと たろう#1234 がアカウントです。 Zoom アカウントの作成は要りませんが、当日参加の環境でZoomでの会議に参加できるようにしておいてください。 会期中、昼夜通じて合宿に参加できること バーチャルではありますが合宿です。なるべく普段の業務や家庭から離れて合宿のセッションに集中できるようお取り計らいください。 参加費 一般(JSSST会員): 3,000円 一般(JSSST非会員): 5,000円 学生(会員/非会員問わず): 無料 参加費は参加申し込み時にPaypalで支払いをお願いします。 参加費は 消費税込み の価格です。 会計処理上の事情により、請求書の発行・領収書の分割等には、対応はできません。 プログラム概要 1日目 (7月1日) 時間 セッション 10:00-12:00 ウェルカムセッション 13:50-14:00 オープニング 14:00-15:30 【基調講演】馬 雷(カナダ アルバータ大学) 15:30-16:00 休憩 16:00-17:30 フルペーパー発表/企画セッション紹介 17:30-19:30 休憩 19:30-21:00 ナイトセッション 2日目 (7月2日) ※ KS は企画セッションです。 時間 トラック1 トラック2 8:00-9:00 モーニングセッション/朝食 9:00-12:30 KS1:機械学習を活用したシステムの開発における「プロセス・知見」研究 KS2: データ品質エンジニアリングのガイドラインをみんなで作っていこう(1日目) 12:30-13:30 スポンサーセッション1 /昼食 13:30-15:00 【追悼企画】MLSE と青山幹雄先生 15:00-15:30 休憩 KS3:本当に使われている素敵な機械学習システム最前線 〜エッジからスパコンまで〜 15:30-17:00 ポスターセッション KS3:本当に使われている素敵な機械学習システム最前線 〜エッジからスパコンまで〜 17:00-18:00 【チュートリアル】機械学習のデザインパターン KS3:本当に使われている素敵な機械学習システム最前線 〜エッジからスパコンまで〜 18:00-19:30 休憩 19:30-21:00 ナイトセッション 3日目 (7月3日) ※ KS は企画セッションです。 時間 トラック1 トラック2 トラック3 8:00-9:00 モーニングセッション/朝食 9:00-12:30 KS4: 本番適用のためのインフラと運用に関する討論・相談会 KS2: データ品質エンジニアリングのガイドラインをみんなで作っていこう(2日目) KS5: 機械学習システムセーフティ・セキュリティ 12:30-14:00 スポンサーセッション2,3/昼食 KS5: 機械学習システムセーフティ・セキュリティ 14:00-16:00 企画セッション ラップアップ 16:00-16:30 クロージング ※ 時間は変更になる可能性があります。 プログラム内容 基調講演 【講演者】 馬 雷(アルバータ大学 准教授/カナダ CIFAR AI チェア) 【タイトル】 データ駆動型複雑な知能システムの時代における品質保証について/Quality Assurance in the era of Data-driven Complex Intelligent Systems 【講演概要】 機械学習(ML: Machine Learning)システムは、ここ数年の間で実世界での応用において大きな進歩を遂げており、画像認識、音声アシスタント(AlexやSiriなど)、アートデザイン、自律走行車、医療診断タスクなど、最先端技術の実用化を可能にしています。その一方で、現在の機械学習のシステム開発においては、品質、セキュリティ、信頼性の保証基準の採用や、利用可能な成熟したツールチェーンのサポートに関して、体系的なエンジニアリングガイダンスがまだ不足しています。従来のソフトウェアとは異なり、データ駆動型で不確実性が高い機械学習の性質は、品質保証に新たな課題をもたらします。実際には、機械学習モデルは単独では使用されないことが多く、他の機械学習モデルや従来のソフトウェアコンポーネントと連携して、複雑な機械学習システムを形成しています。そのため、ユニットレベル、統合レベル、システムレベルなど、さまざまなレベルでの品質保証が必要となります。 本研究では、安全・安心・信頼性の高い機械学習システムを実現するために、機械学習システムの開発ライフサイクル(MLOps)全体を、特にテスト・解析・デバッグ・修復の観点から検討し、汎用的な機械学習システムの品質保証における現状の課題を解決します。本講演では、この方向に沿った過去数年間の私たちのチームの取り組みの概要を説明するとともに、すでに実際に採用されているいくつかの具体的なイノベーションを紹介します。さらに、安全、安心、信頼性の高いMLシステムを構築するための基礎を築くための今後の課題についても説明します。 プロフィール:近年、機械学習・深層学習の発展によって、機械学習を利用するシステムが急速に社会に広がってきていますが、開発・テスト・運用の方法論はまだ確立できていません。さまざまな手法が提案されていますが、まだ普及段階にありません。今まで、ソフトウェア工学や品質保証について長年研究してきた、現在特に未来知能社会を向け機械学習工学のための品質保証の中心にソリューションと取り組んでいる. 【プロフィール】 アルバータ大学マシンインテリジェンス研究所に所属しカナダ CIFAR AIチェアとしてAI研究に従事するとともに、九州大学システム情報科学研究院情報知能工学専攻 フェローとして、高度ソフトウェア工学研究室を趙教授とともに率いている。上海交通大学卒業後、東京大学にて修士および博士号を取得。ソフトウェア工学と信頼できるAIとの融合領域、特に、機械学習とAIシステムの品質と信頼性に関心を持つ。彼の研究は、SE, ICSE, FSE, ASE, ISSTA, ICML, NeurIPS, ACM MM, AAAI, IJCAI, ECCV, CAVなど、ソフトウェア工学やAI分野のトップ会議に多数採録され、3つのACM SIGSOFT Distinguished Paper Awardの他、10以上のベストペーパ賞を受賞。産業界にも多大な影響を及ぼしている。詳しい情報は、Webサイトを参照のこと。 追悼企画:MLSE と青山幹雄先生 【概要】 検討中 フルペーパー発表 論文は 予稿集 に掲載される予定です。 題名 機械学習プロジェクト成功のための要求獲得・分析 著者 北野健太 増田知彰 石川冬樹 栗田太郎 徳本晋 概要 本研究では,機械学習プロジェクトの要求獲得・分析を効果的に進めることを目的に,有識者アンケートを通じ,機械学習プロジェクトキャンバスの過不足と有効性を示し,活用方法と補助ガイドラインの提案を行った.同キャンバスの既存項目に加え,プロジェクト管理,顧客姿勢,ドメイン知識の観点が重要と示した.また同キャンバスが,包括的なヒアリングと要求獲得に有用であると確認した.最後に,補助ガイドラインの必要性を論じ,一例の提案を行った. ポスターセッション *をついている発表は論文が 予稿集に掲載される予定です。 セッションの形式については、実行員会で検討中です。 ポスター番号 タイトル 発表者 P01* CPUを用いた映像分析AIの性能検証 史旭 江田毅晴 三上啓太 P02* AI運用時データ変化による影響調査と方針の検討 鏑木智也 堀内新吾 安部裕之 P03* 機械学習応用システムのデザインパターンの利用状況 鷲崎弘宜 竹内広宜 名取直毅 P04* 画像分類における精度向上と推論コストの両立 藤井英聡 木村浩之 堀内新吾 尾島優太 P05* DeepPatch:物体検出モデルのパッチによる修正 橋本順之 吉岡信和 P06* 深層学習モデルにおける差分の時系列変化可視化ツールDeepDiffViewerの提案 大橋幸奈 崔恩瀞 吉田則裕 近藤将成 水野修 P07 試行錯誤時の再計算を削減するための Python ライブラリ 中丸智貴 P08 機械学習システムに対する品質保証ガイドライン及びプロセスの整備 久連石圭 P09 機械学習システムの品質確保のための「AI品質ガイドライン」の取り組み紹介 向山輝 中山裕貴 若松直哉 佐野建樹 本橋洋介 P10 学習モデル転移にもとづく同業他社向け予測精度向上手法 船矢祐介 田中剛 P11 長期的な安定運用を実現するAI運用基盤の開発 成田顕一郎 P11 Data Augmentationによる、画像分類モデルの訓練・検証を支援するツールの開発 吉井章人 企画セッション KS1: 機械学習を活用したシステムの開発における「プロセス・知見」研究 【背景】 様々な領域で機械学習(ML)技術が利用されている一方で、各領域にMLを活用したシステムを開発する際に、システムの目的や要件の定義、仮説検証(PoC)を行う際の評価指標の設定、開発時の設計方法など、開発プロセスおよび各フェーズにおける実行内容や手順に関する体系化された知見の蓄積は限定的である。本セッションでは、機械学習を活用したシステムの「プロセス・事例」を収集・概観し、共通するプロセスや知見を共有することを目的とする。 【セッション内容】 本セッションは、以下の2部からなります。第2部のワークショップでは「実際に関わったMLプロジェクトで得られた知見を共有し、共通点などを概観する」といった活動を行います。MLプロジェクトの実践で得られた知見を共有してくださる方の参加をお待ちしております。なお、本セッションで想定する知見は「プロジェクト運営上で有効となる知見」を想定しており、具体的にはプロジェクト管理、プロセス、全体設計に関係するものになります。具体的なツールの使い方や、パラメータ設定などは対象とはなりませんのでご了承ください。 第1部:講演 昨年度の企画セッションの振り返りや、組織内でMLプロジェクトに関する知見の活用に関する講演を予定しています。 タイトル 発表者 オープニング オーガナイザー 昨年度の企画セッションの振り返り オーガナイザー 知見活用に関する講演(2-3件) 調整中 第2部:ワークショップ MLプロジェクトに関する知見を共有し、知見の有効な活用方法などについて議論をワークショップ形式で行います。 前半: 2020年度の企画セッションの成果として収集事例からボトムアップに抽出した開発モデルをMuralと呼ばれる巨大壁画ツールの上に張り出します。企画参加者には個人作業として、各自が実践したMLプロジェクトでの知見をモデル上に付箋形式で書き出します。(個人作業の詳細などについては現在検討中で、決まり次第連絡します。) 後半:提示された各知見に関する説明、知見全体を概観しながらの議論 Mural上で作成した成果物はPDFなどに変換し、公開します。 【その他】 第1部、第2部の時間配分などは参加者人数によって検討します。また、使用するツールの詳細情報は別途お知らせします。 【オーガナイザ】 今崎耕太(IPA) 竹内広宜(武蔵大学) 土肥拓生(ライフマティックス) 本橋洋介(NEC) KS2: データ品質エンジニアリングのガイドラインをみんなで作っていこう 機械学習工学(MLSE)でにおいては、学習・検証に用いるデータの品質がとても重要になる。データ品質の向上・確保・保証には、母集団とサンプルの性質のような数理的なアプローチと、要求に対するデータの網羅性のようなエンジニアリング的なアプローチがありうる。前者に関する研究は数理統計分野や機械学習分野において議論されてきたものの、後者について、あるいは両者の現実的な統合のプラクティスは、まだ発展途上である。 本企画セッションとして、データ品質エンジニアリングのガイドラインを共同で構築していくことを目的とし、その構成要素に対する議論を行う。数理的なアプローチとエンジニアリングアプローチ双方における知見や技術に関し、課題や留意点も含めて列挙や構造化を試みることで、データ品質エンジニアリングのガイドラインに向けた議論を行う。 【オーガナイザ】 西 康晴(電通大) 小川 秀人(日立) 石川 冬樹(NII) 光本 直樹(デンソー) KS3:本当に使われている素敵な機械学習システム最前線 〜エッジからスパコンまで〜 機械学習に基づく高度なアプリケーションの実現には、優れたハードウェアおよびソフトウェアによる計算機システムが必要不可欠である。その実態は、クラウドやスパコンといった大規模・高性能システムから、エッジAIと呼ばれる低消費電力・小型なシステムまで様々である。実際に利活用されている「素敵な」機械学習システムは、計算速度や消費電力、価格といったわかりやすい指標だけではなく、使いやすさなどの人間が深く関わる側面においても優れている。本セッションでは、機械学習サービス・アプリケーションを支えている、エッジAI向けの軽量なシステムから大規模・高並列システムまでの幅広い、実際に使われている素敵な機械学習システムの最新動向を紹介する。 本企画セッションの講演は聴講希望者への一般公開を検討しております。詳細は本ページにて後日通知します。 【オーガナイザ】 高前田 伸也(東大) 福田 圭祐(Preferred Networks) KS4: 本番適用のためのインフラと運用に関する討論・相談会 本番適用のためのインフラと運用に関して討論・相談会を開きます。 参加者各位の経験や考察に基づく意見を交わすことで当該領域の理解を深め、最終的に世の中共通的に利用できる知見を編み出すことを目指します。オーガナイザが事前抽出したトピックから参加者が選択する討論と、あらかじめ募集した「本番適用のためのインフラと運用に関係する相談事」について互いにアイデアを出し合って解決策を模索する相談の場を設けます。 ◆ トピック例:アノテーション手法とアーキテクチャ、試行錯誤からシームレスに本番適用に持っていくためのアーキテクチャ、など ◆ 備考: 討論会の議事メモを可能な限り公開していく予定です。 本企画セッション参加をご希望される皆様へ 本企画セッションではひとりひとりの積極的な参加により活発な議論を行うため、参加希望者が多数(30名以上目安)の場合には抽選等により人数制限を設けさせていただく場合があります。 参加をご希望される方は夏合宿の参加申込みフォームで「相談事」を記入ください。 【オーガナイザ】 有賀 康顕(Treasure Data) 土橋 昌(NTTデータ) KS5: 機械学習システムセーフティ・セキュリティ 機械学習システム セーフティ・セキュリティWGのイベントとして、以下の企画セッションを行います。 【論文発表】2020年7月3日(土) 9:00-10:30 吉岡信和, 矢嶋 純 森川 郁也,機械学習応用システムのためのセキュリティリスク分析手法 ReliableAI: Safety Verification of Black Box Type of AI Hideki Nomoto, Shota Iino and Yasutaka Michiura 【招待講演】2020年7月3日(土) 10:45-12:30 講演者:岡田 学 (株式会社TierIV) タイトル:自動運転サービスにおけるDevOps安全性論証の取り組み 自動運転の安全性について、楽しく議論しましょう。是非ご参加ください!! 【ランチセッション】 本企画セッションでは終了後にオンラインランチセッション(13:00-14:00) を開催します。 本企画セッションの講演は聴講希望者への一般公開を検討しております。詳細は本ページにて後日通知します。 【オーガナイザ】 金子朋子(NII) 向山輝(NEC) 髙橋雄志(NaiSS) 野本秀樹(JAMSS) ウェルカムセッション 初日の午前中は皆さんにツールの利用と合宿の雰囲気に馴染んでいただくため、ウェルカムセッションを開催します。 以降のスムーズな参加を可能にするためにも、ぜひ参加をお願いします。 ナイトセッション 参加者間の交流を促し、新しいアイデアや研究活動のきっかけをつくるために、初日、二日目にナイトセッションを開催します。 ナイトセッションでは、ランダムなグループ分けでお互いを知るスピードデートターンテーブルの後、 初日は基調講演者の馬先生を囲むテーブル、二日目は故青山先生のMLSE講演およびパネルを視聴しながら故人を偲ぶテーブルのほか、ボトムアップな議論テーマごとに別れたBoF(Bird of Feather)テーブルに別れた交流会を実施します。 ボトムアップな議論テーマは、合宿を通して設置されたMuralボードにて随時受け付ける予定ですので、議論したいこと、仲間を集めたいテーマがあれば、ぜひボードに書き込んでください。 その他、朝食・昼食のセッションについても現在企画中です。 主催 日本ソフトウェア科学会 機械学習工学研究会 ワークショップ運営組織 実行委員 実行委員長 吉崎 亮介(キカガク) 副実行委員長 土肥 拓生(ライフマティックス) ローカル委員長 江澤 美保(クレスコ) プログラム委員長 原 聡(大阪大学) 副プログラム委員長 吉岡 信和(早稲田大学) 出版委員長 竹内 広宜(武蔵大学) プログラム委員 石川 冬樹(国立情報学研究所) 今井 健男(Idein) 鵜林 尚靖(九州大学) 先崎 佑弥(Idein) 徳本 晋(富士通研究所) 吉田 則裕(名古屋大学) 渡邉 孝文(Idein) スポンサー ゴールドスポンサー シルバースポンサー 株式会社マイクロアド 株式会社Citadel AI スポンサー募集 現在、以下のスポンサー枠を募集しています。 スポンサー料の支払いは、研究会の口座への振り込みを予定しています。 ご質問、ご連絡は mlse2021sws@googlegroups.com までお願いします。 ゴールドスポンサー:4万円 スポンサーセッション(質疑応答込み25分) 申込サイトにロゴを掲示いたします 2名にご参加いただけます シルバースポンサー: 2万円 申込サイトにロゴを掲示いたします 1名にご参加いただけます

