1/23 (土)

3483056d809841d0d0194df9a1accccb CoderDojo瀬戸
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
CoderDojo瀬戸は子供達がプログラミングなどを通じて作品づくりを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県瀬戸市で開催しています。 初心者でもメンターがそばでサポートしますのでご安心ください。 https://coderdojo-seto.github.io/ 🌟CoderDojo瀬戸 ますきち&オンライン開催🌟 古民家ますきちとオンラインで開催します。 都合の良い方へご参加ください。 メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 全くの初心者の方は「Scratch」から始めるのをお勧めします。 その場合は事前にユーザー登録をしておくとスムーズです。 (作品が自動保存される様になります) Scratchユーザー登録 https://scratch.mit.edu/join プログラミング学習サービスの紹介 Scratch (スクラッチ)← 🌟 初めてにオススメ ブロックを組み合わせてプログラミングができます。簡単でいて奥深いです。 https://scratch.mit.edu/ 事前にユーザー登録しておくと便利です https://scratch.mit.edu/join HackForPlay (ハックフォープレイ) プログラミングを使ってRPGベースのゲームが作れます https://www.hackforplay.xyz/ Progate (プロゲート) 本格的なプログラミング学習ができます。 https://prog-8.com/ HackForPlay, Progateを試してみたい方はアカウントを貸すので教えてください。(当日で良いです) そのほかでプログラミング そのほか、自由にプログラミングしたい環境で楽しんでもらって結構です。 プログラミングにこだわり過ぎず、様々な作品作りをしていただいて結構です。 CoderDojo 瀬戸 子供向けプログラミング道場について CoderDojo瀬戸は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県瀬戸市で開催しています。 https://coderdojo-seto.github.io/ CoderDojo瀬戸は 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 現地 現地はゲストハウスますきちでやっています。 道が狭く車で来にくいので、下記の説明を参考にお越しください。 https://coderdojo-seto.github.io/access/ 駐車場はそれほど多くないので、車の駐車は近くの瀬戸蔵やパルティ瀬戸の駐車場もご検討ください。(駐車料金はそれほど高くないです) オンライン オンラインも同時開催します。オンラインの場合は当日にURLをメールで連絡します。事前にオンラインミーティングアプリのZoomをインストールお願いします。 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること 延長ケーブル 電源が不足する場合に備えてお持ちください プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 10:00 ~ 11:30 : プログラミング 11:30 ~ 12:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。撮影した素材はブログやSNSなどで使わせて頂きます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 会場内では写真を撮影します。写真はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に136以上の道場があります。 (2018年5月現在)

1995 normal 1380975297 251035 156371434432231 4785187 n 名古屋ギークバー
ゲームの好きな人達があつまって、わいわい遊ぶ企画です。 経験者のひとから親切に教えてもらえるはずなので、初心者さんでも安心してご参加いただけるかと思います。 このイベントでは、2部制にて構成されています。1部は11時00分〜13時30分。2部は13時30分〜16時00分となります。 1部では毎回のテーマに沿ったゲームをプレイしてもらいます。 2部では引き続きテーマに沿ったゲーム以外のゲームも遊ぶことができます。 当日ゲームを持ち込まれる場合には、予約時に持ち込まれるゲームのリストの記入をお願いします。 いつもと曜日と時間が異なります。ご注意ください。   今回のテーマ 今回は「トリックテイキング編」です。 参加にあたっての注意事項 マスクの着用をお願いします。 体調がすぐれない場合、参加はご遠慮ください。 名古屋ギークバーについて 毎週月曜日 19:00- 名古屋・新栄のピアノバー「PIANO BAR club Adriana」さんをお借りして開催しています。 入場料:1500円(本件イベントの参加費用によって充当されます ソフトドリンク、スナック類は無料です。 アルコール、フード類は有料(キャッシュオンデリバリ)です。 電源、Wi-Fiは完備しています。 店内は原則禁煙です。タバコは入り口付近でお願いします。 ご注意 【ゲームの持ち込みについて】 持ち込まれるゲームは、イベントの運営上、以下の条件を考慮して頂けるようご協力をお願いします。 持ち込みした方がゲームの説明ができること。 たくさんの方が遊んでいただけるように、1プレイが説明時間込みで30分以内のゲームとし、あまり長時間のゲームは避けるように協力お願いします。 イベントごとにテーマがあります。そのテーマに沿ったゲームを持ち込みされるように、協力お願いします。 飲食可、飲酒が可能なイベントの為、故意ではない事故等で、持ち込みされたゲームが汚れる可能性があります。持ち込みされた方が汚れないように管理して頂き、ゲームテーブルには飲食物を置かないような注意喚起を行うようご協力お願いします。 過失の如何にかかわらず、持ち込みされたゲームにあまりにも酷い汚れができてしまった場合、持ち込みをされた方と当事者同士にて話し合いをお願いします。

No image 108x72 g 若手エンジニアもくもく会
オンラインでもくもくしましょう
新型コロナウイルスの状況を鑑み、今回もリモート開催となります リモート会では Slack 上でのコミニュケーションに加えて、オフライン会のように Zoom 等を利用して自己紹介や成果発表を実施する予定です(任意参加です)。詳細は Slack でご案内いたします。 もくもく会にご参加の方は、下記の Slack 招待リンクからワークスペースにジョインしてください。 概要 (若手?)エンジニアのためのもくもく会です。 各々やりたいことを黙々やりましょう。 新型コロナウイルスの状況を鑑み、今回もリモート開催となります どんなもくもく会? 参加者同士の交流歓迎なもくもく会です(もくもくタイム中も交流OK!)。 (若手?)の基準は特に設けてません。 参加者の方々は以下のような活動をされていることが多いようです。 Rails, Laravel, Django等のバックエンドのフレームワークの学習 Vue.js, React, jQuery等のフロントエンドのライブラリの学習 AWS, GCP等のクラウドサービスの学習 エンジニアへの転職を目指しポートフォリオを製作 ハッカソン等に向けたチーム活動 LT登壇に向けた登壇資料の作成 ブログ記事の執筆 電子工作(※半田付けは不可)、基板設計、IoT 競技プログラミングの学習 Slack もくもく会に参加される方は、以下のリンクから Slack ワークスペースへの参加をお願いします: 招待リンク Slackのチャンネル #wakate-mokumoku で自己紹介と今日やる事の書き込みをお願いします! もくもく会 is 何? 一つの場所に集まって、各自(個人でも、グループでも)がやりたいことをやる会です。 参加者同士で、技術的な相談や技術談義等しても全然問題ありません。 対象者 自分は若手?かなーと思うエンジニアなら、誰でも問題ありません。 個人サービス、プロダクトの開発を進めたい 新しい言語やフレームワークの勉強をしたい プログラミングを身に着けたい どんな方でもお気軽にお越しください。 持ち物 PC その他、もくもくできる書籍、道具など 参加費 無料です。 スケジュール 内容 時間 集合※1 13:20 〜 13:30 自己紹介・やること紹介 13:30 〜 13:40 もくもく 13:40 〜 18:20 成果発表など 18:20 〜 18:30 雑談会・LT(登壇者いれば) 18:30 〜 19:00 終了 19:00 ※ 途中退場は自由です。 ※1: 13:20頃に Slack の #wakate-mokumoku に Zoom の招待リンクを貼ります。Zoom での自己紹介・やること紹介にぜひご参加ください(ビデオのオン/オフは任意です)。Zoom には参加せずテキスト(Slack)で自己紹介・やること紹介をすることも可能です。 その他 質問等があったら、イベントページ最下部のフィードか、 開催者のツイッターに気軽にご連絡ください。(ツイッターの方が反応がいいです。) https://twitter.com/mascii_k イベント行動規範 (若手?)エンジニアもくもく会は「安心してもくもくできる」環境を大切にしています。 これからも、より安心してもくもくできる会であり続けるため、イベント行動規範を定めました。 もくもく会に参加される際は、以下の行動規範に準拠されるよう、お願いします。 もくもく会の趣旨と反することはしない もくもく会の目的を理解し、目的にそぐわない行動はしないよう努めてください。 ハラスメントはしない ハラスメントには、ジェンダー・アイデンティティーと性表現、性的指向、障がい、ニューロ・ダイバーシティ、外見、身体の大きさ、民族、国籍、人種、年齢、宗教、その他の保護対象事項、また公共の場での不適切画像、意図的な脅迫、ストーカー、追い掛け行為、写真や動画撮影による嫌がらせ行為、及び、講演やイベントの断続的な妨害、侮辱的な言動、不適切な身体的接触、不愉快な視線などによってマイノリティなどの社会的弱者の支配を促す言動が含まれますが、これに限定されるものではありません。 ハラスメント行為を止めるように言われた参加者は、直ちに従ってください。 器物の損壊をしない、危険な物を持ち込まない イベント会場の内装や付属の調度品などを故意に壊したり、各会場で使用が禁止されている物を使用したりしないでください。 連絡先 イベント行動規範に違反している行為を発見した場合は、運営スタッフまでご連絡ください。ご連絡は運営スタッフの twitter DM でも受け付けています。 https://twitter.com/t0yohei https://twitter.com/mascii_k https://twitter.com/shimopata 今後も安心してもくもくできる会であり続けられるよう、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

821cd9fd00a0bb98f8b0de0d1f7b5411 NGK2021S
概要 NGK(名古屋合同懇親会)とは、1年に1度行っている東海地方IT系コミュニティ合同の懇親会イベントです。 13回目となる NGK2021S は前回同様に大新年会を行います。 例年通り、前半の昼の部がLT大会、後半の夜の部が大懇親会という構成です。 今回は初のリモート(オンライン)開催となります。 名古屋近郊での勉強会に日常的に参加している方はもちろん、今まで勉強会に参加したことがない方や他の地域の方にとっても、名古屋近辺のIT系コミュニティの雰囲気を知るのに良い機会です。ぜひ、ご参加ください。 開催内容 イベントの開催内容についての詳細は、イベント公式ページをご覧ください。 メイン会場:バーチャルオフィス「oVice」 LTメイン会場は、バーチャルオフィス「oVice」の特設会場で開催します。 参加者の方同士の交流ができるので、参加登録をして、交流をお楽しみください。 参加URLは、参加登録後、このページの「参加者への情報」欄に表示されます。 配信予定URL YouTube(メイン) https://www.youtube.com/channel/UCFsFdsqO6ontHvM3V-lwgvg Facebook(バックアップ1) https://www.facebook.com/nagoyagodokonshinkai Twitch(バックアップ2) https://www.twitch.tv/katzueno

A6f3c5960f3ef99c95cd4fb864d489bf 【AI初学者向け】AIワークショップ in 名古屋
AI活用方法を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着ける 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで学生・社会人のAI初学者を対象に、AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストから直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全12回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全12回構成(1回2時間、毎週開催予定) 学びたい回のみの受講もOK!(第2回以降は1500円/回となります) ・第1回 概要説明とPython体験         ←今回 ・第2回 教師あり学習 ・第3回 教師なし学習 ・第4回 予測モデルの学習と評価 ・第5回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第6回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第7回 実世界データのモデリング ・第8回 飲食店の来客数予測 ・第9回 クレジットカードの不正利用検知 ・第10回 手書き数字画像の認識 ・第11回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第12回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 持ち物 ・PC(アダプターが必要な方は持参) 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ※※※※※注意※※※※※ 参加者が5名未満の場合、中止させていただく場合が御座いますので、その際はご容赦ください。 ワークショップ概要 時間 ・開始20分前より入場可能。 ・途中参加、退場可 会場 ・株式会社 Activate Data オフィス内 ・住所 : 愛知県名古屋市中区富士見町13-19 富士見町八木ビル701 ・アクセス : 地下鉄名城線「東別院」下車1番出口北約200m ※新型コロナウイルス感染拡大防止の為、マスク着用必須とアルコール消毒のご協力をお願いします。

1/24 (日)

69acba6fa4ee8969218ddd20226fda94 名古屋のもくもく会 "TECH:N"
少人数で仲良くなれる ゆるいけど朝からもくもく会
イベントの説明 名古屋駅周辺にて開催のもくもく会です! エンジニア、デザイナーの方、プログラミング初学者の方、 その他何かもくもくしたい方いらっしゃればご参加ください! . 機械学習でもくもくしたい インフラ、バックエンド、フロントエンド関連でもくもくしたい オリジナルアプリ開発をしたい デザイン作業をしたい 新しい言語を学びたい プログラミングをしたい 自分のサービスを作りたい などなど。 . もくもく会"TECH:N"で充実した1日を過ごしてみませんか? . また、ただもくもくと作業するするだけではありません。 交流の場を設けておりますので、繋がりを作りたい方にもおすすめです。 時間 時間 内容 9:00~ 開校、自己紹介、取り組むことを発表 11:40~ 終了、成果を発表、雑談 ~12:00 閉校 会場の使用時間をぎりぎりまで確保し、 作業時間を参加者に提供しておりますので 開始5分前に会場到着のご協力をお願いいたします。 . 天候不順や電車遅延で開校までに間に合わない場合は、 管理者までご連絡願います。 場所 名古屋市中村区名駅3-13-28 名駅セブンスタービル307号室 会場詳細↓↓ https://www.spacee.jp/listings/10082 持ち物 マスク(必須、感染対策にご協力願います) 作業できるもの(PC、本、ノートなど) 名刺(任意です。交流目的) SNSアカウント(任意です。交流目的) 飲み物、食べ物(任意です。)※ゴミの持ち帰りのご協力願いします イアホン(空調設備や車両騒音が多少あります。気になる方はご持参ください) もくもく会参加の方へ TECH:Nでは、情報共有やお知らせ等をSlackで発信しております。 グループ参加者、イベント参加者を対象にSlackの招待をさせていただいております。 招待メッセージからの参加手順を添付した資料を、イベント前1〜3日前に送信いたします。 メッセージを受け取れない、登録方法がわからないなど不明点がありましたら、管理者までお問い合わせ下さい。 【COVID-19対策】コロナ対策 運営はもとより安全・健康確保を考慮した予防対策を強化した上で、継続してイベントを開催しています。 詳細につきましては以下をご覧くださいませ。 会場入口での検温の徹底 検温時37.5度以上の参加者のご入室を御断りしております。 会場内換気の励行 定期的に換気を行っております。 会場各所へのアルコール消毒の設置、使用の徹底 会場入口にアルコール消毒を常設し、積極的なご利用を推奨させて頂いております。 政府の方針にて、緊急事態宣言及び地域独自の制限等が無い限りは、予定通り開催する運びであります。 引き続き、細心の注意を払いながら今後イベント運営に努めてまいりますが、 状況を注視した上で実施の有無を判断し、ご連絡させていただきます。 以上、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

91354ee19974875881386385daff8a3e CoderDojo瑞穂
CoderDojo 瑞穂 (What is CoderDojoMizuho) 愛知県名古屋市瑞穂区で小・中学生を対象にプログラミング道場を定期的に開催します。 子供達の自主性を育むことを目的とし、学校のような授業やカリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。 使用するオンライン会議システム (Web conference system we use) 「zoom」という会議システムを利用します。 zoomやオンライン会議システムが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオンとがぞのさんが作ってくださった、こちらのスライド「zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 オンライン会議の環境と接続までの手順 「zoom」はアプリのダウンロードが必要ですが、Mac / Windows / iPhone / iPad / Androidのいずれでも使えます。作品を発表したいお子様の場合、Windows/Macで参加された方が発表しやすいと思います。 Windows/Macで参加される方はこちら。 iPad/iPhoneで参加される方はこちら。 Androidで参加される方はこちら Windows/Macの場合は事前にダウンロード・インストールしていなくても会議参加時に自動でダウンロード・インストールされますが、会議参加時にダウンロードが始まると参加までに時間がかかってしまうので、事前のインストールをお願いします。 アプリをインストールしたら、後に記載の接続用URLににアクセスしてください。自動的にアプリに切り替わり、オンライン会議が始まります。 その後、以下の会議室にアクセスしてください。 会議室は当日開きます。 寄付のお願い (About Donation) CoderDojoは非営利の活動で、参加費は徴収しません。ただし、活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。活動費はネット環境費、教材費などに使わせていただきます。 IDをpaypayの寄付画面に入力すると寄付できます。 ID:coderdojomizuho 撮影について (About Photograph) 会場内では写真を撮影します。ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて (About Mentor) 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 運営連絡先 (Contact) eprogrammerr@gmail.com SNS " rel="nofollow">https://twitter.com/DojoMizuho " rel="nofollow">https://www.instagram.com/coderdojomizuho

10271 normal 1593574240 %e7%8a%ac%e5%b1%b1%ef%bc%92 CoderDojo 犬山
子供達の自主性を育むことを目的とし、カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。また、毎回その日にやったことや自宅などでやったことをみんなに発表します。   参加についてのお願い ・当日はマスクの着用をお願いします。 ・参加者は自宅等で必ず検温し、発熱等の症状がある場合は参加を自粛お願いします。 ・会場では記名(氏名、電話番号)が実施されますが、ご協力お願いします。   タイムテーブル 時間 内容 12:50 受付開始 13:00 スタート 今日やりたいことを教えてください 13:10 各自作品作り 14:30 発表 14:50 後片付け 終了 15:00 撤収   CoderDojo犬山でできること  ・Scratch   ブロックを組み合わせてパズル感覚で、初心者でも簡単にゲームやアニメーションやアートを作れる無料のプログラミング言語です。自主的な作品つくりを行います。 初めのうちはScratchカードの作品をおすすめしています。アレンジして自分のオリジナル作品を作りましょう。 できれば、当日までにScratchデスクトップ(Scratch 3.0 オフライン版)をインストールしておいてください。⇒Scratchデスクトップ    ・ビスケット   お絵かき感覚で、小さな子でも楽しめるプログラミングツールです。 アニメーション、ゲームなどを簡単に作れます。パソコン、タブレット、スマホなど様々な機種で動きますが、特にタブレットとの相性が良いです。   micro:bit プログラミングして操れる小さなコンピューター。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、無線通信がついていて、これらの機能を使ったプログラミングや、手作り工作が楽しめます。 Windows10のPCの場合は、できればMicrosoft StoreよりMakeCode for micro:bitをインストールしておいてください。   ・ロボットプログラミング LEGO EV3(対象年齢:10歳ぐらい〜)やLEGO WeDo(対象年齢:5歳ぐらい〜)を組み立ててプログラミングして動かします。台数に限りがあるので、チケットでお申込みください   持ち物  ・持ち物:ノートパソコン タブレット、筆記用具 ・貸し出しが必要な方は、申し込み時にご連絡ください。(貸出パソコン2台まで有)   参加費 無料  開催当日 ・ 開始時刻の5分前ぐらいまでに集まり、受付をしてください。      保護者の皆さんへ ・12歳以下の子どもさんが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加ください ・キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 ・兄弟での申し込みは1人ずつ申し込んでいただくか、お問い合わせよりメッセージで申し込みください。  Dojo内では原則として、Web公開を前提としたイベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおりますが、ご都合が悪い場合は事前に連絡をお願いします。 ・CoderDojo の理念から、参加費の徴収は禁じられていますが、CoderDojo犬山では個人のボランティアの皆さんの善意で運営されています。継続的な活動のため、会場に募金箱を設置し、一口500円程度の寄付を任意でお願いしています。 寄付は印刷代、備品代などに使わせていただきます。皆様のご協力をよろしくお願いします。   メンターについて メンターは子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。   ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。

10271 normal 1593574240 %e7%8a%ac%e5%b1%b1%ef%bc%92 CoderDojo 犬山
子供達の自主性を育むことを目的とし、カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。また、毎回その日にやったことや自宅などでやったことをみんなに発表します。   参加についてのお願い ・当日はマスクの着用をお願いします。 ・参加者は自宅等で必ず検温し、発熱等の症状がある場合は参加を自粛お願いします。 ・会場では記名(氏名、電話番号)が実施されますが、ご協力お願いします。   タイムテーブル 時間 内容 12:50 受付開始 13:00 スタート 今日やりたいことを教えてください 13:10 各自作品作り 14:30 発表 14:50 後片付け 終了 15:00 撤収   CoderDojo犬山でできること  ・Scratch   ブロックを組み合わせてパズル感覚で、初心者でも簡単にゲームやアニメーションやアートを作れる無料のプログラミング言語です。自主的な作品つくりを行います。 初めのうちはScratchカードの作品をおすすめしています。アレンジして自分のオリジナル作品を作りましょう。 できれば、当日までにScratchデスクトップ(Scratch 3.0 オフライン版)をインストールしておいてください。⇒Scratchデスクトップ    ・ビスケット   お絵かき感覚で、小さな子でも楽しめるプログラミングツールです。 アニメーション、ゲームなどを簡単に作れます。パソコン、タブレット、スマホなど様々な機種で動きますが、特にタブレットとの相性が良いです。   micro:bit プログラミングして操れる小さなコンピューター。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、無線通信がついていて、これらの機能を使ったプログラミングや、手作り工作が楽しめます。 Windows10のPCの場合は、できればMicrosoft StoreよりMakeCode for micro:bitをインストールしておいてください。   ・ロボットプログラミング LEGO EV3(対象年齢:10歳ぐらい〜)やLEGO WeDo(対象年齢:5歳ぐらい〜)を組み立ててプログラミングして動かします。台数に限りがあるので、チケットでお申込みください   持ち物  ・持ち物:ノートパソコン タブレット、筆記用具 ・貸し出しが必要な方は、申し込み時にご連絡ください。(貸出パソコン2台まで有)   参加費 無料  開催当日 ・ 開始時刻の5分前ぐらいまでに集まり、受付をしてください。      保護者の皆さんへ ・12歳以下の子どもさんが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加ください ・キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 ・兄弟での申し込みは1人ずつ申し込んでいただくか、お問い合わせよりメッセージで申し込みください。  Dojo内では原則として、Web公開を前提としたイベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおりますが、ご都合が悪い場合は事前に連絡をお願いします。 ・CoderDojo の理念から、参加費の徴収は禁じられていますが、CoderDojo犬山では個人のボランティアの皆さんの善意で運営されています。継続的な活動のため、会場に募金箱を設置し、一口500円程度の寄付を任意でお願いしています。 寄付は印刷代、備品代などに使わせていただきます。皆様のご協力をよろしくお願いします。   メンターについて メンターは子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。   ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。

1/25 (月)

91354ee19974875881386385daff8a3e CoderDojo瑞穂
Technovation Girlsとは 10~18歳までの女子を対象とした、ビジネス、デザイン、アプリ開発を1~5人のメンバーとメンターで、身近にある課題を探し、ビジネスプランの作り方やアプリの開発を学びながらチームでプロジェクトを進めていくコンテスト。Technovation Girlsホームページ 本日のイベントの内容 参加に興味のあるお子様、保護者様へコンテストについて説明します。具体的にはコンテストの内容、進め方についてこちらから説明し、後は質疑応答の時間です。 スケジュール 1月 メンバー集め 2月 課題を探して解決策を考える 3月 アプリを作る 4月19日 提出する CoderDojo 瑞穂 (What is CoderDojoMizuho) 愛知県名古屋市瑞穂区で小・中学生を対象にプログラミング道場を定期的に開催します。 子供達の自主性を育むことを目的とし、学校のような授業やカリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。 使用するオンライン会議システム (Web conference system we use) 「zoom」という会議システムを利用します。 zoomやオンライン会議システムが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオンとがぞのさんが作ってくださった、こちらのスライド「zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 オンライン会議の環境と接続までの手順 「zoom」はアプリのダウンロードが必要ですが、Mac / Windows / iPhone / iPad / Androidのいずれでも使えます。作品を発表したいお子様の場合、Windows/Macで参加された方が発表しやすいと思います。 Windows/Macで参加される方はこちら。 iPad/iPhoneで参加される方はこちら。 Androidで参加される方はこちら Windows/Macの場合は事前にダウンロード・インストールしていなくても会議参加時に自動でダウンロード・インストールされますが、会議参加時にダウンロードが始まると参加までに時間がかかってしまうので、事前のインストールをお願いします。 アプリをインストールしたら、後に記載の接続用URLににアクセスしてください。自動的にアプリに切り替わり、オンライン会議が始まります。 その後、以下の会議室にアクセスしてください。 会議室は当日開きます。 寄付のお願い (About Donation) CoderDojoは非営利の活動で、参加費は徴収しません。ただし、活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。活動費はネット環境費、教材費などに使わせていただきます。 IDをpaypayの寄付画面に入力すると寄付できます。 ID:coderdojomizuho 撮影について (About Photograph) 会場内では写真を撮影します。ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 運営連絡先 (Contact) eprogrammerr@gmail.com SNS " rel="nofollow">https://twitter.com/DojoMizuho " rel="nofollow">https://www.instagram.com/coderdojomizuho

02ba2dc2202a3ca9f45b8f35cd84fe81 みそカツWeb
名古屋に拠点を置くエンジニアが集まるReactのLTイベント!
名古屋に拠点を置くエンジニアのReact事情が知れるLTイベント! オンライン(Zoom、Youtube Live)で参加できるので、興味ある方は気軽にご参加ください! LTの公募枠もありますので、そちらのご応募もお待ちしております。 Youtube Live URL https://youtu.be/W-VHz71ygkc 開催概要 1. 日時 2021/1/25(月)19:00 ~ 21:00 2. 内容 Reactに関するLTとフリートーク(オンライン・入退場自由) 3. タイムテーブル 時刻 内容 発表者(順不同) 19:00 オープニング - 19:05 Redux - Normalization 渡邉 悠真 / 株式会社スタメン 19:15 Reactエンジニアに捧ぐおすすめデザインシステム 母利 睦人 / 株式会社オプティマインド 19:25 複雑化したReact hookのデバッグとその対策 一円 真治 / ヤフー株式会社 19:35 - 休憩(10分) 19:45 React プロジェクトに秩序をもたらす ~ Rails エンジニアによる React プロジェクトの育て方 ~ 上島 愛史/ 株式会社エイチーム 19:55 ガントチャート自作した話 山崎 遼介 / freee株式会社 20:05 Recoil使ってるっていう話 めろたん 20:15 LTクロージング(5分) - 20:20 フリートーク(40分) - 21:00 イベント終了 - 4. 登壇者プロフィール(順不同) 渡邉 悠真 / 株式会社スタメン 株式会社スタメンの新卒2年目フロントエンドエンジニアです。 主にReactとTypeScriptを中心に新規機能の開発や改善を行っています。 母利 睦人(もりまこと) / 株式会社オプティマインド 株式会社オプティマインドにてデザインチームリーダーをしています。 これまでにフリーランス、スタートアップCTO、Reactエンジニア、SaaS事業の統括などを経て現在はUI/UXデザインを主な業務として行っております。 一円 真治 (@1coin178) / ヤフー株式会社 Reactでwebの地図作っているGeo系エンジニアです。 上島 愛史 / 株式会社エイチーム ザッカーバーグに憧れてWeb業界に就職し早7年、エイチームライフスタイルでエンジニアチームのマネージャーをしています。バックエンドはRails、フロントはTS/Reactで開発してます。 山崎 遼介 / freee株式会社 freee株式会社でエンジニアやってます。Reactでプロジェクト管理freeeを作っています。 めろたん HTMLとCSSとJSが苦手な民。株式会社キャスターでbosyuとかをやってます! 5. 参加方法 参加申し込みを頂いた方に、後ほどZoomのURLをお送りします。 お送りしたURLからイベントにご参加ください。 ※注意事項 connpassのアカウントに登録しているメールアドレス宛にお送りしますので、受信できるよう設定をお願いいたします。 6. 定員 参加枠 80 名 LT枠(公募) 1名 7. その他 本イベントのLTオープニング〜LTクロージングはYoutube Liveでの配信を予定しています。 参加者様のお顔が映る可能性がありますので、ご承知ください。カメラOFFやアバターでのご参加ももちろんOKです。 Youtube Live URL https://youtu.be/W-VHz71ygkc キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 アンチハラスメントポリシー 対象者 参加者 イベントスタッフ 観点 ハラスメント(他人を困らせる行為や嫌がらせ)の観点には、以下のような例があります。 ジェンダー、性自認やジェンダー表現、性的指向 障がい 外見、身体的特徴 人種、民族、国籍 年齢 宗教 所属企業 特定のツールや技術、プログラミング言語と、その愛好者またはコミュニティ 禁止行為 上記の観点に対する、以下のような行為を禁止します。 攻撃的、非建設的、過剰に批判的な発言や揶揄 脅迫、ストーキング、つきまとい 不適切な身体的接触 性的な関心を引く行為(性的な画像の掲示や、性的なコスチュームの着用等) ジェンダーを強く意識させるコンテキストで、特定の個人をほめたたえる行為 その他、スタッフがハラスメントである判断した行為

