3/1 (月)

97f6d3e3ebd7597c92f55d519bb6148f U-NEXT コーポレート
グローバルで活躍するビジネスパーソンたちが、全編“英語で話す”トークイベント
English follows Japanese🤓📝 2回目の開催となる「How Might We Work #02」は、グローバルで活躍するビジネスパーソンたちによるオンライントークイベントです。このイベントの特徴は“日本語でのトークが禁止”全編英語でお届けすることです。   他国の言語を使って人前で話すことはハードルが高く感じられがちですが、まずは知っている単語や文法を積極的に使ってみたり、実践の場を増やしたりと、畏まらず気軽に発信することが成長の第一歩だと、私たちは考えます。 「How Might We Work」の取り組みを通して、様々な国の言語で「デザイン」「テクノロジー」「組織」「働き方」などについて話す機会を増やすことで、国内外で活躍する人が増えればと願っています。 カジュアルなトークイベントですので、少しでも興味のある方は気軽に参加いただけると嬉しいです。 日本発の会社で働く。インターナショナルキャリアの築き方 第2回目のテーマは「日本発の会社で働く。インターナショナルキャリアの築き方」です。 今回ゲストでお招きした方々は、海外出身のスタッフを多く抱える日本発の企業で、組織開発や採用に携わっているみなさんです。グローバルに活躍するビジネスパーソンは、なぜ日本企業で働くことを選択するのか。エクサウィザーズ、スマートニュース、メルカリ、U-NEXT…4社で働く魅力や社内環境、なぜ海外出身のスタッフを採用しているのか、コミュニケーションの工夫、国際的に活躍するスタッフたちのキャリアの在り方など、詳しくお話いただきたいと思います。 ▼こんな方におすすめです   英語が話せる環境で働きたい / 働いているビジネスパーソン(人事、広報、エンジニア・編集者・アーティスト・マーケター・経営者など) グローバルで活躍したい方 英語で発信したり、英語で情報収集をしたりする機会を増やしたい方 配信場所 YouTube Live / Twitter Live ※配信時間になりましたら、URLをお送りいたします。 スピーカー(4名) 半田 頼敬 株式会社エクサウィザーズ 採用責任者 慶應義塾大学卒業、ベネッセコーポレーションでマーケティング、商品開発、事業開発に従事。2015年リクルートホールディングスに中途採用担当として入社し、子会社のIndeed, Inc.のPMIの一環としてエンジニア採用活動を支援。社会課題の解決を志す石山・春田のビジョンに共感し、2018年エクサウィザーズに入社。Linkedin Top Startup 2年連続1位を獲得。   今枝 紘子 スマートニュース株式会社 人材組織開発 マネージャー 東京生まれ。中高大をNYで過ごす。大学卒業後に帰国。ゴールドマンサックスなど外資金融にて法人営業等の証券ビジネスに従事。2011年に業界内で人事に転身。HRBP、人材開発、制度設計などに携わり、グローバル企業における人事課題に取り組む。2020年、人材組織開発チームの立ち上げに合わせてスマートニュースに参画。研修設計や実施、人事制度設計、その他社員体験向上のための取り組みを率いる。コロンビア大学経済哲学専攻。社会保険労務士、キャリアコンサルタント、二児の母。 Tutti Quintella 株式会社メルカリ HR グループマネージャー ブラジル出身のTuttiは、2011年からソフトウェアエンジニアとして働き、3年間でピープル&プログラムマネージャーに転身。現在は、メルカリのラーニング&ディベロップメント、ダイバーシティ&インクルージョン、グローバルオペレーションのグループマネージャーを務めている。プライベートでは、Women Who Code Tokyoのボランティアディレクターとして活動する。   柿元 崇利 株式会社U-NEXT タレントアクイジション担当部長 鹿児島生まれ。千葉育ち。東京工業大学・大学院で生命理工学を専攻した後に日本IBMへ入社し法人営業に6年間従事。その後起業するも挫折。2014年にU-NEXTへ入社。ビジネス開発・プロジェクトマネージャー・ITソリューション調達購買など担当した後、2017年から採用責任者を務める。   モデレーター ボウザス 裕子 株式会社U-NEXT CX本部 Product Design室 / Design Manager 日本でグラフィックデザイナーとしての経験を積んだのち語学習得のため渡豪。シドニーにあるデザイン事務所でWebデザイナーとしてのキャリアをスタートする。その後Webプログラミングを独学で習得しフリーランスのUIデザイナー、Webデベロッパーとしてオーストラリア、フランスを拠点に活動。世界中のクライアントやエンジニアとオンラインで仕事を共にする。現在はU-NEXTでプロダクトデザイナー、デザインマネージャーとして多国籍のチームで日々英語、日本語を交えながら業務に当たっている。 タイムテーブル 2021/3/01(月) 19:30-21:00 19:25 開場 19:30 挨拶 / イベント概要説明 19:35 - 19:45 講演① 19:45 - 19:55 講演② 19:55 - 20:05 講演③ 20:05 - 20:15 講演④ 20:15 - 20:20 休憩 20:20 - 20:50 トークディスカッション 20:50 - 21:00 フリータイム 21:00 イベント終了 参加いただくみなさまへお願い 出演者とリアルタイムでコミュニケーションは取れません。 トークディスカッションでは、申し込みの際に入力いただいた質問の中から回答いたします。登壇者に何か聞きたいことがある方は、申し込みの際に入力お願いします。 イベントの感想やコメントがあれば、Twitterでハッシュタグ #HMWW をつけて投稿いただけますと幸いです。 当日は、好きな飲み物や食べ物を手元に準備し、視聴いただけますと幸いです。 画面をキャプチャしてのSNSの投稿は問題ございません。動画撮影は禁止とさせていただきます。 その他 何かお困り事などありましたら、当イベントページの「イベントへのお問い合わせ」からご連絡ください。 運営 株式会社U-NEXT U-NEXTは、動画のサブスクリプションサービスと電子書籍を提供しています。 組織には、国外出身のクリエイターが多く在籍し、日本語以外の言語でコミュニケーションをとり、仕事をすることが多くあります。 U-NEXT コーポレート note 「How Might We Work」のイベントレポート等をお届けしています。 English follows Japanese🤓📝 "How Might We Work #02" is the second of this series of online talk events by business people active on the global stage. A feature of this event is that it will be delivered in English, with talking in Japanese prohibited.   Speaking in public in a foreign language may seem a high hurdle, but we believe that first trying to actively use known words and grammar and increasing opportunities for practice, and communicating freely, are the first steps in growth. Through the "How Might We Work" initiative, we hope to increase opportunities to talk about design, technology, organization, and working styles in various languages and increase the number of people active in Japan and overseas. The talk event is a casual one, so please feel free to take part. Work for a company from Japan. How to build an international career. The theme of the second event is "Work at a company from Japan. How to build an international career." The guests invited this year are involved in organizational development and recruitment at Japanese companies that have many staff from overseas. Why do business people active globally choose to work for Japanese companies? We look forward to hearing about the appeal of working at the four companies ExaWizards, SmartNews, Mercari, and U-NEXT, and about the companies' internal environments, why they hire staff from overseas, how they refine communication, their visions for the careers of internationally active staff, and more. ▼ Recommended attendees   Business persons who work or want to work in an English-speaking environment / (human resources, public relations, engineers, editors, artists, marketers, managers, etc.) Persons who want to be active on a global stage Persons who want to increase their opportunities to communicate and collect information in English Streaming location YouTube Live / Twitter Live * We will send the URL when the streaming time arrives. Speakers (4 people) Yoritaka Handa Head of Recruiting, ExaWizards Co., Ltd. He worked in marketing and business development at Benesse Corporation for 5 years.In 2015, he joined Recruit Holdings as a mid-career recruiter and supported Engineering He joined Exa Wizards in 2018. As Head of Recruiting, won 1st place in Linkedin Top Startup 2019/2020 for two consecutive years.   Hiroko Imaeda Manager, Talent and Organizational Development, SmartNews Inc. Originally from Tokyo, Hiroko spent 9 years in NY as a child before returning to work in the financial industry as an Equities specialist. In 2011 she made a career shift into HR, experiencing various functions such as HRBP and Talent Management. In 2020, she joined SmartNews as it launched the Talent and Organizational Development Team. Hiroko currently leads the people development and other org design initiatives. She has a B.A. in Econ-Philosophy from Columbia University. She's a Labor and Social Security Attorney, a Career Consultant, a wife and a mother of two. Tutti Quintella HR Group Manager, Mercari, Inc. Originally from Brazil, Tutti has worked as a software engineer since 2011 and became a people and program manager in the last 3 years. She is currently the Group Manager for Learning & Development, Diversity & Inclusion and Global Operations at Mercari. In her free time, Tutti is also a volunteer Director of Women Who Code Tokyo.   Takatoshi Kakimoto VP of Talent Acquisition, U-NEXT Co., Ltd. Born in Kagoshima and raised in Chiba, Takatoshi majored in life sciences and technology at the graduate school of Tokyo Institute of Technology. He joined IBM Japan and worked in corporate sales for 6 years. He then experienced frustration in starting a business, before joining U-NEXT in 2014. After overseeing business development, project managers, and IT solutions procurement and purchasing, he has worked as a manager in charge of recruitment since 2017.     Moderator Hiroko Bouzas Design Manager, Product Design Office, CX Unit, U-NEXT Co., Ltd. After gaining experience as a graphic designer in Japan, Hiroko went to Australia to study language. She began her career as a web designer at a design office in Sydney. After that, she taught herself web programming and worked as a freelance UI designer and web developer based in Australia and France. She works online with clients and engineers around the world. Currently, she works in a multinational team at U-NEXT as a product designer and design manager, mixing English and Japanese every day. Timetable 19:30-21:00, Monday, March 1, 2021 19:25 Venue opens 19:30 Greetings / Overview of event 19:35 - 19:45 Talk ① 19:45 - 19:55 Talk ② 19:55 - 20:05 Talk ③ 20:05 - 20:15 Talk ④ 20:15 - 20:20 Break 20:20 - 20:50 Talk discussion 20:50 - 21:00 Free time 21:00 Event ends Requests to participants Communication with guests in real time will not be possible. In the talk discussion portion, questions entered in participation applications will be answered. Please enter any questions for the speakers when applying to participate. Please post any comments about the event on Twitter using the hashtag #HMWW. Please watch the event with favorite drinks and foods on hand. Screen captures for posting on social media are allowed. Video recording is prohibited. Other Please inquire from "Event Inquiries" on this event page regarding any problems. Management U-NEXT Co., Ltd. (https://www.unext.co.jp/) U-NEXT offers a video subscription service and e-books. Many creators from overseas are enrolled in the organization, often communicating and working in languages other than Japanese. U-NEXT Corporate note (https://note.unext.co.jp/) We deliver "How Might We Work" event reports, etc.

3/2 (火)

8735 normal 1467217114 coderdojo toyohashi CoderDojo豊橋 & Hour of Code in 豊橋(豊橋創造大学 今井ゼミプロジェクト)
 2月も対面で開催予定ですが、開催回数は4回となります。ご要望があればGoogle Meetを使ったリモート参加にも対応しますのでお気軽にご相談ください。  CoderDojo豊橋(今井ゼミプロジェクト)は、Hour of Code, Scratch等のブロックを組合わせて行う簡単なプログラミング教材を用いた初心者向けのプログラミング道場です。初心者の小学生でもメンターのプロジェクト学生が対応するので大丈夫です。コンピュータサイエンスの世界を楽しみましょう! 〈参 加 費〉無料 〈対  象〉7~17歳の子ども(小学生は保護者が送迎下さい)  ※メンター希望、見学希望の大人の方も大歓迎です。 〈開催場所〉豊橋創造大学 D棟2F D22ゼミ室  〒440-8512 愛知県豊橋市牛川町松下20-1  www.sozo.ac.jp/examination/campuslife/map.html 〈開 催 日〉毎週火曜木曜 16:30~18:00  3月2日(火)、4日(木)、   9日(火)、11日(木)、   16日(火)、   23日(火)、25日(木)、   30日(火)  ※18日(木)は卒業式のためお休みです。  ※コロナ対策のため、参加予約者の氏名、住所、連絡等を控えさせていただきます。  ※必ずマスクを着用下さい。大学建物の出入口の検温装置で体温を確認してから、建物へ入って下さい。  ※申込は開催日の16:00までにお願いします。  案内チラシへのリンク  https://drive.google.com/file/d/1MeHnd91yjAPLeJY-xK7QvpPa7acBfqk6/view?usp=sharing 〈参加申込〉ホームページから申し込みください。  https://coderdojo-toyohashi.doorkeeper.jp/ 〈持 ち 物〉特になし、自分のノートPCも使用可能です。 〈交通案内〉【豊鉄バス】豊橋駅前5番乗り場より乗車(所要時間15分・片道240円)豊橋和田辻線(二川線には乗らないでください。)※西門側駐車場が便利です。  【車】東名高速豊川インターチェンジより車で15分。http://www.sozo.ac.jp/outline/access.php  〈問合せ先〉豊橋創造大学経営学部今井ゼミプロジェクト   担当今井 Email:sozoimailab@gmail.com TEL:050-2017-2218, 090-8518-4824 〈実施内容〉ブロックを組合わせて作れる簡単プログラミング教材  (1)Hour of Code, Hack for Play (2)Scratch  (3)Sphero edu Tynkerで動かすドローン、BB-8他 (4)Raspberry Piやarduino手作りロボット  (5)monacaでiPadアプリ作成 (6)Minecraft: Education Edition  (7)ピッケの電子絵本作り (8)Mindstorms EV3(協力:NDS株式会社様) 〈参考リンク〉CoderDojo豊橋facebookページ https://www.facebook.com/coderdojo.toyohashi/  Hour of Code in 豊橋facebookページ https://www.facebook.com/hourofcode.toyohashi/ ※本プロジェクトは、豊橋創造大学、豊橋市令和2年度わかば補助金、YassLab株式会社、株式会社グッド・グリーフ、NDS株式会社、株式会社アーテック様のご協力のもと活動しています。 本イベントページはオープンソースコミュニティを支援する YassLab 株式会社 が提供しております。詳細はコミュニティ運営者向け Doorkeeper スポンサー資料をご参照ください。

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
これがわかれば英語の論文も読みやすくなる!
目的 最新情報は英語の論文から得る。 ビルゲイツも毎週3つの論文を読んでいるそうです。 私たちの母国語は日本語。 このままだと差が生まれる一方ですね。 そこで、まず、英語のアレルギーを無くすこと。 論文には読み方のコツがあること。 そんなことを体感してもらう内容となっています。 講師 過去にアメリカ、カナダに在住し、IT企業で勤務を経験し、 そして日本での英語の先生(ALT)の経験もあるニンミタさんです。 日本語もわかるので、英語に自信がない方も安心してください。 対象者 将来エンジニアとして進んでいきたいと思っている人。 英語の勉強をしたいと思っている人。 でも英語に自信がない人。 英語の論文を読みたいと思っている人。 5STEPについて ①Abstract ②Discussion ③Introduction ④Results ⑤Methods の5つです。 今回はその中の①Abstractについて学んでいきます。 その他 参加される方は資料などもあるので、slackに招待いたします。 今後について 今後はTWO MINUTES PAPERSというコンテンツを用いて、 英語の最新レポートを定期的に読んでいきます。

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

3/3 (水)

D341800d43eb5aa8b546cf24a9d676e5 機械学習 名古屋
JAWS-UG名古屋と共同開催!
今回のイベントについて JAWS-UG名古屋様 との共同開催による合同勉強会です! TensorFlow スクリプトモードによる学習と モデルホスティング AWS連続勉強会 第3弾は、「TensorFlow スクリプトモードによる学習と モデルホスティング」です。 前回に続きMNISTですが、さらに今回は、AWSを使って下記のハンズオンを行います。 多層パーセプトロン (MLP) を使った手書き文字 (MNIST) の分類 Spotインスタンスの利用によるコスト削減 通常、インスタンス利用料が発生しますが、前回同様、当日、クーポンを配布しますのでご安心ください。 時間割 19:00-20:20 TensorFlow スクリプトモードによる学習と モデルホスティング 途中で、機械学習の紹介とJAWS-UGの紹介を行います。 質疑応答 参加方法 完全オンラインイベントです。 Google Meet を利用します。 開催の数日前に、connpass登録の連絡先にミーティングコードを含むURLを案内いたします。 PCで参加の方は、そのURLにアクセスし、ニックネームを入力(オプション)して参加してください。 スマホアプリ もあります。会議コード(ミーティングコード)を入力して参加してください。 接続先情報は、このイベントページの『参加者への情報』にも掲載予定です(時々チェックしてみてください) 発表者は、画面共有機能で発表スライドを表示できます。事前にご自分の発表資料が正常に共有表示できるかご確認いただくことをおすすめします。 資料 当日、参加の方にリンクを送ります。 事前準備 ハンズオンには事前に以下のご準備をお願いします。 上限緩和申請が必要ですので、必ず、事前準備をよろしくお願いします。 *26回もしくは27回参加者の方で、すでに申し込まれた方は今回不要です。 ハンズオンの前準備 上限緩和申請 *AWS様からのご提供 お問い合わせについて お問い合わせのある方は、このページの「イベントへのお問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。 フィードからのお問い合わせには気付かずに返信ができない場合がありますのでご了承ください。

1f58d6631d61d5a1641f8c65318431fe 東海人工知能勉強会+kaggle会
機械学習関連の勉強LT
はじめに コロナの影響で人と話せる機会が激減していると思います。そんな中で、交流をできる場を作れたらと思い、イベントを企画しました! 名古屋をはじめ、東海圏にAI・機械学習に興味のある学生が集まれるコミュニティって少ないですよね。 でも、それってAIに興味のある人が少ないのか?そういうわけではないと思います! そこで、私たちはAI・データサイエンスに興味のある学生が集まれるコミュニティを目指し、活動しています! AIやデータサイエンスに興味をもっている方と話がしたい!仲間が欲しい!という人は是非参加してもらいたいです! このイベントについて 機械学習・データサイエンスのことで最近勉強したこと、経験した体験談などをまとめてもらい 各登壇者 10~15分程度のLT(Lightning Talk)で話してもらう予定です!   対象 AI, データサイエンス, 機械学習, ディープラーニング などに興味があるという学生(学部生、院生、経験・未経験問わず) 日時 3/3(水) 20:00~ 場所 オンライン開催 (Google Meet) を使用予定 リンクは後で共有します! 内容 具体的な流れについては以下の通りです! 19:50より入室開始 TAIR(東海人工知能研究会)の紹介 LT会 (10~15分× 3) 交流会(30分程度) LT会登壇者 登壇者 テーマ LT枠1 crinoid 実践GANを読んで LT枠2 あかみー LT枠3 chizu_potato すぐに実践できるconfig管理 ひとこと ご不明な点がありましたら、下記のコメントまたは、Slackにて運営までご相談ください。

3/4 (木)

7ed23e8bbcb3660bde73b099e956e243 Mapbox Japan
Mapboxが選ばれる理由とそのメリットとは?
Mapboxを選ぶメリットから、WebアプリにおけるMapboxの可能性まで。 Mapboxの活用を検討している方に役立つ情報を、デモを交えてご説明します! 地図開発プラットフォームであるMapboxはこれまでに、Yahoo!JapanやFacebook、Shopifyなど、多くの企業から信頼を受け、様々な業界・用途でご活用いただいております。 なぜGoogle Mapsや他のサービスではなくMapboxなのか。本ウェビナーでは、他の地図ソリューションからMapboxへ移行するメリットやそのポイントについてデモを交えながらご説明いたします。加えて、Mapbox Japanのテクニカルパートナーであるtagbangersの協力のもと、ReactやDeck.glを使った基本的な操作からデータビジュアライゼーションまで、WebアプリにおけるMapboxの可能性についてもお話しいたします。 オンライン開催となりますので、ご興味のある方は是非お気軽にご応募下さい。 こんな方におすすめです 地図を使ったWebアプリケーション作成に興味がある、あるいは既に作成されている方 他社の地図サービスで課題をお持ちの方 Mapbox GL JSに興味のある方 これからMapbox GL JSを使ってみたい方 プログラム 時間 内容 14:00‐14:20 Mapboxへの移行と考慮すべきポイント by 市村@mapbox 14:20‐14:45 WebアプリケーションへのMapbox活用 by 設楽・佐々木@tagbangers 14:45-15:00 Q&Aセッション ※時間・内容は変更する可能性がございます。ご了承ください。 開催概要 開催日 2021年3月4日(木)14:00-15:00 開催形式 Zoomウェビナーを使ってオンラインで開催します。 申込方法 3/4 (木) 14:00 までに Connpass の申し込みフォームからお申し込みください。 参加方法 1. Zoomへの事前ご登録 Connpassからお申し込みいただいた方に、本ウェビナーの登録用Zoomリンクが届きますので、メールのリンク先から、イベント参加登録をお願い致します。 イベント参加登録を完了された方に、参加用URLをお送りいたします。 2. Mapboxへの事前ご登録 本ウェビナーでは、Mapboxへの事前登録をお願いしております。ご登録がお済みでない方は、下記のリンクからご登録をお願いします。 Mapboxユーザー登録フォーム:https://account.mapbox.com/auth/signup/ 参加費 無料 登壇者紹介 ※後ほど追記します。 注意事項 参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。 イベント開催中に上記に該当する不適切な参加者であると判断される場合は、 ZOOM への接続を無効化させて頂く場合がございます。 参加申し込み後のキャンセルは出来る限りご遠慮ください。 お問い合わせ 本ウェビナーに関するお問い合わせは以下よりお願い致します。 https://www.mapbox.jp/contact