7/4 (日)

D373f021b642bd02aa9907df3a1dc843 HCD-Net教育事業
HCD-Net教育事業 / フルオンライン
体系的に人間中心デザイン/UXデザインを学べる連続セミナーを計画しました。 デザインテーマに関する課題探索のためのインタビュー調査を主とするリサーチ技法やペルソナの作成から、サービスを創りあげるまでのプロセスを一貫して学び、受講者が実務でUXデザインを実践できるようになることを目指します。 デザイナーだけではなく、エンジニア、企画、広報など様々な分野の受講者を募りますので、体系立てられた知識と実践を身に着けて頂きたいと思います。 昨年実施した内容をベースに、今年もフルオンラインで実施します。 ▼昨年の「UXD連続セミナー」開催レポートはHCD-Netから閲覧できます。 https://www.hcdnet.org/hcd/event/entry-1461.html ■開催日時: 第1回セミナー:2021年7月4日(日)10:00~18:00 「価値探索のためのデザイン・リサーチ概論」 第2回セミナー:2021年7月18日(日)13:00~18:00 「デプスインタビューを用いた価値探索〜価値抽出」 第3回セミナー:2021年8月1日(日)10:00~18:00「価値の構造化とペルソナデザイン」 第4回セミナー:2021年8月15日(日)13:00~18:00 「ユーザー体験の俯瞰的な可視化によるアイデア発想手法」 第5回セミナー:2021年8月29日(日)13:00~18:00「キーモーメントの策定→具体化とアイデアの拡張発想」 第6回セミナー:2021年9月5日(日)13:00~19:00「プロトタイピングによるエバリュエーション手法」 ■会場:オンライン(Zoomによるウェビナー機能を使用します) ■定員:30名(抽選) ■参加申込期限:6月11日(金)17:00 ※抽選結果は6月14日以降にお知らせいたします。6月28日までにお支払いください。詳細は当選者にメールにてお知らせします。 ■参加資格:原則申し込んだ本人が全セミナーに参加してください。 ■参加費: 賛助会員・正会員:65,000円 一般:90,000円 学生:48,000円 ■講師:井登 友一(いのぼり ゆういち)氏 株式会社インフォバーン取締役/京都支社長。デザインコンサルティング会社にて定性的なユーザインサイトを起点とした「ユーザー中心発想」 によるコミュニケーションデザインと、Webサイトの企画・プロデュース・設計に従事。大手住宅メーカー、ウェディングプロデュース企業、大手製薬企業など、数多くの企業のマーケティングコミュニケーションを支援。2011年インフォバーン入社、京都支社の責任者を務める。日本プロジェクトマネジメント協会認定プロジェクトマネジメントスペシャリスト(PMS)、人間中心設計推進機構認定人間中心設計スペシャリスト。 【注意事項】 ■賛助会員の皆さまへ: ・2名まで「HCD-Net賛助会員」種別にて参加可能です。3名以降の方は「一般」種別となります。 ・予め2名様を社内にてご調整をお願いします。3名を超えた場合は、再度「一般」にてお申し込み手続きを行っていただきますのでご了承をお願いいたします。

7/7 (水)

9413b0f42affbabc02b63ba6f49e8b92 CoderDojo師勝
第19回
第19回CodreDojo師勝を開催します。 しゅくだいもってきてもいいよ。 しゅくだいすませてぷろぐらみんぐしよう! CoderDojoの活動について CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。 2011年にアイルランドで始まり、2011年にアイルランドで始まり、世界では112カ国・2,200の道場、日本には229以上の道場があります。 開催予定は月1回、第2木曜日(15:00~18:00)開催を基本にしています。 7月は7日水曜日に行います。 新型コロナウイルスの動向により、お休みする場合があります。 会場に入るときは建物入り口で手指の消毒をお願いします。 会場或いは自宅で体温の測定をお願いします。 マスクの着用をお願いします。 会場に入られる方全員の名簿記入いただきます。開催日より一月程度保存させていただきます。 COVID-19(新型コロナウイルス)対応にご協力お願いいたします。 CoderDojo師勝でいまやっていること scratchをメイン言語としますが、やりたいと思うことやわからないと思うことを持ってきてみてください。 ・micro:bitやraspberry_pi、Ichigojam、Makeblock halocode、mbot 等シングルボードコンピュータ ・先輩Ninja達が、JavascriptやC言語を始めました。 ・M5stackシリーズや、技術同人誌などで一緒に遊びませんか? 当日に解決できないこともありますが、一度持ってきてみてくださいね。 いっしょに調べたり考えたりしましょう! 必要な持物 ノートパソコンあるいはタブレット。 使用するアプリケーションはダウンロードしておいてください。よくわからない場合はとりあえず持ってきてみてください。      パスワードロックやチャイルドコントロールなどをされている場合はそのパスワードをお持ちください。      参加日前日までにインターネットにつなぎ、Windows updateを行うようにしてください。   (個人契約のインターネット環境のため、パケット量が逼迫し、インターネットにつなげられなくなる場合があります。    ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。)    筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) なるべくもってきてね。なくても特に問題になるようなことはありません。 おことわり CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo師勝 では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けています。 個人スポンサー: (目安は 1回500円) 団体・法人: 1口1万円/年 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。