91ab98f9c8cc09fb079dac2eb0f7dbc1 オンラインLTハックLTコミュニティ
オンラインLTでの伝え方をハックする手法をLTする
イベントについて このイベントは オンラインLTでの伝え方をハックする手法をLTする イベントです。 最近、オンラインLTで登壇する機会って増えてきました。そのときに、オンラインならではの伝え方が大切なポイントになってきますよね。たとえば、WEBカメラ・画面共有・マイク音声・デモといったポイントがあります。オンラインLTをうまく運営するポイントもありますね。オンラインLTへのアプローチがごった煮状態。 このオンラインLTハックLTでは、こんなハックを試みたけど成功した、あるいは、うまくいかなかったけど知見が貯まった話をLTして、登壇者、参加者みんなで知見を共有するものです。思いついたハック方法をLTでトライしてみるのもぜひぜひ! 開催の経緯をちょっと 最近よく、オンラインLTする方やオンラインLTの運営の方とワイワイと話しています。 ほんと日々たくさんの試行錯誤が行われていて、その中で「このたくさんの湧き上がる様々な知見は共有してみたいよね」「思いついた手法は一回LTなりして試してみたいよね」「他の人の試行錯誤を見るとメッチャ参考になるよね」といった機運が高まりまして、このイベントをやってみようと考えました! オンラインLTの手法や場づくり。まだまだ確立しきってないし、いまも進化し続けていると思うので、みんなでシェアしたいです! 更新履歴 日時 内容 2020/12/25 イベント公開 日時 2021-01-25 20:00-21:20 参加対象 他の人のオンラインLTの手法を知りたい人・見てみたい人 オンラインLTにこれから登壇しているときによりよくなるヒントが欲しい人 みんなでつくる気持ちを一緒に盛り上げていける人 たのしくお互いの知識や経験をシェアしていける人 たとえばこんなLTいかがでしょう? ここで言うハックは「オンラインLTの体験をより良い方向に試行錯誤する」ものであればなんでもOKです。これからオンラインLTするんだけど思いついた手法をLTしながら試してみたい人にも最適ですよ~。 ハックとしては、たとえば、こんなことかなと思います。 オンラインLTに~~という技術を混ぜてみたらこうなった話 今度某所でやるオンラインLTの技術構成を今ここでこっそり試してみる話 オンラインLTで背景を面白く切り替えたいのでハックして試行錯誤した話 オンラインLTで参加者のリアクションが欲しいのでツールを試してハックした話 オンラインLTでクリアな音声を伝えるハック、そしてその注意点の話 運営目線もありますね。 オンラインLTで運営しているときに効く良い感じにBGMを流すチャレンジ オンラインLTで運営しているときうまーく登壇者に時間切れを伝えるTIPS もちろん、これらはあくまで一例ですので、お気軽にLT応募ください。 LTしたい方 登壇希望の方はこちらの connpass のほうでコメントください。1つのLTでおよそ5~10分が選べます。 その後、LTの内容を伺いつつ、Facebook Messenger の登壇者グループにご案内する予定です。 当日は登壇者の方々は Zoom にお集まりいただき、参加者の皆さんへは YouTube Live に配信する予定です。 Twitterハッシュタグ onlinelthacklt 会場 今回はオンライン会場です。 参加者の皆さんへは YouTube Live に配信する予定です。 登壇した方 登壇したい方は、こちらの Facebook 投稿 にコメントください! タイムスケジュール 時間 内容   20:00 オンライン会場 オープン   20:10 イベント開始・オープニング   20:15   LT 1 「社内LT会のススメ」 ナカニシ @another_28 LT 2 オフライン・オンラインLTの運営をやってわかったこと ufoo68 @ufoo_yuta LT 3 トゥギャッターさん提供のベータ版サービス「Comntly」を紹介してみる 豊田陽介(@youtoy) LT 4 作ったオンラインリアクションシステムを使って皆さんからリアクションを取ってみる 田中正吾 @1ft_seabass LT 5 Aliexpressで買ったエンドスコープが思いの外使えた話 いのうえ LT 6   時間があれば質疑応答   21:20 イベント終了   ※注意: 内容は一部変わる場合がございます 連絡・注意事項 お問合わせは、本ページ内の「イベントへのお問い合わせ」よりご連絡ください。 イベント内容は都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。 ムズムズするタイトルの件 LTという言葉が2つ入って少々ムズムズしますが、イベントのことをちゃんと言い当てているので、これで行ってみます!

1/26 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

4396 normal 1564975992 %e8%b1%8a%e6%a9%8b%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e6%83%85%e5%a0%b1 豊橋の売れる看板屋さん&Jimdocafe豊橋の商売に役立つセミナー
※会場支払いと表記されていますが事前振込制となってます。 FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSをそれぞれ、どう最適化し、Webマーケティング活動にどう好影響を及ぼし、成果(CV)を最大化できるか。 そのための導線作り、設計図をつくるセミナーです。     ※今回は会場受付の混雑を避けるため、事前振込制とさせて頂きますので、このページから申し込みしただけでは受付となりません。お振込確認時点にて参加受付とさせて頂きます。詳細につきましては、このページ下部に記載してあります。 ※今回、どうにも会場にお越し頂けない方はオンラインでお聞きいただける形にもします。あくまで会場にお越しの方向けに話して頂くので、伝わりにくい部分のあるかと思いますが、それでもよろしければ、後半でオンライン参加について記載してあります(^^)     【こんな方にオススメ♬】 ・各SNSをやってるものの、どれも中途半端で売上に繋がってない ・そもそもSNSってやった方がいいの? ・やるなら全部? それとも絞った方が良いの? ・SNSをどんなバランスでやったらいいんだろう? ・SNSに限らず、ホームページ含めたWebマーケティングの勉強したい ・どうしたら指名検索を増やす事ができるんだろう? ・商売する上でのオンライン、オフラインの全体図を考えたい ・中尾さんの話を聞きたい、市橋企画のセミナーを聞きたい      ※Facebook上からのお申込がかなり多いので、募集締切にご注意ください。 (Facebook上の申込状況は下記よりご確認いただけます) https://www.facebook.com/events/2916711905241746       『FacebookとInstagramをやってるんですが、Twitterは放置気味になっていて、(言い訳ですが忙しくて)ホームページも手つかずで……もうゴチャゴチャで何を優先すればいいのやら~( ̄。 ̄;)』    これ、実はいまの私の状態です^^; っが、同じような感じの方が多いのも知ってます(^^)     闇雲に色々なツールをやるんじゃなく、一度立ち止まって、自分のSNSの活用状況を見つめ直し、改めてどう最適化することで、Webマーケティング活動にどうすれば好影響を及ぼすことが出来るかを見つめ直してみるのも大事かと思います。   今回のセミナーでは、成果(CV)を最大化させるための、導線作り、Web展開の全体図(設計図)をつくるヒントが学べます。             では、講師の方のご紹介しますねー♬     ■講師/株式会社PROPO代表取締役 中尾豊さん 飲食店の店長、 印刷会社の営業、コンサルティング会社を経て独立。アクセス解析、リスティング広告の運用、ランディングページの改善などWebに関するサポートで個人事業主、中小企業を中心に効率的な集客、売上UPのサポートを提供。全国での講演活動も多数行なっています。またFM福井で毎月第三金曜日15:00~「おしえてたなっちなかっち」でラジオパーソナリティとして出演。https://www.fmfukui.jp/docs/ 2016年12月に急性大動脈解離、2018年10月に脳梗塞がきっかけに失語症(現在は治癒)に罹りましたが、病気に負けずに精力的に活動をしています。   中尾さんの著書 ■ビジネスを加速させるラインディングページ最強の3パターン制作・運用の教科書 https://amzn.to/2IGk3Du ■儲かる検索キーワードの見つけ方講座 http://goo.gl/aHMwtJ ■GoogleAdWordsで集客・売上をアップする方法 http://goo.gl/UXRXsg     ■中尾さんのTwitter https://twitter.com/propo0202 ■中尾さんのホームページ https://www.keyword-hunter.com/ ■中尾さんのFacebook https://www.facebook.com/keywordhunter         豊橋にお越し頂くのはこれで4度目♪ そんな事もあって、当初はInstagram活用のお話をしていただく予定だったんですが、中尾さんの方から『豊橋の方はすでにいろいろSNSを活用してるから、むしろ各論よりもSNS全体図のお話の方がいいのは』~とご提案いただき、今回のセミナーとなりました!   普段から中小零細事業者のサポートしてる中尾さんだからこそ聞ける、机上の空論ではない現実に即したお話しは毎回豊橋の方達の心を鷲づかみにしています。 今回も楽しみにしていてくださいね(^^)             ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 途中の入場&退出もOKです(^^) 招待を流してなくても、お申込できますので、お気軽に~♬ ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●         このセミナー、どしどしシェアしていただけるとメチャ嬉しいです(^^) 勿論、紹介も大歓迎です♬      会場の雰囲気を写真に撮って、facebook&新聞等へアップされる場合もあると思います。参加する方は、顔写真がアップされたり、タグ付けされたりする事をご了解の上、ご参加くださいね(^^)           ********************** facebookをしている方向けにセミナー申込ページを作っておきました! ■SNS最適化&導線作りセミナー https://www.facebook.com/events/2916711905241746 facebookをしているお知り合いがいたら、コチラを教えてあげてくださいね(^^) **********************              **【オンライン参加希望の方は】*** オンラインより会場参加の方が圧倒的に伝わると思いますが一応オンラインも可能です(^_^;) ※今回は会場にてお聞きいただく開催になっていますが、『オンライン参加』をご希望の方には投影するスライドをZoomで表示する形での参加も受け付けております。 ただ、講演自体は会場に参加の方向けにお話しするスタイルで進めますので、オンラインですと講師の姿が見づらかったり、音声が伝わりにくい事もあるかも知れませんし、リアルでの聴講と比べると伝わる熱量も違ってきます。また接続状況等の不具合でZoomが途切れる等々の状況が起こる可能性もあることご理解ください。 基本は会場にお越しの方向けの講座である事をご了解の上、お申込ください。   ※オンラインでも参加費は同額の5000円/人です。 (Zoom画面を複数の方でご覧いただく場合は人数分の参加費が必要)   ※会場参加予定の方でも、前日朝までにお申し出いただければオンライン参加に切り替える事も可能です。 その場合は必ず市橋までお電話ください!→090-3857-1988 ※ご入金確認にて参加受付とし、入金確認後、 オンラインの方にはZoom入室用URLをお送りいたします。   ※講座開催中に不測の事態でZoomが終了したとしても基本的には同じZoom会場のURLから入室できるはずです。ただ場合によっては、URLが変わる可能性があります。その時は当日~セミナー中に、お申込いただいたメールアドレスへご連絡いたしますので、当日はそれらの連絡を確認できる状況にしておいて下さい。   ※当日、不測の事態が発生して、お電話で連絡した方がスムーズな時もありますので、念のためお電話番号は必ずお教え下さい。        **【コロナの影響について】*** コロナの影響で中止、もしくはZoomでの全面オンライン開催に切り替える可能性もあります事をご了承の上、御参加の判断をお願いします。      【コロナ対応について】 ・会場には換気扇もあるようですが、会場入口ドアは開放して開催します。 ・時期的に会場が寒い可能性もありますので調節できる服装でお願いいたします。 ・密集をさけるため席の間隔をあけてお座りください。 ・マスクは必ず着用にて御参加ください。 ・当日、体温が37.0度以上の方の御参加はお断りいたします。 ・コロナの状況によっては直前でセミナー中止、もしくは全面オンライン開催にさせていただく事もあります。 上記の件、ご了承の上、御参加をお願いします。              ■■■■■■■■■■■■ セミナー詳細 ■■■■■■■■■■■■      ●開催日時:2021年1月26日(火) PM6:30~8:30(pm6:00から受付開始)     ●開催場所:豊橋市民センター/カリオンビル/多目的ホール 愛知県豊橋市松葉町2-63 https://www.carillon-toyohashi.com/          ●受講料:【事前振込】 5000円/人(振込手数料はご負担ください) 定  員:50名(予約制)      まずコチラのイベントページにて【申し込み】をしてください。申し込み確認後、市橋よりメールにてご連絡しますが、希に気が付かずに時間が経ってしまうケースもありますので、申し込みのあと2~3日経っても市橋からメールが無い場合は、090-3857-1988までお電話をお願いします。 市橋からのメールでの連絡にて、参加費お振込先の口座情報をお教えしますので、事前にお振込をお願いします。その折りに、会場での参加か、オンライン参加かをお教えください。 ご入金確認にて参加受付とし、確認後、 オンラインの方にはZoom会場用URLをお送りいたします。   ※ご連絡後、一週間以内にお振込下さい。講座開催ギリギリでのお申込の方は市橋まで御相談ください。 ※ここのページでの申し込みのみでは参加受付とはなりません。 お振込完了にて申し込みとさせていただきます。         ●キャンセルについて:1/23 pm11:59以前のキャンセルや、こちらの都合により開催できない場合などは(振込手数料を差し引きして)参加費をご返金いたします。 いかなる理由でも1/23 pm11:59以降のキャンセルは、受講料全額の申受けをさせて頂きますのでご了承ください。          ●主催:市橋求 090-3857-1988 ←お問合せ http://www.facebook.com/illumikanban           【ご注意下さい】 いかなる理由でも1/23 pm11:59以降のキャンセルは、受講料全額の申受けをさせて頂きますのでご了承ください。(ドタキャンは、満席で参加断念の方にもご迷惑をかけますのでご遠慮下さい)     ※キャンセルの場合は、市橋まで直接Facebookメッセージ下さい。 ※定員数に達した時点で、当日前でも一旦募集は締め切ります。 ※ココでの申し込みだけでは受付となりません。お振込確認時点にて参加受付とさせて頂きます。 ※このイベントページ以外からも参加申込がFBイベントページなどから多数ありますのでご注意下さい。 ※セミナー中の動画音声撮影や内容のわかる写真撮影はご遠慮ください。 ※交通機関のマヒや講師の体調不良等により、やむを得ずセミナー開催中止の場合もございますので、ご了承ください。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

1a06f44dd1dc2dab17ed0192961bc6be Drupal Meetup 豊田
Drupal Meetup 名古屋地域【オンライン】
Drupal Meetup 豊田は、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)であるDrupal(ドルーパル)に興味があり豊田・名古屋地域を中心に活動する人達が交流する場所です。 Drupalとは? Drupalは、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)ですが、デジタルデータプラットフォームとしても世界中で支持されており、テスラモーターズ、GE、NASA、ホワイトハウスといったグローバルな大企業・政府機関などで、多くの採用実績があります。 https://www.drupal.org/ Drupal は、単なるウェブサイトの構築・管理にとどまらず、Webシステムのバックエンドのプラットフォームとして利用する事が可能で、Webシステムを一から作るより事に比べて、管理画面のセキュリティー等や世界各地のエンジニアが作成したモジュールを利用することで、様々な機能を追加することが可能です。例えば、デジタルサイネージやスマートウォッチなどのデバイスに表示・通知したり、IoTやAI(人工知能)といったシステムと連携することもできます。 また、Drupalホスティング会社であるアクィア社は、2020年の大手調査会社ガートナーのDXP(Digital Experience Platforms)部門のマジッククアドラントで業界リーダーとして評価されています。 Drupalにご興味がある方、またWeb技術者の方、デジタルマーケティング担当者の方のご参加をお待ちしております。 Drupal 技術動向に関する発表や意見交換を行います。 Drupal Meetup 豊田 Facebookページ オンライン開催 新型コロナウィルスの関係で、Meetup開催が難しくなっております。 今回も、オンラインでの開催となります。 ■オンライン開催概要 Zoomというオンライン会議システムを利用したネット上での開催となります。 https://zoom.us/ ※Zoom利用環境 パソコン(カメラ&マイク機能付き) スマートフォン(Zoomアプリのダウンロード) ☆別途、Zoomの参加用リンクとパスワードをお送りいたします。 ※ビデオ画像ONでのご参加お願いいたします。 関連情報 ◆その他の場所で開催されているDrupal Meetup 東京地区 Drupal Meetup 羽田 Drupal Meetup Tokyo 大阪地区 Drupal Meetup 梅田 Drupal 9 Web開発をはじめるための薄い本」-オンラインブック発行・販売(800円) Drupal Meetup 豊田#14(2020年10月27日)での雑談(「技術書典10オンラインマーケット」の話)から、Drupal Meetup の方々に展開し、計8名の方が執筆メンバーとして、オンラインブックとして「Drupal 9 Web開発をはじめるための薄い本」が2020年12月26日に発行・販売(800円)されました。 Acquia Japanの丸山さんがブログに詳細まとめてらっしゃいますので、どうぞご覧ください。 諸注意 ・プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 ・開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 ・本イベントは全ての参加者が楽しんでいただくことを主旨としております。そのため、以下のような行動を取られた方は、退室していただく場合がございます。また次回以降の参加もお断りさせていただく場合がございますので了承下さい。 過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 1)イベントの妨害と見られる言動 2)講師および参加者に対して一方的な批判また攻撃的な言動 3)人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘活動

1/27 (水)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
プロジェクトの進め方に学生と社会人の違いはあるのか?
目的 名古屋をエンジニアとして働く、成長していけるそんなエコシステムを構築しようとしています。 そこで3社が手を取りイベントを開催することになりました。 私たちが大好きな街ココ名古屋。 この地域の発展にはIT学生が東京ではなく、ココ名古屋で就職し、力を発揮することだと考えます。 今回は、「先輩エンジニアに聞いてみよう」 ~プロジェクトの進め方は学生の頃と社会人で違いがあるのか~ こんなテーマで話してもらいます。 開催日時 1月27日(水)18時~19時30分 開催場所 オンラインZOOMを活用 タイムスケジュール 18:00~18:05 開会挨拶 18:05~18:15 座談会登壇者自己紹介 18:15~19:00 若手エンジニアによる座談会 19:00~19:10 質疑応答 19:10~19:25 CODEBASE名古屋,TECHCAFE,N-aikuIT pro.の紹介 19:25~19:30 閉会挨拶 登壇者企業様紹介 ①株式会社SNAPSHOT様 ②株式会社プロトコーポレーション様 以上2社の若手エンジニアの方にご登壇いただきます。 皆さまお楽しみに!!

61d628a8fb3e0ef91635ca44ae6d80b1 AITCオープンラボ
~DX時代におけるソフトウエア/ビジネス/社会のあり方を考える~
「DXシリーズ」開始のご案内 AITCでは毎年 総会開催に合わせ、次年度の重点施策を策定いたします。 昨秋の第11回総会(2020年10月9日オンライン開催)では、ICT(先端ITを包含)の利活用による企業の社会的価値の創出へ貢献することを目指し、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関する情報提供や議論等にも取り組むことが重点施策の一つとして決議されました。 これを踏まえ、今般、DX分野を主導されている方々をお迎えし、「DXシリーズ」として連続講演を開始することになりましたので、ご案内いたします。 本セミナーにはAITC会員のみならず、DXにご関心をお待ちの方にご参加いただけます。 ご参照の上、奮ってご参加ください。 「DXシリーズ」開催計画 テーマ:DX時代におけるソフトウェア/ビジネス/社会のあり方を考える~役割を超えて、マインドセットを変えて、未来を創ろう!~ 主催: 先端IT活用推進コンソーシアム(AITC) 協力: スマートエスイー 開催方法:オンライン開催(Zoomを予定) 参加資格:AITC会員、スマートエスイー関係者、DXに関心をお持ちの方 募集:connpassで都度ご案内 開催期間: 2021年1月~2021年6月(予定) <パート1>2021年1月~2021年4月 テーマ:ビジネスと社会をデザインし、構築するためのソフトウェア工学 対象者: 技術者、企業戦略担当、マネジメント <パート2> 2021年4月~2021年6月(予定) テーマ:日本企業におけるDX推進と実現に向けて 対象者: マネジメント、企業戦略担当、技術者 講師(順不同): ・鷲崎弘宜様 (早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授、スマートエスイー Smart SE 代表) ・平鍋健児様 (株式会社永和システムマネジメント代表取締役社長、株式会社チェンジビジョンCTO、Scrum Inc. Japan 取締役) ・萩本順三様 (株式会社 匠Business Place代表取締役 会長 & Methodologist) ・羽生田栄一様 (株式会社豆蔵 カンパニーCTO、IPA情報処理推進機構研究員、技術士[情報工学]) ・山本修一郎様 (名古屋大学 名誉教授、AITC顧問) ・前川徹様(東京通信大学情報マネジメント学部学部長・教授/国際大学GLOCOM主幹研究員) ・和泉憲明様 (経済産業省商務情報政策局アーキテクチャ戦略企画室長(併)ソフトウェア・情報サービス戦略室、AITC顧問) 開催スケジュール: <パート1> 第1回:2021年1月27日(水)19時~20時 オープニングイベント 第2回:2021年2月05日(金)19時~20時 鷲崎様ご講演 第3回:2021年2月17日(水)19時~20時 平鍋様ご講演 第4回:2021年3月12日(金)19時~20時 萩本様ご講演 第5回:2021年3月24日(金)19時~20時 羽生田様ご講演 第6回:2021年4月07日(水)19時~20時30分 パネルディスカッション 備考:セミナー終了後、講師との意見交換&懇親会を適宜開催の予定 <パート2> 詳細は後日ご案内 第1回オープニングイベント開催概要 技術革新の進む昨今、更には昨年来のコロナ禍による事業環境の変化の中で、DX(Digital Transformation)によるビジネスモデル変革、企業文化変革が注視されています。 本DXシリーズのパート1では、人類の明るい未来を社会的・ビジネス的観点でデザインしながら、それを同時に実現可能とするソフトウェア工学の策定に2019年1月から関わってこられた創設メンバーにご登壇いただき、DX時代の新ソフトウェア工学についてメンバーそれぞれの立ち位置からご講演いただいてまいります。 本日はそのオープニングイベントとして、次回から始まる「DX時代の新ソフトウェア工学体系」連続講演のエッセンスを講師の皆様からご紹介いただきます。 日時:2021年1月27日(水)19時~20時 会場:オンライン(Zoomを使用予定) 会議室情報については、開催の前日にconnpassメッセージでお知らせします。 テーマ:ビジネスと社会をデザインし、構築するためのソフトウェア工学 本日の流れ: 本講演のエッセンスを一足先にご紹介! ・鷲崎弘宜様 (早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授) 「DX時代の新たなソフトウェア工学に向けて~SWEBOKとSE4BSの挑戦~」 ・平鍋健児様 (日本におけるアジャイル開発手法の普及を主導。永和システムマネジメント社長) 「デジタルビジネスの潮流とアジャイル開発〜ビジネスとエンジニアの協働チームづくり〜」 ・萩本順三様 (匠Methodの提唱者である匠Business Place会長) 「より良いモノコト創り、より良い人創りを目指して取り組むべき課題」 ・羽生田栄一様 (黎明期からの日本のオブジェクト指向技術の牽引者。豆蔵取締役) 「DX時代のリベラルアーツとしてのアジャイルマインド」 対象者:DX時代のソフトウェア工学に関心がある方 技術者、企業戦略ご担当者、マネジメントの方々 募集人数:300人 AITC会員かどうかはこちらでご確認の上、申込アンケートにご記入ください。 " rel="nofollow">http://aitc.jp/consortium/members.html 募集期間:2021年1月8日(金) 〜 2021年1月25日(月) 17時30分 参加費:無料 その他 ※内容を含むスケジュールは変更される可能性があります。最新情報をホームページ(" rel="nofollow">http://aitc.jp/)でお確かめの上、ご来場ください。 ※申込受付のご連絡、出席票 等は発行しておりません。申込確認をされたい場合や、ご都合により欠席される場合は、staff@aitc.jp へご一報ください。 ※個人情報に類するものについては、本会の運営およびAITCからのご案内のみに利用し、他の目的での利用および外部へ開示、提供することはございません。

1/28 (木)