087d41226bf4cf529ff5f12303be9c96 MySQL Tech Tour
〜スクウェア・エニックスの検証結果に学ぶ、MySQL HeatWaveを用いたクエリ爆速術〜
大人気の「ゲーム業界向けMySQL」セミナー!第2弾はゲーム業界のリーディングカンパニーであるスクウェア・エニックスが、HeatWave検証結果をじっくり解説します 参加には事前登録が必要です! 数多くのゲーム開発関連企業様にご参加いただいた「ゲーム業界におけるMySQLセミナー」シリーズの第2弾を開催いたします。 ゲーム業界のリーディングカンパニーであるスクウェア・エニックスは、オラクルが提供するMySQL Database Serviceの分析エンジンHeatWaveをリリースに先駆けて検証されました。 HeatWaveの正式リリースに際しては、検証での印象をビデオメッセージにてお寄せいただきました。 今回のウェビナーでは、スクウェア・エニックスで実際にHeatWaveの検証を担当された神津様に検証結果をご紹介いただきます。 HeatWaveによるSQL文の大幅な処理性能向上の結果とともに、実際の運用に向けた課題と解決策についても解説いただく予定です。 サービスを支えるインフラ技術や大規模ゲームならではの安定稼働・運用の工夫、実践的なノウハウ、苦労された点など、「生の声」が非常に参考になるディープな技術者向けセッションです。 日本オラクル MySQL Global Business Unitのセッションでは、HeatWaveのアーキテクチャや処理性能高速化のための仕組み、利用イメージ、さらにAmazon RedShiftやAmazon Auroraに対するHeatWaveの圧倒的なコストパフォーマンスの良さをご紹介いたします。 ゲームデータの分析やMySQLサーバー上で時間のかかっている処理の高速化にご活用いただけるHeatWaveをいち早く検証されたスクウェア・エニックスから、皆様の環境でのHeatWave活用に役立つノウハウを学べる貴重な機会となります。ゲーム業界・関連企業にお勤めのMySQLエンジニアの方には必見の内容です。 ぜひご参加ください。 ・本イベントはオンライン(Zoom)での開催となります。  参加希望の方は、下記に掲載のお申し込みページよりお申し込みください。 ・本イベントは無料です。 ・競合他社の方、ご所属の企業や団体などが確認ができない方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。  予めご了承ください。 ・お申し込みに関するお問い合わせは、MySQLセミナー事務局 oraclemysql_japan_events_team_jp_grp@oracle.com へお願いします。 イベント詳細、お申込み イベント詳細、お申し込みはこちらから >> アジェンダ ※講演内容や講演者は予告なく変更になる場合がございます。 時間 タイトル 発表者 14:45 – 15:00 接続開始予定 15:00 – 15:30 分析クエリのパフォーマンスを400倍向上!! HeatWaveのご紹介 本セッションではMySQL Database Serviceに加わった分析処理を高速化するエンジンHeatWaveを詳しくご紹介します。オンラインのトランザクション処理と大規模なデータ分析処理を、ETLツールを使わずに一つのデータベースで実現するサービスの仕組みや、そのメリットを解説します。Amazon RDSやAmazon RedShiftより大幅に安価で高速なHeatWaveの特徴をぜひご覧ください。 日本オラクル株式会社 MySQL GBU 山﨑 由章 15:30 – 16:00 HeatWaveを使って、既存サービスへデータ分析機能を手軽に後付けする レガシーなMySQL利用環境への手軽な分析機能の追加をテーマに、データが蓄積しSQLを投げることを諦めたログDBをターゲットとして、HeatWaveを使う事で分析可能なDBとしてみました。プライベートクラウドのIaaSからパブリッククラウドの分析サービスへのパイプラインを構築して運用している現在のワークロードと、HeatWaveを使ってクエリを投げられるようにした場合でのコストパフォーマンス評価、運用性評価なども行っています。 株式会社スクウェア・エニックス 情報システム部 ITインフラストラクチャー ソーシャルゲーム・グループ 神津 和之氏 16:10 – 16:40 MySQL のパフォーマンスをさらに引き出す Oracle Cloud Infrastructure ゲーム業界で広く使われているMySQLですが、どのクラウドで使っても同じだと思っていませんか?ゲームタイトル運営に求められる性能・価格・セキュリティ要件を満たし、より効率的にMySQLを稼働させることができるOracle Cloud Infrastructureをご紹介します。ゲーム業界のお客様事例から実際にご評価いただいているポイントと他社クラウドとの比較結果もあわせてお伝えします。 日本オラクル株式会社 テクノロジー事業戦略統括 清水 美佳子 16:40 – 17:00 Q&A オンライン参加方法 当日はZoomを使用してセミナーを開催します。 こちら よりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。 登録完了メールに当日の参加用 URLとパスワードが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。 参加にはZoomアプリの準備が必要になります。 事前準備: 1.スマホ、タブレット、PCなどに「Zoom」をインストール 2.登録完了メールの参加用URLをクリック もしくは Zoomを起動→ミーティングに参加→ウェビナーID を入力→パスワードを入力 ※登録後に送付される登録完了メールに記載されている「参加用リンク」からZoomが自動起動しない場合は、https://zoom.us/join にアクセスし、ウェビナーIDを入力してください。 ※Zoomは無料アプリです。(通信量はかかります) ※サインアップ(IDを作る)、サインインの必要はありません。 ※できるだけ通信環境が良いところでご参加ください。 ※社内PCなどでZoomアプリをダウンロードできない場合は、ブラウザを使ってZoomを起動、ログインしてください。

免疫力アップに発酵食品が特に注目されている中、最近よく見かけるあまざけ。 しかし、「何となくカラダに良さそうだけど、一度飲んでみたものがおいしくなかった…。」「どう飲んでいいのかよく分からない…。」そんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 こうじでできたあまざけはアルコールゼロ、ノンシュガーで、脳や体が活動するエネルギーになるビタミンB群やブドウ糖をはじめとする栄養素が含まれていて、頭も体も目覚めさせたい朝食や、もう一仕こなしたい午後の間食にぴったり。 飲むだけではなく甘味料として加えたり、スイーツのように食べたりと年齢・性別問わず取り入れやすい、栄養満点の発酵食品です。 そんな魅力満載のこうじあまざけを「ラボ」=実験室のように、色々な飲み物やトッピングと組み合わせて、お気に入りを見つけてみませんか? あまざけの種類、市販品の買い方、発酵のしくみなどの基本情報もお伝えし、参加者の方にあわせたおすすめの摂り方や活用方法もアドバイスします。 ■内容 1.あまざけのキホン(種類や栄養素、効果など) 2.こうじあまざけの選び方、飲み方、食べ方、使い方、作り方 3.こうじあまざけ各種飲み比べ(トッピングや割りもの、混ぜものなどをご紹介、テイスティング) ※こうじあまざけはAmazake Lab.オリジナル品を使用します ■参加してほしい方 ・免疫力アップ、腸活、発酵食品に興味がある方 ・健康に関心がある方 ・栄養があり満足感のある間食を探している方 ・今話題の「こうじあまざけ」が気になる方 ※男女問わず大歓迎です! ※こうじあまざけについて興味があるビギナー向けの内容となります。 ■受講後の効果 ・市販のあまざけの選び方が分かる ・あまざけの飲み方・食べ方の幅広さが理解できる ・普段の生活の中で、自分にあったあまざけの摂り入れ方がわかる ーーーーーーーーーーーーー 【日程】2021年3月4日(木) 19:00~20:30 【講師】山本茜 合同会社Amazake Lab.代表・麹士 【受講料】3,500円 ※当日、現金またはクレジットにてお支い 【場所】大阪市内(お申込後に表示されます)

3/6 (土)

69acba6fa4ee8969218ddd20226fda94 名古屋のもくもく会 "TECH:N"
少人数で仲良くなれる ゆるいけど朝からもくもく会
イベントの説明 名古屋駅周辺にて開催のもくもく会です! エンジニア、デザイナーの方、プログラミング初学者の方、 その他何かもくもくしたい方いらっしゃればご参加ください! . 機械学習でもくもくしたい インフラ、バックエンド、フロントエンド関連でもくもくしたい オリジナルアプリ開発をしたい デザイン作業をしたい 新しい言語を学びたい プログラミングをしたい 自分のサービスを作りたい などなど。 . もくもく会"TECH:N"で充実した1日を過ごしてみませんか? . また、ただもくもくと作業するするだけではありません。 交流の場を設けておりますので、繋がりを作りたい方にもおすすめです。 時間 時間 内容 8:30~ 準備 9:00~ 開校、自己紹介、取り組むことを発表 11:40~ 終了、成果を発表、雑談 ~12:00 閉校 会場の使用時間をぎりぎりまで確保し、 作業時間を参加者に提供しておりますので 開始5分前に会場到着のご協力をお願いいたします。 . 天候不順や電車遅延で開校までに間に合わない場合は、 管理者までご連絡願います。 場所 名古屋市中村区名駅3-13-28 名駅セブンスタービル307号室 会場詳細↓↓ https://www.spacee.jp/listings/10082 持ち物 マスク(必須、感染対策にご協力願います) 作業できるもの(PC、本、ノートなど) 名刺(任意です。交流目的) SNSアカウント(任意です。交流目的) 飲み物、食べ物(任意です。)※ゴミの持ち帰りのご協力願いします イアホン(空調設備や車両騒音が多少あります。気になる方はご持参ください) もくもく会参加の方へ TECH:Nでは、情報共有やお知らせ等をSlackで発信しております。 グループ参加者、イベント参加者を対象にSlackの招待をさせていただいております。 招待メッセージからの参加手順を添付した資料を、イベント前1〜3日前に送信いたします。 メッセージを受け取れない、登録方法がわからないなど不明点がありましたら、管理者までお問い合わせ下さい。   . また、参加申し込みが定員以上になる場合があり、 無断欠席や当日キャンセルは補欠者の大変ご迷惑になります。 直近の予定や体調を確認し、キャンセル申請は必ず前日までによろしくお願いいたします。 キャンセル料は請求致しませんのが、モラルの徹底にご協力願います。 【COVID-19対策】コロナ対策 運営はもとより安全・健康確保を考慮した予防対策を強化した上で、継続してイベントを開催しています。 詳細につきましては以下をご覧くださいませ。 会場入口での検温の徹底 検温時37.5度以上の参加者のご入室を御断りしております。 会場内換気の励行 定期的に換気を行っております。 会場各所へのアルコール消毒の設置、使用の徹底 会場入口にアルコール消毒を常設し、積極的なご利用を推奨させて頂いております。 政府の方針にて、緊急事態宣言及び地域独自の制限等が無い限りは、予定通り開催する運びであります。 引き続き、細心の注意を払いながら今後イベント運営に努めてまいりますが、 状況を注視した上で実施の有無を判断し、ご連絡させていただきます。 以上、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

4ef3c607af496c241adf39493e3df21d CoderDojo奈良・生駒
今回はFacebookライブでの配信もやってみます
今月もオンライン発表会を行います 近隣の府県では、緊急事態宣言解除になってますが今月まではオンラインでの開催にします。オンラインでやるなら奈良とか生駒とか関係ないので合同みたいな感じで。 今回も最初から発表タイムでスタートするのでそれぞれ発表したい作品を用意して参加してください。 また、今回はFacebookライブでの配信もやってみます。観るだけでいいやという方は若林のアカウントでライブ配信するのでそちらをご覧ください。 https://www.facebook.com/kwaka1208 見学だけの方も歓迎です CoderDojoに来てる子どもたちってどんなことやってるの?という方(主に大人)のために、見学だけの参加もOKとします。今回は、プログラミングしているところを見ることはできませんが、CoderDojoに参加している子どもたち(CoderDojoではニンジャと呼びます)がどんなプログラムを作っているのかを見たり、質問することができます。ぜひ、ご参加ください。初めての方も歓迎です。 当日の開催方法について 自宅などのインターネットに接続できる場所から「zoom」というオンライン会議システムを使って接続し参加します。「zoom」の接続方法については、後で説明します。 オンラインで参加する場合は、必ず保護者の方の許可を貰ってください。保護者の方の許可がないことが分かった場合は、接続を解除することがあります。 音が混ざって聞こえにくくなるのを防ぐため、ホスト、共同ホストに指定された方と発表者(発表中のみ)以外はマイクをミュートいたします。質問は、チャットでお願いすることになります。 後半、時間に余裕があればミュートを解除して自由に話す時間を作りたいと思います。詳細は、当日説明します。 使用するオンライン会議システムについて 今回「zoom」という会議システムを利用します。 zoomやオンライン会議システムが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオンとがぞのさんが作ってくださった、こちらのスライド「zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 オンライン会議の環境と接続までの手順 「zoom」はアプリのダウンロードが必要ですが、Mac / Windows / iPhone / iPad / Androidのいずれでも使えます。 Windows/Macで参加される方はこちら。 iPad/iPhoneで参加される方はこちら。 Androidで参加される方はこちら Windows/Macの場合は事前にダウンロード・インストールしていなくても会議参加時に自動でダウンロード・インストールされますが、会議参加時にダウンロードが始まると参加までに時間がかかってしまうので、事前のインストールをお願いします。 アプリをインストールしたら、後日連絡する接続用URLににアクセスしてください。自動的にアプリに切り替わり、オンライン会議が始まります。 接続先は、参加申し込みされた方のみにお知らせします 接続できなかった時の問合せ先 そもそも接続できなかったらどうすればいい?という方は、以下のいずれかにご連絡ください。 Facebookをやってる方向け奈良のCoderDojoに参加する人の公開グループ こちらはFacebookのグループです。Facebookをやってる方はこちらに参加して質問などをかきこんでください。 LINEをやってる方向けCoderDojo奈良・生駒・田原本のオープンチャット こちらは、LINEのオープンチャット(LINEグループのようなもの)です。こちらに参加してもみなさんのLINEアカウントが参加者に知れることはありません。 上記以外の方は、若林までメールでご連絡ください。

7bfe62f3200b8b2e5ef436798dd21810 日本を元気に・革新コンソーシアム
『チーム改革のスイッチ』&『革新コンソーシアム』の事例等を共有するイベントデーです。
『チーム改革のスイッチ』#8 品質・現場 重視 2020/6/18発刊『チーム改革のスイッチ』(三井伸行・著、戸田考一郎・監修)と関連する「日本を元気に・革新コンソーシアム」の勉強会イベントです。 登録者の方には、同日ライブ実施後、YouTubeでの再配信について優先的に案内いたします。是非、ご登録をお願いします。 当日のアクセス方法 Teamsライブイベントの予定です。 登録者の方には同ページ(申し込み後上部に表示される「参加者への情報」)で、アクセス方法(URL)を案内します。 タイムテーブル セッション 予定時間   内  容      1 13:00~ アジャイル開発のプラクティスに「バグのなぜなぜ分析と水平展開」をお薦めする理由イデソン 誉田直美氏 2 13:30~ ふりかえり会は懺悔の場でも責任追及の場ではありません、過去の学びを活かして幸福な未来を作る行動を生み出す場です永和システムマネジメント 天野勝氏 14:00~ <休憩> 3 14:10~ 協力会社とのパートナーシップ 齋藤厚司氏(元某外資保険会社) 4 14:40~ くまちゃんの改善レシピ・シリーズ 豊田マネージメント研究所(TMG) 副社長 / 豊田エンジニアリング 熊倉靖隆氏 5 15:00~ <クロージング> 誉田直美氏 講演概要 アジャイル開発のプラクティスに「バグのなぜなぜ分析と水平展開」をお薦めする理由 品質を重視したアジャイル開発のために、バグのなぜなぜ分析と水平展開をプラクティスとして採用することを提案しています。ここでのバグのなぜなぜ分析と水平展開とは、日本のウォーターフォールモデル開発でおなじみの、潜在する同種バグを摘出する手法です。アジャイル開発とウォーターフォールモデル開発は、開発プロセスとしては両極にありますが、品質重視の軸で見ると実はそれほど大きな違いはありません。本講演では、そのように考えるに至った経緯を、エピソードを交えながらご紹介します。 天野勝氏 講演概要 「ふりかえり会は懺悔の場でも責任追及の場ではありません、過去の学びを活かして幸福な未来を作る行動を生み出す場です」 ~ ふりかえり会の質を高める3つのR ~ 幸福なチームになるためのふりかえり会のポイントを紹介します。 成長するチームには目標とフィードバックループがある グループは人が集まっただけ、チームには目標がある チームとリーダーシップ 素晴らしい目標を作ることに時間をかけるよりも、機能するフィードバックループを作ってまずは動こう 目標は大切ですが、しかし。。。 素早いフィードバックサイクルで目標も見直そう 行動を生み出すふりかえりフレームワークにはKPTAがある 知名度は高いが勘違いされやすいKPTフレームワーク 行動を生み出すKPTAフレームワーク ふりかえり会の質を高める概念にはRで始まる3つの原則がある Relate:関連付けて考える Repeat:素早く繰り返す Respect:尊重しあう 齋藤厚司氏 講演概要 協力会社とのパートナーシップ 日本ではユーザー企業にSIerのエンジニアが常駐してシステム開発・保守を行うのが常です。アジャイル開発ではとくに開発チームとのチームビルディングが重要な鍵です。ユーザー系企業で長年システム企画・開発に従事してきた講師が初挑戦し成功させたアジャイル開発の経験から、協力企業の常駐者とのアジャイル開発に求められる“発注者として大切にしたい『信頼関係のスイッチ』”についてお話しいたします。 本の著者/全体リード 三井伸行 65歳既婚 子供3 孫2 筆者の三井伸行は日経コンピュータ誌に2017年4月~連載を執筆中です。連載記事では紙面の都合で元原稿から圧縮されて掲載されています。『チーム改革のスイッチ』本は圧縮されていない元原稿を新たな編集者としてマナスリンクの野口さまに協業頂き、元原稿の情報量はそのままに、読みやすく構成しています。その本の内容はチームビルディンといった現場の改革からW/Fの可視化、Agile開発、DevOps2.0、VeriSMまでの広範囲に及んでいます。そのすべてが実施例を基にしていますので、机上論ではない現地・現物の内容ですので、読者へ多くの気づきやヒントを提供しています。広範囲な本の自分流のカスタマイズの方法をご紹介します。 <主たる職歴> 数値制御装置・ロボット系でのU/Iと言語自動生成・グラフィック系の  設計・製造に従事(1978年~1987年) 製造メーカーのシステム部門でツールを使用した  モックアップ・アプローチを実施(1987年~1990年) 非鉄金属大手のシステム開発手順・手法の棚卸と  ツール適応性の評価を実施(1991年) 外資企業にて開発支援ツールの導入コンサル、  プロジェクト立上支援を実施(1992年~2004年) 自治体全システム再開発プロジェクトに  PMとして参画(2005年~2007年) NPO法人(ドットNET分散開発ソフトピアセンター)立上と  運営に参画 (2007年~2010年) アジャイルプロジェクトの実施 SCRUM MASTERとして従事 アジャイルドットNET研修の開発 アジャイル開発導入支援指導&  アジャイル開発プロジェクト・マネジメント(2007年~現在) TPS検定協会のTMS塾講師(2013年~現在) <執筆活動> これまでの、現場経験をベースに日経コンピュータ誌(2017年4月)より連載中 第一期【現場を元気にするチーム運営術】2017年4月13日号~2017年8月17日号(全10回) 第二期【現場を元気にするDevOps 2.0】2017年9月14日号~2018年2月1日号(全11回) 第三期【現場を元気にする組織変革術】2018年4月12日号~2018年12月6日号(全17回) 特別編(第四期)【現場を元気に!カブコム現場改革の軌跡】2019年1月24日号~2019年10月3日号(隔号:全10回) 特別編(第五期)【大企業でも待ったなしSOMPOに学ぶ組織改革】2020年5月14日号~隔号で掲載中 今回の『チーム改革のスイッチ』本は、第一期、第二期、第四期(特別編)のVeriSM導入事例から構成されている。 <主たる実績(直近10年)> ソフトウェア生産技術力向上の為のコンサルテーション Agile開発の導入指導・プロジェクト支援  (プロジェクトレスキューも含む)   基幹系、生産管理、等 TMS(TOYOTA way Management System)の導入指導  (TPSのコア・マネジメント)   TPS : Toyota Production System:Lean、 Agile開発の源流 働きかた改善の指導(コーチ) W/Fプロジェクト現場の見える化現場指導 DevOps2.0の普及活動と導入支援 Executive Designer for DevOps Certification 様々な業界の現場を指導 保険金融・メーカー次期開発基盤・ゲームソフト・通信業営業部門・ 通信網建設業(国際事業部)・コンテンツ提供企業・運輸倉庫業・ ネット証券・二輪メーカー・四輪メーカー・重工業・Sier 等 『チーム改革のスイッチ』関連のホームページ等 『チーム改革のスイッチ』販売サイト 『チーム改革のスイッチ』の推薦文|manaslink|pixivFANBOX メイキングオブ『チーム改革のスイッチ』 「日本を元気に・革新コンソーシアム」facebookグループ 日本を元気に・革新コンソーシアム コミュニティ - YouTube