7/8 (木)

6d1139a19ec3b2d0a9ab81f9ebbb2cd5 Yahoo! JAPAN Osaka
今回はMix Leapの運営・登壇経験あるモトヤフ(元ヤフー社員)から近況報告してもらいます!
開催日時 2021/7/8(木)  18:55 Live配信のご案内  19:00 オンラインで開始 本イベントはオンライン開催です 今回のイベントではWeb会議サービス「Zoom(PC、スマホのどちらでも可)」を使用して開催します。 参加申し込みいただいた方に視聴用のURL(Zoom、YouTube)を、connpassアカウントのメールと「こちらのconnpassページ(イベント開催時に申込者にのみ表示されます)」にてご連絡します。 なお、視聴機器(PC・スマホ)や通信環境などは各自でご準備いただくようお願いします。 イベントについて 「Mix Leap Joint」とは、ヤフー大阪と関西圏の企業や学校・自治体・コミュニティなどがコラボレーションし、業種・業界を超えた新たな課題解決やサービスの創出を目指したイベントです。 学生から社会人まで誰でも参加可能になっておりますので、ぜひ気軽にご参加ください。 今回のテーマ ヤフーには、ヤフーを退職した同士、またヤフーと退職した人とを繋ぐネットワーク「モトヤフ(※)」があります。 今回のJointイベントは、かつてMix Leapのイベント運営や登壇経験のあるモトヤフメンバーに - 今どんなことにチャレンジしているのか - ヤフーから転職した後に感じたこと - 改めてキャリアについて考えたこと などを語ってもらい、その後「コミュニティ活動」をテーマとしたパネルトークを開催します! 本編終了後には、Zoomのブレイクアウトルームを利用した楽屋トーク(モトヤフメンバーとの雑談タイム)も実施します。 ※「モトヤフ」に関する記事 ヤフーの卒業生のつながりをつくる「モトヤフ」 辞めてもサヨナラじゃない。ヤフー流アルムナイ「モトヤフ」が注目のワケ タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 20:00 - 20:10 「MixLeap Joint, LODGE について」 中川 雅史(ヤフー株式会社) 20:10 - 20:50 「登壇者によるLT」 磯野 篤紀(株式会社はてな)岡田 信夫(Amazon Web Services Japan)辻 陽平(Chatwork株式会社)一円 真治(freee株式会社)Kim HyunMin(PayPay株式会社) 20:50 - 21:15 パネルトーク 21:15 - 21:20 クロージング 中川 雅史(ヤフー株式会社) 21:20 - 21:50 楽屋トーク(※詳細は下記) ※進行上、終了時間が多少前後することがあります 登壇者情報 スピーカー: 磯野 篤紀(株式会社はてな) 「はてなブログ」「はてなブックマーク」等を運営する、株式会社はてな に2020年11月入社。 人事部マネージャーを担当。採用以外の全領域を担当する。 ヤフーでは、人事として給与厚生、人財育成、組織開発、組織人事、大阪拠点人事を経験。 現在、副業で人事コンサルもやっています。 スピーカー: 岡田 信夫(Amazon Web Services Japan) Amazon Web Services Japan Solutions Architect ヤフーでカレンダーサービスのエンジニアを経て、2020年にAmazon Web Services Japanへ入社。 クラウド技術やJVM/Kotlinコミュニティの運営をしてます。 Kotlin, Python, サーバーレス関連技術, 釣りとお酒が好きです。 スピーカー: 辻 陽平(Chatwork株式会社) Chatwork株式会社 プロダクト本部 コアテクノロジー開発部 所属。Scalaエンジニア。 ヤフー在籍時はサービスの基盤となるプラットフォームの開発運用に従事。 ドメイン駆動設計/マイクロサービス/リアクティブシステム/AWS が関心事。 週末はもっぱら山に登ってます。 スピーカー: 一円 真治(freee株式会社) freee株式会社 中部支社 エンジニア ヤフーで地図サービスのエンジニアを経て、2021年5月にfreee株式会社へ入社。 愛知県住み。子供と遊ぶのと、プロダクト開発が好き。 スピーカー: Kim HyunMin(PayPay株式会社) QR・バーコード決済サービス「PayPay」のExperience Designer。 ヤフー、楽天を経てPayPayのコンシューマーサイドのUXを担当。主にUX推進や設計を行っている。 UX DAYS SEOULとUX DAYS TOKYOでも活動している。 主催 楽屋トーク 当日、イベント終了後(終了時間が多少前後することがございます)本日ご登壇いただいた皆さまと、運営スタッフがZoomにて「楽屋トーク(振り返り)」を行います。視聴のみ参加の皆さまとも交流できる場を設けてみました本編では話せなかった「ここだけの話」が聴けるかもしれません!!登壇者の方に直接質問もできますので、お時間のあるかたはぜひご参加ください!聴くだけ参加のかたも大歓迎です(顔出しも強制ではございません)入退出も自由です。ZoomのURLはイベント終了後にYouTubeコメント欄と説明欄よりご案内させていただきます。 参加費 無料 本イベントはオンライン開催です コロナウイルス拡大の影響により、通常の「ヤフー大阪オフィス」での開催ではなく、Live配信(オンライン)で視聴いただく形式にします。 今回はZoomのウェビナー機能を使用しての配信を予定しております。 ・ご視聴時、他の参加者から顔や名前は見えませんのでご安心ください。 ・PC、スマホのどちらでも参加可能です。 ・YouTube配信もいたしますのでZoomが利用できない方はYouTube参加枠でお申込みください。 ・登壇者への質問はZoomのチャット欄とYouTubeコメント欄にて受付させていただきます。 ・通信状況や機材トラブルにより音声や映像の乱れ・中断がある場合がございます。 参加申し込みいただいた方に視聴用のURLを、connpassアカウントのメールと「こちらのconnpassページ(イベント開催時に申込者にのみ表示されます)」にてご連絡いたしますので、参加(視聴)希望される方は参加申し込みをお願いいたします。 なお、視聴機器(PC・スマホ)や通信環境などは各自でご準備いただくようお願いします。 キャンセルポリシー ・予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 ・【お読みください】参加枠を確保しているにも関わらず不参加(ドタキャン)や、前日〜当日のキャンセルを頻繁にされる方は、参加を希望されている他の参加者を優先させて頂く場合があります。 スケジュール都合がわからない状態で「とりあえず」お申込みいただくことはご遠慮願います。 注意事項 ・新型コロナウイルスへの対策について 厚生労働省から日次で発表される情報に基づき、本イベントを延期または中止させていただく可能性がございます。その際にはイベントページおよび運営からのメッセージにてご連絡させていただきます。何卒ご理解、ご了承のほど、よろしくお願いします。 ・セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・ストーカー等の他人への迷惑行為を行うことは禁止します。 ・ネットワークビジネス等、その対象を問わず販売、勧誘、あっせん等を行うこと。また、宗教活動または政治活動をすることは禁止します。 ・その他、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為、イベント内容に積極的に参加されてないと見受けられる行為など、本来のイベント趣旨とは異なる行為があった場合、次回以降のイベント参加をお断りさせて頂きます。 ・通信状況や機材トラブルにより音声や映像の乱れ・中断がある場合がございます。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はMix Leap事務局( osk-mixleap@mail.yahoo.co.jp )までお願いします。