1670153cf17f9706e5763f81cc36a4c3 日本ディープラーニング協会
#今こそ学ぼう
CDLE LT甲子園とは CDLE (Community of Deep Learning Evangelists)とは、日本ディープラーニング協会が実施するG検定およびE資格の合格者が参加するコミュニティです。 CDLE LT甲子園予選会では、CDLEメンバーのLTをCDLEメンバーが聞き、質疑応答に参加することに加えて、共有価値の高い発表を視聴者が投票します。2020/12-2021/3で毎月LT甲子園予選会を行い、最も共有価値の高い発表をした発表者には、AI Expo(2021/04/07-04/09)のJDLAブースにて発表する機会をプレゼントいたします(「最も共有価値の高い発表をした発表者」は、Slackにて発表し、当人へご連絡いたします)。CDLEメンバーの学び合いやメンバー間の交流の場としつつ、共有価値の高い発表にもスポットライトを当てることを目的としています。 LT とは LTはLightning Talks(ライトニング・トーク)の略で、直訳すれば「稲妻のように短い講演」のことです。IT系のイベントなどでよく行われ、日頃の研究の成果や、共有すると多くの人のためになると思うことなどを発表する短いプレゼンテーションです。 今回のLTのテーマは 1月LTの発表テーマは以下の通りです。 テーマ:「G検定合格、その後…」(ビジネス系・キャリア系) 内容:G検定合格者が、その後どんな勉強や活動をしてビジネスやキャリアに知識を活かしているのか?直面している課題・悩みとは?G検定合格した人が歩んでいるキャリアアップ、ビジネス活用の道を発表します。 ※ビジネス系・キャリア系の例は以下の通りです - ビジネス系...(例)AI活用のポイント(業界別や用途別等)や気を付けるべきこと(特許や品質等) - キャリア系...(例)G検定/E資格取得後におすすめの教材や勉強法、スキルアップの方法 発表時間は10分で、その後5分の質疑応答の時間を設けます。 発表時間は厳守してください。 時間を超えた場合、司会者が発表を打ち切る場合があります。 Zoomの使い方を含め、事前に充分な発表の練習をしてください。 発表練習用タイマー: https://youtu.be/Vvuo_7VaDug スケジュール 時間 内容 発表者 19:30 ~ 19:40 LT甲子園予選会開会挨拶&説明 TosakaNaoya 19:40 ~ 19:55(10分発表/5分質疑応答) LT 1 MotoyaTakashi 19:55 ~ 20:10(10分発表/5分質疑応答) LT 2 ひがしの 20:10 ~ 20:25(10分発表/5分質疑応答) LT 3 ToshiakiSakurai 20:25 ~ 20:40(10分発表/5分質疑応答) LT 4 DaisukeOkamoto 20:40 ~ 20:45 LT甲子園予選会閉会挨拶 TosakaNaoya 20:45 LT甲子園予選会閉会 TosakaNaoya 21:00 ~ 22:00 オンライン懇親会 22:00 オンライン懇親会閉会 LT 講演概要 LT1 MotoyaTakashi <タイトル> 現業+1(AI)から切り開く未来 <概要> 日本は人数が多いためGDPが高く見えますが、1人当たりのGDP/生産性/40代以上の大半の方が肌で感じている給料が変わらない状況が現実で貧しくなっています。 これからの日本が豊かになるためには、データサイエンス知識を習得しデジタルネイティブな組織・動きを目指して“正しく失敗を積み上げ“DXを推進することが求められています。 それを実行するため私は公務に移りました。 新しい職場では、日本の人口ピラミッドが最も多い40代同世代以上の方と一緒にBetter co-being(共によりよくなる)に向けてco-creation(共創)を行う予定でいます。 その“気づき“となりましたデータサイエンスとの出会い(2019)とG検定取得(2020)、今後についてお話します。 LT2 ひがしの <タイトル> 周辺領域の学習方法 -インプットよりアウトプットを <概要> 人工知能関連の技術は“足が速く“、知識の取得に比重を置きがちであるが、実装技術の習得も併せて行うことでより深く技術を活かせるようになる。 本稿では手軽にプログラミング、アルゴリズムの習得を行う方法について述べる。 LT3 ToshiakiSakurai <タイトル> 愛知県瀬戸セラミックス企業のAI挑戦 <概要> セラミックス製品の目視検査にかかる時間は1個1分。 血眼に探すのは、高額なカメラにも映らない微小なクラックだ。 部品の数は月数万個。目を酷使する現場と減少する検査員。 社員の負担を救うべくセラミックス企業のAI挑戦が始まる。 LT4 DaisukeOkamoto <タイトル> AIプロジェクトを始めるための周囲の巻き込み方 <概要> 社内でAI・データ分析プロジェクトを推進する立場になって感じたこと、特に周囲を巻き込むために実施したことを中心にお話しします。 参考になった書籍なども紹介しますので、実際にAIを始めたい方の参考になるような話をします。 Q&A および ディスカッション 各LTに対する質問はZoomのチャットに「質問」と書き込んで、司会者に指名されてから行ってください。 ただし全ての質問に対応することが出来ない場合がありますので、ご了承ください。 ビデオ会議システム Zoom このイベントはオンライン会議システムZoomを使って行います。Zoomのログイン情報は connpass からのメール でお知らせします。 connpassからのメールを受け取れるようにしておいてください。 オンラインネットワーキングツール Remo 今回はLT会終了後、CDLEメンバー間の交流のためにオンライン懇親会を開催します。 Zoom や Teams などでオンラインセミナーを実施した後、そのままオンライン懇親会が行われることもありますが、大勢で参加していると一部の人が話すのを聞くだけになることが多く、初対面の人と知り合いになるのは難しいです。それを解決する方法の一つがオンラインネットワーキングツールのRemoです。 https://remo.co/ まだまだ馴染みのないツールで、またいろいろバグなどもありますが、使いこなしてオンラインでもネットワーキングしていきましょう! Remo について kenihaya が解説したビデオを是非ご覧ください: https://youtu.be/AYXDhbcErEs ハッシュタグ 今回のイベントのハッシュタグは #今こそ学ぼう です。是非みなさんのSNSで拡散をお願いします。 注意事項 このイベントはオンラインで行います。 このイベントはG検定・E資格合格者のみが参加出来ます このイベントは収録され、後日日本ディープラーニング協会のYouTubeチャンネルで公開されます。 このイベントは収録され、後日CDLEが運営するAI情報共有番組 CDLE VOICE で音声が配信されます。

1/29 (金)

1ae51ba9d7d41ec86169d139145ad5bf Aidemy
~AI市場の展望と今後のキャリアの考え方~
■株式会社アイデミーについて ・「先端技術を、経済実装する。」をミッションとする東大発ベンチャー。 主力サービス「Aidemy」は、ユーザー数6万5千人以上、演習回数は300万回以上の日本最大級のAI研修サービス。 教育・研修を切り口に、要件定義・試作品(PoC)の開発支援など、AIプロジェクト成功に必要なソリューションをワンパッケージで提供、AIに強い組織づくりを支援。 ・代表の書籍『人工知能プログラミングのための数学がわかる本』は松尾豊教授が推薦し、ディープラーニング協会のG検定合格者がおすすめする書籍で「第2位」にランクイン。 ・川崎重工、ダイキン工業、旭化成、三井住友銀行など120社以上の法人導入実績あり。日本マイクロソフト、電通などの講師講座も好評。 ■イベント説明 弊社個人向けサービスの受講者・修了者の方々向けに行った転職サービス説明会の録画を、キャリア形成について考えられている外部の方々にもご視聴いただけるよう、録画配信を開始いたします。 こちらをご視聴いただくことで、まだ受講されていない方々でもAI×キャリア形成に関する情報収集が可能です。 奮ってご視聴ください。 ■セミナー内容 1. AI市場の展望 2. 今後のキャリアの考え方 3. プレミアムプランの転職例 4. 転職支援サービスのお知らせ ■当日スケジュール 12:00~12:30 説明会(録画配信) 12:30~13:00 質疑応答(録画配信) ■講師の経歴 ・齋藤 圭 (さいとう けい) 株式会社アイデミー 事業本部 カスタマーサクセスリーダー 慶應義塾大学経済学部卒、国立琉球大学法科大学院修了。 株式会社アイデムにて人材紹介事業の立ち上げ期などを経験後、プルデンシャル生命保険株式会社に転職。 ライフプランナーとして一通りの入賞を経験し、1年半で営業所長に就任。ライフプランナーの採用・育成に携わる。 その後、株式会社トライアンフのエグゼクティブサーチ事業のコンサルタントを経て、株式会社アイデミーに参画。人材紹介事業を立ち上げる。 ・西村 靖正 (にしむら やすまさ) 株式会社アイデミー 事業本部 カスタマーサクセス 広島大学大学院を修了後、製造業2社に従事。 研究開発職、生産技術職にて新規製品の開発や生産管理システムの導入・運用に携わる。 「人と人をつなぐ橋渡しのポジション」で仕事をしたいと感じ、異業種異業界への転職に半年以上トライし続けた結果、アイデミー事業本部 カスタマーサクセス職に転職。 ・遠山 直宏 (とおやま なおひろ) 株式会社アイデミー 事業本部 カスタマーサクセス 立命館大学→名古屋大学大学院卒業後、大手通信キャリアに入社。 CSと商品開発を経験し、株式会社アイデミー事業本部 カスタマーサクセス職に転職。 アイデミーのミッションである「先端技術を経済実装する」を元に、より良い日本への成長を目指して業務に取り組む。 ・浅本 侑樹 (あさもと ゆうき) HAL大阪 IT学部 Web開発学科 昼間部4年制卒。小学生からアフィリエイトをする目的でWebページ制作を始め、高校生の際にWeb系のデザイナーを目指すことを決める。 専門学校では、システム設計、プログラミング、ネットワーク、企画などを幅広く勉強し、国家試験である基本情報技術者試験にも合格。システムやプログラミングも分かるデザイナーとして、下記のキャリアを歩む。 世の中の課題や問題をマーケティング×デザインで解決したいと考え、デザイナー新卒第1号として株式会社ベーシックにデザイナーとして入社。Webメディアの立ち上げを複数経験。 人の幸せな時に役立ちたいと考え、サイバーエージェントグループの株式会社ウエディングパークへ転職。 海外挙式を専門とするサービスのフルリニューアルをメインデザイナーとして経験する。 AIを学びたいと考える人や企業に対して、少しでも「AI = 難しい」という気持ちを減らすべく、現職の株式会社アイデミーへ転職。 UX統括やプロダクト統括を経て、現在はデザインに集中させて頂き、主に法人向けのサービスデザインに関わっている。 ■日時 1月29日(金)12:00〜13:00 ■開催場所 オンライン ■対象者 未経験からAI業界への転職に興味がある方 未経験からAI業界にチャレンジしたい方 第二新卒からキャリアチェンジを検討している方 IT業界の非エンジニア職からAI職種にキャリアチェンジしたい方 IT業界のエンジニア職からAI職種にシフトしたい方 ■定員 100名(先着) ■参加費用 無料 ■参加特典 セミナー終了後のアンケート回答者には、当日セミナー資料を後日送付させて頂きます。 ■申込方法 こちらのconnpassページ「このイベントに申し込む」より、お申し込みください。 ■申込締め切り 1月28日(木)12:00 ■問い合わせ先 株式会社アイデミー カスタマーサポート support@aidemy.net ※アンケートでご登録いただくメールアドレスに、事前案内のメールをお送りします。 迷惑メールの設定や、メールアドレスの記載に誤りによって、ご案内ができないケースがございます。 設定確認と登録アドレスに間違いがないよう、ご協力お願いいたします。 ■個人情報取り扱いについて 本セミナーに関する個人情報の取り扱いについて/株式会社アイデミー(以下、当社といいます)は、当社「プライバシーポリシー( https://aidemy.net/privacy-policy )」に記載の利用目的に基づき、本セミナーにお申込みいただいたお客さまの個人情報を取得させていただきます。お客さまの同意のもと、お客さまの個人情報を利用させていただくにあたって、当該個人情報は「個人情報の保護に関する法律」の定めに従い、適正に取り扱います。

6ec50ec2b5442b75fbd148cc398fbc08 Tier IV/ティアフォー
自動運転を実現するWeb技術を説明します!
イベント概要 自動運転スタートアップ『Tier IV(ティアフォー)』のテックミートアップです。Tier IVでは公道での自動運転を実現するため、Webと自動運転を融合し、自動運転のバックエンドシステムとしてデータ基盤やCI/CD、ログトレースを独自に開発し、安全な運転を目指しています。 本イベントではTier IVの自動運転Webシステム『Web.Auto』の開発で取り組んでいる活用や工夫、苦労話を紹介します。 可能な限りGoogle meet枠でご参加ください! ※ハッシュタグ #tieriv_meetup 申込方法 connpassからお申し込みください。 対象者 自動運転が好きな人! これから自動運転を好きになる予定の人 むしろ自動運転から好かれている人 登壇者 加藤真平(創業者兼CTO) 1982年生まれ。2008年、慶應義塾大学で博士(工学)の学位を取得後、カーネギーメロン大学とカリフォルニア大学にて研究員を務める。2012年に帰国し、名古屋大学の准教授に着任。2015年に自動運転ソフトウェア「Autoware」をオープンソースソフトウェアとして公開。 2015年12月1日にティアフォーを創業。2016年、東京大学の准教授に着任。2018年に国際業界団体「The Autoware Foundation」を設立、代表理事に就任。 関谷英爾 Autowareのデータ収集・MLOps開発を経て、現在はDirector of Engineeringとして自動運転車両の「運行管理システム」や「シミュレーターを用いたCI/CDパイプライン」など、クラウドシステムが関わるサービス全体の設計・開発マネジメントを担当しています。 Makoto Tokunaga Webのバックエンドエンジニアをしてます。 画像認識/数理最適化の研究 → ERPパッケージ会社を経て、現在はTier IVで自動運転システムのCI/CD基盤の開発を行っています。 3104matsu 自動運転が普及していくためのデータ基盤を開発しています。 sawadashota ティアフォーで自動運転のためのWeb基盤を開発しています。 コンテンツとタイムスケジュール 2021年1月29日(金) 19:00~21:00 時間 内容 登壇者 19:00-19:05 開始 澁井(司会) 19:05-19:20 イントロダクション、Tier IVおよびWeb.Autoの事業紹介 加藤CTO 19:20-19:40 自動運転の会社でなぜデータ基盤が必要なのか?そこで今やっていること 3104matsu 19:40-20:00 AWS X-Rayを使ったマイクロサービスのトレーサビリティ向上 sawadashota 20:00-20:10 休憩 - 20:10-20:30 自動運転システムのCI/CDとは? Webシステムとの違いってなんだ Makoto Tokunaga 20:30-20:45 Q&A 澁井(司会) 20:45-20:50 エンディング 関谷 会場 オンライン開催となります。 YouTube Live URL: 後日案内します ツールは、前半の各セッションはGoogle Meetを使用します。YouTube Liveでの閲覧も可能です。 詳細はconnpass経由で別途ご連絡させていただきます。 申し訳ありませんが、交流会は中止とさせていただきます。 後半の交流会は、Google Meetブレイクアウトセッションで行います。 主催企業 株式会社Tier IV(ティアフォー) 世界初の自動運転のオープンソースソフトウェアであるAutowareの開発を主導し、ラストマイルのドライバーレスモビリティやロジスティクスのアプリケーションを初めとした様々な環境に適用可能な自動運転ソフトウェアを開発するディープテックスタートアップです。 https://tier4.jp/ リンク集 株式会社Tier IV Web.Auto Tier IV Tech Blog Tier IV Twitter Tier IV Facebook Tier IV Youtube Tier IV LinkedIn Tier IV Instagram The Autoware Foundation 注意事項 本ミートアップは、参加者と情報を共有するための場です。 講演内容やタイムスケジュールは変更となる可能性がございます。 当日のイベント内容は後日任意の媒体にて公開させていただくことがあります。 イベントレポート作成のため、お写真を撮らせていただくことがございますので予めご了承ください。 イベントは、止むを得ず中止させていただく場合がございます。 その際は、本サイトからのメッセージよりご連絡させていただきますのでご確認をお願いいたします。

1/30 (土)

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
注意!! ● 時間が9:00-11:00です。(2020年1月から30分延びました。) ● 入館時に受付でマスク確認、検温、手洗い・手指消毒、連絡先の記入が必要です。マスクの着用お願いします。 ● 会場では飲み物はOK、食べ物はNGです。 ● 会場の定員が15名まで制限されているため、参加者が多い場合、ご家族の入室をお断りする場合があります。 ● オンライン会議室のURLは、前日に参加者に連絡いたします。 にぎわい交流館の新しい利用ルールについては、こちらをご覧ください。 https://shimin-kouryu.net/news/20853/ 開催概要 CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 開催日時・場所 日時: 2021/01/16(土) 9:00-11:00 場所: 日進市にぎわい交流館 2F 会議室ABC / オンライン会議室 アクセス方法はにぎわい交流館のページを参考にしてください。 http://shimin-kouryu.net/about/access/ 車でこれらる場合は、にぎわい交流館または日進市役所の駐車場が利用できます。 オンライン会議室のURLは前日に連絡いたします。 タイムテーブル 時間 内容 09:00 受付開始 09:05 スタート (スタート前に会場のWiFiに接続をお願いします。) 10:40 発表(各自今日やったことを発表してください) 10:55 終了・後片付け 11:00 撤収 パソコン・タブレットについて WiFi接続可能なノートパソコンまたはタブレットをご持参ください。会場ではWiFiが使用できます。 お持ちではない方は申し込み時にその旨記載ください。(ただし台数に限りがあるため、対応できない場合もあります。) Scratch3.0はInternet Explorerでは使えません。OSがWindow7, 8の方は、Google Chromeをインストールしてきてください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html micro:bitについて micro:bit(マイクロビット)は、25個のLED、2個のボタンスイッチ、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能などがついている小さなコンピューターです。 https://microbit.org/ja/guide/ あらかじめ搭載されているセンサーを使って状態の変化を検知したり、LEDを光らせたり、音を鳴らしたり、モノを動かしたりできます。 micro:bitでプログラミングすることにより、普段の生活のさまざまな場所でプログラムが動いているのを身近に感じてもらえると思います。 CoderDojo日進では、micro:bit本体とmicro:bitで動くロボットカーを貸し出します。ぜひ試してみてください。 プログラムの作成にパソコンまたはタブレットが必要ですので、お持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は「パソコン貸出希望」と申し込み時に記載ください。 その他のプログラミングについて テキストプログラミングでは、2018/11/01より初心者向けの教材としてProgateが利用できるようになりました。興味がある方は申し込み時に連絡ください。Progateを利用しなくてももちろん構いません。 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について 会場内及びオンラインで写真撮影&画面のキャプチャーを行い、ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に説明等を行いますので、開催30分前の9:30頃会場にお越しください。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/

69acba6fa4ee8969218ddd20226fda94 名古屋のもくもく会 "TECH:N"
少人数で仲良くなれる ゆるいけど朝からもくもく会
イベントの説明 名古屋駅周辺にて開催のもくもく会です! エンジニア、デザイナーの方、プログラミング初学者の方、 その他何かもくもくしたい方いらっしゃればご参加ください! . 機械学習でもくもくしたい インフラ、バックエンド、フロントエンド関連でもくもくしたい オリジナルアプリ開発をしたい デザイン作業をしたい 新しい言語を学びたい プログラミングをしたい 自分のサービスを作りたい などなど。 . もくもく会"TECH:N"で充実した1日を過ごしてみませんか? . また、ただもくもくと作業するするだけではありません。 交流の場を設けておりますので、繋がりを作りたい方にもおすすめです。 時間 時間 内容 9:00~ 開校、自己紹介、取り組むことを発表 11:40~ 終了、成果を発表、雑談 ~12:00 閉校 会場の使用時間をぎりぎりまで確保し、 作業時間を参加者に提供しておりますので 開始5分前に会場到着のご協力をお願いいたします。 . 天候不順や電車遅延で開校までに間に合わない場合は、 管理者までご連絡願います。 場所 愛知県名古屋市中村区椿町1-3 チサンビル406号室 https://maps.google.com/maps?q=35.1730383,136.8794034 会場詳細↓↓ https://www.spacee.jp/listings/11351 持ち物 マスク(必須、感染対策にご協力願います) 作業できるもの(PC、本、ノートなど) 名刺(任意です。交流目的) SNSアカウント(任意です。交流目的) 飲み物、食べ物(任意です。)※ゴミの持ち帰りのご協力願いします イアホン(空調設備や車両騒音が多少あります。気になる方はご持参ください) もくもく会参加の方へ TECH:Nでは、情報共有やお知らせ等をSlackで発信しております。 グループ参加者、イベント参加者を対象にSlackの招待をさせていただいております。 招待メッセージからの参加手順を添付した資料を、イベント前1〜3日前に送信いたします。 メッセージを受け取れない、登録方法がわからないなど不明点がありましたら、管理者までお問い合わせ下さい。 【COVID-19対策】コロナ対策 運営はもとより安全・健康確保を考慮した予防対策を強化した上で、継続してイベントを開催しています。 詳細につきましては以下をご覧くださいませ。 会場入口での検温の徹底 検温時37.5度以上の参加者のご入室を御断りしております。 会場内換気の励行 定期的に換気を行っております。 会場各所へのアルコール消毒の設置、使用の徹底 会場入口にアルコール消毒を常設し、積極的なご利用を推奨させて頂いております。 政府の方針にて、緊急事態宣言及び地域独自の制限等が無い限りは、予定通り開催する運びであります。 引き続き、細心の注意を払いながら今後イベント運営に努めてまいりますが、 状況を注視した上で実施の有無を判断し、ご連絡させていただきます。 以上、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

92cf816bc5cef7b7ce2eefcbe25eb15a CoderDojo天白
今回は生涯学習センター第2集会室です
CoderDojo天白 当分、生涯学習センター第2集会室で行います。開始時間も13時30分にします 内容は原則、自由ですが、今回も何かテーマを作って、みんなで楽しめればと思っています。 新型コロナウイルス感染症対策について 施設を利用するにあたって、とりあえず、下記の事柄に配慮願います。    ・入館の際には、手洗いや消毒を促すようにして、密集して入館しません。  ・部屋に消毒液を置きます。  ・館内ではマスクを着用し、活動中もできる限りマスクを着用します。  ・館内では、密集しないよう対策を講じ、できるだけ、それぞれの距離を2m程度空けます。 また、来館前に平熱以上の方、風邪症状がある方、体調不良の方は利用を避けてください ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CoderDojo 天白では今まで、授業をやったり、自主的にやってもらったり必ずしも一貫した姿勢ではやっていませんでした。今年から、さらに自主的にプログラミングを楽しむという方向でやっていきたいと思います。 CoderDojo天白でできること ・ Scratchを使ったプログラミング・・・作品制作を楽しみましょう! ・ テキスト・プログラミング・・・ホームページ、ゲーム作成をサポートします ・ Processingという画像処理アプリでテキストによるお絵描き。アニメーションを楽しみましょう ・ ビスケット・プログラミング・・・お絵かきを楽しみながらプログラミング感覚を養いましょう こんないろんなことができるはずです。。。 参加するときは ・ 原則、自主制作です。自分で作品を作ったり、勉強したりすることを楽しんでください。 ・ 会場についたら受付でどんなことをやるか言ってください。 ・ よかったら、少額でいいので募金箱に寄付をしてくれるとありがたいです。 ・ はじまる前に皆さんがどういうことをやるかをお聞きします。 ・ メンターがいい話があれば紹介します。 ・ 1時間程度、自主的に作品制作を通じた勉強をします。 ・ おわりの前に今日の結果を発表します。 ・ 最後に集合写真を撮ります。 ・ 帰る前に会場の整理を手伝いましょう。 ・ 挨拶をして帰りましょう 新しく忍者として参加される方へ ・ 開始10~15分前に受付を済ませてください 新しくメンターとして参加される方へ ・ メンター枠で応募してください ・ 後日、連絡を取りますので、メールアドレスをお知らせください サポーターとして参加される方へ 会場での受付・写真撮影などをお願いできればと思います。 当日、お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。 progate_ の利用 ・ CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。テキスト・プログラミングの基本的な内容を少しずつ、小テスト形式で進めていくようです。 ・ 利用を希望される方は coderdojotempaku@gmail.com へ申請願います。 ・ 定員15名ですので、多くなればやりくりしながら使っていこうと思います。 参加に際しては次のことをお願いします。 Dojo内では Cool! が原則です。他人の迷惑にならないように行動しましょう。 CoderDojoでは参加忍者の年齢は7歳から17歳までとなっていますが、天白では、もう少し若年の忍者はビスケットで楽しんでもらえます。高学年の忍者はユースメンターとして活動していただくとありがたいです。 Scratchの利用に際してはつぎの順序でお願いします ・ 初心者、また、低学年の忍者はScratchデスクトップから始めてもらう。 ・ Scratchアカウントは家庭でとってもらう。 ・ 当面、Wifi環境はそのままにしておきますので、必要と感じられたらパスワードを聞いて設定していただく。  Scratchデスクトップのダウンロードは下記からお願いします。  https://scratch.mit.edu/download プログラミングでは、計画などのために、メモ用紙、筆記用具もあると便利です! 参加費は無料ですが、会の諸雑費の費用として寄付していただければと思い、募金箱を受付に置きます。 では、楽しい時間を過ごしましょう!!

2/2 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

2/3 (水)

7b3a579930fa0f0602aede8585f8dc23 PWA Night
「PWAとは」「どんな技術」「ビジネスメリットは」。PWAの基礎が学べます
イベント受け付け用URL https://bit.ly/3mz0LPR 今回はランチタイムにさくっと行います。お昼でも食べながらぜひお聞きください! PWA Night for Beginnersとは? 「PWAの活用方法やWebのミライを、カジュアルにみんなで考えていく会」 というPWA Nightのコンセプトはそのままに、話題になっているPWAをこれから勉強していこうという方向けに、PWAのトレンドの背景や、事例、技術的なことなど、職種関わらず知っておきたい初めての方向けの基本情報を幅広く共有する会です。 ぜひこの会をきっかけに、PWA Night通常回にもご参加いただけると嬉しいです。 オンライン開催です 参加者には参加用URLをご連絡します!(ZoomまたはGoogle Meetなどを予定しています) 対象 エンジニアはもちろん、デザイナー、ディレクター・・・ PWAに興味がある、これから始めていこうかなと思っているすべての人が対象です! PWAはWebのミライを作るコンセプトです!楽しくあたらしい時代をみんなで作っていきましょう! セッションとタイムスケジュール 時間 内容 12:00 開場 12:00 挨拶&PWA Nightについて 12:10〜12:30 セッション『PWAとは。アプリとしてのPWAとネイティブの比較と、活用どころ』by 角谷さん@TAM 12:30〜12:35 休憩/Q&A 12:35〜12:55 セッション『PWAの作り方をさくっと学ぼう。実装方法について』 by 菅家さん@TAM 12:55〜13:00 Q&A 13:00〜13:05 諸々ご案内 登壇者プロフィール 角谷仁(すみや・ひとし) Twitter @hitoshisum 大規模WebサイトやWebアプリケーション開発のプロデューサー/プロジェクトマネージャ。 デジタルエージェンシーTAM取締役、チームマネージャ。PWA案件も複数担当しています! PWA Night発起人。Webのミライをみんなで作っていけるといいな 菅家大地 (かんけ・だいち) Twitter @kan_dai Webコンサルティング会社のデザイナーを経て株式会社TAMのフロントエンドエンジニアに。 大手企業のWebサイトやアプリのフロントエンドの開発業務に従事。 2019年3月に宮城県に移住。PWA Nightの他、仙台のフロントエンドコミュニティの運営に携わっている。

D341800d43eb5aa8b546cf24a9d676e5 機械学習 名古屋
JAWS-UG名古屋と共同開催!
今回のイベントについて JAWS-UG名古屋様 との共同開催による合同勉強会です! PyTorch による ハイパーパラメータ最適化とMNIST学習 AWS連続勉強会 第2弾は、「PyTorch による ハイパーパラメータ最適化とMNIST学習」です。 有名なMNISTですが、AWSを使って下記のハンズオンを行います。 多層パーセプトロン (MLP) を使った手書き文字 (MNIST) の分類 Local modeを用いてハイパーパラメータ探索 Spotインスタンスの利用によるコスト削減(Optional 通常、インスタンス利用料が発生しますが、前回同様、当日、クーポンを配布しますのでご安心ください。 時間割 19:00-19:10 オープニング 19:10-20:10 PyTorch による ハイパーパラメータ最適化とMNIST学習 質疑応答 参加方法 完全オンラインイベントです。 Google Meet を利用します。 開催の数日前に、connpass登録の連絡先にミーティングコードを含むURLを案内いたします。 PCで参加の方は、そのURLにアクセスし、ニックネームを入力(オプション)して参加してください。 スマホアプリ もあります。会議コード(ミーティングコード)を入力して参加してください。 接続先情報は、このイベントページの『参加者への情報』にも掲載予定です(時々チェックしてみてください) 発表者は、画面共有機能で発表スライドを表示できます。事前にご自分の発表資料が正常に共有表示できるかご確認いただくことをおすすめします。 資料 当日、参加の方にリンクを送ります。 事前準備 ハンズオンには事前に以下のご準備をお願いします。 上限緩和申請が必要ですので、必ず、事前準備をよろしくお願いします。 ハンズオンの前準備 上限緩和申請 *AWS様からのご提供 お問い合わせについて お問い合わせのある方は、このページの「イベントへのお問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。 フィードからのお問い合わせには気付かずに返信ができない場合がありますのでご了承ください。

2/4 (木)