6704 normal 1450086274 eccubeuglogo200x200 EC-CUBE名古屋UG
今回のEC-CUBEの勉強会テーマ 【初心者向け】祝80回 ネットショップ何でも相談会 | EC-CUBE名古屋 vol.80 EC-CUBE名古屋ユーザーグループ勉強会も今回で80回目となりました! 初心者向けの特別相談会を開催いたします。 皆さんの持っている疑問を解決できる貴重な機会です。 開発者でもあり、EC-CUBEエバンジェリストでもある大河内健太郎氏が、皆さんの店舗の売上貢献の為にお答えしてくださいます♪ ショップオーナーさんや、制作のお悩みも受け付けます。 また、日々の運用における疑問点など、何でも質問OK です。 EC-CUBEに留まらず、全てのネットショップ、関連技術、マーケティング等、関連する情報をお話ししていただきます。 ぜひ、ご自身のネットショップの課題を持ち寄り、みなさんで解決していきましょう! 講師プロフィール 大河内 健太郎 氏 スキルニル株式会社 代表取締役 EC-CUBE Evangelist EC-CUBE0系から長年開発に携わり、今年で15年目を迎えた公式エバンジェリスト。大阪から毎月地元(?)名古屋までいらしてくれます^^ EC-CUBEコミュニティは@nanasess 今回のターゲットは「初心者向け」となりますが、もちろん開発者やショップオーナーの方も大歓迎です。 運営で困っていること、経営で困っていること、なんでもご相談ください。 ※ 懇親会からの参加も大歓迎です(いつも通り笑) また、テーマに関係なく、ご質問や現在お持ちの問題など参加される制作者や開発者、オーナー様と、皆さんで様々な経験や知見から答えていく、実りある勉強会にしたいと思います。 目的は「参加すると身になる!売上に繋がる!顧客との信頼に繋がるプロの知識!」です! (目的コッソリ増えました) 今回も実のある勉強会にいたします♪ 課題・質問 メモに取ってお持ちください♪ EC-CUBE名古屋UGは、『初めての参加者でも遠慮なく発言したくなる空気』が特徴です♪ ぜひどんどん入って知識や発見、気づきをお土産にお持ち帰りください^^ テーマに関わらずたくさんのご質問お持ちしております(^^) 対象者 Webサイト制作者全般 プログラマー・開発者 ネットショップオーナー ネットショップに興味のある方 ネットショップを構築してみたい方 ネットショップを運営している方 E-コマースに興味のある方 主に、Webシステム開発者・サイト制作者・ネットショップオーナー様・運営担当が対象です。 勉強会よりも、近い距離で質問できたり、仲間ができる「繋がろう!コミュニティ」懇親会あります♪ EC-CUBE名古屋UGは、新しく参加される方が楽しく過ごしていただける懇親会だと自負しております♪ 大河内さんの人柄がとてもいいんです笑 あまりコミュニケーションが得意でない方でも大丈夫! 一回参加したら次からは初めてではありません♪ 一緒にごはん食べましょ!(´ω`) EC-CUBE名古屋UGの特徴 EC-CUBEだけではなく、サーバー環境からネットショップ構築、果てはショップ運営に携わる細かい部分まで、幅広くE-コマースを学ぶ勉強会を行なっております。 内容は、テーマに合わせるだけでなく、都度「人数」と「参加者レベル」に合わせた内容とし、ひとりひとりが有意義な時間となる勉強会を目指しています。 参加費 1,000円/人 会場費に利用させていただきます。 事前に準備する物 ノートパソコン(任意) 名刺 その他、ノートと筆記用具、またはEvernoteなどメモアプリをご準備ください。 「EC-CUBE」とは ASPサービスでは実現できない独自性の高いECサイト構築・リニューアルを支援するため、株式会社イーシーキューブのEC構築パッケージを誰でも無料で利用・改変できる「オープンソース」として公開したもので、現在100万ダウンロードを突破し、推定35,000店舗以上で稼働中です(株式会社イーシーキューブ調べ)。 昨今のEコマースは、ECサイト単体だけではなく、物流・決済・広告などの様々な周辺サ-ビスと密接に連携し、その範囲はリアルにまで広がっています。 そんな多様なニーズに応える為、各種EC周辺サービスとの無限の組み合わせによって、独自のショッピングプラットフォームを構築できるのが、EC-CUBEの「ECオープンプラットフォーム」です。 そんなEC-CUBEの定期勉強会を、名古屋・今池で開催しております。 皆さまの「これやって!」募集しています 定期勉強会として開催しておりますので、課題も募集してています。 これやって!というものがありましたら、ぜひ当イベント告知からお問い合わせ、またはFacebookグループコメント欄及びメッセージまでご一報ください(^^) 質問や課題などぜひお持ちください みなさんはどうしてますのん?と聞きたいこと。 みんなで解決策を考えるもの。 大河内さんに相談して解決策を探るもの。 次回勉強会はコレでやってほしいと思っているもの。 なんでもお持ちください^^ ◇ 女子大歓迎です!花を添えてください(切望) ◇ 勉強会終了後は、懇親会を予定しております。 勉強会の時間に都合が合わなくても、懇親会のみの参加もWelcomeですので、ぜひご一報ください♪ ◇ 皆さまお誘いあわせの上、ご参加くださいますよう 心よりお待ちいたしております。 名古屋EC-CUBEグループ - Facebook https://www.facebook.com/groups/eccube.nagoya.user/

515117881de3273b183b07f4aa041e02 オンラインイベント @みんなのバーチャルコワーキングジャパン(みんコワ)
オンラインコワーキングスペースのみんコワ内でLTと勉強会
JavaScript のオンライン勉強会を開催します。 WebサイトやWebアプリケーションを作成する際に、必ず利用することになるのが JavaScript ですね。 一方で、年々進化する JavaScript について、もっと知りたいという方も多いのではないでしょうか。 最近では TypeScript の人気も高くなり、勉強したい、勉強しているというひともいらっしゃると思います。 というわけで、オンラインコワーキングの みんコワ 内で勉強会を開催することといたしました。 日時 2021年3月6日(土)15:00〜17:00 会場 みんコワ イベントテーブル https://live.remo.co/e/coworking?fpr=coworking イベント内容 希望者による LT 大会です。 時間は各5分程度を考えていますが、多少伸びても問題ありません。 JS, TS に関することであれば、どんなことでも構いません。 ぜひアウトプットの場として活用してください。 JavaScriptやTypeScriptについて知らない人向けに、いちから教えるというタイプの勉強会ではありません すでに勉強しているひと、勉強を始めたひとが、自分が学んだことをアウトプットし、またそれを聞いたりすることで、お互いに学びましょうという趣旨です。 初心者の方も一緒に楽しむ場ではありますが、JavaScriptについてまったく何も知らないという方は、それがどういうものかを知っていて、活用していきたいという想いを持っている方が対象ですので、ご注意くださいませ。 だいたいのスケジュール 時間 内容 15:00 勉強会 開始 15:10 アイスブレイク 15:20 LTタイム 15:50 休憩 16:00 LTタイム 16:30 雑談・交流タイム 17:00 終了 LT発表者 田中弘治@Co-Edo ottonove 発表内容が(仮でも)決まりましたら、コメント等でお知らせください

3/7 (日)

413772ea5399f96515da835d9036280c 【名古屋】名駅 もくもく会
少人数で毎週日曜日にもくもく会
もくもく会の説明 名古屋駅から徒歩5分の会場にて毎週日曜日に開催のもくもく会です! エンジニア、デザイナーの方、プログラミング初学者の方、 その他何かもくもくしたい方、交流をしたい方は気軽にご参加ください! インフラ、バックエンド、フロントエンド関連でもくもくしたい オリジナルアプリ開発をしたい、デザイン作業をしたい 新しい言語を学びたい、プログラミングをしたい、などなど... 少人数でもくもくしていつもと違う過ごし方をしてみませんか? また、ただもくもくと作業するするだけではなく、いろいろな方との交流の場としても 活用していきたいと思っているので繋がりを作りたい方やIT業界に興味のある方、気軽にご参加ください! 仕事や転職のご相談になることも多いので会の終了後に懇親会を毎回開催しています。 時間 時間 内容 10:00~10:15 開校、自己紹介、取り組むことを発表 10:15~11:45 もくもく学習+雑談 11:45~12:00 片付け、雑談 12:00~13:00 懇親会(ランチ)※ ※懇親会は自由参加です。 もし、よかったら色々な話をして交流をしましょう! 場所 愛知県名古屋市中村区名駅2-45-19 桑名ビル4F 持ち物 マスク(必須、感染対策にご協力願います) 作業できるもの(PC、本、ノートなど) 飲み物、食べ物(任意です。)※ゴミの持ち帰りのご協力願いします 主催者の簡単な自己紹介 前職は9年程飲食店の店長を経験。 2年程前にエンジニアに転職し、現在は受託会社のWEBエンジニアとして日々奮闘中。 言語はPHP、Ruby、JavaScriptを使うことが多いです。 色々なエンジニアの方との交流をしていきたいと思っているので気軽に接してください。 コロナウィルスについて コロナウィルス対策として原則マスクの着用をお願いします。 また、愛知県の対応によっては勉強会自体を中止とさせて頂きますの予めご了承ください。 仮に不測の事態が発生しても当方では責任を追うことはできないです。 参加される場合は自己の責任でお願いします。

91354ee19974875881386385daff8a3e CoderDojo瑞穂
CoderDojo 瑞穂 (What is CoderDojoMizuho) 愛知県名古屋市瑞穂区で小・中学生を対象にプログラミング道場を定期的に開催します。 子供達の自主性を育むことを目的とし、学校のような授業やカリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。 使用するオンライン会議システム (Web conference system we use) 「zoom」という会議システムを利用します。 zoomやオンライン会議システムが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオンとがぞのさんが作ってくださった、こちらのスライド「zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 オンライン会議の環境と接続までの手順 「zoom」はアプリのダウンロードが必要ですが、Mac / Windows / iPhone / iPad / Androidのいずれでも使えます。作品を発表したいお子様の場合、Windows/Macで参加された方が発表しやすいと思います。 Windows/Macで参加される方はこちら。 iPad/iPhoneで参加される方はこちら。 Androidで参加される方はこちら Windows/Macの場合は事前にダウンロード・インストールしていなくても会議参加時に自動でダウンロード・インストールされますが、会議参加時にダウンロードが始まると参加までに時間がかかってしまうので、事前のインストールをお願いします。 アプリをインストールしたら、後に記載の接続用URLににアクセスしてください。自動的にアプリに切り替わり、オンライン会議が始まります。 その後、以下の会議室にアクセスしてください。 会議室は当日開きます。 寄付のお願い (About Donation) CoderDojoは非営利の活動で、参加費は徴収しません。ただし、活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。活動費はネット環境費、教材費などに使わせていただきます。 IDをpaypayの寄付画面に入力すると寄付できます。 ID:coderdojomizuho 撮影について (About Photograph) 会場内では写真を撮影します。ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて (About Mentor) 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 運営連絡先 (Contact) eprogrammerr@gmail.com SNS " rel="nofollow">https://twitter.com/DojoMizuho " rel="nofollow">https://www.instagram.com/coderdojomizuho

49a622fdda9024b3c04fd30e8485125b CoderDojo Owari
2021年3月開催
新型コロナ対策のため、参加定員を制限しています。 現地のニンジャの参加人数は、コロナウイルス感染症対策として最大12名の予定です。 PC持込・PC貸出の人数は申し込み状況に応じて変動しますので、予めご了承ください。 定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 保護者の同伴1名可 (2021年3月) 三密状態を防ぐため、定員を制限しています。 保護者の方の付添1名のみ可とすることになりました。 プログラミングや発表の様子をぜひ隣でみてあげてください。 それ以外の付添の方については、入室をご遠慮頂きます。 生涯学習センター内での待機もご遠慮頂く必要がございます。駐車場の車の中、外などの三密にならない場所にて待機、もしくは送迎をお願いいたします。 代わりに、会場の様子を Zoom や限定公開の YouTube Live にてライブ配信いたします。 ライブ配信は一般公開はいたしません。視聴 URL は Connpass のメールにてお送りいたします。 はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に221以上の道場があります (2020年12月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. 小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください 小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 Scratch アカウント作成のおすすめ Scratch では、オンラインアカウントを作成すると自分で作った作品をネット上に保存することができます。 もしよろしければ、以下の動画を参考に当日までにアカウントを作成しておいてください。 https://coderdojoowari.org/news/make-scratch-account/ 新型コロナウイルス感染症対策:岩倉市生涯学習センター、現地での参加に関して 当道場が定めた新型コロナウイルス感染症対策のルールに基づき、直前においても現地開催をキャンセルしてオンライン開催になる場合があります。 開催時間2時間前に開催可否の連絡を Connpass を通じてメールで連絡します。 現地開催では、ニンジャ・メンター全員が非接触体温計による検温、体調チェックを行います、37.5℃以上の方、ご自身や濃厚接触者で家族に体調が悪い方がいらっしゃれば、現地参加をお断りし、オンライン参加をお願いします。 岩倉市内で学校閉鎖がなく、岩倉市生涯学習センターが開館していれば、開催予定です。 熱中症対策として水筒など飲み物を忘れないでください 感染症予防対策を徹底し、当日の会場レイアウトは、ニンジャの間隔を十分に空けて行う予定です。 開催時に感染者・濃厚接触者が出た場合、参加者リストと連絡先を、保護者の方の許可を得て、生涯学習センター・岩倉市・保健所などの各機関に提出する場合があります。 オンラインハイブリット開催 送迎ができなかったり、ご心配な方向けに、オンライン参加も同時に開催します。 オンラインの進行は別々に行い、発表の時間だけ、現地の人とオンラインの人で一緒にできるようする予定です。 実験的な試みです、失敗するかもしれませんが、ぜひ、こちらの参加もご検討ください。 新型コロナウイルス関連 その他は当道場の方針を御覧ください。 新型コロナウイルスに対する方針 https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/ PC 貸出 & 電子工作機器貸出について ノートパソコンをお持ちの方は、持参していただくようお願いいたします。 貸出PC は2台保有しています。 halocode は3台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 micro:bit は5台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 PC貸出可能台数は、PCを所有しているメンターが参加できるかどうかに関わってくるため、開催1ヶ月前に決定いたします。 恐れ入りますが、PC貸出できるメンターが参加不可になった場合、 申し込み順が遅い方からキャンセル させて頂く場合があります。予めご了承願います。 より多くの貸出ができるよう、当日だけでも貸していただける方、寄付していただけるスポンサーを常に募集しています。個人・法人は問いません。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 学習用プログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 halocode: Makeblock 社の学習用 WiFi 内蔵シングルボードです。 micro:bit:学習用マイコンボード。いろいろなデバイスやセンサーにつなげてプログラミングをすることができます。 Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめる学習用ビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。 HackforPlay: ロールプレイングゲームを自分で改造し、ゲームを作りながらプログラミングを学べるシステムです。 概要 項目 内容 日付 2021年3月7日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 研修室1 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 (駅改札からの写真案内) 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/198343/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています) スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

311ea5d9f916f9c3da1ccee8db8d71fe AliEaters もくもく会@札幌
Alibaba Cloudをもくもくと勉強しましょう!
AliEaters もくもく会@札幌(オンライン) このコミュニティは、 AliEaters札幌から派生した Alibaba Cloudの活用法をみんなで共有、もくもくするための勉強会コミュニティです。 昨今の事情を鑑みて、オンラインでの実施に変更いたしました。 オフラインでの実施時と変わらず、 ご自身のペースで学習して頂けるスペースになっております。 1人だと、ついついダラけちゃうんだよね。。という方や、資格取得のため、計画的に勉強したい。という方なんかにオススメです。 あまり、カタイ感じではなく、ちょっと真面目な ブライベートタイム的な空気感で実施しております。 是非、一度、独身の日(11月11日)に代表される世界最大規模のショッピングフェスティバルを支える アリババクラウドのインフラや、画像検索、AI技術などの革新技術に触れてみてください。 場所 オンライン 会場は、Discordを利用しています。 ご参加いただく方のみ、DiscordのURLがご確認可能となります。 日時 2021/03/07(日) 11:00 ~ 13:00 参加費 無料です タイムテーブル 時間 スケジュール 11:00 ~ オープン 11:05 ~ 11:10 自己紹介 + やること共有 11:10 ~ 12:50 もくもく 12:50 ~ 13:00 成果共有 13:00 ~ 撤収 ※途中入退出自由です。 ※ちょっとだけの参加なども大歓迎です。 定員 4名(参加費無料) 活動内容 基本的には、Alibaba Cloud を勉強します。 ご自身のペースで、好きなプロダクトなどの勉強をして頂いてOKです。 作業に詰まった場合や、困った場合など、周囲に投げかけてみて下さい。 得意分野な方は、(余裕があれば)アドバイスや情報共有をお願いします。 QAは、ベストエフォート対応となりますが、可能な限り一緒に考えて解決していきたいと思います。 〇〇なアーキテクチャーを試してみたい。や書籍を読みたい。ブログを書きたい.。などの時間にあてるのもアリです。 対象者 計画的にAlibaba Cloudを勉強したい人 クラウド 初心者で、何から始めたら良いか分からない人 他クラウドを使用しているけど、Alibaba Cloud も勉強してみたい人 1人だとなかなか勉強できない人 自身でテーマを決めて構築や検証をしてみたい人 などなど 関連リンク AliEaters Web Site AliEaters札幌 仙台・名古屋・大阪・広島・九州でグループ発足! AliEaters Tokyo AliEaters Sendai AliEaters Nagoya AliEaters Osaka AliEaters Hiroshima AliEaters Kyushu AliEaters Okinawa このコミュニティは、AliEaters札幌から派生した 勉強会コミュニティです。 是非、(本家)AliEaters 札幌へのご参加も、是非、宜しくお願い致します。

3/9 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

1a06f44dd1dc2dab17ed0192961bc6be Drupal Meetup 豊田
Drupal Meetup 名古屋地域【オンライン】
Drupal Meetup 豊田は、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)であるDrupal(ドルーパル)に興味があり豊田・名古屋地域を中心に活動する人達が交流する場所です。 Drupalとは? Drupalは、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)ですが、デジタルデータプラットフォームとしても世界中で支持されており、テスラモーターズ、GE、NASA、ホワイトハウスといったグローバルな大企業・政府機関などで、多くの採用実績があります。 https://www.drupal.org/ Drupal は、単なるウェブサイトの構築・管理にとどまらず、Webシステムのバックエンドのプラットフォームとして利用する事が可能で、Webシステムを一から作るより事に比べて、管理画面のセキュリティー等や世界各地のエンジニアが作成したモジュールを利用することで、様々な機能を追加することが可能です。例えば、デジタルサイネージやスマートウォッチなどのデバイスに表示・通知したり、IoTやAI(人工知能)といったシステムと連携することもできます。 また、Drupalホスティング会社であるアクィア社は、2020年の大手調査会社ガートナーのDXP(Digital Experience Platforms)部門のマジッククアドラントで業界リーダーとして評価されています。 Drupalにご興味がある方、またWeb技術者の方、デジタルマーケティング担当者の方のご参加をお待ちしております。 Drupal 技術動向に関する発表や意見交換を行います。 Drupal Meetup 豊田 Facebookページ オンライン開催 新型コロナウィルスの関係で、Meetup開催が難しくなっております。 今回も、オンラインでの開催となります。 ■オンライン開催概要 Zoomというオンライン会議システムを利用したネット上での開催となります。 https://zoom.us/ ※Zoom利用環境 パソコン(カメラ&マイク機能付き) スマートフォン(Zoomアプリのダウンロード) ☆別途、Zoomの参加用リンクとパスワードをお送りいたします。 ※ビデオ画像ONでのご参加お願いいたします。 関連情報 ◆その他の場所で開催されているDrupal Meetup 東京地区 Drupal Meetup 羽田 Drupal Meetup Tokyo 大阪地区 Drupal Meetup 梅田 Drupal 9 Web開発をはじめるための薄い本」-オンラインブック発行・販売(800円) Drupal Meetup 豊田#14(2020年10月27日)での雑談(「技術書典10オンラインマーケット」の話)から、Drupal Meetup の方々に展開し、計8名の方が執筆メンバーとして、オンラインブックとして「Drupal 9 Web開発をはじめるための薄い本」が2020年12月26日に発行・販売(800円)されました。 Acquia Japanの丸山さんがブログに詳細まとめてらっしゃいますので、どうぞご覧ください。 諸注意 ・プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 ・開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 ・本イベントは全ての参加者が楽しんでいただくことを主旨としております。そのため、以下のような行動を取られた方は、退室していただく場合がございます。また次回以降の参加もお断りさせていただく場合がございますので了承下さい。 過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 1)イベントの妨害と見られる言動 2)講師および参加者に対して一方的な批判また攻撃的な言動 3)人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘活動