1f86c564cbfb929a7a8c4599879f1c9f 株式会社SmartHR
公開雑談祭#3 営業担当・カスタマーサクセス担当の新たなキャリアとは
背景 ✍ 『 SmartHR 社内での立ち話』をイメージして、 ラフに SmartHR のことを知ってもらえたらな、という思いから企画しました。 いわゆる「登壇」だけのイベントではなく、まるで雑談のような会を目指しています。 事業や仕事のことだけでなく、働く人の雰囲気も感じてもらえるのではと思います。 複数回の開催を予定しており、SmartHR のさまざまな職種のメンバーが登場します! イベント概要 ニューノーマル時代の到来もありDXはさらに加速し市場には多くの国産SaaSが増加。 そんな中、多くの企業は売上/シェア拡大のために、 エンタープライズ開拓 アップセルプロダクト開発/営業 新業種開拓 新拠点開拓 などの挑戦へと踏み出していきます。 今回はそんな時代の流れとビジネス課題に対して、 新拠点における市場開拓にフォーカスをあててイベント企画をしました! 市場開拓を行い新たなマーケット拡大を行う、 営業担当のキャリアとは?市場価値とは? 具体的にどのような開拓方法を実施してきたのか? 現状と今後の展開は? などについて関西/東海/九州の各拠点長がお話します! 東京に飽きてきた方、次のキャリアステップに迷っている人、一度聞いていきませんか? お話する内容🔥 関西/東海/九州 各拠点プロフィール 立ち上げ〜成長期までの各拠点のフェーズと変遷 所属メンバーのバックグラウンド 各拠点の課題と目標 登壇者のキャリア  └ これまでの経歴  └ なぜこのポジションについたのか 東京から転勤してみてどうだった? これからどんなひとに入社してほしい? ※拠点ごとに様々なフェーズのお話をする予定です! ※内容は一部変更になる可能性があります。 SmartHR 参加者 司会進行 東海支店 セールス 正木 関西支社 支社長 大辻 東海支店 支店長 平野 九州支店 支店長 黒川 こんな方におすすめ 各拠点の営業/カスタマーサクセスポジションに興味がある方 各拠点に勤務可能な地域に住んでいるセールス経験者の方 各拠点に勤務可能な地域に住んでいるカスタマーサクセス経験者の方 SmarHR の各拠点の"雰囲気"が知りたい方 SaaS業界、HR領域に興味がある、関わっている方 SmartHR に興味がある方 タイムスケジュール 登壇+パネルディスカッション形式で実施予定です。 時刻 コンテンツ 内容 18:50 開場 参加受付を開始 19:00 ~ 19:05 導入 登壇者の紹介 19:05 ~ 19:10 会社紹介+全体説明 最新会社情報と本日の流れを説明 19:10 ~ 19:18 登壇① 関西支社 19:18 ~ 19:26 登壇② 東海支店 19:26 ~ 19:33 登壇③ 九州支店 19:33 ~ 20:00 パネルディスカッション 登壇内容の深堀り 20:00 ~ 20:30 QAタイム 本日内容などに対する公開質問 20:30 終了予定 ライブ完了 ※1. 途中参加、退場等問題ありません!お気軽にご参加ください! ※2. トーク中にいただいたコメントにも随時答えていきます。 資料 会社紹介資料 関西支社に関連する記事一覧 開催方法 オンライン(ウェビナー)で開催します! アクセス方法 お申し込みいただいた方には、connpass 上でウェビナー登録用 URL をメッセージします! 各拠点採用中の職種 関西 フィールドセールス(大阪勤務) フィールドセールス マネージャー候補(大阪勤務) エンタープライズセールス(大阪勤務) カスタマーサクセス(大阪勤務) パートナーサクセス / 事業開発(大阪勤務) イベントマーケティング(大阪勤務) 東海 フィールドセールス(名古屋勤務) エンタープライズセールス(名古屋勤務) カスタマーサクセス(名古屋勤務) 九州 フィールドセールス(福岡勤務) カスタマーサクセス(福岡勤務) カスタマーサクセス 未経験採用(福岡勤務) 今回は参加できないけど興味があったという方へ 随時会社のことを知っていただけるイベントを開催する予定です! 以下メルマガに登録いただくか、connpass のフォローをよろしくお願いいたします! SmartHR メルマガ メルマガとは?  SmartHR のイベントや新規ポジションのご案内をいち早くお届けするためのメールです! SmartHR カジュアル面談 SmartHR カジュアル面談とは?  気軽にカジュアル面談にお越しいただくための窓口です!  カジュアル面談担当のスケジュール状況によって随時ご案内します! #SmartHR公開雑談祭 他イベントも多数ご用意しています! 是非他イベントもご参加ください! 備考 注意事項 参加枠が最小遂行人数に満たない場合や関係者の急病や天災などにより、開催を延期または中止する場合がございます。 イベントの様子・内容をまとめ、後日公開させていただく場合がございます。 参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。 行動規範 本イベントは SmartHR やその他開発トピックスに関する情報交換や交流を行うための場所です。 そのため、参加者に対して以下のようなハラスメント行為は許容しません。 言葉による性別、性的指向、障害の有無、外見、身体の大きさ、人種、宗教に関する攻撃的なコメント 公的空間での性的な映像表現 意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい 写真撮影や録音によるいやがらせ トークやその他の会議イベントに対して繰り返して中断しようとする行為 望まれない性的な注意を引きつける行為 ハラスメント行為に遭った、目撃した場合には、スタッフの誰かに連絡していただくようお願いします。

7/9 (金)

B62e9ccebba95a36628d31ee1117846b Adobe XD ユーザーグループ大阪
Adobe XD ユーザーグループ大阪の勉強会
2021/6/16 満席につき、増枠しました 2021/6/2 満席につき、増枠しました 2021/6/1 お申し込みをスタートしました Adobe XD ユーザーグループ大阪 オンライン勉強会 XD好きが集まる「Adobe XD ユーザーグループ大阪」の第12回目の勉強会です。 Adobe XDをすでに使っている方も、これから使おうかなという方も、お気軽にご参加ください。 勉強会をより楽しむために、こちらの動画で「予習」されるのもオススメです。 「いろは」始めるなら今!これからのwebデザインのワークフローに欠かせないUI/UXツール Adobe XD Adobe MAX 2020で松下が担当した、「XDって何?」が30分で分かるセッションです。 前回の様子は、アーカイブ動画をご覧ください。 Adobe XD ユーザーグループ大阪 アーカイブ動画 タイムテーブル 調整中です。 セッション内容 調整中です。 出演者プロフィール順不同・敬称略 ゲストはXDUG名古屋代表の井斉 花織さん! 井斉 花織(いさい・かおり) 2018年にアップルップルに入社し、CMSの公式テーマや多言語展開含むWebサイトなどのデザイン業務に従事する。翌年に「Adobe XD ユーザーグループ名古屋」の運営を始め、セミナーの登壇などを通じて社外での活動を展開。 共著に、『豊富な作例で学ぶ Adobe XD Webデザイン入門』。 XDUG名古屋代表 有限会社アップルップル Twitter 松下 絵梨(まつした・えり) 大阪出身大阪在住のWeb/UIデザイナー。 2020年に『 Adobe XDではじめるWebデザイン&プロトタイピング 一歩先行く現場のスキル』(翔泳社)を上梓。 京都造形芸術大学 非常勤講師 デジタルハリウッド大阪校 講師 コンピュータ専門学校HAL 非常勤講師 Adobe XD ユーザーグループ大阪代表 CSS Nite in Osaka 代表 Twitter 藤次 夏月(ふじつぐ・かづき) 神戸市在住、Webデザイナー。 フロントエンドエンジニアとして企業で働きつつ、副業で個人でのお仕事を開始。 デザインもマークアップも両方やりたい!と思い、2020年にフリーランスとして独立。 デザイン、コーディング、WordPress開発、企業様の専属Webデザイナーなど幅広く活動している。 Twitter 参加方法 このconnpassページでお申し込みをお願いします。 開催日になるとイベント画像下の「参加者への情報」欄に表示される、URLからご視聴ください。 開催レポート 〔開催レポート〕大阪 Adobe XD ユーザーグループ #01 〔開催レポート〕大阪 Adobe XD ユーザーグループ #02 〔開催レポート〕大阪 Adobe XD ユーザーグループ #03 〔開催レポート〕大阪 Adobe XD ユーザーグループ #04 〔開催レポート〕大阪 Adobe XD ユーザーグループ #05 〔開催レポート〕大阪 Adobe XD ユーザーグループ #09 〔開催レポート〕大阪 Adobe XD ユーザーグループ #10 〔開催レポート〕大阪 Adobe XD ユーザーグループ #11 紹介ブログ 参加された方が書いてくださった記事です。 【vol.03】「大阪 Adobe XD ユーザーグループ #03」に参加してきました。 / 草野 エリさん 【vol.05】Adobe XDって?XD勉強会に参加して分かったこと / ねねさん( @nene__hot ) 【vol.11】LIFE is 日々一歩(137)[ウェブ]勉強会に参加したら、後から深掘り学習してみよう / 森 和恵さん( @r360studio ) Adobe XD ユーザーグループ大阪について Adobe XD ユーザーグループの大阪版です。 Adobe XD ユーザーグループ大阪 (承認制ですがご気軽にご参加ください) Adobe XD User Group Japan スタッフ この勉強会は、下記のメンバーがボランティアとしてスタッフをしています。 松尾 千鶴 @kuruweb 温湯 拓也 @nuku_taku かづき(TSUGU) @KazukiWeb 西村 礼 @ray_studio 森 和恵 @r360studio 小椋 真愛 @iam_kousei 井上 実里 @mmweb_ 虎野 とも @torano_manji 山中 麻里菜 @mrn_web0216 國富 一弥 @kunny 協力 アドビ株式会社

7/10 (土)

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
注意!! ※当日PC貸出希望の方は、「参加者(子供)PC貸出」で申し込みください。 ● 入館時に受付でマスク確認、検温、手洗い・手指消毒、連絡先の記入が必要です。マスクの着用お願いします。 ● 会場では飲み物はOK、食べ物はNGです。 ● 会場の定員が15名まで制限されているため、参加者が多い場合、ご家族の入室をお断りする場合があります。 ● オンライン会議室のURLは、前日に参加者に連絡いたします。 にぎわい交流館の新しい利用ルールについては、こちらをご覧ください。 https://shimin-kouryu.net/news/20853/ 開催概要 CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 開催日時・場所 日時: 2021/07/10(土) 9:00-11:00 場所: 日進市にぎわい交流館 2F 会議室ABC / オンライン会議室 アクセス方法はにぎわい交流館のページを参考にしてください。 http://shimin-kouryu.net/about/access/ 車でこれらる場合は、にぎわい交流館または日進市役所の駐車場が利用できます。 オンライン会議室のURLは前日に連絡いたします。 タイムテーブル 時間 内容 08:50 受付開始 09:00 スタート (スタート前に会場のWiFiに接続をお願いします。) 10:20 発表(各自今日やったことを発表してください) 11:00 終了・後片付け 11:10 撤収 パソコン・タブレットについて WiFi接続可能なノートパソコンまたはタブレットをご持参ください。会場ではWiFiが使用できます。 お持ちではない方は申し込み時にその旨記載ください。(ただし台数に限りがあるため、対応できない場合もあります。) Scratch3.0はInternet Explorerでは使えません。OSがWindow7, 8の方は、Google Chromeをインストールしてきてください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html micro:bitについて micro:bit(マイクロビット)は、25個のLED、2個のボタンスイッチ、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能などがついている小さなコンピューターです。 https://microbit.org/ja/guide/ あらかじめ搭載されているセンサーを使って状態の変化を検知したり、LEDを光らせたり、音を鳴らしたり、モノを動かしたりできます。 micro:bitでプログラミングすることにより、普段の生活のさまざまな場所でプログラムが動いているのを身近に感じてもらえると思います。 CoderDojo日進では、micro:bit本体とmicro:bitで動くロボットカーを貸し出します。ぜひ試してみてください。 プログラムの作成にパソコンまたはタブレットが必要ですので、お持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は「パソコン貸出希望」と申し込み時に記載ください。 その他のプログラミングについて テキストプログラミングでは、2018/11/01より初心者向けの教材としてProgateが利用できるようになりました。興味がある方は申し込み時に連絡ください。Progateを利用しなくてももちろん構いません。 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について 会場内及びオンラインで写真撮影&画面のキャプチャーを行い、ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に説明等を行いますので、開催30分前の9:30頃会場にお越しください。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/

7/11 (日)

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2020年2月現在)

7/15 (木)