75c4f7759284935242c76e0c066095ea Micro Hardening
※ 2021年1月21日追記 ※ 本イベントはオンライン開催に変更しました。 ※ 物理会場に参加予定の方はそのままオンライン参加として取り扱います。 本イベントについて 本イベントは「サイバーセキュリティデイズ2021」のPractice Dayとして開催します。 「ニューノーマル時代の『ビジネス』を護るサイバーセキュリティデイズ2021」を開催 北陸総合通信局 Micro Hardening とは? 戦う相手は過去の自分 Micro Hardening は「衛る技術の価値を最大化することを目指す」プロジェクトであるHardening Projectから生まれたサブプロジェクトです。「セキュアなハードニングをカジュアルに競技形式で学ぶ勉強会」であるMINI Hardening Projectよりもさらにカジュアルに「ゲーム感覚で」サイバー攻撃に対処する能力を磨くことを目指しています。 Micro Hardeningでは、参加者は45分という限られた時間のなかで、提供されたECサイトに対する様々なサイバー攻撃に対処することが求められます。参加者は用意されたECサイトにログインし、スタートコマンドを実行することで、ゲームの開始を任意のタイミングで行うことが可能です。スタートコマンドが実行されると、ECサイトに対して買い物を行うクローラが動き出します。このクローラがECサイトで購入した金額が参加者の得点となり、ECサイトを安定稼働させることが高得点につながります。クローラが動作する裏側では自動的に多数のサイバー攻撃も行われ、ECサイトの安定稼働を妨害します。参加者は次々と発生するサイバー攻撃を防御し、停止したECサイトを復旧することで売上を稼ぎ、さらに防いだ攻撃に応じたボーナス得点(追加のクローリング)を得ることができます。Micro Hardeningの評価は単純に稼いだ得点のみを対象としています。 Micro Hardeningのゲームは45分を1セットとし、複数セット(最低3回以上)繰り返すことを想定しています。毎回、同じタイミングで同じ攻撃が発生するように設定しています。Micro Hardeningは報告書作成や、攻撃手法や防御方法の解説の時間を組み込まない代わりに、毎回少しずつ攻撃の状況を観測し、対処する方法を試すことで、エンジニアとしての能力向上が実現できることを目指しています。理想的にはシューティングゲームのように、敵の攻撃のパターンを覚えることで高得点を稼ぐことができるシステムにしたいと願っています。 自分のスコアが少しずつ上がっていく達成感を味わいながら、サイバー攻撃に対応する経験を積んでもらえたらなと思っています。戦う相手は過去の自分。 ハッシュタグ #microhardening v1からv2の変更内容 競技環境を更新 新しい脆弱性やソフトウェアを導入 サービスの稼働率をSLAポイントとして集計 業務要件の制約の中でセキュリティ対策を実施することを実装 当日の流れ 13:00 説明開始 14:00 ゲーム開始 45分 x 3セット 18:00 終了 持ち物 自分のパソコン Zoomクライアント SSHターミナルクライアント(必須) Windowsの方はTeratermセットが便利 VNCクライアント 自分のパソコンのhostsファイルを編集できること (管理者権限を持っていること) 健康な体 SSHでログインしてLinuxコマンドで操作できること(操作できる人と一緒に参加することも可) 多少のトラブルを笑って受け入れられる広い心 会場 ハイブリッド開催 物理会場 IT ビジネスプラザ武蔵 交流室(金沢市武蔵町14−31) オンライン会場 ※オンラインのみの開催となりました その他 connpassの応募ボタンを押しただけではイベント参加情報は提供されません。1月20日以降、connpass経由で配信するメッセージを参照し、Micro Hardening用Slackにご参加ください。 チーム分けは事務局側で行います(各チーム4人~6人) 「チーム参加」希望者は、Slack の登録名を所属チームが分かるように工夫(例:個人名(チーム名))してください この演習は答えを教えるテストではありません。実践演習の学びを共有するスタイルです。演習終了後、シナリオの詳細は解説せず、参加者同士の取り組みを参照する形式にて振り返ります。 メディア記事 @IT セキュリティ・アディッショナルタイム(19):転んだ経験が、いつかセキュリティを進める力に (1/4) @IT セキュリティ・アディッショナルタイム(28):失敗が許される環境でインシデント対応に付きまとう利害調整や時間の制約を経験――あらためて振り返るHardening競技会 (1/2) 買い物安全防衛戦 サイバー攻撃を防げ セキュリティ競技会 学生たちが腕試し 札幌市 北海道警で大学・高校生向けのサイバーセキュリティイベント 参加者の体験談 v1 第1回、microhardening バージョン1 東京編 ~ 聖地さくらインターネット開催編 - Togetter Micro Hardening v1.0に参加してきました | *白百合めも* Webエンジニアのためのセキュリティ実践演習: Micro Hardening体験 | owlWorks やろう、ハードニング | セキュリティ | DoRuby Micro Hardening in 鹿児島 に参加しました | 降灰注意報! Micro Hardening in 鹿児島を開催しました 湯るセキュ Micro Hardening in 草津温泉に行ってきました。 - Flying Cat Penguin Micro Hardening in 草津 参加してきました?? - 努力なくして力なし 第7回tktkセキュリティ勉強会Tweetまとめ( #tktksec #microhardening) - Togetter 第7回tktkセキュリティ勉強会~Micro Hardening~で汚名返上しようとした結果 R3 Cloud Journey Micro Hardening v1.x@沖縄に参加しました! - nmtysh.log Micro Hardening v1.x@長野 writeup - blog.toxn Micro Hardening v1.x@長野でドン勝!! - nuwaa Micro Hardening v1.1に行ってみた - やっつけ不定記 Micro Hardening v1.x@岡山 でリベンジ? - banbanの備忘録 越後湯沢でMicro Hardeningを体験してきたゾ! - ファーエンドテクノロジー株式会社 コーポレートブログ OWASP Nagoya #8 ~Micro Hardening~@名古屋 040.副業元年/だらさんインタビューVol.4■Micro Hardening 「Micro Hardening長崎」を開催しました Micro Hardening で学ぶ 衛る技術(サイバーセキュリティ) mh4yに参加してきた(micro hardening for youth) 【MH4Y】マイクロハードニングForユース(個人の見解)【サーバ運用】 Micro Hardening for Youth 2019 に参加しました mh4yの参加記録 セキュリティをゲーム感覚で学べる競技 Micro Hardening for Youth 「Micro Hardening」に参加してきました Event Report Micro Hardening in Aizu 参加者の体験談 v2 Micro Hardening v2.0参加記録 - ohy-sのブログ Micro Hardening v2 オンラインに参加してみた - ぱんなこったのseclog Micro Hardening v2、ビミョーな結果と課題 - nuwaa Micro Hardening v2@オンラインに参加しました - 鹿児島県サイバーセキュリティ協議会 Micro Hardening v2 @オンラインに参加しました - SEが最近起こったことを書くブログ

8184d108967fae5e889523f00939b033 金融エンジニア養成コミュニティ
戦略的惰性からの脱却
(1/6更新)好評につき300名から500名に増枠 (1/4更新)好評につき100名から300名に増枠 今回テーマは『オープンバンキングと自律型金融』 「金融エンジニア養成コミュニティ」とは? 金融エンジニア養成コミュニティ(FETC:FinTech Engineer Training Community)は「より良い未来の社会を切り拓くためにVUCA(*)時代を乗り越えれる金融関係者(エンジニア、マネージャー、経営者)を養成すること」を目的としております。 ※VUCAとはVolatility(変動性、不安定性)、Uncertainty(不確実性)Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字からなる造語で、「あらゆるものをとりまく環境が複雑性を増し、将来の予測が困難になった状態」を指します。もともとは軍事用語ですが、近年はビジネスを表す言葉としても使われるようになりました。 「フィンテックエンジニア養成 勉強会」とは? フィンテックエンジニア養成 勉強会は、金融エンジニア養成コミュニティが不定期に開催する勉強会です。 過去のレポート(抜粋)はこちらを参照ください。 『ブロックチェーン ビジネスアイデア』ワークショップ 東京証券取引所でのIT勉強会(クラウド、AI、ビッグデータの活用) UX,AI,チャットボット勉強会 ※取材レポート作成:株式会社グッドウェイ 日時 2021月2月4日(木)19:00〜21:00 配信形式 Zoom または YouTube 参加対象 金融全般に興味のある方 フィンテックに興味のある方 IT技術に興味のある方 クリエイティブなビジネスに興味のある方 後援 メディア プログラム 時間 内容 19:00 - 19:05(5分) オープニング 発表者: 阿部一也@Institution for a Global Society 19:05 - 19:30(25分) トーク『(仮)フィンテック最新動向』 講演者:藤井 達人@日本マイクロソフト 19:30 - 19:40(10分) FinoLab説明 講演者:柴田 誠@FinoLab 19:40 - 20:50(75分) パネルディスカッションテーマ『オープンバンキングと自律型金融』 パネラー: 鬼頭 武嗣@クラウドリアルティ パネラー: 八巻 渉@カンム パネラー: 伊藤 祐一郎@Finatext パネラー: 藤井 達人@日本マイクロソフト モデレーター:柴田 誠@FinoLab 20:55 - 21:00(5分) クロージング発表者:阿部 一也@Institution for a Global Society 発表者 トーク、パネラー 藤井 達人(ふじい たつと) 日本マイクロソフト株式会社 エンタープライズ事業本部 業務執行役員 金融イノベーション本部長 一般社団法人 金融革新同友会 FINOVATORS IBMにてメガバンクの基幹系開発、インターネットバンキング黎明期のプロジェクト立上げ、金融機関向けコンサルティン グ業務に従事。その後、Microsoftを経て、三菱UFJフィナンシャル・グループのイノベーション事業に参画しフィンテック プロジェクトを立上げ。おもな活動として「Fintech Challenge」「MUFG Digitalアクセラレータ」「オープンAPI」等。また、MUFGコイン、イノベーションハブ等の新規事業等の立上げも手がけた。その後、auフィナンシャルホールディングスにて、執行役員チーフデジタルオフィサーとして金融スーパーアプリの開発に取り組んだ。現在はMicrosoftに復帰して金融機関のイノベーション推進に携わる。 一般社団法人 金融革新同友会FINOVATORS 創立メンバーとしてフィンテック企業の支援なども行っている。 同志社大卒、東大EMP第17期修了。 パネラー 鬼頭 武嗣(きとう たけし) 株式会社クラウドリアルティ 代表取締役 / 一般社団法人Fintech協会 代表理事副会長 東京大学工学部建築学科卒業、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。ボストン・コンサルティング・グループを経て、メリルリンチ日本証券の投資銀行部門にて不動産業を中心とした事業会社及びJ-REITのIPO・公募増資の主幹事業務、不動産証券化に関するアドバイザリー業務など多数の案件を執行。2014年に株式会社クラウドリアルティを設立し、代表取締役に就任。一般社団法人Fintech協会代表理事副会長、内閣府革新的事業活動評価委員会委員。 パネラー 八巻 渉(やまき わたる) 株式会社カンム 代表取締役 / 一般社団法人Fintech協会 理事 1985年生まれ。2009年に慶應義塾大学 理工学部 情報工学科を卒業後、同学SFCとの産学連携を通じ設立された株式会社Studio Ousia(人工知能・自然言語処理分野の研究開発)入社。2011年に株式会社カンムを設立し、2013年から大手クレジットカード会社と提携し、クレジットカードデータを使った国内初の送客サービス「Card Linked Offer(CLO)」を運営開始。 2016年9月には株式会社オリエントコーポレーションと提携し、アプリから誰でも1分で作れるVisaプリペイドカード「バンドルカード」をリリース。2020年1月時点で200万インストールを突破。2019年から一般社団法人Fintech協会の理事も務める。 パネラー 伊藤 祐一郎(いとう ゆういちろう) 株式会社Finatextホールディングス 取締役CFO 東京大学経済学部卒業。 2010年よりUBSの投資銀行本部においてIPOやグローバルM&Aのアドバイザリー業務に従事。 2016年に株式会社Finatextに参画しCFOに就任。 資産運用や保険の領域において、非金融事業者のパートナーと新しい金融サービスを創造するSaaS型金融基幹システムの開発に取り組む。 モデレーター 柴田 誠(しばた まこと) Head of FINOLAB, CCO 株式会社FINOLAB 株式会社FINOLAB設立とともに現職就任。東大経済学部卒、東京銀行入行、池袋支店、オックスフォード大学留学(開発経済学修士取得)、経理部、名古屋支店、企画部を経て1998年より一貫して金融IT関連調査に従事。 2018年三菱UFJ銀行からMUFGのイノベーション推進を担うJDDに移り、オックスフォード大学の客員研究員として渡英。 日本のフィンテックコミュニティ育成に黎明期より関与、FINOVATORS創設にも参加。 運営事務局 藤井 達人 (運営事務局) 日本マイクロソフト株式会社 エンタープライズ事業本部 業務執行役員 金融イノベーション本部長 一般社団法人 金融革新同友会 FINOVATORS 阿部 一也 (運営事務局) Institution for a Global Society株式会社(IGS) 上席研究員 twitter : @abenben github : abenben note : 金融エンジニア養成コミュニティ(abenben) 発表資料 : Speaker Deck IT企業でシステムエンジニアとしてキャリアを積んだ後、三菱UFJトラスト投資工学研究所にて最新技術の調査や研究業務の支援やMUFGデジタルアクセラレータのメンターに従事し、現在はIGSにてブロックチェーンを活用した信用社会創造の研究に取り組んでいる。 自律分散社会フォーラム会員、熱い金融マン協会、一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会 認定ジュニアコンサルタント、PyCon JP講演(2016,2018,2019,2020)。 複数のコミュニティ運営、技術書の執筆、イベントの企画なども行う。 <コミュニティ運営> - VUCA Labo - フィンテックエンジニア要請コミュニティ - Start Python Club - fin-py - Fin-JAWS - X-Tech JAWS - found IT *サポーター - つくばビットコインミートアップ 高屋 卓也 (運営事務局) 株式会社 技術評論社 書籍編集者。2013年より現職。担当作に『データサイエンティスト養成読本』シリーズなど。 注意事項 プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 イベント内容、発言、映像などが記事化される可能性がある旨をあらかじめご了承ください。掲載媒体は、新聞、雑誌、オンライン・メディア、TVを含みます。 撮影した素材、イベント抄録は、弊社ウェブサイト、ソーシャル・メディア等を通じまして、事前に確認無く、社外に公開させていただく場合があります。 人材紹介業、営業、ネットワークビジネス勧誘目的の参加はご遠慮ください。 その他、事務局が不適切と判断した場合は、ご入場をお断りさせていただく場合がございます。 個人情報の取り扱いについて 主催者(金融エンジニア養成コミュニティ)は、参加者の個人情報を次の利用目的のためだけに取得・利用するものとします。 本イベントの運営管理 本イベントに関する連絡・広報活動 イベントその他のお知らせの配信 *特にお申出が無い場合は、当イベントへの参加をもって上記内容にご同意いただいたものとさせていただきます。

2/5 (金)

61d628a8fb3e0ef91635ca44ae6d80b1 AITCオープンラボ
ーSWEBOKとSE4BSの挑戦 -
「DXシリーズ」のご案内 AITCでは毎年 総会開催に合わせ、次年度の重点施策を策定いたします。 昨秋の第11回総会(2020年10月9日オンライン開催)では、ICT(先端ITを包含)の利活用による企業の社会的価値の創出へ貢献することを目指し、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関する情報提供や議論等にも取り組むことが重点施策の一つとして決議されました。 これを踏まえ、DX分野を主導されている方々をお迎えし、AITC Webセミナー「DXシリーズ」を開催いたします。 本セミナーにはAITC会員のみならず、DXにご関心をお待ちの方にご参加いただけます。奮ってご参加ください。 なお、AITC WebセミナーDXシリーズ「DX時代におけるソフトウェア/ビジネス/社会のあり方を考える~役割を超えて、マインドセットを変えて、未来を創ろう!~ 」の全容については、下記の「DXシリーズ開催計画」をご参照ください。 「DXシリーズ」第2回開催概要 2021年1月27日(水)に開催した第1回オープニングイベントに続き、いよいよ連続講演が始まります。 今回は、そのトップバッターとして早稲田大学教授の鷲崎先生にご登壇いただk、「DX時代の新ソフトウェア工学体系」の全体像をご紹介いただきます。 次回以降の連続講演をお聴きいただく上で必聴とも言うべき最初のご講演です。ご期待ください。 日時:2021年2月5日(金)19時~20時 会場:オンライン(Zoomを使用予定) 会議室情報については、開催の前日にconnpassメッセージでお知らせします。 タイトル:DX時代の新たなソフトウェア工学に向けて – SWEBOKとSE4BSの挑戦 - 講演概要: 講演者がリードするソフトウェア工学知識体系Software Engineering Body of Knowledge (SWEBOK)の改訂過程に基づき、エコノミクスや価値との関係拡充を中心にソフトウェア工学の深化や拡大の過程を概観します。そのうえで、DX時代の価値創造とソフトウェアおよび周辺の関係のひとつのあり方として、講演者ら が進めるSoftware Engineering for Business and Society (SE4BS)の取り組み を解説します。そこでは、ビジネスおよび社会とソフトウェアをつなげるアク ショナブルな理論体系を知・情・意という観点で広げて構築するとともに、ビジネス・社会視点の価値駆動プロセスの一例を整理しつつあります。 講演者:鷲崎 弘宜様(早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授、スマートエスイーSmart SE 代表 プロフィール: 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授 国立情報学研究所 客員教授。株式会社システム情報 取締役(監査等委員) 株式会社 エクスモーション 社外取締役 ビジネスと社会のためのソフトウェアエンジニ アリングの研究、実践、社会実装に従事 2014年からアジャイル品質パターン QA2AQの編纂に参画 2019年からSE4BS(Software Engineering for Business and Society)の構築を有志で開始 2021年IEEE Computer Society Vice President for Professional and Educational Activities就任 対象者:DX時代のソフトウェア工学に関心がある方 技術者、企業戦略ご担当者、マネジメントの方々 募集人数:300人 AITC会員かどうかはこちらでご確認の上、申込アンケートにご記入ください。 " rel="nofollow">http://aitc.jp/consortium/members.html 募集締め切り: 2021年2月3日(水) 17時30分 参加費:無料 その他 ※内容を含むスケジュールは変更される可能性があります。最新情報をホームページ(" rel="nofollow">http://aitc.jp/)でお確かめの上、ご来場ください。 ※申込受付のご連絡、出席票 等は発行しておりません。申込確認をされたい場合や、ご都合により欠席される場合は、staff@aitc.jp へご一報ください。 ※個人情報に類するものについては、本会の運営およびAITCからのご案内のみに利用し、他の目的での利用および外部へ開示、提供することはございません。 ---------------------------------------------------- AITC Webセミナー「DXシリーズ開催計画」 テーマ:DX時代におけるソフトウェア/ビジネス/社会のあり方を考える~役割を超えて、マインドセットを変えて、未来を創ろう!~ 主催: 先端IT活用推進コンソーシアム(AITC) 協力: スマートエスイー 開催方法:オンライン開催(Zoomを予定) 参加資格:AITC会員、スマートエスイー関係者、DXに関心をお持ちの方 募集:connpassで都度ご案内 開催期間: 2021年1月~2021年6月(予定) <パート1>2021年1月~2021年4月 テーマ:ビジネスと社会をデザインし、構築するためのソフトウェア工学 対象者: 技術者、企業戦略担当、マネジメント <パート2> 2021年4月~2021年6月(予定) テーマ:日本企業におけるDX推進と実現に向けて 対象者: マネジメント、企業戦略担当、技術者 講師(順不同): ・鷲崎弘宜様 (早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授、スマートエスイー Smart SE 代表) ・平鍋健児様 (株式会社永和システムマネジメント代表取締役社長、株式会社チェンジビジョンCTO、Scrum Inc. Japan 取締役) ・萩本順三様 (株式会社 匠Business Place代表取締役 会長 & Methodologist) ・羽生田栄一様 (株式会社豆蔵 カンパニーCTO、IPA情報処理推進機構研究員、技術士[情報工学]) ・山本修一郎様 (名古屋大学 名誉教授、AITC顧問) ・前川徹様(東京通信大学情報マネジメント学部学部長・教授/国際大学GLOCOM主幹研究員) ・和泉憲明様 (経済産業省商務情報政策局アーキテクチャ戦略企画室長(併)ソフトウェア・情報サービス戦略室、AITC顧問) 開催スケジュール: <パート1> 第1回:2021年1月27日(水)19時~20時 オープニングイベント 第2回:2021年2月05日(金)19時~20時 鷲崎様ご講演 第3回:2021年2月17日(水)19時~20時 平鍋様ご講演 第4回:2021年3月12日(金)19時~20時 萩本様ご講演 第5回:2021年3月24日(金)19時~20時 羽生田様ご講演 第6回:2021年4月07日(水)19時~20時30分 パネルディスカッション 備考:セミナー終了後、講師との意見交換&懇親会を適宜開催の予定 <パート2> 詳細は後日ご案内

2/6 (土)

69acba6fa4ee8969218ddd20226fda94 名古屋のもくもく会 "TECH:N"
少人数で仲良くなれる ゆるいけど朝からもくもく会
イベントの説明 名古屋駅周辺にて開催のもくもく会です! エンジニア、デザイナーの方、プログラミング初学者の方、 その他何かもくもくしたい方いらっしゃればご参加ください! . 機械学習でもくもくしたい インフラ、バックエンド、フロントエンド関連でもくもくしたい オリジナルアプリ開発をしたい デザイン作業をしたい 新しい言語を学びたい プログラミングをしたい 自分のサービスを作りたい などなど。 . もくもく会"TECH:N"で充実した1日を過ごしてみませんか? . また、ただもくもくと作業するするだけではありません。 交流の場を設けておりますので、繋がりを作りたい方にもおすすめです。 時間 時間 内容 9:00~ 開校、自己紹介、取り組むことを発表 11:40~ 終了、成果を発表、雑談 ~12:00 閉校 会場の使用時間をぎりぎりまで確保し、 作業時間を参加者に提供しておりますので 開始5分前に会場到着のご協力をお願いいたします。 . 天候不順や電車遅延で開校までに間に合わない場合は、 管理者までご連絡願います。 場所 名古屋市中村区名駅3-13-28 名駅セブンスタービル307号室 会場詳細↓↓ https://www.spacee.jp/listings/10082 持ち物 マスク(必須、感染対策にご協力願います) 作業できるもの(PC、本、ノートなど) 名刺(任意です。交流目的) SNSアカウント(任意です。交流目的) 飲み物、食べ物(任意です。)※ゴミの持ち帰りのご協力願いします イアホン(空調設備や車両騒音が多少あります。気になる方はご持参ください) もくもく会参加の方へ TECH:Nでは、情報共有やお知らせ等をSlackで発信しております。 グループ参加者、イベント参加者を対象にSlackの招待をさせていただいております。 招待メッセージからの参加手順を添付した資料を、イベント前1〜3日前に送信いたします。 メッセージを受け取れない、登録方法がわからないなど不明点がありましたら、管理者までお問い合わせ下さい。 【COVID-19対策】コロナ対策 運営はもとより安全・健康確保を考慮した予防対策を強化した上で、継続してイベントを開催しています。 詳細につきましては以下をご覧くださいませ。 会場入口での検温の徹底 検温時37.5度以上の参加者のご入室を御断りしております。 会場内換気の励行 定期的に換気を行っております。 会場各所へのアルコール消毒の設置、使用の徹底 会場入口にアルコール消毒を常設し、積極的なご利用を推奨させて頂いております。 政府の方針にて、緊急事態宣言及び地域独自の制限等が無い限りは、予定通り開催する運びであります。 引き続き、細心の注意を払いながら今後イベント運営に努めてまいりますが、 状況を注視した上で実施の有無を判断し、ご連絡させていただきます。 以上、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2/7 (日)