3/10 (水)

B76a489a8596b36e798899b53e486d7e 株式会社インサイト
デイタイムの参加が難しい方へ
CAE技術者の為のデータサイエンス勉強会 <開催120回・参加360名の実績> ★デイタイムの参加が難しい方へ★ ベイズ統計学はデータサイエンスを学ぶ第一歩として最適です。 日中の参加が難しい方にも是非、ベイズ統計学を学んで頂きたいという思いで 従来3時間半の「ベイズ統計学入門」を 夕方半コース企画では、前半、後半の2回に分け、夕食後の2時間としました。 ◎データサイエンス、何から勉強する?→ヒント 【テーマ】「ベイズ統計学初歩の初歩」(前編) 【日 時】 3月10日(水) 19:00-21:00 (集合18:55) 【参加費】 2,000円(1台のパソコンから複数名の参加は出来ません)     ※同業他社様のご参加はお断りする事があります。      お支払い前にお問合せください。 【参加登録】info@meshman.jp へ下記をお送りください。      *開催日      *ご希望の勉強会テーマ      *資料送り先の住所・氏名       (コピー版資料を無料で郵送します)      *当日連絡が取れる電話番号      *Zoom使用経験(有/無)      *Connpassでのユーザー名   ※資料送付のため、開催4日前までにお申し込みください。 【参加までの流れ】  ・参加登録  ・info@meshman.jp へ上記を送信してください。   ↓  ・資料郵送  ・(Zoomを初めてご使用の方のみ接続確認)   ↓  ・開催30分前までにZoomミーティングへの招待メールをConnpassメールで送ります。   定刻に開始の為、5分前までに未接続の場合は確認の為、お電話を差し上げます。 【お願い】   ・原則zoomかYouTubeライブ配信、不可能な場合はご相談下さい。   ※不正ログインを防ぐため、Connpassのユーザー名を含んだ名前でログインしてください。   ・勉強会の録画・録音・撮影、および資料の2次利用、    詳細内容のSNSへの投稿は固くお断りいたします。 ■内容 レベル1:確率の基礎 レベル2:ベイズの定理 レベル3:基本的な用語 レベル4:ベイズの定理の導出 レベル5:集合で考える 質疑、討論 ■特徴 各レベルの構成:理論   ↓     実装例(無いレベルあり)   ↓     纏め   ↓     演習   ↓     演習解答 ・レベル内で情報や知識が完結する ・理論と実装コードとの対応が明確 ・各レベルのまとめで情報を再整理 ・演習で能動的に理解する 株式会社インサイトでは、2018年末よりデータサイエンス勉強会を開始、 22のテーマについてオリジナルテキストを作成し、述べ120回を超える 開催を行って参りました。最近では大阪、名古屋等への開催地拡大に加え、 企業への出張セミナーも賜っております。 内容は、シミュレーション結果の分析、生産工程で得られるデータの より高度な分析、より効率的な実験計画と実験結果の分析、開発時の実験と シミュレーションの融合、製品運用時の計測データとシミュレーションの 融合など、データ同化の実用化を念頭に、基礎技術を一つずつ固めることを 目標としています。 「データサイエンスを仕事に取り入れたいが漠然としていてどのように 着手したらよいか分からない。」「仕事でデータサイエンスを使っているが、 何となく曖昧だったところをはっきりさせたかった。」など、様々な動機で 幅広い分野の方々に、継続的にご参加頂いております。 少人数の勉強会ですので、お気軽にご参加ください また、こんな事が出来るといいなと言う意見があれば、 是非お聞かせください。 <テキスト> オリジナルテキストをコピーして無料配布しますが、簡易製本版の販売も行っております。 簡易製本 1冊 2,500円(税、送料込み) " rel="nofollow">http://www.meshman.jp/seminar/textsales.html *簡易製本テキストと無料のテキストとの違い   " rel="nofollow">http://www.meshman.jp/seminar/TextSample.png (1)簡易製本:1スライド1頁の印刷   無料テキスト:4スライド1頁の印刷 (2)製本の有無 *販売の理由* 無料配布の資料は1/4サイズですが、フルサイズの簡易製本では 数式など見やすくなっております。 もう一つ別の観点が御座います。 現在、この勉強会の参加費は会の運営費のみを賄う程度です。 この企画にご賛同頂ける方は「カンパ」の意味で購入頂けると有り難いです。 購入は強制ではありませんので それによって参加が出来なくなるという事は一切ございません。 コピー版での参加も歓迎です。 テキストのお申込みは上記【参加登録】同様、info@meshman.jpまで。 最先端をカスタマイズ ◆ CAEソフトウェアMeshman ◆ 株式会社インサイト

3/11 (木)

490c7a6239c3fbd2977a25528514d277 Start Python Club
オンラインで集まってPythonでもくもく作業する会です。初心者大歓迎!
【オンラインもくもく会】 概要 「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。 オンライン上でみんなでPythonを勉強したり、各自もくもく作業する会です これからPythonを始めたい人も大歓迎です 分からないことがあれば参加者同士で解決しましょう(経験者もサポートします) メンバー間で分からないことや情報を共有するため本会のSlackを開設しています。ご自由に参加下さい Start Python Club 名古屋 イベント要綱 日時 2021月3月11日(木)19:00〜21:00 会費 無料 参加方法(Zoom) 参加申込み後に本ページで閲覧可能になる「参加者への情報」の欄をご覧頂き、そこに記載のURLよりご参加下さい。 対象者 Pythonに関心のある方 プログラミングや機械学習などに関心のある方 Pythonでもくもく作業をしたい方 初心者大歓迎です 「見学のみの参加」もOKです。(その場合はご自分のカメラとマイクをオフにして下さい) プログラム 簡単な自己紹介 もくもく会 LT会(希望者のみ。一人5分くらいで活動や成果について発表(事前申請は不要。会の終盤に声掛けします)。レベルは一切問いません。「こんな勉強してます!」など簡単な事でもOK👍ご自身の頑張っていること・楽しいとお考えのことをどんどん発信してみんなでモチベーションアップしましょう!) その他 途中入場や退出OKです。その際はSlackや本connpassスレッドに一言書き込んで頂けましたら幸いです

〜経営におけるCIの役割や重要性を考える〜
概要 新型コロナの影響で、働き方やコミュニケーションのあり方が大きく変化する昨今。その中で会社の求心力をどう高めるかという点に、多くの経営者・人事/広報担当者が関心を寄せています。 CIを中心とした経営の実践はまさに会社の求心力そのものであると、私たちは考えています。そうした経営を実践するにあたってのヒントを、各社の事例から学ぼうという90分間です。 今回は株式会社ネットプロテクションズ・代表取締役社長・柴田紳様と株式会社ウィルゲート・専務取締役COO共同創業者・吉岡諒様をゲストにお招きし、当社CEOの世一と共に「経営とコーポレート・アイデンティティ(CI)」をテーマに語り合います! トークテーマ 求心力どうつくる!? with/afterコロナの経営を支える『コーポレート・アイデンティティ』 開催日時 2021年3月11日(木) 19:00~20:30 ※本イベントは、Zoomを活用して行います。後日、配信用のURLをご案内します。 タイムテーブル 19:00 オープニング 19:10 登壇者様ご紹介 19:20 トークセッション 20:10 Q&A 20:20 締めの挨拶/アンケート回答 20:30 終了 こんな方にオススメ 経営者、人事責任者・担当者、広報責任者・担当者 など 登壇者 <スピーカー> ◆株式会社ネットプロテクションズ  代表取締役社長 柴田 紳(しばた しん) 1975年生まれ。1998年に一橋大学卒業後、日商岩井株式会社(現・双日株式会社)に入社。煙草事業に3年間取り組んだ後、IT系投資会社であるITX株式会社に転職。すぐに株式会社ネットプロテクションズの買収に携わり、2001年より出向、2004年に代表取締役に就任。何もないところから、日本初の未回収率保証の後払い決済「NP後払い」を創り上げ、黒字化に成功。 世の中を変革する事業を創造すると共に、人が人らしく、 幸せを最大化できる組織づくりに強いこだわりを持ち、事業においても組織風土においても「つぎのアタリマエをつくる」というミッションの実現を目指している。 ◆株式会社ウィルゲート  専務取締役COO共同創業者 吉岡 諒(よしおか りょう) 1986年岡山生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。代表取締役小島と共に2006年に株式会社ウィルゲートを設立。個人として累計で2,000社のWebマーケティングの課題解決提案を実施。2012年に記事作成「サグーワークス」、2014年にメディア「暮らしニスタ」、2018年にはSEOのAIツール「TACT SEO」、2019年にはオンラインで編集チームが作れる「エディトル」、2020年にはM&A仲介支援サービス「Willgate M&A」をリリース。COOとして全サービスの管掌役員を務める。 Twitter:https://twitter.com/seoamigo <モデレーター兼スピーカー> ◆株式会社キュービック  代表取締役社長 世一 英仁(よいち ひでひと) 1981年埼玉県さいたま市生まれ。2005年に東京大学法学部卒業後、弁護士を目指して司法試験に打ち込むかたわら、ひとりでデジタルマーケティング事業をスタート。2006年には司法試験に区切りをつけて事業を法人化、現在に至る。フィールドワーク重視のマーケティングが特長。表面的なニーズではなくインサイトを的確に捉え、人々をよりスムーズな課題解決体験へと導く。従業員数約300人、内約130名が学生インターンという特徴的な組織。2019年度「Great Company for Students supported by ONE CAREER」において「Great Company for Students」10社として選出。2018〜2021年度「GPTW働きがいのある会社ランキング」、4年連続ベストカンパニー受賞。 Twitter:https://twitter.com/41hide 参加方法 参加申し込みを頂いた後、「3月10日15時00分」までにオンライン会議URLのご案内をお送りいたします。 定員を上回るお申し込みをいただいた場合は抽選となりますので、2日前に抽選結果をメールにてご連絡します。 ※開催当日は、19時になりましたら事前にお知らせするURLよりログインをお願いいたします。 ※各拠点からの配信となります。途中ご家族の声など入る可能性がありますがご了承ください。 注意事項 参加者や運営によってイベントの様子を撮影した写真などが、SNSやオウンドメディアなどにアップされることがありますのでご了承ください。撮影がNGの方につきましては予めビデオ画面をOFFにしてご参加ください。 個人情報の取り扱いについて [利用目的について] お申込時に入力いただいた個人情報は、当イベント主催者が開催におけるお申込受付と実施連絡を行う目的、および今後有益と思われるサービスやイベント・セミナーをご案内する目的で利用します。 「このイベントに申し込む」を押下した段階で、こちらの個人情報の取り扱いについて同意したものとします。 主催について ◆株式会社キュービック キュービックは「インサイトに挑み、ヒトにたしかな前進を。」をミッションに掲げ、ヒト起点のマーケティング×デザインでビジネスを前進させる会社です。比較サイトを中心としたデジタルメディア事業を行っており、新しい価値を見つける比較サイト『your SELECT.』、初心者のためのFX比較サイト『エフプロ』、暮らしをおいしく便利にするウォーターサーバーの比較サイト『ミズコム』、「もっといい求人」を探す人のための転職支援サイト『HOP!ナビ(ホップナビ)』、マネーに関する視野を広げるお金の総合比較サイト『MONEY VIEW(マネビュー)』などを運営しています。フィールドワークを重視し、表面的なニーズではなくインサイト(深層心理)を的確に捉え、人々をよりスムーズな課題解決体験へと導いています。

D1cecc9161bd44dbab213b61d7cd9826 建築情報学会
建築と情報について熱く語るMeetup!
建築情報学会がお送りするオンラインMeetup! 昨年11月に爆誕した建築情報学会!目下、4月からの本格稼働に向けて様々な準備が進んでいます。 「建築情報学会って、今はどんなことをやってるんだろう?」という皆さんの疑問にお答えすべく、色々な取り組みが企画されるそのプロセスや、広がりゆく建築情報学の領域の最先端をみんなでワイワイ語り合う「Meetup」を企画してみました! ぜひこのMeetupを通して参加される皆さんそれぞれの建築情報学や、ともに学ぶ仲間を見つけていただけたらと思います! ■参加方法 ・Youtubeによるオンライン開催です。 ・配信URLは公開しますが、ご登録を頂いた方へは各種ご連絡をお送りしますのでぜひ参加登録をお願いします。 ■LT(Lightning Talk)登壇者募集! LT(Lightning Talk)とは、文字通り稲光のような短時間で実施するプレゼンテーションです。 建築情報学会でも、たくさんの方に建築情報学に関する知見、挑戦、失敗など幅広い共有の場を作りたいと考えていまして、LTという形で一人でも多くの方に情報発信してもらいたいと思います。 時間は5分です。オーバーすると運営から情け容赦無く中継を切られるかもしれませんw LT登壇希望の方は参加枠「LT希望」で必要事項をアンケートに記入の上でご応募ください。事務局での審査を経て登壇可否を確定します。(LT登壇の選から漏れた方でもイベントのご視聴は頂けます) 抽選日は開催前日にしていますが、実際に規定数に足りた際には早期に締め切りますので思い立ったら即申し込んでください! ■タイムテーブル 開始時間 内容 登壇者 19:00 前説 MC 19:05 メインセッション(1) 「建築情報学会なう」 角田大輔さん(日建設計 DDL室長) 19:25 アイスブレイク MC 19:28 メインセッション(2) 初めてお話した建築家は磯崎新さんだった:ICCオープニング企画展「海市」―もう一つのユートピア への参画 中西泰人さん (慶應義塾大学環境情報学部) 19:48 メインセッション(3) 「建築情報学へ」学生勉強会より 南 佑樹さん (東京大学)池本 祥子さん (名古屋工業大学大学院,ND3M) 20:08 休憩 MC 20:18 建築情報学会的LT(Lightning Talk) (6名×5分) - 20:59 Wrap Up・次回告知 MC 21:00 イベント終了予定・懇親会@建築情報学会Discord MC ■登壇者/登壇内容のご紹介 セッション1「建築情報学会なう」 角田大輔さん 日建設計 DDL室長 建築情報学会 理事 https://twitter.com/dfloor セッション2 初めてお話した建築家は磯崎新さんだった:ICCオープニング企画展「海市」―もう一つのユートピア への参画より 中西 泰人さん 慶應義塾大学環境情報学部 http://unitedfield.net/ セッション3「建築情報学へ」学生勉強会より 南 佑樹さん 東京大学 https://yminami.tumblr.com/ 池本 祥子さん 名古屋工業大学大学院,ND3M https://nd3m.io/ MC 竹内 一生さん 積木製作 BIM Solution Manager / Unity Japan Developer Advocate - AEC (Evangelist) 建築情報学会 発起人・イベント企画TF https://twitter.com/issey_tsumiki 夏木 瑠璃さん なんでも屋っぽい非エンジニア フリーランス【建築/CG(MotionCapture)/Gadgets/Hackathon/Cyborg/HCI 付近】 建築情報学会 事務局 https://twitter.com/Kiruriiin ■開催概要 イベント名:建築情報学会Meetup vol.001 日程:2021年3月11日(木) 時間:19:00~21:00予定 (その後学会Discordで懇親会) 会場:Youtubeオンライン配信 費用:無料 主催: 建築情報学会 Youtubeチャンネル:建築情報学会チャンネル

3/12 (金)

B76a489a8596b36e798899b53e486d7e 株式会社インサイト
午前『ベイズ統計学入門』開催
CAE技術者の為のデータサイエンス勉強会 <開催120回・参加360名の実績> 【テーマ】「ベイズ統計学2」 【日 時】 3月12日(金) 14:30-18:10 (集合14:25) 【参加費】 4,000円(1台のパソコンから複数名の参加は出来ません)     ※同業他社様のご参加はお断りする事があります。      お支払い前にお問合せください。 【参加登録】info@meshman.jp へ下記をお送りください。      *開催日      *ご希望の勉強会テーマ      *資料送り先の住所・氏名       (コピー版資料を無料郵送)      *当日連絡が取れる電話番号      *Zoom使用経験(有/無)      *Connpassでのユーザー名   ※資料送付のため、開催4日前申込期限 【参加までの流れ】  ・参加登録(お支払い)  ・info@meshman.jp へ上記、必要な情報を送信してください。   ↓  ・資料を郵送  ・(Zoomを初めてご使用の方のみ接続確認)   ↓  ・開催30分前までにZoomミーティングへの招待メールをConnpassメールで送ります。   定刻に開始の為、5分前までに未接続の場合は確認の為、お電話を差し上げます。 【お願い】   ・原則zoomかYouTubeライブ配信、不可能な場合はご相談下さい。   ※不正ログインを防ぐため、Connpassのユーザー名を含んだ名前でログインしてください。   ・基本的に、テキスト送付後のキャンセルは受けておりません。   ・勉強会の録画・録音・撮影、および資料の2次利用、    詳細内容のSNSへの投稿は固くお断りいたします。 ■内容 逆確率(5つのジャンプ) ベイズ学習と予測 グラフィカルモデル 条件付同時確率 共役事前分布 ケーススタディ 不確実性に基づく意思決定 事例(論文の背景/結論・成果/提案の技術詳細) 実装方法 質疑、討論 同テーマの勉強会では同じ内容となっておりますが 講師の説明は少しずつ更新されており、 お話する内容も進化しております。 習得度確認のための再度のご参加も歓迎です。 株式会社インサイトでは、2018年末よりデータサイエンス勉強会を開始、 22のテーマについてオリジナルテキストを作成し、述べ120回を超える 開催を行って参りました。最近では大阪、名古屋等への開催地拡大に加え、 企業への出張セミナーも賜っております。 内容は、シミュレーション結果の分析、生産工程で得られるデータの より高度な分析、より効率的な実験計画と実験結果の分析、開発時の実験と シミュレーションの融合、製品運用時の計測データとシミュレーションの 融合など、データ同化の実用化を念頭に、基礎技術を一つずつ固めることを 目標としています。 「データサイエンスを仕事に取り入れたいが漠然としていてどのように 着手したらよいか分からない。」「仕事でデータサイエンスを使っているが、 何となく曖昧だったところをはっきりさせたかった。」など、様々な動機で 幅広い分野の方々に、継続的にご参加頂いております。 少人数の勉強会ですので、お気軽にご参加ください また、こんな事が出来るといいなと言う意見があれば、 是非お聞かせください。 <テキスト> オリジナルテキストをコピーして無料配布しますが、簡易製本版の販売も行っております。 簡易製本 1冊 5,000円(税、送料込み) " rel="nofollow">http://www.meshman.jp/seminar/textsales.html *簡易製本テキストと無料のテキストとの違い   " rel="nofollow">http://www.meshman.jp/seminar/TextSample.png (1)簡易製本:1スライド1頁の印刷   無料テキスト:4スライド1頁の印刷 (2)製本の有無 *販売の理由* 無料配布の資料は1/4サイズですが、フルサイズの簡易製本では 数式など見やすくなっております。 もう一つ別の観点が御座います。 現在、この勉強会の参加費は会の運営費のみを賄う程度です。 この企画にご賛同頂ける方は「カンパ」の意味で購入頂けると有り難いです。 購入は強制ではありませんので それによって参加が出来なくなるという事は一切ございません。 コピー版での参加も歓迎です。 テキストのお申込みは上記【参加登録】同様、info@meshman.jpまで。 最先端をカスタマイズ ◆ CAEソフトウェアMeshman ◆ 株式会社インサイト