1f86c564cbfb929a7a8c4599879f1c9f 株式会社SmartHR
公開雑談祭#2 SaaS企業なら一度は耳にする「THE MODEL」が1時間ちょっとでわかる!
背景 ✍ 『 SmartHR 社内での立ち話』をイメージして、 ラフに SmartHR のことを知ってもらえたらな、という思いから企画しました。 いわゆる「登壇」だけのイベントではなく、まるで雑談のような会を目指しています。 事業や仕事のことだけでなく、働く人の雰囲気も感じてもらえるのではと思います。 イベント概要 今回は、ビジネス職メンバーが一同に集まり、 SaaS企業に転職する際に一度は耳にするであろう「THE MODEL」について、 それぞれの職種の視点からSmartHRにおける現状をお話します。 なんとなく転職を考えているビジネス職の方から、 現場で既に「THE MODEL」を意識して働かれている方まで、 幅広い方が理解するきっかけになる時間にできればと思います。 基本的な部分から実践的な部分までお話するため、 - B2B, SaaS領域の会社のビジネス職 - B2B, SaaS領域の会社に興味がある - 急成長スタートアップの話を聞いてみたい - SmartHRビジネス職の雰囲気を知りたい - SmartHRで働くことに興味がある 方々におすすめのイベントです! お話する内容🔥 会社説明 THE MODELとは マーケティング/インサイドセールス/セールス/カスタマーサクセスの組織別の役割 └ 組織構成の変遷(いつどんな人を採用したのか) └ 役割(現状の業務分担、ミッション) └ 具体的な業務(目指しているものと課題) ・質疑応答 ※ 内容は一部変更になる可能性があります。 ※トーク内容は、一部変更する可能性があります! SmartHR 参加者 司会進行:セールスサポート 寛那見愛子(@namizo__k) 執行役員・VP of Marketing 岡本 剛典 教育系ベンチャー企業のマーケティングリーダーを経て、2009年にGMOクリック証券株式会社入社。プロダクトマーケティング担当後、マーケティング責任者に着任。デジタルからマスマーケティングを統合したマーケティング・ブランディング戦略の策定、実行を担う。2018年10月、マーケティング責任者としてSmartHRに参画。これまでに約100億円を投下し、幅広のマーケティング・ブランディング戦略を行い事業成長に貢献。 インサイドセールスグループマネージャー 古川 智之 飲食業界に入社後、店舗運営のキャリアを経て、その後人材業界にて約13年間営業部門のマネジメントを担当。新卒採用支援領域の執行役員として250名の組織を管掌しながら、プロジェクトリーダーとしてATSサービスの立ち上げなどに携わる。SmartHRに参画後はインサイドセールスグループのマネージャーとして組織運営全般を管轄。 執行役員・VP of Sales 中尾 友樹 世界最大級の人材総合サービス会社ランスタッドにて名古屋・福岡などの主要都市拠点責任者としてキャリアを重ね、東京本社のナショナルクライアント専任部署マネージャーに就任。同社を退職後、中国系IT企業にてLive動画アプリの立ち上げマネージャーとして従事する。2017年11月、SmartHRに入社。 カスタマーサクセスグループマネージャー 稲船 祐介 大学卒業後、ソフトウェア開発会社にて給与計算ソフトや院内物流システムの開発に従事。その後、ウェブディレクターとして大手クライアントのウェブサイト制作やスマートフォンアプリケーション開発のディレクションを担当。 2012年より企業のWebマーケティングを支援するSaaSプロダクトのサービス開発やカスタマーサクセスチーム立ち上げを経験したのち、2019年1月に株式会社SmartHRへ入社。 2020年1月よりカスタマーサクセスグループのマネジメントを担当。 こんな方におすすめ B2B, SaaS領域の会社のビジネス職の方 B2B, SaaS領域の会社に興味がある 急成長スタートアップの話を聞いてみたい SmartHRビジネス職の雰囲気を知りたい SmartHRで働くことに興味がある タイムスケジュール 登壇+パネルディスカッション形式で実施予定です。 時刻 コンテンツ 内容 18:50 開場 参加受付を開始 19:00 ~ 19:05 挨拶・自己紹介 登壇者の紹介 19:05 ~ 19:10 会社紹介 最新の会社情報をお知らせ 19:10 ~ 19:20 紹介① マーケティング 19:20 ~ 19:30 紹介② インサイドセールス 19:30 ~ 19:40 紹介③ セールス 19:40 ~ 19:50 紹介④ カスタマーサクセス 19:50 ~ 20:30 パネルディスカッション 各テーマについての掘り下げ 20:30 終了予定 ライブ完了 ※1. 途中参加、退場等問題ありません!お気軽にご参加ください! ※2. トーク中にいただいたコメントにも随時答えていきます。 資料 会社紹介資料 SmartHRマーケティング組織Ver.2021 インサイドセールスグループver2021年 SmartHR カスタマーサクセス in winter 2020 第三者視点を強みに営業組織をアップデート 「攻めのセールスサポート」SmartHR寛那見さんの場合 開催方法 オンライン(ウェビナー)で開催します! アクセス方法 お申し込みいただいた方には、connpass 上でウェビナー登録用 URL をメッセージします! 今回は参加できないけど興味があったという方へ 随時会社のことを知っていただけるイベントを開催する予定です! 以下メルマガに登録いただくか、connpass のフォローをよろしくお願いいたします! SmartHR メルマガ メルマガとは?  SmartHR のイベントや新規ポジションのご案内をいち早くお届けするためのメールです! SmartHR カジュアル面談 SmartHR カジュアル面談とは?  気軽にカジュアル面談にお越しいただくための窓口です!  カジュアル面談担当のスケジュール状況によって随時ご案内します! 備考 注意事項 参加枠が最小遂行人数に満たない場合や関係者の急病や天災などにより、開催を延期または中止する場合がございます。 イベントの様子・内容をまとめ、後日公開させていただく場合がございます。 参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。 行動規範 本イベントは SmartHR やその他開発トピックスに関する情報交換や交流を行うための場所です。 そのため、参加者に対して以下のようなハラスメント行為は許容しません。 言葉による性別、性的指向、障害の有無、外見、身体の大きさ、人種、宗教に関する攻撃的なコメント 公的空間での性的な映像表現 意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい 写真撮影や録音によるいやがらせ トークやその他の会議イベントに対して繰り返して中断しようとする行為 望まれない性的な注意を引きつける行為 ハラスメント行為に遭った、目撃した場合には、スタッフの誰かに連絡していただくようお願いします。

D341800d43eb5aa8b546cf24a9d676e5 機械学習 名古屋
論文等紹介LT大会その40
機械学習 名古屋 研究会 注意 COVID-19対策にしばらくオンラインイベントとします。 「参加者への情報」に記載したURLから参加してください。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 概要 機械学習に関する論文・技術ブログを読み、情報共有のLTをする勉強会です。 【発表者・事前に】 論文・技術ブログのまとめ作成(研究会の GitHub リポジトリにプルリク) 【当日】 発表・質疑応答・不明点の解明 対象 機械学習を業務・趣味で用いている人 チュートリアルや基本的な技術書をある程度読み終え、次のステップへ進みたい人 機械学習を使ったサービスのネタを探している人 目的 急速な進歩を続ける機械学習の分野で活躍するには、最新技術の情報収集が重要です。多人数で情報収集・共有をすれば効率的です。この勉強会で、 知識のアップデート 論文を読む習慣付け 発展的・実践的な知見の獲得 をしましょう。 時間割 合計2時間のLT会を行います。発表者数で割った時間が一人あたりの持ち時間です。 一人あたり、発表5分、質疑応答5分を想定しています。 会場 このイベントはリモートで行います。「参加者への情報」に記載したURLにアクセスしてください。その際、ニックネームをconnpassユーザー名にしていただけると助かります。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 参加方法 枠 事前準備 当日 備考 リモート発表枠 論文・技術ブログをまとめる(「発表方法」を参照) 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 読む論文が決まらない場合も現地発表枠で申し込んでください リモート一般枠 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 発表方法 論文・技術ブログを開催日時までに読んで、マークダウン形式で簡単にまとめ、研究会の GitHub リポジトリにプルリクエストを出してください。不明な場合などは代行します。その場合、管理者宛にまとめた.mdファイルを送付してください。 論文・技術ブログのまとめ方について 次は、まとめの章立ての例です。このような内容をまとめてください。 章 内容 どんなもの? 手法の概要 先行研究と比べて何がすごい? 新規性について 技術や手法の肝は? 手法のポイント どうやって有効だと検証した? 評価指標など 議論はある? 論文の研究で出た予想や残った課題など 次に読むべき論文 関連する論文 論文まとめテンプレートを用意しています↓ 論文まとめテンプレート テンプレートなどを利用して、マークダウン形式(.md ファイル)でまとめを作成してください。 提出方法 提出は、研究会の GitHub リポジトリ へのプルリクエストで行います。 {研究会日付}_reportsディレクトリ内に、発表と紐づくようなパス(論文タイトル、発表者名など)でまとめを配置してください。例えば、第1回論文まとめディレクトリを参考にしてください。 GitHub を使えないなどの場合は、当日までに論文をまとめた .md ファイルを管理者宛に送付(もしくは共有URLを提示)いただければ、プルリク代行いたします。 FAQ どうまとめたらいいか分からない まとめの章立ての例や、論文まとめテンプレートは、 落合陽一氏の論文まとめ方(あるスライドの65ページ目) を参考に作成したものです。 考え方やコツは、これまでのまとめ(例えば、第1回論文まとめディレクトリ)や、以下に挙げる参考サイトなどを参考にしてください。 参考 高速で論文がバリバリ読める落合先生のフォーマットがいい感じだったのでメモ - 書架とラフレンツェ パワポ版の落合先生流論文要旨のテンプレートを作ったので配布する - 一人ぼっちのライフハック生活 GitHub の使い方(プルリクエストのやり方)が分からない プルリクエストには GitHub のアカウントが必要です。プルリクエストの方法は次の記事が参考になります。 【GitHub】Pull Requestの手順 GitHubでFork/cloneしたリポジトリを本家リポジトリに追従する 最新論文でないですが大丈夫ですか 会の趣旨から大きく離れていなければ大丈夫です。 画像を入れたい 外部サイトに画像を置く以外にも、20xxxxxx_reports/{発表との対応が分かるディレクトリ名}/xx.pngのようなパスに画像を置く方法をおすすめします。 論文が被っても大丈夫ですか 大丈夫です。 過去に扱っていても、読む人や読む時期によって見方が変わるため、得るものがあると思います。 また、発表や論文を読むのに慣れていない人は、過去に発表されたものを自分でも読んでみて発表するのも良い勉強になると思うので、是非チャレンジしてほしいです。 途中までしか読めませんでした 読めたところまで発表するのでもOKです。2回に分けても大丈夫です。 少しでもチャレンジして勉強することは良いことで、この勉強会ではそれを応援したいです。 差分 第28回より URLの通知方法を新機能の「参加者への情報」へ変更した。 第25回より COVID-19対策にリモートのみとした。 第24回より リモート枠をリモート発表枠とリモート一般枠に分けた(発表者人数把握のため)。 第14回より アンケートを無くした。 現地発表者は読む論文が決まっていなくても最初から現地発表枠で申し込む方式に変更した。 第13回より 論文以外にも技術ブログも可とした。 発表しなくても可とした。ただし、枠は発表者優先。 リモート参加を可とした。 オープニング用カンペ 機械学習名古屋研究会は、機械学習に関する論文・技術ブログを読み、その内容をLTの形で発表しあう勉強会です。 この勉強回を通して、新しい知識や論文を読む習慣をいっしょに身に着けていきたいと考えています。 勉強会の進め方の説明をします。 発表者は事前にまとめを作成し、githubのmlnagoya/surveysリポジトリにプルリクを出します。 プルリクの順を目安に順に発表をします。 発表は発表者数によりますが、10分程度を想定します。 発表後は質問やコメントの時間になります。 他の人の発表中など、発言しない方はマイクをオフにしてください。 この勉強会では発表者を歓迎しています。 機械学習を業務で使っている人だけでなく、チュートリアルレベルからステップアップしたい人や、機械学習を使ったビジネスのネタを探している人の参加も歓迎しています。 発表や論文に慣れていない人は、過去に発表があったものを自分でも読んで発表してみたり、読めたところまで発表して複数回に分けるといったことも良いと思います。