68591b8804fe1f3e3caa271cce3347f1 全脳アーキテクチャ勉強会
認知機能の脳構造に沿った分解手法 脳機能の体系的理解を目指して
第1回 WBAレクチャー[オンライン] テーマ:認知機能の脳構造に沿った分解手法 脳機能の体系的理解を目指して 開催趣旨: 狙い:神経科学に接地した形で認知行動レベルにおける総合的な理解を得ることは人間科学における大目標の一つである。この理解を得るためには、第一にタスクに紐づく計算機能を適切に分解することで、蓄積が進む解剖学的構造と神経活動現象に対応づけるという課題がある。第二に、脳が相当に密連携したシステムであることを踏まえ、それら知見を標準的な形で蓄積することで脳全体におけるメゾスコピックレベルの知見を包括的に把握可能とするという課題がある。 最初の課題に対応するために、WBAIではソフトウエア実装に有用な計算機能の情報を、主に解剖学的構造を制約として付与する手法であるStructure-constrained Interface Decomposition Method (SCID法)を発展させた。本レクチャーでは、脳の広範囲において機能仮説を構築できるSCID法について概説する。 2つ目の課題に対応するために、認知行動レベルに関わる標準的なデータとして脳参照アーキテクチャ(BRA)の定義を進めた。BRAには脳全体の構造を基盤とした脳情報フロー形式と、そこにタスクに依存した機能と活動を付与されている。BRAは一定の品質を保つ必要があることから、その審査を行うための準備を進めており、本レクチャーでは作成した機能を含むBRAデータを正式に登録するための審査手続についても概説する。 BRAデータの形で、脳全体における様々な脳領域の機能がタスク階層に紐付いた形で整理されてゆけば、それを俯瞰的に利用することで、知識が断片化していた状況では得られなかった気づきを得たり、脳の広範囲における機能的なシミュレーションの基盤として利用したりできる。これは汎用人工知能含む脳型のソフトウエアの開発を促進するだろう。 勉強会開催詳細 日 時:2021年2月7日(日) (15:00~17:00) 会 場:オンライン Zoomウェビナー 定 員:300名 主 催:NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 運 営:WBA勉強会実行委員会 レクチャー用Slackチャンネルについて ご希望の参加者さまには、「WBAレクチャー」のSlackチャンネルにご招待します。Slackチャンネル上では、下記内容を予定しております。 スライド資料を事前公開いたします 当日質疑応答では、Slackからのご質問を優先的に選ばせて頂きます イベント終了後1〜2時間ほどは、講師が直接質問にご回答させて頂きます ご参加者さま同士での、SCID法、BRAデータの構築についての議論 ※ すべてのご質問にお答えする事を約束するものではありません。 ※ Slackチャネルに参加ご希望の場合は,こちらのコンタクトフォームからも承っています。 講演スケジュール 時間 内容 講演者 14:55 開場 15:00 開会の挨拶 田和辻 可昌(早稲田大学) 15:05 脳機能の体系的理解を目指して 山川 宏(全脳アーキテクチャ・イニシアティブ) 15:50 質疑応答(5分) 山川 宏 15:55 SCID法の実例 布川 絢子(全脳アーキテクチャ・イニシアティブ) 16:10 質疑応答(5分) 布川 絢子 16:25 審査と登録 山川 宏 16:40 質疑応答(15分) 田和辻 可昌 16:55 クロージング 藤井 烈尚(実行委員長) 当日の参加方法 開催前日および当日、Connpass から Zoom への登録情報(URL)のお知らせが届きます。 開催当日14:30時までに Zoom の登録URLにアクセスし、登録を行ってください。 登録する名前は実名でなくてもかまいません。 登録承認後、Host WBAI (noreply@zoom.us) から Zoom Webinar アクセス用のリンクを含むメールが送られてきます。 Zoom アプリの準備がまだの方は、事前にお使いの端末にインストールしておいてください。 開演時間(14:55)になったら上記リンクをクリックし、Webinar にアクセスしてください。 運営スタッフ プログラム委員長:山川 宏 実行委員長:藤井 烈尚 Zoomウェビナー担当:孫 暁白、生島 高裕 connpass:中村 真裕、藤井 烈尚 広報:荒川 直哉(WBAI事務局) Zoomパーフェクトマニュアル zoomについてのご不明点は、こちらを参考にしていただければ幸いです。 全脳アーキテクチャ勉強会創設者 ◎ 産業技術総合研究所 人工知能研究センター 一杉裕志 1990年東京工業大学大学院情報科学専攻修士課程修了。1993年東京大学大学院情報科学専攻博士課程修了。博士(理学)。同年電子技術総合研究所(2001年より産業技術総合研究所)入所。プログラミング言語、ソフトウエア工学の研究に従事。2005年より計算論的神経科学の研究に従事。 「全脳アーキテクチャ解明に向けて」 ◎ 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 山川宏 1987年3月東京理科大学理学部卒業。1992年東京大学で神経回路による強化学習モデル研究で工学博士取得。同年(株)富士通研究所入社後、概念学習、認知アーキテクチャ、教育ゲーム、将棋プロジェクト等の研究に従事。フレーム問題(人工知能分野では最大の基本問題)を脳の計算機能を参考とした機械学習により解決することを目指している。 ◎ 東京大学 教授 松尾豊 1997年東京大学工学部卒業。2002年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。産総研、スタンフォード大学等を経て、2007年から東京大学勤務。深層学習を中心とする人工知能の研究に従事。産学連携やスタートアップの育成などにも取り組む。 http://ymatsuo.com/japanese/ 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ創設賛助会員 全脳アーキテクチャ・イニシアティブでは、賛助会員を募集しております。賛助会員に登録いただきますと、当サイトに貴団体ロゴとホームページへのリンク掲載や、各種イベントの優先参加など、さまざまな特典がございます。詳しくは、こちらをご覧ください。 これまでに開催された勉強会の内容 第31回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:予測する脳と主体性の現象学 自由エネルギー原理からエナクティビズムへ | 吉田 正俊(北海道大学) *「境界のない外」をどう考えられるか?──現象学の観点から | 田口 茂(北海道大学) 第30回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:汎用AIと共生インタラクション Brain-Computer interfaceによる脳とAIのインタラクション | 栁澤 琢史(大阪大学) *ヒューマンエージェントインタラクション:AIとHCIの葛藤 | 今井 倫太(慶應義塾大学) 第29回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:脳と創造性 ひらめきは準備された心にやってくる ー認知科学における創造性研究ー | 三輪 和久(名古屋大学) 創造性における多角的なアプローチ ー認知・身体・他者ー | 清水 大地(東京大学) 第28回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:社会性の認知モデル ナイーブな欲求に基づくインタラクションの始まりとデザイン | 竹内 勇剛(静岡大学) 社会性の認知脳メカニズム | 嶋田 総太郎(明治大学) 「心の理論」の計算論的モデリング | 中橋 亮(ソニー・インタラクティブエンタテインメント) 第27回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:確率的グラフィカルモデルと脳 動的ボルツマンマシンとPommerman | 恐神 貴行(IBM 東京基礎研究所) 確率的グラフィカルモデルと離散構造処理 | 石畠 正和(NTT コミュニケーション科学基礎研究所) 第26回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:自由エネルギー原理 正解のない問題の解決: 実用的知能と行動選択の心理学 | 熊田 孝恒(京都大学) 感情と感情障害のしくみ -自由エネルギー原理の観点からとらえ直す- | 乾 敏郎(追手門学院大学) 第25回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:計算論的精神医学 エンジニアのための計算論的精神医学 | 浅川 伸一(東京女子大学) 計算論的精神医学:脳の計算理論に基づく精神障害の病態理解 | 山下 祐一(国立精神・神経医療研究センター) 第24回 全脳アーキテクチャ勉強会 トップダウン制約からの強化学習と社会学習 | 高橋 達二(東京電機大学) 仮説生成に向けた等価性構造抽出 | 佐藤 聖也(東京電機大学) 現代人工知能によって何が変わるのだろうか | 前田 英作(東京電機大学) アブダクションは具体的に研究しうる〜遮蔽補完の計算論〜 | 坂本 一寛(東北医科薬科大学) 第23回 全脳アーキテクチャ勉強会&第4回WBAハッカソン説明会 テーマ:脳における強化学習 強化学習 もう一つの源流:分類子システム | 荒井 幸代(千葉大学) 脳における強化学習| 太田宏之先生(防衛医大) 第22回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:自律性と汎用性 創発インタラクションの意義:機能分化に対する変分原理と数理モデル | 津田 一郎(中部大学創発学術院) デザインされた行動から自律発達的な行動へ:インテリジェンスダイナミクスに関して | 藤田 雅博(ソニー株式会社) 勉強会概要と発表資料 第21回 全脳アーキテクチャ勉強会 テーマ:「推論」 【脳科学】前頭葉での推論 | 坂上雅道(玉川大学) 【認知科学】人の推論過程 | 服部雅史(立命館大) 【人工知能】ベイジアンネット | 植野真臣(電気通信大学) 勉強会概要と発表資料 第20回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 海馬における文脈表現 海馬とエピソード記憶 ―脳は物語をいかに表現するか?― 全脳における海馬の計算論 第20回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 海馬における文脈表現 まとめ (togetter) 第19回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 脳・人工知能とアナログ計算・量子計算 アナログ計算機と計算可能性 量子アニーリングのこれまでとこれから 第19回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 脳・人工知能とアナログ計算・量子計算〜 まとめ (togetter) 第18回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 全脳規模計算 全脳シミュレーション 時間領域アナログ方式で脳の演算効率に迫る 第18回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 全脳規模計算 ~ まとめ (togetter) 第17回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 失語症と発達性ディスレクシア ~ 失語症と発達性ディスレクシア 脳内神経繊維連絡と失語症 発達性ディスレクシア - 生物学的原因から対応まで 第16回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 人工知能は意味をどう獲得するのか ~ ヒト大脳皮質における意味情報表現 画像キャプションの自動生成 第15回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 知能における進化・発達・学習 ~ ヒトの知性の進化 発達する知能 -ことばの学習を可能にする能力― 勉強会概要と発表資料 第14回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 深層学習を越える新皮質計算モデル ~ 大脳新皮質のマスターアルゴリズムの候補としての Hierarchical Temporal Memory (HTM) 理論 サル高次視覚野における物体像の表現とそのダイナミクス 勉強会概要と発表資料 第13回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ コネクトームと人工知能 ~ コネクトームの活用とその近未来 脳全体の機能に迫る 勉強会概要と発表資料 第12回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 脳の学習アーキテクチャー ~ 脳の学習アーキテクチャ パネルディスカッション「神経科学と全脳アーキテクチャ」 勉強会概要と発表資料 第11回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ Deep Learning の中身に迫る ~ 深層学習の学習過程における相転移 Deep Neural Networks の力学的解析 SkymindのDeep Learning への取り組み 勉強会概要と発表資料 第10回 全脳アーキテクチャ勉強会 「全脳アーキテクチャのいま」~ 全脳アーキテクチャプロジェクトとそれをとりまく周辺の最新状況報告 ~ 全脳アーキテクチャの全体像 人工知能の難問と表現学習 全脳アーキテクチャと大脳皮質モデル BESOM の実用化研究の構想 全脳アーキテクチャを支えるプラットフォーム 人工知能・ロボット次世代技術開発 汎用人工知能に向けた認知アーキテクチャが解決するべき知識の課題 感情モデルと対人サービス 若手の会の活動報告 勉強会概要と発表資料 第9回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 実世界に接地する言語と記号 ~ 脳内視覚情報処理における物体表現の理解を目指して ~ Deep neural network の利用とブレイン・マシン・インタフェースへの応用 ~ 記号創発ロボティクス ~内部視点から見る記号系組織化への構成論的アプローチ~ 脳科学から見た言語の計算原理 勉強会概要と発表資料 第8回 全脳アーキテクチャ勉強会 時系列データ ~ 脳と機械学習技術は時間をどう扱うのか ~ 脳における時間順序判断の確率論的最適化 順序とタイミングの神経回路モデル 深層学習によるロボットの感覚運動ダイナミクスの学習 勉強会概要と発表資料 第7回 全脳アーキテクチャ勉強会 感情 ~ 我々の行動を支配する価値の理解にむけて ~ 感情の進化 ~ サルとイヌに見られる感情機能 ~ 情動の神経基盤 ~ 負情動という生物にとっての価値はどのように作られるか? ~ 感情の工学モデルについて ~ 音声感情認識及び情動の脳生理信号分析システムに関する研究 ~ 勉強会概要と発表資料 第6回 全脳アーキテクチャ勉強会 統合アーキテクチャー ~ 神経科学分野と AI 分野の研究蓄積の活用に向けて ~ 分散と集中:全脳ネットワーク分析が示唆する統合アーキテクチャ 脳の計算アーキテクチャ:汎用性を可能にする全体構造 認知機能実現のための認知アーキテクチャ 勉強会概要と発表資料 第5回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 意思決定 深いゴール探索と深い強化学習の技術をヒントにして、前頭前野の機構の解明を目指す ~ Deep Learning とベイジアンネットと強化学習を組み合わせた機構による、 前頭前野周辺の計算論的モデルの構想 BDI ― モデル、アーキテクチャ、論理 ― 強化学習から見た意思決定の階層 勉強会概要と発表資料 第4回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 機械学習と神経科学の融合の先に目指す超知能 ~ 全脳アーキテクチャ主旨説明 AI の未解決問題と Deep Learning 脳の主要な器官の機能とモデル 脳をガイドとして超脳知能に至る最速の道筋を探る 自然な知覚を支える脳情報表現の定量理解 脳型コンピュータの可能性 勉強会概要と発表資料 第3回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 海馬:脳の自己位置推定と地図作成のアルゴリズム ~ 「SLAM の現状と鼠の海馬を模倣した RatSLAM」 「海馬神経回路の機能ダイナミクス」 「人工知能 (AI) 観点から想定する海馬回路の機能仮説」 勉強会概要と発表資料 第2回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 大脳皮質と Deep Learning ~ 「大脳皮質と Deep Learning」 「視覚皮質の計算論的モデル ~ 形状知覚における図地分離と階層性 ~」 「Deep Learning 技術の今」 WBA の実現に向けて: 大脳新皮質モデルの視点から 勉強会概要と発表資料 第1回 全脳アーキテクチャ勉強会 ~ 機械学習と神経科学の融合の先に目指す超知能 ~ 勉強会開催の主旨説明 AI の未解決問題と Deep Learning 脳の主要な器官の機能とモデル 脳を参考として人レベル AI を目指す最速の道筋 勉強会概要と発表資料 全脳アーキテクチャ勉強会の開始背景(2013年12月) 人間の脳全体構造における知的情報処理をカバーできる全脳型 AI アーキテクチャを工学的に実現できれば、人間レベル、さらにそれ以上の人工知能が実現可能になります。これは人類社会に対して、莫大な富と利益をもたらすことが予見されます。例えば、検索や広告、自動翻訳や対話技術、自動運転やロボット、そして金融や経済、政治や社会など、幅広い分野に大きな影響を与えるでしょう。 私達は、この目的のためには、神経科学や認知科学等の知見を参考としながら、機能的に分化した脳の各器官をできるだけ単純な機械学習器として解釈し、それら機械学習器を統合したアーキテクチャを構築することが近道であると考えています。 従来において、こうした試みは容易ではないと考えられてきましたが、状況は変わりつつあります。すでに、神経科学分野での知見の蓄積と、計算機速度の向上を背景に、様々な粒度により脳全体の情報処理を再現/理解しようとする動きが欧米を中心に本格化しています。 また Deep Learning などの機械学習技術のブレークスルー、大脳皮質ベイジアンネット仮説などの計算論的神経科学の進展、クラウドなどの計算機環境が充実してきています。 こうした背景を踏まえるならば、全脳型 AI アーキテクチャの開発は世界的に早々に激化してくる可能性さえあります。 そこで私達は、2020年台前半までに最速で本技術を実現できるロードマップを意識しながら、この研究の裾野を広げていく必要があると考えています。 そしてこのためには、情報処理技術だけでなく、ある程度のレベルにおいて神経科学等の関連分野の知見を幅広く理解しながら、情熱をもってこの研究に挑む多くの研究者やエンジニアの参入が必要と考えています。

2/9 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

2/10 (水)

490c7a6239c3fbd2977a25528514d277 Start Python Club
(仮)エンジニアのためのリモートワーク&ワーケーションライフ特集
2月は、エンジニアが押さえておきたいリモートワークやワーケーションについて特集します。 コミュニティの概要 「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。 イベント要領 日時 :2021年2月10日(水)  19:00〜21:00(オンライン開催) 今回の主な対象者 :  ・Pythonに関心のある方  ・エンジニアの方 オンライン参加について : ・Zoomで配信します。配信先URLは、イベント前日と当日夕方に連絡します。connpassアカウントに紐づいているメールアドレス宛に届きますので、そちらをご確認ください。 ・多少、音声・画質に問題がでてくる可能性もありますことをご了承ください。なお、接続に関する不具合対応方法やクレーム等に対してはお受けいたしかねます。 協賛 : リーディング・エッジ社 プログラム タイムテーブル(調整中、変更の可能性があります) 勉強会開始は19時ですが、開始5分前から勉強会で使うツール(Slido)の説明をします(集まっている方、任意参加でやります) 時間 内容 18:30- Zoom開場 18:55- ツール操作練習(任意参加) nikkie 19:00- 19:05 イントロダクション TBD 19:05- 19:30(25分) トーク1タイトル『静岡にオフィスを開設して、東京から移住した話』 成瀬 基樹 @ myProduct株式会社 CTO 19:30- 19:55(25分) トーク2タイトル『実際にワーケーションを実践して思ったこと。』 片寄 里菜(selina)@ 株式会社moegi 代表取締役社長 19:55- 20:05(10分) ミニトークタイトル『TBD』 TBD 20:05- 20:30(25分) トーク3タイトル『リモートワーク時代に「エンジニアの幸せ」のためにマネジメントは何ができるか』 安田 忠弘 @ クリエーションライン株式会社 代表取締役 20:30- 20:55(25分) トーク4タイトル『TECH領域向けワーケーションの紹介』 若泉 大輔 @ 株式会社CEspace 代表取締役 20:55- 21:00 ラップアップ TBD 21:00- 22:00 懇親会(Zoomで開催) トーク概要・講演者プロフィール トーク1 『静岡にオフィスを開設して、東京から移住した話』 成瀬 基樹(myProduct株式会社 CTO、 @narusemotoki) 私たちmyProduct株式会社は2020年の11月、静岡県静岡市葵区にサテライトオフィスを開設しました。私自身、この開設に合わせて東京都世田谷区から静岡県静岡市葵区に移り住みました。オフィス開設に際して活用した静岡県と静岡市の補助金について紹介します。静岡県も静岡市もみなさんに移住してきて欲しいと思っています。 私自身が住んで感じた、静岡市の良さをみなさんにお伝えしたいと思います。 今回、技術的な話はありません。 成瀬 基樹(なるせ もとき)氏プロフィール myProduct株式会社 CTO Twitter: @narusemotoki 小さい頃からモノづくりが好きで、中学生のときにプログラミングに出会い、プログラマになりました。2021年でプログラミングを始めて17年です。 プログラミング自体も好きですが、OSSや「みんなのPython勉強会」のような勉強会の文化も好きです。 Pythonが一番好きなプログラミング言語です。高校生の時に初めて触れ、大学生の後半ぐらいからよく書くようになりました。 普段はPythonとTypeScriptでWebサービスを開発しています。 2019年のPyCon JPと2020年のPython Charity Talks in Japanで「next(ListはIteratorですか?)」を発表しました。 今回はPythonの話ではないです。 最近、静岡市に引越しました。 トーク2 『実際にワーケーションを実践して思ったこと。』 片寄 里菜(株式会社moegi 代表取締役社長、@selina787b) PCを活用したリモートワークを採用する会社が増えた中、会社や人によっては働く場所を気にせずに仕事ができるようになったとも考えられます。それならリゾート地に行ってワーケーション(ワーク+バケーション)をしても大丈夫なのか。会社目線かつ社員目線で検証しつつ、実際に業務を請け負ったままリゾート地のホテルで検証しました。果たして仕事が可能なのかを私個人の視点で検証しております。 その際に感じられたリモートワークとの違いや、会社が取り組むべきこと。バケーションをしている側の心境なども踏まえて、発表いたします。 参考Blog:" rel="nofollow">https://se-lina.hatenablog.com/entry/2020/12/17/230000 片寄 里菜(かたよせ りな)氏プロフィール 株式会社moegi 代表取締役社長 Twitter: @selina787b 片寄里菜さんは、航空機に興味があり、深く学びたいという想いから東海大学工学研究科・航空宇宙学専攻の博士課程前期に進み、ヘリコプターなど垂直離着陸機の研究を行っていました。 大学院修了後は、WEB関連の仕事をしながらも個人的な研究を進める中、Pythonと出会いました。Pythonでは主にRaspberryPiを使ったモノを動かすプログラミングに焦点を置き、開発などを行っていました。 PyConJPには2016年に初参加。Pythonの楽しさや奥深さを知り、様々なコミュニティに参加し友人・知人を増やしたようです。またPyLadiesTokyoコミュニティ参加をきっかけに、今ではスタッフとして活動しています。 登壇経験としてPyConJP2017と2018ではドローンとPythonに関する内容で発表・実演を行い、PyCon2020では招待講演で過去の発表まとめと直近の進捗をトークしております。またPyCon Thailand2019ではPyLadiesのコミュニティ活動に関する海外の登壇経験もあります。PyConUSなど海外のPyConに参加している経験もあり、精力的に活動を行っています。 現在はご自身が2018年に起業した株式会社moegiにて、地図を活用したスマホアプリなどを開発・運営しており、多方面でも活動をしています。 トーク3 『リモートワーク時代に「エンジニアの幸せ」のためにマネジメントは何ができるか』 安田 忠弘(クリエーションライン株式会社 代表取締役) エンジニアを取り巻く環境が大きな変化が起きている今、組織(チーム、会社)として何ができるのか?を弊社で行っている取り組みや、それぞれの目的と課題を通じて一緒に考えていければと思います。 リモートワーク、ワーケーションを導入していきたい(&スムーズに運用していきたい)企業の経営者、マネージャーの方々に向けた内容を予定しています。組織にとって大切なカルチャーをリモートワーク環境下でどのように維持、アップデートさせていくのかということについて考えるきっかけにもなればと思っています。 安田 忠弘(やすだ ただひろ)氏プロフィール クリエーションライン株式会社 代表取締役。2000年にソフトバンクグループへ入社した後、2006年に独立してクリエーションラインを設立。「IT技術によるイノベーションにより顧客と共に社会の進化を実現すること」をミッションとして、アジャイル開発支援サービス事業、サブスクリプション事業を展開する。クラウド、OSS、アジャイル、DevOpsなどについて多くの経験と知識を有する技術者190名を率いる。 2021年1月現在の全社出勤率は1.5%。この状況下でアジャイル開発15チーム以上がリモートワークで稼働中。そのクライアント企業に対してのNPSアンケートスコアは47ポイント。リモートワークでも社内のコミュニケーションを活性化させる取り組み(バーチャルオフィス、リモート社内イベント)を実施したり、ワーケーション、開発合宿などを活用し成果を出している。 トーク4 『TECH領域向けワーケーションの紹介』 若泉 大輔(株式会社CEspace 代表取締役) ワーケーションがバズワードになっている今、気になっている方も多いと思います(実践者も多くいるかと!) ワーケーションってどんな時におこなうの?実際、やってみてどうなの?何から始めたらいいの? 行政と連携してワーケーション企画を行った事例をもとにご紹介します! 若泉 大輔(わかいずみ だいすけ)氏プロフィール 株式会社CEspace 代表取締役。 “「つながり」によって日々が豊かになる空間を提供する”、をMissionに掲げて、TECH人材のQOLを高めるサービスを提供。 現在はITエンジニア向け賃貸住宅「テックレジデンス」を5棟、定額制ワーケーションサービス「テクレジベース」を国内12拠点で展開。 住宅内では入居者の皆さんとSlack連携、全サービスの会員同士はオンライン上で連携出来るアプリによって、場所に縛られず人とつながり、仕事につながる空間を提供しています。( 使える開発言語別での逆引き検索出来る仕様) 豊かな人生にするために衣食住ではなく、居(場所、存在価値)、職(仕事)、住(住まい)を提供する事業会社を目指しています。 今後は会員コミュニティ間で開発プロジェクトチームを組成する活動も進めていきます。 オンライン懇親会 今回はZoomで懇親会をやります! Pythonの独学仲間を見つけたり、Pythonの技術的な相談をしたりする機会として、ぜひ懇親会をご利用ください。 ZoomのURLを参加者に共有します(懇親会はYouTube Liveでの配信はありません) 楽しむためのコツ:懇親会の飲み物や食べ物は各自でご準備ください!(Bring Your Own Bottle) 懇親会の内容 希望者のLTを聞く(LT(ライトニングトーク。※5分間の稲妻トーク)のネタがある方は、申込時のアンケートでご連絡ください) Zoomのブレイクアウトルーム機能を使い、ランダムなグループで懇親タイム

2/11 (木)

490c7a6239c3fbd2977a25528514d277 Start Python Club
オンラインで集まってPythonでもくもく作業する会です。初心者大歓迎!
【オンラインもくもく会】 概要 「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。 オンライン上でみんなでPythonを勉強したり、各自もくもく作業する会です これからPythonを始めたい人も大歓迎です 分からないことがあれば参加者同士で解決しましょう(経験者もサポートします) メンバー間で分からないことや情報を共有するため本会のSlackを開設しています。ご自由に参加下さい Start Python Club 名古屋 イベント要綱 日時 2021月2月11日(木)19:00〜21:00 会費 無料 参加方法(Zoom) 参加申込み後に本ページで閲覧可能になる「参加者への情報」の欄をご覧頂き、そこに記載のURLよりご参加下さい。 対象者 Pythonに関心のある方 プログラミングや機械学習などに関心のある方 Pythonでもくもく作業をしたい方 初心者大歓迎です 「見学のみの参加」もOKです。(その場合はご自分のカメラとマイクをオフにして下さい) プログラム 簡単な自己紹介 もくもく会 LT会(希望者のみ。一人5分くらいで活動や成果について発表(事前申請は不要。会の終盤に声掛けします)。レベルは一切問いません。「こんな勉強してます!」など簡単な事でもOK👍ご自身の頑張っていること・楽しいとお考えのことをどんどん発信してみんなでモチベーションアップしましょう!) その他 途中入場や退出OKです。その際はSlackや本connpassスレッドに一言書き込んで頂けましたら幸いです

2/12 (金)

Ce06adebc7dd9f1aabbfb5c43c71e046 Cloud Native Nagoya
Onlineでの初開催!
グループ概要 名古屋周辺地域におけるCloudNativeに関わる技術交流を目的としたグループです。 名古屋周辺を盛り上げていくことが目的の1つですが、他県の方の参加を抑制する意味合いは御座いません。 開催に関する運営の想い 2020年はCOVID-19によるパンデミックが発生し、各種勉強会も縮小傾向になってしまいました。2021年こそは名古屋周辺地域においてまた勉強会やコミュニティを盛り上げていきたいと考えています。 登壇者の募集 本グループでは常時、登壇者を募集しています。登壇されたい方は本グループ管理者宛にご連絡ください twitterのMentionやDMが比較的連絡取りやすいと思います 登壇予定者(敬称略、順不同) 戸ヶ里 (@KenseiTogari) 山口 (@dayamaguchi1) @onsd_ LT枠募集概要 発表はCloudNativeに関わる範囲でお願いします コンテナ、マイクロサービス、サービスメッシュ、Kubernetes、etc... 5分予定ですが、時間延長が必要であれば本connpassのフォームかTwitterアカウントまでお声がけください 会場・時間 日時:2021年2月12日(金) 19:00 ~ 21:00 会場:オンライン(Zoom + Youtube Live予定、参加者宛にメールにてURLを連絡します) タイムテーブル 時間 登壇者(敬称略) タイトル 18:45- - Youtube Live開始予定 19:00- 山口 概要説明 19:10- 戸ヶ里 AWS全員アドミン、ダメ絶対! 19:25- 山口 ECS on EC2 スタートダッシュ決めよう 19:40- - 休憩 19:50- @onsd_ Podman関連 20:05- LT1 LT1 20:15- LT2 LT2 20:25 - クロージング 20:30 - 終了予定 AWS全員アドミン、ダメ絶対! 登壇者:戸ヶ里 (@kenseitogari) AWSは適切な権限設定をしましょう(GCPの権限設定についてもお話します) 権限設定がされていないせいで起こった大惨事 権限設定をするにあたって大変だったこと 権限設定をした結果 ECS on EC2 スタートダッシュ決めよう 登壇者:山口 (@dayamaguchi1) ECS on EC2一年間の運用経験から、ECSが初めてでもスタートダッシュ決めれるよう解説します EC2については解説スキップ Fargateは対象外 Podman ってなに?? 登壇者:大森 (@onsd_) ちょっと前に話題になった Podman について簡単な説明と、ライブデモをしようと思っています! LT

2/13 (土)

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
注意!! ● 時間が9:00-11:00です。(2020年1月から30分延びました。) ● 入館時に受付でマスク確認、検温、手洗い・手指消毒、連絡先の記入が必要です。マスクの着用お願いします。 ● 会場では飲み物はOK、食べ物はNGです。 ● 会場の定員が15名まで制限されているため、参加者が多い場合、ご家族の入室をお断りする場合があります。 ● オンライン会議室のURLは、前日に参加者に連絡いたします。 にぎわい交流館の新しい利用ルールについては、こちらをご覧ください。 https://shimin-kouryu.net/news/20853/ 開催概要 CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 開催日時・場所 日時: 2021/02/13(土) 9:00-11:00 場所: 日進市にぎわい交流館 2F 会議室ABC / オンライン会議室 アクセス方法はにぎわい交流館のページを参考にしてください。 http://shimin-kouryu.net/about/access/ 車でこれらる場合は、にぎわい交流館または日進市役所の駐車場が利用できます。 オンライン会議室のURLは前日に連絡いたします。 タイムテーブル 時間 内容 09:00 受付開始 09:05 スタート (スタート前に会場のWiFiに接続をお願いします。) 10:30 発表(各自今日やったことを発表してください) 11:00 終了・後片付け 11:10 撤収 パソコン・タブレットについて WiFi接続可能なノートパソコンまたはタブレットをご持参ください。会場ではWiFiが使用できます。 お持ちではない方は申し込み時にその旨記載ください。(ただし台数に限りがあるため、対応できない場合もあります。) Scratch3.0はInternet Explorerでは使えません。OSがWindow7, 8の方は、Google Chromeをインストールしてきてください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html micro:bitについて micro:bit(マイクロビット)は、25個のLED、2個のボタンスイッチ、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能などがついている小さなコンピューターです。 https://microbit.org/ja/guide/ あらかじめ搭載されているセンサーを使って状態の変化を検知したり、LEDを光らせたり、音を鳴らしたり、モノを動かしたりできます。 micro:bitでプログラミングすることにより、普段の生活のさまざまな場所でプログラムが動いているのを身近に感じてもらえると思います。 CoderDojo日進では、micro:bit本体とmicro:bitで動くロボットカーを貸し出します。ぜひ試してみてください。 プログラムの作成にパソコンまたはタブレットが必要ですので、お持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は「パソコン貸出希望」と申し込み時に記載ください。 その他のプログラミングについて テキストプログラミングでは、2018/11/01より初心者向けの教材としてProgateが利用できるようになりました。興味がある方は申し込み時に連絡ください。Progateを利用しなくてももちろん構いません。 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について 会場内及びオンラインで写真撮影&画面のキャプチャーを行い、ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に説明等を行いますので、開催30分前の9:30頃会場にお越しください。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/