087d41226bf4cf529ff5f12303be9c96 MySQL Tech Tour
MySQL 5.6 Extended Supportは2021年1月終了、バージョンアップの検討を!
MySQL 5.6は2021年1月のマイナーバージョンリリースをもってExtended Support期間が終了しました。MySQL 8.0へのバージョンアップを検討ください! 参加には事前登録が必要です! MySQL 8.0は、MySQL 5.7からの性能向上やセキュリティの強化、NoSQLを統合した開発柔軟性など数多くの改良を続けており、MySQLの歴史の中でも大きな飛躍を遂げたバージョンとの評価を受けています。またMySQLチームが全面的に開発、管理、およびサポートを行うクラウドデータベースであるMySQL Database ServiceもMySQL 8.0となっています。 今回は、このMySQL 8.0へのバージョンアップにフォーカスしたオンラインイベントを開催します。 前半は、MySQL 8.0へのバージョンアップをするメリットやその必要性を解説いたします。MySQL 8.0は1つ前のメジャーバージョンであるMySQL 5.7と比較すると、性能、セキュリティ、また実装されている機能数に大きなアドバンテージがあります。 また2つ前のメジャーバージョンとなるMySQL 5.6は、2021年1月のマイナーバージョンのリリースをもってExtended Support期間が終了してSustaining Supportに移行されたため、セキュリティパッチを含む新規のパッチのリリースは行われなくなりました。 バージョンアップによって得られるメリット、バージョンアップの際の注意点などをご紹介する本セッションは、現在MySQL 5.6および5.7をお使いでバージョンアップを準備中またはタイミングを検討中の方にとって必見の内容です。 また後半には、2021年1月中旬に発表された最新のマイナーバージョンMySQL 8.0.23のアップデートについて解説いたします。MySQL 8.0ではマイナーバージョンでも新機能が次々と追加されてきています。 MySQL 8.0.23では、不可視列(Invisible columns)やクエリ属性(Query attributes)が追加されたほか、セキュリティ、InnoDB、GIS、レプリケーション、グループレプリケーション、Xプロトコル、MySQL Router、MTRテストスイートなどで多くの新しい改善と更新が導入されています。現在MySQL 8.0をお使いのお客様にはぜひ確認いただきたいセッションとなっております。 皆様ぜひご参加ください。 ・本イベントはオンライン(Zoom)での開催となります。  参加希望の方は、下記に掲載のお申し込みページよりお申し込みください。 ・本イベントは無料です。 ・競合他社の方、ご所属の企業や団体などが確認ができない方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。  予めご了承ください。 ・お申し込みに関するお問い合わせは、MySQLセミナー事務局 oraclemysql_japan_events_team_jp_grp@oracle.com へお願いします。 イベント詳細、お申込み イベント詳細、お申し込みはこちらから >> アジェンダ ※講演内容や講演者は予告なく変更になる場合がございます。 時間 タイトル 発表者 14:45 – 15:00 接続開始予定 15:00 – 16:00 MySQL 8.0へのアップグレードのメリットと必要性 本セッションでは、現在MySQL 5.6や5.7をお使いで、MySQL 8.0へのバージョンアップのタイミングを検討中の方向けに、MySQL 8.0へのアップグレードをするメリットや必要性を解説します。MySQL 8.0にスムーズかつ効果的にアップグレードするための前提条件などを確認できます。 日本オラクル株式会社 MySQL GBU 山﨑 由章 16:05 – 16:45 最新バージョンMySQL 8.0.23の機能ご紹介 2021年1月中旬に発表された最新のマイナーバージョンMySQL 8.0.23では、不可視列列やクエリ属性など、多くの新しい改善と更新が導入されています。この更新内容についていち早く解説いたします。 日本オラクル株式会社 MySQL GBU 稲垣 大助 16:45 – 17:00 Q&A オンライン参加方法 当日はZoomを使用してセミナーを開催します。 こちら よりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。 登録完了メールに当日の参加用 URLとパスワードが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。 参加にはZoomアプリの準備が必要になります。 事前準備: 1.スマホ、タブレット、PCなどに「Zoom」をインストール 2.登録完了メールの参加用URLをクリック もしくは Zoomを起動→ミーティングに参加→ウェビナーID を入力→パスワードを入力 ※登録後に送付される登録完了メールに記載されている「参加用リンク」からZoomが自動起動しない場合は、https://zoom.us/join にアクセスし、ウェビナーIDを入力してください。 ※Zoomは無料アプリです。(通信量はかかります) ※サインアップ(IDを作る)、サインインの必要はありません。 ※できるだけ通信環境が良いところでご参加ください。 ※社内PCなどでZoomアプリをダウンロードできない場合は、ブラウザを使ってZoomを起動、ログインしてください。

3fb5b1a41df50af276e2a6bce593ec92 中部Tableauユーザー会
「第6回 中部Tableauユーザー会」開催します! 中部エリアのTableauユーザーのみなさま大変お待たせしました。 前回開催から1年近く空いてしまいましたが、第6回のユーザー会をオンラインにて開催できることになりました。 今回のラインナップは下記の通りです。 【注目のラインナップ】 Tabjo Tokaiのご紹介 JTUG2020冬の陣で発表された中部Vizについて解説 参加者のみなさんでWorkout & Makeover 中部エリアでもついにTabjoが創設されました! Tabjo Tokai について創設者の佐々木様にご紹介いただきます。 また、 今回はユーザー同士でのVizの作成を行います。 元ネタはJTUG2020冬の陣で中部Vizとして発表のあった3つのVizです。 [1] 中部のカフェ文化を読み解こう! [2] クラフトビール [3] 中部地区と味噌の深い関わり この3つのVizをグループワークでWorkout & Makeoverします。 ぜひTableau Publicをインストールした端末でご参加ください! * JTUG2020冬の陣(中部TUGパート)についてはこちら → YouTube * JTUG Radio Night #16(中部TUGパート)についてはこちら → YouTube * 中部Tableauユーザー会のVizについてはこちら → Tableau Viz Gallery -Chubu- * Workoutとは? → WORKOUT WEDNESDAY 参加方法ガイド (yarakawa.com) * Makeoverとは? → Makeover Monday 参加方法ガイド (yarakawa.com) 中部エリアからTableauを盛り上げていくべく、楽しい企画を用意していますので、ぜひご参加ください。 開催日時 2021年 3月 12日 (金) 17:30 開始 (17:00 受付開始) ~ 20:00 終了予定 開催場所 zoom (オンラインにて開催) イベント参加リンクはエントリーされた方へ前日(3/11)にメールにてご連絡します 参加対象 主にTableauユーザー、Tableauに興味をお持ちの方、JTUG2020冬の陣で中部TUGに興味を持たれた方 推奨:中部地区のTableau利用ユーザーと交流を深めたい方 スケジュール コンテンツ 17:00 受付開始 17:30 オープニング 17:35 Tabjo Tokai の紹介   Tabjo Tokai 佐々木 麻衣 様 17:45 JTUG2020冬の陣 振り返り 17:50 Workout & Makeoverについての説明中部TUGで作成したVizの解説   中部地区と味噌の深い関わり    水野 勝史 様  中部のカフェ文化を読み解こう!    樗澤 英明 様  クラフトビール    水谷 安孝 様 18:10 ルール説明 ルーム移動  (ブレイクアウトによるルーム移動) 18:15 グループワーク   (グループに分かれて自己紹介 ~ Viz作成) 19:15 ルーム移動  (全体ルームへ移動) 19:20 各グループからViz発表 19:40 総評 19:50 アンケート、写真撮影、クロージング 20:00 (クロージング後、自由参加の質問&雑談タイム) 20:30 閉会 参加者へのお願い ・zoomの最新版をインストールの上ご参加ください。    (ブレイクアウトルームを使用するため、バージョン5.3以上が必須となります。) ・参加者確認等のため、時間に余裕をもって接続していただきますようお願いします。 ・イベント中に表示される名前は、こちらで用意する命名ルールに変更をお願いしますのでご了承ください。 ・登壇者が話している間はマイクのOFFにご協力ください。 ・オフライン開催の雰囲気に近づけるため、参加中のカメラONを推奨いたします。    (開催中のカメラONは強制ではありませんが、クロージング時の記念写真撮影時にはカメラONにご協力をお願いします。) ・今回はTableau Publicを利用したViz作成を予定しています。    事前に参加時に使用のPC端末へTableau Public(無料)のインストール及びアカウント作成を行っていただき、    当日のスムーズな進行にご協力お願いします。    Tableau Public ダウンロード及びアカウント作成はこちら → Tableau Public ・エントリー時にアンケートにご協力ください。    ※個人情報利用についてのお断り       申込時にご提供いただいた情報は、主催者・JTUG・サポート企業にて、イベント受付管理や各種ご案内(サービス・       イベント等)に利用させていただきます。 ・イベント終了後にアンケートへのご協力をお願いいたします。 ・イベント当日の録画及び録音はご遠慮ください。 ・イベント当日の模様は開催者側にて録画させていただきます。 次回以降の登壇者募集について 中部Tableauユーザー会では、Tableau活用事例、データ分析テクニックを中部の仲間に届けたい!という登壇者を募集しています。 ご興味のある方は、本ページ右上の「イベント管理者への問い合わせ」から事務局までご連絡ください。

11531 normal 1607067995 200 200 Startup Weekend 金沢
新規事業を立ち上げる起業体験イベント! 全世界で「起業家を生み出す場」として展開する「Startup Weekend」が金沢にて初開幕!新規事業を立ち上げたい方!起業体験を積みたい方!仲間を集めたい方!スタートアップに興味ある方!一歩先へと歩みを進めてみませんか?この週末が、あなたの人生を変えるきっかけに! スタートアップウィークエンドってなにをするの? スタートアップウィークエンド(以下、SW)とは、新しいカタチを創る「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイデアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。 SWは初日の夜にみんながアイデアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、最終日の夕方までにユーザーエクスペリエンスに沿った、必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発、ハッカーは機能の開発、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 特定の知識・スキルがなくとも、アイデアがあれば問題ありません。勿論、アイデアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどのスキルがあれば、チームで活躍することやプロダクトを作成、スタートアップをリアルに体験することができます!そして実は過半数の方が一人で初めて参加する方々です。初参加でも心配は必要ありません。 ※StartupWeekend 開催時の集合写真 コーチ Coach 2日目のコーチングを担当されるコーチのご紹介です(敬称略) 吉村 千春 株式会社MAKING THE ROAD 代表取締役 2007年、社会保険労務士資格取得、2013年に三谷山社会保険労務士事務所を開業。2015年に株式会社MAKING THE ROADを設立。社会保険労務士としての活動と並行して、動画・音声コンテンツ制作や複数の新規事業にも取り組む。2017年、「大人の職業体験 WORK QUEST」で「クリエイティブベンチャーシティ金沢ビジネスプランアワード」優秀賞を受賞。2019年、ドリームシェアリングサービス「FiNANCiE」のオーナーとしても活動を開始。現在はYouTube、Podcast等でも活動中。 林 佳奈 株式会社こみんぐる 代表取締役 愛知県出身。石川県金沢市在住。2009年に株式会社リクルートキャリア(旧リクルートエージェント)に入社。法人営業を3年経験のうちチームリーダーとしてマネジメントを経験。2016年に結婚を機に金沢に移住。移住と同時に起業し、「金沢の為になることをしよう」という想いから、現在の旅音の事業をスタート。(夫婦で経営)2020年現在、主に一棟貸しを中心とした宿泊施設を22棟運営している。 鈴森 由佳 株式会社 金澤ブルワリー 代表取締役 石川県出身。一度金沢で社会人になったものの初めて行った海外旅行で外国や国際交流に興味を持ち、ホストファミリーを始める。その後カナダ・トロントへ渡る。翻訳通訳の勉強、カフェ勤務、イベントアシスタントなど経て2年間滞在。帰国後は地元に強く携わることをしたいと考えるようになった。帰国半年後の2015年4月、クラフトビールの醸造研修を開始し、金澤ブルワリーを設立。現在は樽と瓶ビール商品を常時約10種類ほど製造販売し、企業や地元農家さんとのオリジナル商品開発にも積極的に行っている。地元に根付く企業を目指し、ビールづくりとともに当社だからこそできる取り組みも行っていきたい。 鶴 健一 株式会社STARTERS 代表取締役 SIer, フリーランス, 教育ベンチャー起業, ソーシャルゲーム会社、マーケティング会社を経て株式会社STARTERSを設立。課題解決を通した実践的プログラミング教育事業と事業立ち上げ時の開発に関わる課題(技術力、人材不足、スピード、etc...)を解消するための立ち上げ専門の開発請負事業で活動中。「日本に失敗しても立ち直れる教育環境を作る」ために日々新規事業の開発に奮闘中。 審査員 Judge 3日目の審査を担当されるジャッジのご紹介です(敬称略) 福島 健一郎 アイパブリッシング株式会社 代表取締役 総務省地域情報化アドバイザー 内閣官房オープンデータ伝道師 2009年4月にアイパブリッシングをパートナーと創業。社会課題をテクノロジーで解決することをミッションとし、特に行政DXや医療、観光、まちづくり、企業のIT化などに強い。沖縄支社も設立。また、地域の課題をITの力で解決するために、2013年5月に日本で初めてとなるシビックテックコミュニティCode for Kanazawaを9人で設立した。開発した5374(ゴミナシ).jpは全国のコミュニティの手で120都市以上に広がり、その後も、シビックテックを国内に広げるための活動にも力を入れている。最近では、SDGsにシビックテックを適用していくことを積極的に提言するほか、シビックテックの理念をビジネスへ活かし、スタートアップや社会起業を促進するための支援などにも注力中。 河上 伸之輔 一般社団法人SDGs支援機構代表理事 シナジーコンサルティング株式会社代表取締役  証券会社、M&Aコンサルティングファームを経て30歳で起業。「誰もが挑戦できる社会を創る」をビジョンに、コワーキングスペースの運営、クラウドファンディングサービスの運営を行う。自身でも複数の事業を運営しながら200以上の事業創出をサポート。近年はSDGs支援機構を設立し、企業におけるSDGsの導入の支援を行なっている。YouTubeチャンネル「SDGsチャンネル」はチャンネル登録者数が1万3000人を超え行政、企業、学校、各種メディアなどで利用されている。 友田 景 株式会社ビズデザイン大阪 代表取締役 七尾街づくりセンター株式会社 戦略アテンダント 大学卒業後、テニスインストラクターを経て、2001年、2005年に連続トップ当選し、6年弱、大阪府柏原市議会議員を務める。同時にNPO法人ドットジェイピーの理事として、議員インターンシップを全国展開する。2007年、経営コンサルティング会社に転職し、事業再生や事業承継の支援に携わる。2009年、コンサルティング会社の取締役に就任。地域活性化やCSR/CSV戦略を通じたサステナビリティ支援を行う。2017年、株式会社ビズデザイン大阪を設立、代表取締役就任。政官民学を問わずクライアントを抱える。現在、七尾街づくりセンター株式会社 戦略アテンダント、能登DMC合同会社 代表社員、ヤフー ギグパートナーなど複数の肩書を持つ。 スケジュール Time schedule 3月12日 (金) 3月13日(土) 3月14日 (日) 06:30pm 開場 10:00am 2日目開始 10:00am 3日目開始 07:00pm ファシリテーター挨拶 10:30am Facilitation 12:00pm 昼食(各自) 08:15pm 1分ピッチ 12:00pm 昼食(各自) 02:30pm プレゼン前のテックチェック 08:45pm 話し合いと投票 02:00pm コーチング開始 04:00pm 発表&審査 09:00pm チーム作り 04:00pm コーチング終了 06:00pm 結果発表 09:30pm 1日目終了&帰宅 06:30pm 夕食(各自) 06:30pm 3日目終了&帰宅 09:00pm 2日目終了&帰宅 ※遅刻時の連絡は必要ございません。もしアイデアをピッチされたい場合は[08:15pm 1分ピッチ]に間に合うようお越しください。 スポンサー Sponsors 《スポンサー》アイパブリッシング株式会社 様 《スポンサー》株式会社STARTERS 様 《日本全国・通年スポンサー》弥生株式会社 様 ファシリテーター Facilitator 中本 卓利(Nakamoto Takuto)  神戸大学発達科学部卒業後、起業家のためのコワーキングスペース運営やインキュベーション施設のディレクターを経てStartupWeekendに参画。現在は北海道から沖縄まで全国にて起業家育成やクラウドファンディング指南、また自治体や企業の人材育成や事業開発まで幅広く手掛けている。加えてスタートアップを切り口に中国深圳やフィリピンセブ島やベトナムハノイやホーチミンなど、アジアを中心とした海外進出支援にも取り組んでいる。その他、家業の経営資源を活用し新領域へ挑戦するアトツギを支える一般社団法人ベンチャー型事業承継にてエヴァンジェリストを務めている。和歌山県出身。 オーガナイザー Organizer 竹知 彩乃 千葉県出身。2018年2月に石川県金沢市に移住し、現在は富山県富山市在住。東京都内の医療情報メディアを運営する企業にフルリモートワーカーとして勤務。石川県(北陸)をより知りたい、地域に関わりたいという想いから2018年10月にStartupWeekend加賀に初参加。今回ご縁を頂きオーガナイザーとして参加させていただきます。 右近 和基 株式会社NTTドコモ勤務 新潟県出身。20年4月より転勤で金沢市に移住。StartupWeekend東京テーマ「Sleeptech」に参加し、熱意あるユニークな方々との出会いが面白く、そうした場が金沢や北陸にも広まって欲しいとの思いから、今回オーガナイザーとして参加。微力でありますが貢献できますと幸いです!   ご参考 FYI Startup Weekendの参加者の声をご紹介いたします。3日間の流れやチームの動きや気付き学びがわかりやすく書かれています。 ・SWとは何をするところなのか? ・SWを通じて何が得られるのか? ・3日間でどれだけのことができるのか? そういった疑問を解決できる記事かと思いますので、是非ともご一読いただけると幸いです。詳細情報を記載したHPは下記の画像をクリックした先にございます。 プレイベント Pre-Event ・良いアイデアの発想方法を知りたい ・起業の進め方について理解したい ・スタートアップが何かを知りたい そんな想いに応える座談会を「無料」でお届けします。お気軽にご参加ください。(※詳細は下記の画像をクリックした先にてご確認いただけます。) 注意事項 Notes 1.キャンセルポリシー/Cancel policy 2020年2月26日(金)23:59までにご連絡頂ければ(Web決済手数料/銀行振込手数料を除いて)100%返金いたします。それ以降は飲食や備品など発注等により返金出来かねますのでご了承ください。 2.途中参加退出可!/ Come in and out anytime 参加につきましては、3日間全てが望ましいですが、諸事情などで一時的に抜けることも可能です。開催期間中に外すことのできない用事があり参加できないのでは?とお考えの方も、是非ご参加ください。 3.領収書発行はオンラインで / Receipt issue via DoorKeeper 領収書はDoorKeeperから発行可能でございます。手順につきましては下記URLをご参考ください。 https://support.doorkeeper.jp/article/36-receipt