7/16 (金)

2ab4ad56b00d8e0f07300b70e5ab596b Practica
Practicaソーシャルビジネスのリアル
【学生向け】ソーシャルビジネスのリアル:読んで、食べて、繋がる。新しい知産知消の世界をつくる「ふくおか食べる通信」 【日時】7月16日(金)19:00~20:00(18:45 open・操作チェック) 【場所】オンライン(Zoom) 【費用】無料 ※必ず開始時間までにログインをお願いいたします。 概要 ビジネスと社会貢献は両立できないというイメージを持っていらっしゃる方も多いと思います。ですが、実際には社会課題の解決にビジネスとして取り組む企業は日本にも多く存在しています。 「ソーシャルビジネスのリアル」は、実際にビジネスを通して社会課題解決を目指すベンチャー企業の方をお呼びして、その実態や課題などのリアルな話をお聞きできるトークイベントです。仕事を通して社会貢献するにはどうしたらいいか、疑問をお持ちの方におすすめです。 今回は、食べものをつくる人の物語を通して「食べる」の新しい楽しみ方を提供する、食べ物付き定期購読誌「ふくおか食べる通信」編集長の梶原 圭三さんをお招きしてお話していただきます。 対象 学生(年次は問いません) 社会課題解決に興味・関心がある方 ビジネスを通して社会課題解決をしたい方 使用するもの オンライン会議ツール「Zoom」 ※URLはイベント前日までにご案内いたします。 トーク内容 知っている人が作ったものを知っている人どうしで食べる『知産知消』。その世界観を広げる為世界初の『食べ物付き定期購読誌』ふくおか食べる通信を創刊。生産者の生き様を伝え農業を自分ごととして捉えてもらう為には何が必要か?創刊に至る経緯、創刊によって見えてきた事、そしてこれから成し遂げたい事をお話しします。 タイムテーブル 時刻 詳細 時間 18:45-19:00 開場 / 接続チェック 15min 19:00-19:05 はじめに 5min 19:05-19:30 講義パート 25min 19:30-19:55 質疑応答タイム 25min 19:55-20:00 終わりに(運営より) 5min ※プログラムは変更する可能性があります。 ゲストスピーカー 梶原 圭三さん ふくおか食べる通信 編集長 福岡県朝倉郡杷木町(現朝倉市)で果物屋の長男として生を受ける。当時の田舎のウェットな繋がりが嫌で家を継がず、普通の会社員として熊本、福岡、名古屋、京都、東京で営業やマーケティング、新規事業立ち上げに邁進。この間2回転職。グロービス経営大学院入学で自分の志は何かを考え抜き、地方と都市を繋ぐ事、生産者と消費者を繋ぐ事を生涯の仕事と決め独立。2017年11月にふくおか食べる通信を創刊。現在まで22冊を発刊。福岡県内のこだわり生産者を特集した情報誌とその生産者が作った食べ物が2ヶ月に一度定期購読で届く「食べ物付き定期購読誌」。知っている人が作ったものを知っている人同士で食べる「知産知消」の関係を生産者と購読者の間で築くべく日夜奔走中。 コーディネイター 吉田 晴香 株式会社メンバーズ ソーシャルクリエイターディベロップメント室 ディレクター 市来 里穂 株式会社メンバーズ ソーシャルクリエイターディベロップメント室 ディレクター 「Practica(プラクティカ)」について 「Practica(プラクティカ)」は、デジタルの力でよりよい社会を模索する学びの場です。 社会課題に関心のある学生向けの、課題解決スキルを身につける無料のオンラインラーニングコミュニティです。 社会課題解決やデザインなどをテーマにした講座・ワークショップに参加したり、学生同士はもちろん、現場で活躍するクリエイターともカジュアルに交流し、情報交換や質問をしたりすることができます。 ■公式サイト https://practica.ooo/ 注意事項 ※ログイン開始は18:45からになります。それまでは接続できません。 ※Practicaのコミュニティ内でアーカイブを公開するため、イベントの様子を録画させていただきます。予めご了承ください。

7/18 (日)

49a622fdda9024b3c04fd30e8485125b CoderDojo Owari
2021年7月開催
岩倉市生涯学習フェスティバルなど施設の予約のため、第3週に 7月第1週には岩倉市生涯学習フェスティバル開催など施設の予約のため、第3日曜日に開催します。 新型コロナ対策のため、参加定員を制限しています。 現地のニンジャの参加人数は、コロナウイルス感染症対策として最大20名の予定です。 PC持込・PC貸出の人数は申し込み状況に応じて変動しますので、予めご了承ください。 定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 保護者の同伴1名可 (2021年7月) 三密状態を防ぐため、定員を制限しています。 保護者の方の付添1名のみ可とすることになりました。 プログラミングや発表の様子をぜひ隣でみてあげてください。 それ以外の付添の方については、入室をご遠慮頂きます。 生涯学習センター内での待機もご遠慮頂く必要がございます。駐車場の車の中、外などの三密にならない場所にて待機、もしくは送迎をお願いいたします。 代わりに、会場の様子を Zoom や限定公開の YouTube Live にてライブ配信いたします。 ライブ配信は一般公開はいたしません。視聴 URL は Connpass のメールにてお送りいたします。 はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に229以上の道場があります (2021年3月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. 小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください 小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 Scratch アカウント作成のおすすめ Scratch では、オンラインアカウントを作成すると自分で作った作品をネット上に保存することができます。 もしよろしければ、以下の動画を参考に当日までにアカウントを作成しておいてください。 https://coderdojoowari.org/news/make-scratch-account/ 新型コロナウイルス感染症対策:岩倉市生涯学習センター、現地での参加に関して 当道場が定めた新型コロナウイルス感染症対策のルールに基づき、直前においても現地開催をキャンセルしてオンライン開催になる場合があります。 開催時間2時間前に開催可否の連絡を Connpass を通じてメールで連絡します。 現地開催では、ニンジャ・メンター全員が非接触体温計による検温、体調チェックを行います、37.5℃以上の方、ご自身や濃厚接触者で家族に体調が悪い方がいらっしゃれば、現地参加をお断りし、オンライン参加をお願いします。 岩倉市内で学校閉鎖がなく、岩倉市生涯学習センターが開館していれば、開催予定です。 熱中症対策として水筒など飲み物を忘れないでください 感染症予防対策を徹底し、当日の会場レイアウトは、ニンジャの間隔を十分に空けて行う予定です。 開催時に感染者・濃厚接触者が出た場合、参加者リストと連絡先を、保護者の方の許可を得て、生涯学習センター・岩倉市・保健所などの各機関に提出する場合があります。 オンラインハイブリット開催 送迎ができなかったり、ご心配な方向けに、オンライン参加も同時に開催します。 オンラインの進行は別々に行い、発表の時間だけ、現地の人とオンラインの人で一緒にできるようする予定です。 実験的な試みです、失敗するかもしれませんが、ぜひ、こちらの参加もご検討ください。 新型コロナウイルス関連 その他は当道場の方針を御覧ください。 新型コロナウイルスに対する方針 https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/ PC 貸出 & 電子工作機器貸出について ノートパソコンをお持ちの方は、持参していただくようお願いいたします。 貸出PC は2台保有しています。 halocode は3台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 micro:bit は5台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 PC貸出可能台数は、PCを所有しているメンターが参加できるかどうかに関わってくるため、開催1ヶ月前に決定いたします。 恐れ入りますが、PC貸出できるメンターが参加不可になった場合、 申し込み順が遅い方からキャンセル させて頂く場合があります。予めご了承願います。 より多くの貸出ができるよう、当日だけでも貸していただける方、寄付していただけるスポンサーを常に募集しています。個人・法人は問いません。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 学習用プログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 halocode: Makeblock 社の学習用 WiFi 内蔵シングルボードです。 micro:bit:学習用マイコンボード。いろいろなデバイスやセンサーにつなげてプログラミングをすることができます。 Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめる学習用ビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。 HackforPlay: ロールプレイングゲームを自分で改造し、ゲームを作りながらプログラミングを学べるシステムです。 概要 項目 内容 日付 2021年7月18日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 研修室1・2 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 (駅改札からの写真案内) 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 よくある質問 ウェブサイトに「よくある質問」ページを作成しています。合わせてご覧ください。 https://coderdojoowari.org/about/faq/ 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/209598/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています) スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