69acba6fa4ee8969218ddd20226fda94 名古屋のもくもく会 "TECH:N"
少人数で仲良くなれる ゆるいけど朝からもくもく会
イベントの説明 名古屋駅周辺にて開催のもくもく会です! エンジニア、デザイナーの方、プログラミング初学者の方、 その他何かもくもくしたい方いらっしゃればご参加ください! . 機械学習でもくもくしたい インフラ、バックエンド、フロントエンド関連でもくもくしたい オリジナルアプリ開発をしたい デザイン作業をしたい 新しい言語を学びたい プログラミングをしたい 自分のサービスを作りたい などなど。 . もくもく会"TECH:N"で充実した1日を過ごしてみませんか? . また、ただもくもくと作業するするだけではありません。 交流の場を設けておりますので、繋がりを作りたい方にもおすすめです。 時間 時間 内容 9:00~ 開校、自己紹介、取り組むことを発表 11:40~ 終了、成果を発表、雑談 ~12:00 閉校 会場の使用時間をぎりぎりまで確保し、 作業時間を参加者に提供しておりますので 開始5分前に会場到着のご協力をお願いいたします。 . 天候不順や電車遅延で開校までに間に合わない場合は、 管理者までご連絡願います。 場所 名古屋市中村区名駅3-13-28 名駅セブンスタービル307号室 会場詳細↓↓ https://www.spacee.jp/listings/10082 持ち物 マスク(必須、感染対策にご協力願います) 作業できるもの(PC、本、ノートなど) 名刺(任意です。交流目的) SNSアカウント(任意です。交流目的) 飲み物、食べ物(任意です。)※ゴミの持ち帰りのご協力願いします イアホン(空調設備や車両騒音が多少あります。気になる方はご持参ください) もくもく会参加の方へ TECH:Nでは、情報共有やお知らせ等をSlackで発信しております。 グループ参加者、イベント参加者を対象にSlackの招待をさせていただいております。 招待メッセージからの参加手順を添付した資料を、イベント前1〜3日前に送信いたします。 メッセージを受け取れない、登録方法がわからないなど不明点がありましたら、管理者までお問い合わせ下さい。 【COVID-19対策】コロナ対策 運営はもとより安全・健康確保を考慮した予防対策を強化した上で、継続してイベントを開催しています。 詳細につきましては以下をご覧くださいませ。 会場入口での検温の徹底 検温時37.5度以上の参加者のご入室を御断りしております。 会場内換気の励行 定期的に換気を行っております。 会場各所へのアルコール消毒の設置、使用の徹底 会場入口にアルコール消毒を常設し、積極的なご利用を推奨させて頂いております。 政府の方針にて、緊急事態宣言及び地域独自の制限等が無い限りは、予定通り開催する運びであります。 引き続き、細心の注意を払いながら今後イベント運営に努めてまいりますが、 状況を注視した上で実施の有無を判断し、ご連絡させていただきます。 以上、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

31f0638f7fab23860893269c31aca611 一般社団法人MA
バーチャル空間で、デジタルプロトタイピングを行うハッカソン
Concept Hack on Virtual! Hack on Virtual! バーチャル空間で、デジタルプロトタイピングを行うハッカソンを実施! 舞台はバーチャル空間に構築した日立の中央研究所、協創棟。 (日立協創の森:https://www.youtube.com/watch?v=hyRWdlxouK4) このインテリジェントビルで働く人々の「不」や「課題」の解決をテーマとし、 ワークプレイスとしての生産性を高めていくためのアイデアを リアルタイム3D制作プラットフォーム「Unreal Engine」を駆使してHackしてください。 Outline ハッカソン概要 開催日時 Day1アイデアソン・ハンズオン:2/13(土)10:00-18:00 Day2/Day3ハッカソン    :2/27,28(土)(日)10:00-20:00 タイムテーブル ■Day1 アイデアソン・ハンズオン 10:00-12:00 Unreal Engineハンズオン(by EpicGames)*任意参加 13:00-13:30 オープニング・チュートリアル・アイスブレイク 13:30-14:00 開発環境についてのインプット 14:00-16:30 チームビルディング&アイデアソン 16:30-17:30 アイデア発表 17:30-18:00 成果フィードバック・交流会 ■Day2,3 ハッカソン 10:00-10:30 オープニング・チュートリアル 10:30-17:00 ハッカソン 18:00-18:30 中間発表 18:30-20:00 予備時間・ハッカソン 10:00-10:30 オープニング・チュートリアル 10:30-17:00 ハッカソン 17:00-18:30 成果発表 18:30-19:00 審査 19:00-20:00 結果発表&交流会 開催場所 Zoomによるオンライン開催 *参加URLは参加お申し込み後、事務局よりお送りいたします 参加費 無料 対象 Unreal Engine等3D制作プラットフォームでの開発経験がある方(初心者/Unity経験者も可) 3D制作経験があるデザイナー、企画、ディレクターの方 Day1〜Day3まで3日間参加できる方(チームでの参加も可能です) *当日、日立製作所のメンバーもハッカソンに参加させていただくことがございます 定員 30名 賞 -最優秀賞 10万円 -優秀賞×2 5万円 成果物について ハッカソンの成果は、参加者全員が自由に利用できるものとします。 なお、詳細は別途同意書にて定めるものとします。 Examination criteria 審査基準 下記の4項目を想定 -完成度:アプリ完成度が高いか -アイデア:独創性、課題解決できるアイデアか -仮想空間活用度:仮想センサなどを有効に活用したアイデアか -実用性/実現度:実際に活用できるアイデアか Judges 審査員 伊藤 武仙氏 建築情報学会 理事 一般社団法人TMCN 理事 ホロラボ / Co-Founder, 取締役COO 株式会社for Our Kids 取締役 エレクトロニクス関連の商社にて国際的な技術調査と新規事業立ち上げに従事後、センサー技術のコミュニティTMCN立ち上げに参加したことがきっかけで退職し、コミュニティ企画運営を生業とする。2016年には子ども向けテクノロジー学習の教材開発販売やワークショップを行うfor Our Kidsをコミュニティメンバーと設立。また、2017年1月には、同じくコミュニティメンバーでMixed Realityシステム企画開発を行うホロラボを設立し取締役COOに就任。 コミュニティの緩やかで多様なつながりからビジネスの種が生まれるダイナミズムを全身で体感中。 豊田啓介氏 1972年生まれ.東京大学工学部建築学科卒業.安藤忠雄建築事務所を経て,コロンビア大学建築学部修士課程修了.SHoP Architects(2002–06)を経て,2007年より東京と台北をベースに建築デザイン事務所noizを蔡佳萱と共同主催(2016年より酒井康介もパートナー).コンピューテーショナルデザインを積極的に取り入れた設計・製作・研究・コンサルティングなどの活動を,建築からプロダクト,都市,ファッションなど,多分野横断型で展開している.2020年より東京大学生産技術研究所客員教授. Problem example 課題の例 現場社員:空調の課題 社内はフリーアドレスになったが、どこに行っても寒く、ブランケットが手放せなくて困っている。 カフェ販売員:ドリンクやフードデリバリーの課題 社内のカフェでは主にコーヒーが売れる。大きな混雑はないが、急いでいる人向けに席までお届けしたいが、セキュリティ問題があり実現できていない。 総務社員:災害時避難の課題 リモートワークで出社の機会が減っており、オフィスでの災害時の避難経路を社員全員に知らせる事ができるのか不安。 現場社員:エレベーター運用の課題 このご時勢なので、エレベーターの中で密になりたくないのが本音。1Fから乗るとき適正人数でも、途中のフロアから乗ってくると適正人数を超えてしまうので困っている。 Technical Support 技術メンター 山地 直彰 大阪駆動開発/ホログラム株式会社/gonengo合同会社/株式会社 Ars Edutainment XRやゲーム等、3DCG領域のソフトウェアエンジニア。 開発以外にも、コミュニティ活動やXRデバイスの日常的に身に着けて出歩き、XRの啓蒙活動等も行う。 UE4は会社、コミュニティ問わず、ゲームやXRコンテンツの制作及び研究で利用しており、toC、toB向け共に開発/リリースしたり、UE4のハンズオン講師をしたりもしている。 Operation Team 運営 主催 株式会社日立製作所 運営 一般社団法人MA 技術協力 Epic Games Japan 合同会社

2/14 (日)

49a622fdda9024b3c04fd30e8485125b CoderDojo Owari
2021年2月開催
はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に220以上の道場があります (2020年11月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. 小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください 小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 Scratch アカウント作成のおすすめ Scratch では、オンラインアカウントを作成すると自分で作った作品をネット上に保存することができます。 もしよろしければ、以下の動画を参考に当日までにアカウントを作成しておいてください。 https://coderdojoowari.org/news/make-scratch-account/ 新型コロナウイルス感染症対策:岩倉市生涯学習センター、現地での参加に関して 当道場が定めた新型コロナウイルス感染症対策のルールに基づき、直前においても現地開催をキャンセルしてオンライン開催になる場合があります。 開催時間2時間前に開催可否の連絡を Connpass を通じてメールで連絡します。 現地開催では、ニンジャ・メンター全員が引っ接触体温計による検温、体調チェックを行います、37.5℃以上の方、ご自身や濃厚接触者で家族に体調が悪い方がいらっしゃれば、現地参加をお断りし、オンライン参加をお願いします。 岩倉市内で学校閉鎖がなく、岩倉市生涯学習センターが開館していれば、開催予定です。 熱中症対策として水筒など飲み物を忘れないでください 感染症予防対策を徹底し、当日の会場レイアウトは、ニンジャの間隔を十分に空けて行う予定です。 開催時に感染者・濃厚接触者が出た場合、参加者リストと連絡先を、保護者の方の許可を得て、生涯学習センター・岩倉市・保健所などの各機関に提出する場合があります。 オンラインハイブリット開催 送迎ができなかったり、ご心配な方向けに、オンライン参加も同時に開催します。 オンラインの進行は別々に行い、発表の時間だけ、現地の人とオンラインの人で一緒にできるようする予定です。 実験的な試みです、失敗するかもしれませんが、ぜひ、こちらの参加もご検討ください。 保護者の同伴1名可 (2021年2月) 三密状態を防ぐため、定員を制限しています。 保護者の方の付添1名のみ可とすることになりました。 プログラミングや発表の様子をぜひ隣でみてあげてください。 それ以外の付添の方については、入室をご遠慮頂きます。 生涯学習センター内での待機もご遠慮頂く必要がございます。駐車場の車の中、外などの3密にならない場所にて待機、もしくは送迎をお願いいたします。 代わりに、会場の様子を Zoom や限定公開の YouTube Live にてライブ配信いたします。 ライブ配信は一般公開はいたしません。視聴 URL は Connpass のメールにてお送りいたします。 新型コロナウイルス関連 その他は当道場の方針を御覧ください。 新型コロナウイルスに対する方針 https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/ PC 貸出 & 電子工作機器貸出について ノートパソコンをお持ちの方は、持参していただくようお願いいたします。 貸出PC は2台保有しています。 halocode は3台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 micro:bit は5台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 PC貸出可能台数は、PCを所有しているメンターが参加できるかどうかに関わってくるため、開催1ヶ月前に決定いたします。 恐れ入りますが、PC貸出できるメンターが参加不可になった場合、 申し込み順が遅い方からキャンセル させて頂く場合があります。予めご了承願います。 より多くの貸出ができるよう、当日だけでも貸していただける方、寄付していただけるスポンサーを常に募集しています。個人・法人は問いません。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 学習用プログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 halocode: Makeblock 社の学習用 WiFi 内蔵シングルボードです。 micro:bit:学習用マイコンボード。いろいろなデバイスやセンサーにつなげてプログラミングをすることができます。 Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめる学習用ビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。 HackforPlay: ロールプレイングゲームを自分で改造し、ゲームを作りながらプログラミングを学べるシステムです。 概要 項目 内容 日付 2021年2月14日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 研修室1 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 (駅改札からの写真案内) 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/195472/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています) スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

2/16 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

22b1a94f769fa0366322ac9c80ad5dff GIG inc.
<2021/01/22追記>一般枠が早くも定員に達してしまったため、一般枠を30→50名に増枠しました!みなさまご応募ありがとうございます! 当イベントはオンライン(Zoom)開催です 新型コロナウイルスの感染拡大に関して、安全性を考慮し、当イベントはオンライン開催とさせていただきます。 オンライン配信(Zoom)のURLは、開催1時間前までにconnpass経由のメールにてご連絡いたします。 ※オンライン開催のため、ご自宅、職場等インターネット環境下からご参加いただけます。 <イベント概要> 気づけば2020年代に突入。COVID-19の影響もあり、オンライン化が急速に進む今日この頃。 そのような中でいまも注目を集めているのが、オウンドメディア運用。 ストック型のコンテンツマーケティングにより将来的に運用型広告以上の成果を上げる可能性がある一方で、「オウンドメディアはオワコン」なんて囁かれることもしばしば。 2020年代、オウンドメディアはどうなっていくのでしょうか? 今回はInstagramで13.3万人のフォロワーを抱え、家の間取りについて親しみやすく紹介する『madree.jp』の西垣さまと、5.4万人のフォロワーを抱え、学生から圧倒的な支持を集めるU30世代のための政治と社会の教科書メディア『NO YOUTH NO JAPAN』の能條さまをお迎えし、新機軸のオウンドメディアとして今注目されている “Instagram型メディア” について座談会形式でお話ししいたします。 <登壇者紹介> 西垣 有真(にしがき ゆうま) スタジオアンビルト株式会社インスタグラム編集長。注文住宅の間取り図をネットで建築家に依頼できる、madree(マドリー)のインスタグラム運用をすべて1人で務める。創業3年目のスタートアップ企業のため、マーケティング関連はすべて担当。 1993年、愛知県名古屋市生まれ。好きなものはマンガ、観葉植物、お茶お酒。 Instagram:@madree.jp 能條 桃子(のうじょう ももこ) 1998年生まれ、慶應義塾大学経済学部4年生。若者の投票率が80%を超えるデンマークに留学したことをきっかけに、2019年7月NO YOUTH NO JAPANを立ち上げ。NO YOUTH NO JAPANでは、若者が声を届け、その声が響く社会を目指し、「U30のための政治・社会の教科書メディア」(@noyouth_nojapan)をInstagram中心に運営する他、イベントや記事を通じて政治や社会について知ってスタンスを持ち行動する入り口をつくっている。 Instagram:@noyouth_nojapan じきるう 早稲田大学および同大学院でメディア表象にかんする研究に携わった後、2018年に株式会社GIG入社。編集者兼マーケターとして、クライアント企業のコンテンツ支援や採用支援を行うほか、フリーランス向けメディア『Workship MAGAZINE』の編集長を務める。業務外でもライター向けメディア『クレイジースタディ』を趣味で運営するなど、根っからのメディア好き。趣味はストリートダンスとウイスキー。Instagram:@zikilluu_whisky <こんな人におすすめ> ・オウンドメディアの運営を考えている人 ・オウンドメディアを運営しているけど、成果がなかなか出ずに困っている人 ・Instagramのアカウント運営を考えている人 ・Instagramアカウントを運営しているけど、成果がなかなか出ずに困っている人 <タイムスケジュール> 19:00 Zoom開場&あいさつ 19:05 座談会スタート 19:45 質問コーナー(※Zoomのコメント機能からご参加ください) 20:00 閉会 <注意事項> ・イベントの様子はGIGコーポレートサイトおよびWorkship MAGAZINEにて公開予定です。予めご了承ください。 ・当日の内容は予告なしに変更となる場合がございます。 ・主催、登壇者企業と競合するような企業、事業者のご参加はご遠慮願います。 ・お申し込み時のお客様情報に虚偽が発覚した場合、応募が無効となる場合がございます。 ・オンライン配信(Zoom)のURLは、開催1時間前までにconnpass経由のメールにてご連絡いたします。 ・「Twitter実況枠」でお申し込みの方は、セミナー当日に「#オウンドメディア2021」ハッシュタグをつけて、セミナーの内容をつぶやいてください!(一般枠の方のつぶやきももちろん大歓迎です)(つぶやきは主催が全力でいいね/RTします) <主催者> 株式会社GIG 株式会社GIG ナショナルクライアントやスタートアップ企業を中心に、デジタル戦略立案、DX推進支援, サービス開発、リブランディングのご支援をしています。 https://giginc.co.jp デザイナー、エンジニア、マーケター、人事、広報などデジタル業界で活躍するプロフェッショナル人材とプロジェクトをマッチングするスキルシェアサービス「Workship」を運営しています。https://enterprise.goworkship.com <イベントに関するお問い合わせ> 株式会社GIG(担当:内田) Mail:magazine@giginc.co.jp ご不明点がございましたら、担当までご連絡ください。

2/18 (木)

D341800d43eb5aa8b546cf24a9d676e5 機械学習 名古屋
論文等紹介LT大会その35
機械学習 名古屋 研究会 注意 COVID-19対策にしばらくオンラインイベントとします。 「参加者への情報」に記載したURLから参加してください。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 概要 機械学習に関する論文・技術ブログを読み、情報共有のLTをする勉強会です。 【発表者・事前に】 論文・技術ブログのまとめ作成(研究会の GitHub リポジトリにプルリク) 【当日】 発表・質疑応答・不明点の解明 対象 機械学習を業務・趣味で用いている人 チュートリアルや基本的な技術書をある程度読み終え、次のステップへ進みたい人 機械学習を使ったサービスのネタを探している人 目的 急速な進歩を続ける機械学習の分野で活躍するには、最新技術の情報収集が重要です。多人数で情報収集・共有をすれば効率的です。この勉強会で、 知識のアップデート 論文を読む習慣付け 発展的・実践的な知見の獲得 をしましょう。 時間割 合計2時間のLT会を行います。発表者数で割った時間が一人あたりの持ち時間です。 一人あたり、発表5分、質疑応答5分を想定しています。 会場 このイベントはリモートで行います。「参加者への情報」に記載したURLにアクセスしてください。その際、ニックネームをconnpassユーザー名にしていただけると助かります。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 参加方法 枠 事前準備 当日 備考 リモート発表枠 論文・技術ブログをまとめる(「発表方法」を参照) 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 読む論文が決まらない場合も現地発表枠で申し込んでください リモート一般枠 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 発表方法 論文・技術ブログを開催日時までに読んで、マークダウン形式で簡単にまとめ、研究会の GitHub リポジトリにプルリクエストを出してください。不明な場合などは代行します。その場合、管理者宛にまとめた.mdファイルを送付してください。 論文・技術ブログのまとめ方について 次は、まとめの章立ての例です。このような内容をまとめてください。 章 内容 どんなもの? 手法の概要 先行研究と比べて何がすごい? 新規性について 技術や手法の肝は? 手法のポイント どうやって有効だと検証した? 評価指標など 議論はある? 論文の研究で出た予想や残った課題など 次に読むべき論文 関連する論文 論文まとめテンプレートを用意しています↓ 論文まとめテンプレート テンプレートなどを利用して、マークダウン形式(.md ファイル)でまとめを作成してください。 提出方法 提出は、研究会の GitHub リポジトリ へのプルリクエストで行います。 {研究会日付}_reportsディレクトリ内に、発表と紐づくようなパス(論文タイトル、発表者名など)でまとめを配置してください。例えば、第1回論文まとめディレクトリを参考にしてください。 GitHub を使えないなどの場合は、当日までに論文をまとめた .md ファイルを管理者宛に送付(もしくは共有URLを提示)いただければ、プルリク代行いたします。 FAQ どうまとめたらいいか分からない まとめの章立ての例や、論文まとめテンプレートは、 落合陽一氏の論文まとめ方(あるスライドの65ページ目) を参考に作成したものです。 考え方やコツは、これまでのまとめ(例えば、第1回論文まとめディレクトリ)や、以下に挙げる参考サイトなどを参考にしてください。 参考 高速で論文がバリバリ読める落合先生のフォーマットがいい感じだったのでメモ - 書架とラフレンツェ パワポ版の落合先生流論文要旨のテンプレートを作ったので配布する - 一人ぼっちのライフハック生活 GitHub の使い方(プルリクエストのやり方)が分からない プルリクエストには GitHub のアカウントが必要です。プルリクエストの方法は次の記事が参考になります。 【GitHub】Pull Requestの手順 GitHubでFork/cloneしたリポジトリを本家リポジトリに追従する 最新論文でないですが大丈夫ですか 会の趣旨から大きく離れていなければ大丈夫です。 画像を入れたい 外部サイトに画像を置く以外にも、20xxxxxx_reports/{発表との対応が分かるディレクトリ名}/xx.pngのようなパスに画像を置く方法をおすすめします。 差分 第28回より URLの通知方法を新機能の「参加者への情報」へ変更した。 第25回より COVID-19対策にリモートのみとした。 第24回より リモート枠をリモート発表枠とリモート一般枠に分けた(発表者人数把握のため)。 第14回より アンケートを無くした。 現地発表者は読む論文が決まっていなくても最初から現地発表枠で申し込む方式に変更した。 第13回より 論文以外にも技術ブログも可とした。 発表しなくても可とした。ただし、枠は発表者優先。 リモート参加を可とした。

2/20 (土)