61d628a8fb3e0ef91635ca44ae6d80b1 AITCオープンラボ
~より良いモノコト創り、より良い人創りを目指して取り組むべき課題~
「DXシリーズ」のご案内 AITCでは毎年 総会開催に合わせ、次年度の重点施策を策定いたします。 昨秋の第11回総会(2020年10月9日オンライン開催)では、ICT(先端ITを包含)の利活用による企業の社会的価値の創出へ貢献することを目指し、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関する情報提供や議論等にも取り組むことが重点施策の一つとして決議されました。 これを踏まえ、DX分野を主導されている方々をお迎えし、AITC Webセミナー「DXシリーズ」を開催いたします。 本セミナーにはAITC会員のみならず、DXにご関心をお待ちの方にご参加いただけます。奮ってご参加ください。 なお、AITC WebセミナーDXシリーズ「DX時代におけるソフトウェア/ビジネス/社会のあり方を考える~役割を超えて、マインドセットを変えて、未来を創ろう!~ 」の全容については、下記の「DXシリーズ開催計画」をご参照ください。 「DXシリーズ」第4回開催概要 「ビジネスと社会をデザインし、構築するためのソフトウェア工学」に関する4連続講演も3回目!今回は匠Methodの萩本様にご登場いただき、匠Methodモデルの根幹にある「知・情・意」の考え方を中心にご講演いただきます。 ビジネス活動における「知・情・意」という3つの思考の有用性について、「知・情・意」を思考法・発想法として身に付け実践するためにSE4BSで採用されているモデルベースの方法について、その原理を解説していただきます。ご期待ください。 日時:2021年3月12日(金)19時~20時(終了後に、Q&Aタイムを30分程度予定) 会場:オンライン(Zoomを使用予定) 会議室情報については、開催の前日にconnpassメッセージでお知らせします。 タイトル:より良いモノコト創り、より良い人創りを目指して取り組むべき課題 講演概要: SE4BSでは、ビジネスや社会をデザインしソフトウェアに落とし込むための全体体系を模索している。その中でビジネスデザインのベースに採用されている匠Methodのモデルの根幹にある「知・情・意」の考え方について説明する。「知・情・意」は哲学者カントが唱えた人間の精神の働きを3つに分類したものである。今回は、「知・情・意」を思考法・発想法として身に付け実践するためにSE4BSで採用されているモデルベースの方法について、その原理の解説に集中する。 また、SE4BSの活用範囲はDXプロジェクトでの適用はもちろんのこと、より良い社会創り、ビジネス創り、人創りに貢献できるものであることを説明する。 講演者:萩本順三様(株式会社 匠Business Place 代表取締役 会長 & Methodologist) プロフィール: 1996年:(株)NJKにてオブジェクト指向開発プロジェクトチーム(OTG)を結成し、オブジェクト指向開発だけを受注開発する経験から、オブジェクト指向方法論Dropを策定し、オブジェクト指向関連技術情報などと併せてOTGホームページを作成して公開。産業技術研究所の平野博士が開発したJavaによる分散オブジェクト技術HORBのオープンソース開発リーダを務め、Dropの研究開発プロジェクトでの活用可能性なども研究。 2000年:オブジェクト指向技術を中心としたエンジニアリングをビジネスに活かす会社として豆蔵を仲間と設立。取締役、副社長などを務め、システムコンサル経験を基にビジネスとITを繋げる手法、要求開発方法論(Openthology)の初版バージョン0.6を書きおろす。また、 Openthology ver1.0では、プロセスとモデルを主に担当し、同じ志を持つ他の理事達と方法論を策定し、要求開発の普及を促進。 2006年~2009年3月:総務省行政管理局技術顧問、内閣官房IT室GPMO補佐官として政府のIT化戦略・実施マネジメント(e-japan)に携わる。 2008年7月7日:要求開発方法論をベースにビジネスだけでも活用可能な方法論匠Methodを研究するために(株)匠Labを設立。 2009年:(株)匠Business Placeを設立し、IT業界の価値を高めユーザ企業のビジネスの活性化を推進するための匠Methodをベースとしたコンサルティング、教育サービスを提供し現在に至る。 2015年~2019年:慶應義塾大学大学院SDM研究科の授業にて匠Methodをベースにビジネスデザインを教える。 2016年~:早稲田大学理工学術院の授業で匠Methodによりビジネスからソフトウェア要求へ落とし込むプロセスを教えており、その流れから鷲崎教授と共に2020年からSE4BSの策定と普及を行うこととなる。 主な著作: 「ビジネス価値を創造する匠Method活用法」  「匠Method〜新たな価値観でプロジェクトをデザインするために〜」(共著) 「要求開発~価値ある要求を導き出すプロセスとモデリング」 「これだけでわかる!初歩のUMLモデリング」 「HORBではじめるJava分散オブジェクトプログラミング」(共著)他 対象者:DX時代のソフトウェア工学に関心がある方 技術者、企業戦略ご担当者、マネジメントの方々 募集人数:300人 AITC会員かどうかはこちらでご確認の上、申込アンケートにご記入ください。 " rel="nofollow">http://aitc.jp/consortium/members.html 募集締め切り: 2021年3月10日(水) 17時30分 参加費:無料 その他 ※内容を含むスケジュールは変更される可能性があります。最新情報をホームページ( http://aitc.jp/ )でお確かめの上、ご来場ください。 ※申込受付のご連絡、出席票 等は発行しておりません。申込確認をされたい場合や、ご都合により欠席される場合は、staff@aitc.jp へご一報ください。 ※個人情報に類するものについては、本会の運営およびAITCからのご案内のみに利用し、他の目的での利用および外部へ開示、提供することはございません。 ---------------------------------------------------- AITC Webセミナー「DXシリーズ開催計画」 テーマ:DX時代におけるソフトウェア/ビジネス/社会のあり方を考える~役割を超えて、マインドセットを変えて、未来を創ろう!~ 主催: 先端IT活用推進コンソーシアム(AITC) 協力: スマートエスイー 開催方法:オンライン開催(Zoomを予定) 参加資格:AITC会員、スマートエスイー関係者、DXに関心をお持ちの方 募集:connpassで都度ご案内 開催期間: 2021年1月~2021年6月(予定) <パート1>2021年1月~2021年4月 テーマ:ビジネスと社会をデザインし、構築するためのソフトウェア工学 対象者: 技術者、企業戦略担当、マネジメント <パート2> 2021年4月~2021年6月(予定) テーマ:日本企業におけるDX推進と実現に向けて 対象者: マネジメント、企業戦略担当、技術者 講師(順不同): ・鷲崎弘宜様 (早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授、スマートエスイー Smart SE 代表) ・平鍋健児様 (株式会社永和システムマネジメント代表取締役社長、株式会社チェンジビジョンCTO、Scrum Inc. Japan 取締役) ・萩本順三様 (株式会社 匠Business Place代表取締役 会長 & Methodologist) ・羽生田栄一様 (株式会社豆蔵 カンパニーCTO、IPA情報処理推進機構研究員、技術士[情報工学]) ・山本修一郎様 (名古屋大学 名誉教授、AITC顧問) ・前川徹様(東京通信大学情報マネジメント学部学部長・教授/国際大学GLOCOM主幹研究員) ・和泉憲明様 (経済産業省商務情報政策局アーキテクチャ戦略企画室長(併)ソフトウェア・情報サービス戦略室、AITC顧問) 開催スケジュール: <パート1> 第1回:2021年1月27日(水)19時~20時 オープニングイベント 第2回:2021年2月05日(金)19時~20時 鷲崎様ご講演 第3回:2021年2月17日(水)19時~20時 平鍋様ご講演 第4回:2021年3月12日(金)19時~20時 萩本様ご講演 第5回:2021年3月24日(水)19時~20時 羽生田様ご講演 第6回:2021年4月07日(水)19時~20時30分 パネルディスカッション 備考:セミナー終了後、講師との意見交換&懇親会を適宜開催の予定 <パート2> 詳細は後日ご案内

3/13 (土)

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
注意!! ● 時間が9:00-11:00です。(2020年1月から30分延びました。) ● 入館時に受付でマスク確認、検温、手洗い・手指消毒、連絡先の記入が必要です。マスクの着用お願いします。 ● 会場では飲み物はOK、食べ物はNGです。 ● 会場の定員が15名まで制限されているため、参加者が多い場合、ご家族の入室をお断りする場合があります。 ● オンライン会議室のURLは、前日に参加者に連絡いたします。 にぎわい交流館の新しい利用ルールについては、こちらをご覧ください。 https://shimin-kouryu.net/news/20853/ 開催概要 CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 開催日時・場所 日時: 2021/03/13(土) 9:00-11:00 場所: 日進市にぎわい交流館 2F 会議室ABC / オンライン会議室 アクセス方法はにぎわい交流館のページを参考にしてください。 http://shimin-kouryu.net/about/access/ 車でこれらる場合は、にぎわい交流館または日進市役所の駐車場が利用できます。 オンライン会議室のURLは前日に連絡いたします。 タイムテーブル 時間 内容 09:00 受付開始 09:05 スタート (スタート前に会場のWiFiに接続をお願いします。) 10:30 発表(各自今日やったことを発表してください) 11:00 終了・後片付け 11:10 撤収 パソコン・タブレットについて WiFi接続可能なノートパソコンまたはタブレットをご持参ください。会場ではWiFiが使用できます。 お持ちではない方は申し込み時にその旨記載ください。(ただし台数に限りがあるため、対応できない場合もあります。) Scratch3.0はInternet Explorerでは使えません。OSがWindow7, 8の方は、Google Chromeをインストールしてきてください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html micro:bitについて micro:bit(マイクロビット)は、25個のLED、2個のボタンスイッチ、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能などがついている小さなコンピューターです。 https://microbit.org/ja/guide/ あらかじめ搭載されているセンサーを使って状態の変化を検知したり、LEDを光らせたり、音を鳴らしたり、モノを動かしたりできます。 micro:bitでプログラミングすることにより、普段の生活のさまざまな場所でプログラムが動いているのを身近に感じてもらえると思います。 CoderDojo日進では、micro:bit本体とmicro:bitで動くロボットカーを貸し出します。ぜひ試してみてください。 プログラムの作成にパソコンまたはタブレットが必要ですので、お持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は「パソコン貸出希望」と申し込み時に記載ください。 その他のプログラミングについて テキストプログラミングでは、2018/11/01より初心者向けの教材としてProgateが利用できるようになりました。興味がある方は申し込み時に連絡ください。Progateを利用しなくてももちろん構いません。 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について 会場内及びオンラインで写真撮影&画面のキャプチャーを行い、ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に説明等を行いますので、開催30分前の9:30頃会場にお越しください。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/

Cccad6e00a1c67a0d789f26d58a034ef AppSheetもくもく会
AppSheetユーザー&開発者が集まって、お互いの目標を応援しながら勉強する会です
【オンライン開催】AppSheetもくもく会 #5 AppSheetユーザーと開発者が集まって、お互いの目標を応援し合いながら勉強する会です Automationの活用方法相談したいです! AppSheetもくもく会とは? Google Cloudの一員として、企業向けの業務アプリケーション開発プラットフォーム Business Application Platform が発表されました その中核となる AppSheet のユーザーや開発者が集まり、スキルアップや自社の業務アプリ構築に励む勉強会です 日本語での学習コンテンツはまだ少ない中ですので、この活動を通じてお互いに知り得た知識を共有できればと考えています ※AppSheet のいちユーザーによるコミュニティ活動です(Google社、AppSheet社との関係はございません) 運営基本ルール 主に土曜日午後にて随時開催予定です しばらくはオンライン開催を続けます 途中参加、途中退出、離席、いずれも問題ありません。お気軽にご参加ください 他の参加者の迷惑になるような行動、言動はお控え下さい 参加条件 AppSheetに興味がある方であれば、誰でも参加可能です Freeプランで学習中・調査中の方も大歓迎! 開催日時 2021/3/13(土) 13:00-17:00 場所 ご参加登録いただけましたら、Google MeetのURLをご案内いたします 顔出し不可の方はカメラOFFで結構です 事前準備 Gmailアカウントの作成と、アカウントを利用したAppsheetへログインを事前に確認いただいているとスムーズです Gmailアカウントの作成 https://www.google.com/intl/ja/gmail/about/ AppSheetへのログイン https://appsheet.miyai.jp/sampletodolist/1-1-appsheet%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%92%E4%BD%9C%E6%88%90 タイムテーブル 時間 内容 備考 13:00 - 13:30 ご参加次第、学習開始 まず何から始めれば分からない方はMeetのチャットでご相談ください 13:30 - 13:45 ひと言自己紹介 AppSheetとの出会いや、本日の目標などをお話ください 13:45 - 16:30 各自学習 不明な点ありましたら、Meetのチャットでご相談ください 16:30 - 16:50 成果発表 本日の進捗を共有ください 16:50 - 17:00 運営締め 次回予定などのご案内 17:00 - 19:00ごろ 懇親会(希望者のみ) 話したりなかったり、不明点残った方はまったりビデオ会議しましょう 学習コンテンツ AppSheet公式のUdemyがオススメです https://www.udemy.com/course/create-business-applications-with-appsheet/ 英語が苦手な方は、稚拙ですが私が作成したTodoリスト作成チュートリアルもご参考にしてください https://appsheet.miyai.jp/sampletodolist 主催者 tmiyai 2020年のGoogleによる AppSheet 買収をきっかけに学習を開始しました まだまだ初学者のため、メンターを勤められるほどでありませんが、ご不明な点にはわかる範囲でご支援させていただきたいと思っています ご連絡先 お手数ですが、TwitterアカウントにDMをお願いいたします。 @tmiyaicloud その他 運営にご協力いただける方 募集中です! 「そろそろ、参加者へのメール通知しましょうか」とリマインドしていただけるだけでも助かりますので、お気軽のお声がけください 手伝っても良いよーという方や、どんな作業があるんですか?という方は、上記Twitterアカウントまでご連絡ください

67966c35763a0bbbaed602317afe2d89 DonkeyCar 名古屋
翌週予定のレースのコースで試走
市販のラジコンカーにカメラとラズベリーパイ/JetsonNanoを載せてAIで自動運転する走行会です. カメラ画像の機械学習(ディープラーニング,tensorflow)でステアリングとスロットルをコンピュータが制御します. " rel="nofollow">https://www.donkeycar.com/ コースは写真の黒いシート(7m×5m)を使用します. コンセントはありますがテーブルタップと延長コードを各自用意してください. インターネット接続は有線も無線もありません.各自モバイル接続をご用意ください. 【注】 3月4日12時の時点で参加者が4人未満の場合は中止になることが有ります. 3月20日のレースが人数不足で中止の場合はこの日(3月13日)がレースになります

3/14 (日)

69acba6fa4ee8969218ddd20226fda94 名古屋のもくもく会 "TECH:N"
少人数で仲良くなれる ゆるいけど朝からもくもく会
イベントの説明 名古屋駅周辺にて開催のもくもく会です! エンジニア、デザイナーの方、プログラミング初学者の方、 その他何かもくもくしたい方いらっしゃればご参加ください! . 機械学習でもくもくしたい インフラ、バックエンド、フロントエンド関連でもくもくしたい オリジナルアプリ開発をしたい デザイン作業をしたい 新しい言語を学びたい プログラミングをしたい 自分のサービスを作りたい などなど。 . もくもく会"TECH:N"で充実した1日を過ごしてみませんか? . また、ただもくもくと作業するするだけではありません。 交流の場を設けておりますので、繋がりを作りたい方にもおすすめです。 時間 時間 内容 8:30~ 準備 9:00~ 開校、自己紹介、取り組むことを発表 11:40~ 終了、成果を発表、雑談 ~12:00 閉校 会場の使用時間をぎりぎりまで確保し、 作業時間を参加者に提供しておりますので 開始5分前に会場到着のご協力をお願いいたします。 . 天候不順や電車遅延で開校までに間に合わない場合は、 管理者までご連絡願います。 場所 名古屋市中村区名駅3-13-28 名駅セブンスタービル307号室 会場詳細↓↓ https://www.spacee.jp/listings/10082 持ち物 マスク(必須、感染対策にご協力願います) 作業できるもの(PC、本、ノートなど) 名刺(任意です。交流目的) SNSアカウント(任意です。交流目的) 飲み物、食べ物(任意です。)※ゴミの持ち帰りのご協力願いします イアホン(空調設備や車両騒音が多少あります。気になる方はご持参ください) もくもく会参加の方へ TECH:Nでは、情報共有やお知らせ等をSlackで発信しております。 グループ参加者、イベント参加者を対象にSlackの招待をさせていただいております。 招待メッセージからの参加手順を添付した資料を、イベント前1〜3日前に送信いたします。 メッセージを受け取れない、登録方法がわからないなど不明点がありましたら、管理者までお問い合わせ下さい。 また、参加申し込みが定員以上になる場合があり、 無断欠席や当日キャンセルは補欠者の大変ご迷惑になります。 直近の予定や体調を確認し、キャンセル申請は必ず前日までによろしくお願いいたします。 キャンセル料は請求致しませんのが、モラルの徹底にご協力願います。 【COVID-19対策】コロナ対策 運営はもとより安全・健康確保を考慮した予防対策を強化した上で、継続してイベントを開催しています。 詳細につきましては以下をご覧くださいませ。 会場入口での検温の徹底 検温時37.5度以上の参加者のご入室を御断りしております。 会場内換気の励行 定期的に換気を行っております。 会場各所へのアルコール消毒の設置、使用の徹底 会場入口にアルコール消毒を常設し、積極的なご利用を推奨させて頂いております。 政府の方針にて、緊急事態宣言及び地域独自の制限等が無い限りは、予定通り開催する運びであります。 引き続き、細心の注意を払いながら今後イベント運営に努めてまいりますが、 状況を注視した上で実施の有無を判断し、ご連絡させていただきます。 以上、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2020年2月現在)

413772ea5399f96515da835d9036280c 【名古屋】名駅 もくもく会
少人数で毎週日曜日にもくもく会
もくもく会の説明 名古屋駅から徒歩5分の会場にて毎週日曜日に開催のもくもく会です! エンジニア、デザイナーの方、プログラミング初学者の方、 その他何かもくもくしたい方、交流をしたい方は気軽にご参加ください! インフラ、バックエンド、フロントエンド関連でもくもくしたい オリジナルアプリ開発をしたい、デザイン作業をしたい 新しい言語を学びたい、プログラミングをしたい、などなど... 少人数でもくもくしていつもと違う過ごし方をしてみませんか? また、ただもくもくと作業するするだけではなく、いろいろな方との交流の場としても 活用していきたいと思っているので繋がりを作りたい方やIT業界に興味のある方、気軽にご参加ください! 仕事や転職のご相談になることも多いので会の終了後に懇親会を毎回開催しています。 時間 時間 内容 10:00~10:15 開校、自己紹介、取り組むことを発表 10:15~11:45 もくもく学習+雑談 11:45~12:00 片付け、雑談 12:00~13:00 懇親会(ランチ)※ ※懇親会は自由参加です。 もし、よかったら色々な話をして交流をしましょう! 場所 愛知県名古屋市中村区名駅2-45-19 桑名ビル4F 持ち物 マスク(必須、感染対策にご協力願います) 作業できるもの(PC、本、ノートなど) 飲み物、食べ物(任意です。)※ゴミの持ち帰りのご協力願いします 主催者の簡単な自己紹介 前職は9年程飲食店の店長を経験。 2年程前にエンジニアに転職し、現在は受託会社のWEBエンジニアとして日々奮闘中。 言語はPHP、Ruby、JavaScriptを使うことが多いです。 色々なエンジニアの方との交流をしていきたいと思っているので気軽に接してください。 コロナウィルスについて コロナウィルス対策として原則マスクの着用をお願いします。 また、愛知県の対応によっては勉強会自体を中止とさせて頂きますの予めご了承ください。 仮に不測の事態が発生しても当方では責任を追うことはできないです。 参加される場合は自己の責任でお願いします。

3/15 (月)