515117881de3273b183b07f4aa041e02 みんなのバーチャルコワーキングジャパン( #みんコワ )
オンラインコワーキングスペースのみんコワ内でLTと勉強会
JavaScript のオンライン勉強会を開催します。 WebサイトやWebアプリケーションを作成する際に、必ず利用することになるのが JavaScript ですね。 一方で、年々進化する JavaScript について、もっと知りたいという方も多いのではないでしょうか。 最近では TypeScript の人気も高くなり、勉強したい、勉強しているというひともいらっしゃると思います。 というわけで、オンラインコワーキングの みんコワ 内で勉強会を開催することといたしました。 日時 2021年7月18日(日)15:00〜17:00 会場 みんコワ セミナールーム #1 https://live.remo.co/e/seminar-room?fpr=coworking イベント内容 希望者による LT 大会です。 時間は各5分程度を考えていますが、多少伸びても問題ありません。 JS, TS に関することであれば、どんなことでも構いません。 ぜひアウトプットの場として活用してください。 JavaScriptやTypeScriptについて知らない人向けに、いちから教えるというタイプの勉強会ではありません すでに勉強しているひと、勉強を始めたひとが、自分が学んだことをアウトプットし、またそれを聞いたりすることで、お互いに学びましょうという趣旨です。 初心者の方も一緒に楽しむ場ではありますが、JavaScriptについてまったく何も知らないという方は、それがどういうものかを知っていて、活用していきたいという想いを持っている方が対象ですので、ご注意くださいませ。 当イベントは Remo を使って開催されます。 交流も可能なオンラインイベントサービスです。 ぜひ顔出ししてご参加くださいませ。 だいたいのスケジュール 時間 内容 15:00 勉強会 開始 15:10 アイスブレイク 15:20 LTタイム 15:50 休憩 16:00 LTタイム 16:30 雑談・交流タイム 17:00 終了 LT発表者 募集中 発表内容が(仮でも)決まりましたら、コメント等でお知らせください 過去のLT vol.4 「配列操作の基本&Vue.jsのパフォーマンス向上」 by @ktanaka 「Nuxt.jsとGoogle App Engineでウェブアプリつくれそうだったのでやってみた(仮)」by nomeshi 「GitHub API を使ったWebアプリ「コミットノート」を2週間で作った話」 by @ktanaka vol.3 「JSのセキュリティ」 by nomeshi 「今度こそ TypeScript の第一歩」 by @ktanaka 「Nuxt.js + Composition API で快適に開発しよう」 by @ktanaka 「画像の反転について」by HiromiKanae 「TypeScriptとp5.jsでクリエイティブコーディングをやってみた」 by yukkiplaza vol.2 「Webサイト制作の中で最近書いたjQuery」 by 村井孝昭 「モダンな JavaScript の第一歩(その2) && TypeScript の第一歩(その2)」by @ktanaka 田中弘治@Co-Edo Nuxt.js + Composition API + Firebase で TypeScript という話もあります 「Vue.jsとAWS Amplifyでウェブアプリをサクッと作ってみる 」 by nomeshi 「nuxtを使ったエンジニアとの分業・LPを作ってみる」 by 小林佳和 vol.1 「モダンな JavaScript の第一歩 && TypeScript の第一歩」 by @ktanaka 田中弘治@Co-Edo 「Promise」 by ottonove 「Nuxt+TypeScriptを構築する機会があったので詰まったこととか工夫したこととか」 by nomeshi *「非同期処理の扱い方」 by 小林佳和

7/20 (火)

Bb24b37cffd79b381f48dde16b58b572 よみかい_Ridge-i
機械学習をBtoBビジネス領域で実用化しているスタートアップ2社のエンジニアが語ります!
イベント概要 革新可能性の高い技術として注目される機械学習。ビジネスに応用することで大きなインパクトを生み出すことができます。 本イベントを主催するファーストアカウンティングとRidge-iは、機械学習のビジネス実装で社会変革を目指すという共通の志を持っており、技術的な挑戦やビジネスに応用する面白さを多くの方に知っていただきたいと考えています。 機械学習のビジネス応用を成功させるためには何が必要なのか?乗り越えなければいけない壁は何か? ファーストアカウンティングCOO,Ridge-i VPoEをはじめ,各社のトップエンジニアが自らの体験談や導入事例を紹介します。 機械学習の技術やビジネスに関心がある方、ぜひご参加ください! ※ 「機械学習をビジネスに応用するための要素技術と事例紹介」の第1回は4/28に開催しました。第2回は第1回の内容とは独立しておりますので、初めての方も大歓迎です。 こんな方におすすめ 機械学習の実務に携わっているので、他社の事例で学びを深めたい方 機械学習の勉強をしていて、これから実務に携わってみたい方 機械学習を使ったビジネスにチャレンジしてみたい方 機械学習を応用したプロダクトやサービスに興味がある方 などなど、機械学習やビジネス応用へ興味がある方歓迎です! 当日の流れ(予定) 本イベントはzoomにて開催いたします。 イベントURLは追ってご参加予定の方にお知らせいたします。 ◆ 第1部 テーマ別ピッチ(19:05-19:55) DXの実現に向けて、機械学習のビジネス実装を成功に導くための要素を具体的な事例を通してお伝えします。 ◆ 第2部 パネルディスカッション(19:55-20:25) 2社のCOO、VPoE、エンジニアによるパネルディスカッションです。多くの現場を経験してきたからこそ語れるリアルな内容をお届けします。 タイムテーブル 時間 内容 発表者 18:50-19:00 受付 -- 19:00-19:05 オープニング -- 19:05-19:30 第1部テーマ別ピッチ①AIプロジェクトを成功させるためのカスタマーサクセスの重要性 ファーストアカウンティング岡崎優尋 19:30-19:55 第1部テーマ別ピッチ②クイックなプロトタイピングからDXを促進するプロダクトへの進化 Ridge-i関口頌一朗 19:55-20:25 第2部パネルディスカッション・デジタルトランスフォーメーションの現状と導入に向けた課題・各社のDX展開戦略について ファーストアカウンティング小島勇志(COO), 岡崎優尋Ridge-i西野剛平(VPoE), 伊澤遼平 20:25-20:30 クロージング -- 最後に参加者の皆様からのご質問にもお答えします! アンケートへのご協力のお願い 参加された方には、イベント終了後にアンケートへのご回答をお願いしております。 アンケートにご回答された方の中から抽選で4名様に、Amazonギフト券3000円分をプレゼントいたします! (アンケートのURLは後日お知らせいたします。) 主催者および登壇予定者 主催: ファーストアカウンティング株式会社 株式会社Ridge-i 登壇予定者: 【ファーストアカウンティング】小島勇志(COO)、岡崎優尋(カスタマーサクセスエンジニア) 【Ridge-i】西野剛平(VPoE)、関口頌一朗(エンジニア)、伊澤遼平(エンジニア)

7/22 (木)

9592411b00816bf6aa473e5cc170e767 Drupal Meetup羽田
高機能CMS(コンテンツ管理システム) Drupalについて勉強しよう!
概要 Drupal Meetup 羽田は、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)であるDrupalに興味がある人達を中心としたグループです。 さらにDrupal(ドルーパル)普及を目的とした交流の場所です。Drupal(ドルーパル)は、CX(カスタマーエクスペリエンス)・DX(デジタルエクスペリエンス)のプラットフォームとして、多くのグローバル企業や機関に採用されています。API志向のアーキテクチャで、IOTやAI(人工知能)といったシステムとの連携事例も出てきています。またAngularやREACT等のJavaScriptフレームワークを使ってスマホアプリを開発し、バックエンドのプラットフォームとして、Drupal(ドルーパル)を利用する事も可能です。 Drupal(ドルーパル)技術者の方、デジタルマーケティング運用担当の方、また、Drupal(ドルーパル)にご興味がある方のご参加をお待ちしております。 Drupal 技術動向に関する発表や意見交換を行います。 技術動向は知りたいけれど、技術者でないという方、Drupalに興味がある方、是非気軽にご参加ください。 オンライン開催 新型コロナウィルスの関係で、オンラインでの開催となります。 ■オンライン開催概要 Zoomというオンライン会議システムを利用したネット上での開催となります。 ・ https://zoom.us/ ※Zoom利用環境 パソコン(カメラ&マイク機能付き) ・ スマートフォン(Zoomアプリのダウンロード) ※参加者様には別途、Zoomの参加用リンクとパスワードをお送りいたします。 ・前日21:00、当日18:00にお送り致します。 ※ビデオ画像、音声いつでもONできる状態でのご参加お願いいたします。 ・セッション中の質問等受け付けます。 プログラム タイムテーブル タイトル 登壇者 21:00~21:05 開催の挨拶 ジェネロ 萬田美緒 21:05~21:25 未定 イッセイ 直江健介 21:30~21:50 Drupalのサイト運用での便利モジュール紹介  メタ・インフォ 井村 邦博 21:50~22:00 意見交換  閉会の挨拶 ※プログラムは予告なく変更する場合があります。 ※プログラムは決まり次第、順次掲載します。 Drupalとは? Drupalは、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)で、数多くの企業や政府、自治体等に採用されています。 Drupal9ではより一層使いやすくなり、ユーザーは、Drupalの充実した技術的なアーキテクチャを今までになく簡単に活用できるようになります。 https://www.drupal.org/ 後援 biz BEACH CoWorking ジェネロ株式会社 関連情報 ◆その他の場所で開催されているDrupal Meetup 名古屋・豊田でMeetupが開催されています。 → Drupal Meetup 豊田 大阪・梅田でMeetupが開催されています。 → Drupal Meetup 梅田 ◆WordPressの勉強会 → Tokyo WordPress Meetup 諸注意 ・プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 ・開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 ・本イベントは全ての参加者が楽しんでいただくことを主旨としております。そのため、以下のような行動を取られた方は、退室していただく場合がございます。また次回以降の参加もお断りさせていただく場合がございますので了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 1)イベントの妨害と見られる言動 2)講師および参加者に対して一方的な批判また攻撃的な言動 3)人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘

7/24 (土)