Ad7ae15e8ac333ea29df5d2a377b2094 DEEP LEARNING LAB
ヘルスケア業界への参入障壁を乗り越える方法を議論・共有する
Deep Learning Lab(DLLAB)について Deep Learning Lab とはディープラーニングの実社会での活用を推進するコミュニティです。先端技術を実際のビジネスに応用するべく、技術とビジネスの両面に精通したプロたちが毎月の勉強会や教育活動をベースに、ニーズに合わせた最適な技術を選択し開発した事例や最新技術動向の情報発信を行い、ソリューション検討を具体的に行えるようにします。マイクロソフトとプリファードネットワークスの協業から生まれました。​コミュニティご紹介資料はこちらです。 DLLAB Healthcare Day 2021 ~医療 x AI への参入障壁を乗り越える~ DLL ヘルスケア分科会では 2019年に「医療×AIシンポジウム」を 2020 年には「Healthcare Day 2020 ~地域包括ケアと Ai~」を開催し、多くの医療従事者及び医療関係企業、ヘルスケアスタートアップ、AIスタートアップに参加いただきました。 今年も ヘルスケア分科会の気悪として、「医療 x AI への参入障壁を乗り越える」をテーマに1-dayイベントを開催します。医療業界特有の規制、個人情報保護、AI 倫理 が多くの企業の医療進出を拒んでおり、医療業界での IT化・AI化はまだまだ発展途上であることは事実です。今回はこの領域のスペシャリストやアカデミアの方々を及びしてそれぞれの立場からセッションを行っていただきます。また、実際に医療業界で活躍されているスタートアップやテクノロジー企業にも登壇いただき、どのようにして規制や倫理といった障壁を乗り越えたのかといった観点でお話いただきます。 昨年と同様に機械学習初学者の方に対して、株式会社キカガクによる診断推論モデルに関するディープラーニングハンズオンセミナーを実施します。医療従事者やヘルスケア領域での AI 活用にご興味ある方は是非この機会にご参加ください。 詳細 日時 2021年2月20日(土)  午前の部 ハンズオン: 10:00開始、12:30終了  午後の部 セッション&パネルディスカッション: 13:00開始、18:15終了 場所 Microsoft Teams (オンライン開催) 対象者 ・ヘルスケア業界への参入を検討されている、経験されている方 ・ヘルスケア業界の企業で働かれている方(製薬、医療機器、ヘルスケアソリューション企業 等) ・医療従事者の方(医者、看護師、介護士 等) ・生命情報のアカデミック分野で研究されている方 ・ヘルスケアでの AI 活用や先端事例に興味のある方 セッションスケジュール セッションの割り振りはイベント当日まで変更の可能性があることをご容赦ください。セッションタイトル・概要については追ってアップデートいたします。 時間 セッションタイトル 講演者 13:00-13:10 オープニング 千葉大学医学部附属病院 亀田義人氏 13:10-13:30 厚生労働分野におけるAI技術の利活用について第3次AIブームの下、AI技術が加速度的に発展し、その実装も本格化する中、政府としてはAI技術を基盤分野と捉えて「AI戦略2019」等の分野別戦略を打ち出してきた。また、厚生労働省では、保険医療分野におけるAI活用推進懇談会報告書に基づき、ゲノム医療、画像診断支援、医薬品開発、診断・治療支援、介護・認知症、手術支援の重点6領域を定めて、その開発・実用化を促進するとともに、「保健医療分野AI開発加速コンソーシアム」を設置し、AI開発及び利活用を加速させるための課題や対応策、及び本邦にて取り組むべき事項の方向性についてとりまとめた。本セッションではこれらの取組などについて概説することとしたい。 厚生労働省大臣官房厚生科学課 研究企画官高江慎一氏 13:30-13:50 臨床応用を志向した医療AI研究:その可能性と課題近年機械学習技術の急速な進歩、安価で性能の高いGPUが利用可能になった事、またビッグデータ時代と呼ばれる時代に入り、公共データベースの拡充などにより、大規模データの利活用が可能になったことなどの理由により、AI技術への期待が高まっている。実際、顔認証や自動運転などAIの社会実装は急速に進んでおり、医療分野においても、既に60以上のAI搭載医療機器が米国FDAから承認をけており、日本においても、我々の成果を含めPMDAに承認を受けたAI搭載医療機器の実臨床応用が進んでいる。本講演においては、長期にわたり臨床応用を志向したAI研究を行った経験に基づき、医療AIの可能性及び課題に関して紹介する。 国立がん研究センター/日本メディカルAI学会分野長/代表理事浜本隆二氏 13:50-14:00 休憩 14:00-14:20 医学と工学の垣根を越えた医療AI開発医工連携という言葉が人口に膾炙して久しいが、真の医工連携の実現にはまだ遠いといわざるを得ない。それでも再生医療や医療機器開発の分野では、医工連携の成功事例も報告されている。しかし、ソフトウェア医療機器、特に医療AIについては近年のトピックであり、成功事例もまだ少ないため、医学側も工学側もどのように開発を進めて行くか手探りの状況である。我々はこれまで、工学という立場から精神科領域や脳外科、心臓内科領域で、医学側と連携して様々な医療AIの開発を手掛けてきた。本講演では、我々の医療AI開発の経験を踏まえ、どのようにして医学と工学が垣根を越え、医療AI開発を推進するかについての方法論について議論する。 名古屋大学 / クアドリティクス株式会社大学院工学研究科物質プロセス工学専攻 准教授 藤原幸一氏 14:20-14:40 ICTを用いた健康なまちづくりの取り組みとAI活用への期待多くの市町村では高齢化に加えて、人口が大きく減少し、介護や健康づくりへの若手の人的資源が期待できなくなる。一方で、健康づくりや地域活動に参加する高齢者は増加しており、ソーシャルキャピタルを活用・推進するとともに、ICTを活用した健康データの収集・分析から、戦略的な健康支援を行うことが求められる。元気に納得のいく人生を送るためには、歩行機能の維持が重要である。糖尿病、外反母趾、変形性膝関節症など歩行機能や移動能力を急激に低下させる要素はあまり知られていない。そこで、本講演では、”歩く”、”足部”に着目し、ICTを活用した地域における健康活動の成果、今後のAI活用への期待について講演する。 了徳寺大学/一般社団法人 IT ヘルスケア学会教授山下和彦氏 14:40-14:50 休憩 14:50-15:20 アカデミア パネルディスカッション モデレーター 亀田義人氏 15:20-15:30 休憩 15:30-15:50 先端技術がもたらす「より良いヘルスケアのかたち」昨今の技術革新に伴い、臨床現場におきましても、深層学習技術をはじめとするAI技術や、ロボティクスやセンサーといったIoT技術、そして、HoloLens等のMixed Reality技術への期待が高まっています。本セッションでは、世界規模でのクラウドベースでの先端技術の研究をご紹介するとともに、実際に医療機関でおこっているデジタル化、AI利活用の国内外の事例を幅広く紹介いたします。また、パートナー様が、マイクロソフトのクラウド上でソリューション展開をご検討頂く上で、パートナー様の事業開発に関する支援についても触れさせて頂きます。 日本マイクロソフト株式会社医療・製薬営業統括本部 事業開発担当部長 清水教弘氏 15:50-16:10 「言語」×AI Digital DeviceFRONTEOのライフサイエンスAI事業は、「KIBIT」と「Concept Encoder」という2つのAIを軸にAIテクノロジーの価値の最大化を図ることで、医療の向上や生命科学の分野における技術革新に貢献することを目的としています。当社が独自開発したこれらの人工知能は自然言語処理に特化したものであり、医学論文や電子カルテといった、複雑かつ専門性の高いテキスト情報について特殊なアルゴリズムを用いることにより、解析を可能としました。この技術をどのように創薬、転倒転落の予測や認知症診断支援システムへ応用しているのかについてご紹介致します。 株式会社FRONTEO取締役 社長室長 兼 ライフサイエンスAI事業本部長山本麻理氏 16:10-16:20 休憩 16:20-16:40 AIによる細胞診支援技術の紹介と、AI人材が考える医療バイオ領域における参入障壁の乗り越え方子宮頸癌などの検診で用いられている細胞診は、細胞検査士の検鏡により行われているが、検診の広まりにより検査量に対して検査士の数が不足している。そこでAI画像処理により、細胞診の判断支援を行うシステムを開発した。判定結果の提示と判定根拠となる箇所を可視化することで、検査士の作業量を削減することを目指している。本セッションでは上記以外にも画像解析の応用事例を紹介するとともに、AI人材であるスピーカーが医学部博士課程に進学するに至った経緯を紹介し、AI人材が考える医療バイオ領域における参入障壁の乗り越え方について発表する。 Cellspect株式会社/株式会社biomyAI Lab部長 / 代表取締役社長小西哲平氏 16:40-17:00 Intel AI in Healthcare 各国事例からみるAIとの向き合い方インテルはここ数年間、AIを戦略の中心に置いて各種事業活動を行っております。具体的には、CPUを始めとするハードウェア製品、および、ソフトウェア製品の強化のみならず、ユーザー企業様へのAI導入やそれによるビジネス課題解決も支援させていただいております。本セッションではインテルのAI事業の概要をご説明させていただき、更にヘルスケア分野において”インテルCPUだけでAIを動かされている”各国のお客様事例をご紹介いたします。AI導入の現実解および今後のAIとの向き合い方のご参考になれば幸いです。 インテル株式会社APJデータセンターグループ・セールスAIテクニカル・ソリューション・スペシャリスト大内山浩氏 17:00-17:20 タイトルTBD Ubie株式会社阿部吉倫氏 17:20-17:30 休憩 17:30-18:00 ソリューション企業 パネルディスカッション モデレーター 亀田義人氏 18:00-18:15 クロージング 千葉大学医学部附属病院 亀田義人氏 ハンズオンについて ハンズオンの目的 本ハンズオンでは心臓病の問診、精密検査の結果に関するデータセットを用い、ハンズオン形式で心臓病(虚血性心疾患)を患っているかを予測する AI を作成していきます。AI の作成通して、次の項目を達成することを目指します。 ・AI、機械学習、ディープラーニングの基礎的な概念について理解できる ・AI を用いた基礎的な診断予測システムの作成の方法を理解できる ・AI 作成のためのデータ収集方法が理解できる ・AI の予測精度を向上するための基礎的な方法を理解できる 虚血性心疾患は治療が遅れると死亡にもつながるので、循環器内科以外の先生/関係者の方にとっては 十分利用価値のある AI が簡単に作れることを体験して頂けます。 身に着くスキル ・AI に関する基礎的な知識 ・医療現場での AI の導入事例への理解 ・Azure Machine Learning Designer を用いた AI 作成の基礎スキル ・Azure Custom Vision を用いた画像認識 AI の作成スキル ハンズオン受講の対象者 ・AI の基礎的な内容について学びたい初心者の方 ・医療×AIでどのようなことができるのかについて学びたい方 ・クラウド (Microsoft Azure) を用いた AI 開発方法の基礎について学びたい方 ※1 本ハンズオンは「DLLAB Healthcare Day 2020」 で実施したハンズオンの内容を基本としております。前年度にご参加された方はご注意下さい。 ※2 本ハンズオンは、高度な内容ではなく初心者を対象とした内容となっております点ご留意下さい。 時間割 ハンズオンは 10:10 ~ 12:30 の 2時間20分間になります。 時間(120分) トピック 内容  10分 イントロダクション ・ 自己紹介・イントロダクション   20分 機械学習に関する基礎知識 ・AI・機械学習・ディープラーニング・機械学習のトピック(教師あり学習)・医療現場での機械学習導入事例   50分 Azure Machine Learning Studio Classic ハンズオン ・心臓病を例に用いた診断予測分類アルゴリズム・特徴量の選択による精度の違いを体感・良い特徴量を集めるためにすべきこと  30分 画像分類 ・Custom Vision APIとは ・肺炎の画像分類をタグ付け作業を共に行い実装  10分 まとめ ・医療従事者の負担をAIでサポートするために、これから現場ですべきこと ※ ハンズオンの時間配分を変更(2020.01.23) 事前準備のお願い ▼必要な事前準備 - Microsoftアカウントの作成(※すでにお持ちの方は大丈夫です。) ・ Microsoftアカウントはこちらから取得ください Azure アカウントの取得 ・無償アカウントは こちら から取得ください。 ・会社のAzureアカウントを利用される方は、リソースグループでの共同作成者の権限が必要です。 ・Azure Machine Learning Studio (Classic)とCustom Visionに1度ログインできるか確認して頂けると幸いです。 メディアスポンサー ご協力いただきありがとうございます! ※本イベントで収集された個人情報の取り扱いについて 日本マイクロソフト株式会社の個人情報保護方針に準拠して取り扱います。 https://www.microsoft.com/ja-jp/mscorp/privacy/default.aspx 最後までお読みいただきありがとうございました。

2/21 (日)

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2020年2月現在)

2/23 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

2/25 (木)

1f58d6631d61d5a1641f8c65318431fe 東海人工知能勉強会+kaggle会
(初心者・経験者歓迎)レコメンドAI の 開発フロー体験
はじめに コロナの影響で人と話せる機会が激減していると思います。そんな中で、交流をできる場を作れたらと思い、イベントを企画しました! 名古屋をはじめ、東海圏にAI・機械学習に興味のある学生が集まれるコミュニティって少ないですよね。 でも、それってAIに興味のある人が少ないのか?そういうわけではないと思います! そこで、私たちはAI・データサイエンスに興味のある学生が集まれるコミュニティを目指し、活動しています! AIやデータサイエンスに興味をもっている方と話がしたい!仲間が欲しい!という人は是非参加してもらいたいです! このイベントについて このイベントは、愛知県内のIT人材マッチングサイト「N-aiku IT pro.」を運営されている「SNAPSHOT」さんと、ITエンジニア学生と企業のコミュニティスペース「TECH CAFE」さんとの合同イベントです。 「N-aiku IT pro.」でどのような機能があったら良いか?ということをテーマに、アイデアを練ってもらいます! 2日間にわたって、今回のテーマに取り組む上での簡単な知識のインプットから、アイデア出し、ブラッシュアップ、発表までを体験してもらいます。 個人戦ではなく、複数人でグループを作って実施しようと考えていますので、初学者の方で一人で参加するのが不安な方でも大丈夫です!また、グループでの実施になりますので、同じAIに興味を持つ仲間が欲しい方にもおすすめです! 詳細は随時追加します。 対象 ・AI, データサイエンス, 機械学習, ディープラーニング などに興味があるという学生(学部生、院生、経験・未経験問わず) ・AI開発に興味がある方 ・自然言語処理に興味がある方 ・AIに興味を持つ仲間が欲しい方 当日は、SNAPSHOTさんの方からメンターをお呼びする予定ですので、初学者の方でも気軽に参加してもらえたらと思います! (注)このイベントでは、レコメンドシステムの実装までを目的とするハッカソンではないので、ご了承ください。 日時 2/25(木) ,26(金) の2日間 場所 名古屋にある学生のためのコミュニティスペースであるTECHCAFEさんで開催予定です。 コロナウイルス等の情勢を考慮し、オンラインでの実施とする場合もあります。あらかじめご了承ください。 SNAPSHOT 愛知県内のIT人材マッチングサイト「N-aiku IT pro.」を企画・開発・運営している㈱SNAPSHOT です。 N-aiku IT pro. に実装するマッチングAI のアイディアを大募集しています。 マッチングする内容は、求職者と企業、求職者と学習コンテンツなど、色々考えられると思います。 将来的には、このアイディアソンで頂いたアイディアを実装してきたいと思っています。 奮って、ご参加ください! TECHCAFE IT学生が集うコミュニティースペース。 学校では得られない仲間と学びがここにあります。 今回のアイデアもその1つ。 ぜひ有意義な時間にしましょう! ひとこと ご不明な点がありましたら、下記のコメントまたは、Slackにて運営までご相談ください。

2/28 (日)

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2020年2月現在)

3/2 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

3/7 (日)

49a622fdda9024b3c04fd30e8485125b CoderDojo Owari
2021年3月開催
はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に221以上の道場があります (2020年12月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. 小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください 小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 Scratch アカウント作成のおすすめ Scratch では、オンラインアカウントを作成すると自分で作った作品をネット上に保存することができます。 もしよろしければ、以下の動画を参考に当日までにアカウントを作成しておいてください。 https://coderdojoowari.org/news/make-scratch-account/ 新型コロナウイルス感染症対策:岩倉市生涯学習センター、現地での参加に関して 当道場が定めた新型コロナウイルス感染症対策のルールに基づき、直前においても現地開催をキャンセルしてオンライン開催になる場合があります。 開催時間2時間前に開催可否の連絡を Connpass を通じてメールで連絡します。 現地開催では、ニンジャ・メンター全員が引っ接触体温計による検温、体調チェックを行います、37.5℃以上の方、ご自身や濃厚接触者で家族に体調が悪い方がいらっしゃれば、現地参加をお断りし、オンライン参加をお願いします。 岩倉市内で学校閉鎖がなく、岩倉市生涯学習センターが開館していれば、開催予定です。 熱中症対策として水筒など飲み物を忘れないでください 感染症予防対策を徹底し、当日の会場レイアウトは、ニンジャの間隔を十分に空けて行う予定です。 開催時に感染者・濃厚接触者が出た場合、参加者リストと連絡先を、保護者の方の許可を得て、生涯学習センター・岩倉市・保健所などの各機関に提出する場合があります。 オンラインハイブリット開催 送迎ができなかったり、ご心配な方向けに、オンライン参加も同時に開催します。 オンラインの進行は別々に行い、発表の時間だけ、現地の人とオンラインの人で一緒にできるようする予定です。 実験的な試みです、失敗するかもしれませんが、ぜひ、こちらの参加もご検討ください。 保護者の同伴1名可 (2021年3月) 三密状態を防ぐため、定員を制限しています。 保護者の方の付添1名のみ可とすることになりました。 プログラミングや発表の様子をぜひ隣でみてあげてください。 それ以外の付添の方については、入室をご遠慮頂きます。 生涯学習センター内での待機もご遠慮頂く必要がございます。駐車場の車の中、外などの3密にならない場所にて待機、もしくは送迎をお願いいたします。 代わりに、会場の様子を Zoom や限定公開の YouTube Live にてライブ配信いたします。 ライブ配信は一般公開はいたしません。視聴 URL は Connpass のメールにてお送りいたします。 新型コロナウイルス関連 その他は当道場の方針を御覧ください。 新型コロナウイルスに対する方針 https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/ PC 貸出 & 電子工作機器貸出について ノートパソコンをお持ちの方は、持参していただくようお願いいたします。 貸出PC は2台保有しています。 halocode は3台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 micro:bit は5台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 PC貸出可能台数は、PCを所有しているメンターが参加できるかどうかに関わってくるため、開催1ヶ月前に決定いたします。 恐れ入りますが、PC貸出できるメンターが参加不可になった場合、 申し込み順が遅い方からキャンセル させて頂く場合があります。予めご了承願います。 より多くの貸出ができるよう、当日だけでも貸していただける方、寄付していただけるスポンサーを常に募集しています。個人・法人は問いません。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 学習用プログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 halocode: Makeblock 社の学習用 WiFi 内蔵シングルボードです。 micro:bit:学習用マイコンボード。いろいろなデバイスやセンサーにつなげてプログラミングをすることができます。 Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめる学習用ビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。 HackforPlay: ロールプレイングゲームを自分で改造し、ゲームを作りながらプログラミングを学べるシステムです。 概要 項目 内容 日付 2021年3月7日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 研修室1 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 (駅改札からの写真案内) 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/198343/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています) スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

3/9 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

3/12 (金)

11531 normal 1607067995 200 200 Startup Weekend 金沢
新規事業を立ち上げる起業体験イベント! 全世界で「起業家を生み出す場」として展開する「Startup Weekend」が金沢にて初開幕!新規事業を立ち上げたい方!起業体験を積みたい方!仲間を集めたい方!スタートアップに興味ある方!一歩先へと歩みを進めてみませんか?この週末が、あなたの人生を変えるきっかけに! スタートアップウィークエンドってなにをするの? スタートアップウィークエンド(以下、SW)とは、新しいカタチを創る「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイデアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。 SWは初日の夜にみんながアイデアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、最終日の夕方までにユーザーエクスペリエンスに沿った、必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発、ハッカーは機能の開発、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 特定の知識・スキルがなくとも、アイデアがあれば問題ありません。勿論、アイデアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどのスキルがあれば、チームで活躍することやプロダクトを作成、スタートアップをリアルに体験することができます!そして実は過半数の方が一人で初めて参加する方々です。初参加でも心配は必要ありません。 ※StartupWeekend 開催時の集合写真 コーチ Coach 2日目のコーチングを担当されるコーチのご紹介です(敬称略) 吉村 千春 株式会社MAKING THE ROAD 代表取締役 2007年、社会保険労務士資格取得、2013年に三谷山社会保険労務士事務所を開業。2015年に株式会社MAKING THE ROADを設立。社会保険労務士としての活動と並行して、動画・音声コンテンツ制作や複数の新規事業にも取り組む。2017年、「大人の職業体験 WORK QUEST」で「クリエイティブベンチャーシティ金沢ビジネスプランアワード」優秀賞を受賞。2019年、ドリームシェアリングサービス「FiNANCiE」のオーナーとしても活動を開始。現在はYouTube、Podcast等でも活動中。 林 佳奈 株式会社こみんぐる 代表取締役 愛知県出身。石川県金沢市在住。2009年に株式会社リクルートキャリア(旧リクルートエージェント)に入社。法人営業を3年経験のうちチームリーダーとしてマネジメントを経験。2016年に結婚を機に金沢に移住。移住と同時に起業し、「金沢の為になることをしよう」という想いから、現在の旅音の事業をスタート。(夫婦で経営)2020年現在、主に一棟貸しを中心とした宿泊施設を22棟運営している。 鈴森 由佳 株式会社 金澤ブルワリー 代表取締役 石川県出身。一度金沢で社会人になったものの初めて行った海外旅行で外国や国際交流に興味を持ち、ホストファミリーを始める。その後カナダ・トロントへ渡る。翻訳通訳の勉強、カフェ勤務、イベントアシスタントなど経て2年間滞在。帰国後は地元に強く携わることをしたいと考えるようになった。帰国半年後の2015年4月、クラフトビールの醸造研修を開始し、金澤ブルワリーを設立。現在は樽と瓶ビール商品を常時約10種類ほど製造販売し、企業や地元農家さんとのオリジナル商品開発にも積極的に行っている。地元に根付く企業を目指し、ビールづくりとともに当社だからこそできる取り組みも行っていきたい。 鶴 健一 株式会社STARTERS 代表取締役 SIer, フリーランス, 教育ベンチャー起業, ソーシャルゲーム会社、マーケティング会社を経て株式会社STARTERSを設立。課題解決を通した実践的プログラミング教育事業と事業立ち上げ時の開発に関わる課題(技術力、人材不足、スピード、etc...)を解消するための立ち上げ専門の開発請負事業で活動中。「日本に失敗しても立ち直れる教育環境を作る」ために日々新規事業の開発に奮闘中。 審査員 Judge 3日目の審査を担当されるジャッジのご紹介です(敬称略) 福島 健一郎 アイパブリッシング株式会社 代表取締役 総務省地域情報化アドバイザー 内閣官房オープンデータ伝道師 2009年4月にアイパブリッシングをパートナーと創業。社会課題をテクノロジーで解決することをミッションとし、特に行政DXや医療、観光、まちづくり、企業のIT化などに強い。沖縄支社も設立。また、地域の課題をITの力で解決するために、2013年5月に日本で初めてとなるシビックテックコミュニティCode for Kanazawaを9人で設立した。開発した5374(ゴミナシ).jpは全国のコミュニティの手で120都市以上に広がり、その後も、シビックテックを国内に広げるための活動にも力を入れている。最近では、SDGsにシビックテックを適用していくことを積極的に提言するほか、シビックテックの理念をビジネスへ活かし、スタートアップや社会起業を促進するための支援などにも注力中。 河上 伸之輔 一般社団法人SDGs支援機構代表理事 シナジーコンサルティング株式会社代表取締役  証券会社、M&Aコンサルティングファームを経て30歳で起業。「誰もが挑戦できる社会を創る」をビジョンに、コワーキングスペースの運営、クラウドファンディングサービスの運営を行う。自身でも複数の事業を運営しながら200以上の事業創出をサポート。近年はSDGs支援機構を設立し、企業におけるSDGsの導入の支援を行なっている。YouTubeチャンネル「SDGsチャンネル」はチャンネル登録者数が1万3000人を超え行政、企業、学校、各種メディアなどで利用されている。 友田 景 株式会社ビズデザイン大阪 代表取締役 七尾街づくりセンター株式会社 戦略アテンダント 大学卒業後、テニスインストラクターを経て、2001年、2005年に連続トップ当選し、6年弱、大阪府柏原市議会議員を務める。同時にNPO法人ドットジェイピーの理事として、議員インターンシップを全国展開する。2007年、経営コンサルティング会社に転職し、事業再生や事業承継の支援に携わる。2009年、コンサルティング会社の取締役に就任。地域活性化やCSR/CSV戦略を通じたサステナビリティ支援を行う。2017年、株式会社ビズデザイン大阪を設立、代表取締役就任。政官民学を問わずクライアントを抱える。現在、七尾街づくりセンター株式会社 戦略アテンダント、能登DMC合同会社 代表社員、ヤフー ギグパートナーなど複数の肩書を持つ。 スケジュール Time schedule 3月12日 (金) 3月13日(土) 3月14日 (日) 06:00pm 開場 09:30am 2日目開始 09:30am 3日目開始 07:00pm ファシリテーター挨拶 10:00am Facilitation 12:00pm 昼食(各自) 08:15pm 1分ピッチ 12:00pm 昼食(各自) 02:30pm プレゼン前のテックチェック 08:45pm 話し合いと投票 02:00pm コーチング開始 04:00pm 発表&審査 09:00pm チーム作り 04:00pm コーチング終了 06:00pm 結果発表 09:30pm 1日目終了&帰宅 06:30pm 夕食(各自) 06:30pm 3日目終了&帰宅 09:00pm 2日目終了&帰宅 ※遅刻時の連絡は必要ございません。もしアイデアをピッチされたい場合は[08:15pm 1分ピッチ]に間に合うようお越しください。 スポンサー Sponsors 《スポンサー》アイパブリッシング株式会社 様 《スポンサー》株式会社STARTERS 様 《日本全国・通年スポンサー》弥生株式会社 様 ファシリテーター Facilitator 中本 卓利(Nakamoto Takuto)  神戸大学発達科学部卒業後、起業家のためのコワーキングスペース運営やインキュベーション施設のディレクターを経てStartupWeekendに参画。現在は北海道から沖縄まで全国にて起業家育成やクラウドファンディング指南、また自治体や企業の人材育成や事業開発まで幅広く手掛けている。加えてスタートアップを切り口に中国深圳やフィリピンセブ島やベトナムハノイやホーチミンなど、アジアを中心とした海外進出支援にも取り組んでいる。その他、家業の経営資源を活用し新領域へ挑戦するアトツギを支える一般社団法人ベンチャー型事業承継にてエヴァンジェリストを務めている。和歌山県出身。 オーガナイザー Organizer 竹知 彩乃 千葉県出身。2018年2月に石川県金沢市に移住し、現在は富山県富山市在住。東京都内の医療情報メディアを運営する企業にフルリモートワーカーとして勤務。石川県(北陸)をより知りたい、地域に関わりたいという想いから2018年10月にStartupWeekend加賀に初参加。今回ご縁を頂きオーガナイザーとして参加させていただきます。 右近 和基 株式会社NTTドコモ勤務 新潟県出身。20年4月より転勤で金沢市に移住。StartupWeekend東京テーマ「Sleeptech」に参加し、熱意あるユニークな方々との出会いが面白く、そうした場が金沢や北陸にも広まって欲しいとの思いから、今回オーガナイザーとして参加。微力でありますが貢献できますと幸いです!   ご参考 FYI Startup Weekendの参加者の声をご紹介いたします。3日間の流れやチームの動きや気付き学びがわかりやすく書かれています。 ・SWとは何をするところなのか? ・SWを通じて何が得られるのか? ・3日間でどれだけのことができるのか? そういった疑問を解決できる記事かと思いますので、是非ともご一読いただけると幸いです。詳細情報を記載したHPは下記の画像をクリックした先にございます。 プレイベント Pre-Event ・良いアイデアの発想方法を知りたい ・起業の進め方について理解したい ・スタートアップが何かを知りたい そんな想いに応える座談会を「無料」でお届けします。お気軽にご参加ください。(※詳細は下記の画像をクリックした先にてご確認いただけます。) 注意事項 Notes 1.キャンセルポリシー/Cancel policy 2020年2月26日(金)23:59までにご連絡頂ければ(Web決済手数料/銀行振込手数料を除いて)100%返金いたします。それ以降は飲食や備品など発注等により返金出来かねますのでご了承ください。 2.途中参加退出可!/ Come in and out anytime 参加につきましては、3日間全てが望ましいですが、諸事情などで一時的に抜けることも可能です。開催期間中に外すことのできない用事があり参加できないのでは?とお考えの方も、是非ご参加ください。 3.領収書発行はオンラインで / Receipt issue via DoorKeeper 領収書はDoorKeeperから発行可能でございます。手順につきましては下記URLをご参考ください。 https://support.doorkeeper.jp/article/36-receipt

3/16 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

3/19 (金)

9225 normal 1488588005 9198 normal 1486697327 sw Startup Weekend 北九州
【最重要】開催延期のお知らせ 【StartupWeekend北九州 開催延期のお知らせ】 福岡県における緊急事態宣言の発令を受け、公衆衛生上の観点から、1月15日(金)~1月17日(日)に予定していました、StartupWeekend北九州は突然のことではございますが、やむなく延期させていただくことといたしました。 日時が迫ってからの突然の延期となり、皆様には大変ご迷惑をお掛けしますことを心からお詫び申し上げます。 皆様が気になっていらっしゃる延期後の日程につきましては、現在御関係者様と調整をしている最中でございますので少々お待ちいただければ幸いです。尚、延期日程の確定を待たずしてキャンセルをご希望の場合、返金を実施させていただきますので、その旨をお伝えいただければ幸いです。 ※変更された日付は調整中のものであり、確定ではございませんのでご留意ください 最終日「発表見学+パーティー参加」チケットお申込み予定の皆様へのお知らせ この度は、Startup Weekend北九州 vol.06へ発表見学のご検討ありがとうございます。 大変恐縮ではございますが、コロナ感染防止対策として本会場の入場人数制限をさせていただくこととなりました。つきましては、最終日の見学者の皆様には遠隔でのご参加をお願いいたします。 別会場として、Gill &Co.(福岡県北九州市小倉北区魚町1丁目6-4)3Fにて、本会場と中継(オンライン視聴)する形で、見学者の方にはご参加いただける場所をご用意いたしました。 別会場にお越しいただける場合は、持ち帰り弁当を用意させていただきます。 ご自宅よりオンライン視聴も可能ですので、そちらを希望される場合は申し込み時のご質問欄に「オンライン視聴希望」とご記入ください。 よろしくお願いいたします。 三日間参加者チケット定員達成のお知らせ おかげさまでご好評につき定員上限までのお申し込みをいただきました。 枠が空きましたら順番に繰り上げとなりますので、参加希望の方はキャンセル待ちのお申し込みをお願いいたします。 新規事業を立ち上げる起業体験イベント! 全世界で「起業家を生み出す場」として展開する「Startup Weekend」が“北九州にて再び開催!新規事業を立ち上げたい方!起業体験を積みたい方!仲間を集めたい方!スタートアップに興味ある方!一歩先へと歩みを進めてみませんか?この週末が、あなたの人生を変えるきっかけに! スタートアップウィークエンドってなにをするの? スタートアップウィークエンド(以下、SW)とは、新しいカタチを創る「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイデアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。 SWは初日の夜にみんながアイデアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、最終日の17時までにユーザーエクスペリエンスに沿った、必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発、ハッカーは機能の開発、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 特定の知識・スキルがなくとも、アイデアがあれば問題ありません。勿論、アイデアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどのスキルがあれば、チームで活躍することやプロダクトを作成、スタートアップをリアルに体験することができます!そして実は過半数の方が一人で初めて参加する方々です。初参加でも心配は必要ありません。 ※前回(第5回)Startup Weekend 北九州の様子 テーマはSDGs!!! 今回のスタートアップのテーマは「SDGs」 SDGs(エスディージーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略で、2030年までに達成すべき17の国際目標。〜世界を変えるための17のゴール〜が今回のテーマです。難しいテーマに思われるかもしれませんが、畏まって考える必要は全くありません。SDGsに関するものであればどんなアイデアでも大歓迎です!例えば、17の大きな目標の中には、「1:貧困をなくそう」や「4:質の高い教育をみんなに」また、「11:住み続けられるまちづくりを」「14:海の豊かさを守ろう」等があります。こんな街づくりがしたい! こんな風に自然の豊かさを守りたい! こんな教育の課題を直したい!といった、身近な想いがスタートアップの起点となり得るのです。SDGsを切り口に世界をより良くするアイデアをカタチにしてみませんか? コーチ Coach 2日目のコーチングを担当されるコーチのご紹介です(敬称略) 福岡 広兵 Houyou(株)COO " alt="Fukuoka's img" width="300"> 地場ゼネコンの営業職から、実兄が経営するIT系ベンチャーへ飛び込み撃明期を支える。現在、IPOへ向けた準備とともに、自身の経験を活かし創業支援施設COMPASS小倉のインキュベーションマネージャーを務める。 土井本 渉 ドダイズ 代表 株式会社コーチェット Coach/Biz Dev 兵庫県出身。2002年よりEコマース業界に従事。上場Eコマースベンダーの九州支店長を経て独立。「地域企業と人のドダイとなる」を理念にフリーランスでEC構築支援、アドバイスを行いながら通販ベンチャーの人事担当執行役員なども務めた。キャリア経験から経営者へのメンタルサポート提供の重要性、組織への影響を強く感じ、経営者・リーダー向けコーチング習得プログラムを提供する株式会社コーチェットに参画。コーチ兼事業推進。 EC事業と教育事業の領域をまたぐ。グロービス経営大学院MBA、産業カウンセラー。 秦 裕貴 合同会社Next Technology 代表社員 " alt="Hata's img" width="300"> 福岡県福津市出身。1993年5月生まれ (27)。 北九州高専5年生時に開発したスケボー型パーソナルビークルを投資家に絶賛され、自らの技術を活かせば世の中に直接影響できる可能性を感じる。 これをきっかけに、2014年、当時高専学内で創業し黎明期であった合同会社NextTechnologyへ参画。2018年からは同社の代表へ就任。受託開発のみならず、北九州市が主催する官民IoTプロジェクトのメンターとしての活動や、ドローン開発力を競う世界大会への出場など幅広く活動している。 2019年には、全国の志ある高専生がチャレンジするためのプラットフォーム「高専起業部」を立ち上げる。「高専から日本を強くする」をテーマに、 自動車メーカーやJ I CA、地方自治体などと高専生とのコラボ企画を展開している。 中川 康文 一般社団法人街に心の栄養を 代表理事 一般社団法人まちはチームだ 創生塾事務局長 一般社団法人国際メンタルコーチング協会 理事 一般社団法人こころリペアレンティング協会 理事 北九州市八幡西区黒崎生まれ、遠賀在住。宗像高校、山口大学人文学部卒。印刷会社営業を経て大手学習教材チェーン系学習塾にて5年教室長を務める。その後、学習塾講師を続けつつ心理学を教える民間のビジネススクールにて勤務。現在はフリーでイベントプロデュース、街づくりファシリテーター、カウンセラーとして活動している。事務局を務める起業家養成講座「創生塾」が、中小企業庁【平成30年度創業機運醸成賞】を受賞。 審査員 Judge 3日目の審査を担当されるジャッジのご紹介です(敬称略) 廣瀬 隆彦 CX Value Lab株式会社 代表取締役CEO 株式会社ワクフリ 取締役事業戦略室長 株式会社トイポ 経営戦略室長 グロービス経営大学院卒業(経営学修士 / MBA) " alt="Hirose's img" width="300"> 愛知県名古屋市出身、福岡県糸島市在住。2001年にエイベックス株式会社に入社。安室奈美恵などの販売促進担当、直販ECサイトの責任者などを経て2009年に福岡へ移住。株式会社WDI JAPANにてグローバルレストランチェーンのマーケティングを担当したのち、株式会社メルカリへ入社。組織組成、マネジメント、リーダー育成、KPIやプロセス設計などに従事し、2020年3月 CX Value Lab株式会社を設立し、ベンチャー企業・中小企業の事業支援を行う。 岸原 稔泰 一般社団法人Startup GoGo/GxPartners LLP 代表パートナー 1996年4月国際流通グループに入社。1999年8月独立系のベンチャー証券会社の九州地域子会社に入社。株式公開支援業務に従事。2009年7月子会社を経営陣による買収(MBO)し、代表取締役に就任。2014年有志でスタートアップイベント「StartupGo!Go!」を開催。2016年1月一般社団法人StartupGoGoを設立して代表理事就任。西鉄や凸版印刷などとStartupとの協業を目的としたオープンイノベーションプログラムを開催。台湾、韓国、香港、フィンランドのアクセラレーターとMOUを締結。2019年4月代表パートナーを務めるGxPartners LLPと株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズが共同で「九州オープンイノベーションファンド」を設立。西鉄、福銀など11社が出資した10億円のファンドを運営している。 土谷 和子 株式会社ゼンリン ダイバーシティ推進部 部長 国家資格キャリアコンサルタント 北九州市立大学マネジメント研究科卒業(経営学修士 / MBA) 北九州市出身 Startup Weekend関門第1回に参加し、熱い3日間に感動!!「先ずはやってみる」のチャレンジ精神旺盛のお世話好きなおばちゃん。長女の大学受験、次女の高校受験を機に私は大学受験。北九州北九州市立大学マネジメント研究科へ(2017年卒業)。「一人ひとりが本来もつ力を、最大限に発揮できる風土・制度を整える」ために社内の人事制度、柔軟な働き方などの制度設計に従事。 西田 健 KiQ Robotics株式会社創業者兼取締役COO 九州工業大学オープンイノベーション推進機構特任教授 広島出身,博士(工学).KiQ Robotics株式会社創業者兼取締役COO.九州工業大学オープンイノベーション推進機構特任教授.次世代産業用ロボット,人工知能,自動運転などの研究者.確率システム制御理論,ロボット工学,センサ工学,人工知能を専門とする.磁力で硬さを制御する「万能ハンド」の国際特許(日本・ドイツ・中国)をはじめとして,革新的な多数の特許を出願.200本を超える論文と8冊の著書があり,近著の「実用ロボット開発のためのROSプログラミング」は売れ行きが好調.現在までに,30社以上の共同研究や,5件の大型国家プロジェクトに従事.これまでに自動運転用のLiDARの性能規格策定などに尽力.最近では,世界初のローカル5Gの実工場導入を立案し実証した.イタリア・フランス・モンゴルの大学と国際共同研究を実施し,国内では大阪大との共同研究を実施している.ギラヴァンツ北九州のサポーター 会場提供 Venue Sponsor 株式会社YE DIGITAL 様 [アクセス] 北九州市小倉北区米町二丁目1番21号 APエルテージ米町ビル(小倉駅徒歩5分) 当日会場となるコワーキングスペース「SAKASSO!」については、下記URLをご覧ください。 https://www.ye-digital.com/jp/new-office/coworking.php スケジュール Shedule 1月15日 (金) 1月16日(土) 1月17日 (日) 06:00pm 開場及び懇親会 09:30am 2日目開始 09:30am 3日目開始 07:00pm ファシリテーター挨拶 10:00am Facilitation 12:00pm 昼食 08:15pm 1分ピッチ 12:00pm 昼食 02:30pm プレゼン前のテックチェック 08:45pm 話し合いと投票 02:00pm コーチング開始 04:00pm 発表&審査 09:15pm チーム作り 04:00pm コーチング終了 06:00pm 審査発表 09:45pm 1日目終了&帰宅 06:30pm 夕食 06:30pm パーティー 09:00pm 2日目終了&帰宅 08:00pm 3日目終了&帰宅! スポンサー Sponsor 開催にあたり、以下のスポンサー様からご支援をいただいております。 株式会社ZENRIN 様 北九州銀行 様 大英産業株式会社 様 株式会社九州マイクロテック様 株式会社アンサー倶楽部様 税理士法人TAパートナーズ 様 株式会社フロイデギズモ 様 一般社団法人StartupGoGo様 株式会社酔笑 様 coworking space 秘密基地 様 株式会社ビッグベアーズフーヅサービス 様 クラウン製パン株式会社 様 Gallery&cafebar はこさかそ様 《日本全国・通年スポンサー》弥生株式会社 様 ファシリテーター Facilitator 中本 卓利(Nakamoto Takuto)  神戸大学発達科学部卒業後、起業家のためのコワーキングスペース運営やインキュベーション施設のディレクターを経てStartupWeekendに参画。現在は北海道から沖縄まで全国にて起業家育成やクラウドファンディング指南、また自治体や企業の人材育成や事業開発まで幅広く手掛けている。加えてスタートアップを切り口に中国深圳やフィリピンセブ島やベトナムハノイやホーチミンなど、アジアを中心とした海外進出支援にも取り組んでいる。その他、家業の経営資源を活用し新領域へ挑戦するアトツギを支える一般社団法人ベンチャー型事業承継にてエヴァンジェリストを務めている。和歌山県出身。 オーガナイザー Organizer 中村 武 リードオーガナイザー 株式会社ゼンリン勤務 Facebook 長崎県出身。株式会社ゼンリンへの入社を機に北九州に移住。以来、カーナビの地図データ提供、開発業務に携わり、現在は社内システムの構築に携わる。自身の新規事業提案をキッカケに、「起業とは?」に興味を持ち、第4回スタートアップ北九州に応募、第5回よりオーガナイザーとして参加、第6回ではリードオーガナイザーを務める。現在は、会社の社外研修がきっかけで知ったグロービス経営大学院に入学し、MBAの修得を目指しつつ、人的ネットワークの構築・志の醸成・能力開発のため、日々活動中。 糸川 郁己 Code for Kitakyushu 事務局長 I.I.(個人事業) 代表 (公財)北九州産業学術推進機構(FAIS) イノベーションセンター情報産業担当課長 Facebook 1980年北海道生まれ。 仙台でシステムエンジニアとして就職し、東京の放送キー局向けシステム開発リーダー等を務める。2007年、異動を機に福岡県へ移住、転職を経て、現在は北九州市外郭団体の職員として事業連携および新ビジネス創出を支援。担当は産学官民金の事業連携体「北九州e-PORTパートナー」事務局(2015年-)、「北九州みらいのビジネス創り対話会」および「北九州みらいのビジネスコンテスト」の企画運営(2016-17年)など。ライフワークとして2014年、ITコミュニティ「Code for Kitakyushu」を立ち上げ、北九州初のハッカソンを実施。2020年「北九州テイクアウトマップ」の開発や、市内IT企業と連携し「北九州市コロナ感染症情報サイト」の立ち上げなどシビックテックを実践中。 辻 貴美花 KiQ Robotics株式会社 総務主任 Facebook 北九州生まれ、北九州育ちの生粋の北九州人。北九州工業高等専門学校 機械工学科出身。学生時代から高専発ベンチャー企業の一員として活動しており、自社製品のロボットを多くのメディアで紹介。現在はスタートアップ企業でバックオフィスを務める。Startup Weekend 東京 Roboticsに参加し、北九州で初開催となったStartup Weekend 北九州にオーガナイザーとして参画。また、第3回ではリードオーガナイザーを務める。第5回で優勝したアイデア「もぐもぐCOLONY」を事業化するため、日々(内緒で)奮闘中。 渡邊 祥気 北九州工業高等専門学校専攻科学生 兼 NextTechnology学生社員 北九州工業高等専門学校 物質化学工学科出身。2018年度学生会長。第5回Startup Weekend北九州にて初参加し、今まで知らなかった新たな世界に衝撃を受ける。その後IoTデバイス「まっちんブー!」を考案、前年度は北九州市主催「北九州でIoT」、今年度は総務省主催「高専ワイヤレスIoTコンテスト」の採択案件として、現在はNext Technology,LLCにて学生社員を務めつつ並行してプロジェクト進行中。趣味はギター。 中村 健一 IT企業会社員 Facebook 生まれも育ちも、北九州市は小倉。就職を機に上京し、現在はエンジニアとしてAWSを扱っている。SW北九州と出会ったのは、大学の講義で配られたチラシがきっかけ。第3回参加時に、生き生きとした、熱い人たちと巡り合い、今、オーガナイザーとして参画している。 原田 幸 田川市役所経営企画課所属 田川郡出身。香川のstartup weekendに初参加して、想いを形に変える経験に感動。この感動を自分の地元の人たちにも伝えるため、田川でのSW開催の計画中。好きな動物はプレーリードッグ! 中村 夏都 2003年生まれ。福岡県北九州市出身。現在も在住。北九州工業高等専門学校に在学中。生産デザイン工学科2年生。コンピューター研究部に所属。2019年開催のStartup Weekend 北九州の初参加にて、人のアイデアをより良いものにしていく手伝いをしたい、そして、自分が広めたいある思いをビジネスにする方法を模索する為に参加。 本田 浩之 東京都内のSIerに勤務。経済産業省 始動2期生。2019年4月にStartupWeekend初参加。今回ご縁を頂きオーガナイザーさせて頂きます。よろしくお願いします。 井上 隼佑 個人事業主 北九州市出身 北九州工業高等専門学校制御情報工学科卒業。生産技術・人事などを企業で経験した後に、北九州高専の研究員へ。2020年4月に独立し、自立搬送機の研究開発やシェアオフィスの企画・運営、PCの製作など多種多様な仕事に従事している。来年には、自身考案のプロダクトのリリースや、イベントスペースの立ち上げを予定している。第5回StartupWeekend北九州へ参加し、その後のSW関門よりオーガナイザーを務めている。関門第二回のリードオーガナイザーを務めた。 ご参考 過去開催時の開催レポートをご紹介いたします。 3日間の流れやチームの動きや気付き学びがわかりやすく書かれています。 ・SWって何をするところなのか? ・結局なにが学べるのか? ・3日間でどれだけのことができるのか? そういった疑問を解決できる記事かと思いますので、是非ともご一読いただけると幸いです。 第1回:http://nposw.org/swkitakyu01/ 第2回:http://nposw.org/kitakyusyu2nd/ 第3回:https://nposw.org/kitakyusyu3rd/ 第4回:https://nposw.org/kitakyushu190111/ 第5回:https://nposw.org/kitakyushu20190628/ プレイベントご案内 2020年12月19日(土)に「SDGs勉強会」と題し本企画のプレイベントを開催いたします。 ・起業について興味がある ・スタートアップが何か知りたい ・SDGsについて学びたい そんな想いをお持ちの際は是非にご参加いただければ幸いです。 詳細情報は下記の画像をクリックしてご確認ください。 注意事項 Notes 1.キャンセルポリシー/Cancel policy 2020年12月31日(木)23:59までにご連絡頂ければ(Web決済手数料/銀行振込手数料を除いて)100%返金いたします。それ以降は飲食や備品など発注等により返金出来かねますのでご了承ください。 2.途中参加退出可!/ Come in and out anytime 参加につきましては、3日間全てが望ましいですが、諸事情などで一時的に抜けることも可能です。開催期間中に外すことのできない用事があり参加できないのでは?とお考えの方も、是非ご参加ください。 3.領収書発行はオンラインで / Receipt issue via DoorKeeper 領収書はDoorKeeperから発行可能でございます。手順につきましては下記URLをご参考ください。 https://support.doorkeeper.jp/article/36-receipt

3/23 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

3/26 (金)

8304 normal 1508254731 9429 normal 1505918098 sw ts StartupWeekend 神戸
新規事業を立ち上げる起業体験イベント! 全世界で「起業家を生み出す場」として展開する「Startup Weekend」が神戸にて再び開幕!新規事業を立ち上げたい方!起業体験を積みたい方!仲間を集めたい方!スタートアップに興味ある方!一歩先へと歩みを進めてみませんか?この週末が、あなたの人生を変えるきっかけに! スタートアップウィークエンドってなにをするの? スタートアップウィークエンド(以下、SW)とは、新しいカタチを創る「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイデアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。 SWは初日の夜にみんながアイデアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、最終日の17時までにユーザーエクスペリエンスに沿った、必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発、ハッカーは機能の開発、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 特定の知識・スキルがなくとも、アイデアがあれば問題ありません。勿論、アイデアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどのスキルがあれば、チームで活躍することやプロダクトを作成、スタートアップをリアルに体験することができます!そして実は過半数の方が一人で初めて参加する方々です。初参加でも心配は必要ありません。 ※過去のStartup Weekend の様子 コーチ Coach 2日目のコーチングを担当される皆様のご紹介です(敬称略) フォーリー淳子 大同門株式会社 代表取締役社長 シルバーエッグ・テクノロジー株式会社 共同創業者 神戸女学院大学卒業後、大阪府知事付通訳として大阪府庁に勤務。その後国際会議等で同時通訳者として活動する。33歳でオンラインデータベースの会社、株式会社メイド・ジャパンを起業。富士通子会社に事業売却後、1998年にAIレコメンドサービスのシルバーエッグ・テクノロジー株式会社をト-マス・フォーリーと設立。専務取締役&COOとして同社の事業構築に携わる。2016年9月に東証マザースに上場。現在大手ECサイトを含む日本の多くの大手中堅サイトに、AIベースのマーケティングサービスを提供。2015年シルバーエッグ専務取役退任し、共同創業者に就任。2010年民事再生にてファンドの手に渡った家業のレストラン・チェーン「焼肉の大同門」を買戻し、社長に就任。日本ホスピタリティ推進協会理事。 辻村 真依子 株式会社美学生図鑑  代表取締役CEO Photographer 1989年生まれ、兵庫県西宮市出身。大学在学中にWebメディア「美学生図鑑」の立ち上げにカメラマンとして参画。その後、編集長に就任し、月間100万PVを超える人気のWebメディアへと押し上げた。2016年に株式会社化し、代表取締役に就任。過去から現在に至るまでアナウンサーやタレントなどを多く輩出している。 郡 香苗 株式会社SceneryScent 代表取締役 子育てと仕事を両立させながらいつか独立したいと思いアロマテラピースクールに通い、資格を取得。その後アロマセラピスト/アロマテラピーインストラクターとして独立し活動を重ね、公立高校の特別非常勤講師としてアロマを教える傍ら臨床心理学を学ぶため大学に入学。大学卒業と同時に、癒しを提供するアロマテラピーから香り空間演出ビジネスにシフトし、さまざまな助成金事業やビジネスプランコンテストなどで実績を作る。 2019年 株式会社SceneryScentを立ち上げる。 長井 伸晃 神戸市企画調整局つなぐラボ 特命係長 横断的な政策課題に対し、課題の実態リサーチと関連するステークホルダーとの連携を図り、市民本位の具体的な政策・課題解決につなげるべく、遊撃部隊として活動する。これまでに、フェイスブックジャパンやヤフー、アイカサ、Uber Eatsなど13企業との事業連携を通じて課題解決や新たな市民サービス創出に取り組む。また、「078KOBE」や「TEDxKobe」に加え、全国の公務員コミュニティ「よんなな会」などの運営に関わる。複業として、神戸の知られざる魅力を発掘・発信するNPO法人「Unknown Kobe」を設立し、まちあるきイベントやオンライン配信イベントなどの活動を行っている。「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」受賞。 歌崎 雅弘 株式会社いま-みらい塾代表取締役社長 株式会社教育情報マネジメント取締役副社長 高校3年生の夏に偏差値が40から京都大学を志し、担任からは「何年かかっても無理だ」と言われながらも「絶対に2度と同じまちがいをしない」独自の学び方を開発して「半年で偏差値を80まで上げて」京都大学農学部に合格。12年間会社員として勤務した後、「自らの経験を社会の発展に活かしたい」という想いから教育を志して独立。「塾を卒業する塾」であるいま-みらい塾を展開。塾生を卒業させ過ぎて経営が立ち行かず、一時ホームレスを経験。2020年4月に「挑戦」と「改善」のマインドが勉強する早押しクイズ学習アプリ「はやべん」をリリース。「マリオメーカー2」で元世界ランキング3位の実績をもつゲーマーでもある。 審査員 Judge 3日目の審査を担当される皆様のご紹介です(敬称略) 横山 剛 SRCグループ会長(CEO)  Kiss FM KOBE 代表取締役社長 大学3回生時に起業。以来地域に特化した5社6事業を立ち上げ、地元放送局の事業再生も手がける。現在も引き続き『学生起業家』として新規事業に挑戦しつつ地域の若者教育と起業家支援、大学での教育にも力点を置く。甲南大学文学部卒、神戸大学大学院経営学研究科修了 (MBA)、同博士課程後期に在学中。近畿大学 神戸芸術工科大学 非常勤講師。学術領域における専門はマーケティング、主な研究領域はサービスマネジメント論、マーケティング戦略論、製品開発論など。好きな学問は西洋哲学と心理学。「愛」研究家。Founders!主宰。 福田 博一 1999年に立命館大学経営学部を卒業後、日立金属株式会社に入社。2002年に株式会社ロックオンに参画し取締役副社長就任。マーケティングプラットフォーム「アドエビス」の開発指揮を執った後、EC-CUBEの事業責任者として国内No.1シェア獲得と収益化を実現。その後、東京支社責任者として営業拠点の拡充に注力した。2014年に東証マザーズ上場。 石黒 英之 みなとキャピタル株式会社 取締役 投資業務部長 神戸市出身、神戸市在住。1986年同志社大学経済学部卒業後、兵庫銀行(現みなと銀行)に入行。2001年、地元兵庫県下の主にベンチャー企業への投資育成を目的に設立されたベンチャーキャピタル会社へ出向、投資部門の責任者として業務全般に携わる。2006年、銀行に戻り、東加古川支店長、審査部門での事業再生業務担当、梅田法人営業部長等を歴任、2014年からベンチャーキャピタル会社へ再出向、2019年転籍、取締役就任。現在は、スタートアップの支援に加え、事業承継、農林漁業関連、観光関連ビジネスへの支援にも力を入れている。 会場 Venue コワーキングスペース WAY OUT 〒 651‐0084 神戸市中央区磯辺通2‐2‐10 ワンノットトレーズビル2階 三ノ宮駅から徒歩7分 <注意事項> 会場には駐車場がございません。お車でお越しの方は近隣のパーキングをご利用ください。 スケジュール Time schedule 3月26日 (金) 3月27日(土) 3月28日 (日) 18:00 受付開始 10:00 2日目開始 10:00 3日目開始 18:30 懇親会 10:30 ファシリテーション 12:00 昼食 19:00 ファシリテーター挨拶 12:00 昼食 14:30 テックチェック 20:15 1分ピッチ 14:00 コーチング開始 16:00 最終発表&審査 20:45 話し合いと投票 16:00 コーチング終了 18:00 結果発表 21:00 チーム作り 18:30 夕食 18:30 パーティー 21:30 1日目終了&帰宅 21:00 2日目終了&帰宅 20:003日目終了&帰宅! ※遅刻連絡は必要ございません。初日にピッチをされたい場合は20:15まで会場にお越しください。 ※最終日見学&懇親会参加の場合は15:30から会場にお入りいただけます。 スポンサー Sponsors one knot trades 株式会社 様 株式会社STARTERS 様 コワーキングスペースWAY OUT 様 《日本全国・通年スポンサー》弥生株式会社 様 ファシリテーター Facilitator 中本 卓利(Nakamoto Takuto) 神戸大学発達科学部卒業後、起業家のためのコワーキングスペース運営やインキュベーション施設のディレクターを経てStartupWeekendに参画。現在は北海道から沖縄まで全国にて起業家育成やクラウドファンディング指南、また自治体の人材育成や企業の事業開発まで幅広く手掛けている。加えてスタートアップを切り口に中国深圳やフィリピンセブ島やベトナムハノイやホーチミンなど、アジアを中心とした海外進出支援にも取り組んでいる。その他、家業の経営資源を活用し新領域へ挑戦するアトツギを支える一般社団法人ベンチャー型事業承継にてエヴァンジェリストを務めている。和歌山県出身。 オーガナイザー Organizer 山岡 源 1996年生まれ。2020年3月に関西学院大学理工学部情報科学科卒業。大学1回から株式会社美学生図鑑にてデータアナリストとして活動。大学3回からコワーキングスペースWAY OUTを運営。2020年4月からWAY OUTの運営元であるone knot trades株式会社に入社後、11月にスペースの無人運営支援サービス「fixU」をリリースし、今後も神戸を起点としてIT技術を用いた不動産活用に対するサービスを展開していく。 鶴 健一 株式会社STARTERS 代表取締役 SIer, フリーランス, 教育ベンチャー起業, ソーシャルゲーム会社、マーケティング会社を経て株式会社STARTERSを設立。課題解決を通した実践的プログラミング教育事業と事業立ち上げ時の開発に関わる課題(技術力、人材不足、スピード、etc...)を解消するための立ち上げ専門の開発請負事業で活動中。「日本に失敗しても立ち直れる教育環境を作る」ために日々新規事業の開発に奮闘中。 山田 歩 StarryTone主宰 関西学院大学商学部を卒業。和歌山県出身。中高生の頃、音楽雑誌でバンドのインタビューを読んで、経営マインドを育む。‘20年夏より「クリームソーダに入る体験イベント」を開催し、エンタメ事業で起業予定。和歌山経済新聞の記者で、ビジネスとエンタメを主に取材する。SW白浜に初参加で準優勝、SW Tokyoセブに参加。 大西 照 エンジニア兼WEBデザイナー。 2019年4月StartupWeekend白浜に参加し初優勝。(熟年離婚を課題に、TOKIMODOというサービスをピッチ)その後、10月に法人『株式会社Esolab』を設立し、独立支援系のプロダクトを開発中。  朝河 孝元 2006年 自転車が好きでシマノに就職し、表面技術を中心した研究を行う。2012年 マレーシアに出向、マレー人、世界を旅するノマド等、様々な背景を持つ人間と出会い刺激を受ける。2019年 マレーシア在住時の友人からSWを紹介され、SW豊田初参加で2位。そこから、SWの面白さにハマり今まで6回参加。SW神戸が初オーガナイザー。他にハマっていることは、ものづくり、旅行、子育て、古民家リノーベーション、芸術活動、地域活性化。 田中 さゆり キャリア教育コーディネーター・起業家教育研究家として起業家教育プログラムの作成・運営に取り組んでいる。「マチの先生プロジェクト」「エコ・デザイン・ビジエスを学ぶキッズマーケット」「IOTとドミノ」「文具を作っちゃおう!電子工作教室」「まちづくり企画」など様々な子供向けイベントの企画プロデューサーとして数々のイベントや講座を開催。世界を変えるイノベーターを育成すべく活動中。初等教育から始めるイノベーター育成プログラムただいま作成中。 ご参考 FYI Startup Weekendの参加者の声をご紹介いたします。3日間の流れやチームの動きや気付き学びがわかりやすく書かれています。 ・SWとは何をするところなのか? ・SWを通じて何が得られるのか? ・3日間でどれだけのことができるのか? そういった疑問を解決できる記事かと思いますので、是非ともご一読いただけると幸いです。詳細情報を記載したHPは下記の画像をクリックした先にございます。 プレイベント Pre-Event ・良いアイデアの発想方法を知りたい ・起業の進め方について理解したい ・スタートアップが何かを知りたい そんな想いに応える講座を「無料」でお届けします。お気軽にご参加ください。(※詳細は下記の画像をクリックした先にてご確認いただけます。) 注意事項 Notes 1.キャンセルポリシー/Cancel policy 2021年3月12日(金)23:59までにご連絡頂ければ(Web決済手数料/銀行振込手数料を除いて)100%返金いたします。それ以降は飲食や備品など発注等により返金出来かねますのでご了承ください。 2.途中参加退出可!/ Come in and out anytime 参加につきましては、3日間全てが望ましいですが、諸事情などで一時的に抜けることも可能です。開催期間中に外すことのできない用事があり参加できないのでは?とお考えの方も、是非ご参加ください。 3.領収書発行はオンラインで / Receipt issue via DoorKeeper 領収書はDoorKeeperから発行可能でございます。手順につきましては下記URLをご参考ください。 https://support.doorkeeper.jp/article/36-receipt

3/30 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F