国際物流総合展の振り返りから物流DXの裏話と未来を本音で語る 物流・ロジスティクスの先進情報が収集できるアジア最大級の国際物流総合展。今年は3月9日(火)~12日(金)の4日間、Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)にて開催されます。本イベントは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、来場できなかった方のために国際物流展の傾向や出展企業の解説を行います。 物流業界を牽引するスタートアップから大手運送会社5社のキーマン、そして物流業界のみならず様々な産業のDXを推進するSun*が登壇し、通常では聞けないような裏話も交えながら物流業界のあるべき未来について語ります。参加者からも質問を募集してインタラクティブなディスカッションも予定しておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。 ディスカッションテーマ(予定) ① 各社から見る国際物流展 国際物流展の注目したテクノロジーの紹介(各社1〜3社注目したサービスを紹介) ② パネルディスカッション コロナ禍における物流業界のDXこれまで変わらないことが変わった成功事例 ・物流業界のDX化が進まない理由と打開策 ・企業間の連携をどう行っていくか ・ベンダーとの協業 物流業界の注目トレンド ・倉庫のマテハンロボットやRaaSを活用した省人化 ・コロナ渦で変わるドレージと保税 ・DXの次のトレンドを予測する〜車両のEV化と環境に対する取り組み こんな方にオススメ ・物流ベンダーの最新事例を知りたい方 ・国際物流総合展に行かれた方 ・コロナ渦でやむを得ず展示会への参加を見送られた方 ・物流業界で新規事業やDX推進に関われている方 ・物流業界の最新トレンドに興味関心のある方 開催時間:3月15日(月)17:00-18:30 開催形式:ZOOMのオンラインウェビナー タイムスケジュール 17:00 - 17:10  各社自己紹介 17:10 - 17:50  国際物流総合展で注目したサービス 17:50 - 18:30  パネルディスカッション 登壇企業 株式会社ネバーマイル SCM(サプライチェーン・マネジメント) の領域を中心とした業務のアップデート(改善)、デジタル化の実現を主な業務として活動。 http://nevermile.co.jp/ セイノーホールディングス株式会社 宅配便を含めた特別積合せ輸送において、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便に次ぐ業界4位の物流大手企業。物流センター・物流倉庫など物流管理をはじめとするロジスティクスサービス、カンガルー便などの国内・海外輸送サービス、回収・返品管理サービス、代行・支援サービスを展開。 https://www.seino.co.jp/ 株式会社Shippio 輸出入に関わる海上/航空輸送・通関・陸送・倉庫保管・付帯作業の業務支援を行うスタートアップ。 見積、日程調整、本船動静、書類を一箇所に集約したシステムで、貿易業務の時間削減・効率化・確認漏れ/手戻り防止を実現。 https://www.shippio.io/ ラクスル株式会社 物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」は、全国の提携運送会社の非稼動時間を有効活用し、高品質かつ低価格な運配送の仕組みを展開。サービス利用後には利用者がドライバーを評価する仕組みを設け、サービス品質向上を実現。 https://hacobell.com/ 株式会社パスコ ビジネス・環境・防災・福祉・行政など様々な分野で、ITと完全融合、デジタル地図(航空写真)にエリアマーケティング情報を統合し“空間情報・GISを基軸とした新情報サービス”を提供する総合企業。物流業務の効率化・高度化を実現する輸配送管理(TMS)に特化した独自の物流ソリューションを展開。 https://www.pasco.co.jp/logistics_solution/ 登壇者紹介 深作 康太 Kota Fukasaku 株式会社ネバーマイル 代表取締役CEO 2008年近鉄エクスプレスに入社後、システム部門でグローバルシステムの開発から運用まで担当。2012年フューチャーアーキテクトへ入社し、物流関連を中心に戦略策定〜システム導入まで幅広く担当。2017年からホームロジスティクスのCIOに就任。ニトリグループ物流領域の全面デジタル化、およびオートメーションのプロジェクトを推進。2019年には新規事業の立ち上げを牽引。現在は外部企業との物流の協業や、DX領域の最適化も担当。2020年株式会社ネバーマイルを設立 河合 秀治 Syuji Kawai セイノーホールディングス株式会社 オープンイノベーション推進室長 兼 ココネット株式会社 取締役社長 兼 GENie株式会社 代表取締役 兼 セイノーメンテック株式会社 代表取締役社長 兼 株式会社モエ・アグリファーム 取締役 1997年西濃運輸株式会社に入社後、トラックドライバーとしてキャリアをスタートし、トラック輸送の現場を経験。業務改善・人財開発・内部統制プロジェクトを経て、社内では異例のベンチャー企業、ココネット株式会社を2011年に設立し、後に社長に就任。同社は「買い物弱者対策」として、ご用聞き・食料品やお弁当のお届け・見守りなどのソーシャルビジネスを全国で展開。現在はセイノーHDラストワンマイル推進室室長、複数の事業会社の役員を兼務し、グループのアセットを活用した価値あるラストワンマイルの構築を推進。直近では、狭商圏オンデマンド配送サービス「スパイダーデリバリー」、処方薬即時配送サービス「ARUU」、ドローン配送サービス「SkyHub」をローンチ。 (一社)買い物弱者対策推進協議会代表理事、こども宅食応援団理事など物流による社会課題解決の取組みも展開。 佐藤孝德 Takanori Sato 株式会社Shippio CEO 新卒で三井物産に入社。石油部での原油トレーディング業務、企業投資部にてPE投資・スタートアップ投資業務などを経て、中国総代表室(在北京)にて三井物産の中国戦略全般の企画・推進を行う。2016年6月、北京で同じく駐在していた土屋氏とともに、国際物流スタートアップ「サークルイン株式会社」(現・株式会社Shippio)を創業 鈴木 裕之 Hiroyuki Suzuki ラクスル株式会社 ハコベル事業本部 ソリューション推進部 部長 1981年生。東京大学大学院工学系研究科都市工学専修修了。リクルート(現リクルートホールディングス)、エムスリーを経て現職。テクノロジーの社会実装をサブテーマに新規事業を手掛ける。運送マッチングにテクノロジーを導入するプロジェクトなど、物流×テクノロジーの事業化に取り組んでいる。 井手 修平 Syuhei Ide 株式会社パスコ システム事業部 営業統括部長 金融業界にてキャリアをスタート。後、2005年(株)パスコに入社。 通信キャリア向けGIS業務支援システムの提案営業に従事。2010年より物流業界を担当して以降、15年に渡り数多くのTMS構築案件、物流ネットワーク分析業務に関わり、販売戦略、製品企画、パートナー様との協業モデル構築に取り組む。趣味はマラソン、走りながら物流業界の未来を考える。 金子 穂積 Kaneko Hozumi 株式会社Sun Asterisk CTO's 2000年株式会社リキッドオーディオジャパン EC事業部長。その後、音楽ジャーナリストとして雑誌『bmr』の編集部に携わると同時にCDのライナーノーツ執筆や複数の音楽配信サイトに関わり、iPhoneの登場に感化されてエンジニアに転身。日本最大の音楽フェスの公式アプリなど手がけた後、2015年医療系ベンチャー、リーズンホワイ株式会社CTO。2018年からSun*のCTOsの一員に。物流企業の新規事業立ち上げやDX支援などを行う。 主催 株式会社Sun Asterisk 「誰もが価値創造に夢中な世界」をビジョンに掲げ、2012年創業、現在4ヶ国、6都市にて1500名以上が在籍するビジネスにテクノロジーを実装することを強みとしたデジタル・クリエイティブスタジオ。最新テクノロジーを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)推進、0 to 1からのスタートアップスタジオ、プロフェッショナルなIT人材の育成を主な事業として展開。 https://sun-asterisk.com/ ※Zoomを使ったオンラインセミナーとなります。登録URLはメッセージにてお送りいたします。

3/16 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

3/18 (木)

D341800d43eb5aa8b546cf24a9d676e5 機械学習 名古屋
論文等紹介LT大会その36
機械学習 名古屋 研究会 注意 COVID-19対策にしばらくオンラインイベントとします。 「参加者への情報」に記載したURLから参加してください。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 概要 機械学習に関する論文・技術ブログを読み、情報共有のLTをする勉強会です。 【発表者・事前に】 論文・技術ブログのまとめ作成(研究会の GitHub リポジトリにプルリク) 【当日】 発表・質疑応答・不明点の解明 対象 機械学習を業務・趣味で用いている人 チュートリアルや基本的な技術書をある程度読み終え、次のステップへ進みたい人 機械学習を使ったサービスのネタを探している人 目的 急速な進歩を続ける機械学習の分野で活躍するには、最新技術の情報収集が重要です。多人数で情報収集・共有をすれば効率的です。この勉強会で、 知識のアップデート 論文を読む習慣付け 発展的・実践的な知見の獲得 をしましょう。 時間割 合計2時間のLT会を行います。発表者数で割った時間が一人あたりの持ち時間です。 一人あたり、発表5分、質疑応答5分を想定しています。 会場 このイベントはリモートで行います。「参加者への情報」に記載したURLにアクセスしてください。その際、ニックネームをconnpassユーザー名にしていただけると助かります。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 参加方法 枠 事前準備 当日 備考 リモート発表枠 論文・技術ブログをまとめる(「発表方法」を参照) 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 読む論文が決まらない場合も現地発表枠で申し込んでください リモート一般枠 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 発表方法 論文・技術ブログを開催日時までに読んで、マークダウン形式で簡単にまとめ、研究会の GitHub リポジトリにプルリクエストを出してください。不明な場合などは代行します。その場合、管理者宛にまとめた.mdファイルを送付してください。 論文・技術ブログのまとめ方について 次は、まとめの章立ての例です。このような内容をまとめてください。 章 内容 どんなもの? 手法の概要 先行研究と比べて何がすごい? 新規性について 技術や手法の肝は? 手法のポイント どうやって有効だと検証した? 評価指標など 議論はある? 論文の研究で出た予想や残った課題など 次に読むべき論文 関連する論文 論文まとめテンプレートを用意しています↓ 論文まとめテンプレート テンプレートなどを利用して、マークダウン形式(.md ファイル)でまとめを作成してください。 提出方法 提出は、研究会の GitHub リポジトリ へのプルリクエストで行います。 {研究会日付}_reportsディレクトリ内に、発表と紐づくようなパス(論文タイトル、発表者名など)でまとめを配置してください。例えば、第1回論文まとめディレクトリを参考にしてください。 GitHub を使えないなどの場合は、当日までに論文をまとめた .md ファイルを管理者宛に送付(もしくは共有URLを提示)いただければ、プルリク代行いたします。 FAQ どうまとめたらいいか分からない まとめの章立ての例や、論文まとめテンプレートは、 落合陽一氏の論文まとめ方(あるスライドの65ページ目) を参考に作成したものです。 考え方やコツは、これまでのまとめ(例えば、第1回論文まとめディレクトリ)や、以下に挙げる参考サイトなどを参考にしてください。 参考 高速で論文がバリバリ読める落合先生のフォーマットがいい感じだったのでメモ - 書架とラフレンツェ パワポ版の落合先生流論文要旨のテンプレートを作ったので配布する - 一人ぼっちのライフハック生活 GitHub の使い方(プルリクエストのやり方)が分からない プルリクエストには GitHub のアカウントが必要です。プルリクエストの方法は次の記事が参考になります。 【GitHub】Pull Requestの手順 GitHubでFork/cloneしたリポジトリを本家リポジトリに追従する 最新論文でないですが大丈夫ですか 会の趣旨から大きく離れていなければ大丈夫です。 画像を入れたい 外部サイトに画像を置く以外にも、20xxxxxx_reports/{発表との対応が分かるディレクトリ名}/xx.pngのようなパスに画像を置く方法をおすすめします。 論文が被っても大丈夫ですか 大丈夫です。 過去に扱っていても、読む人や読む時期によって見方が変わるため、得るものがあると思います。 また、発表や論文を読むのに慣れていない人は、過去に発表されたものを自分でも読んでみて発表するのも良い勉強になると思うので、是非チャレンジしてほしいです。 途中までしか読めませんでした 読めたところまで発表するのでもOKです。2回に分けても大丈夫です。 少しでもチャレンジして勉強することは良いことで、この勉強会ではそれを応援したいです。 差分 第28回より URLの通知方法を新機能の「参加者への情報」へ変更した。 第25回より COVID-19対策にリモートのみとした。 第24回より リモート枠をリモート発表枠とリモート一般枠に分けた(発表者人数把握のため)。 第14回より アンケートを無くした。 現地発表者は読む論文が決まっていなくても最初から現地発表枠で申し込む方式に変更した。 第13回より 論文以外にも技術ブログも可とした。 発表しなくても可とした。ただし、枠は発表者優先。 リモート参加を可とした。 オープニング用カンペ 機械学習名古屋研究会は、機械学習に関する論文・技術ブログを読み、その内容をLTの形で発表しあう勉強会です。 この勉強回を通して、新しい知識や論文を読む週間をいっしょに身に着けていきたいと考えています。 勉強会の進め方の説明をします。 発表者は事前にまとめを作成し、githubのmlnagoya/surveysリポジトリにプルリクを出します。 プルリクの順を目安に順に発表をします。 発表は発表者数によりますが、10分程度を想定します。 発表後は質問やコメントの時間になります。 他の人の発表中など、発言しない方はマイクをオフにしてください。 この勉強会では発表者を歓迎しています。 機械学習を業務で使っている人だけでなく、チュートリアルレベルからステップアップしたい人や、機械学習を使ったビジネスのネタを探している人の参加も歓迎しています。 発表や論文に慣れていない人は、過去に発表があったものを自分でも読んで発表してみたり、読めたところまで発表して複数回に分けるといったことも良いと思います。

3/19 (金)

9225 normal 1488588005 9198 normal 1486697327 sw Startup Weekend 北九州
【最重要】開催延期のお知らせ 【StartupWeekend北九州 開催延期のお知らせ】 福岡県における緊急事態宣言の発令を受け、公衆衛生上の観点から、1月15日(金)~1月17日(日)に予定していました、StartupWeekend北九州は突然のことではございますが、やむなく延期させていただくことといたしました。 日時が迫ってからの突然の延期となり、皆様には大変ご迷惑をお掛けしますことを心からお詫び申し上げます。 皆様が気になっていらっしゃる延期後の日程につきましては、現在御関係者様と調整をしている最中でございますので少々お待ちいただければ幸いです。尚、延期日程の確定を待たずしてキャンセルをご希望の場合、返金を実施させていただきますので、その旨をお伝えいただければ幸いです。 ※変更された日付は調整中のものであり、確定ではございませんのでご留意ください 最終日「発表見学+パーティー参加」チケットお申込み予定の皆様へのお知らせ この度は、Startup Weekend北九州 vol.06へ発表見学のご検討ありがとうございます。 大変恐縮ではございますが、コロナ感染防止対策として本会場の入場人数制限をさせていただくこととなりました。つきましては、最終日の見学者の皆様には遠隔でのご参加をお願いいたします。 別会場として、Gill &Co.(福岡県北九州市小倉北区魚町1丁目6-4)3Fにて、本会場と中継(オンライン視聴)する形で、見学者の方にはご参加いただける場所をご用意いたしました。 別会場にお越しいただける場合は、持ち帰り弁当を用意させていただきます。 ご自宅よりオンライン視聴も可能ですので、そちらを希望される場合は申し込み時のご質問欄に「オンライン視聴希望」とご記入ください。 よろしくお願いいたします。 三日間参加者チケット定員達成のお知らせ おかげさまでご好評につき定員上限までのお申し込みをいただきました。 枠が空きましたら順番に繰り上げとなりますので、参加希望の方はキャンセル待ちのお申し込みをお願いいたします。 新規事業を立ち上げる起業体験イベント! 全世界で「起業家を生み出す場」として展開する「Startup Weekend」が“北九州にて再び開催!新規事業を立ち上げたい方!起業体験を積みたい方!仲間を集めたい方!スタートアップに興味ある方!一歩先へと歩みを進めてみませんか?この週末が、あなたの人生を変えるきっかけに! スタートアップウィークエンドってなにをするの? スタートアップウィークエンド(以下、SW)とは、新しいカタチを創る「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイデアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。 SWは初日の夜にみんながアイデアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、最終日の17時までにユーザーエクスペリエンスに沿った、必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発、ハッカーは機能の開発、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 特定の知識・スキルがなくとも、アイデアがあれば問題ありません。勿論、アイデアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどのスキルがあれば、チームで活躍することやプロダクトを作成、スタートアップをリアルに体験することができます!そして実は過半数の方が一人で初めて参加する方々です。初参加でも心配は必要ありません。 ※前回(第5回)Startup Weekend 北九州の様子 テーマはSDGs!!! 今回のスタートアップのテーマは「SDGs」 SDGs(エスディージーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略で、2030年までに達成すべき17の国際目標。〜世界を変えるための17のゴール〜が今回のテーマです。難しいテーマに思われるかもしれませんが、畏まって考える必要は全くありません。SDGsに関するものであればどんなアイデアでも大歓迎です!例えば、17の大きな目標の中には、「1:貧困をなくそう」や「4:質の高い教育をみんなに」また、「11:住み続けられるまちづくりを」「14:海の豊かさを守ろう」等があります。こんな街づくりがしたい! こんな風に自然の豊かさを守りたい! こんな教育の課題を直したい!といった、身近な想いがスタートアップの起点となり得るのです。SDGsを切り口に世界をより良くするアイデアをカタチにしてみませんか? コーチ Coach 2日目のコーチングを担当されるコーチのご紹介です(敬称略) 福岡 広兵 Houyou(株)COO " alt="Fukuoka's img" width="300"> 地場ゼネコンの営業職から、実兄が経営するIT系ベンチャーへ飛び込み撃明期を支える。現在、IPOへ向けた準備とともに、自身の経験を活かし創業支援施設COMPASS小倉のインキュベーションマネージャーを務める。 土井本 渉 ドダイズ 代表 株式会社コーチェット Coach/Biz Dev 兵庫県出身。2002年よりEコマース業界に従事。上場Eコマースベンダーの九州支店長を経て独立。「地域企業と人のドダイとなる」を理念にフリーランスでEC構築支援、アドバイスを行いながら通販ベンチャーの人事担当執行役員なども務めた。キャリア経験から経営者へのメンタルサポート提供の重要性、組織への影響を強く感じ、経営者・リーダー向けコーチング習得プログラムを提供する株式会社コーチェットに参画。コーチ兼事業推進。 EC事業と教育事業の領域をまたぐ。グロービス経営大学院MBA、産業カウンセラー。 秦 裕貴 合同会社Next Technology 代表社員 " alt="Hata's img" width="300"> 福岡県福津市出身。1993年5月生まれ (27)。 北九州高専5年生時に開発したスケボー型パーソナルビークルを投資家に絶賛され、自らの技術を活かせば世の中に直接影響できる可能性を感じる。 これをきっかけに、2014年、当時高専学内で創業し黎明期であった合同会社NextTechnologyへ参画。2018年からは同社の代表へ就任。受託開発のみならず、北九州市が主催する官民IoTプロジェクトのメンターとしての活動や、ドローン開発力を競う世界大会への出場など幅広く活動している。 2019年には、全国の志ある高専生がチャレンジするためのプラットフォーム「高専起業部」を立ち上げる。「高専から日本を強くする」をテーマに、 自動車メーカーやJ I CA、地方自治体などと高専生とのコラボ企画を展開している。 中川 康文 一般社団法人街に心の栄養を 代表理事 一般社団法人まちはチームだ 創生塾事務局長 一般社団法人国際メンタルコーチング協会 理事 一般社団法人こころリペアレンティング協会 理事 北九州市八幡西区黒崎生まれ、遠賀在住。宗像高校、山口大学人文学部卒。印刷会社営業を経て大手学習教材チェーン系学習塾にて5年教室長を務める。その後、学習塾講師を続けつつ心理学を教える民間のビジネススクールにて勤務。現在はフリーでイベントプロデュース、街づくりファシリテーター、カウンセラーとして活動している。事務局を務める起業家養成講座「創生塾」が、中小企業庁【平成30年度創業機運醸成賞】を受賞。 審査員 Judge 3日目の審査を担当されるジャッジのご紹介です(敬称略) 廣瀬 隆彦 CX Value Lab株式会社 代表取締役CEO 株式会社ワクフリ 取締役事業戦略室長 株式会社トイポ 経営戦略室長 グロービス経営大学院卒業(経営学修士 / MBA) " alt="Hirose's img" width="300"> 愛知県名古屋市出身、福岡県糸島市在住。2001年にエイベックス株式会社に入社。安室奈美恵などの販売促進担当、直販ECサイトの責任者などを経て2009年に福岡へ移住。株式会社WDI JAPANにてグローバルレストランチェーンのマーケティングを担当したのち、株式会社メルカリへ入社。組織組成、マネジメント、リーダー育成、KPIやプロセス設計などに従事し、2020年3月 CX Value Lab株式会社を設立し、ベンチャー企業・中小企業の事業支援を行う。 岸原 稔泰 一般社団法人Startup GoGo/GxPartners LLP 代表パートナー 1996年4月国際流通グループに入社。1999年8月独立系のベンチャー証券会社の九州地域子会社に入社。株式公開支援業務に従事。2009年7月子会社を経営陣による買収(MBO)し、代表取締役に就任。2014年有志でスタートアップイベント「StartupGo!Go!」を開催。2016年1月一般社団法人StartupGoGoを設立して代表理事就任。西鉄や凸版印刷などとStartupとの協業を目的としたオープンイノベーションプログラムを開催。台湾、韓国、香港、フィンランドのアクセラレーターとMOUを締結。2019年4月代表パートナーを務めるGxPartners LLPと株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズが共同で「九州オープンイノベーションファンド」を設立。西鉄、福銀など11社が出資した10億円のファンドを運営している。 土谷 和子 株式会社ゼンリン ダイバーシティ推進部 部長 国家資格キャリアコンサルタント 北九州市立大学マネジメント研究科卒業(経営学修士 / MBA) 北九州市出身 Startup Weekend関門第1回に参加し、熱い3日間に感動!!「先ずはやってみる」のチャレンジ精神旺盛のお世話好きなおばちゃん。長女の大学受験、次女の高校受験を機に私は大学受験。北九州北九州市立大学マネジメント研究科へ(2017年卒業)。「一人ひとりが本来もつ力を、最大限に発揮できる風土・制度を整える」ために社内の人事制度、柔軟な働き方などの制度設計に従事。 西田 健 KiQ Robotics株式会社創業者兼取締役COO 九州工業大学オープンイノベーション推進機構特任教授 広島出身,博士(工学).KiQ Robotics株式会社創業者兼取締役COO.九州工業大学オープンイノベーション推進機構特任教授.次世代産業用ロボット,人工知能,自動運転などの研究者.確率システム制御理論,ロボット工学,センサ工学,人工知能を専門とする.磁力で硬さを制御する「万能ハンド」の国際特許(日本・ドイツ・中国)をはじめとして,革新的な多数の特許を出願.200本を超える論文と8冊の著書があり,近著の「実用ロボット開発のためのROSプログラミング」は売れ行きが好調.現在までに,30社以上の共同研究や,5件の大型国家プロジェクトに従事.これまでに自動運転用のLiDARの性能規格策定などに尽力.最近では,世界初のローカル5Gの実工場導入を立案し実証した.イタリア・フランス・モンゴルの大学と国際共同研究を実施し,国内では大阪大との共同研究を実施している.ギラヴァンツ北九州のサポーター 会場提供 Venue Sponsor 株式会社YE DIGITAL 様 [アクセス] 北九州市小倉北区米町二丁目1番21号 APエルテージ米町ビル(小倉駅徒歩5分) 当日会場となるコワーキングスペース「SAKASSO!」については、下記URLをご覧ください。 https://www.ye-digital.com/jp/new-office/coworking.php スケジュール Shedule 1月15日 (金) 1月16日(土) 1月17日 (日) 06:00pm 開場及び懇親会 09:30am 2日目開始 09:30am 3日目開始 07:00pm ファシリテーター挨拶 10:00am Facilitation 12:00pm 昼食 08:15pm 1分ピッチ 12:00pm 昼食 02:30pm プレゼン前のテックチェック 08:45pm 話し合いと投票 02:00pm コーチング開始 04:00pm 発表&審査 09:15pm チーム作り 04:00pm コーチング終了 06:00pm 審査発表 09:45pm 1日目終了&帰宅 06:30pm 夕食 06:30pm パーティー 09:00pm 2日目終了&帰宅 08:00pm 3日目終了&帰宅! スポンサー Sponsor 開催にあたり、以下のスポンサー様からご支援をいただいております。 株式会社ZENRIN 様 北九州銀行 様 大英産業株式会社 様 株式会社九州マイクロテック様 株式会社アンサー倶楽部様 税理士法人TAパートナーズ 様 株式会社フロイデギズモ 様 一般社団法人StartupGoGo様 株式会社酔笑 様 coworking space 秘密基地 様 株式会社ビッグベアーズフーヅサービス 様 クラウン製パン株式会社 様 Gallery&cafebar はこさかそ様 《日本全国・通年スポンサー》弥生株式会社 様 ファシリテーター Facilitator 中本 卓利(Nakamoto Takuto)  神戸大学発達科学部卒業後、起業家のためのコワーキングスペース運営やインキュベーション施設のディレクターを経てStartupWeekendに参画。現在は北海道から沖縄まで全国にて起業家育成やクラウドファンディング指南、また自治体や企業の人材育成や事業開発まで幅広く手掛けている。加えてスタートアップを切り口に中国深圳やフィリピンセブ島やベトナムハノイやホーチミンなど、アジアを中心とした海外進出支援にも取り組んでいる。その他、家業の経営資源を活用し新領域へ挑戦するアトツギを支える一般社団法人ベンチャー型事業承継にてエヴァンジェリストを務めている。和歌山県出身。 オーガナイザー Organizer 中村 武 リードオーガナイザー 株式会社ゼンリン勤務 Facebook 長崎県出身。株式会社ゼンリンへの入社を機に北九州に移住。以来、カーナビの地図データ提供、開発業務に携わり、現在は社内システムの構築に携わる。自身の新規事業提案をキッカケに、「起業とは?」に興味を持ち、第4回スタートアップ北九州に応募、第5回よりオーガナイザーとして参加、第6回ではリードオーガナイザーを務める。現在は、会社の社外研修がきっかけで知ったグロービス経営大学院に入学し、MBAの修得を目指しつつ、人的ネットワークの構築・志の醸成・能力開発のため、日々活動中。 糸川 郁己 Code for Kitakyushu 事務局長 I.I.(個人事業) 代表 (公財)北九州産業学術推進機構(FAIS) イノベーションセンター情報産業担当課長 Facebook 1980年北海道生まれ。 仙台でシステムエンジニアとして就職し、東京の放送キー局向けシステム開発リーダー等を務める。2007年、異動を機に福岡県へ移住、転職を経て、現在は北九州市外郭団体の職員として事業連携および新ビジネス創出を支援。担当は産学官民金の事業連携体「北九州e-PORTパートナー」事務局(2015年-)、「北九州みらいのビジネス創り対話会」および「北九州みらいのビジネスコンテスト」の企画運営(2016-17年)など。ライフワークとして2014年、ITコミュニティ「Code for Kitakyushu」を立ち上げ、北九州初のハッカソンを実施。2020年「北九州テイクアウトマップ」の開発や、市内IT企業と連携し「北九州市コロナ感染症情報サイト」の立ち上げなどシビックテックを実践中。 辻 貴美花 KiQ Robotics株式会社 総務主任 Facebook 北九州生まれ、北九州育ちの生粋の北九州人。北九州工業高等専門学校 機械工学科出身。学生時代から高専発ベンチャー企業の一員として活動しており、自社製品のロボットを多くのメディアで紹介。現在はスタートアップ企業でバックオフィスを務める。Startup Weekend 東京 Roboticsに参加し、北九州で初開催となったStartup Weekend 北九州にオーガナイザーとして参画。また、第3回ではリードオーガナイザーを務める。第5回で優勝したアイデア「もぐもぐCOLONY」を事業化するため、日々(内緒で)奮闘中。 渡邊 祥気 北九州工業高等専門学校専攻科学生 兼 NextTechnology学生社員 北九州工業高等専門学校 物質化学工学科出身。2018年度学生会長。第5回Startup Weekend北九州にて初参加し、今まで知らなかった新たな世界に衝撃を受ける。その後IoTデバイス「まっちんブー!」を考案、前年度は北九州市主催「北九州でIoT」、今年度は総務省主催「高専ワイヤレスIoTコンテスト」の採択案件として、現在はNext Technology,LLCにて学生社員を務めつつ並行してプロジェクト進行中。趣味はギター。 中村 健一 IT企業会社員 Facebook 生まれも育ちも、北九州市は小倉。就職を機に上京し、現在はエンジニアとしてAWSを扱っている。SW北九州と出会ったのは、大学の講義で配られたチラシがきっかけ。第3回参加時に、生き生きとした、熱い人たちと巡り合い、今、オーガナイザーとして参画している。 原田 幸 田川市役所経営企画課所属 田川郡出身。香川のstartup weekendに初参加して、想いを形に変える経験に感動。この感動を自分の地元の人たちにも伝えるため、田川でのSW開催の計画中。好きな動物はプレーリードッグ! 中村 夏都 2003年生まれ。福岡県北九州市出身。現在も在住。北九州工業高等専門学校に在学中。生産デザイン工学科2年生。コンピューター研究部に所属。2019年開催のStartup Weekend 北九州の初参加にて、人のアイデアをより良いものにしていく手伝いをしたい、そして、自分が広めたいある思いをビジネスにする方法を模索する為に参加。 本田 浩之 東京都内のSIerに勤務。経済産業省 始動2期生。2019年4月にStartupWeekend初参加。今回ご縁を頂きオーガナイザーさせて頂きます。よろしくお願いします。 井上 隼佑 個人事業主 北九州市出身 北九州工業高等専門学校制御情報工学科卒業。生産技術・人事などを企業で経験した後に、北九州高専の研究員へ。2020年4月に独立し、自立搬送機の研究開発やシェアオフィスの企画・運営、PCの製作など多種多様な仕事に従事している。来年には、自身考案のプロダクトのリリースや、イベントスペースの立ち上げを予定している。第5回StartupWeekend北九州へ参加し、その後のSW関門よりオーガナイザーを務めている。関門第二回のリードオーガナイザーを務めた。 ご参考 過去開催時の開催レポートをご紹介いたします。 3日間の流れやチームの動きや気付き学びがわかりやすく書かれています。 ・SWって何をするところなのか? ・結局なにが学べるのか? ・3日間でどれだけのことができるのか? そういった疑問を解決できる記事かと思いますので、是非ともご一読いただけると幸いです。 第1回:http://nposw.org/swkitakyu01/ 第2回:http://nposw.org/kitakyusyu2nd/ 第3回:https://nposw.org/kitakyusyu3rd/ 第4回:https://nposw.org/kitakyushu190111/ 第5回:https://nposw.org/kitakyushu20190628/ プレイベントご案内 2020年12月19日(土)に「SDGs勉強会」と題し本企画のプレイベントを開催いたします。 ・起業について興味がある ・スタートアップが何か知りたい ・SDGsについて学びたい そんな想いをお持ちの際は是非にご参加いただければ幸いです。 詳細情報は下記の画像をクリックしてご確認ください。 注意事項 Notes 1.キャンセルポリシー/Cancel policy 2020年12月31日(木)23:59までにご連絡頂ければ(Web決済手数料/銀行振込手数料を除いて)100%返金いたします。それ以降は飲食や備品など発注等により返金出来かねますのでご了承ください。 2.途中参加退出可!/ Come in and out anytime 参加につきましては、3日間全てが望ましいですが、諸事情などで一時的に抜けることも可能です。開催期間中に外すことのできない用事があり参加できないのでは?とお考えの方も、是非ご参加ください。 3.領収書発行はオンラインで / Receipt issue via DoorKeeper 領収書はDoorKeeperから発行可能でございます。手順につきましては下記URLをご参考ください。 https://support.doorkeeper.jp/article/36-receipt

3/23 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F

3/26 (金)

8304 normal 1508254731 9429 normal 1505918098 sw ts StartupWeekend 神戸
新規事業を立ち上げる起業体験イベント! 全世界で「起業家を生み出す場」として展開する「Startup Weekend」が神戸にて再び開幕!新規事業を立ち上げたい方!起業体験を積みたい方!仲間を集めたい方!スタートアップに興味ある方!一歩先へと歩みを進めてみませんか?この週末が、あなたの人生を変えるきっかけに! スタートアップウィークエンドってなにをするの? スタートアップウィークエンド(以下、SW)とは、新しいカタチを創る「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイデアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。 SWは初日の夜にみんながアイデアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、最終日の17時までにユーザーエクスペリエンスに沿った、必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発、ハッカーは機能の開発、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 特定の知識・スキルがなくとも、アイデアがあれば問題ありません。勿論、アイデアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどのスキルがあれば、チームで活躍することやプロダクトを作成、スタートアップをリアルに体験することができます!そして実は過半数の方が一人で初めて参加する方々です。初参加でも心配は必要ありません。 ※過去のStartup Weekend の様子 コーチ Coach 2日目のコーチングを担当される皆様のご紹介です(敬称略) フォーリー淳子 大同門株式会社 代表取締役社長 シルバーエッグ・テクノロジー株式会社 共同創業者 神戸女学院大学卒業後、大阪府知事付通訳として大阪府庁に勤務。その後国際会議等で同時通訳者として活動する。33歳でオンラインデータベースの会社、株式会社メイド・ジャパンを起業。富士通子会社に事業売却後、1998年にAIレコメンドサービスのシルバーエッグ・テクノロジー株式会社をト-マス・フォーリーと設立。専務取締役&COOとして同社の事業構築に携わる。2016年9月に東証マザースに上場。現在大手ECサイトを含む日本の多くの大手中堅サイトに、AIベースのマーケティングサービスを提供。2015年シルバーエッグ専務取役退任し、共同創業者に就任。2010年民事再生にてファンドの手に渡った家業のレストラン・チェーン「焼肉の大同門」を買戻し、社長に就任。日本ホスピタリティ推進協会理事。 辻村 真依子 株式会社美学生図鑑  代表取締役CEO Photographer 1989年生まれ、兵庫県西宮市出身。大学在学中にWebメディア「美学生図鑑」の立ち上げにカメラマンとして参画。その後、編集長に就任し、月間100万PVを超える人気のWebメディアへと押し上げた。2016年に株式会社化し、代表取締役に就任。過去から現在に至るまでアナウンサーやタレントなどを多く輩出している。 郡 香苗 株式会社SceneryScent 代表取締役 子育てと仕事を両立させながらいつか独立したいと思いアロマテラピースクールに通い、資格を取得。その後アロマセラピスト/アロマテラピーインストラクターとして独立し活動を重ね、公立高校の特別非常勤講師としてアロマを教える傍ら臨床心理学を学ぶため大学に入学。大学卒業と同時に、癒しを提供するアロマテラピーから香り空間演出ビジネスにシフトし、さまざまな助成金事業やビジネスプランコンテストなどで実績を作る。 2019年 株式会社SceneryScentを立ち上げる。 長井 伸晃 神戸市企画調整局つなぐラボ 特命係長 横断的な政策課題に対し、課題の実態リサーチと関連するステークホルダーとの連携を図り、市民本位の具体的な政策・課題解決につなげるべく、遊撃部隊として活動する。これまでに、フェイスブックジャパンやヤフー、アイカサ、Uber Eatsなど13企業との事業連携を通じて課題解決や新たな市民サービス創出に取り組む。また、「078KOBE」や「TEDxKobe」に加え、全国の公務員コミュニティ「よんなな会」などの運営に関わる。複業として、神戸の知られざる魅力を発掘・発信するNPO法人「Unknown Kobe」を設立し、まちあるきイベントやオンライン配信イベントなどの活動を行っている。「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」受賞。 歌崎 雅弘 株式会社いま-みらい塾代表取締役社長 株式会社教育情報マネジメント取締役副社長 高校3年生の夏に偏差値が40から京都大学を志し、担任からは「何年かかっても無理だ」と言われながらも「絶対に2度と同じまちがいをしない」独自の学び方を開発して「半年で偏差値を80まで上げて」京都大学農学部に合格。12年間会社員として勤務した後、「自らの経験を社会の発展に活かしたい」という想いから教育を志して独立。「塾を卒業する塾」であるいま-みらい塾を展開。塾生を卒業させ過ぎて経営が立ち行かず、一時ホームレスを経験。2020年4月に「挑戦」と「改善」のマインドが勉強する早押しクイズ学習アプリ「はやべん」をリリース。「マリオメーカー2」で元世界ランキング3位の実績をもつゲーマーでもある。 審査員 Judge 3日目の審査を担当される皆様のご紹介です(敬称略) 横山 剛 SRCグループ会長(CEO)  Kiss FM KOBE 代表取締役社長 大学3回生時に起業。以来地域に特化した5社6事業を立ち上げ、地元放送局の事業再生も手がける。現在も引き続き『学生起業家』として新規事業に挑戦しつつ地域の若者教育と起業家支援、大学での教育にも力点を置く。甲南大学文学部卒、神戸大学大学院経営学研究科修了 (MBA)、同博士課程後期に在学中。近畿大学 神戸芸術工科大学 非常勤講師。学術領域における専門はマーケティング、主な研究領域はサービスマネジメント論、マーケティング戦略論、製品開発論など。好きな学問は西洋哲学と心理学。「愛」研究家。Founders!主宰。 福田 博一 1999年に立命館大学経営学部を卒業後、日立金属株式会社に入社。2002年に株式会社ロックオンに参画し取締役副社長就任。マーケティングプラットフォーム「アドエビス」の開発指揮を執った後、EC-CUBEの事業責任者として国内No.1シェア獲得と収益化を実現。その後、東京支社責任者として営業拠点の拡充に注力した。2014年に東証マザーズ上場。 石黒 英之 みなとキャピタル株式会社 取締役 投資業務部長 神戸市出身、神戸市在住。1986年同志社大学経済学部卒業後、兵庫銀行(現みなと銀行)に入行。2001年、地元兵庫県下の主にベンチャー企業への投資育成を目的に設立されたベンチャーキャピタル会社へ出向、投資部門の責任者として業務全般に携わる。2006年、銀行に戻り、東加古川支店長、審査部門での事業再生業務担当、梅田法人営業部長等を歴任、2014年からベンチャーキャピタル会社へ再出向、2019年転籍、取締役就任。現在は、スタートアップの支援に加え、事業承継、農林漁業関連、観光関連ビジネスへの支援にも力を入れている。 会場 Venue コワーキングスペース WAY OUT 〒 651‐0084 神戸市中央区磯辺通2‐2‐10 ワンノットトレーズビル2階 三ノ宮駅から徒歩7分 <注意事項> 会場には駐車場がございません。お車でお越しの方は近隣のパーキングをご利用ください。 スケジュール Time schedule 3月26日 (金) 3月27日(土) 3月28日 (日) 18:00 受付開始 10:00 2日目開始 10:00 3日目開始 18:30 懇親会 10:30 ファシリテーション 12:00 昼食 19:00 ファシリテーター挨拶 12:00 昼食 14:30 テックチェック 20:15 1分ピッチ 14:00 コーチング開始 16:00 最終発表&審査 20:45 話し合いと投票 16:00 コーチング終了 18:00 結果発表 21:00 チーム作り 18:30 夕食 18:30 パーティー 21:30 1日目終了&帰宅 21:00 2日目終了&帰宅 20:003日目終了&帰宅! ※遅刻連絡は必要ございません。初日にピッチをされたい場合は20:15まで会場にお越しください。 ※最終日見学&懇親会参加の場合は15:30から会場にお入りいただけます。 スポンサー Sponsors one knot trades 株式会社 様 株式会社STARTERS 様 コワーキングスペースWAY OUT 様 《日本全国・通年スポンサー》弥生株式会社 様 ファシリテーター Facilitator 中本 卓利(Nakamoto Takuto) 神戸大学発達科学部卒業後、起業家のためのコワーキングスペース運営やインキュベーション施設のディレクターを経てStartupWeekendに参画。現在は北海道から沖縄まで全国にて起業家育成やクラウドファンディング指南、また自治体の人材育成や企業の事業開発まで幅広く手掛けている。加えてスタートアップを切り口に中国深圳やフィリピンセブ島やベトナムハノイやホーチミンなど、アジアを中心とした海外進出支援にも取り組んでいる。その他、家業の経営資源を活用し新領域へ挑戦するアトツギを支える一般社団法人ベンチャー型事業承継にてエヴァンジェリストを務めている。和歌山県出身。 オーガナイザー Organizer 山岡 源 1996年生まれ。2020年3月に関西学院大学理工学部情報科学科卒業。大学1回から株式会社美学生図鑑にてデータアナリストとして活動。大学3回からコワーキングスペースWAY OUTを運営。2020年4月からWAY OUTの運営元であるone knot trades株式会社に入社後、11月にスペースの無人運営支援サービス「fixU」をリリースし、今後も神戸を起点としてIT技術を用いた不動産活用に対するサービスを展開していく。 鶴 健一 株式会社STARTERS 代表取締役 SIer, フリーランス, 教育ベンチャー起業, ソーシャルゲーム会社、マーケティング会社を経て株式会社STARTERSを設立。課題解決を通した実践的プログラミング教育事業と事業立ち上げ時の開発に関わる課題(技術力、人材不足、スピード、etc...)を解消するための立ち上げ専門の開発請負事業で活動中。「日本に失敗しても立ち直れる教育環境を作る」ために日々新規事業の開発に奮闘中。 山田 歩 StarryTone主宰 関西学院大学商学部を卒業。和歌山県出身。中高生の頃、音楽雑誌でバンドのインタビューを読んで、経営マインドを育む。‘20年夏より「クリームソーダに入る体験イベント」を開催し、エンタメ事業で起業予定。和歌山経済新聞の記者で、ビジネスとエンタメを主に取材する。SW白浜に初参加で準優勝、SW Tokyoセブに参加。 大西 照 エンジニア兼WEBデザイナー。 2019年4月StartupWeekend白浜に参加し初優勝。(熟年離婚を課題に、TOKIMODOというサービスをピッチ)その後、10月に法人『株式会社Esolab』を設立し、独立支援系のプロダクトを開発中。  朝河 孝元 2006年 自転車が好きでシマノに就職し、表面技術を中心した研究を行う。2012年 マレーシアに出向、マレー人、世界を旅するノマド等、様々な背景を持つ人間と出会い刺激を受ける。2019年 マレーシア在住時の友人からSWを紹介され、SW豊田初参加で2位。そこから、SWの面白さにハマり今まで6回参加。SW神戸が初オーガナイザー。他にハマっていることは、ものづくり、旅行、子育て、古民家リノーベーション、芸術活動、地域活性化。 田中 さゆり キャリア教育コーディネーター・起業家教育研究家として起業家教育プログラムの作成・運営に取り組んでいる。「マチの先生プロジェクト」「エコ・デザイン・ビジエスを学ぶキッズマーケット」「IOTとドミノ」「文具を作っちゃおう!電子工作教室」「まちづくり企画」など様々な子供向けイベントの企画プロデューサーとして数々のイベントや講座を開催。世界を変えるイノベーターを育成すべく活動中。初等教育から始めるイノベーター育成プログラムただいま作成中。 ご参考 FYI Startup Weekendの参加者の声をご紹介いたします。3日間の流れやチームの動きや気付き学びがわかりやすく書かれています。 ・SWとは何をするところなのか? ・SWを通じて何が得られるのか? ・3日間でどれだけのことができるのか? そういった疑問を解決できる記事かと思いますので、是非ともご一読いただけると幸いです。詳細情報を記載したHPは下記の画像をクリックした先にございます。 プレイベント Pre-Event ・良いアイデアの発想方法を知りたい ・起業の進め方について理解したい ・スタートアップが何かを知りたい そんな想いに応える講座を「無料」でお届けします。お気軽にご参加ください。(※詳細は下記の画像をクリックした先にてご確認いただけます。) 注意事項 Notes 1.キャンセルポリシー/Cancel policy 2021年3月12日(金)23:59までにご連絡頂ければ(Web決済手数料/銀行振込手数料を除いて)100%返金いたします。それ以降は飲食や備品など発注等により返金出来かねますのでご了承ください。 2.途中参加退出可!/ Come in and out anytime 参加につきましては、3日間全てが望ましいですが、諸事情などで一時的に抜けることも可能です。開催期間中に外すことのできない用事があり参加できないのでは?とお考えの方も、是非ご参加ください。 3.領収書発行はオンラインで / Receipt issue via DoorKeeper 領収書はDoorKeeperから発行可能でございます。手順につきましては下記URLをご参考ください。 https://support.doorkeeper.jp/article/36-receipt

3/30 (火)

E615c2478ce46c5764a25f1ee18b261c TECH CAFE(名古屋エンジニア・デザイナー学生専用フリースペース)
もくもく会だよ。みんな集合!
はじめに もくもく会をリアルで開催します。 コロナ対策として1テーブル2人までの合計12人までという形で開催します。 また、イベント中の食事は禁止とさせていただきます。 日時 1月12日(火)18:00~20:00 途中参加OK。終了後は個々で懇親OK。 ただし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。 対象 プログラミングをしている学生なら誰でも 場所 TECHCAFE 名古屋市中区千代田2-10-2-3 OCEAN SQUARE4F