92cf816bc5cef7b7ce2eefcbe25eb15a CoderDojo天白
今回は生涯学習センター第2集会室です
CoderDojo天白 7月は7/3、7/10、7/17にScratchDojoの名前で別途、新人勧誘のために自主講座を行います。 https://scratchdojo.connpass.com/event/214716/ その関係でCoderDojo天白は第4、第5週に行います。 ただ、今のとこ、この講座の参加者が少ないので、適宜、CoderDojo天白として、参加して貰えばいいかなと思っています。期日が近づけば、正式案内を出すかなと思っていますので、お待ちください。 新型コロナウイルス感染症対策について 施設を利用するにあたって、とりあえず、下記の事柄に配慮願います。    ・入館の際には、手洗いや消毒を促すようにして、密集して入館しません。  ・部屋に消毒液を置きます。  ・館内ではマスクを着用し、活動中もできる限りマスクを着用します。  ・館内では、密集しないよう対策を講じ、できるだけ、それぞれの距離を2m程度空けます。 また、来館前に平熱以上の方、風邪症状がある方、体調不良の方は利用を避けてください ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CoderDojo 天白では今まで、授業をやったり、自主的にやってもらったり必ずしも一貫した姿勢ではやっていませんでした。今年から、さらに自主的にプログラミングを楽しむという方向でやっていきたいと思います。 CoderDojo天白でできること ・ Scratchを使ったプログラミング・・・作品制作を楽しみましょう! ・ テキスト・プログラミング・・・ホームページ、ゲーム作成をサポートします ・ Processingという画像処理アプリでテキストによるお絵描き。アニメーションを楽しみましょう ・ ビスケット・プログラミング・・・お絵かきを楽しみながらプログラミング感覚を養いましょう こんないろんなことができるはずです。。。 参加するときは ・ 原則、自主制作です。自分で作品を作ったり、勉強したりすることを楽しんでください。 ・ 会場についたら受付でどんなことをやるか言ってください。 ・ よかったら、少額でいいので募金箱に寄付をしてくれるとありがたいです。 ・ はじまる前に皆さんがどういうことをやるかをお聞きします。 ・ メンターがいい話があれば紹介します。 ・ 1時間程度、自主的に作品制作を通じた勉強をします。 ・ おわりの前に今日の結果を発表します。 ・ 最後に集合写真を撮ります。 ・ 帰る前に会場の整理を手伝いましょう。 ・ 挨拶をして帰りましょう 新しく忍者として参加される方へ ・ 開始10~15分前に受付を済ませてください 新しくメンターとして参加される方へ ・ メンター枠で応募してください ・ 後日、連絡を取りますので、メールアドレスをお知らせください サポーターとして参加される方へ 会場での受付・写真撮影などをお願いできればと思います。 当日、お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。 progate_ の利用 ・ CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。テキスト・プログラミングの基本的な内容を少しずつ、小テスト形式で進めていくようです。 ・ 利用を希望される方は coderdojotempaku@gmail.com へ申請願います。 ・ 定員15名ですので、多くなればやりくりしながら使っていこうと思います。 参加に際しては次のことをお願いします。 Dojo内では Cool! が原則です。他人の迷惑にならないように行動しましょう。 CoderDojoでは参加忍者の年齢は7歳から17歳までとなっていますが、天白では、もう少し若年の忍者はビスケットで楽しんでもらえます。高学年の忍者はユースメンターとして活動していただくとありがたいです。 Scratchの利用に際してはつぎの順序でお願いします ・ 初心者、また、低学年の忍者はScratchデスクトップから始めてもらう。 ・ Scratchアカウントは家庭でとってもらう。 ・ 当面、Wifi環境はそのままにしておきますので、必要と感じられたらパスワードを聞いて設定していただく。  Scratchデスクトップのダウンロードは下記からお願いします。  https://scratch.mit.edu/download プログラミングでは、計画などのために、メモ用紙、筆記用具もあると便利です! 参加費は無料ですが、会の諸雑費の費用として寄付していただければと思い、募金箱を受付に置きます。任意でありますが、部屋代、Wifi代等のカンパとしてお願いします。 では、楽しい時間を過ごしましょう!!

7/25 (日)

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2020年2月現在)

7/31 (土)

92cf816bc5cef7b7ce2eefcbe25eb15a CoderDojo天白
今回は生涯学習センター第2集会室です
CoderDojo天白 7月は7/3、7/10、7/17にScratchDojoの名前で別途、新人勧誘のために自主講座を行います。 https://scratchdojo.connpass.com/event/214716/ その関係でCoderDojo天白は第4、第5週に行います。 ただ、今のとこ、この講座の参加者が少ないので、適宜、CoderDojo天白として、参加して貰えばいいかなと思っています。期日が近づけば、正式案内を出すかなと思っていますので、お待ちください。 新型コロナウイルス感染症対策について 施設を利用するにあたって、とりあえず、下記の事柄に配慮願います。    ・入館の際には、手洗いや消毒を促すようにして、密集して入館しません。  ・部屋に消毒液を置きます。  ・館内ではマスクを着用し、活動中もできる限りマスクを着用します。  ・館内では、密集しないよう対策を講じ、できるだけ、それぞれの距離を2m程度空けます。 また、来館前に平熱以上の方、風邪症状がある方、体調不良の方は利用を避けてください ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CoderDojo 天白では今まで、授業をやったり、自主的にやってもらったり必ずしも一貫した姿勢ではやっていませんでした。今年から、さらに自主的にプログラミングを楽しむという方向でやっていきたいと思います。 CoderDojo天白でできること ・ Scratchを使ったプログラミング・・・作品制作を楽しみましょう! ・ テキスト・プログラミング・・・ホームページ、ゲーム作成をサポートします ・ Processingという画像処理アプリでテキストによるお絵描き。アニメーションを楽しみましょう ・ ビスケット・プログラミング・・・お絵かきを楽しみながらプログラミング感覚を養いましょう こんないろんなことができるはずです。。。 参加するときは ・ 原則、自主制作です。自分で作品を作ったり、勉強したりすることを楽しんでください。 ・ 会場についたら受付でどんなことをやるか言ってください。 ・ よかったら、少額でいいので募金箱に寄付をしてくれるとありがたいです。 ・ はじまる前に皆さんがどういうことをやるかをお聞きします。 ・ メンターがいい話があれば紹介します。 ・ 1時間程度、自主的に作品制作を通じた勉強をします。 ・ おわりの前に今日の結果を発表します。 ・ 最後に集合写真を撮ります。 ・ 帰る前に会場の整理を手伝いましょう。 ・ 挨拶をして帰りましょう 新しく忍者として参加される方へ ・ 開始10~15分前に受付を済ませてください 新しくメンターとして参加される方へ ・ メンター枠で応募してください ・ 後日、連絡を取りますので、メールアドレスをお知らせください サポーターとして参加される方へ 会場での受付・写真撮影などをお願いできればと思います。 当日、お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。 progate_ の利用 ・ CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。テキスト・プログラミングの基本的な内容を少しずつ、小テスト形式で進めていくようです。 ・ 利用を希望される方は coderdojotempaku@gmail.com へ申請願います。 ・ 定員15名ですので、多くなればやりくりしながら使っていこうと思います。 参加に際しては次のことをお願いします。 Dojo内では Cool! が原則です。他人の迷惑にならないように行動しましょう。 CoderDojoでは参加忍者の年齢は7歳から17歳までとなっていますが、天白では、もう少し若年の忍者はビスケットで楽しんでもらえます。高学年の忍者はユースメンターとして活動していただくとありがたいです。 Scratchの利用に際してはつぎの順序でお願いします ・ 初心者、また、低学年の忍者はScratchデスクトップから始めてもらう。 ・ Scratchアカウントは家庭でとってもらう。 ・ 当面、Wifi環境はそのままにしておきますので、必要と感じられたらパスワードを聞いて設定していただく。  Scratchデスクトップのダウンロードは下記からお願いします。  https://scratch.mit.edu/download プログラミングでは、計画などのために、メモ用紙、筆記用具もあると便利です! 参加費は無料ですが、会の諸雑費の費用として寄付していただければと思い、募金箱を受付に置きます。任意でありますが、部屋代、Wifi代等のカンパとしてお願いします。 では、楽しい時間を過ごしましょう!!

8/8 (日)

49a622fdda9024b3c04fd30e8485125b CoderDojo Owari
2021年8月開催
予約の関係で第2日曜日開催 施設予約の関係で、第2日曜日に開催します。 新型コロナ対策のため、参加定員を制限しています。 現地のニンジャの参加人数は、コロナウイルス感染症対策として最大20名の予定です。 PC持込・PC貸出の人数は申し込み状況に応じて変動しますので、予めご了承ください。 定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 保護者の同伴1名可 (2021年8月) 三密状態を防ぐため、定員を制限しています。 保護者の方の付添1名のみ可とすることになりました。 プログラミングや発表の様子をぜひ隣でみてあげてください。 それ以外の付添の方については、入室をご遠慮頂きます。 生涯学習センター内での待機もご遠慮頂く必要がございます。駐車場の車の中、外などの三密にならない場所にて待機、もしくは送迎をお願いいたします。 代わりに、会場の様子を Zoom や限定公開の YouTube Live にてライブ配信いたします。 ライブ配信は一般公開はいたしません。視聴 URL は Connpass のメールにてお送りいたします。 はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に229以上の道場があります (2021年3月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. 小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください 小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 Scratch アカウント作成のおすすめ Scratch では、オンラインアカウントを作成すると自分で作った作品をネット上に保存することができます。 もしよろしければ、以下の動画を参考に当日までにアカウントを作成しておいてください。 https://coderdojoowari.org/news/make-scratch-account/ 新型コロナウイルス感染症対策:岩倉市生涯学習センター、現地での参加に関して 当道場が定めた新型コロナウイルス感染症対策のルールに基づき、直前においても現地開催をキャンセルしてオンライン開催になる場合があります。 開催時間2時間前に開催可否の連絡を Connpass を通じてメールで連絡します。 現地開催では、ニンジャ・メンター全員が非接触体温計による検温、体調チェックを行います、37.5℃以上の方、ご自身や濃厚接触者で家族に体調が悪い方がいらっしゃれば、現地参加をお断りし、オンライン参加をお願いします。 岩倉市内で学校閉鎖がなく、岩倉市生涯学習センターが開館していれば、開催予定です。 熱中症対策として水筒など飲み物を忘れないでください 感染症予防対策を徹底し、当日の会場レイアウトは、ニンジャの間隔を十分に空けて行う予定です。 開催時に感染者・濃厚接触者が出た場合、参加者リストと連絡先を、保護者の方の許可を得て、生涯学習センター・岩倉市・保健所などの各機関に提出する場合があります。 オンラインハイブリット開催 送迎ができなかったり、ご心配な方向けに、オンライン参加も同時に開催します。 オンラインの進行は別々に行い、発表の時間だけ、現地の人とオンラインの人で一緒にできるようする予定です。 実験的な試みです、失敗するかもしれませんが、ぜひ、こちらの参加もご検討ください。 新型コロナウイルス関連 その他は当道場の方針を御覧ください。 新型コロナウイルスに対する方針 https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/ PC 貸出 & 電子工作機器貸出について ノートパソコンをお持ちの方は、持参していただくようお願いいたします。 貸出PC は2台保有しています。 halocode は3台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 micro:bit は5台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 PC貸出可能台数は、PCを所有しているメンターが参加できるかどうかに関わってくるため、開催1ヶ月前に決定いたします。 恐れ入りますが、PC貸出できるメンターが参加不可になった場合、 申し込み順が遅い方からキャンセル させて頂く場合があります。予めご了承願います。 より多くの貸出ができるよう、当日だけでも貸していただける方、寄付していただけるスポンサーを常に募集しています。個人・法人は問いません。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 学習用プログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 halocode: Makeblock 社の学習用 WiFi 内蔵シングルボードです。 micro:bit:学習用マイコンボード。いろいろなデバイスやセンサーにつなげてプログラミングをすることができます。 Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめる学習用ビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。 HackforPlay: ロールプレイングゲームを自分で改造し、ゲームを作りながらプログラミングを学べるシステムです。 概要 項目 内容 日付 2021年8月8日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 研修室1・2 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 (駅改札からの写真案内) 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 よくある質問 ウェブサイトに「よくある質問」ページを作成しています。合わせてご覧ください。 https://coderdojoowari.org/about/faq/ 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/212288/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています) スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact